"穀物保護剤の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI-6695)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"穀物保護剤の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The grain protectants market is estimated to be USD 572.7 million in 2018 and is projected to reach USD 726.1 million by 2023, at a CAGR of 4.86%. The market is driven by the need to reduce grain losses during storage and the growing market pressure on farmers to gain better grain prices during the post-harvest stage. However, the increasing insect pest resistance to certain active substances and stringent regulations on maximum residue levels (MRLs) emphasize the need to develop new active substances that are effective and less hazardous to the environment and human health.
As per a Lancaster University research report dated September 1998, grain spoilage is usually the cumulative result of several different handling and management operations and decisions. The report states that the overall chance of maintaining grain quality depends on the entire management program. Hence, just one or two methods applied individually may not provide the desired results when it comes to protecting the stored grains from pests or other damage.

The chemical segment accounted for the largest share among all control products in 2018. The large share of this segment is due to its effectiveness compared to other control methods such as physical and biological. Also, manufacturers in the grain protectants market offer a wide range of chemical-based compounds such as insecticides, rodenticides, and fumigants for their use in grain storage spaces to prevent pests such as insects, rodents, and fungal species.

On the basis of grain type, the grain protectants market is estimated to be dominated by the corn segment in 2018. This dominance is attributed to the increased preference for corn-based products for food, chemical, and fuel purposes, especially in developed countries such as the US. As a result, large amounts of corn grains are stored to meet the growing demand for these crops, from different industries.

In this report, the target pest market has been segmented into insects; rodents; and others; which include fungal species, mites, and birds. The insects segment is estimated to account for the largest share in 2018. This dominance can be attributed to the high amount of infestations and damages that occur in the storage spaces due to insects. Additionally, there are a wide variety of insects that infest different types of grains either by feeding on them or by making a cavity in them for habitation.

North America accounted for the largest share in the grain protectants market in 2017, followed by Asia Pacific and Europe. The rising population and decreasing arable land have led to an increase in the demand for food security and food safety, globally. Additionally, the growing concerns of food grain damage and deterioration due to pest manifestations have led to the increased use of grain protectants for food grains. Developing regions such as Asia Pacific and Africa lack the infrastructure needed for technological advancements and the awareness of efficient grain storage methods.

Although a steady growth is projected for the next 5 years for the global market, increasing pest resistance is a restraining factor affecting the growth of the grain protectants market. Due to stringent regulations pertaining to the use of chemicals in terms of health, environment, safety, and economic considerations, a very limited number of chemicals are available in the market for application on stored grains.

The global market for grain protectants is dominated by key players such as Bayer (Germany), Sumitomo Chemical (Japan), BASF (Germany), Nufarm (Australia), UPL (India), and DowDuPont (US). These players adopted growth strategies such as expansions and new product launches to gain a larger share of the grain protectants market. Some other key players in the market are Syngenta (Switzerland), FMC Corporation (US), Degesch America (US), Arysta LifeScience Corporation (US), Central Life Sciences (US), and Hedley Technologies (Canada).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"穀物保護剤の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Regional Segmentation
1.5 Periodization Considered
1.6 Currency Considered
1.7 Unit Considered
1.8 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 29)

4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Grain Protectants Market
4.2 Grain Protectants Market Share, By Grain Type
4.3 Asia Pacific: Grain Protectants Market, By Target Insect & Country
4.4 Grain Protectants Market, By Control Method & Region
4.5 Grain Protectants Market Share, By Key Country

5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Macroeconomic Indicators
5.2.1 Growing Food Production to Meet the Increasing Global Demand
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 to Sustain Market Pressure for Better Price Range During the Post-Harvest Stage
5.3.1.2 to Reduce Grain Losses
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Insect Pest Resistance
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Development of New Products to Replace Banned Products
5.3.3.2 Increased Future Prospects for Ipm Systems for Stored Grains
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Reducing Residues in Chemical-Based Protectants
5.3.4.2 Low Adoption Rate and Inefficient Post-Harvest Practices
5.4 Regulatory Framework
5.4.1 Introduction
5.4.2 Us
5.4.3 Canada
5.4.4 European Union
5.4.5 Uk
5.4.6 Australia

6 Grain Protectants Market, By Control Method (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Chemical
6.2.1 Insecticides
6.2.1.1 Pyrethroids
6.2.1.1.1 Pyrethroids Segment Held the Largest Market Share for Insecticide-Based Grain Protectants
6.2.1.2 Organophosphates
6.2.1.2.1 Organophosphates Segment Still Gained Significant Market Demand in Developing Economies Due to Its Cheaper Cost
6.2.1.3 Insect Growth Regulators (IGRS)
6.2.1.3.1 IGRS are Projected to Grow at the Highest CAGR as an Effective Solution to Combat Insect Pest Resistance
6.2.2 Fumigants
6.2.2.1 Fumigants are Likely to Grow at the Second-Fastest Growing Segment for Its Effective Control in Stored Grains
6.2.3 Rodenticides
6.2.3.1 Anticoagulating Agents are Normally Used to Control Rodents
6.3 Physical
6.3.1 Physical Control Methods has Been Gaining High Preference With Respect to Ipm Approaches in Warehouses
6.4 Biological
6.4.1 Biological Control are Expected to Witness Significant Adoption for Its Less Or No Residual Impact on Grains

7 Grain Protectants Market, By Target Pest (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 Insects
7.2.1 Grain Borers
7.2.1.1 Grain Borers are Considered as the Major Storage Pests in Asian Countries
7.2.2 Weevils
7.2.2.1 Grain Protectants is Projected to Highly Sought for Weevil-Based Damage Issues in Rice Crops
7.2.3 Beetles
7.2.3.1 Beetles are the Highly Targeted Pest Across the World for Grain Protection
7.2.4 Moths
7.2.4.1 Moths has Become A Ubiquitous Pest for Grain Storage Across the World
7.3 Rodents
7.3.1 Rats
7.3.1.1 Rats are Known to Create A Lot of Nuisance in the Stored Food Products, Especially Grains
7.3.2 Squirrels
7.3.2.1 Squirrels Tend to Feed on Grains, Which Emphasizes the Need for Effective Storage Design and Bait Placements
7.4 Others

8 Grain Protectants Market, By Grain Type (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 Corn
8.2.1 Corn Segment is Projected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
8.3 Wheat
8.3.1 Wheat Storage Protection Practices has Been Significantly Adopted in the European Countries
8.4 Rice
8.4.1 Rice Not Only A Widely Preferred Grain in Asia But Also Holds the Highest Post-Harvest Loss Ratio
8.5 Others

9 Grain Protectants Market, By Region (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Accounted for the Largest Market Size in Grain Protectants Market in North America
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Canada is Expected to Witness the Highest Growth Rate in the Grain Protectants Market in North America
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Demand for Grain Protectants in Mexico is Expected to Drive Growth of the Overall Market
9.3 Europe
9.3.1 France
9.3.1.1 France Accounted A One of the Largest Adopters of Grain Protectants Among European Countries
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Germany is Projected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
9.3.3 Spain
9.3.3.1 Significant Market Demand Expected for Crops Such as Wheat, Corn, and Barley in Spain
9.3.4 Poland
9.3.4.1 Significant Demand for Grain Protectants Expected for Wheat Crops in Poland
9.3.5 UK
9.3.5.1 Increasing Need to Imported Grain Quality in Storages Would Drive the Market Demand in the Uk
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Being the Largest Producer of Grain, China is Likely to Be an Important High-Growth Market
9.4.2 India
9.4.2.1 India is Likely to Witness the Fastest Growth in the Coming Years
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Rising Imports of Corn is Likely to Drive the Market for Grain Protectants to Maintain Stock Quality
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Fumigation is the Preferred Method for Its Residue-Free Control of Pests in Grains
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 South America
9.5.1 Brazil
9.5.2 Argentina
9.5.3 Rest of South America
9.6 Rest of the World (RoW)
9.6.1 Middle East
9.6.2 Africa

10 Competitive Landscapes (Page No. – 103)
10.1 Overview
10.2 Company Share Analysis
10.2.1 Grain Protectant Manufacturers
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Expansions
10.3.2 New Product Launches
10.3.3 Mergers & Acquisitions
10.3.4 Agreements, Collaborations, and Partnerships

11 Company Profiles (Page No. – 110)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Dowdupont
11.2 BASF
11.3 Bayer
11.4 Syngenta
11.5 Sumitomo Chemical
11.6 FMC Corporation
11.7 Nufarm
11.8 UPL
11.9 Degesch America, Inc.
11.10 Arysta Lifescience Corporation
11.11 Central Life Sciences
11.12 Hedley Technologies Ltd. (Biosyent Inc.)

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

12 Appendix (Page No. – 139)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】穀物保護剤の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI-6695
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
穀物保護剤の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 衛星ペイロードの世界市場予測(~2022年):通信装置、画像装置、ナビゲーション装置
    当調査レポートでは、衛星ペイロードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、軌道種類別分析、ペイロード種類別分析、車両種類別分析、用途別分析、衛星ペイロードの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の種子コーティング剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の種子コーティング剤市場2016について調査・分析し、種子コーティング剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場見通し2016-2022:脅威管理、コンプライアンス管理、脆弱性管理、インシデント管理、エンドポイントセキュリティ
    当調査レポートでは、マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場について調査・分析し、マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:市場動向分析 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:競争要因分析 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:導入モード別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の北米市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の欧州市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)のアジア市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS) …
  • ワイパーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ワイパーの世界市場について調査・分析し、ワイパーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ワイパーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ワイパー種類別分析(Bone wiper、 Boneless wiper)、ワイパー用途別分析(OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ワイパーの市場概観 ・ワイパーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ワイパーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ワイパーの世界市場規模 ・ワイパーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ワイパーのアメリカ市場規模推移 ・ワイパーのカナダ市場規模推移 ・ワイパーのメキシコ市場規模推移 ・ワイパーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ワイパーのドイツ市場規模推移 ・ワイパーのイギリス市場規模推移 ・ワイパーのロシア市場規模推移 ・ワイパーのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ワイパーの日本市場規模推移 ・ …
  • 金属成形機工具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、金属成形機工具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属成形機工具市場規模、エンドユーザー別(自動車、工作機械、輸送、精密工学、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AMADA HOLDINGS, ANDRITZ (Schuler), Conzzeta Management (Bystronic), Mitsubishi Corporation (MC Machinery Systems), TRUMPFなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金属成形機工具の世界市場概要 ・金属成形機工具の世界市場環境 ・金属成形機工具の世界市場動向 ・金属成形機工具の世界市場規模 ・金属成形機工具の世界市場:業界構造分析 ・金属成形機工具の世界市場:エンドユーザー別(自動車、工作機械、輸送、精密工学、建設、その他) ・金属成形機工具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・金属成形機工具の北米市場規模・予測 ・金属成形機工具の …
  • ハンモックの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハンモックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハンモックの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はハンモックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.45%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ban Mai、Dalian Eaglesight、Danlong Hammocks、Inca Hammocks、Lucky Johnny Hammock等です。
  • フランスのバイオ発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 吹付けコンクリートの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、吹付けコンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、プロセス別分析、用途別分析、システム別分析、地域別分析、吹付けコンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CTO蒸留の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、CTO蒸留の世界市場について調査・分析し、CTO蒸留の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別CTO蒸留シェア、市場規模推移、市場規模予測、CTO蒸留種類別分析(トール油脂肪酸(TOFA)、トール油ロジン(TOR)、トール油ピッチ(TOP)、蒸留トール油(DTO))、CTO蒸留用途別分析(燃料・燃料添加剤、界面活性剤、鉱業・油田用化学薬品、塗装・インク、ゴム、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・CTO蒸留の市場概観 ・CTO蒸留のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・CTO蒸留のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・CTO蒸留の世界市場規模 ・CTO蒸留の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・CTO蒸留のアメリカ市場規模推移 ・CTO蒸留のカナダ市場規模推移 ・CTO蒸留のメキシコ市場規模推移 ・CTO蒸留のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・CTO蒸留のドイツ市場規模推移 ・CTO蒸留のイギリス市場規模推移 …
  • 世界のクラウドゲーム市場:提供別(インフラストラクチャ、ゲームプラットフォームサービス)、デバイス種類別(スマートフォン、タブレット、ゲームコンソール、PCとラップトップ、スマートテレビ、HMD)、ソリューション別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング)、ゲーマータイプ別、地域別
    MarketsandMarkets社は、クラウドゲームの世界市場規模が2019年306百万ドルから2024年3107百万ドルまで年平均59.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のクラウドゲーム市場を広く調査・分析し、市場概要、提供別(インフラ、ゲームプラットフォームサービス)分析、装置種類別(スマートフォン、タブレット、ゲーム機、パソコン、ノートパソコン、スマートテレビ、ヘッドマウントディスプレイ)分析、ソリューション別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング)分析、ゲーマ種類別(カジュアルゲーマー、Avidゲーマー、ハードコアゲーマー)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のクラウドゲーム市場:提供別(インフラ、ゲームプラットフォームサービス) ・世界のクラウドゲーム市場:装置種類別(スマートフォン、タブレット、ゲーム機、パソコン、ノートパソコン、スマートテレビ、ヘッドマウントディスプレイ) ・世界のクラウドゲーム市場:ソリューション …
  • パーソナルケア成分素材の世界市場:界面活性剤、調整剤、柔軟剤、制御剤、乳化剤
    当調査レポートでは、パーソナルケア成分素材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア成分素材の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの市場見通し(~2021年)
  • 高性能電気自動車(EV)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高性能電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高性能電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの小関節処置動向(~2021)
  • バリア樹脂の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バリア樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリア樹脂の世界市場規模及び予測、用途別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病性神経障害(Diabetic Neuropathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性神経障害(Diabetic Neuropathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性神経障害(Diabetic Neuropathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性神経障害(Diabetic Neuropathy)の概要 ・糖尿病性神経障害(Diabetic Neuropathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性神経障害(Diabetic Neuropathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性神経障害(Diabetic Neuropathy)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • クラウドAPIの世界市場:PaaS API、SaaS API、IaaS API、クロスプラットフォームAPI
    当調査レポートでは、クラウドAPIの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(PaaS API、SaaS API、IaaS API、クロスプラットフォームAPI)分析、企業規模別(大企業、中小企業(SME))分析、業種別(BFSI、IT、通信、製造、教育、ヘルスケア、メディア&エンターテイメント、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・クラウドAPIの世界市場:種類別(PaaS API、SaaS API、IaaS API、クロスプラットフォームAPI) ・クラウドAPIの世界市場:企業規模別(大企業、中小企業(SME)) ・クラウドAPIの世界市場:業種別(BFSI、IT、通信、製造、教育、ヘルスケア、メディア&エンターテイメント、その他) ・クラウドAPIの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 半導体マイクロ部品の世界市場2017-2021:マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、DSP
    当調査レポートでは、半導体マイクロ部品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体マイクロ部品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 籾殻灰の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、籾殻灰の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、シリカ種類別分析、地域別分析、籾殻灰の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用食品裁断機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、業務用食品裁断機の世界市場について調査・分析し、業務用食品裁断機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別業務用食品裁断機シェア、市場規模推移、市場規模予測、業務用食品裁断機種類別分析(食品スライサー、食品ダイサー、食品シュレッダー、その他)、業務用食品裁断機用途別分析(チーズ、肉、野菜・果物、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・業務用食品裁断機の市場概観 ・業務用食品裁断機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・業務用食品裁断機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・業務用食品裁断機の世界市場規模 ・業務用食品裁断機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・業務用食品裁断機のアメリカ市場規模推移 ・業務用食品裁断機のカナダ市場規模推移 ・業務用食品裁断機のメキシコ市場規模推移 ・業務用食品裁断機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・業務用食品裁断機のドイツ市場規模推移 ・業務用食品裁断機のイギリス市場規模推移 …
  • 表面実装技術(SMT)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、表面実装技術(SMT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、装置別分析、用途別分析、地域別分析、表面実装技術(SMT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル資産管理(DAM)の世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス、アプリケーション
    当調査レポートでは、デジタル資産管理(DAM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、用途別分析、導入方式別分析、産業別分析、デジタル資産管理(DAM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BOPP合成紙の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、BOPP合成紙の世界市場について調査・分析し、BOPP合成紙の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別BOPP合成紙シェア、市場規模推移、市場規模予測、BOPP合成紙種類別分析(コーティングあり、コーティング)、BOPP合成紙用途別分析(ラベル、非ラベル)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・BOPP合成紙の市場概観 ・BOPP合成紙のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・BOPP合成紙のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・BOPP合成紙の世界市場規模 ・BOPP合成紙の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・BOPP合成紙のアメリカ市場規模推移 ・BOPP合成紙のカナダ市場規模推移 ・BOPP合成紙のメキシコ市場規模推移 ・BOPP合成紙のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・BOPP合成紙のドイツ市場規模推移 ・BOPP合成紙のイギリス市場規模推移 ・BOPP合成紙のロシア市場規模推移 ・BOPP合成紙のアジア市場分析 …
  • クラウド・ゲームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド・ゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド・ゲームの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 高コレステロール血症(Hypercholesterolemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)治療薬剤
  • タクシーサービスの世界市場2017-2021:オンラインタクシー配車 (e-Hailing) 、レンタカー、無線タクシー、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、タクシーサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タクシーサービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はタクシーサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BMW Group 、Didi Chuxing、Daimler、Lyft、Uber等です。
  • 発酵化学品の世界市場予測
    本調査レポートでは、発酵化学品の世界市場について調査・分析し、発酵化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場規模及び予測、ギア種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車レンタルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電気自動車レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車レンタルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電気自動車レンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Avis Budget Group、Enterprise Holdings、Europcar Group、Hertz、Sixt等です。
  • ゼロカロリー甘味料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゼロカロリー甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゼロカロリー甘味料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオバンクの世界市場:製品別(LIMS)、サービス別(コールドチェーン)、生体試料別、バイオバンク別(仮想)、用途別、セグメント予測
    バイオバンクの世界市場は2025年には745億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、慢性疾患の治療のために開発された新たな治療法の臨床試験を支援し、容易にするための生体試料採取の必要性の高まりが考えられます。本調査レポートでは、バイオバンクの世界市場について調査・分析し、バイオバンクの世界市場動向、バイオバンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオバンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 歯科矯正器具の世界市場予測:ブラケット、アーチワイヤー、リガチャー、固定物、ブレース
    当調査レポートでは、歯科矯正器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、患者別分析、地域別分析、歯科矯正器具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセス自動化・計器装備の北米市場
    本調査レポートでは、プロセス自動化・計器装備の北米市場について調査・分析し、プロセス自動化・計器装備の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 海軍ISRの世界市場
    当調査レポートでは、海軍ISRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海軍ISRの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フランスの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • スーパーフードパウダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スーパーフードパウダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スーパーフードパウダー市場規模、製品別(有機型、従来型)分析、流通経路別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア・自営小売業・および専門店)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スーパーフードパウダーの世界市場概要 ・スーパーフードパウダーの世界市場環境 ・スーパーフードパウダーの世界市場動向 ・スーパーフードパウダーの世界市場規模 ・スーパーフードパウダーの世界市場:業界構造分析 ・スーパーフードパウダーの世界市場:製品別(有機型、従来型) ・スーパーフードパウダーの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア・自営小売業・および専門店) ・スーパーフードパウダーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スーパーフードパウダーの北米市場規模・予測 ・スーパーフードパウダーのヨーロッパ・中東・アフリ …
  • MEA(航空機の電動化)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、MEA(航空機の電動化)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MEA(航空機の電動化)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 温室栽培の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、温室栽培の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温室栽培の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 難燃ケーブルの世界市場:最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー)、断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR)、地域別予測
    本資料は、難燃ケーブルの世界市場について調べ、難燃ケーブルの世界規模、市場動向、市場環境、最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー)分析、断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・難燃ケーブルの世界市場概要 ・難燃ケーブルの世界市場環境 ・難燃ケーブルの世界市場動向 ・難燃ケーブルの世界市場規模 ・難燃ケーブルの世界市場規模:最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー) ・難燃ケーブルの世界市場規模:断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR) ・難燃ケーブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・難燃ケーブルの北米市場規模・予測 ・難燃ケーブルのアメリカ市場規模・予測 ・難燃ケーブルのヨーロッパ市場規模・予測 ・難燃ケーブルのアジア市場規模・予測 ・難燃ケーブルの日本市場規模・予測 ・難燃ケーブルの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dプリンティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 3Dプリンティングの世界市場:市場動向分析 - 3Dプリンティングの世界市場:競争要因分析 - 3Dプリンティングの世界市場:技術別 ・光造形法(SL) ・電子ビーム溶解 ・ジェット工法 ・レーザー焼結 ・熱溶解積層法 ・薄膜積層法 ・3Dプリンティング ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:材料別 ・ポリマー ・金属 ・セラミック ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:エンドユーザー別 ・航空・防衛 ・自動車 ・消費財 ・教育・研究 ・行政・防衛 ・医療 ・工業製品 ・食品・料理 ・宝飾品 ・建築・建設 ・プリンテッド・エレクトロニクス ・エネルギー ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:形状別 ・粉体 ・液体 ・単繊維状 - 3Dプリンティングの世界市場:プリンター別 ・産業用プリンター ・デスクトップ3Dプリンター - 3Dプリンティングの世界市場:用途 …
  • 道路照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、道路照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、道路照明の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 戦場管理システム(BMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、戦場管理システム(BMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、戦場管理システム(BMS)の世界市場規模及び予測、システム別分析、地域別分析/市場規模、サプライチェーン分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙ロボティクスの世界市場予測(~2022):種類別(スカラ、円筒、多関節、直交)、構成要素別、技術別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、航空宇宙ロボティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、構成要素別分析、技術別分析、用途別分析、航空宇宙ロボティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラスDオーディオアンプの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クラスDオーディオアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、デバイス別(スマートフォン、テレビ、ホームオーディオシステム、自動車用インフォテインメントシステム)分析、アンプ種類別(モノチャンネル、2チャンネル、4チャンネル、6チャンネル)分析、エンドユーザー産業別分析、クラスDオーディオアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラスDオーディオアンプの世界市場規模が2019年23億ドルから2024年36億ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。
  • 実験室用キャビネットの世界市場:バイオセイフティーキャビネット、ラミナーフローキャビネット
    当調査レポートでは、実験室用キャビネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用キャビネットの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水圧破砕用流体の世界市場
    当調査レポートでは、水圧破砕用流体の世界市場について調査・分析し、水圧破砕用流体の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 水圧破砕用流体の世界市場:市場動向分析 - 水圧破砕用流体の世界市場:競争要因分析 - 水圧破砕用流体の世界市場:流体別 ・ゲル化されたオイルをベースとした流体 ・滑らかな水をベースとした流体 ・泡をベースとした流体 ・オイルをベースとした流体 ・合成物質をベースとした流体 ・その他 - 水圧破砕用流体の世界市場:井戸別 ・竪井戸 ・横井戸 - 水圧破砕用流体の世界市場:機能別 ・スケール防止剤 ・界面活性剤 ・ゲル化剤 ・酸 ・摩擦低減剤 ・粘土安定剤 ・バイオサイド ・架橋剤 ・腐食防止剤 ・ブレーカ ・鉄制御剤 ・pH調整剤 ・緩衝剤 ・その他 - 水圧破砕用流体の世界市場:主要地域別分析 - 水圧破砕用流体の北米市場規模(アメリカ市場等) - 水圧破砕用流体のヨーロッパ市場規模 - 水圧破砕用流体のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・水圧破砕用流体の世界市場: …
  • 副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)の概要 ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬の評価    …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"