"二次電池リサイクルの世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30218)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"二次電池リサイクルの世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Secondary Battery Recycling
Battery recycling is a process that helps reduce the number of batteries being disposed as municipal solid waste. Secondary batteries should be disposed properly, as they comprise several heavy metals and toxic chemicals.
Technavio’s analysts forecast the global secondary battery recycling market to grow at a CAGR of 7.65% during the period 2019-2023.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global secondary battery recycling market for 2019-2023. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the use of secondary battery recycling in different battery type

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA
Technavio’s report, Global Secondary Battery Recycling Market 2019-2023, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.
Key vendors
• Battery Solutions
• Call2Recycle
• Exide Technologies
• Gravita India
• Johnson Controls

Market driver
• Increase in number of drought-prone areas
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Complexities of managing battery recycling facilities
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Declining lithium-ion battery prices
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2023 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"二次電池リサイクルの世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 07: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• GEOGRAPHIC SEGMENTATION
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY BATTERY TYPE
• Market segmentation by battery type
• Comparison by battery type
• Lead-acid – Market size and forecast 2018-2023
• Lithium-ion – Market size and forecast 2018-2023
• Others – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by battery type
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Rising stewardship collaboration for battery recycling
• Rising electric vehicle adoption
• Declining lithium-ion battery prices
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Battery Solutions
• Call2Recycle
• Exide Technologies
• Gravita India
• Johnson Controls
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO

Exhibit 01: Global battery recycling market
Exhibit 02: Segments of global battery recycling market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2018
Exhibit 07: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 08: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 09: Five forces analysis 2018
Exhibit 10: Five forces analysis 2023
Exhibit 11: Bargaining power of buyers
Exhibit 12: Bargaining power of suppliers
Exhibit 13: Threat of new entrants
Exhibit 14: Threat of substitutes
Exhibit 15: Threat of rivalry
Exhibit 16: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 17: Customer landscape
Exhibit 18: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Geographic comparison
Exhibit 20: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 21: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 23: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 25: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 26: Key leading countries
Exhibit 27: Market opportunity
Exhibit 28: Battery type – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 29: Comparison by battery type
Exhibit 30: Lead-acid – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 31: Lead-acid – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: Lithium-ion – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 33: Lithium-ion – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 34: Others – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 35: Others – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 36: Market opportunity by battery type
Exhibit 37: Impact of drivers and challenges
Exhibit 38: Vendor landscape
Exhibit 39: Landscape disruption
Exhibit 40: Vendors covered
Exhibit 41: Vendor classification
Exhibit 42: Market positioning of vendors
Exhibit 43: Battery Solutions – Vendor overview
Exhibit 44: Battery Solutions – Organizational developments
Exhibit 45: Battery Solutions – Key offerings
Exhibit 46: Call2Recycle – Vendor overview
Exhibit 47: Call2Recycle – Organizational developments
Exhibit 48: Call2Recycle – Key offerings
Exhibit 49: Exide Technologies – Vendor overview
Exhibit 50: Exide Technologies – Organizational developments
Exhibit 51: Exide Technologies – Key offerings
Exhibit 52: Gravita India – Vendor overview
Exhibit 53: Gravita India – Business segments
Exhibit 54: Gravita India – Organizational developments
Exhibit 55: Gravita India – Geographic focus
Exhibit 56: Gravita India – Segment focus
Exhibit 57: Gravita India – Key offerings
Exhibit 58: Johnson Controls – Vendor overview
Exhibit 59: Johnson Controls – Business segments
Exhibit 60: Johnson Controls – Organizational developments
Exhibit 61: Johnson Controls – Geographic focus
Exhibit 62: Johnson Controls – Segment focus
Exhibit 63: Johnson Controls – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】二次電池リサイクルの世界市場2019-2023
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30218
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
二次電池リサイクルの世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • シラミ症(アタマジラミ寄生症):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるシラミ症(アタマジラミ寄生症)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、シラミ症(アタマジラミ寄生症)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・シラミ症(アタマジラミ寄生症)の概要 ・シラミ症(アタマジラミ寄生症)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のシラミ症(アタマジラミ寄生症)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シラミ症(アタマジラミ寄生症)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シラミ症(アタマジラミ寄生 …
  • 自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場予測(~2025年)
    自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場は、2019年の11億米ドルから2025年には43億米ドルに達し、この期間中25.28%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高度な自動車安全機能に対する需要の増加と自動車の安全性を支える政府規制が考えられます。高度な自動車安全機能や技術は、消費者が車の購入を決定する上での重要な検討事項です。当調査レポートでは、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(AR-HUD、従来型HUD)分析、HUDタイプ(コンバイナ、フロントガラス)分析、車両クラス(エコノミー、ミッドレンジ、高級車)分析、次元(2D、3D)分析、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動光計測の世界市場
    当調査レポートでは、自動光計測の世界市場について調査・分析し、自動光計測の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • IoTチップの世界市場予測(~2022):ハードウェア別(プロセッサ、センサー、接続IC、メモリー機器、ロジック機器)、最終用途別(ウェアラブル機器、ビルディングオートメーション、産業、自動車・輸送、その他)、地域別
    当調査レポートでは、IoTチップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ハードウェア別分析、用途別分析、地域別分析、IoTチップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小児用ワクチンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、小児用ワクチンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、小児用ワクチン市場規模、製品別(結合型ワクチン、弱毒生ワクチン、トキソイドワクチン、不活性化ワクチン)分析、種類別(単価ワクチン、多価ワクチン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・小児用ワクチンの世界市場概要 ・小児用ワクチンの世界市場環境 ・小児用ワクチンの世界市場動向 ・小児用ワクチンの世界市場規模 ・小児用ワクチンの世界市場:業界構造分析 ・小児用ワクチンの世界市場:製品別(結合型ワクチン、弱毒生ワクチン、トキソイドワクチン、不活性化ワクチン) ・小児用ワクチンの世界市場:種類別(単価ワクチン、多価ワクチン) ・小児用ワクチンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・小児用ワクチンの北米市場規模・予測 ・小児用ワクチンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・小児用ワクチンのアジア太平洋市場規模・予測 ・小児用ワクチンの主要国分析 ・小児用ワクチンの世界 …
  • シグナルインテリジェンス(シギント:SIGINT)の世界市場予測(~2023年)
    シグナルインテリジェンス(シギント:SIGINT)の世界市場は、2018年の128億米ドルから2023年には156億米ドルに達し、この期間中4.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、テロの増加、主要国の防衛予算の増加、および老朽化した防衛システムの近代化・置き換えなどが考えられます。一方で、シギントシステムの導入にかかる高いコストは市場の成長を抑制する可能性があります。当調査レポートでは、シグナルインテリジェンス(シギント:SIGINT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(エリント(Elint)、コミント(Comint)分析、用途(空中、海上、地上、宇宙、サイバー)分析、シグナルインテリジェンス(シギント:SIGINT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 蒸散抑制剤の世界市場予測2019-2024
    「蒸散抑制剤の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、PAM、その他など、用途別には、Agriculture、Architectureなどに区分してまとめた調査レポートです。蒸散抑制剤のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・蒸散抑制剤の世界市場概要(サマリー) ・蒸散抑制剤の企業別販売量・売上 ・蒸散抑制剤の企業別市場シェア ・蒸散抑制剤の世界市場規模:種類別(PAM、その他) ・蒸散抑制剤の世界市場規模:用途別(Agriculture、Architecture) ・蒸散抑制剤の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・蒸散抑制剤のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・蒸散抑制剤の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・蒸散抑制剤の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・蒸散抑制剤市場の成長要因・課題・動向 ・蒸散抑制剤の販売チャ …
  • OTCブレース及びサポートの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、OTCブレース及びサポートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(膝、足首、背骨、肩、首、肘、手首、顔)分析、カテゴリー別分析、用途別(靭帯(ACL、LCL)、予防、OA、圧縮)分析、流通別(クリニック、薬局、Eコマース)分析、OTCブレース及びサポートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、OTCブレース及びサポートの世界市場規模が2019年12億ドルから2024年15億ドルまで年平均5.1%成長すると予測しています。
  • モジュラーロボットの世界市場予測(~2023年):関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モジュラーロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ロボットタイプ別(関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット)分析、産業別(自動車、電気・電子、プラスチック、ゴム・化学品)分析、モジュラーロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイス市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスの概要 ・陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスの開発動向:領域別分析 ・陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・陰圧閉鎖療法(NPWT)デバイスの最近動向
  • キャンプ用テントの欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャンプ用テントの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、キャンプ用テントの欧州市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治 …
  • シリコーンの世界市場予測(~2022年):エラストマー、液体、樹脂、ゲル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シリコーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、シリコーンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バーチャルスクールの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、バーチャルスクールの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バーチャルスクールの北米市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲルコートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲルコートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲルコート市場規模、エンドユーザー別(海洋、輸送、風力エネルギー、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲルコートの世界市場概要 ・ゲルコートの世界市場環境 ・ゲルコートの世界市場動向 ・ゲルコートの世界市場規模 ・ゲルコートの世界市場:業界構造分析 ・ゲルコートの世界市場:エンドユーザー別(海洋、輸送、風力エネルギー、建設、その他) ・ゲルコートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲルコートの北米市場規模・予測 ・ゲルコートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ゲルコートのアジア太平洋市場規模・予測 ・ゲルコートの主要国分析 ・ゲルコートの世界市場:意思決定フレームワーク ・ゲルコートの世界市場:成長要因、課題 ・ゲルコートの世界市場:競争環境 ・ゲルコートの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Ashland、BAS …
  • 自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ロータリーエンジン (別名ワンケルエンジン) は、内燃機関 (ICE)の中で最も古いものの一つです。ロータリーエンジンには、奇数のシリンダーが放射状に並んでいます。自動車用途としては、ロータリーエンジンは多くの自動車会社で使われています。Technavio社は自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ferrari• Mazda Motor• Porsche等です。
  • 小売調達・入手の世界市場2014-2025:ソリューションタイプ別、サービスタイプ別(導入、コンサルティング、トレーニング・サポート)、展開タイプ別、最終用途別
    本調査レポートでは、小売調達・入手の世界市場について調査・分析し、小売調達・入手の世界市場動向、小売調達・入手の世界市場規模、市場予測、セグメント別小売調達・入手市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 在宅医療モニタリング・診断の世界市場2016-2020:SMBGデバイス、睡眠時無呼吸装置、血圧・ 心拍計、パルスオキシメーター、体温モニタ、妊娠検査キット、歩数計
    当調査レポートでは、在宅医療モニタリング・診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、在宅医療モニタリング・診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鋼管の世界市場:継目無鋼管、溶接鋼管
    当調査レポートでは、鋼管の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鋼管の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーンの世界市場2020-2024
    「シリコーンの世界市場2020-2024」は、シリコーンについて市場概要、市場規模、製品別(エラストマー、流体、樹脂、ゲルなど)分析、エンドユーザー別(工業プロセス、建設、パーソナルケアおよび消費財、輸送、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・シリコーンの世界市場:製品別(エラストマー、流体、樹脂、ゲルなど) ・シリコーンの世界市場:エンドユーザー別(工業プロセス、建設、パーソナルケアおよび消費財、輸送、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • プレースクールのインド市場2020-2024:範囲別、年齢別
  • 神経疾患治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、神経疾患治療法の世界市場について調べ、神経疾患治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、神経疾患治療法の市場規模をセグメンテーション別(用途別(CNS、PNS)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は神経疾患治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・神経疾患治療法の市場状況 ・神経疾患治療法の市場規模 ・神経疾患治療法の市場予測 ・神経疾患治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(CNS、PNS) ・神経疾患治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ビタミンD検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビタミンD検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ビタミンD検査の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ポルフィリン症(Porphyria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるポルフィリン症(Porphyria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ポルフィリン症(Porphyria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ポルフィリン症(Porphyria)の概要 ・ポルフィリン症(Porphyria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のポルフィリン症(Porphyria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポルフィリン症(Porphyria)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015
    本調査レポートでは、世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015について調査・分析し、炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートトイ(玩具)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スマートトイ(玩具)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートトイ(玩具)市場規模、技術別(Wi-Fi、Bluetooth、RFID/NFC)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートトイ(玩具)の世界市場概要 ・スマートトイ(玩具)の世界市場環境 ・スマートトイ(玩具)の世界市場動向 ・スマートトイ(玩具)の世界市場規模 ・スマートトイ(玩具)の世界市場:業界構造分析 ・スマートトイ(玩具)の世界市場:技術別(Wi-Fi、Bluetooth、RFID/NFC) ・スマートトイ(玩具)の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・スマートトイ(玩具)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートトイ(玩具)の北米市場規模・予測 ・スマートトイ(玩具)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートトイ(玩具)のアジア太平洋市場規模・予測 ・スマートトイ …
  • ペプチドワクチン療法の世界市場
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、ペプチドワクチン療法の世界市場について調査・分析し、ペプチドワクチン療法の世界市場動向、ペプチドワクチン療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別ペプチドワクチン療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 実験室用濾過製品の世界市場:限外濾過、精密濾過、ナノ濾過、逆浸透膜濾過
    当調査レポートでは、実験室用濾過製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非破壊検査(NDT)の世界市場:産業別、検査法別(目視検査、磁粉探傷試験、渦流探傷試験、超音波探傷試験、放射線透過試験)、セグメント予測
    非破壊検査(NDT)の世界市場は2025年には212億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、発展途上国および先進国における製造業の活性化が考えられます。本調査レポートでは、非破壊検査(NDT)の世界市場について調査・分析し、非破壊検査(NDT)の世界市場動向、非破壊検査(NDT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別非破壊検査(NDT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • CNGコンプレッサー・アフターマーケットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、CNGコンプレッサー・アフターマーケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CNGコンプレッサー・アフターマーケットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タイルグラウトおよび接着剤の世界市場:種類別(接着剤、グラウト)、用途別(商業、工業、住宅)
    本市場調査レポートではタイルグラウトおよび接着剤について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(接着剤、グラウト)分析、用途別(商業、工業、住宅)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・タイルグラウトおよび接着剤の世界市場:種類別(接着剤、グラウト) ・タイルグラウトおよび接着剤の世界市場:用途別(商業、工業、住宅) ・タイルグラウトおよび接着剤の世界市場:地域別 ・企業概要
  • ポリ硫酸鉄の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリ硫酸鉄の世界市場について調査・分析し、ポリ硫酸鉄の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリ硫酸鉄シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリ硫酸鉄種類別分析()、ポリ硫酸鉄用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリ硫酸鉄の市場概観 ・ポリ硫酸鉄のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリ硫酸鉄のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリ硫酸鉄の世界市場規模 ・ポリ硫酸鉄の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリ硫酸鉄のアメリカ市場規模推移 ・ポリ硫酸鉄のカナダ市場規模推移 ・ポリ硫酸鉄のメキシコ市場規模推移 ・ポリ硫酸鉄のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ポリ硫酸鉄のドイツ市場規模推移 ・ポリ硫酸鉄のイギリス市場規模推移 ・ポリ硫酸鉄のロシア市場規模推移 ・ポリ硫酸鉄のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ポリ硫酸鉄の日本市場規模推移 ・ポリ硫酸鉄の中国市場規模推移 ・ポリ硫酸 …
  • フランスの太陽光発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • フランスの股関節置換処置動向(~2021)
  • 足・膝用デバイスの世界市場2014-2025:製品別(つなぎ・サポート、関節インプラント、軟部組織整形外科用機器、整形外科用固定具、補綴物)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、足・膝用デバイスの世界市場について調査・分析し、足・膝用デバイスの世界市場動向、足・膝用デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別足・膝用デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プログラマブル多軸モーションコントローラー市場規模、用途別(工作機械、半導体器具、包装・ラベリング機器、マテリアルハンドリング機器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場概要 ・プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場環境 ・プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場動向 ・プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場規模 ・プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場:業界構造分析 ・プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場:用途別(工作機械、半導体器具、包装・ラベリング機器、マテリアルハンドリング機器、その他) ・プログラマブル多軸モーションコントローラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プログラマブル多軸モーショ …
  • 機械的人工呼吸器の世界市場:製品別(救命救急用、新生児用、輸送・携帯用)、地域別(ラテンアメリカ、北米、APAC、欧州、MEA)
    本調査レポートでは、機械的人工呼吸器の世界市場について調査・分析し、機械的人工呼吸器の世界市場動向、機械的人工呼吸器の世界市場規模、市場予測、セグメント別機械的人工呼吸器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 液体屋根材の世界市場:PU塗料、アクリル塗料、PU/アクリル・ハイブリッド、歴青質塗料、シリコーン塗料、変性シラン・ポリマー、EPDMゴム、エラストマ膜、セメント系膜
    当調査レポートでは、液体屋根材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、液体屋根材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリビニルピロリドン(PVP)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリビニルピロリドン(PVP)市場2015について調査・分析し、ポリビニルピロリドン(PVP)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国におけるゴム化合物市場2018-2023
    本調査レポートでは、ゴム化合物の世界市場について調査・分析し、ゴム化合物の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(タイプ1、タイプ2)、用途別市場規模(タイヤ、ホース・ベルト剤、ルーフィング膜・ジオメンブレン、フットウェア、ワイヤ・ケーブル絶縁材)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、ゴム化合物の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・ゴム化合物の世界市場概要 ・ゴム化合物の企業別市場シェア ・ゴム化合物の地域別市場規模 ・ゴム化合物の種類別市場規模(タイプ1、タイプ2) ・ゴム化合物の用途別市場規模(タイヤ、ホース・ベルト剤、ルーフィング膜・ジオメンブレン、フットウェア、ワイヤ・ケーブル絶縁材) ・ゴム化合物の主要企業分析 ・ゴム化合物の北米市場規模 ・ゴム化合物の米国市場規模 ・ゴム化合物の南米市場規模 ・ゴム化合物の欧州市 …
  • エネルギーグリッド管理用IoTの世界市場2017-2021:発電、送電、変電所オートメーション、配電
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、エネルギーグリッド管理用IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エネルギーグリッド管理用IoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はエネルギーグリッド管理用IoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均35.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAccenture、Cisco、Intel、Schneider Electric、Siemens等です。
  • 世界のステアリン酸亜鉛市場2015
    本調査レポートでは、世界のステアリン酸亜鉛市場2015について調査・分析し、ステアリン酸亜鉛の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 可変周波数ドライブの世界市場2017-2021:1000kw未満、1000kw以上
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、可変周波数ドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、可変周波数ドライブの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は可変周波数ドライブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はABB、Danfoos、Rockwell Automation、Siemens、Schneider Electric等です。
  • ラミネートブスバーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラミネートブスバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、絶縁材料別分析、伝導体別分析、需要先別分析、地域別分析、ラミネートブスバーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場2017-2021:FISH技術、CISH技術
    当調査レポートでは、in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はin situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott• Agilent Technologies• F. Hoffmann-La Roche• Thermo Fisher Scientific等です。
  • 冷凍フルーツの世界市場
    本資料は、冷凍フルーツの世界市場について調べ、冷凍フルーツの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(通常冷凍フルーツ、低温冷凍フルーツ)分析、用途別(レストラン、ハウスホールド、小売)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCanyon Hoops、Sports Hoop、Stamina、Kansoon、Sports Authority、Empower 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・冷凍フルーツの世界市場概要 ・冷凍フルーツの世界市場環境 ・冷凍フルーツの世界市場動向 ・冷凍フルーツの世界市場規模 ・冷凍フルーツの世界市場規模:用途別(通常冷凍フルーツ、低温冷凍フルーツ) ・冷凍フルーツの世界市場規模:用途別(レストラン、ハウスホールド、小売) ・冷凍フルーツの世界市場:地域別市場規模・分析 ・冷凍フルーツの北米市場規模・予測 ・冷凍フルーツのアメリカ市場規模・予測 ・冷凍フルーツのヨーロッパ市場規模・予測 ・冷凍フルーツのアジア市場規模・ …
  • APT攻撃対策のアジア市場
    本調査レポートでは、APT攻撃対策のアジア市場について調査・分析し、APT攻撃対策のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 航空機用フィルタの世界市場予測(~2022年):液体フィルタ、空気フィルタ
    当調査レポートでは、航空機用フィルタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、航空機種類別分析、航空機用フィルタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機座席作動システムの世界市場分析:乗客クラス別(エコノミー、エコノミープラス、ビジネス、ファーストクラス)、機構別(直線型、回転型)、アクチュエータータイプ別(電気機械式、その他)、2024年までに6億5659万米ドルに到達すると予想される
    本調査レポートでは、航空機座席作動システムの世界市場について調査・分析し、航空機座席作動システムの世界市場動向、航空機座席作動システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別航空機座席作動システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高調波フィルタの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高調波フィルタの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高調波フィルタ市場規模、製品別(PHF、AHF)分析、エンドユーザー別(産業、非産業系)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高調波フィルタの世界市場概要 ・高調波フィルタの世界市場環境 ・高調波フィルタの世界市場動向 ・高調波フィルタの世界市場規模 ・高調波フィルタの世界市場:業界構造分析 ・高調波フィルタの世界市場:製品別(PHF、AHF) ・高調波フィルタの世界市場:エンドユーザー別(産業、非産業系) ・高調波フィルタの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高調波フィルタの北米市場規模・予測 ・高調波フィルタのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高調波フィルタのアジア太平洋市場規模・予測 ・高調波フィルタの主要国分析 ・高調波フィルタの世界市場:意思決定フレームワーク ・高調波フィルタの世界市場:成長要因、課題 ・高調波フィルタの世界市場:競争環境 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"