"帯状疱疹治療薬の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30133)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"帯状疱疹治療薬の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

101 pages, November 2018
About this market
With the emerging innovative vaccines for disease management, there is a growing demand for herpes zoster treatment drugs. Until the development of vaccines, the treatment for herpes zoster was dependent completely on drug therapies. However, vendors have been focusing on developing several new therapies for the treatment and prevention of shingles. For instance, in October 2017, Shingrix was launched by GlaxoSmithKline for the treatment of shingles. The vaccine is much more effective than ZOSTAVAX, which was the only approved vaccine for shingles in older adults. Technavio’s analysts have predicted that the herpes zoster treatment market will register a CAGR of almost 14% by 2023.
Market Overview
Rising incidence of herpes zoster
Factors such as exposure to ultraviolet radiation may suppress the cell-mediated immunity, which can be a major factor responsible for the growing incidence of herpes zoster. Patients being treated for cancer and affected with advanced HIV infection are at a greater risk of developing shingles, which is expected to boost the growth of the global herpes zoster treatment market.
Weak pipeline for herpes zoster
The number of herpes zoster pipeline agents are very limited despite the growing incidence of the infection worldwide, which is likely to hamper the growth of the global herpes zoster treatment market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the herpes zoster treatment market during the 2019-2023 period, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including Abbott and GlaxoSmithKline, the competitive environment is quite intense. Factors such as the emerging innovative vaccines for disease management and rising incidence of herpes zoster, will provide considerable growth opportunities to herpes zoster treatment companies. Abbott, GlaxoSmithKline, Merck, and Novartis are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"帯状疱疹治療薬の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: PIPELINE ANALYSIS
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Market segmentation by product
• Comparison by product
• Vaccination – Market size and forecast 2018-2023
• Drug therapy – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by product
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: TRENDS
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Abbott
• GlaxoSmithKline
• Merck
• Novartis
PART 15: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
PART 16: EXPLORE TECHNAVIO

Exhibit 01: Global infectious disease treatment market
Exhibit 02: Segments of global infectious disease treatment market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Pipeline molecules for the treatment of herpes zoster
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Product – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: Vaccination – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 21: Vaccination – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Drug therapy – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 23: Drug therapy – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by product
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 29: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 30: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 31: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Impact of drivers and challenges
Exhibit 37: Vendor landscape
Exhibit 38: Landscape disruption
Exhibit 39: Vendors covered
Exhibit 40: Vendor classification
Exhibit 41: Market positioning of vendors
Exhibit 42: Abbott – Vendor overview
Exhibit 43: Abbott – Business segments
Exhibit 44: Abbott – Organizational developments
Exhibit 45: Abbott – Geographic focus
Exhibit 46: Abbott – Segment focus
Exhibit 47: Abbott – Key offerings
Exhibit 48: GlaxoSmithKline – Vendor overview
Exhibit 49: GlaxoSmithKline – Business segments
Exhibit 50: GlaxoSmithKline – Organizational developments
Exhibit 51: GlaxoSmithKline – Geographic focus
Exhibit 52: GlaxoSmithKline – Segment focus
Exhibit 53: GlaxoSmithKline – Key offerings
Exhibit 54: Merck – Vendor overview
Exhibit 55: Merck – Business segments
Exhibit 56: Merck – Organizational developments
Exhibit 57: Merck – Geographic focus
Exhibit 58: Merck – Key offerings
Exhibit 59: Novartis – Vendor overview
Exhibit 60: Novartis – Business segments
Exhibit 61: Novartis – Organizational developments
Exhibit 62: Novartis – Geographic focus
Exhibit 63: Novartis – Segment focus
Exhibit 64: Novartis – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】帯状疱疹治療薬の世界市場2019-2023
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30133
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
帯状疱疹治療薬の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スペインの麻酔器市場動向(~2021)
  • スマートチケットの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートチケットの世界市場について調べ、スマートチケットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートチケットの市場規模をセグメンテーション別(用途別(交通、スポーツ&イベント)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスマートチケットの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートチケットの市場状況 ・スマートチケットの市場規模 ・スマートチケットの市場予測 ・スマートチケットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(交通、スポーツ&イベント) ・スマートチケットの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 医療専門カバンの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、医療専門カバンの世界市場について調査・分析し、医療専門カバンの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・医療専門カバンの世界市場規模:製品種類別分析 ・医療専門カバンの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・医療専門カバンの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • オンライン成人用おもちゃの世界市場2020-2024
    「オンライン成人用おもちゃの世界市場2020-2024」は、オンライン成人用おもちゃについて市場概要、市場規模、製品別(成人用バイブレーター、勃起リング、ディルド、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オンライン成人用おもちゃの世界市場:製品別(成人用バイブレーター、勃起リング、ディルド、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 防食塗料の世界市場予測(~2022年):エポキシ、ポリウレタン、アクリル、アルキド、亜鉛
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、防食塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、防食塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国の食品添加物市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の食品添加物市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、米国の食品添加物市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の顔用マスク市場2016
    本調査レポートでは、世界の顔用マスク市場2016について調査・分析し、顔用マスクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートフォンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートフォンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートフォンの世界市場規模及び予測、技術別分析、画面サイズ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 スマートフォンは、世界中のすべての人の生活に必要不可欠になっています。スマートフォンは、コンピューターの様に機能する携帯電話です。スマートフォンには、タッチスクリーンインターフェイス、インターネットアクセス、そしてリアルタイムでユーザーに情報を提供するデバイスやセンサーと一体化したアプリを動作するOSで構成されていますTechnavio社はスマートフォンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Apple• Samsung• Huawei• OPPO• Vivo• Xiaomi• Lenovo• LG Electronics• Sony• ZTE等です。
  • 商用冷却の世界市場2016-2020:商用ウォークインクーラー、商用冷蔵ショーケース、飲料用冷蔵庫、製氷機
    当調査レポートでは、商用冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、商用冷却の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 屋根材の世界市場:製品別(アスファルトシングル、コンクリート・瓦葺)、用途別(住宅、非住宅)、地域別
    本調査レポートでは、屋根材の世界市場について調査・分析し、屋根材の世界市場動向、屋根材の世界市場規模、市場予測、セグメント別屋根材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))の概要 ・皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))治療薬の評価    …
  • フィリピンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • キルン・シェル・スキャナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キルン・シェル・スキャナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、キルン・シェル・スキャナの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • キャロブの世界市場
    当調査レポートでは、キャロブの世界市場について調査・分析し、キャロブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - キャロブの世界市場:市場動向分析 - キャロブの世界市場:競争要因分析 - キャロブの世界市場:流通経路別 ・オンライン ・フィットネスショップ ・健康食品店 ・その他 - キャロブの世界市場:形状別 ・液体 ・固体 - キャロブの世界市場:用途別 ・パン製品 ・スナック ・乳製品 ・食品&飲料 ・シリアル ・その他 - キャロブの世界市場:主要地域別分析 - キャロブの北米市場規模(アメリカ市場等) - キャロブのヨーロッパ市場規模 - キャロブのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・キャロブの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 熱ショックタンパク質27阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における熱ショックタンパク質27阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・熱ショックタンパク質27阻害剤の概要 ・熱ショックタンパク質27阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の熱ショックタンパク質27阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・熱ショックタンパク質27阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・熱ショックタンパク質27阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ノニルフェノールエトキシレートの世界市場:清掃用、塗料、農薬、革、織物、油田化学薬品
    当調査レポートでは、ノニルフェノールエトキシレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、地域別分析、ノニルフェノールエトキシレートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 徐放性賦形剤の世界市場:製品別(ポリマー、ゼラチン)、投与経路別(経口、経皮)、技術別(標的送達)、セグメント予測
    徐放性賦形剤の世界市場は2026年には16億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、新しい薬物送達の研究開発への注目が高まり、慢性疾患治療に徐放性賦形剤の採用が増えていることが考えられます。本調査レポートでは、徐放性賦形剤の世界市場について調査・分析し、徐放性賦形剤の世界市場動向、徐放性賦形剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別徐放性賦形剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の概要 ・非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非血液性悪性腫瘍(Nonhe …
  • 低侵襲機器のアジア太平洋市場
  • ポリビニルブチラール(PVB)フィルムとシートの世界市場
    当調査レポートでは、ポリビニルブチラール (PVB) フィルムとシートの世界市場について調査・分析し、ポリビニルブチラール (PVB) フィルムとシートの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • モバイルマップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルマップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルマップの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 酒石酸の世界市場分析:用途別(食品・飲料、ワイン、医薬品、制酸薬)、セグメント予測、– 2020
    本調査レポートでは、酒石酸の世界市場について調査・分析し、酒石酸の世界市場動向、酒石酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別酒石酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ノルウェーの末梢血管用装置市場見通し
  • 自動車用センサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用高圧便器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、商業用高圧便器の世界市場について調査・分析し、商業用高圧便器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別商業用高圧便器シェア、市場規模推移、市場規模予測、商業用高圧便器種類別分析()、商業用高圧便器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・商業用高圧便器の市場概観 ・商業用高圧便器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・商業用高圧便器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・商業用高圧便器の世界市場規模 ・商業用高圧便器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・商業用高圧便器のアメリカ市場規模推移 ・商業用高圧便器のカナダ市場規模推移 ・商業用高圧便器のメキシコ市場規模推移 ・商業用高圧便器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・商業用高圧便器のドイツ市場規模推移 ・商業用高圧便器のイギリス市場規模推移 ・商業用高圧便器のロシア市場規模推移 ・商業用高圧便器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 世界の低容量ポータブル発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界の低容量ポータブル発電機市場2015について調査・分析し、低容量ポータブル発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ロボットの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ロボット市場規模、構成別(定置型、移動型、協働型)分析、積載量別(0~20kg、20~80kg、80~300kg、300~1000kg、1000~3000kg、その他)分析、コンポーネント別(マニピュレーター、センサーデバイス、ロボットツール、ロボット制御ユニット(RCU))分析、カテゴリー別(多関節ロボット、スカラロボット、円筒形ロボット、デカルトロボット・ガントリーロボット・直交交差ロボット、デルタロボット・パラレルロボット、極座標ロボット、双腕ロボット、冗長ロボット、生活支援ロボット、消防ロボット、その他)分析、用途別(溶接、マテリアルハンドリング、産業用材料除去・検査システム、吐出、コーティング、はんだ付け、アイロン、マシンテンディング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用ロボットの世界市場:市場動向分析 ・ 産業用ロボットの世界市場:競争要 …
  • qPCR試薬の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、qPCR試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、qPCR試薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はqPCR試薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、Bio-Rad Laboratories、F. Hoffmann-La Roche、Thermo Fisher Scientific等です。
  • フリーズドライ食品の世界市場:タイプ別(コーヒー、フルーツ、野菜、飲料、乳製品)、地域別予測
    本資料は、フリーズドライ食品の世界市場について調べ、フリーズドライ食品の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(コーヒー、フルーツ、野菜、飲料、乳製品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNestle、Kerry、Unilever、Watties、Mondelez、Lyofal、DSM、Novartis、Mercer Foods、Freeze Dry Foods、European Freeze Dry、Amalgam Foodsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フリーズドライ食品の世界市場概要 ・フリーズドライ食品の世界市場環境 ・フリーズドライ食品の世界市場動向 ・フリーズドライ食品の世界市場規模 ・フリーズドライ食品の世界市場規模:タイプ別(コーヒー、フルーツ、野菜、飲料、乳製品) ・フリーズドライ食品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・フリーズドライ食品の北米市場規模・予測 ・フリーズドライ食品のアメリカ市場規模・予測 ・フリーズドラ …
  • 世界の水硫化ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の水硫化ナトリウム市場2015について調査・分析し、水硫化ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の手洗鉢立市場2016
    本調査レポートでは、世界の手洗鉢立市場2016について調査・分析し、手洗鉢立の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊ガスの世界市場2017-2021:炭素系ガス、希ガス、ハロゲンガス、大気ガス
    当調査レポートでは、特殊ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊ガスの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド溶接装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハイブリッド溶接装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハイブリッド溶接装置市場規模、最終用途別(自動車、航空宇宙、鉄道、船舶)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハイブリッド溶接装置の世界市場概要 ・ハイブリッド溶接装置の世界市場環境 ・ハイブリッド溶接装置の世界市場動向 ・ハイブリッド溶接装置の世界市場規模 ・ハイブリッド溶接装置の世界市場:業界構造分析 ・ハイブリッド溶接装置の世界市場:最終用途別(自動車、航空宇宙、鉄道、船舶) ・ハイブリッド溶接装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハイブリッド溶接装置のアメリカ市場規模・予測 ・ハイブリッド溶接装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・ハイブリッド溶接装置のアジア市場規模・予測 ・ハイブリッド溶接装置の主要国分析 ・ハイブリッド溶接装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・ハイブリッド溶接装置の世界市場:成長要因、課題 ・ハイブリッド溶接装置の世界市 …
  • オーバーザトップ(OTT)の世界市場:コンポーネント別(ソリューション・サービス)、デバイス種類別(スマートフォン、スマートテレビ、ラップトップデスクトップおよびタブレット、ゲームコンソール、セットトップボックスなど)、コンテンツ種類別(ビデオ、オーディオ/ VoIP、ゲーム、通信、その他)、収益モデル別(サブスクリプション、広告、ハイブリッド、その他)、ユーザー種類別(個人用、商用)
    本資料は、オーバーザトップ(OTT)の世界市場について調べ、オーバーザトップ(OTT)の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション・サービス)分析、コンテンツ種類別(ビデオ、オーディオ/ VoIP、ゲーム、通信、その他)分析、収益モデル別(サブスクリプション、広告、ハイブリッド、その他)分析、ユーザー種類別(個人用、商用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オーバーザトップ(OTT)の世界市場概要 ・オーバーザトップ(OTT)の世界市場環境 ・オーバーザトップ(OTT)の世界市場動向 ・オーバーザトップ(OTT)の世界市場規模 ・オーバーザトップ(OTT)の世界市場:コンポーネント別(ソリューション・サービス) ・オーバーザトップ(OTT)の世界市場:デバイス種類別(スマートフォン、スマートテレビ、ラップトップデスクトップおよびタブレット、ゲームコンソール、セットトップボックスなど) ・オーバーザトップ(OTT)の世界市 …
  • 中国のプラスチック軸受市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック軸受市場2015について調査・分析し、プラスチック軸受の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンパニオン診断の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、コンパニオン診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品及びサービス別(アッセイ、キット、ソフトウェア及びサービス)分析、技術別(PCR、NGS、ISH、IHC)分析、疾患別(乳がん、肺がん、結腸直腸がん、心血管疾患)分析、エンドユーザー別(製薬会社、CRO)分析、コンパニオン診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、コンパニオン診断の世界市場規模が2019年35億ドルから2024年73億ドルまで年平均15.7%成長すると予測しています。
  • シンガポールのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • プラスチック製包装用袋の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック製包装用袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック製包装用袋の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3Dバイオプリンティングの世界市場:技術別(磁気浮上式、インクジェット式、シリンジ式、レーザー式)、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3Dバイオプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dバイオプリンティングの世界市場動向、3Dバイオプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dバイオプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 有機顔料の世界市場2017-2021: アゾ顔料、フタロシアニン顔料、その他有機顔料
    当調査レポートでは、有機顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、有機顔料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨て注射器の世界市場分析:タイプ別(従来型シリンジ、安全シリンジ)、用途別(予防注射、治療注射)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、使い捨て注射器の世界市場について調査・分析し、使い捨て注射器の世界市場動向、使い捨て注射器の世界市場規模、市場予測、セグメント別使い捨て注射器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機の世界市場について調査・分析し、コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機シェア、市場規模推移、市場規模予測、コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機種類別分析(12in以下、12-16 in、16-21 in、21-27 in、27 in以上)、コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機の市場概観 ・コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機の世界市場規模 ・コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コードレス/バッテリー型手押し芝刈り機のアメリカ市場規模推移 …
  • コーヒーポッドの世界市場:種類別(AOCC、DCS)、用途別(民間空港、商用空港)、地域別予測
    本資料は、コーヒーポッドの世界市場について調べ、コーヒーポッドの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(AOCC、DCS)分析、用途別(民間空港、商用空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNestle、Kraft Foods、LUIGI LAVAZZA SPA、Keurig Green Mountain、Coffechino、DUNKIN' DONUTS、ETHICAL COFFEE COMPANY、The Folger Coffee Company、Gloria Jean's Coffees、Jacobs Douwe Egberts、Melitta coffee pods、Seattle’s Best Coffee、STARBUCKSなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コーヒーポッドの世界市場概要 ・コーヒーポッドの世界市場環境 ・コーヒーポッドの世界市場動向 ・コーヒーポッドの世界市場規模 ・コーヒーポッドの世界市場規模:種類別(AOC …
  • 世界のスマートグラス市場2016
    本調査レポートでは、世界のスマートグラス市場2016について調査・分析し、スマートグラスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • RFID血液モニタリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFID血液モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFID血液モニタリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)市場2016
    本調査レポートでは、世界の中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)市場2016について調査・分析し、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)
    ブロックチェーンIoTの世界市場は、2019年の1億1,310万米ドルから2024年には30億2,100万米ドルに達し、この期間中92.92%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、IoTの採用の増加、IoTセキュリティへのニーズの高まり、ビジネスプロセスの簡素化と透明性・不変性の提供、そして業務効率に対する注目の高まりが考えられます。また、成長を後押しする潜在的な好機としては、スマートコントラクトおよびデジタルID用のブロックチェーンソリューションの採用の増加、そして政府取り組みの強化などがあります。一方で、市場の主な制約は、規制の不確実性とノード数の増加に伴う遅延の増大です。また、ブロックチェーンテクノロジに対する認識の欠如および規格の欠如は、市場の成長に大きな課題をもたらします。当調査レポートでは、ブロックチェーンIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、インフラプロバイダー)分析、用途(スマートコントラクト、データセキュリティ、データ共有 …
  • 精子バンクの世界市場分析:提供者別、サービス別(精子貯蔵、精液分析、遺伝子コンサルティング)、技術別(ドナー授精、体外受精)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、精子バンクの世界市場について調査・分析し、精子バンクの世界市場動向、精子バンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別精子バンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 炭素繊維の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、炭素繊維の世界市場について調査・分析し、炭素繊維の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別炭素繊維シェア、市場規模推移、市場規模予測、炭素繊維種類別分析(レギュラートウ炭素繊維、ラージトウ炭素繊維)、炭素繊維用途別分析(工業材料、航空宇宙、スポーツ/レジャー)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・炭素繊維の市場概観 ・炭素繊維のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・炭素繊維のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・炭素繊維の世界市場規模 ・炭素繊維の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・炭素繊維のアメリカ市場規模推移 ・炭素繊維のカナダ市場規模推移 ・炭素繊維のメキシコ市場規模推移 ・炭素繊維のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・炭素繊維のドイツ市場規模推移 ・炭素繊維のイギリス市場規模推移 ・炭素繊維のロシア市場規模推移 ・炭素繊維のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・炭素繊維の日本市場規模推移 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"