"光ファイバの世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30204)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"光ファイバの世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Many consumers are increasingly shifting towards the next-generation telecommunication standards, which is expected to impact the market positively in the long run. Furthermore, various internet service providers are also focusing on investing in R&D and acquiring companies to enhance their market position and product portfolios. Owing to such rising adoption of next-gen telecommunication standards, Technavio’s analysts predict that the global fiber optics market will register a CAGR close to 10% by 2023.
Market Overview
Increase in the number of FTTH homes and subscribers
The rising transition to FTTH among the consumers is one of the key drivers impacting the market’s growth positively in the forthcoming years. Advantages of FTTH including higher bandwidth and rising Internet speeds are likely to proliferate the growth of the market during the forecast period.
Growth of the VDSL market
Owing to the several advantages offered by the VDSL over conventional DSL technologies is impacting the market adversely. The VDSL technology offers broadband services at reasonable rates using twisted pair copper wires, in turn, hindering the growth of the market in the forthcoming years.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the fiber optics market during the 2019-2023, view our report.
Competitive Landscape
The fiber optics market has a moderately fragmented presence of several manufacturers focusing on the development of fiber optics with advanced features to meet the next-generation telecommunication standards. The market players are also engaging in strategic partnerships with several internet service providers to offer innovative products to the different end-users.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"光ファイバの世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Telecom – Market size and forecast 2018-2023
• Datacom – Market size and forecast 2018-2023
• Others – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Development of next-generation telecommunication standards
• Increasing investments in data centers
• Increase in the adoption of cloud-based storage services
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Corning
• Fujikura
• Optical Cable
• Prysmian Group
• Sterlite Technologies
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO
Exhibit 01: Global cables market
Exhibit 02: Segments of global cables market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2018
Exhibit 07: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 08: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 09: Five forces analysis 2018
Exhibit 10: Five forces analysis 2023
Exhibit 11: Bargaining power of buyers
Exhibit 12: Bargaining power of suppliers
Exhibit 13: Threat of new entrants
Exhibit 14: Threat of substitutes
Exhibit 15: Threat of rivalry
Exhibit 16: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 17: Application – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 18: Comparison by application
Exhibit 19: Telecom – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 20: Telecom – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 21: Datacom – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 22: Datacom – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 23: Others – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 24: Others – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 25: Market opportunity by application
Exhibit 26: Customer landscape
Exhibit 27: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 28: Geographic comparison
Exhibit 29: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 30: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 31: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 32: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 33: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 34: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 35: Key leading countries
Exhibit 36: Market opportunity
Exhibit 37: Comparison of DSL technologies
Exhibit 38: Impact of drivers and challenges
Exhibit 39: Bandwidth comparison of 1G-5G technologies
Exhibit 40: Vendor landscape
Exhibit 41: Landscape disruption
Exhibit 42: Vendors covered
Exhibit 43: Vendor classification
Exhibit 44: Market positioning of vendors
Exhibit 45: Corning – Vendor overview
Exhibit 46: Corning – Business segments
Exhibit 47: Corning – Organizational developments
Exhibit 48: Corning – Geographic focus
Exhibit 49: Corning – Segment focus
Exhibit 50: Corning – Key offerings
Exhibit 51: Fujikura – Vendor overview
Exhibit 52: Fujikura – Business segments
Exhibit 53: Fujikura – Organizational developments
Exhibit 54: Fujikura – Geographic focus
Exhibit 55: Fujikura – Segment focus
Exhibit 56: Fujikura – Key offerings
Exhibit 57: Optical Cable – Vendor overview
Exhibit 58: Optical Cable – Organizational developments
Exhibit 59: Optical Cable – Geographic focus
Exhibit 60: Optical Cable – Key offerings
Exhibit 61: Prysmian Group – Vendor overview
Exhibit 62: Prysmian Group – Business segments
Exhibit 63: Prysmian Group – Organizational developments
Exhibit 64: Prysmian Group – Geographic focus
Exhibit 65: Prysmian Group – Segment focus
Exhibit 66: Prysmian Group – Key offerings
Exhibit 67: Sterlite Technologies – Vendor overview
Exhibit 68: Sterlite Technologies – Organizational developments
Exhibit 69: Sterlite Technologies – Geographic focus
Exhibit 70: Sterlite Technologies – Key offerings
Exhibit 71: Validation techniques employed for market sizing

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】光ファイバの世界市場2019-2023
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30204
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
光ファイバの世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • レオロジー改質剤の世界市場
    当調査レポートでは、レオロジー改質剤の世界市場について調査・分析し、レオロジー改質剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 血液凝固因子活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血液凝固因子活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血液凝固因子活性因子の概要 ・血液凝固因子活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中の血液凝固因子活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血液凝固因子活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血液凝固因子活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 細胞培養の世界市場:装置(バイオリアクター、培養容器)、消耗品(FBS、ABS、培地、試薬)
    当調査レポートでは、細胞培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、消耗品別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスプレードライヤー市場2016
    本調査レポートでは、世界のスプレードライヤー市場2016について調査・分析し、スプレードライヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 過活動膀胱治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、過活動膀胱治療法の世界市場について調べ、過活動膀胱治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、過活動膀胱治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は過活動膀胱治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・過活動膀胱治療法の市場状況 ・過活動膀胱治療法の市場規模 ・過活動膀胱治療法の市場予測 ・過活動膀胱治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬) ・過活動膀胱治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 教育産業におけるクラウドコンピューティングの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、教育産業におけるクラウドコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス別分析、導入形態別分析、需要先別分析、地域別分析、教育産業におけるクラウドコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 核医学の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、核医学の世界市場について調査・分析し、核医学の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・核医学の世界市場:市場動向分析 ・核医学の世界市場:競争要因分析 ・核医学の世界市場:用途別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:タイプ別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:手術数別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:安定同位体別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:地域別分析/市場規模 ・核医学の北米市場規模・分析 ・核医学の欧州市場・分析 ・核医学のアジア市場・分析 ・核医学の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 栄養補助食品の世界市場
    当調査レポートでは、栄養補助食品の世界市場について調査・分析し、栄養補助食品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • コネクテッド航空機の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、コネクテッド航空機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コネクテッド航空機市場規模、接続別(対地接続、機内接続、航空機間接続、Kuバンド、Kaバンド、Lバンド、対地(ATG)4、対軌道(GTO)、高速ブロードバンド、2ku)分析、種類別(ソリューション、システム)分析、用途別(軍用、商用)分析、サービス別(乗客、インフォテインメント、eビジネス、乗客向け娯楽提供、車載緊急用)分析、エンターテインメントシステム(機内用ポータブル型、機内用埋め込み型、BYOD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コネクテッド航空機の世界市場:市場動向分析 ・ コネクテッド航空機の世界市場:競争要因分析 ・ コネクテッド航空機の世界市場:接続別(対地接続、機内接続、航空機間接続、Kuバンド、Kaバンド、Lバンド、対地(ATG)4、対軌道(GTO)、高速ブロードバンド、2ku) ・ コネクテッド航空機の世界市場:種類別(ソリューション、 …
  • フルオロカーボンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フルオロカーボンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フルオロカーボン市場規模、用途別(冷凍・空調、ポリマー原料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Arkema, Dongyue Group, Honeywell International, SINOCHEM GROUP, Solvayなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フルオロカーボンの世界市場概要 ・フルオロカーボンの世界市場環境 ・フルオロカーボンの世界市場動向 ・フルオロカーボンの世界市場規模 ・フルオロカーボンの世界市場:業界構造分析 ・フルオロカーボンの世界市場:用途別(冷凍・空調、ポリマー原料、その他) ・フルオロカーボンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フルオロカーボンの北米市場規模・予測 ・フルオロカーボンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・フルオロカーボンのアジア太平洋市場規模・予測 ・フルオロカーボンの主要国分析 ・フル …
  • ヒドラジン一水和物の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒドラジン一水和物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、濃度水準別分析、用途別分析、地域別分析、ヒドラジン一水和物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 火災・煙感知装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、火災・煙感知装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、火災・煙感知装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セットトップボックスの世界市場
    当調査レポートでは、セットトップボックスの世界市場について調査・分析し、セットトップボックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 陰イオン界面活性剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、陰イオン界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、陰イオン界面活性剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 錠剤包装装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、錠剤包装装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、錠剤包装装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 原薬(API)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、原薬(API)の世界市場について調査・分析し、原薬(API)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 原薬(API)の世界市場:市場動向分析 - 原薬(API)の世界市場:競争要因分析 - 原薬の世界市場:原薬種類別 ・合成化学原薬 ・バイオ原薬 ・高活性原薬(HPAPI) - 原薬の世界市場:製造種類別 ・自家用製造 ・委託製造 - 原薬の世界市場:治療用途別 ・抗感染薬 ・心臓血管・造血系 ・中枢神経系・神経疾患 ・糖尿病 ・内分泌学 ・消化器疾患 ・ホルモン障害 ・代謝異常 ・筋骨格障害 ・腎臓 ・腫瘍学 ・眼科 ・整形外科的障害 ・肺臓学 - 原薬(API)の世界市場:主要地域別分析 - 原薬(API)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 原薬(API)のヨーロッパ市場規模 - 原薬(API)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・原薬(API)の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ベルモット酒の世界市場:ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV)
    当調査レポートでは、ベルモット酒の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベルモット酒市場規模、製品別(ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV))分析、流通経路別(オントレード、オフトレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bacardi, Davide Campari-Milano, FRATELLI BRANCA DISTILLERIE, Giulio Cocchi Spumanti, Hotaling & Co., MARTINEZ LACUESTA, Regal Rogueなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベルモット酒の世界市場概要 ・ベルモット酒の世界市場環境 ・ベルモット酒の世界市場動向 ・ベルモット酒の世界市場規模 ・ベルモット酒の世界市場:業界構造分析 ・ベルモット酒の世界市場:製品別(ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV)) ・ベルモット酒の世界市場:流通経路別(オ …
  • 世界のUV塗料市場規模・予測2017-2025:構成要素別(モノマー、オリゴマー、光開始剤・その他)、種類別(木材、プラスチック、紙、コンフォーマル、表示、OPV)、エンドユーザー別(産業用塗料、電子機器、グラフィックアート)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のUV塗料市場について調査・分析し、世界のUV塗料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のUV塗料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 大気調整(CA)コンテナの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、大気調整(CA)コンテナの世界市場について調査・分析し、大気調整(CA)コンテナの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別大気調整(CA)コンテナシェア、市場規模推移、市場規模予測、大気調整(CA)コンテナ種類別分析(40 ft)、大気調整(CA)コンテナ用途別分析(果物、野菜、水産物、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・大気調整(CA)コンテナの市場概観 ・大気調整(CA)コンテナのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・大気調整(CA)コンテナのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・大気調整(CA)コンテナの世界市場規模 ・大気調整(CA)コンテナの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・大気調整(CA)コンテナのアメリカ市場規模推移 ・大気調整(CA)コンテナのカナダ市場規模推移 ・大気調整(CA)コンテナのメキシコ市場規模推移 ・大気調整(CA)コンテナのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・大気調整(CA) …
  • 食品パッケージングの世界市場2016-2026
  • 超音波センサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、超音波センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のパッケージ変電所市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、アジア太平洋のパッケージ変電所市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、主要国別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の聴診器市場2015
    本調査レポートでは、世界の聴診器市場2015について調査・分析し、聴診器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の食品膨脹剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の食品膨脹剤市場2016について調査・分析し、食品膨脹剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費者向けテレマティクスの世界市場
    当調査レポートでは、消費者向けテレマティクスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・消費者向けテレマティクスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・消費者向けテレマティクスの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・消費者向けテレマティクスの世界市場:産業別分析/市場規模 ・消費者向けテレマティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・消費者向けテレマティクスのアメリカ市場規模予測 ・消費者向けテレマティクスのヨーロッパ市場規模予測 ・消費者向けテレマティクスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場予測2017-2024
    本調査レポートでは、世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場について調査・分析し、世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の活性ポリ塩化アルミ市場2016
    本調査レポートでは、世界の活性ポリ塩化アルミ市場2016について調査・分析し、活性ポリ塩化アルミの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 無機シンチレータの世界市場分析:製品別(アルカリハライド、酸化物、希土類金属)、材料別(ヨウ化ナトリウム、ヨウ化セシウム、LOLYO)、エンドユーザー別(ヘルスケア、国土安全保障および防衛、原子力発電所)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、無機シンチレータの世界市場について調査・分析し、無機シンチレータの世界市場動向、無機シンチレータの世界市場規模、市場予測、セグメント別無機シンチレータ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ナノセルロースの世界市場予測(~2023年):ミクロフィブリル化セルロース、セルロースナノクリスタル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ナノセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(ミクロフィブリル化セルロース、セルロースナノクリスタル)分析、用途別(パルプ・製紙、複合材料・パッケージング、生体医療・製薬、エレクトロニクス・センサー)分析、ナノセルロースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックマトリックス複合材(CMC)の世界市場分析:製品別(酸化物、炭化ケイ素(SiC)、炭素)、用途別(航空宇宙、防衛、エネルギー・電力、電気・電子)、セグメント予測
    本調査レポートでは、セラミックマトリックス複合材(CMC)の世界市場について調査・分析し、セラミックマトリックス複合材(CMC)の世界市場動向、セラミックマトリックス複合材(CMC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックマトリックス複合材(CMC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リアシート用車載情報通信システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リアシート用車載情報通信システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、リアシート用車載情報通信システムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業微生物学の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業微生物学の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業微生物学市場規模、エンドユーザー別(医薬品、飲食料品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BD, Bio-Rad Laboratories, Eppendorf, Merck KGaA, QIAGEN, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業微生物学の世界市場概要 ・産業微生物学の世界市場環境 ・産業微生物学の世界市場動向 ・産業微生物学の世界市場規模 ・産業微生物学の世界市場:業界構造分析 ・産業微生物学の世界市場:エンドユーザー別(医薬品、飲食料品、その他) ・産業微生物学の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業微生物学の北米市場規模・予測 ・産業微生物学のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業微生物学のアジア太平洋市場規模・予測 ・産業微生物学の主要国分析 ・産業微生物学の世界市場:意思決 …
  • 装甲車両用自動消火装置(AFES)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、装甲車両用自動消火装置(AFES)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、装甲車両用自動消火装置(AFES)の世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は装甲車両用自動消火装置(AFES)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bulldog Direct• Halma• N2 TOWERS• UNITED TECHNOLOGIES• Spectrex等です。
  • 世界のシートベルトプリテンショナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のシートベルトプリテンショナー市場2015について調査・分析し、シートベルトプリテンショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アプリケーションセキュリティの世界市場:ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーション
    当調査レポートでは、アプリケーションセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、ソリューション別分析、テスト種類別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二ホウ化マグネシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の二ホウ化マグネシウム市場2016について調査・分析し、二ホウ化マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の凍結手術装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の凍結手術装置市場2016について調査・分析し、凍結手術装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオバンクの世界市場:製品別(LIMS)、サービス別(コールドチェーン)、生体試料別、バイオバンク別(仮想)、用途別、セグメント予測
    バイオバンクの世界市場は2025年には745億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、慢性疾患の治療のために開発された新たな治療法の臨床試験を支援し、容易にするための生体試料採取の必要性の高まりが考えられます。本調査レポートでは、バイオバンクの世界市場について調査・分析し、バイオバンクの世界市場動向、バイオバンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオバンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車クロスメンバー市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車クロスメンバー市場2016について調査・分析し、自動車クロスメンバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオシンセティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ジオシンセティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ジオシンセティクス市場規模、製品別(織布、一軸、多軸、不織布、二軸、ニット)分析、機能別(ろ過、強化、分離、排水)分析、技術別(押出、カレンダー成形、その他)分析、タイプ別(ジオフォーム、ジオシンセティックライナー、ジオテキスタイル、ジオグリッド、ジオネット、ジオコンポジット、ジオメンブレン、その他)分析、材料別(天然、高密度ポリエチレン(HDPE)、エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)、低密度ポリエチレン(LDPE)、合成、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ジオシンセティクスの世界市場:市場動向分析 ・ ジオシンセティクスの世界市場:競争要因分析 ・ ジオシンセティクスの世界市場:製品別(織布、一軸、多軸、不織布、二軸、ニット) ・ ジオシンセティクスの世界市場:機能別(ろ過、強化、分離、排水) ・ ジオシンセティクスの世界市場:技術別( …
  • RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場:用途別(軍隊、国家防衛)、プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍)、コンポーネント別(センサー、武器・軍備)、技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム )、地域別予測
    本資料は、RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場について調べ、RWS(遠隔操作式銃塔)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(軍隊、国家防衛)分析、プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍)分析、コンポーネント別(センサー、武器・軍備)分析、技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム )分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場概要 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場環境 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場動向 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:用途別(軍隊、国家防衛) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:コンポーネント別(センサー、武器・軍備) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム ) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世 …
  • 電力監視の世界市場予測(~2022年):装置、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電力監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、電力監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニューロキニン2受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロキニン2受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロキニン2受容体アンタゴニストの概要 ・ニューロキニン2受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロキニン2受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロキニン2受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロキニン2受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のUVパワーメータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のUVパワーメータ市場2015について調査・分析し、UVパワーメータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 栄養補助食品成分の世界市場予測2022:プレバイオティクス、プロバイオティクス、タンパク質、ミネラル、ビタミン、カロテノイド、繊維、植物性化学物質
    当調査レポートでは、栄養補助食品成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、健康効果別分析、栄養補助食品成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 止血・組織密閉剤の世界市場
    当調査レポートでは、止血・組織密閉剤の世界市場について調査・分析し、止血・組織密閉剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のPSIM市場2015
    本調査レポートでは、世界のPSIM市場2015について調査・分析し、PSIMの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用射出座席の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用射出座席の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用射出座席の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 実験室用ラックの世界市場:チューブラック、ボトルラック
    当調査レポートでは、実験室用ラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用ラックの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"