"IO-Linkの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-6700)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"IO-Linkの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

According to MarketsandMarkets, the IO-Link market is expected to reach USD 12.20 billion by 2023 from USD 2.87 billion in 2018, at a CAGR of 33.56%. The growth of this market is mainly attributed to the ability of IO-Link to support several higher level Fieldbus and Ethernet communication protocols, and high focus on increasing energy efficiency, optimizing resources, and reducing production costs.
This report covers the IO-Link market segmented on the basis of component, application, industry, and geography. Among all applications, handling and assembly automation is expected to continue to account for the largest size of the IO-Link market during the forecast period. Discrete industries, such as automotive, metals & mining, and semiconductor, are expected to witness the impressive growth in the adoption of the IO-Link standard for factory automation.

The IO-Link market for discrete industries is expected to grow at the highest rate from 2018 to 2023owing to the recent surge in the adoption of Ethernet communication protocol as a higher level communication protocol in automotive, medical devices, and semiconductor and electronics industries. Due to the high cost and design complexity, the Ethernet communication protocol is not suitable for field level (sensor and actuator level) communication applications wherein a large number of sensors and actuators are used. This limitation of Ethernet has provided new growth opportunity to IO-Link to adopt as a field-level communication protocol in recent years.

Europe is likely to continue to hold the largest market share during the forecast period. Rapid advancements in technologies, stringent regulatory policies, strong government support, along with the significant presence of key industry players, are a few major factors driving the IO-Link market growth in Europe. Germany is expected to continue to hold a major share of the European market owing to the high concentration of German players in the IO-Link market. Germany is also a major hub for discrete manufacturing industries, which also contributes toward the growth of the IO-Link market

Lack of standardization and limitation of IO-Link in high-speed or motion control applications are restraining market growth. IO-Link is advantageous for an array of industrial applications. However, in industries wherein motion control plays a vital role in their overall automation strategy, the existing Fieldbus or Ethernet communication protocol is more suitable than IO-Link. The other factor that hinders the IO-Link market growth is the high response time and large size of the process data, especially in industries where motion control automation is a vital consideration. With a high response time of about 2.3 ms, IO-Link is not fast enough for motion control applications.

Siemens (Germany), Balluff (Germany), Ifm electronic (Germany), SICK (Germany), Rockwell Automation (US), Festo (Germany) Omron (Japan), Banner Engineering (US), Hans Turck (Germany), Pepperl & Fuchs (Germany), and Datalogic (Italy) are a few major players in the IO-Link market.

Initiatives of governments across the world toward the adoption of industrial automation drive the IO-Link market growth
Machine Tool
A machine tool is equipped with multiple sensors for detecting level, pressure, proximity, and temperature parameters, among others. IO-Link capable sensors in machine tools can easily be identified through their vendor and device ID. The use of IO-Link offers fast initial startup of the machine. It also minimizes the downtime by offering simplified sensor replacement when the fault has been detected. Moreover, even when sensors are replaced, there is no need for additional documentation and worry about setting sensor parameters as these settings are already saved in IO-Link masters/modules.

Handling and Assembly Automation
IO-Link being the serial communication standard and capable of connecting valves and RFID read heads is gaining traction in the market for the smooth operation of handling and assembly systems. The use of IO-Link in process and assembly automation simplifies the connection of valves, RFID read heads, and sensors nodes. The ability of IO-Link to replace the parallel wiring with serial wiring makes IO-Link less complicated in handling and assembly automation systems.

Packaging
The increased focus by many manufacturing industries to ensure greater operating safety and efficiency, as well as reduce errors and improve working conditions, has aided the adoption of the packaging automation solutions in industries. IO-Link offers seamless connectivity between the sensor and the controller used in the packaging automation solution. IO-Link capable color sensors and photoelectric sensors communicate the real-time data in the packaging system to the controller. Moreover, sensor parameters can be logged during the production process. IO-Link facilitates machine and process validation down to the lowest automation level.

Critical questions would be:
What could be the potential industrial applications of IO-Link systems?
What is the importance of IO-Link in the manufacturing sector?
What will be the penetration rate of IO-Link systems in process industries?


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"IO-Linkの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in IO-Link Market
4.2 IO-Link Master Market, By Interface (USD Million)
4.3 IO-Link Device Market, By Type (USD Million)
4.4 IO-Link Market, By Application (Million Units)
4.5 IO-Link Market, By Industry Type (Million Units)
4.6 IO-Link Market in APAC, By Application and Country (Million Units)
4.7 IO-Link Market, By Geography (Million Units)

5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Initiatives of Governments Across the World Toward the Adoption of Industrial Automation
5.1.1.2 High Focus on Increasing Energy Efficiency, Optimizing Resources, and Reducing Production Costs
5.1.1.3 Rise of Digital Industrial Technology—Industry 4.0
5.1.1.4 Ability of IO-Link to Support Several Higher Level Fieldbus and Ethernet Communication Protocols
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Lack of Standardization
5.1.2.2 Limitation of IO-Link in High-Speed Or Motion Control Applications
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Release of IO-Link Safety Specification in 2017
5.1.3.2 Availability of Cloud Interface in IO-Link
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Threats Related to Cybersecurity
5.1.4.2 Lack of Interoperability Between Information Technology (It) and Operational Technology (Ot)

6 Market, By Component (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 IO-Link Masters
6.2.1 Device-Mounted IO-Link Masters to Witness Significant Growth Owing to Their Easier Deployment and A Shorter Distance From Devices
6.3 IO-Link Devices
6.3.1 IO-Link-An Easier Diagnostic Solution With Simple and Standardized Wiring—Reduces Downtime and Makes Industrial Automation More Efficient
6.3.2 Sensor Nodes
6.3.3 Modules
6.3.4 Actuators
6.3.5 RFID Read Heads and Others

7 Market, By Industry (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Process Industries
7.2.1 Growing Need to Deliver Effective Products at Competitive Prices Encouraging Process Industries to Adopt IO-Link Technology
7.2.2 Oil & Gas
7.2.2.1 Increasing Demand for Automation in Oil & Gas Industry to Facilitate Adoption of IO-Link Technology
7.2.3 Chemicals
7.2.3.1 Growing Need for Remote Diagnostics of the Sensor Node and Actuators Facilitates IO-Link Adoption in the Chemical Industry
7.2.4 Energy & Power
7.2.4.1 Rising Adoption of Industry 4.0 in the Energy & Power Industry Acts as A Catalyst for IO-Link Market Growth
7.3 Discrete Industries
7.3.1 Rising Focus on Improving Product Quality and Reducing Operational Costs Propels IO-Link Market Growth in Discrete Industries
7.3.2 Automotive
7.3.2.1 Intense Competition in the Automotive Industry Surging the Demand for IO-Link to Streamline Production Processes
7.3.3 Aerospace & Defense
7.3.3.1 Essentiality of Cost Optimization Through Automation and Industry 4.0 to Surge the Demand for IO-Link Technology
7.3.4 Semiconductor & Electronics
7.3.4.1 Shift Toward Fieldbus to Ethernet Communication Protocol in the Semiconductor Industry to Propel the IO-Link Market Growth
7.3.5 Machine Manufacturing
7.3.5.1 Focusing on Adopting IO-Link to Analyze Machine Condition and Avoid Unplanned Downtime
7.3.6 Packaging
7.3.6.1 Advanced Packaging Technology to Boost IO-Link for Automation
7.4 Hybrid Industries
7.4.1 Pharmaceuticals
7.4.1.1 Adoption of IO-Link to Make Manufacturing Processes Safe, Consistent, and Efficient
7.4.2 Metals & Mining
7.4.2.1 Use of IO-Link for Improving Safety, Increasing Production, and Reducing Operating Costs in Metals & Mining Industry
7.4.3 Food & Beverages
7.4.3.1 Stringent Regulations Related to Food Quality and Safety Drive the Demand for IO-Link Technology
7.4.4 Cement and Glass
7.4.4.1 Emphasis of Manufacturers on Reducing Energy Consumption and Carbon Footprint Expected to Provide Lucrative Opportunities for IO-Link Technology Providers

8 Market, By Application (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Machine Tool
8.2.1 Use of IO-Link for Easy Detection of Vendors and Device Id as Well as Configuration of Machine Tools
8.3 Handling and Assembly Automation
8.3.1 Increased Need to Run Multiple Products in Assembly Automation Lead to IO-Link Adoption
8.4 Intralogistics
8.4.1 Utilization of IO-Link for Fast and Efficient Communication in Intralogistics
8.5 Packaging
8.5.1 High Demand for Automated Packaging Solutions Leads to Adoption of IO-Link Technology

9 Geographic Analysis (Page No. – 76)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 Growing Penetration of Industry 4.0 Driving the Growth of the North American IO-Link Market
9.2.2 US
9.2.2.1 Large Base of Discrete Industries in the US Offer Lucrative Growth Opportunity for IO-Link Market
9.2.3 Canada
9.2.3.1 Growth in Manufacturing Sector in Canada to Drive Adoption
of IO-Link 82
9.2.4 Mexico
9.2.4.1 Continuous Developments in Metal & Mining Industry to Boost the Demand for IO-Link in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany Accounted for the Largest Share of the European IO-Link Market in 2017
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Growing Adoption of Industrial Ethernet Technology By Automotive Industry in Germany is Expected to Boost the Demand for IO-Link During the Forecast Period.
9.3.3 UK
9.3.3.1 Increased Adoption of IO-Link By Manufacturers in the UK for Delivering Cost-Efficient Products
9.3.4 France
9.3.4.1 Strong Commitment of French Government for Adopting Advanced Manufacturing Processes Expected to Drive IO-Link
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Use of IO-Link to Facilitate Communication in Connected Devices in Automotive Industry in Italy
9.3.6 Rest of Europe (RoE)
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 Rise of Industry 4.0 in Japan and China Resulting in Growing Adoption of IO-Link in Asia Pacific
9.4.2 China
9.4.2.1 Growing Automation in Automotive and Semiconductor Industry in China to Drive IO-Link Market During the Forecast Period
9.4.3 Japan
9.4.3.1 High Degree of Industrial Automation in Japan Propelling IO-Link Market Growth
9.4.4 South Korea
9.4.4.1 Growing Automotive Sector in South Korea to Boost IO-Link Market Growth in Near Future
9.4.5 Rest of APAC
9.5 Rest of the World (RoW)
9.5.1 Middle East and Africa (MEA)
9.5.1.1 Growing Automation in Middle Eastern Oil & Gas Industry to Propel the Demand for IO-Link in Coming Years
9.5.2 South America
9.5.2.1 Brazil to Account for the Largest Share of South American IO-Link Market During 2018–2025

10 Competitive Landscape (Page No. – 97)
10.1 Overview
10.2 Ranking Analysis
10.3 Competitive Situations and Trends
10.3.1 Product Launches and Developments
10.3.2 Partnerships and Collaborations

11 Company Profiles (Page No. – 102)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Key Players
11.1.1 Siemens
11.1.1.1 Business Overview
11.1.1.2 Products Offered
11.1.1.3 Recent Developments
11.1.1.4 SWOT Analysis
11.1.1.5 MnM View
11.1.2 Rockwell Automation
11.1.2.1 Business Overview
11.1.2.2 Products Offered
11.1.2.3 Recent Developments
11.1.2.4 MnM View
11.1.3 Omron
11.1.3.1 Business Overview
11.1.3.2 Products Offered
11.1.3.3 Recent Developments
11.1.3.4 MnM View
11.1.4 SICK
11.1.4.1 Business Overview
11.1.4.2 Products Offered
11.1.4.3 Recent Developments
11.1.4.4 SWOT Analysis
11.1.4.5 MnM View
11.1.5 Pepperl+Fuchs
11.1.5.1 Business Overview
11.1.5.2 Products Offered
11.1.5.3 Recent Developments
11.1.5.4 MnM View
11.1.6 Balluff
11.1.6.1 Business Overview
11.1.6.2 Products Offered
11.1.6.3 Recent Developments
11.1.6.4 SWOT Analysis
11.1.6.5 MnM View
11.1.7 Ifm Electronic
11.1.7.1 Business Overview
11.1.7.2 Products Offered
11.1.7.3 Recent Developments
11.1.7.4 SWOT Analysis
11.1.7.5 MnM View
11.1.8 Turck
11.1.8.1 Business Overview
11.1.8.2 Products Offered
11.1.8.3 Recent Developments
11.1.8.4 SWOT Analysis
11.1.8.5 MnM View
11.1.9 Datalogic
11.1.9.1 Business Overview
11.1.9.2 Products Offered
11.1.9.3 Recent Developments
11.1.9.4 MnM View
11.1.10 Festo
11.1.10.1 Business Overview
11.1.10.2 Products Offered
11.1.10.3 Recent Developments
11.1.10.4 MnM View
11.2 Other Companies
11.2.1 Banner Engineering
11.2.2 Comtrol
11.2.3 Beckhoff Automation
11.2.4 Baumer
11.2.5 Wenglor Sensoric
11.2.6 Bosch Rexforth
11.2.7 Bernecker + Rainer
11.2.8 Belden
11.2.9 Aventics
11.2.10 Weidmuller

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

12 Appendix (Page No. – 135)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】IO-Linkの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-6700
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
IO-Linkの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用イベントデータレコーダー(EDR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用イベントデータレコーダー(EDR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用イベントデータレコーダー(EDR)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスオーディオ装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ワイヤレスオーディオ装置の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスオーディオ装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:市場動向分析 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:競争要因分析 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:技術別 ラジオ周波数 ワイファイ ブルートウス エアプレイ その他の技術 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:製品別 ヘッドホーン ヘッドセット スピーカーシステム マイクロフォン サンドバー 出力増幅器(アンプ) ラジオチューナー A/Vコントロール その他の製品 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:用途別 商業用 自動車 家庭用オーディオ 消費者 その他の用途 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:主要地域別分析 - ワイヤレスオーディオ装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - ワイヤレスオーディオ装置のヨーロッパ市場規模 - ワイヤレスオーディオ装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ワイ …
  • 民生用電子センサーの世界市場:製品別(イメージセンサー、モーションセンサー、温度センサー、圧力センサー、タッチセンサー、位置センサー)、用途別(コミュニケーション、エンターテイメント、家電、IT、その他)、地域別予測
    本資料は、民生用電子センサーの世界市場について調べ、民生用電子センサーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(イメージセンサー、モーションセンサー、温度センサー、圧力センサー、タッチセンサー、位置センサー)分析、用途別(コミュニケーション、エンターテイメント、家電、IT、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlps Electric co. Ltd. 、Analog Devices Inc.、Atmel Corporation、Bosch Sensortec、Canon Inc.、Cypress Semiconductor Corporation、Freescale Semiconductor、Invensense、Knowles、Omnivision Technologies、Panasonic Corporation、Samsung Electronics、Sony Corporation、STMicroelectronics、Texas Instrume …
  • データコンバーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、データコンバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データコンバーターの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • HIF-1アルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるHIF-1アルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・HIF-1アルファ阻害剤の概要 ・HIF-1アルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のHIF-1アルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIF-1アルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・HIF-1アルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • メンブレンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メンブレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • キャスト高分子の世界市場予測(~2022年):アルミナ三水和物、炭酸カルシウム、樹脂、天然石/石英
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、キャスト高分子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、キャスト高分子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動物医療市場2016-2020:動向、予測、企業戦略
  • 心疾患マーカー検査の世界市場予測:トロポニンI&T、CK-MB、ミオグロビン、BNP、hsCRP
    当調査レポートでは、心疾患マーカー検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、製品別分析、方法別分析、疾患別分析、心疾患マーカー検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)の世界市場:フルフェイスマスク型、ハーフマスク型、ヘルメット型・フード型・バイザー型
    当調査レポートでは、電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)市場規模、製品別(フルフェイスマスク型、ハーフマスク型、ヘルメット型・フード型・バイザー型)分析、エンドユーザー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Avon, Bullard, Honeywell International, ILC Doverなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)の世界市場概要 ・電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)の世界市場環境 ・電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)の世界市場動向 ・電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)の世界市場規模 ・電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)の世界市場:業界構造分析 ・電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)の世界市場:製品別(フルフェイスマスク型、ハーフマスク型、ヘルメット型・フード型・バイザー型 …
  • フランスのポリプロピレン市場(~2019)
  • インストアアナリティクスの世界市場予測(~2023年)
    インストアアナリティクスの世界市場は、2018年の11億米ドルから2023年には32億米ドルに達し、この期間中23.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、電子商取引の小売業者と実店舗での小売業者間の競争の激化、顧客サービスの向上、ショッピングエクスペリエンスの向上、そして実店舗でのデータ量の増加が考えられます。一方で、伝統的な小売業者は新しい技術を採用するこちに対して積極的ではないため、市場の成長は制限される可能性があります。当調査レポートでは、インストアアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(マーケティング管理、顧客管理、商品分析、店舗運営管理、リスク・コンプライアンス管理)分析、コンポーネント別分析、導入別分析、組織の規模別分析、インストアアナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの市場見通し(~2021年)
  • ラクロス用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラクロス用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラクロス用品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシイタケ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシイタケ市場2015について調査・分析し、シイタケの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウォークイン冷蔵庫の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウォークイン冷蔵庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウォークイン冷蔵庫の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ印刷技術装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナノ印刷技術装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノ印刷技術装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の地理情報システム市場規模・予測、2017-2025:構成要素別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)、使用方法別(マッピング、測量、ナビゲーション)用途別(建築、農業、航空宇宙、鉱業、運送業)、デバイス別(モバイル、デスクトップ)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の地理情報システム市場について調査・分析し、世界の地理情報システム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の地理情報システム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アメリカの外傷固定処置動向(~2021)
  • 世界のトップ10高成長塗料・コーティング剤市場
  • 世界のダイカスト機市場2015
    本調査レポートでは、世界のダイカスト機市場2015について調査・分析し、ダイカスト機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルペイメントの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デジタルペイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ別(ソリューション、サービス)分析、ソリューションタイプ別(支払処理、ペイメントゲートウェイ、決済ウォレット、POSソリューション、決済セキュリティ、不正行為管理)分析、導入モード別分析、組織サイズ別分析、デジタルペイメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動製袋機の世界市場予測2019-2024
    「自動製袋機の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、水平式、垂直式など、用途別には、Food and Beverage Industries、Pharmaceuticals Industry、Feed Industry、Chemical Industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動製袋機のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動製袋機の世界市場概要(サマリー) ・自動製袋機の企業別販売量・売上 ・自動製袋機の企業別市場シェア ・自動製袋機の世界市場規模:種類別(水平式、垂直式) ・自動製袋機の世界市場規模:用途別(Food and Beverage Industries、Pharmaceuticals Industry、Feed Industry、Chemical Industry、Others) ・自動製袋機の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動製袋機のアジア市場規 …
  • 自己免疫疾患診断の世界市場
    当調査レポートでは、自己免疫疾患診断の世界市場について調査・分析し、自己免疫疾患診断の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 検査/計測装置および医療機器向けLEDの世界市場予測・分析
  • 世界の拡張現実(AR)市場規模・予測2017-2025:構成要素別(ハードウェア・ソフトウェア)、表示タイプ別(ヘッドマウント表示、ヘッドアップ表示、・スマートガラス)、用途別(航空宇宙・防衛、自動車・Eコマース、ゲーミング、産業用、医療、・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の拡張現実(AR)市場について調査・分析し、世界の拡張現実(AR)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の拡張現実(AR)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スキン包装の世界市場
    当調査レポートでは、スキン包装の世界市場について調査・分析し、スキン包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スキン包装の世界市場:市場動向分析 - スキン包装の世界市場:競争要因分析 - スキン包装の世界市場:ベースとなる素材別 ・紙&板紙 ・プラスチックフィルム ・その他 - スキン包装の世界市場:製品別 ・カード状のスキン包装 ・カード状でないスキン包装 - スキン包装の世界市場:用途別 ・消費財 ・工業製品 ・食品 ・その他 - スキン包装の世界市場:ヒートシールによるコーティング別 ・溶剤ベースのヒートシールによるコーティング ・水ベースのヒートシールによるコーティング ・その他 - スキン包装の世界市場:主要地域別分析 - スキン包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - スキン包装のヨーロッパ市場規模 - スキン包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スキン包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場:アダルトグッズ、避妊具、潤滑剤、ランジェリー、妊娠テスト
    当調査レポートでは、セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トップ10発電技術の世界市場予測(~2021年):蒸気タービン、マイクロタービン、ガスタービン、ガスエンジン、マイクロCHP、原子力発電原子炉、小型風力、ディーゼル発電機、ガス発電機、集光型太陽熱発電
  • 心不全(心臓まひ)の疫学的予測
    当調査レポートでは、心不全(心臓まひ)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心不全(心臓まひ)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・心不全(心臓まひ)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 排煙脱硫装置(FGDシステム)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、排煙脱硫装置(FGDシステム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、排煙脱硫装置(FGDシステム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の3D印刷医療機器市場規模・予測2017-2025:構成要素別(機器、マテリアル、ソフトウェア・サービス)、技術別(EBM、LBM、画像ポリマー化、3D印刷・液滴付着、商品の種類別(手術ガイド、補綴・インプラント手術用機器・組織工学用品)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の3D印刷医療機器市場について調査・分析し、世界の3D印刷医療機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の3D印刷医療機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車TJAシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車TJAシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車TJAシステムの世界市場規模及び予測、OEM別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高コレステロール血症(Hypercholesterolemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の高コレステロール血症(Hypercholesterolemia)治療薬剤
  • 冷却塔の世界市場:乾式冷却塔、蒸発冷却塔、ハイブリッド冷却塔
    当調査レポートでは、冷却塔の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、デザイン別分析、建設材料別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プリントエレクトロニクスの世界市場分析:材料別(インクと基板)、技術別(インクジェット、スクリーン、グラビア、フレキソ印刷)、機器別(ディスプレイ、太陽光、照明、RFID、その他)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、プリントエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、プリントエレクトロニクスの世界市場動向、プリントエレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別プリントエレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリスチレンフォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリスチレンフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ポリスチレンフォームの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • モーターコントロールセンターの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、モーターコントロールセンターの世界市場について調査・分析し、モーターコントロールセンターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - モーターコントロールセンターの世界市場:市場動向分析 - モーターコントロールセンターの世界市場:競争要因分析 - モーターコントロールセンターの世界市場:電圧別 ・低電圧 ・中電圧 - モーターコントロールセンターの世界市場:コンポーネント別 ・回路遮断器・ヒューズ ・ソフトスターター ・バスバー ・過負担継電器 ・可変速ドライブ - モーターコントロールセンターの世界市場:種類別 ・インテリジェント型 ・従来型 - モーターコントロールセンターの世界市場:エンドユーザー別 ・商業 ・鉱業 - モーターコントロールセンターの世界市場:主要地域別分析 - モーターコントロールセンターの北米市場規模(アメリカ市場等) - モーターコントロールセンターのヨーロッパ市場規模 - モーターコントロールセンターのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・モ …
  • 保健機能成分の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、保健機能成分の世界市場について調査・分析し、保健機能成分の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 保健機能成分の世界市場:市場動向分析 - 保健機能成分の世界市場:競争要因分析 - 健康機能成分の世界市場:原料別 ・微生物 ・植物 ・合成物 ・動物 - 健康機能成分の世界市場:種類別 ・プロバイオティクススターター培養物 ・ミネラル ・プレバイオティクス ・タンパク質 ・機能性糖類 ・栄養脂質 ・植物・果物抽出物 ・ビタミン - 健康機能成分の世界市場:用途別 ・飲料 ・動物飼料 ・食品 ・パーソナルケア ・医薬品 - 保健機能成分の世界市場:主要地域別分析 - 保健機能成分の北米市場規模(アメリカ市場等) - 保健機能成分のヨーロッパ市場規模 - 保健機能成分のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・保健機能成分の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アイルランドの血栓管理装置市場見通し
  • アジア(ASEAN)のスチール(鋼)市場:炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼
    当調査レポートでは、アジア(ASEAN)のスチール(鋼)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、アジア(ASEAN)のスチール(鋼)市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルニア修復術の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、ヘルニア修復術の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・ヘルニア修復術産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・ヘルニア修復術の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・ヘルニア修復術の製品パイプライン分析 ・ヘルニア修復術の治験動向 ・主要企業分析 ・ヘルニア修復術の世界市場規模予測 ・ヘルニア修復術の地域別市場規模予測
  • 牛脂脂肪酸の世界市場
    当調査レポートでは、牛脂脂肪酸の世界市場について調査・分析し、牛脂脂肪酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 良性前立腺肥大症(BPH)治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、良性前立腺肥大症(BPH)治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・良性前立腺肥大症(BPH)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・良性前立腺肥大症(BPH)治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 遠隔資産管理ソリューションの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、遠隔資産管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、用途別分析、地域別分析、遠隔資産管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の外周セキュリティ市場規模・予測2017-2025:構成要素別(システム(外周侵入検知、ビデオ監視、アクセスコントロール、・アラーム・通知システム)、サービス別(プロフェッショナル・マネージドサービス))、業界別(政府、軍事・防衛、産業用)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の外周セキュリティ市場について調査・分析し、世界の外周セキュリティ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の外周セキュリティ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 飼料分析の世界市場予測(~2023年):栄養素、乾燥物、マイコトキシン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ターゲット(栄養素、乾燥物、マイコトキシン)分析、家畜(ウシ、ウマ、ヒツジ)分析、飼料(糧食、干草、サイレージ)分析、手法(湿式化学、近赤外(NIR))分析、飼料分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防水用化学品の世界市場:ビチューメン、エラストマー、PVC、TPO、EPDM
    当調査レポートでは、防水用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、成分別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヒマシ油・ヒマシ油誘導体市場規模、製品別(セバシン酸、ウンデシレン酸、ヒマシ油ワックス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場概要 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場環境 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場動向 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場規模 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場:業界構造分析 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場:製品別(セバシン酸、ウンデシレン酸、ヒマシ油ワックス、その他) ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の北米市場規模・予測 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の主要国分析 ・ヒマシ油・ヒマシ油誘導体の世界 …
  • パイプ敷設船の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、パイプ敷設船の世界市場について調査・分析し、パイプ敷設船の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別パイプ敷設船シェア、市場規模推移、市場規模予測、パイプ敷設船種類別分析(Jレイバージ、Sレイバージ、リールバージ)、パイプ敷設船用途別分析(浅瀬・温暖気候、過酷な気候・深海)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・パイプ敷設船の市場概観 ・パイプ敷設船のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・パイプ敷設船のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・パイプ敷設船の世界市場規模 ・パイプ敷設船の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・パイプ敷設船のアメリカ市場規模推移 ・パイプ敷設船のカナダ市場規模推移 ・パイプ敷設船のメキシコ市場規模推移 ・パイプ敷設船のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・パイプ敷設船のドイツ市場規模推移 ・パイプ敷設船のイギリス市場規模推移 ・パイプ敷設船のロシア市場規模推移 ・パイプ敷設船のアジア市場分析(日本、中 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"