"紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22021)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The continuously increasing innovations in the UV LEDs is expected to gain significant traction in the market. The ability of UV LEDs to consume upto 70% less energy than conventional CFLs is expected to encourage vendors in innovating with LEDs owing to features including small size, high durability, high resistance to vibration, and low waste as well as maintenance cost. Consequently, the UV LED technology market will register a CAGR of over 37% by 2022.
Market Overview
Use of UV LED technology in several new applications
The rapidly increasing use of the UV LEDs in different applications including horticulture and spectroscopy owing to their small size for improving system adjustability and shock resistance is resulting in the rapid growth of the market.
High cost of substrate
The overall production cost of UV LEDs is high owing to the high cost of substrates and other materials used for fabricating the UV-A LEDs, in turn, hindering the growth of the market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the UV LED technology market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market has a moderately fragmented presence of UV LED technology providers increasingly identifying innovative methods for improving the lifespan of UV LEDs. Vendors are making several advancements in the UV LED Technology domain to gain significant advantage over other competitors.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Overview
• Comparison by application
• UV curing – Market size and forecast 2017-2022
• Instrumentation and sensing – Market size and forecast 2017-2022
• Counterfeit analysis – Market size and forecast 2017-2022
• Medical phototherapy – Market size and forecast 2017-2022
• Water and air purification – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY TECHNOLOGY
• Overview
• Comparison by technology
• UV-A – Market size and forecast 2017-2022
• UV-B – Market size and forecast 2017-2022
• UV-C – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by technology
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• Innovations in UV LEDs
• Development of new CSP technology
• Transition toward large-sized wafers
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Asahi Kasei
• LG INNOTEK
• NICHIA
• SEMILEDS
• Seoulviosys
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global UV light source market: Segments
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Global UV LED technology market: Segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global UV LED technology market: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global UV LED technology market: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition: Five forces 2017
Exhibit 18: Segmentation by application: Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: UV curing: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 21: UV curing: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Instrumentation and sensing: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 23: Instrumentation and sensing: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Counterfeit analysis: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 25: Counterfeit analysis: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Medical phototherapy: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 27: Medical phototherapy: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Water and air purification: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 29: Water and air purification: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Others: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 31: Others: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Market opportunity by application
Exhibit 33: Segmentation by technology: Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 34: Comparison by technology
Exhibit 35: UV-A: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 36: UV-A: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: UV-B: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 38: UV-B: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: UV-C: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 40: UV-C: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 41: Market opportunity by technology
Exhibit 42: Customer landscape
Exhibit 43: Segmentation by geography: Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 44: Regional comparison
Exhibit 45: APAC: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 46: APAC: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 47: EMEA: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 48: EMEA: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 49: Americas: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 50: Americas: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 51: Key leading countries
Exhibit 52: Market opportunity
Exhibit 53: Vendor landscape
Exhibit 54: Landscape disruption
Exhibit 55: Vendors covered
Exhibit 56: Vendor classification
Exhibit 57: Market positioning of vendors
Exhibit 58: Asahi Kasei: Overview
Exhibit 59: Asahi Kasei: Business segments
Exhibit 60: Asahi Kasei: Organizational developments
Exhibit 61: Asahi Kasei: Geographic focus
Exhibit 62: Asahi Kasei: Segment focus
Exhibit 63: Asahi Kasei: Key offerings
Exhibit 64: LG INNOTEK: Overview
Exhibit 65: LG INNOTEK: Business segments
Exhibit 66: LG INNOTEK: Organizational developments
Exhibit 67: LG INNOTEK: Segment focus
Exhibit 68: LG INNOTEK: Key offerings
Exhibit 69: NICHIA: Overview
Exhibit 70: NICHIA: Organizational developments
Exhibit 71: NICHIA: Key offerings
Exhibit 72: SEMILEDS: Overview
Exhibit 73: SEMILEDS: Business segments
Exhibit 74: SEMILEDS: Geographic focus
Exhibit 75: SEMILEDS: Product segment focus
Exhibit 76: SEMILEDS: Key offerings
Exhibit 77: Seoulviosys: Overview
Exhibit 78: Seoulviosys: Organizational developments
Exhibit 79: Seoulviosys: Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場2018-2022
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22021
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • コハク酸の世界市場予測(~2023年)
    コハク酸の世界市場は、2018年の1億3,200万米ドルから2023年には1億8,300万米ドルに達し、6.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、工業、パーソナルケア、食品および飲料業界からの需要の高まり、APAC地域からの需要の増加、およびポリウレタン製造におけるアジピン酸の代替品としてのコハク酸の採用の増加が考えられます。一方で、バイオ系コハク酸の製造に関する研究開発費が高いことにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、コハク酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類(バイオ系コハク酸、石油系コハク酸)分析、最終用途産業(工業、食品・飲料、コーティング剤、医薬品)分析、コハク酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 一酸化窒素シンターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における一酸化窒素シンターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・一酸化窒素シンターゼ阻害剤の概要 ・一酸化窒素シンターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の一酸化窒素シンターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・一酸化窒素シンターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・一酸化窒素シンターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の尿検査機器市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿検査機器市場2015について調査・分析し、尿検査機器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バラスト水管理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バラスト水管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バラスト水管理の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 船舶は安定化のため、海水を積み込みます。このバラスト水と呼ばれる海水に混入している生物が本来の生息地と異なる地域で未処理のまま排出されると、生態系に影響を与えると懸念されています。バラスト水管理は、バラスト水排水による悪影響を防ぐことを目的としています。Technavio社はバラスト水管理の世界市場が2017-2021年期間中に年平均31.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ALFA LAVAL• GEA Group• Hitachi• Veolia Water Technologies• Wärtsilä等です。
  • 先進エネルギー貯蔵システムの世界市場予測(~2022年):電気化学技術、機械的技術、蓄熱技術
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、先進エネルギー貯蔵システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、地域別分析、先進エネルギー貯蔵システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用フィットネストレーニング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍用フィットネストレーニング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用フィットネストレーニング装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)の概要 ・女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・女性性機能不全(Female Sexu …
  • 産業用保護手袋の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用保護手袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用保護手袋の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サイディングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、サイディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ビニール、繊維セメント、木材)分析、用途別(住宅、非住宅)分析、サイディングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、サイディングの世界市場規模が2019年729億ドルから2024年934億ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。
  • ガス絶縁変電所(GIS)の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、ガス絶縁変電所(GIS)の世界市場について調査・分析し、ガス絶縁変電所(GIS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ガス絶縁変電所(GIS)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ガス絶縁変電所(GIS)の世界市場:セグメント別市場分析 ・ガス絶縁変電所(GIS)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のグルコン酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルコン酸カリウム市場2015について調査・分析し、グルコン酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシンチレータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシンチレータ市場2015について調査・分析し、シンチレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バンブーストローの世界市場:種類別(9cm以下、15cm、20cm)、用途別(飲料、ジュース、その他)、地域別予測
    本資料は、バンブーストローの世界市場について調べ、バンブーストローの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(9cm以下、15cm、20cm)分析、用途別(飲料、ジュース、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはStraw Free、Buluh Straws、Anji Wuyuan Bamboo Products Factory、Bamboo Straws Worldwide、Zone Bamboo Strawsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バンブーストローの世界市場概要 ・バンブーストローの世界市場環境 ・バンブーストローの世界市場動向 ・バンブーストローの世界市場規模 ・バンブーストローの世界市場規模:種類別(9cm以下、15cm、20cm) ・バンブーストローの世界市場規模:用途別(飲料、ジュース、その他) ・バンブーストローの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バンブーストローの北米市場規模・予測 ・バンブーストローのアメリカ市場 …
  • CADの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、CADの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CADの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のバドミントン用品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のバドミントン用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界のバドミントン用品市場、アジア太平洋のバドミントン用品市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析などの情報をお届けいたします。
  • トラッククレーンの世界市場2018-2022
    急速な技術の進歩に伴い、カスタマーからの進化し続ける操作上の要件を満たすため、トラッククレーンメーカーはテレマティクスやソフトウェアシステムといった最新技術を組み込んでいます。メーカーによるこのような技術の採用が増えたことで、トラッククレーンの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率9%以上で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Liebherr、Manitowoc、Sumitomo Heavy Industries、Tadano、Terexなどです。 当調査レポートでは、トラッククレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トラッククレーン市場規模、エンドユーザー別(建設、工業、公共事業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トラッククレーンの世界市場概要 ・トラッククレーンの世界市場環境 ・トラッククレーンの世界市場動向 ・トラッククレーンの世界市場規模 ・トラッククレーンの世界市場:業界構造分析 ・トラ …
  • キルギスの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の自動車用フローリング市場規模・予測2017-2025:材料別(ポリプロピレン、ゴム、ポリウレタン、ナイロン、その他)、商品別(マット、カーペット)、用途別(LCV、乗用車、HCV)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車用フローリング市場について調査・分析し、世界の自動車用フローリング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車用フローリング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 5-HT2Cアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT2Cアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT2Cアンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・5-HT2Cアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT2Cアンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT2Cアンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT2Cアンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医薬品包装装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医薬品包装装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品包装装置の世界市場規模及び予測、包装種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 酸素治療装置の世界市場
    当調査レポートでは、酸素治療装置の世界市場について調査・分析し、酸素治療装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の縫いぐるみ市場2015
    本調査レポートでは、世界の縫いぐるみ市場2015について調査・分析し、縫いぐるみの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の概要 ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・強迫性障害(Obs …
  • トランポリンの世界市場:流通経路別、エンドユーザー別、地域別
    本レポートは、トランポリンの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(ラウンドトランポリン、長方形および正方形のトランポリン)分析、エンドユーザー別(商用、個人用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・トランポリンの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・トランポリンの世界市場:製品別(ラウンドトランポリン、長方形および正方形のトランポリン) ・トランポリンの世界市場:エンドユーザー別(商用、個人用) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • アメリカのポリプロピレン市場(~2019)
  • 更年期障害(Post Menopausal Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における更年期障害(Post Menopausal Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、更年期障害(Post Menopausal Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・更年期障害(Post Menopausal Disorder)の概要 ・更年期障害(Post Menopausal Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の更年期障害(Post Menopausal Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・更年期障害(Post Menopausal Disorder)治療薬 …
  • 電気自動車充電機器(EVSE)の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、電気自動車充電機器(EVSE)の世界市場について調査・分析し、電気自動車充電機器(EVSE)の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 電気自動車(EV)充電スタンドの概要 3. EV充電インフラの世界市場 4. 国別EV充電インフラ市場予測 5. EV充電インフラ世界市場の機会と脅威を考慮したPESTEL分析 6. 専門家の意見 7. EVSE世界市場における主要企業 8. 結論 9. 用語集
  • ファクトリーオートメーション(FA)PaaSの世界市場予測(~2022):ソリューション別、プラットフォーム別(資産管理、データ処理&分析)、プロフェッショナルサービス別、需要先産業別、地域別
    当調査レポートでは、ファクトリーオートメーション(FA)PaaSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ファクトリーオートメーション(FA)PaaSの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂肪吸引機器の世界市場
    当調査レポートでは、脂肪吸引機器の世界市場について調査・分析し、脂肪吸引機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 脂肪吸引機器の世界市場:市場動向分析 - 脂肪吸引機器の世界市場:競争要因分析 - 脂肪吸引機器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・美容整形センター ・病院 - 脂肪吸引機器の世界市場:技術別 ・吸引機器 ・レーザーによる脂肪吸引 ・電力による脂肪吸引 ・高周波による脂肪吸引 ・吸引による脂肪吸引 ・チューメセント法による脂肪吸引 ・2本のカニューレによる脂肪吸引 ・超音波による脂肪吸引 ・外付けの超音波による脂肪吸引 ・水による脂肪吸引 - 脂肪吸引機器の世界市場:製品別 ・持ち運び可能な脂肪吸引機器 ・スタンドアロンの脂肪吸引機器 - 脂肪吸引機器の世界市場:主要地域別分析 - 脂肪吸引機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 脂肪吸引機器のヨーロッパ市場規模 - 脂肪吸引機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・脂肪吸引機器の世界市場:主な市場開拓 …
  • 世界のアプリコット市場:製品別、地域別
    本調査レポートはアプリコットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(従来型アプリコット、オーガニックアプリコット)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アプリコットの世界市場:製品別(従来型アプリコット、オーガニックアプリコット) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • インドネシアの動物医療市場(~2019)
  • 住宅用換気扉の世界市場:軸流ファン、遠心送風機、インラインファン
    当調査レポートでは、住宅用換気扉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、住宅用換気扉市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(軸流ファン、遠心送風機、インラインファン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Air King America, Broan-NuTone, Panasonic, Systemair, Titonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・住宅用換気扉の世界市場概要 ・住宅用換気扉の世界市場環境 ・住宅用換気扉の世界市場動向 ・住宅用換気扉の世界市場規模 ・住宅用換気扉の世界市場:業界構造分析 ・住宅用換気扉の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・住宅用換気扉の世界市場:製品別(軸流ファン、遠心送風機、インラインファン) ・住宅用換気扉の世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用換気扉の北米市場規模・予測 ・住宅用換気扉のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・住宅用換気扉のアジア太平洋市 …
  • 無菌包装の世界市場予測(~2022年):カートン、ボトル、缶、バック、ポーチ
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 量子暗号ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、量子暗号ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、量子暗号ソリューション市場規模、エンドユーザー別(G&P、防衛、BFSI、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ID Quantique, MagiQ Technologies, Quantum XC, Qubitekk, QuintessenceLabsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・量子暗号ソリューションの世界市場概要 ・量子暗号ソリューションの世界市場環境 ・量子暗号ソリューションの世界市場動向 ・量子暗号ソリューションの世界市場規模 ・量子暗号ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・量子暗号ソリューションの世界市場:エンドユーザー別(G&P、防衛、BFSI、通信、その他) ・量子暗号ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・量子暗号ソリューションの北米市場規模・予測 ・量子暗号ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場 …
  • アラミド繊維の世界市場:製品別(パラアラミド、メタアラミド)、最終用途別(セキュリティ・保護、航空宇宙、電気的絶縁)、セグメント予測
    アラミド繊維の世界市場は2024年には65億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、工業や防衛などのさまざまな産業における防護服に対する需要の増加が考えられます。これらのエンドユーザー産業の成長は、今後数年アラミド繊維に対する需要をさらに推し進めていくと予測されています。本調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、アラミド繊維の世界市場動向、アラミド繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別アラミド繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車照明の世界市場:ハロゲン、キセノン、LED
    当調査レポートでは、自動車照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事物流の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、軍事物流の世界市場について調査・分析し、軍事物流の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍事物流の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍事物流の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍事物流の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 無人交通管理(UTM)の世界市場:種類別、ソリューション別、用途別、構成要素別、地域別予測
    本資料は、無人交通管理(UTM)の世界市場について調べ、無人交通管理(UTM)の世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、ソリューション別分析、用途別分析、構成要素別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・無人交通管理(UTM)の世界市場概要 ・無人交通管理(UTM)の世界市場環境 ・無人交通管理(UTM)の世界市場動向 ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模 ・無人交通管理(UTM)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模:種類別 ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模:ソリューション別 ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模:用途別 ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模:構成要素別 ・無人交通管理(UTM)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無人交通管理(UTM)の北米市場規模・予測 ・無人交通管理(UTM)のアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • 車両アナリティクスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、車両アナリティクスの世界市場について調査・分析し、車両アナリティクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・車両アナリティクスの世界市場規模:展開モデル別分析 ・車両アナリティクスの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・車両アナリティクスの世界市場規模:用途別分析 ・車両アナリティクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・車両アナリティクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 鎌状赤血球症に伴う血管閉塞:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鎌状赤血球症に伴う血管閉塞の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鎌状赤血球症に伴う血管閉塞治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鎌状赤血球症に伴う血管閉塞の概要 ・鎌状赤血球症に伴う血管閉塞の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鎌状赤血球症に伴う血管閉塞治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・鎌状赤血球症に伴う血管閉塞治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・鎌状赤血球症に伴う血管閉塞治療薬開発に取り組んでい …
  • ヘリコバクターピロリ診断の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘリコバクターピロリ診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘリコバクターピロリ診断の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ヘリコバクター・ピロリは、胃に多く存在するグラム陰性微好気性細菌です。ピロリ菌は、胃炎と胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍との関係があります。Technavio社はヘリコバクターピロリ診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Thermo Fisher Scientific• Bio-Rad Laboratories• F. Hoffmann-La Roche等です。
  • ウェアラブル医療機器の世界市場分析:製品別(診断用、治療用デバイス)、用途別(ハンドヘルド、ヘッドバンド、ストラップ/クリップ/ブレスレット、靴センサー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ウェアラブル医療機器の世界市場について調査・分析し、ウェアラブル医療機器の世界市場動向、ウェアラブル医療機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別ウェアラブル医療機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 吸入麻酔の世界市場:用途別(誘導、メンテナンス)、製品別(セボフルラン、デスフルラン、イソフルラン)、セグメント予測
    吸入麻酔の世界市場は2025年には14億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、麻酔を必要とする外科的処置の増加、せん妄状態についての意識の高まり、吸入麻酔薬の予測可能な性質などが考えられます。吸入麻酔薬は肺を介して代謝されます。つまり、ほかの薬剤との相互作用の可能性が非常に低くなります。したがって、この麻酔薬は、重症で、より短い期間の麻酔を必要とする患者にとって好ましい選択であることはいうまでもありません。本調査レポートでは、吸入麻酔の世界市場について調査・分析し、吸入麻酔の世界市場動向、吸入麻酔の世界市場規模、市場予測、セグメント別吸入麻酔市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 偽造防止用パッケージの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、偽造防止用パッケージの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、偽造防止用パッケージ市場規模、機能別(隠し機能、法医学的機能、顕在機能、不正開封防止、トラック&トレース、その他)分析、技術別(タグおよびラベル、印刷、その他)分析、用途別(工業用・自動車用、銀行・保険業・金融機関、服飾、消費財、化粧品・パーソナルケア製品、電子機器パッケージ、食品・飲料、政府・教育機関、医療機器・医薬品、石油・ガス、スポーツ用品・美容用品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:市場動向分析 ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:競争要因分析 ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:機能別(隠し機能、法医学的機能、顕在機能、不正開封防止、トラック&トレース、その他) ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:技術別(タグおよびラベル、印刷、その他) ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:用途別(工業用・自動車用、銀行 …
  • 自動車用コーティングの世界市場分析:製品別(プライマー、電気めっき、ベースコート、クリアコート)、技術別(水系、溶剤系、粉体塗装、UV硬化)、用途別(金属、プラスチック)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用コーティングの世界市場について調査・分析し、自動車用コーティングの世界市場動向、自動車用コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 農場管理ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、農場管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農場管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フランスの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • プロテオミクスの世界市場分析:製品別(機器、試薬、サービス)、技術別(マイクロアレイ、X線結晶学、分光法、クロマトグラフィー、タンパク質分画システム、電気泳動、表面プラズマ共鳴システム)、用途別(創薬、臨床診断)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、プロテオミクスの世界市場について調査・分析し、プロテオミクスの世界市場動向、プロテオミクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別プロテオミクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品カプセル化の世界市場:カプセル材料(多糖類、タンパク質、脂質、乳化剤)、カプセル化技術、地域別分析
    当調査レポートでは、食品カプセル化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場
    当調査レポートでは、持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場:挿入技術別分析/市場規模 ・持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場:疾患別分析/市場規模 ・持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・持続末梢神経ブロックカテーテルのアメリカ市場規模予測 ・持続末梢神経ブロックカテーテルのヨーロッパ市場規模予測 ・持続末梢神経ブロックカテーテルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"