"海上貨物輸送の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22237)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"海上貨物輸送の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The rising popularity of blockchain technology in the shipping industry is one of the key factors gaining traction in the market. Blockchain systems are increasingly being used to make the processes more efficient and cut costs by eliminating the need for a central authority for maintaining records. Technavio’s analysts predict that the global seafreight forwarding market will register a CAGR of close to 3% by 2023.
Market Overview
Growing global cross-border e-commerce market is driving the LCL volume
There has been a significant increase in the global cross-border e-commerce trade. Such continuous increase in the foreign trade is likely to influence the seafreight forwarding market positively. Factors such as the rising purchasing power parity and internet penetration is likely to contribute majorly to the growth of the market.
High freight cost and operational difficulties
The continuous consolidation in the shipping industry owing to low demand, non-utilization of vessels, and other factors is one of the key factors hindering the growth of the market. Major companies are forming alliances to result into an oligopolistic market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the seafreight forwarding market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The seafreight forwarding market is highly fragmented with several players incorporating blockchain technology to meet the evolving demands of the end-users. Some of the key players in the market including the DHL Group, CJ Logistics, CEVA Logistics are increasingly innovating with their solutions to gain a competitive advantage over the other players resulting in intense competition.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"海上貨物輸送の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY SERVICE
• Segmentation by service
• Comparison by service
• FCL – Market size and forecast 2017-2022
• LCL – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by service
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Introduction of blockchain in the shipping industry
• Increasing deployment of mega-ships
• Increasing deployment of online freight management platforms
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• C.H. Robinson
• CEVA Logistics
• CJ Logistics
• DB Schenker
• DHL Group
• Kuehne+Nagel
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Related market
Exhibit 02: Market characteristics
Exhibit 03: Market segments
Exhibit 04: Service offerings by seafreight forwarders
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global seaborne trade by volume – Year-over-year growth 2012-2016 (%)
Exhibit 09: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 10: Market size and forecast 2017-2022 (mn TEUs)
Exhibit 11: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 12: Five forces analysis 2017
Exhibit 13: Five forces analysis 2022
Exhibit 14: Bargaining power of buyers
Exhibit 15: Bargaining power of suppliers
Exhibit 16: Threat of new entrants
Exhibit 17: Threat of substitutes
Exhibit 18: Threat of rivalry
Exhibit 19: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 20: Service – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 21: Comparison by service
Exhibit 22: FCL – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Dimensions for seafreight containers
Exhibit 24: FCL – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: LCL– Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 26: LCL – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Market opportunity by service
Exhibit 28: Customer landscape
Exhibit 29: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 30: Regional comparison
Exhibit 31: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 32: Growth in containerized trade on Europe trade routes 2016-2017 (mn TEUs)
Exhibit 33: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Top container ports in Europe by throughput volume 2016
Exhibit 35: Growth in containerized trade on APAC trade routes 2016-2017 (mn TEUs)
Exhibit 36: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 37: Annual percentage growth in container throughput – 2016
Exhibit 38: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 40: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 41: Industrial Production Index (IPI) index of the US 2010-2017
Exhibit 42: Key leading countries
Exhibit 43: Market opportunity
Exhibit 44: Global intermodal freight transportation market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 45: Average crude oil prices – Year-over-year growth 2011-2017 (%)
Exhibit 46: Fluctuations in 20 feet container freight rate– Year-over-year growth 2013-2016 (%)
Exhibit 47: Average dwelling time for container vessels in port 2016 (in hours)
Exhibit 48: Vendor landscape
Exhibit 49: Landscape disruption
Exhibit 50: Vendors covered
Exhibit 51: Vendor classification
Exhibit 52: Market positioning of vendors
Exhibit 53: C.H. Robinson: Overview
Exhibit 54: C.H. Robinson – Business segments
Exhibit 55: C.H. Robinson – Organizational developments
Exhibit 56: C.H. Robinson – Geographic focus
Exhibit 57: C.H. Robinson– Segment focus
Exhibit 58: C.H. Robinson – Key offerings
Exhibit 59: CEVA Logistics: Overview
Exhibit 60: CEVA Logistics – Business segments
Exhibit 61: CEVA Logistics – Organizational developments
Exhibit 62: CEVA Logistics – Geographic focus
Exhibit 63: CEVA Logistics – Key offerings
Exhibit 64: CJ Logistics: Overview
Exhibit 65: CJ Logistics – Business segments
Exhibit 66: CJ Logistics – Organizational developments
Exhibit 67: CJ Logistics – Key offerings
Exhibit 68: DB Schenker: Overview
Exhibit 69: DB Schenker – Business segments
Exhibit 70: DB Schenker – Organizational developments
Exhibit 71: DB Schenker – Geographic focus
Exhibit 72: DB Schenker – Segment focus
Exhibit 73: DB Schenker – Key offerings
Exhibit 74: DHL Group: Overview
Exhibit 75: DHL Group – Business segments
Exhibit 76: DHL Group – Organizational developments
Exhibit 77: DHL Group – Geographic focus
Exhibit 78: DHL Group – Segment focus
Exhibit 79: DHL Group – Key offerings
Exhibit 80: Kuehne+Nagel: Overview
Exhibit 81: Kuehne+Nagel – Business segments
Exhibit 82: Kuehne+Nagel – Organizational developments
Exhibit 83: Kuehne+Nagel – Geographic focus
Exhibit 84: Kuehne+Nagel – Segment focus
Exhibit 85: Kuehne+Nagel – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】海上貨物輸送の世界市場2018-2022
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22237
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】物流・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
海上貨物輸送の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • コンテナ・フリートの世界市場2017-2021:ドライコンテナ、リーファーコンテナ、タンクコンテナ
    当調査レポートでは、コンテナ・フリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンテナ・フリートの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場について調べ、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場規模をセグメンテーション別(用途別(シングルクラッチトランスミッション、デュアルクラッチトランスミッション)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社はオートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均29%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場状況 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場規模 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場予測 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(シングル …
  • パキスタンのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 韓国の使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少性紫斑病):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少性紫斑病)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少性紫斑病):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少性紫斑病)のフェーズ3治験薬の状況 ・特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少性紫斑病)治療薬の市場規模(販売予測) ・特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少性紫斑病)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少性紫斑病)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少性紫斑病)治療薬剤
  • セルベースアッセイの世界市場予測(~2024年)
    セルベースアッセイの世界市場は、2019年の139億米ドルから2024年には189億米ドルに達し、この期間中6.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、研究資金の増加と創薬活動の活発化が考えられます。研究開発費の増加が見込まれる新興経済国もまた、市場の成長に貢献すると期待されています。当調査レポートでは、セルベースアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(試薬、マイクロプレート、細胞株、アッセイキット、機器、サービス)分析、用途別(創薬、研究)分析、エンドユーザー別(CRO、バイオ医薬品会社、研究機関)分析、セルベースアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エポキシコーティングの世界市場分析:製品別(溶剤系、水系、粉末)、用途別(建設、産業、輸送)、セグメント予測
    本調査レポートでは、エポキシコーティングの世界市場について調査・分析し、エポキシコーティングの世界市場動向、エポキシコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別エポキシコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラウド型統合開発環境(IDE)サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド型統合開発環境(IDE)サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド型統合開発環境(IDE)サービスの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • たんぱく質成分のの世界市場予測(~2022):動物性たんぱく質、植物性たんぱく質
    当調査レポートでは、たんぱく質成分のの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、たんぱく質成分のの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのオフィス用品市場
    当調査レポートでは、アメリカのオフィス用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオフィス用品市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 金属インプラント・医療用合金の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、金属インプラント・医療用合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(チタン、ステンレス、コバルトクロム)分析、用途別(整形外科、歯科、脊椎固定術、頭蓋顔面、ペースメーカー、ステント、除細動器、股関節、膝・肩の再建)分析、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模が2019年112億ドルから2024年176億ドルまで年平均9.4%成長すると予測しています。
  • 世界の甲状腺診断・検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、甲状腺診断・検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺診断・検査装置の概要 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:領域別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別甲状腺診断・検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・甲状腺診断・検査装置の最近動向
  • 難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬の状況 ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬の市場規模(販売予測) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬剤
  • 濃縮フィブリノゲンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、濃縮フィブリノゲンの世界市場について調査・分析し、濃縮フィブリノゲンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別濃縮フィブリノゲンシェア、市場規模推移、市場規模予測、濃縮フィブリノゲン種類別分析(ヒトフィブリノーゲン濃縮物、動物フィブリノーゲン濃縮物)、濃縮フィブリノゲン用途別分析(先天性フィブリノーゲン欠乏、外科的処置)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・濃縮フィブリノゲンの市場概観 ・濃縮フィブリノゲンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・濃縮フィブリノゲンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・濃縮フィブリノゲンの世界市場規模 ・濃縮フィブリノゲンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・濃縮フィブリノゲンのアメリカ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのカナダ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのメキシコ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・濃縮フィブリノゲンのドイツ市場規模推移 ・濃 …
  • 美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:製品別(レーザーリサーフェシングデバイス、ボディコンタリングデバイス、および審美眼科デバイス)、技術別(レーザーベースのテクノロジー、光ベースのテクノロジー、エネルギーベースのテクノロジー)、用途別(脱毛、瘢痕除去、スキンリサーフェシング、スキン若返り、肌の引き締めなど)、エンドユーザー別(複数の専門センター、スタンドアロンセンター、および美容外科センターとクリニック)
    当調査レポートでは、美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別分析、技術別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、企業概要、などを含め、以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:製品別(レーザーリサーフェシングデバイス、ボディコンタリングデバイス、および審美眼科デバイス) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:技術別(レーザーベースのテクノロジー、光ベースのテクノロジー、エネルギーベースのテクノロジー) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:用途別(脱毛、瘢痕除去、スキンリサーフェシング、スキン若返り、肌の引き締めなど) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:エンドユーザー別(複数の専門センター、スタンドアロンセンター、および美容外科センターとクリニック) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:地域別分析 ・企業概要
  • ブラジルの免疫化学検査市場動向(~2021)
  • トラックとトレースソリューションの世界市場分析:製品別(ハードウェア、ソフトウェア)、技術別(バーコード、RFID)、用途別(シリアル化、集計)、エンドユーザー別(製薬企業、医療機器企業)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、トラックとトレースソリューションの世界市場について調査・分析し、トラックとトレースソリューションの世界市場動向、トラックとトレースソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別トラックとトレースソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の洗顔剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の洗顔剤市場2015について調査・分析し、洗顔剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ製文房具の世界市場:製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他)、地域別予測
    本資料は、ヨーロッパ製文房具の世界市場について調べ、ヨーロッパ製文房具の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーは3M、BIC、HAMELIN、ICO、LYRECO、WHSmithなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヨーロッパ製文房具の世界市場概要 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場環境 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場動向 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場規模 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場規模:製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他) ・ヨーロッパ製文房具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨーロッパ製文房具の北米市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のアメリカ市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のヨーロッパ市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のアジア市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具の日本市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具の中国 …
  • 成型プラスチック包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、成型プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、成型プラスチック包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1の概要 ・プラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1のパイプライン概要 ・企業別開発中のプラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 電子保安の世界市場:映像監視、アクセス制御、侵入検知、車両セキュリティ
    当調査レポートでは、電子保安の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、電子保安の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレインスクリーンクラッディング市場:材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)、建設別(新築および改修)、エンドユーズセクター別(非居住および住宅)、地域別
    MarketsandMarkets社は、レインスクリーンクラッディングの世界市場規模が2019年101億ドルから2024年143億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。本書は、世界のレインスクリーンクラッディング市場について調査・分析し、市場概要、材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)分析、建設別(新築および改修)分析、エンドユーズセクター別(非居住および住宅)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のレインスクリーンクラッディング市場:材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL) ・世界のレインスクリーンクラッディング市場:建設別(新築および改修) ・世界のレインスクリーンクラッディング市場:エンドユーズセクター別(非居住および住宅) ・世界のレインスクリーンクラッディング市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 世界のコネクテッドレールソリューション市場:安全及び信号システム別、地域別
    本調査レポートはコネクテッドレールソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、安全及び信号システム別(CBTC、PTC、ATC)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コネクテッドレールソリューションの世界市場:安全及び信号システム別(CBTC、PTC、ATC) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ニッケル合金の世界市場予測(~2022年):耐腐食性、耐熱性、高機能、電子用合金
    当調査レポートでは、ニッケル合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、ニッケル合金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • システム・イン・パッケージ(SiP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、システム・イン・パッケージ(SiP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、システム・イン・パッケージ(SiP)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リン酸の世界市場2017-2021:肥料、食品添加剤、飼料、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、リン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リン酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はリン酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はThe Mosaic Company、OCP、PhosAgro、PotashCorp、Sinofert Holdings等です。
  • 世界のPET/PBT樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のPET/PBT樹脂市場2015について調査・分析し、PET/PBT樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェスタンブロッティング(WB)の世界市場:ウェスタンブロッティング装置、消耗品
    当調査レポートでは、ウェスタンブロッティング(WB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェスタンブロッティング(WB)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パラフィンワックスの世界市場分析:用途別(キャンドル、包装、化粧品、ホットメルト、ボードサイジング、ゴム)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、パラフィンワックスの世界市場について調査・分析し、パラフィンワックスの世界市場動向、パラフィンワックスの世界市場規模、市場予測、セグメント別パラフィンワックス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマートウェアラブル端末用電池の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートウェアラブル端末用電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェアラブル端末用電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホホバオイルの世界市場の規模と予測:用途別(化粧品、医薬品、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ホホバオイルの世界市場について調査・分析し、ホホバオイルの世界市場動向、ホホバオイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別ホホバオイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国のニフェジピン市場2015
    本調査レポートでは、中国のニフェジピン市場2015について調査・分析し、ニフェジピンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プレフィルドシリンジの世界市場:プラスチック製プレフィルドシリンジ、ペン型注射器、オートインジェクター、ガラス製プレフィルドシリンジ
  • パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コーディング及びマーキング装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、コーディング及びマーキング装置の世界市場について調べ、コーディング及びマーキング装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コーディング及びマーキング装置の市場規模をセグメンテーション別(技術別(CIJ印刷およびコーディング、レーザーコーディング及びマーキング、TIJ印刷、DOD印刷、その他)、エンドユーザー別(食品及び飲料、産業、医療、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はコーディング及びマーキング装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・コーディング及びマーキング装置の市場状況 ・コーディング及びマーキング装置の市場規模 ・コーディング及びマーキング装置の市場予測 ・コーディング及びマーキング装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(CIJ印刷およびコーディング、レーザーコーディング及びマーキング、TIJ印刷、DOD印刷、その他) ・市場セ …
  • 地盤改良の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、地盤改良の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地盤改良市場規模、手法別(化学的手法、機械的手法)分析、添加剤別(ミネラル・安定剤、ポリマー、その他)分析、用途別(農業用、非農業用、工業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地盤改良の世界市場:市場動向分析 ・ 地盤改良の世界市場:競争要因分析 ・ 地盤改良の世界市場:手法別(化学的手法、機械的手法) ・ 地盤改良の世界市場:添加剤別(ミネラル・安定剤、ポリマー、その他) ・ 地盤改良の世界市場:用途別(農業用、非農業用、工業用) ・ 地盤改良の世界市場:主要地域別分析 ・ 地盤改良の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 地盤改良のヨーロッパ市場規模 ・ 地盤改良のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・地盤改良の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • スマートガスの世界市場
    当調査レポートでは、スマートガスの世界市場について調査・分析し、スマートガスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • SCRパワーコントローラーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、SCRパワーコントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、制御方法別分析、産業別分析、地域別分析、SCRパワーコントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用油圧装置の世界市場予測(~2021年):リザーバー、フィルター、ポンプ、アキュムレータ、アクチュエータ、油圧作動油
    当調査レポートでは、航空機用油圧装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、航空機用油圧装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、起動サービス)、種類別(ナノサテライトおよびマイクロサテライト)、用途別、業種別(政府、防衛、民事)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ナノサテライト&マイクロサテライトの世界市場規模が2019年15億ドルから2024年36億ドルまで年平均19.8%成長すると予測しています。当資料では、世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、宇宙サービス、打ち上げサービス)分析、種類別(ナノ衛星、マイクロ衛星)分析、用途別(コミュニケーション、地球観測&リモートセンシング、科学研究、生物実験、技術実証&検証、アカデミックトレーニング、マッピング&ナビゲーション、調査)分析、業種別(政府、市民、商業、防衛、エネルギー&インフラ、海上輸送)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、宇宙サービス、打ち上げサービス) ・世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:種 …
  • Yesチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるYesチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Yesチロシンキナーゼ阻害剤の概要 ・Yesチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のYesチロシンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Yesチロシンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Yesチロシンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:ACC、HUD、TPMS、LDWS、死角検出、 アダプティブ・フロント・ライト、電子制御ブレーキ、パーク・アシスト、ナイトビジョン、歩行者検出、道路標識認識、眠気モニター
    当調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、センサー種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用ADASの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用ADASの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用ADASの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場
    当調査レポートでは、ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場について調査・分析し、ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • エアブレーキシステムの世界市場予測(~2025年)
    エアブレーキシステムの世界市場は、2018年の45億米ドルから2025年には56億米ドルに達し、この期間中に3.31%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、商用トラックおよびOHVトラックの収益と生産が増加したこと、鉄道と高速列車の増加、ならびに油圧ブレーキと比較した場合のエアブレーキのフェールセーフ性が考えれられます。一方で、油圧ブレーキよりもエアブレーキのコストが高くかつ停止距離が長くなることにより、市場の成長が抑制されます。当調査レポートでは、エアブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(ディスク、ドラム)分析、コンポーネント(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター)分析、車両分析、車種(高剛性ボディトラック、大型バス、セミトレーラー・バス)分析、エアブレーキシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)市場規模、サービス種類別(パワートレイン、完成車、電気/電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場概要 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場環境 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場動向 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場規模 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場:業界構造分析 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場:サービス種類別(パワートレイン、完成車、電気/電子、その他) ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場 …
  • 5-HT2Bアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT2Bアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT2Bアンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・5-HT2Bアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT2Bアンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT2Bアンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT2Bアンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 二輪車用トランスミッション装置の世界市場
    当調査レポートでは、二輪車用トランスミッション装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車用トランスミッション装置の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"