"LTE Advanced Proの世界市場予測(~2023年):スモールセル、マクロセル、RAN装置、DAS"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-6692)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"LTE Advanced Proの世界市場予測(~2023年):スモールセル、マクロセル、RAN装置、DAS"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The overall LTE Advanced Pro market is estimated to be valued at USD 150.0 million in 2018 and is expected to reach USD 8,017.5 million by 2023, at a CAGR of 121.6% from 2018 to 2023. Major drivers for this market are as follows: LTE Advanced Pro delivering higher bitrates in a cost-efficient manner; improved efficiency with additional functionality; reduced latency and optimized connectivity; and growing demand for improved network coverage.
The LTE Advanced Pro market has been segmented on the basis of communication infrastructure, core network technology, and deployment location. In terms of communication infrastructure, small cell is expected to hold the largest share of the market by 2023. The increasing number of buildings in cities has led to obstruction in telecom signals and is leading to poor quality of services and degraded customer experience. It is estimated that a large volume of data will be transferred between devices. To handle such large volumes of data at high speed, reliable network connectivity is imperative, and small-cell antenna systems will play an integral role in carrying out the communication process efficiently.

By core network technology, the market for NFV is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. For network operators to handle such huge data, increasing network capacity is a major challenge. NFV can play a critical role in overcoming this challenge. NFV promises to ease the load by granting service providers the flexibility to move network functions from dedicated appliances to generic servers.

Of all the major deployment locations, urban areas held the largest share of the LTE Advanced Pro market in 2017. Need for enhanced network capacity and coverage in locations such as city center zones, subways, and stadiums, which are always populated with a large number of occupants, is a major driver for the growth of the LTE Advanced Pro market in urban areas.

The LTE Advanced Pro market for the retail stores deployment is expected to grow at the highest CAGR between 2018 and 2023. Retail malls often face limited data coverage issue. High demand for accurate data and information flow at high speed in retail automation will drive the growth of the LTE Advanced pro network in retail stores.

Of all the regions, North America held the largest size of the global LTE Advanced Pro market in 2017. North America has emerged as a prominent region in terms of the adoption and implementation of LTE Advanced Pro services and applications. It is anticipated to witness strong demand for wireless cellular network across urban areas, residential areas, and rural areas, among others. The LTE Advanced Pro market in RoW is expected to grow at the highest CAGR between 2018 and 2023 followed by APAC. The growth of the market in APAC is attributed to THE adoption of new technologies and advancements by organizations functioning across various sectors. The region has become the center of attraction for major investments and business expansion opportunities.

key restraining factors for the global LTE Advanced Pro market are limitations on waveform flexibility and synchronization robustness. The underlying concern of the industry regarding shortening timescales for Phase I (rel. 15) may lead to technical ambiguity in air interface technologies and further compromise 5G quality.

Key players in the LTE Advanced Pro market are Huawei (China), Nokia Networks (Finland), Ericsson (Sweden), Samsung Electronics (South Korea), ZTE (China), NEC (Japan), Cisco Systems (US), Qualcomm (US), and Intel (US).

Leading LTE Advanced Pro network vendors are developing solutions for existing and new deployment opportunities to enhance better connectivity and high data speeds.
Residential Areas
Many devices and components (such as smart sensors, lighting systems, and alarm systems) are connected to each other over a network to accomplish tasks such as smoke monitoring, temperature control, and HVAC system control. To operate these systems remotely, an operator needs a quick real-time response, with low latency. Cellular network features high response time, high data transfer rate, and reliable connectivity, which make it a better network option for residential buildings and infrastructure applications than other networks.

Public Spaces
In public spaces, LTE Advanced Pro is mainly deployed in parks, plazas, large sports stadiums, entertainment arenas, and exhibition venues. Small cells and DAS are increasingly being selected as systems of choice by public space owners and neutral host providers to offer maximum wireless connectivity reach. Public venues are also keen on taking advantage of 4G LTE services, as these not only enhance service experience but also offer a competitive edge to building owners.

Rural Areas
Rural areas deployment includes remote towns and terrains, maritime, and remote industrial (mines and oil rigs). Rural areas offer huge growth opportunities to carriers willing to surge their subscriber base and coverage. The introduction of cellular communication in industrial areas would provide an additional alternative to manufacturers for wireless communication. Moreover, cellular communication has built-in security, and users can put up virtual private network (VPN) tunnels between remote devices and a central site for transmitting and receiving data

Critical Questions
Will LTE be overshadowed by 5G or act as backward compatibility?
What are probable hot bets for network vendors considering wireless tech as future connectivity tech?
What are the adjacent markets that companies can leverage or explore?
Is there any threat/opportunity from new regulations/entrants to existing ecosystem telecom operators and network vendors?


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"LTE Advanced Proの世界市場予測(~2023年):スモールセル、マクロセル、RAN装置、DAS"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for This Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Major Secondary Sources
2.1.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Primary Interviews With Experts
2.1.3.2 Breakdown of Primaries
2.1.3.3 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Arriving at Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 30)

4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities for LTE Advanced Pro Market
4.2 LTE Advanced Pro Market in APAC, By Communication Infrastructure and Country
4.3 LTE Advanced Pro Market for Small Cell, By Type
4.4 LTE Advanced Pro Market, By Core Network Technology
4.5 LTE Advanced Pro Market for Small Cell, By Deployment Location
4.6 LTE Advanced Pro Market, By Country

5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 LTE Advanced Pro Delivers Higher Bitrates in Cost-Efficient Manner
5.2.1.2 Improved Efficiency With Additional Functionality
5.2.1.3 Reduced Latency and Optimized Connectivity to Usher Growth Avenues
5.2.1.4 Growing Demand for Improved Network Coverage
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Technical Ambiguity in Air Interface Waveform Technologies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Dedicated Provision for Iot
5.2.3.2 Backward Compatibility for Assisting 5g Technology
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Optimization of Complex Radio Frequency Front-End (RFFE) Architecture in LTE Ap-Based Devices for Improved Performance
5.2.4.2 Inter-Cell Interference Among Different Cell Sites
5.3 Value Chain Analysis

6 LTE Advanced Pro Market, By Communication Infrastructure (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Small Cell
6.2.1 Integrated Small Cells
6.2.1.1 Microcell
6.2.2 Stand-Alone Small Cells
6.2.2.1 Picocell
6.2.2.2 Femtocell
6.3 Macro Cell
6.4 Ran Equipment
6.5 Das

7 LTE Advanced Pro Market, By Core Network Technology (Page No. – 62)
7.1 Introduction
7.2 Software-Defined Networking (SDN)
7.3 Network Functions Virtualization (NFV)

8 LTE Advanced Pro Market, By Deployment Location (Page No. – 69)
8.1 Introduction
8.2 Urban Areas
8.3 Public Spaces
8.4 Rural Areas
8.5 Residential Areas
8.6 Retail Stores (Supercenters and Hypercenters)
8.7 Highways
8.8 Large Enterprises
8.9 Airport/Rail/Bus Terminals
8.10 Small and Medium-Sized Enterprises (SMEs)
8.11 Hotels/Motels
8.12 Others

9 Geographic Analysis (Page No. – 95)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 UK
9.3.3 France
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.2 Japan
9.4.3 South Korea
9.4.4 India
9.4.5 Rest of APAC
9.5 Rest of the World
9.5.1 Middle East & Africa
9.5.2 South America

10 Competitive Landscape (Page No. – 115)
10.1 Overview
10.2 Market Player Ranking Analysis (2017)
10.3 Competitive Situations and Trends
10.3.1 Partnerships & Collaborations
10.3.2 Product Launches & Developments
10.3.3 Acquisitions & Others
10.3.4 Alliances & Agreements

11 Company Profiles (Page No. – 127)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Key Players
11.1.1 Huawei
11.1.2 Ericsson
11.1.3 Nokia Networks
11.1.4 Samsung Electronics
11.1.5 ZTE
11.1.6 NEC
11.1.7 Cisco Systems
11.1.8 Qualcomm
11.1.9 Intel
11.1.10 Ciena Corporation
11.1.11 Cavium, Inc.
11.1.12 Qorvo, Inc.
11.2 Other Key Players
11.2.1 Alphawireless
11.2.2 Airspan Networks
11.2.3 Incoax Networks Ab
11.2.4 Node-H GmbH
11.2.5 Mimosa Networks
11.2.6 Commscope
11.2.7 Sierra Wireless
11.2.8 Rakon
11.2.9 Accelleran NV
11.2.10 Comba Telecom Systems
11.2.11 American Tower

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

12 Appendix (Page No. – 176)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】LTE Advanced Proの世界市場予測(~2023年):スモールセル、マクロセル、RAN装置、DAS
【発行日】2018年10月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-6692
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
LTE Advanced Proの世界市場予測(~2023年):スモールセル、マクロセル、RAN装置、DASについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • イベント管理用ソフトウェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、イベント管理用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、イベント管理用ソフトウェア市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・イベント管理用ソフトウェアの世界市場概要 ・イベント管理用ソフトウェアの世界市場環境 ・イベント管理用ソフトウェアの世界市場動向 ・イベント管理用ソフトウェアの世界市場規模 ・イベント管理用ソフトウェアの世界市場:業界構造分析 ・イベント管理用ソフトウェアの世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド) ・イベント管理用ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・イベント管理用ソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・イベント管理用ソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・イベント管理用ソフトウェアのアジア市場規模・予測 ・イベント管理用ソフトウェアの主要国分析 ・イベント管理用ソフトウェアの世界市場:意思決定フレームワーク ・イベン …
  • インタラクティブフィットネスの世界市場2020-2024
    「インタラクティブフィットネスの世界市場2020-2024」は、インタラクティブフィットネスについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(オンロード、オフロード)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・調査手法 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・インタラクティブフィットネスの世界市場:エンドユーザー別(オンロード、オフロード) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のたら肝油市場2015
    本調査レポートでは、世界のたら肝油市場2015について調査・分析し、たら肝油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物創傷ケアの世界市場予測:縫合糸、シーラント、接着剤、フィルム、フォーム、ハイドロゲル、ハイドロコロイド包帯、包帯、絆創膏、吸収剤、テープ、NPWTデバイス
    当調査レポートでは、動物創傷ケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、動物別分析、需要先別分析、地域別分析、動物創傷ケアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、技術別(KYCシステム、トランザクションモニタリング、ケース管理、コンプライアンス管理、監査およびレポート)分析、展開モード別分析、組織規模別分析、アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの世界市場規模が2019年15億万ドルから2024年36億万ドルまで年平均19.5%成長すると予測しています。
  • 防弾用複合材料の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、防弾用複合材料の世界市場について調査・分析し、防弾用複合材料の世界市場動向、防弾用複合材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別防弾用複合材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 冷凍・冷蔵倉庫の北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷凍・冷蔵倉庫の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍・冷蔵倉庫の北米市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 Technavio社は冷凍・冷蔵倉庫の北米市場が2017-2021年期間中に年平均13.39%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Americold• Lineage Logistics• Preferred Freezer Services• John Swire & Sons Pty等です。
  • 世界のクラウドコンピューティング市場規模・予測2017-2025:サービス別(IaaS、SaaS、PaaS)、展開モデル別(パブリック、プライベート)、組織別(中小企業、大企業)、エンドユーザー別(ICT、ヘルスケア、小売、パブリックセクター、メディア・娯楽、BFSI)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウドコンピューティング市場について調査・分析し、世界のクラウドコンピューティング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウドコンピューティング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スペインの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • アメリカの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • ホームオートメーションシステムの世界市場予測(~2022):照明、セキュリティ・アクセス制御、HVAC・エンターテインメント制御
    当調査レポートでは、ホームオートメーションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、製品種類別分析、ソフトウェア別分析、地域別分析、ホームオートメーションシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ゴムホースの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ゴムホースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ゴムホースの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ゴムホースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Eaton、Hutchinson、Nichirin、Sumitomo Riko、TOYODA GOSEI等です。
  • ウェアラブル技術の世界市場予測(~2022):製品別(手首用、帽子/眼鏡、靴、ネクタイ、ボディウェア)、種類別(スマート織物、非織物)、用途別(大衆家電品、医療、企業法人向け)、地域別
    当調査レポートでは、ウェアラブル技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、ウェアラブル技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の複合材市場:繊維種類別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材)、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)、製造プロセス別、エンドユーズ産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、複合材の世界市場規模が2019年906億ドルから2024年1316億ドルまで年平均7.7%成長すると予測しています。本書は、世界の複合材市場について調査・分析し、市場概要、繊維タイプ別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材、その他)分析、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)分析、製造加工別(レイアッププロセス、フィラメントワインディングプロセス、射出成形プロセス、プルトルージョンプロセス、圧縮成形プロセス、樹脂トランスファー成形(RTM)プロセス、その他)分析、エンドユーズ産業別(輸送、航空宇宙および防衛、風力エネルギー、建設およびインフラストラクチャ、パイプおよびタンク、マリン、電気および電子機器、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・主要動向 ・世界の複合材市場:繊維タイプ別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材、その他) ・世界の複合材市場:樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑 …
  • 圧力センサーの世界市場:製品別、タイプ別、技術別(ピエゾ抵抗式、電磁式、容量式、共振固体式、光学式)、用途別、セグメント予測
    圧力センサーの世界市場は2025年には119億1,120万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スマート圧力センサーやワイヤレス圧力センサーに対する需要増加、北米およびヨーロッパの先進国における規制の取り組みなどが考えられます。圧力センサーは、制御および監視用途に広く使用されています。性能、コスト効率、そして信頼性の高いセンサーの需要が高まっており、ベンダーによる研究開発の支出は増加しています。ナノテクノロジーおよびマイクロテクノロジーの急増および進歩により、予測期間中、市場の成長に拍車がかかると期待されています。本調査レポートでは、圧力センサーの世界市場について調査・分析し、圧力センサーの世界市場動向、圧力センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クロムの世界市場2014-2025:用途別(冶金、化学品、耐火材)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、中南米、中東・アフリカ)
    本調査レポートでは、クロムの世界市場について調査・分析し、クロムの世界市場動向、クロムの世界市場規模、市場予測、セグメント別クロム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脱塩プラントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、脱塩プラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脱塩プラントの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・地域別分析 ・エンドユーザー別市場分類 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • GPU(グラフィック処理ユニット )の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、GPU(グラフィック処理ユニット )の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、GPU(グラフィック処理ユニット )の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 高齢者介護サービスの世界市場分析:サービス別(ホームケア、成人デイケア、施設医療、非医療、医療、養護老人ホーム、病院、コミュニティセンター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高齢者介護サービスの世界市場について調査・分析し、高齢者介護サービスの世界市場動向、高齢者介護サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別高齢者介護サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カザフスタンのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 再生可能エネルギー政策FiT分析:技術別、料金期間別、システム規模別、主要国別分析
  • 自己接着性ラベルの世界市場
    当調査レポートでは、自己接着性ラベルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自己接着性ラベルの世界市場:ラベル種類別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:形状別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルのアメリカ市場規模予測 ・自己接着性ラベルのヨーロッパ市場規模予測 ・自己接着性ラベルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • レチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイドx受容体ベータアゴニストの概要 ・レチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイドx受容体ベータアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイドx受容体ベータアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイドx受容体ベータアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のタッチセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のタッチセンサー市場2015について調査・分析し、タッチセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリエチレンイミン(PEI)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエチレンイミン(PEI)市場2015について調査・分析し、ポリエチレンイミン(PEI)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非炭酸飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非炭酸飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非炭酸飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飲食サービス業用機器の世界市場
    当調査レポートでは、飲食サービス業用機器の世界市場について調査・分析し、飲食サービス業用機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 止血(Hemostasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における止血(Hemostasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、止血(Hemostasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・止血(Hemostasis)の概要 ・止血(Hemostasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の止血(Hemostasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・止血(Hemostasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・止血(Hemostasis)治療薬開発 …
  • 自動車用吸音材の世界市場予測(~2022年):ABS、繊維ガラス、PP、PU、PVC、織物
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用吸音材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成品別分析、車両種類別分析、地域別分析、自動車用吸音材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dメガネの世界市場2017-2021:立体写真式、偏光式、アクティブシャッター式
    当調査レポートでは、3Dメガネの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dメガネの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は3Dメガネの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.47%成長すると予測しています。
  • 世界のころ軸受市場2015
    本調査レポートでは、世界のころ軸受市場2015について調査・分析し、ころ軸受の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ケーブル用導管システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブル用導管システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブル用導管システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用分配システム及び装置の世界市場
    当調査レポートでは、産業用分配システム及び装置の世界市場について調査・分析し、産業用分配システム及び装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • システムトレードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、システムトレードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、システムトレードの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 世界の感染予防&管理市場
  • 世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、診断心電計(ECG)の世界市場規模が2019年75億ドルから2024年103億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の診断心電計(ECG)市場を広く調査・分析し、市場概要、製品&サービス別(製品、ソフトウェア&サービス)分析、リード種類別(12ピンECGデバイス、5ピンECGデバイス、3ピンECGデバイス、6ピンECGデバイス、シングルピンECGデバイス、その他のリードタイプ)分析、エンドユーザー別(病院、診療所、心臓センター、外来手術センター、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の診断心電計(ECG)市場:製品&サービス別(製品、ソフトウェア&サービス) ・世界の診断心電計(ECG)市場:リード種類別(12ピンECGデバイス、5ピンECGデバイス、3ピンECGデバイス、6ピンECGデバイス、シングルピンECGデバイス、その他のリードタイプ) ・世界の診断心電 …
  • 膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)の概要 ・膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨 …
  • 爆発物検知技術の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、爆発物検知技術の世界市場について調査・分析し、爆発物検知技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・爆発物検知技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・爆発物検知技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・爆発物検知技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 小型自動車用エンジン冷却装置の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用エンジン冷却装置の世界市場について調査・分析し、小型自動車用エンジン冷却装置の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 中国の永久磁石同期電動機(PMSM)市場2015
    本調査レポートでは、中国の永久磁石同期電動機(PMSM)市場2015について調査・分析し、永久磁石同期電動機(PMSM)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のL‐ラムノース市場2015
    本調査レポートでは、世界のL‐ラムノース市場2015について調査・分析し、L‐ラムノースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合材料の世界市場予測(~2022年):ガラス繊維、炭素繊維、熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、樹脂種類別分析、製造プロセス別分析、用途別分析、複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • EMV向けPOS端末の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EMV向けPOS端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EMV向けPOS端末の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車産業向けロボットの世界市場予測(~2021):種類別(多関節、直角座標、SCARA、 円筒座標)、構成要素別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、自動車産業向けロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、自動車産業向けロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • 油田用特殊化学品の世界市場予測(~2023年):解乳化剤、阻害剤、捕捉剤、摩擦低減剤、レオロジーコントロール剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、油田用特殊化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(解乳化剤、阻害剤、捕捉剤、摩擦低減剤、レオロジーコントロール剤)別分析、用途別分析、地域別分析、油田用特殊化学品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気ヒューズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気ヒューズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気ヒューズの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設産業における環境技術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設産業における環境技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、建設産業における環境技術の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリカーボネートジオールの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、ポリカーボネートジオールの世界市場規模が2019年200百万ドルから2024年255百万ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ポリカーボネートジオールの世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向、分子量別(1,000 G / Mol未満、1000 G / Mol – 2,000 G / Mol未満、2000 G / Mol以上)分析、フォーム別(固体、液体)分析、用途別(合成皮革、塗料、コーティング、接着剤、シーラント、エラストマー、その他)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・ポリカーボネートジオールの世界市場:分子量別(1,000 G / Mol未満、1000 G / Mol – 2,000 G / Mol未満、2000 G / Mol以上) ・ポリカーボネートジオールの世界市場:フォーム別(固体、液体) ・ポリカーボネ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"