"ウンデシレン酸の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23365)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ウンデシレン酸の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Undecylenic Acid
Undecylenic acid, also known as 10- undecanoic acid, is produced by the pyrolysis of ricinoleic acid which si derived from castor oil. The pyrolysis of cator oil at 700 degree Celsius and at low pressure produces undecylenic acid and hyptaldehyde as by- products.
Technavio’s analysts forecast the global undecylenic acid market to grow at a CAGR of 4.52% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global undecylenic acid market for 2018-2022. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the use of undecylenic acid in different applications

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA
Technavio’s report, Global Undecylenic Acid Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.
Key vendors
• Arkema
• HOKOKU
• Merck
• Vigon International
• Kalpsutra Chemicals
• SHREEJI PHARMA INTERNATIONAL

Market driver
• Increasing demand for undecylenic acid in 5teh flavours and fragrances sector
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Availability of castor oil substitues
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Discovery of neuroprotective properties of undecylenic acid
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"ウンデシレン酸の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Cosmetics and perfumes – Market size and forecast 2017-2022
• Polyamides – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Discovery of neuroprotective properties of undecylenic acid
• Use of undecylenic acids as feedstocks for the synthesis of polyurethanes and polyols
• Additive manufacturing: The way forward
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Arkema
• HOKOKU
• Merck
• Vigon International
• Kalpsutra Chemicals
• SHREEJI PHARMA INTERNATIONAL
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Segments of the global castor oil and its derivatives market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global undecylenic acid – Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 09: Global undecylenic acid market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Cosmetics and perfumes – Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 21: Cosmetics and perfumes – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Polyamides – Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 23: Polyamides – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Others – Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 25: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Market opportunity by application
Exhibit 27: Customer landscape
Exhibit 28: Global undecylenic acid – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 29: Regional comparison
Exhibit 30: APAC – Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 31: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 33: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Americas – Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 35: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Key leading countries
Exhibit 37: Market opportunity
Exhibit 38: Global antifungal drugs market by geography 2017
Exhibit 39: Global flavors and fragrances market 2017
Exhibit 40: Global castor oil production in 2017
Exhibit 41: Vendor landscape
Exhibit 42: Landscape disruption
Exhibit 43: Vendors covered
Exhibit 44: Vendor classification
Exhibit 45: Market positioning of vendors
Exhibit 46: Arkema – Vendor overview
Exhibit 47: Arkema – Business segments
Exhibit 48: Arkema – Organizational developments
Exhibit 49: Arkema – Geographical focus
Exhibit 50: Arkema – Segment focus
Exhibit 51: Arkema – Key offerings
Exhibit 52: HOKOKU – Vendor overview
Exhibit 53: HOKOKU – Product segments
Exhibit 54: HOKOKU – Key offerings
Exhibit 55: Vendor overview – Merck
Exhibit 56: Merck – Business segments
Exhibit 57: Merck – Organizational developments
Exhibit 58: Merck – Geographical focus
Exhibit 59: Merck – Segment focus
Exhibit 60: Merck – Key offerings
Exhibit 61: Vendor overview – Vigon International
Exhibit 62: Vigon International – Product segments
Exhibit 63: Vigon International– Key offerings
Exhibit 64: Vendor overview – Kalpsutra Chemicals
Exhibit 65: Kalpsutra Chemicals – Product segments
Exhibit 66: Kalpsutra Chemicals – Key offerings
Exhibit 67: Vendor overview – SHREEJI PHARMA INTERNATIONAL
Exhibit 68: SHREEJI PHARMA INTERNATIONAL– Product segments
Exhibit 69: SHREEJI PHARMA INTERNATIONAL– Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ウンデシレン酸の世界市場2018-2022
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23365
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ウンデシレン酸の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のレーザー溶接ワイヤー市場2016
    本調査レポートでは、世界のレーザー溶接ワイヤー市場2016について調査・分析し、レーザー溶接ワイヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオセラミックスの世界市場
    当調査レポートでは、バイオセラミックスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・バイオセラミックスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・バイオセラミックスの世界市場:材料別分析/市場規模 ・バイオセラミックスの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・バイオセラミックスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオセラミックスのアメリカ市場規模予測 ・バイオセラミックスのヨーロッパ市場規模予測 ・バイオセラミックスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 台湾のポリプロピレン市場(~2019)
  • 天然フェルラ酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、天然フェルラ酸 の世界市場について調査・分析し、天然フェルラ酸 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別天然フェルラ酸 シェア、市場規模推移、市場規模予測、天然フェルラ酸 種類別分析()、天然フェルラ酸 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・天然フェルラ酸 の市場概観 ・天然フェルラ酸 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・天然フェルラ酸 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・天然フェルラ酸 の世界市場規模 ・天然フェルラ酸 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・天然フェルラ酸 のアメリカ市場規模推移 ・天然フェルラ酸 のカナダ市場規模推移 ・天然フェルラ酸 のメキシコ市場規模推移 ・天然フェルラ酸 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・天然フェルラ酸 のドイツ市場規模推移 ・天然フェルラ酸 のイギリス市場規模推移 ・天然フェルラ酸 のロシア市場規模推移 ・天然フェルラ酸 のアジア市場分析(日本、中 …
  • In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場予測(~2021):技術別(FISH、CISH)、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 果物・野菜成分の世界市場予測(~2022年):濃縮果、ペースト&ピューレ、NFCジュース、ピース&パウダー
    当調査レポートでは、果物・野菜成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、分類別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、果物・野菜成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射線療法の世界市場予測(~2022年):外照射、小線源治療
    当調査レポートでは、放射線療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、放射線療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフミン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のフミン酸市場2016について調査・分析し、フミン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 印刷済テープの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、印刷済テープの世界市場について調査・分析し、印刷済テープの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・印刷済テープの世界市場規模:材料別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:製品別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:技術別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:印刷用インク別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 無線周波数フィルターの世界市場2020-2024
    「無線周波数フィルターの世界市場2020-2024」は、無線周波数フィルターについて市場概要、市場規模、用途別(携帯機器、GPS機器、タブレット、その他)分析、技術別(SAWフィルター、BAWフィルター)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・無線周波数フィルターの世界市場:用途別(携帯機器、GPS機器、タブレット、その他) ・無線周波数フィルターの世界市場:技術別(SAWフィルター、BAWフィルター) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • パキスタンのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 体外診断薬(IVD)の世界市場:製品別(機器、試薬、サービス)、技術別(臨床化学、分子診断、微生物学)、セグメント予測
    体外診断薬(IVD)の世界市場は2025年には989億9000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、病気にかかりやすく、定期的な診断検査を必要とする老齢人口の増加が考えられます。さらに、心血管疾患、がん、糖尿病やその他の慢性疾患の蔓延、および臨床現場における診断に対する需要増加によっても、この市場の成長が促されるとされています。本調査レポートでは、体外診断薬(IVD)の世界市場について調査・分析し、体外診断薬(IVD)の世界市場動向、体外診断薬(IVD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別体外診断薬(IVD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 持続血糖測定装置(CGM)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 細胞単離/細胞分離の世界市場予測(~2024年)
    細胞単離/細胞分離の世界市場は、2019年の59億米ドルから2024年には130億米ドルに達し、この期間中17.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がんや感染症を患っている患者数の増加、細胞ベースの研究への政府の資金援助の増加、技術の進歩、個別化医療への注目の高まりなどが考えられます。当調査レポートでは、細胞単離/細胞分離の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(試薬、ビーズ、遠心分離)分析、細胞のタイプ(ヒト、動物)分析、細胞源(骨髄、脂肪)分析、技術(ろ過)分析、細胞単離/細胞分離の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用エンジン技術の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用エンジン技術の世界市場について調査・分析し、小型自動車用エンジン技術の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 産業用通信の世界市場予測(~2022年):構成品、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、産業用通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成品別分析、通信プロトコル別分析、用途別分析、地域別分析、産業用通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の計画中の製油所産業見通し
  • 中国のトラック用テレマティクス市場2015
    本調査レポートでは、中国のトラック用テレマティクス市場2015について調査・分析し、トラック用テレマティクスの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、繊維機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、繊維機械市場規模、製品別(紡績機械、加工糸製造機、編み機、織機、仕上げ機械)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・繊維機械の世界市場概要 ・繊維機械の世界市場環境 ・繊維機械の世界市場動向 ・繊維機械の世界市場規模 ・繊維機械の世界市場:業界構造分析 ・繊維機械の世界市場:製品別(紡績機械、加工糸製造機、編み機、織機、仕上げ機械) ・繊維機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・繊維機械のアメリカ市場規模・予測 ・繊維機械のヨーロッパ市場規模・予測 ・繊維機械のアジア市場規模・予測 ・繊維機械の主要国分析 ・繊維機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・繊維機械の世界市場:成長要因、課題 ・繊維機械の世界市場:競争環境 ・繊維機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 電力品質装置の世界市場予測(~2022年):高調波フィルタ、サージ保護デバイス、電力調整装置、静止形無効電力補償装置(SVC)、電力品質メーター
    当調査レポートでは、電力品質装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、電力品質装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 垂直離着陸(VTOL)無人機(UAV)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、垂直離着陸(VTOL)無人機(UAV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、垂直離着陸(VTOL)無人機(UAV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 植物性飲料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、植物性飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物性飲料市場規模、原料別(RTD(Ready-to-Drink)飲料、植物性ジュース、乳製品代替物)分析、機能別(ラクトースフリー、心血管健康、がん予防、骨健康)分析、包装形態別(プラスチック瓶・パウチ、ガラス瓶、カートン包装、缶)分析、販売チャネル別(専門店、オンラインストア、独立系小型食品店、ハイパー/スーパーマーケット、コンビニエンスストア)分析、飲料別(ミルク、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 植物性飲料の世界市場:市場動向分析 ・ 植物性飲料の世界市場:競争要因分析 ・ 植物性飲料の世界市場:原料別(RTD(Ready-to-Drink)飲料、植物性ジュース、乳製品代替物) ・ 植物性飲料の世界市場:機能別(ラクトースフリー、心血管健康、がん予防、骨健康) ・ 植物性飲料の世界市場:包装形態別(プラスチック瓶・パウチ、ガラス瓶、カートン包装、缶 …
  • 北米の股関節置換処置動向(~2021)
  • 麻ベース食品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻ベース食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻ベース食品の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無機難燃剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の無機難燃剤市場2015について調査・分析し、無機難燃剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 胎児・新生児ケア装置の北米市場
    本調査レポートでは、胎児・新生児ケア装置の北米市場について調査・分析し、胎児・新生児ケア装置の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 合金管の世界市場予測2019-2024
    「合金管の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、シームレス、溶接など、用途別には、Oil and Gas、Food Industry、Automotive、Power Industry、Chemical Industry、Construction、Water Treatment、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。合金管のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・合金管の世界市場概要(サマリー) ・合金管の企業別販売量・売上 ・合金管の企業別市場シェア ・合金管の世界市場規模:種類別(シームレス、溶接) ・合金管の世界市場規模:用途別(Oil and Gas、Food Industry、Automotive、Power Industry、Chemical Industry、Construction、Water Treatment、Others) ・合金管の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ …
  • 航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場予測2019-2024
    「航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、商業用、軍事用など、用途別には、OEM、Aftermarketなどに区分してまとめた調査レポートです。航空機用カーボンブレーキディスクのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場概要(サマリー) ・航空機用カーボンブレーキディスクの企業別販売量・売上 ・航空機用カーボンブレーキディスクの企業別市場シェア ・航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場規模:種類別(商業用、軍事用) ・航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場規模:用途別(OEM、Aftermarket) ・航空機用カーボンブレーキディスクの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空機用カーボンブレーキディスクのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・航空機用カーボンブレーキディスクの欧州市場規模(ドイツ、フラ …
  • 次世代バイオメトリクスの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、次世代バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、次世代バイオメトリクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・次世代バイオメトリクスの世界市場:市場動向分析 ・次世代バイオメトリクスの世界市場:競争要因分析 ・次世代バイオメトリクスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・次世代バイオメトリクスの世界市場:機能別分析/市場規模 ・次世代バイオメトリクスの世界市場:認証種類別分析/市場規模 ・次世代バイオメトリクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・次世代バイオメトリクスの北米市場規模 ・次世代バイオメトリクスの欧州市場規模 ・次世代バイオメトリクスのアジア市場規模 ・次世代バイオメトリクスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 衛星データサービスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、衛星データサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、業種別(エネルギー及び電力、エンジニアリング及びインフラストラクチャ、環境、農業、海事、輸送及び物流、保険)分析、サービス別(画像データ、データ分析)分析、エンドユーズ別分析、衛星データサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、衛星データサービスの世界市場規模が2019年75億ドルから2025年234億ドルまで年平均21.0%成長すると予測しています。
  • メラトニンサプリメントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メラトニンサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メラトニンサプリメントの世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はメラトニンサプリメントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Natrol• NOW Foods• OPTIMUM NUTRITION• Reckitt Benckiser等です。
  • 子供向けスマートウオッチの世界市場2017-2021:統合型、スタンドアロン型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、子供向けスマートウオッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子供向けスマートウオッチの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は子供向けスマートウオッチの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Doki Technologies、LG Electronics、VTech Holdings等です。
  • 世界のヨーグルトメーカー市場2015
    本調査レポートでは、世界のヨーグルトメーカー市場2015について調査・分析し、ヨーグルトメーカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイタルサインモニタリング装置の世界市場:体温、血圧、パルスオキシメーター
    当調査レポートでは、バイタルサインモニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイタルサインモニタリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートガラスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートガラスの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • AVレシーバーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、AVレシーバーの世界市場について調査・分析し、AVレシーバーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別AVレシーバーシェア、市場規模推移、市場規模予測、AVレシーバー種類別分析(5.1・5.2 サウンドチャンネル、7.1・7.2サウンドチャンネル、9.2サウンドチャンネル他)、AVレシーバー用途別分析(用途1、用途2)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・AVレシーバーの市場概観 ・AVレシーバーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・AVレシーバーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・AVレシーバーの世界市場規模 ・AVレシーバーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・AVレシーバーのアメリカ市場規模推移 ・AVレシーバーのカナダ市場規模推移 ・AVレシーバーのメキシコ市場規模推移 ・AVレシーバーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・AVレシーバーのドイツ市場規模推移 ・AVレシーバーのイギリス市場規模推移 ・AV …
  • タンパク発現の世界市場予測(~2022年):大腸菌、哺乳類、イースト、ピキア属、昆虫、バキュロウイルス、無細胞
    当調査レポートでは、タンパク発現の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、タンパク発現の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の半導体用サファイア市場2015
    本調査レポートでは、世界の半導体用サファイア市場2015について調査・分析し、半導体用サファイアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心筋症(Cardiomyopathy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心筋症(Cardiomyopathy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心筋症(Cardiomyopathy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心筋症(Cardiomyopathy)のフェーズ3治験薬の状況 ・心筋症(Cardiomyopathy)治療薬の市場規模(販売予測) ・心筋症(Cardiomyopathy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心筋症(Cardiomyopathy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心筋症(Cardiomyopathy)治療薬剤
  • パッケージ化水処理装置の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、パッケージ化水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、パッケージ化水処理装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾式変圧器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、乾式変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乾式変圧器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオシンセティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ジオシンセティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ジオシンセティクス市場規模、製品別(織布、一軸、多軸、不織布、二軸、ニット)分析、機能別(ろ過、強化、分離、排水)分析、技術別(押出、カレンダー成形、その他)分析、タイプ別(ジオフォーム、ジオシンセティックライナー、ジオテキスタイル、ジオグリッド、ジオネット、ジオコンポジット、ジオメンブレン、その他)分析、材料別(天然、高密度ポリエチレン(HDPE)、エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)、低密度ポリエチレン(LDPE)、合成、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ジオシンセティクスの世界市場:市場動向分析 ・ ジオシンセティクスの世界市場:競争要因分析 ・ ジオシンセティクスの世界市場:製品別(織布、一軸、多軸、不織布、二軸、ニット) ・ ジオシンセティクスの世界市場:機能別(ろ過、強化、分離、排水) ・ ジオシンセティクスの世界市場:技術別( …
  • 自動ショットブラスト機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動ショットブラスト機の世界市場について調査・分析し、自動ショットブラスト機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動ショットブラスト機シェア、市場規模推移、市場規模予測、自動ショットブラスト機種類別分析(ハンガー式、タンブラスト機、連続スルーフィード、回転テーブル、その他)、自動ショットブラスト機用途別分析(自動車、金属、造船、鋳造、航空宇宙、石油・ガス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動ショットブラスト機の市場概観 ・自動ショットブラスト機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動ショットブラスト機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動ショットブラスト機の世界市場規模 ・自動ショットブラスト機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動ショットブラスト機のアメリカ市場規模推移 ・自動ショットブラスト機のカナダ市場規模推移 ・自動ショットブラスト機のメキシコ市場規模推移 ・自動ショットブラスト機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イ …
  • ポリブタジエンの世界市場分析:製品別(低シス、高シス、高ビニル、高トランス)、用途別(タイヤ製造、ポリマー改質、工業用ゴム製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリブタジエンの世界市場について調査・分析し、ポリブタジエンの世界市場動向、ポリブタジエンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリブタジエン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケア・ライフサイエンスにおける自然言語処理(NLP)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ヘルスケア・ライフサイエンスにおける自然言語処理(NLP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成要素別分析、種類別分析、アプリケーション別分析、導入形態別分析、ヘルスケア・ライフサイエンスにおける自然言語処理(NLP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コラーゲンの世界市場:由来別(ウシ、海洋生物、ブタ)、用途別(食品・飲料、ヘルスケア、化粧品)、製品別(ゼラチン、加水分解)、セグメント予測
    コラーゲンの世界市場は2025年には66億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、最終用途におけるコラーゲンの需要が急速に拡大していることが考えられます。主要な最終用途産業は、医療、食品・飲料、化粧品、医薬品です。本調査レポートでは、コラーゲンの世界市場について調査・分析し、コラーゲンの世界市場動向、コラーゲンの世界市場規模、市場予測、セグメント別コラーゲン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ナトリウム塩化物共輸送体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるナトリウム塩化物共輸送体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ナトリウム塩化物共輸送体阻害剤の概要 ・ナトリウム塩化物共輸送体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のナトリウム塩化物共輸送体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ナトリウム塩化物共輸送体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ナトリウム塩化物共輸送体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • Eスポーツの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、Eスポーツの世界市場について調べ、Eスポーツの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、Eスポーツの市場規模をセグメンテーション別(収益ストリーム別(スポンサーシップ、メディア権利、広告、出版社手数料、商品・チケット販売)、ゲームジャンル別(MOBA、FPS、RTS、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はEスポーツの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均18%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・Eスポーツの市場状況 ・Eスポーツの市場規模 ・Eスポーツの市場予測 ・Eスポーツの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:収益ストリーム別(スポンサーシップ、メディア権利、広告、出版社手数料、商品・チケット販売) ・市場セグメンテーション:ゲームジャンル別(MOBA、FPS、RTS、その他) ・Eスポーツの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東 …
  • ポルトガルの股関節再建装置市場見通し
  • 世界のメタルコーティング(金属塗料)市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"