"電気バスの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22503)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電気バスの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

100 pages, November 2018
About this market
The initial cost of an electric bus is higher than that of a conventional bus. An average electric bus can cost 30%-35% more than an average conventional bus. Any change in the battery prices can bring a huge difference in the total cost of an electric bus. The need for efficiency improvement has encouraged battery manufacturers to come up with technological advancements in electric bus batteries. For example, advancements in Li-ion batteries have not only reduced the overall weight of electric buses but also increased their lifespan when compared to buses that use conventional lead acid and valve-regulated lead acid (VRLA) batteries. Thus, the reduction in battery prices will drive the electric bus market growth during the forecast period.
Market Overview
Reduction in battery prices
Battery prices account for a significant share of the total cost of electric bus production. The need for efficiency improvement has encouraged battery manufacturers to come up with technological advancements in electric bus batteries. For instance, advancements in Li-ion batteries have not only reduced the overall weight of electric buses but also increased their lifespan when compared to buses that use conventional lead acid and valve-regulated lead acid (VRLA) batteries.
Declining number of public transport users
The increasing preference for personal vehicles is limiting the demand for public transportation. As a result, transit agencies are becoming reluctant to replace their existing conventional buses with expensive electric buses. This is a hindrance for the growth of the global electric bus market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the electric bus market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including ANKAI, BYD Company the competitive environment is quite intense. Factors such as the reduction in battery prices and increasing popularity of wireless charging systems, will provide considerable growth opportunities to aircraft towbars manufactures. ANKAI, BYD Company, Higer BUS, Yinlong Energy, YUTONG, and Zhongtong Bus Holding are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"電気バスの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY BUS TYPE
• Segmentation by bus type
• Comparison by bus type
• Pure electric buses – Market size and forecast 2017-2022
• Plug-in hybrid buses – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by bus type
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• China – Market size and forecast 2017-2022
• Rest of the world – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Increasing popularity of wireless charging systems
• Technological advancements in electric buses
• Retrofitted electric buses
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• ANKAI
• BYD Company
• Higer Bus
• Yinlong Energy
• YUTONG
• Zhongtong Bus Holding
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global buses and coaches market: Segmentation
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global electric bus market – Market size and forecast 2017-2022 (thousand units)
Exhibit 09: Global electric bus market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Global electric bus market by bus type – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by bus type
Exhibit 20: Pure electric buses – Market size and forecast 2017-2022 (thousand units)
Exhibit 21: Pure electric buses – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Plug-in hybrid buses – Market size and forecast 2017-2022 (thousand units)
Exhibit 23: Plug-in hybrid buses – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by bus type
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global electric bus market by geography – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: China – Market size and forecast 2017-2022 (thousand units)
Exhibit 29: China – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Rest of the world – Market size and forecast 2017-2022 (thousand units)
Exhibit 31: Rest of the world – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Key leading countries
Exhibit 33: Market opportunity
Exhibit 34: Vendor landscape
Exhibit 35: Landscape disruption
Exhibit 36: Vendors covered
Exhibit 37: Vendor classification
Exhibit 38: Market positioning of vendors
Exhibit 39: ANKAI: An overview
Exhibit 40: ANKAI – Product segments
Exhibit 41: ANKAI – Organizational developments
Exhibit 42: ANKAI – Key offerings
Exhibit 43: BYD Company: An overview
Exhibit 44: BYD Company – Business segments
Exhibit 45: BYD Company – Organizational developments
Exhibit 46: BYD Company – Geographic focus
Exhibit 47: BYD Company – Segment focus
Exhibit 48: BYD Company – Key offerings
Exhibit 49: Higer Bus: An overview
Exhibit 50: Higer Bus – Product segments
Exhibit 51: Higer Bus – Organizational developments
Exhibit 52: Higer Bus – Key offerings
Exhibit 53: Yinlong Energy: An overview
Exhibit 54: Yinlong Energy – Product segments
Exhibit 55: Yinlong Energy – Organizational developments
Exhibit 56: Yinlong Energy – Key offerings
Exhibit 57: YUTONG: An overview
Exhibit 58: YUTONG – Product segments
Exhibit 59: YUTONG – Organizational developments
Exhibit 60: YUTONG – Key offerings
Exhibit 61: Zhongtong Bus Holding: An overview
Exhibit 62: Zhongtong Bus Holding – Product segments
Exhibit 63: Zhongtong Bus Holding – Organizational developments
Exhibit 64: Zhongtong Bus Holding – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電気バスの世界市場2018-2022
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22503
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電気バスの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 配合樹脂の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、配合樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、配合樹脂市場規模、製品別(熱可塑性ポリマー、熱硬化性ポリマー、エラストマー)分析、最終用途別(自動車・航空宇宙、家庭用品、建設・インフラ、電気・電子機器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・配合樹脂の世界市場概要 ・配合樹脂の世界市場環境 ・配合樹脂の世界市場動向 ・配合樹脂の世界市場規模 ・配合樹脂の世界市場:業界構造分析 ・配合樹脂の世界市場:製品別(熱可塑性ポリマー、熱硬化性ポリマー、エラストマー) ・配合樹脂の世界市場:最終用途別(自動車・航空宇宙、家庭用品、建設・インフラ、電気・電子機器、その他) ・配合樹脂の世界市場:地域別市場規模・分析 ・配合樹脂のアメリカ市場規模・予測 ・配合樹脂のヨーロッパ市場規模・予測 ・配合樹脂のアジア市場規模・予測 ・配合樹脂の主要国分析 ・配合樹脂の世界市場:意思決定フレームワーク ・配合樹脂の世界市場:成長 …
  • 世界の導電率計市場2016
    本調査レポートでは、世界の導電率計市場2016について調査・分析し、導電率計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオンライン・オンデマンドホームサービス市場:サービス別、地域別
    本調査レポートはオンライン・オンデマンドホームサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、サービス別(ホームケア及びデザイン、修理及び点検、ヘルス・ウェルネス・美容、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オンライン・オンデマンドホームサービスの世界市場:サービス別(ホームケア及びデザイン、修理及び点検、ヘルス・ウェルネス・美容、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ハンドセット用フラッシュLEDモジュールの世界市場2017-2021:スマートフォン用、フィーチャーフォン用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハンドセット用フラッシュLEDモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハンドセット用フラッシュLEDモジュールの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はハンドセット用フラッシュLEDモジュールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均21.26%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCree、EPISTAR、EVERLIGHT、Lumileds、OSRAM 、SAMSUNG等です。
  • 世界のホイールバランサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のホイールバランサー市場2015について調査・分析し、ホイールバランサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力配分装置(PDU)の世界市場
    当調査レポートでは、電力配分装置 (PDU) の世界市場について調査・分析し、電力配分装置 (PDU) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アルドース還元酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルドース還元酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルドース還元酵素阻害剤の概要 ・アルドース還元酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルドース還元酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルドース還元酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルドース還元酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • セキュリティ用紙の世界市場予測(~2021年):ハイブリッドペーパー、ウォーターマーク、ホログラム、スレッド
    当調査レポートでは、セキュリティ用紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、セキュリティ機能別分析、用途別分析、地域別分析、セキュリティ用紙の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用イモビライザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用イモビライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用イモビライザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • XRF分析器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、XRF分析器の世界市場について調査・分析し、XRF分析器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別XRF分析器シェア、市場規模推移、市場規模予測、XRF分析器種類別分析()、XRF分析器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・XRF分析器の市場概観 ・XRF分析器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・XRF分析器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・XRF分析器の世界市場規模 ・XRF分析器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・XRF分析器のアメリカ市場規模推移 ・XRF分析器のカナダ市場規模推移 ・XRF分析器のメキシコ市場規模推移 ・XRF分析器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・XRF分析器のドイツ市場規模推移 ・XRF分析器のイギリス市場規模推移 ・XRF分析器のロシア市場規模推移 ・XRF分析器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・XRF分析器の日本市場規模推移 ・X …
  • スマート農業の世界市場:GPS/GNSSデバイス、センサモニタリングシステム、スマート検知システム、ネットワーク
    当調査レポートでは、スマート農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ハードウェア別分析、ソフトウェア別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 婦人科ロボット手術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、婦人科ロボット手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、婦人科ロボット手術の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築用断熱材の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建築用断熱材の世界市場について調査・分析し、建築用断熱材の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建築用断熱材シェア、市場規模推移、市場規模予測、建築用断熱材種類別分析(EPSパネル、XPSパネル、PUパネル、ミネラルウールパネル)、建築用断熱材用途別分析(屋根、壁、床、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建築用断熱材の市場概観 ・建築用断熱材のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建築用断熱材のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建築用断熱材の世界市場規模 ・建築用断熱材の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建築用断熱材のアメリカ市場規模推移 ・建築用断熱材のカナダ市場規模推移 ・建築用断熱材のメキシコ市場規模推移 ・建築用断熱材のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・建築用断熱材のドイツ市場規模推移 ・建築用断熱材のイギリス市場規模推移 ・建築用断熱材のロシア市場規模推移 ・建築用断熱材のアジア市場分析( …
  • 保険産業におけるビックデータ市場
  • 建設用塗料の東南アジア市場
  • インフルエンザワクチンの世界市場見通し2017-2027
    当調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、インフルエンザワクチンの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・インフルエンザワクチンの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・インフルエンザワクチンの世界市場:セグメント別市場分析 ・インフルエンザワクチンの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 構造用接着剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、構造用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、構造用接着剤の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • LTE・5Gブロードキャストの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、LTE・5Gブロードキャストの世界市場規模が2017年3718.9億ドルから2026年1兆995.0億ドルまで年平均12.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、LTE・5Gブロードキャストの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、LTE・5Gブロードキャスト市場規模、技術別(5Gブロードキャスト、LTE(ロングタームエボリューション)ブロードキャスト)分析、エンドユーザー別(コネクテッドカー、データフィード・通知、緊急警報、電子新聞・電子雑誌、固定LTEのクワッドプレイ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ LTE・5Gブロードキャストの世界市場:市場動向分析 ・ LTE・5Gブロードキャストの世界市場:競争要因分析 ・ LTE・5Gブロードキャストの世界市場:技術別(5Gブロードキャスト、LTE(ロングタームエボリューション)ブロードキャスト) ・ LTE・5Gブロードキャストの世界市場: …
  • ケルプ製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ケルプ製品の世界市場について調査・分析し、ケルプ製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ケルプ製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、ケルプ製品種類別分析(乾燥型、生鮮型、塩漬け型)、ケルプ製品用途別分析(食品、工業、化粧品・衣料品、その他(肥料など))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ケルプ製品の市場概観 ・ケルプ製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ケルプ製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ケルプ製品の世界市場規模 ・ケルプ製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ケルプ製品のアメリカ市場規模推移 ・ケルプ製品のカナダ市場規模推移 ・ケルプ製品のメキシコ市場規模推移 ・ケルプ製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ケルプ製品のドイツ市場規模推移 ・ケルプ製品のイギリス市場規模推移 ・ケルプ製品のロシア市場規模推移 ・ケルプ製品のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ケ …
  • 転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)の概要 ・転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)治療薬の評価    …
  • 世界のステアリン酸マグネシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のステアリン酸マグネシウム市場2016について調査・分析し、ステアリン酸マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不活性フィラー市場2016
    本調査レポートでは、世界の不活性フィラー市場2016について調査・分析し、不活性フィラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の農業における人工知能市場規模・予測2017-2025:技術別(コンピュータビジョン、推測分析、機械学習)、用途別(農業ロボット、家畜監視、ドローン分析、精密農業、その他)、提供品別(サービスとしてのAI、ソフトウェア、ハードウェア、サービス)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の農業における人工知能市場について調査・分析し、世界の農業における人工知能市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の農業における人工知能関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ハンガリーの装具市場見通し
  • 次世代ネットワークOSS/BSS市場および予測2015-2020
  • 世界の静脈内カテーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界の静脈内カテーテル市場2015について調査・分析し、静脈内カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 尿検査の世界市場予測(~2024年)
    尿検査の世界市場は、2019年の32億米ドルから2024年には46億米ドルに達し、この期間中7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、腎疾患や尿路感染症の世界的な蔓延、沈査分析の自動化への移行、ポイントオブケア尿検査の採用の増加などが考えられます。尿検査および新興国向けの統合システムは、市場プレイヤーに幅広い成長機会を提供すると期待されています。当調査レポートでは、尿検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(ディップスティック、妊娠検査キット、試薬、消耗品、自動・半自動分析装置、PoC検査装置)分析、用途別(UTI、糖尿病、妊娠)分析、エンドユーザー別(病院、検査室、在宅医療)分析、検査の種類別分析、尿検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラスロッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブラスロッドの世界市場について調査・分析し、ブラスロッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブラスロッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブラスロッド種類別分析(従来型、特別型)、ブラスロッド用途別分析(機械、自動車、電気、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブラスロッドの市場概観 ・ブラスロッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブラスロッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブラスロッドの世界市場規模 ・ブラスロッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブラスロッドのアメリカ市場規模推移 ・ブラスロッドのカナダ市場規模推移 ・ブラスロッドのメキシコ市場規模推移 ・ブラスロッドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブラスロッドのドイツ市場規模推移 ・ブラスロッドのイギリス市場規模推移 ・ブラスロッドのロシア市場規模推移 ・ブラスロッドのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • アレンドロネートの世界市場予測2019-2024
    「アレンドロネートの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、5 mgタブレット、10 mgタブレット、35 mgタブレット、70 mgタブレットなど、用途別には、Postmenopausal Osteoporosis、Men with Osteoporosisなどに区分してまとめた調査レポートです。アレンドロネートのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アレンドロネートの世界市場概要(サマリー) ・アレンドロネートの企業別販売量・売上 ・アレンドロネートの企業別市場シェア ・アレンドロネートの世界市場規模:種類別(5 mgタブレット、10 mgタブレット、35 mgタブレット、70 mgタブレット) ・アレンドロネートの世界市場規模:用途別(Postmenopausal Osteoporosis、Men with Osteoporosis) ・アレンドロネートの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アレンド …
  • 世界の搬送ロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界の搬送ロボット市場2015について調査・分析し、搬送ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高級マッサージチェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高級マッサージチェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高級マッサージチェア市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、最終用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高級マッサージチェアの世界市場概要 ・高級マッサージチェアの世界市場環境 ・高級マッサージチェアの世界市場動向 ・高級マッサージチェアの世界市場規模 ・高級マッサージチェアの世界市場:業界構造分析 ・高級マッサージチェアの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・高級マッサージチェアの世界市場:最終用途別(家庭用、商業用) ・高級マッサージチェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高級マッサージチェアのアメリカ市場規模・予測 ・高級マッサージチェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・高級マッサージチェアのアジア市場規模・予測 ・高級マッサージチェアの主要国分析 ・高級マッサージチェアの世界市場:意思決定フ …
  • 世界の政府部門におけるITセキュリティ支出市場
    当調査レポートでは、世界の政府部門におけるITセキュリティ支出市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の政府部門におけるITセキュリティ支出市場規模及び予測、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 耕耘機器の世界市場:種類別(すき、耕耘機、ディスクハロー、ハロー、その他)、製品別(ガス電力式、電動式、その他)、地域別予測
    本資料は、耕耘機器の世界市場について調べ、耕耘機器の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(すき、耕耘機、ディスクハロー、ハロー、その他)分析、製品別(ガス電力式、電動式、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAGCO、John Deere、CASH IH、New Holland 、Alamo group Inc.、Oliver Farm Equipment Company、Autotech International LLC、Bare-Co USA、Northstar Attachments LLC、Weak-Tec Inc. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・耕耘機器の世界市場概要 ・耕耘機器の世界市場環境 ・耕耘機器の世界市場動向 ・耕耘機器の世界市場規模 ・耕耘機器の世界市場規模:種類別(すき、耕耘機、ディスクハロー、ハロー、その他) ・耕耘機器の世界市場規模:製品別(ガス電力式、電動式、その他) ・耕耘機器の世界市場:地域別市 …
  • 特殊油脂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、特殊油脂の世界市場について調査・分析し、特殊油脂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別特殊油脂シェア、市場規模推移、市場規模予測、特殊油脂種類別分析(カカオ代用脂、その他)、特殊油脂用途別分析(家庭用、飲食店用、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・特殊油脂の市場概観 ・特殊油脂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・特殊油脂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・特殊油脂の世界市場規模 ・特殊油脂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・特殊油脂のアメリカ市場規模推移 ・特殊油脂のカナダ市場規模推移 ・特殊油脂のメキシコ市場規模推移 ・特殊油脂のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・特殊油脂のドイツ市場規模推移 ・特殊油脂のイギリス市場規模推移 ・特殊油脂のロシア市場規模推移 ・特殊油脂のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・特殊油脂の日本市場規模推移 ・特殊油脂の中国市場規模推移 …
  • 合成石膏の世界市場:FGD(排煙脱硫)石膏、りん石膏、その他
    当調査レポートでは、合成石膏の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、合成石膏市場規模、製品別(FGD(排煙脱硫)石膏、りん石膏、その他)分析、製品別(乾式壁、セメント、土壌改良、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Knauf Gips, LafargeHolcim, National Gypsum, PABCO Gypsum, USGなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・合成石膏の世界市場概要 ・合成石膏の世界市場環境 ・合成石膏の世界市場動向 ・合成石膏の世界市場規模 ・合成石膏の世界市場:業界構造分析 ・合成石膏の世界市場:製品別(FGD(排煙脱硫)石膏、りん石膏、その他) ・合成石膏の世界市場:製品別(乾式壁、セメント、土壌改良、その他) ・合成石膏の世界市場:地域別市場規模・分析 ・合成石膏の北米市場規模・予測 ・合成石膏のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・合成石膏のアジア太平洋市場規模・予測 ・合成石膏の主要国 …
  • 世界の自動車PCVバルブ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車PCVバルブ市場2016について調査・分析し、自動車PCVバルブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 雑種種子の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、雑種種子の世界市場について調査・分析し、雑種種子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 雑種種子の世界市場:市場動向分析 - 雑種種子の世界市場:競争要因分析 - 雑種種子の世界市場:種子処理別 処理済み 未処理 - 雑種種子の世界市場:栽培地別 室内栽培 屋外 - 雑種種子の世界市場:栽培面積別 果物及び野菜 畑作作物 - 雑種種子の世界市場:期間別 長期間 中間期間 短期間 - 雑種種子の世界市場:作物別 果物及び野菜 雑穀及び穀物 油性種子 その他の穀物 - 雑種種子の世界市場:主要地域別分析 - 雑種種子の北米市場規模(アメリカ市場等) - 雑種種子のヨーロッパ市場規模 - 雑種種子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・雑種種子の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ジオメンブレンの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、原材料別分析、製造方法別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 試験・測定の世界市場2017-2021:無線試験装置、汎用試験装置、半導体試験装置、リアルタイム試験装置
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、試験・測定の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、試験・測定の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は試験・測定の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Anritsu、Bureau Veritas、Fortive、Keysight Technologies、National Instruments等です。
  • 世界の尿路結石治療デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿路結石治療デバイス市場2015について調査・分析し、尿路結石治療デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬剤溶出ステントの世界市場分析:ポリマー系コーティング別(非生分解性ポリマーベース、生分解性ポリマーベース)、ポリマーフリーコーティング別(マイクロポーラス表面、微細構造表面、スロット付き管状表面、ナノ多孔質表面)、用途別(冠動脈疾患、末梢動脈疾患)、セグメント予測
    本調査レポートでは、薬剤溶出ステントの世界市場について調査・分析し、薬剤溶出ステントの世界市場動向、薬剤溶出ステントの世界市場規模、市場予測、セグメント別薬剤溶出ステント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 第Ⅸ因子欠乏症治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、第Ⅸ因子欠乏症治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、第Ⅸ因子欠乏症治療の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気薬学/生体電気薬の世界市場:心臓ペースメーカー、人工内耳、脊髄刺激器、植込み型除細動器、脳深部刺激器
    当調査レポートでは、電気薬学/生体電気薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、デバイス種類別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 大麻の世界市場予測(~2023年)
    大麻の世界市場は、2018年の103億米ドルから2023年には394億米ドルに達し、30.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、大麻の医薬品用途の拡大や合法化の推進などが考えれられます。一方で、大麻使用にかかわる複雑な規制構造により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、大麻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品タイプ(花、濃縮物)分析、化合物(THC優勢、CBD優勢、THC・CBDが均衡)分析、用途(医療、娯楽)分析、大麻の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中東のファシリティマネジメントサービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、中東のファシリティマネジメントサービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中東のファシリティマネジメントサービス市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾の心臓補助装置市場見通し
  • 振動子の世界市場2017-2021:水晶振動子、MEMS振動子
    当調査レポートでは、振動子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、振動子の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 白金鉱業の世界市場(~2020)
  • ブラシレスDCモータの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ブラシレスDCモータの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブラシレスDCモータ市場規模、製品別(750 W未満、750W-3kW、75kW以上、3kW-75kW)分析、エンドユーザー別(工業、耐久消費財、自動車、航空宇宙・防衛、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allied Motion, AMETEK, Johnson Electric, MinebeaMitsumi, Nidec Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ブラシレスDCモータの世界市場概要 ・ブラシレスDCモータの世界市場環境 ・ブラシレスDCモータの世界市場動向 ・ブラシレスDCモータの世界市場規模 ・ブラシレスDCモータの世界市場:業界構造分析 ・ブラシレスDCモータの世界市場:製品別(750 W未満、750W-3kW、75kW以上、3kW-75kW) ・ブラシレスDCモータの世界市場:エンドユーザー別(工業、耐久消 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"