"子宮頸癌診断検査の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30216)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"子宮頸癌診断検査の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

117 pages, November 2018
About this market
With the growth in geriatric population worldwide, the increasing age plays a significant prognostic role in the development of cervical cancer. According to the US Census Bureau, the global geriatric population (65 years and above) is expected to exceed 1.5 billion by 2050, making it approximately 16% of the total world’s population. For instance, according to the CDC, in 2015, there were 1,171 cases of cervical cancer among women aged 60-64 years in the US alone. Due to the lack of early detection, several elderly women aged 65 years and above are more likely to die due to their advanced stage at diagnosis. Nevertheless, with adequate awareness and education programs, the misperception about the disease can be reduced. This will result in the higher adoption of screening, thereby leading to the increased use of diagnostic kits. Technavio’s analysts have predicted that the cervical cancer diagnostic testing market will register a CAGR of more than 6% by 2023.
Market Overview
Increased adoption of HPV home testing kits
Several large companies are focused on R&D of new and innovative products that can provide accurate and instant test results at home and cut down cost burden on the patients on management of cervical cancer. In addition, the rising awareness on the importance of cervical cancer screen on time will fuel the demand for cervical cancer diagnostic market during the next five years.
Varying screening policies
The recommended screening policies for cervical cancer usually vary in different countries. Although certain professional societies and organizations have developed guidelines, efforts are needed for their uniform implementation. The difference in the target age can lead to shortcomings in terms of routine registration for the screening program, evaluation, and monitoring, which can negatively impact the adoption of cervical cancer diagnostic testing.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the cervical cancer diagnostic testing market during the 2019-2023 period, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be quite fragmented but will become highly concentrated with the presence of a few companies including Abbott Laboratories and BD, the competitive environment is very intense. Factors such as the growth in geriatric population and increased adoption of HPV home testing kits, will provide considerable growth opportunities to cervical cancer diagnostic testing vendors. Abbott Laboratories, BD, F. Hoffmann-La Roche, Hologic, and QIAGEN are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"子宮頸癌診断検査の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY TYPE
• Market segmentation by type
• Comparison by type
• Pap smear test – Market size and forecast 2018-2023
• HPV testing – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by type
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: MARKET SEGMENTATION BY TECHNOLOGY
PART 10: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 11: MARKET SEGMENTATION BY METHOD
PART 12: DECISION FRAMEWORK
PART 13: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 14: MARKET TRENDS
PART 15: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 16: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Abbott Laboratories
• BD
• F. Hoffmann-La Roche
• Hologic
• QIAGEN
PART 17: APPENDIX
Research methodology
List of abbreviations
PART 18: EXPLORE TECHNAVIO

Exhibit 01: Global molecular diagnostics market
Exhibit 02: Segments of global molecular diagnostics market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2018
Exhibit 07: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 08: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 09: Five forces analysis 2018
Exhibit 10: Five forces analysis 2023
Exhibit 11: Bargaining power of buyers
Exhibit 12: Bargaining power of suppliers
Exhibit 13: Threat of new entrants
Exhibit 14: Threat of substitutes
Exhibit 15: Threat of rivalry
Exhibit 16: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 17: End-user – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 18: Type – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by type
Exhibit 20: Pap smear test – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 21: Pap smear test – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: HPV testing – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 23: HPV testing – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by type
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 29: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 30: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 31: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Method- Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 37: Impact of drivers and challenges
Exhibit 38: Growing percentage of elderly women population 2010-2016
Exhibit 39: Vendor landscape
Exhibit 40: Landscape disruption
Exhibit 41: Vendors covered
Exhibit 42: Vendor classification
Exhibit 43: Market positioning of vendors
Exhibit 44: Abbott Laboratories – Vendor overview
Exhibit 45: Abbott Laboratories – Business segments
Exhibit 46: Abbott Laboratories – Organizational developments
Exhibit 47: Abbott – Geographic focus
Exhibit 48: Abbott Laboratories – Segment focus
Exhibit 49: Abbott Laboratories – Key offerings
Exhibit 50: BD – Vendor overview
Exhibit 51: BD – Business segments
Exhibit 52: BD – Organizational developments
Exhibit 53: BD – Geographic focus
Exhibit 54: BD – Segment focus
Exhibit 55: BD – Key offerings
Exhibit 56: F. Hoffmann-La Roche – Vendor overview
Exhibit 57: F. Hoffmann-La Roche – Business segments
Exhibit 58: F. Hoffmann-La Roche – Organizational developments
Exhibit 59: F. Hoffmann-La Roche – Geographic focus
Exhibit 60: F. Hoffmann-La Roche – Segment focus
Exhibit 61: F. Hoffmann-La Roche – Key offerings
Exhibit 62: Hologic – Vendor overview
Exhibit 63: Hologic – Business segments
Exhibit 64: Hologic – Organizational developments
Exhibit 65: Hologic – Geographic focus
Exhibit 66: Hologic – Segment focus
Exhibit 67: Hologic – Key offerings
Exhibit 68: QIAGEN – Vendor overview
Exhibit 69: QIAGEN – Business segments
Exhibit 70: QIAGEN – Organizational developments
Exhibit 71: QIAGEN – Geographic focus
Exhibit 72: QIAGEN – Segment focus
Exhibit 73: QIAGEN – Key offerings
Exhibit 74: Validation techniques employed for market sizing

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】子宮頸癌診断検査の世界市場2019-2023
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30216
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
子宮頸癌診断検査の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 芝生保護の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、芝生保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、芝生保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビームーブメントモニターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベビームーブメントモニターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビームーブメントモニター市場規模、製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他)分析、販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビームーブメントモニターの世界市場概要 ・ベビームーブメントモニターの世界市場環境 ・ベビームーブメントモニターの世界市場動向 ・ベビームーブメントモニターの世界市場規模 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:業界構造分析 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビームーブメントモニターのアメリカ市場規模・予測 ・ベビーム …
  • オーソバイオロジクスのアジア太平洋市場
  • コバルトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コバルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コバルト市場規模、用途別(電池・電子機器、超合金、硬質材料、顔料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コバルトの世界市場概要 ・コバルトの世界市場環境 ・コバルトの世界市場動向 ・コバルトの世界市場規模 ・コバルトの世界市場:業界構造分析 ・コバルトの世界市場:用途別(電池・電子機器、超合金、硬質材料、顔料、その他) ・コバルトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コバルトのアメリカ市場規模・予測 ・コバルトのヨーロッパ市場規模・予測 ・コバルトのアジア市場規模・予測 ・コバルトの主要国分析 ・コバルトの世界市場:意思決定フレームワーク ・コバルトの世界市場:成長要因、課題 ・コバルトの世界市場:競争環境 ・コバルトの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のアンモニア生産能力および投資動向
  • EV充電器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EV充電器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、EV充電器の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はEV充電器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均43.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AeroVironment• ChargePoint• Evatran• Leviton等です。
  • 調味料・ドレッシング・ソースのハンガリー市場
  • スタンドパウチの世界市場
    当調査レポートでは、スタンドパウチの世界市場について調査・分析し、スタンドパウチの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スタンドパウチの世界市場:市場動向分析 - スタンドパウチの世界市場:競争要因分析 - スタンドパウチの世界市場:製品別 ・標準的なスタンドパウチ ・レトルト用スタンドパウチ ・無菌スタンドパウチ - スタンドパウチの世界市場:用途別 ・非食品 ・食品&飲料 - スタンドパウチの世界市場:形状別 ・K-Style ・底面が平らなスタンドパウチ ・底面が鋤のような形のもの ・底面が丸いもの ・その他 - スタンドパウチの世界市場:主要地域別分析 - スタンドパウチの北米市場規模(アメリカ市場等) - スタンドパウチのヨーロッパ市場規模 - スタンドパウチのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スタンドパウチの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • スマート製造プラットフォームの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、スマート製造プラットフォーの世界市場規模が2017年30.9億ドルから2026年162.9億ドルまで年平均20.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スマート製造プラットフォームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート製造プラットフォーム市場規模、用途別(資産・状態モニタリング、性能最適化、その他の用途)分析、種類別(アプリケーション実現プラットフォーム、接続管理、端末管理分析、展開別(クラウド、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(ディスクリート産業、プロセス産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:市場動向分析 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:競争要因分析 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:用途別(資産・状態モニタリング、性能最適化、その他の用途) ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:種類別(アプリケーショ …
  • リテールオートメーションの世界市場:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)、エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局)、地域別予測
    本資料は、リテールオートメーションの世界市場について調べ、リテールオートメーションの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)分析、エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・リテールオートメーションの世界市場概要 ・リテールオートメーションの世界市場環境 ・リテールオートメーションの世界市場動向 ・リテールオートメーションの世界市場規模 ・リテールオートメーションの世界市場規模:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札) ・リテールオートメーションの世界市場規模:エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局) ・リテールオートメーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リテールオートメーションの北米市場規模・予測 ・リテールオートメーション …
  • アメーバ症(Amoebiasis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アメーバ症(Amoebiasis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アメーバ症(Amoebiasis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アメーバ症(Amoebiasis)のフェーズ3治験薬の状況 ・アメーバ症(Amoebiasis)治療薬の市場規模(販売予測) ・アメーバ症(Amoebiasis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アメーバ症(Amoebiasis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアメーバ症(Amoebiasis)治療薬剤
  • 血管形成術バルーンの世界市場
    当調査レポートでは、血管形成術バルーンの世界市場について調査・分析し、血管形成術バルーンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車ワイパーシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ワイパーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ワイパーシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗凝固薬の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、 抗凝固薬の世界市場について調査・分析し、 抗凝固薬のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(未分画ヘパリン、ワルファリン、低分子量ヘパリン、 第Xa因子インヒビター、直接阻害インヒビター、その他)、用途別販売分析(病院、研究所)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、 抗凝固薬産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ 抗凝固薬市場概要 ・ 抗凝固薬のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・ 抗凝固薬の世界市場:種類別販売量(未分画ヘパリン、ワルファリン、低分子量ヘパリン、 第Xa因子インヒビター、直接阻害インヒビター、その他) ・ 抗凝固薬の世界市場:用途別販売量(病院、研究所) ・ 抗凝固薬の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・ 抗凝固薬の米国市場規模 ・ 抗凝固薬の中国市場規模 ・ 抗凝固薬の欧州市場規模 ・ 抗凝固薬の日本市場規模 ・ 抗凝固薬の東南アジア市場規模 ・ 抗凝固薬のインド市場規模 ・ 抗凝固薬のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等 …
  • 拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア機能別分析、産業別分析、地域別分析、拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • PDCドリルビットの世界市場:タイプ別(マトリックスボディ、スチールボディ)、PDCカッターのサイズ別(9mm未満、9~14mm、15~24mm、24mm超)、ブレード数別(6未満、6~10、10超)、地域別予測
    本資料は、PDCドリルビットの世界市場について調べ、PDCドリルビットの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(マトリックスボディ、スチールボディ)分析、PDCカッターのサイズ別(9mm未満、9~14mm、15~24mm、24mm超)分析、ブレード数別(6未満、6~10、10超)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・PDCドリルビットの世界市場概要 ・PDCドリルビットの世界市場環境 ・PDCドリルビットの世界市場動向 ・PDCドリルビットの世界市場規模 ・PDCドリルビットの世界市場規模:タイプ別(マトリックスボディ、スチールボディ) ・PDCドリルビットの世界市場規模:PDCカッターのサイズ別(9mm未満、9~14mm、15~24mm、24mm超) ・PDCドリルビットの世界市場規模:ブレード数別(6未満、6~10、10超) ・PDCドリルビットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・PDCドリルビットの北米市場規模・予測 ・PDCドリルビッ …
  • 世界の産業用チェックバルブ市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは産業用チェックバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(石油及びガス、発電、化学、水及び廃水、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・産業用チェックバルブの世界市場:エンドユーザー別(石油及びガス、発電、化学、水及び廃水、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 血漿分画の世界市場予測(~2024年)
    血漿分画の世界市場は、2019年の254億米ドルから2024年には349億米ドルに達し、この期間中6.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな治療分野における免疫グロブリンの使用の増加、血漿採取(および血漿採取センターの数)の増加、α1-アンチトリプシンの使用の増加などが考えられます。一方で、血漿生成物の高コスト、限られた保険償還、および遺伝子組み換え型血液製剤の代替品の出現により、市場の成長は抑制されると予想されます。当調査レポートでは、血漿分画の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(IVIG、アルブミン、第VIII因子、フォン・ヴィレブランド因子、PCC、プロテアーゼ阻害剤)分析、用途(免疫、血液、クリティカルケア、リウマチ)分析、エンドユーザー(病院、診療所、学術機関) 分析、血漿分画の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業部門におけるGNSS装置の世界市場2018-2022
    オートステアリングシステムの経済的利点により、GNSSベースのオートステアリングシステムへの需要が高まっています。GNSSベースのオートステアリングシステムは、視界不良による農業機械の排出量または繰り返し回数を確実に軽減するため、市場での需要が大きく増加しています。 GNSSベースのオートステアリングを使用することにより、農家は、農地での農業機械の最適なパフォーマンスを確保するために不可欠な地理座標を正確に決定することができます。さらに、GNSSベースのオートステアリングシステムは、どの機械装置においてもスタンドアロンシステムとしてインストールできるため、新しい完全一体型の機械を必要とせず、今後数年間でオートステアリングの需要が増加することにつながります。 Technavioのアナリストは、農業部門のGNSS装置の世界市場が2022年までに18%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Deere & Company、Hemisphere GNSS、HEXAGON、Septentrio、TOPCON、Trimbleなどです。 当調査レポートでは、農業部門におけるG …
  • qPCR試薬の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、qPCR試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、qPCR試薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はqPCR試薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、Bio-Rad Laboratories、F. Hoffmann-La Roche、Thermo Fisher Scientific等です。
  • ホットメルト接着剤の世界市場予測
    当調査レポートでは、ホットメルト接着剤の世界市場について調査・分析し、ホットメルト接着剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ホットメルト接着剤の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ホットメルト接着剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・ホットメルト接着剤の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • FISHプローブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、FISHプローブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、FISHプローブの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の遺伝子検査市場動向(~2021)
  • コリメートレンズの世界市場予測(~2023年)
    コリメートレンズの市場全体は、2018年の289百万米ドルから2023年には3億8,000万米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は5.7%と予測されています。光学系の伝統的な球面レンズではなく非球面レンズを使用する利点は、この市場の成長を促す重要な原動力となっています。当調査レポートでは、コリメートレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、光源別(LED、レーザー)分析、材料別(ガラス、プラスチック)分析、最終用途別(自動車、医療、LiDAR、光測定・ディスプレイ測定、分光計)分析、波長別分析、コリメートレンズの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管炎治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血管炎治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管炎治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(消耗品、試薬、超音波、NGS、PCR、マイクロアレイ)分析、サービス別分析、方法別(cfDNA、生化学マーカー)分析、用途別(異数性、マイクロ削除)分析、非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場規模が2019年39億万ドルから2024年73億万ドルまで年平均13.5%成長すると予測しています。
  • GigEカメラの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、GigEカメラの世界市場について調査・分析し、GigEカメラの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - GigEカメラの世界市場:市場動向分析 - GigEカメラの世界市場:競争要因分析 - GigEカメラの世界市場:技術別 ・電荷結合素子(CCD) ・相補型金属酸化膜半導体(CMOS) ・非冷却VOXマイクロボロメーター ・その他 - GigEカメラの世界市場:解像度別 ・6.0 - GigEカメラの世界市場:カメラの種類別 ・ラインスキャンカメラ ・エリアスキャンカメラ ・温度カメラ ・交通カメラ ・その他 - GigEカメラの世界市場:スペクトラム系 ・カラーカメラ ・白黒カメラ ・近赤外線(NIR)カメラ ・紫外線(UV)カメラ - GigEカメラの世界市場:用途別 ・製造 ・非製造 ・その他 - GigEカメラの世界市場:主要地域別分析 - GigEカメラの北米市場規模(アメリカ市場等) - GigEカメラのヨーロッパ市場規模 - GigEカメラのアジア市場規模(日本市場、中国 …
  • 女性用ランジェリー」の世界市場:種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他)、用途別(オンラインストア、店頭)、地域別予測
    本資料は、女性用ランジェリー」の世界市場について調べ、女性用ランジェリー」の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他)分析、用途別(オンラインストア、店頭)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはArc’teryx、Black Diamond、Marmot、Outdoor Research、Patagonia、PRAna、The North Face などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・女性用ランジェリー」の世界市場概要 ・女性用ランジェリー」の世界市場環境 ・女性用ランジェリー」の世界市場動向 ・女性用ランジェリー」の世界市場規模 ・女性用ランジェリー」の世界市場規模:種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他) ・女性用ランジェリー」の世界市場規模:用途別(オンラインストア、店頭) ・女性用ランジェリー」の世界市場:地域別市場規模・分析 ・女性用ランジ …
  • 骨髄異形成(Myeloid Metaplasia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)の概要 ・骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場2017-2021 
    当調査レポートでは、医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインフードデリバリー・テイクアウトの世界市場:注文タイプ別(デリバリー、テイクアウト)、地域別予測
    本資料は、オンラインフードデリバリー・テイクアウトの世界市場について調べ、オンラインフードデリバリー・テイクアウトの世界規模、市場動向、市場環境、注文タイプ別(デリバリー、テイクアウト)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDelivery Hero Holding GmbH、Overview、Financial (Subject to Data Availability)、Product Summary、Recent Developments、Foodpanda GmbH、Just Eat Holding Ltd.、Takeaway.com N.V.、Grubhub Inc.、Domino’s Pizza Inc.、Snapfinger Inc.、Pizza Hut Inc.、Foodler Inc.、Mabo system Inc. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オンラインフードデリバリー・テイクアウトの世界市場概要 ・オンラインフー …
  • 食物繊維の世界市場分析:由来別(全粒粉製品、果物、野菜)、製品別(可溶性、不溶性)、用途別(食品・飲料)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、食物繊維の世界市場について調査・分析し、食物繊維の世界市場動向、食物繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別食物繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 防水テープの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、防水テープの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防水テープ市場規模、最終用途別(建設、医療、自動車、電気、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防水テープの世界市場概要 ・防水テープの世界市場環境 ・防水テープの世界市場動向 ・防水テープの世界市場規模 ・防水テープの世界市場:業界構造分析 ・防水テープの世界市場:最終用途別(建設、医療、自動車、電気、その他) ・防水テープの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防水テープのアメリカ市場規模・予測 ・防水テープのヨーロッパ市場規模・予測 ・防水テープのアジア市場規模・予測 ・防水テープの主要国分析 ・防水テープの世界市場:意思決定フレームワーク ・防水テープの世界市場:成長要因、課題 ・防水テープの世界市場:競争環境 ・防水テープの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 小児用ワクチンの世界市場2014–2025:種類別(単価、多価格)、(弱毒生、不活化、サブユニット、トキソイド、遺伝子組み換え)、用途別(感染症、癌、アレルギー)、地域別
    本調査レポートでは、小児用ワクチンの世界市場について調査・分析し、小児用ワクチンの世界市場動向、小児用ワクチンの世界市場規模、市場予測、セグメント別小児用ワクチン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマートスピーカー市場予測2017-2025:IVA(Alexa、Siri、Googleアシスタント、Cortana)、構成要素別(ハードウェア(プロセッサー、メモリー、マイク、スピーカー・その他)・ソフトウェア)、アプリケーション(スマートホーム、消費者・スマートオフィス)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートスピーカー市場について調査・分析し、世界のスマートスピーカー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートスピーカー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界及び米国の脱毛器市場2017-2022
  • 更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)の概要 ・更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • 世界の眼科用手術装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用手術装置市場2015について調査・分析し、眼科用手術装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モジュール型クリーンルームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モジュール型クリーンルームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モジュール型クリーンルームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのサウジアラビア市場
  • ピノキサデンの世界市場
    当調査レポートでは、ピノキサデンの世界市場について調査・分析し、ピノキサデンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • Eディスカバリの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、Eディスカバリの世界市場について調査・分析し、Eディスカバリの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・Eディスカバリの世界市場規模:展開別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:サービス別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:ソリューション別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 中国の赤外線温度計市場2015
    本調査レポートでは、中国の赤外線温度計市場2015について調査・分析し、赤外線温度計の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 臭素の世界市場予測(~2022年):有機臭素、CBF、臭化水素
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、誘導体別分析、用途別分析、地域別分析、臭素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場:電圧別(高電圧、中電圧、低電圧)、タイプ別(気中、真空、油入り、SF6)、用途別(建設、輸送、産業、発電)、地域別予測
    本資料は、回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場について調べ、回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界規模、市場動向、市場環境、電圧別(高電圧、中電圧、低電圧)分析、タイプ別(気中、真空、油入り、SF6)分析、用途別(建設、輸送、産業、発電)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場概要 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場環境 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場動向 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:電圧別(高電圧、中電圧、低電圧) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:タイプ別(気中、真空、油入り、SF6) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:用途別(建設、輸送、産業、発電) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場:地域別市場 …
  • 世界の産業用無線送信機市場
  • 肝臓移植(Liver Transplantation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肝臓移植(Liver Transplantation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肝臓移植(Liver Transplantation)の概要 ・肝臓移植(Liver Transplantation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 血管炎の疫学的予測(~2024)
    当調査レポートでは、血管炎の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・血管炎の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・血管炎の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"