"輸送機関用バッテリーの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23470)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"輸送機関用バッテリーの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Transportation Battery
A transportation battery is a rechargeable battery that supplies electric current to a motor vehicle for engine propulsion and powers the vehicle electrical systems.
Technavio’s analysts forecast the global transportation battery market to grow at a CAGR of 11.48% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global transportation battery market for 2018-2022. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the use of transportation battery in different applications

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA
Technavio’s report, Global Transportation Battery Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.
Key vendors
• EnerSys
• Exide Technologies
• GS Yuasa International
• Johnson Controls
• Panasonic
• SAMSUNG SDI

Market driver
• Increase in demand for EVs
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Decline EV battery prices
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Advances in recycling agricultural films
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"輸送機関用バッテリーの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
• PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Automotive – Market size and forecast 2017-2022
• EV – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Segmentation by product
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• Financial and non-financial incentives by governments to increase EV production
• Declining EV battery prices
• Technological disruption
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• EnerSys
• Exide Technologies
• GS Yuasa International
• Johnson Controls
• Panasonic
• SAMSUNG SDI
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market – Global battery market
Exhibit 02: Global battery market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global transportation battery market – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global transportation battery market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Automotive – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 21: Automotive – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: EV – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: EV – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by application
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 29: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 31: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 33: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Global indexed new passenger car sales 2013-2017
Exhibit 37: Global indexed sale of EVs 2012-2017 (considering 2012 as base year=100%)
Exhibit 38: Global advanced lithium-ion battery costs 2009-2016 ($/kWh)
Exhibit 39: Vendor landscape
Exhibit 40: Landscape disruption
Exhibit 41: Vendors covered
Exhibit 42: Vendor classification
Exhibit 43: Market positioning of vendors
Exhibit 44: EnerSys: Overview
Exhibit 45: EnerSys – Business segments
Exhibit 46: EnerSys – Organizational developments
Exhibit 47: EnerSys – Geographic focus
Exhibit 48: EnerSys – Key offerings
Exhibit 49: Exide Technologies: Overview
Exhibit 50: Exide Technologies – Organizational developments
Exhibit 51: Exide Technologies – Key offerings
Exhibit 52: GS Yuasa International: Overview
Exhibit 53: GS Yuasa International – Business segments
Exhibit 54: GS Yuasa International – Organizational developments
Exhibit 55: GS Yuasa International – Geographic focus
Exhibit 56: GS Yuasa International – Segment focus
Exhibit 57: GS Yuasa International – Key offerings
Exhibit 58: Johnson Controls: Overview
Exhibit 59: Johnson Controls – Business segments
Exhibit 60: Johnson Controls – Organizational developments
Exhibit 61: Johnson Controls – Geographic focus
Exhibit 62: Johnson Controls – Segment focus
Exhibit 63: Johnson Controls – Key offerings
Exhibit 64: Panasonic: Overview
Exhibit 65: Panasonic – Business segments
Exhibit 66: Panasonic – Organizational developments
Exhibit 67: Panasonic – Geographic focus
Exhibit 68: Panasonic – Segment focus
Exhibit 69: Panasonic – Key offerings
Exhibit 70: SAMSUNG SDI: Overview
Exhibit 71: SAMSUNG SDI – Business segments
Exhibit 72: SAMSUNG SDI – Organizational developments
Exhibit 73: SAMSUNG SDI – Geographic focus
Exhibit 74: SAMSUNG SDI – Segment focus
Exhibit 75: SAMSUNG SDI – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】輸送機関用バッテリーの世界市場2018-2022
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23470
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
輸送機関用バッテリーの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 腎移植(Kidney Transplantation):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎移植(Kidney Transplantation):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎移植(Kidney Transplantation)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎移植(Kidney Transplantation)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎移植(Kidney Transplantation)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎移植(Kidney Transplantation)治療薬剤
  • ドイツの心臓人工弁市場(~2021)
  • 義眼の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、義眼の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、義眼市場規模、製品別(統合型、非統合型、網膜プロテーゼ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・義眼の世界市場概要 ・義眼の世界市場環境 ・義眼の世界市場動向 ・義眼の世界市場規模 ・義眼の世界市場:業界構造分析 ・義眼の世界市場:製品別(統合型、非統合型、網膜プロテーゼ) ・義眼の世界市場:地域別市場規模・分析 ・義眼の北米市場規模・予測 ・義眼のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・義眼のアジア太平洋市場規模・予測 ・義眼の主要国分析 ・義眼の世界市場:意思決定フレームワーク ・義眼の世界市場:成長要因、課題 ・義眼の世界市場:競争環境 ・義眼の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 化膿阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における化膿阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・化膿阻害剤の概要 ・化膿阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の化膿阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化膿阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化膿阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ナイジェリアの発電市場2015:市場動向、規制、競争環境
    本レポートはナイジェリアの発電市場について調査・分析し、ナイジェリアの発電市場構造、主要企業分析、M&A動向、電力の需要構造、電力消費量、関連制度・規制動向、ナイジェリア地域全体の発電能力、年間発電量、火力発電能力、水力発電能力、原子力発電能力、再生可能エネルギー発電能力、送電網、配電網、電力の貿易(輸出・輸入)動向、市場機会、課題などの情報をお届けいたします。
  • かみそり刃の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、かみそり刃の世界市場について調査・分析し、かみそり刃の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別かみそり刃シェア、市場規模推移、市場規模予測、かみそり刃種類別分析()、かみそり刃用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・かみそり刃の市場概観 ・かみそり刃のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・かみそり刃のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・かみそり刃の世界市場規模 ・かみそり刃の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・かみそり刃のアメリカ市場規模推移 ・かみそり刃のカナダ市場規模推移 ・かみそり刃のメキシコ市場規模推移 ・かみそり刃のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・かみそり刃のドイツ市場規模推移 ・かみそり刃のイギリス市場規模推移 ・かみそり刃のロシア市場規模推移 ・かみそり刃のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・かみそり刃の日本市場規模推移 ・かみそり刃の中国市場規模推移 ・かみそり …
  • 発電用ボイラーの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、発電用ボイラーの世界市場について調査・分析し、発電用ボイラーの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・発電用ボイラーの世界市場規模:燃料別分析 ・発電用ボイラーの世界市場規模:プロセス別分析 ・発電用ボイラーの世界市場規模:技術別分析 ・発電用ボイラーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 子宮筋腫(Uterine Fibroids):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮筋腫(Uterine Fibroids)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮筋腫(Uterine Fibroids)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮筋腫(Uterine Fibroids)の概要 ・子宮筋腫(Uterine Fibroids)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮筋腫(Uterine Fibroids)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・子宮筋腫(Uterine Fibroids)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 貿易管理の世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、貿易管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、地域別分析、貿易管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キーストローク生体認証の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キーストローク生体認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キーストローク生体認証の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェンスバッテリーセンサー市場規模、技術別(モーター制御装置、コントローラーエリアネットワーク(CAN)、ローカル相互接続ネットワーク(LIN))分析、電圧別(12ボルト、14ボルト、24ボルト、48ボルト以上)分析、車両別(商用車、乗用車)分析、電気自動車別(バッテリー式電気自動車、プラグインハイブリッド電気自動車、ハイブリッド電気自動車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:市場動向分析 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:競争要因分析 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:技術別(モーター制御装置、コントローラーエリアネットワーク(CAN)、ローカル相互接続ネットワーク(LIN)) ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:電圧別(12ボルト、14ボル …
  • 建設用プラスチックの世界市場予測(~2023年)
    建設用プラスチックの世界市場は、2018年の756億米ドルから2023年には1,057億米ドルに達し、6.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、プラスチックなどの軽量材料の消費増加、そしてほかの代替材料と比較してプラスチックが低コストであることが考えられます。一方で、プラスチックの主要原料である原油の価格変動、中国の景気減速、およびグリーンビルディングでのPVC製品の使用禁止により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、建設用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、プラスチックの種類(発泡スチロール、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル)分析、用途(断熱材、窓・ドア、パイプ)分析、エンドユーザー分析、建設用プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧容器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高圧容器の世界市場について調査・分析し、高圧容器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高圧容器シェア、市場規模推移、市場規模予測、高圧容器種類別分析(チタン、鋼、ステンレススチール、ニッケル材料、ジルコニウム、複合材)、高圧容器用途別分析(石油化学製品、化学製品、石炭化学製品、原子力、非鉄金属、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高圧容器の市場概観 ・高圧容器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高圧容器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高圧容器の世界市場規模 ・高圧容器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高圧容器のアメリカ市場規模推移 ・高圧容器のカナダ市場規模推移 ・高圧容器のメキシコ市場規模推移 ・高圧容器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・高圧容器のドイツ市場規模推移 ・高圧容器のイギリス市場規模推移 ・高圧容器のロシア市場規模推移 ・高圧容器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド …
  • コネクテッドマイニングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクテッドマイニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクテッドマイニングの世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国におけるITサービス市場2018-2023
    本調査レポートでは、ITサービスの世界市場について調査・分析し、ITサービスの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(タイプ1、タイプ2)、用途別市場規模(企業、金融機関、政府機関、ヘルスケア・医療、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、ITサービスの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・ITサービスの世界市場概要 ・ITサービスの企業別市場シェア ・ITサービスの地域別市場規模 ・ITサービスの種類別市場規模(タイプ1、タイプ2) ・ITサービスの用途別市場規模(企業、金融機関、政府機関、ヘルスケア・医療、その他) ・ITサービスの主要企業分析 ・ITサービスの北米市場規模 ・ITサービスの米国市場規模 ・ITサービスの南米市場規模 ・ITサービスの欧州市場規模 ・ITサービスのアジア市場規模 ・ITサービスの日本国 …
  • 世界のアセトン市場2015
    本調査レポートでは、世界のアセトン市場2015について調査・分析し、アセトンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ハイマウントストップランプの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ハイマウントストップランプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、HELLA、KOITO MANUFACTURING、Magneti Marelli、OSRAM等です。
  • イタリアのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • メキシコの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • イオン交換樹脂の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、イオン交換樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、イオン交換樹脂の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の色彩選別機市場2015
    本調査レポートでは、世界の色彩選別機市場2015について調査・分析し、色彩選別機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • トルコの脊椎手術装置市場見通し
  • セキュアロジスティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セキュアロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セキュアロジスティクス市場規模、サービス別(セキュリティサービス、キャッシュサービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brink's, G4S, Loomis, Prosegur, Securitasなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セキュアロジスティクスの世界市場概要 ・セキュアロジスティクスの世界市場環境 ・セキュアロジスティクスの世界市場動向 ・セキュアロジスティクスの世界市場規模 ・セキュアロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・セキュアロジスティクスの世界市場:サービス別(セキュリティサービス、キャッシュサービス) ・セキュアロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セキュアロジスティクスの北米市場規模・予測 ・セキュアロジスティクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セキュアロジスティクスのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の概要 ・発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • 空気輸送システムの世界市場:動作原理別(希薄相、濃密相)、技術別(陽圧システム、真空システム)、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、空気輸送システムの世界市場について調査・分析し、空気輸送システムの世界市場動向、空気輸送システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別空気輸送システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場:酢酸ビニル変性ポリエチレン(低VA密度)、熱可塑性エチレン酢酸ビニル(中VA密度)、エチレン酢酸ビニルゴム(高VA密度)
    当調査レポートでは、エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(酢酸ビニル変性ポリエチレン(低VA密度)、熱可塑性エチレンビニルアセテート(中VA密度)、エチレンビニルアセテートゴム(高VA密度))分析、用途別(フィルム、フォーム、ホットメルト接着剤、ワイヤー&ケーブル、押出キャスティング、太陽電池カプセル化、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、包装&紙、塗料、コーティング、接着剤、エレクトロニクス&電気、医薬品、履物、太陽光発電パネル、およびその他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場:種類別(酢酸ビニル変性ポリエチレン(低VA密度)、熱可塑性エチレンビニルアセテート(中VA密度)、エチレンビニルアセテートゴム(高VA密度)) ・エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場:用途別(フィルム、フォーム、ホットメルト接着剤、ワイヤー&ケーブル、押出キャスティング、太陽電池カプセル化、その他) ・エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場:エンド …
  • 世界のテトラヒドロクルクミノイド市場2015
    本調査レポートでは、世界のテトラヒドロクルクミノイド市場2015について調査・分析し、テトラヒドロクルクミノイドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Beta-1受容体作動薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBeta-1受容体作動薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Beta-1受容体作動薬の概要 ・Beta-1受容体作動薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のBeta-1受容体作動薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Beta-1受容体作動薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Beta-1受容体作動薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デジタル音楽コンテンツの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタル音楽コンテンツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル音楽コンテンツの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 分散アンテナシステム(DAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、分散アンテナシステム(DAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分散アンテナシステム(DAS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ディジタルコンテンツ制作の世界市場:種類別(テキスト、グラフィック、動画、オーディオ)、用途別(小売・電子商取引、政府、自動車、ヘルスケア・製薬、メディア・エンターテイメント、教育、旅行・観光、その他)、地域別予測
    本資料は、ディジタルコンテンツ制作の世界市場について調べ、ディジタルコンテンツ制作の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(テキスト、グラフィック、動画、オーディオ)分析、用途別(小売・電子商取引、政府、自動車、ヘルスケア・製薬、メディア・エンターテイメント、教育、旅行・観光、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはMicrosoft、Apple、Adobe Systems、Corel Corporation、Acrolinx GmbH、Aptara、Integra Software Services、MarketMuse、Quark Software、Trivantis、Avid Tool、Magic GmbH、Activision Blizzard、CBS、Comcastなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ディジタルコンテンツ制作の世界市場概要 ・ディジタルコンテンツ制作の世界市場環境 ・ディジタルコンテンツ制作の世界市場動向 ・ディジ …
  • 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場について調査・分析し、低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:市場動向分析 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:競争要因分析 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:製品の種類別 ・バイオアルコール ・乳酸エステル ・大豆メチルエステル ・特定脂肪酸エステル ・メチルソイエート溶剤 ・バイオグリコール ・D-リモネン ・バイオジオール ・その他 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:エンドユーザー別 ・調剤 ・産業用・家庭用洗浄剤 ・印刷用インク ・塗装・コーティング ・パーソナルケア ・接着剤 ・その他 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:主要地域別分析 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 低公害型溶剤・バイオ溶剤のヨーロッパ市場規模 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市 …
  • 自動車キーレスエントリーシステムの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、自動車キーレスエントリーシステムの世界市場について調査・分析し、自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模:製品別分析 ・自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模:車両別分析 ・自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 古紙管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、古紙管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、古紙管理市場規模、設備別(加工設備、収集・輸送設備、分類設備、貯蔵設備)分析、サービス別(沈降分離装置、パルパー、収集・輸送、貯蔵、加工、圧縮機、脱インキ機、洗浄機、処分、シートカッター、空気加熱器、撹拌器、成形機、プレス機、乾燥機、燃焼器、焼却、リサイクル、シュレッダー、仕分け)分析、古紙の出所別(工業施設、機関、住宅、商業施設、その他)分析、紙のグレード別(古新聞(ONP)、古段ボール箱(OCC)、パルプ代替品、高級脱インキ紙、混抄紙、雑誌、パンフレット)分析、種類別(再生、代替、リサイクル、再利用、縮小、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 古紙管理の世界市場:市場動向分析 ・ 古紙管理の世界市場:競争要因分析 ・ 古紙管理の世界市場:設備別(加工設備、収集・輸送設備、分類設備、貯蔵設備) ・ 古紙管理の世界市場:サービス別(沈降分離装置、パルパー、収集・ …
  • ブラジルの小関節処置動向(~2021)
  • 電気絶縁体の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気絶縁体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気絶縁体の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の麦芽粉市場2015
    本調査レポートでは、世界の麦芽粉市場2015について調査・分析し、麦芽粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 倉庫管理におけるインターネット(IoT)の世界市場の規模と分析:ソリューション別(倉庫自動化、労働力管理、在庫管理、EDI、追跡)、機器別(センシングデバイス、ゲートウェイ)、サービス別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、倉庫管理におけるインターネット(IoT)の世界市場について調査・分析し、倉庫管理におけるインターネット(IoT)の世界市場動向、倉庫管理におけるインターネット(IoT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別倉庫管理におけるインターネット(IoT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脱毛治療(ヘアケア)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界主要国における温室(グリーンハウス)用機器市場2018-2023
    本調査レポートでは、温室(グリーンハウス)用機器の世界市場について調査・分析し、温室(グリーンハウス)用機器の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(暖房装置、冷却装置、その他)、用途別市場規模(果物・野菜、花・観葉植物、苗栽培の作物)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、温室(グリーンハウス)用機器の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・温室(グリーンハウス)用機器の世界市場概要 ・温室(グリーンハウス)用機器の企業別市場シェア ・温室(グリーンハウス)用機器の地域別市場規模 ・温室(グリーンハウス)用機器の種類別市場規模(暖房装置、冷却装置、その他) ・温室(グリーンハウス)用機器の用途別市場規模(果物・野菜、花・観葉植物、苗栽培の作物) ・温室(グリーンハウス)用機器の主要企業分析 ・温室(グリーンハウス)用機器の北米市 …
  • スペインの外傷固定処置動向(~2021)
  • 石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場について調査・分析し、石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場:セグメント別市場分析 ・石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ロシアの麻酔器市場動向(~2021)
  • イギリスの電気生理学装置市場(~2021)
  • 生検用機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生検用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生検用機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • チラーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、チラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、チラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カスタマイズ・ギフトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カスタマイズ・ギフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カスタマイズ・ギフトの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの体外式除細動器市場見通し
  • 仮想通貨ATMの世界市場:種類別(1ウェイ、2ウェイ)、ATMハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー、その他)、地域別予測
    本資料は、仮想通貨ATMの世界市場について調べ、仮想通貨ATMの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(1ウェイ、2ウェイ)分析、ATMハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・仮想通貨ATMの世界市場概要 ・仮想通貨ATMの世界市場環境 ・仮想通貨ATMの世界市場動向 ・仮想通貨ATMの世界市場規模 ・仮想通貨ATMの世界市場規模:タイプ別(1ウェイ、2ウェイ) ・仮想通貨ATMの世界市場規模:ATMハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー、その他) ・仮想通貨ATMの世界市場:地域別市場規模・分析 ・仮想通貨ATMの北米市場規模・予測 ・仮想通貨ATMのアメリカ市場規模・予測 ・仮想通貨ATMのヨーロッパ市場規模・予測 ・仮想通貨ATMのアジア市場規模・予測 ・仮想通貨ATMの日本市場規模・予測 ・仮想通貨ATMの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"