"石灰の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22105)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"石灰の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Lime Market
Lime is an organic material composed of calcium in its oxide or hydroxide form. It is obtained from limestone or chalk through an industrial extraction process. They key end- user industries of lime include construction, agriculture, metallurgy, and wastewater treatment, among others.
Technavio’s analysts forecast the global lime market to grow at a CAGR of 1.72% during the period 2018-2022.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global lime market for 2018-2022. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the use of lime market in different products.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA
Technavio’s report, Global Lime Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.
Key vendors
• Afrimat (Cape Lime)
• CRH
• Lhoist
• Minerals Technologies
• Nordkalk

Market driver
• Rapid growth of construction sector
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Environment impact of limestone mining
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Growing emphasis on energy efficiency
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"石灰の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global mining market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global lime market – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 09: Global lime market– Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Global lime market – Market share by product 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: Hydrated lime – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 21: Hydrated lime – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Quicklime – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 23: Quicklime – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by product
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global lime market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: APAC – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 29: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 31: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Americas – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 33: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Vendor landscape
Exhibit 37: Landscape disruption
Exhibit 38: Vendors covered
Exhibit 39: Vendor classification
Exhibit 40: Market positioning of vendors
Exhibit 41: Afrimat (Cape Lime) overview
Exhibit 42: Afrimat (Cape Lime) – Business segments
Exhibit 43: Afrimat (Cape Lime) – Organizational developments
Exhibit 44: Afrimat (Cape Lime) – Geographic focus
Exhibit 45: Afrimat (Cape Lime) – Segment focus
Exhibit 46: Afrimat (Cape Lime) – Key offerings
Exhibit 47: CRH overview
Exhibit 48: CRH – Business segments
Exhibit 49: CRH – Organizational developments
Exhibit 50: CRH – Geographic focus
Exhibit 51: CRH – Segment focus
Exhibit 52: CRH – Key offerings
Exhibit 53: Lhoist overview
Exhibit 54: Lhoist – Product segments
Exhibit 55: Lhoist – Organizational developments
Exhibit 56: Lhoist – Geographic focus
Exhibit 57: Lhoist – Key offerings
Exhibit 58: Minerals Technologies overview
Exhibit 59: Minerals Technologies – Business segments
Exhibit 60: Minerals Technologies – Organizational developments
Exhibit 61: Minerals Technologies – Geographic focus
Exhibit 62: Minerals Technologies – Segment focus
Exhibit 63: Minerals Technologies – Key offerings
Exhibit 64: Nordkalk overview
Exhibit 65: Nordkalk – Customer segments
Exhibit 66: Nordkalk – Organizational developments
Exhibit 67: Nordkalk – Geographic focus
Exhibit 68: Nordkalk – Customer segment focus
Exhibit 69: Nordkalk – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】石灰の世界市場2018-2022
【発行日】2018年10月11日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22105
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
石灰の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界及び米国のシアバター市場2017-2022
  • 紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場2018-2022
    紫外線LEDにおける継続的な技術革新により、大きな牽引力を得ることが期待されています。紫外線LEDが従来のCFLよりも70%も少ないエネルギー消費で済むので、ベンダーがLEDの特徴である小型、高耐久性、高耐振動性、低廃棄物、低維持費という点を生かして、革新的な技術を開発することが期待されています。 紫外線LED技術の世界市場は2022年までに37%以上のCAGRで成長する見込みです。 主な分析対象企業は、Asahi Kasei、LG INNOTEK、NICHIA、SEMILEDS、Seoulviosysなどです。 当調査レポートでは、紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、紫外線LED(UV-LED)技術市場規模、アプリケーション別(UV硬化、計装・センシング、偽造分析、医療光線療法、水・空気浄化、その他)分析、技術別(UV-A、UV-B、UV-C)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・紫外線LED( …
  • 中国のホイールトラクター市場2015
    本調査レポートでは、中国のホイールトラクター市場2015について調査・分析し、ホイールトラクターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の列車用シート市場2015
    本調査レポートでは、世界の列車用シート市場2015について調査・分析し、列車用シートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の偏光顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の偏光顕微鏡市場2015について調査・分析し、偏光顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 指紋センサーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、指紋センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(容量性、光学、熱、超音波)分析、種類別(タッチ、スワイプ)分析、用途別(家電、銀行および金融、政府および法執行機関、商業、スマートホーム)分析、指紋センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、指紋センサーの世界市場規模が2019年35億ドルから2024年71億ドルまで年平均15.3%成長すると予測しています。
  • マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤の概要 ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 金属ステアリン酸塩類の世界市場予測(~2021):ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸カルシウム、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸アルミニウム
    当調査レポートでは、金属ステアリン酸塩類の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、金属ステアリン酸塩類の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロPLCの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロPLCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロPLCの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 洗濯用オーガニック洗剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、洗濯用オーガニック洗剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、洗濯用オーガニック洗剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター冷却の世界市場分析:製品別(エアコン、精密空調、チラー、エアハンドリングユニット)、用途別(電話通信・IT、小売、ヘルスケア、BFSI、エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、データセンター冷却の世界市場について調査・分析し、データセンター冷却の世界市場動向、データセンター冷却の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンター冷却市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマート冷蔵庫市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート冷蔵庫市場2015について調査・分析し、スマート冷蔵庫の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタイミングベルト市場2016
    本調査レポートでは、世界のタイミングベルト市場2016について調査・分析し、タイミングベルトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 世界のコンクリート管市場2016
    本調査レポートでは、世界のコンクリート管市場2016について調査・分析し、コンクリート管の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の輸送コンテナ市場2015
    本調査レポートでは、世界の輸送コンテナ市場2015について調査・分析し、輸送コンテナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のカーボンナノチューブ(CNT)市場規模・予測2017-2025:種類別(シングル、多面)、方法別(化学蒸着、触媒化学蒸着、高圧カーボンモノ酸化)、用途別(電子機器、化学品、電池、電力、医療)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のカーボンナノチューブ(CNT)市場について調査・分析し、世界のカーボンナノチューブ(CNT)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のカーボンナノチューブ(CNT)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自転車用インフォテインメント(情報通信)システムの世界市場
    当調査レポートでは、自転車用インフォテインメント(情報通信)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自転車用インフォテインメント(情報通信)システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経修復・神経再生の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、神経修復・神経再生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、神経修復・神経再生の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高温ケーブルの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、高温ケーブルの世界市場について調べ、高温ケーブルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、高温ケーブルの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(エネルギー、輸送、産業用、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は高温ケーブルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・高温ケーブルの市場状況 ・高温ケーブルの市場規模 ・高温ケーブルの市場予測 ・高温ケーブルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(エネルギー、輸送、産業用、その他) ・高温ケーブルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 有機エレクトロニクスの世界市場:材料別(半導体、導電体、絶縁体、基板)、用途別(電池、導電性インク、ディスプレイ、照明、ロジック・メモリ、センサー、OPV、ORFID、その他)、地域別予測
    本資料は、有機エレクトロニクスの世界市場について調べ、有機エレクトロニクスの世界規模、市場動向、市場環境、材料別(半導体、導電体、絶縁体、基板)分析、用途別(電池、導電性インク、ディスプレイ、照明、ロジック・メモリ、センサー、OPV、ORFID、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・有機エレクトロニクスの世界市場概要 ・有機エレクトロニクスの世界市場環境 ・有機エレクトロニクスの世界市場動向 ・有機エレクトロニクスの世界市場規模 ・有機エレクトロニクスの世界市場規模:材料別(半導体、導電体、絶縁体、基板) ・有機エレクトロニクスの世界市場規模:用途別(電池、導電性インク、ディスプレイ、照明、ロジック・メモリ、センサー、OPV、ORFID、その他) ・有機エレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・有機エレクトロニクスの北米市場規模・予測 ・有機エレクトロニクスのアメリカ市場規模・予測 ・有機エレクトロニクスのヨーロッパ市場規模 …
  • オピオイドの世界市場:製品別(IR/短時間作用型、 ER/長時間作用型)、 用途別(疼痛緩和、麻酔)、地域別
    本調査レポートでは、オピオイドの世界市場について調査・分析し、オピオイドの世界市場動向、オピオイドの世界市場規模、市場予測、セグメント別オピオイド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家庭用ラップの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、家庭用ラップの世界市場について調べ、家庭用ラップの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、家庭用ラップの市場規模をセグメンテーション別(種類別(穴あき家庭用ラップ、非穴あき家庭用ラップ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は家庭用ラップの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・家庭用ラップの市場状況 ・家庭用ラップの市場規模 ・家庭用ラップの市場予測 ・家庭用ラップの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(穴あき家庭用ラップ、非穴あき家庭用ラップ) ・家庭用ラップの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • BRIC(ブラジル、ロシア、インド、中国)のアフォーダブル住宅(低所得層向け住宅)市場
    当調査レポートでは、BRIC(ブラジル、ロシア、インド、中国)のアフォーダブル住宅(低所得層向け住宅)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BRIC(ブラジル、ロシア、インド、中国)のアフォーダブル住宅(低所得層向け住宅)市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、国別分析、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブキオスクの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、インタラクティブキオスクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インタラクティブキオスク市場規模、提供製品別(ソフトウェア・サービス、ハードウェア)分析、タイプ別(自動販売キオスク、銀行キオスク、セルフサービスキオスク、レストランキオスク、テレキオスク、インターネットキオスク、両替キオスク、訪問者管理・セキュリティキオスク、ATM)分析、エンドユーザー別(小売、旅行・観光、政府、銀行・金融サービス、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア、交通、ホスピタリティ、レジャー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インタラクティブキオスクの世界市場:市場動向分析 ・ インタラクティブキオスクの世界市場:競争要因分析 ・ インタラクティブキオスクの世界市場:提供製品別(ソフトウェア・サービス、ハードウェア) ・ インタラクティブキオスクの世界市場:タイプ別(自動販売キオスク、銀行キオスク、セルフサービスキオスク、レ …
  • ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)の概要 ・ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infecti …
  • 世界のプロセス分析計市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロセス分析計市場2015について調査・分析し、プロセス分析計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧力開放装置の世界市場の規模および予測:タイプ別(ローテク機器[フォームベース、ゲルベース、繊維充填、液体充填、エア充填マットレス]、ハイテク機器[ダイナミックエアーセラピー、キネティックベッド])、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、圧力開放装置の世界市場について調査・分析し、圧力開放装置の世界市場動向、圧力開放装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力開放装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリフェノールの世界市場:製品別(グレープシード、緑茶、ココア)、用途別(飲料、食品、飼料、栄養補助食品、化粧品)
    本調査レポートでは、ポリフェノールの世界市場について調査・分析し、ポリフェノールの世界市場動向、ポリフェノールの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェノール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • OLED(有機発光ダイオード)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OLED(有機発光ダイオード)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OLED(有機発光ダイオード)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍事用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 商用車用ヒルアシストシステムの世界市場2017-2021:LCV、HCV
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用車用ヒルアシストシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用ヒルアシストシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用ヒルアシストシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.69%(減少)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBosch、Continental、Knorr-Bremse、WABCO、ZF-TRW等です。
  • アプタマーの世界市場分析:核酸分子、ペプチド
    本調査レポートでは、アプタマーの世界市場について調査・分析し、アプタマーの世界市場動向、アプタマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別アプタマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のLEDドライバー市場2016
    本調査レポートでは、世界のLEDドライバー市場2016について調査・分析し、LEDドライバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 法的手続きのアウトソーシングの世界市場:ロケーション別(オフショアアウトソーシング、オンショアアウトソーシング)、サービス別(契約草案作成、レビュー管理、コンプライアンス支援、eディスカバリー、訴訟支援、特許支援、その他)、地域別予測
    本資料は、法的手続きのアウトソーシングの世界市場について調べ、法的手続きのアウトソーシングの世界規模、市場動向、市場環境、ロケーション別(オフショアアウトソーシング、オンショアアウトソーシング)分析、サービス別(契約草案作成、レビュー管理、コンプライアンス支援、eディスカバリー、訴訟支援、特許支援、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場概要 ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場環境 ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場動向 ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場規模 ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場規模:ロケーション別(オフショアアウトソーシング、オンショアアウトソーシング) ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場規模:サービス別(契約草案作成、レビュー管理、コンプライアンス支援、eディスカバリー、訴訟支援、特許支援、その他) ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場:地域別市 …
  • 射出成型機の世界市場2016-2020:自動車、消費財、包装、家電、IT
    当調査レポートでは、射出成型機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、射出成型機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーンセメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリーンセメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーンセメントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • X線セキュリティスキャナの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、X線セキュリティスキャナの世界市場について調査・分析し、X線セキュリティスキャナの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別X線セキュリティスキャナシェア、市場規模推移、市場規模予測、X線セキュリティスキャナ種類別分析(鞄・小包検査、貨物・車両検査、ポータブルスクリーニング、その他)、X線セキュリティスキャナ用途別分析(輸送業、商用、公共用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・X線セキュリティスキャナの市場概観 ・X線セキュリティスキャナのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・X線セキュリティスキャナのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・X線セキュリティスキャナの世界市場規模 ・X線セキュリティスキャナの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・X線セキュリティスキャナのアメリカ市場規模推移 ・X線セキュリティスキャナのカナダ市場規模推移 ・X線セキュリティスキャナのメキシコ市場規模推移 ・X線セキュリティスキャナのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシ …
  • 粘着性フィルムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、粘着性フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、フィルム材料別(ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリエチレン)分析、用途別(テープ、グラフィックフィルム、ラベル)分析、最終用途産業別(パッケージング、輸送、電気・電子)分析、粘着性フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートオーブンの世界市場2017-2021:オフライン、オンライン
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートオーブンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートオーブンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Electrolux、GE Appliances、LG Electronics、Robert Bosch等です。
  • 世界のサイズ排除クロマトグラフィー樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のサイズ排除クロマトグラフィー樹脂市場2015について調査・分析し、サイズ排除クロマトグラフィー樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病性眼疾患用デバイスの世界市場:硝子体切除術パック、網膜レーザー、硝子体切除機械
    当調査レポートでは、糖尿病性眼疾患用デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、糖尿病性眼疾患用デバイスの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クレーンのアジア太平洋市場
  • 水素生成の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、水素生成の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供方式別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析、水素生成の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブレスフレッシュナーの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 回転シールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、回転シールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、回転シールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は回転シールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.26%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Freudenberg Sealing Technologies、Parker Hannifin、SKF、Trelleborg Sealing Solutions等です。
  • 髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)の概要 ・髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬 …
  • 冷凍野菜・冷凍果物の世界市場:タイプ別(乾燥フルーツ、フリーズドライフルーツ、乾燥野菜、フリーズドライ野菜、その他)、用途別(業務用、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、オンライン)、地域別予測
    本資料は、冷凍野菜・冷凍果物の世界市場について調べ、冷凍野菜・冷凍果物の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(乾燥フルーツ、フリーズドライフルーツ、乾燥野菜、フリーズドライ野菜、その他)分析、用途別(業務用、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、オンライン)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはArdo Group、Birds Eye Foods, Inc.、Bonduelle、ConAgra Foods Inc.、Lamb Weston Inc.、Geest Limited、Gelagri Bretagne、H.J. Heinz Company、Unifrost NV、Findus Sverige AB、General Mills Inc.、Greenyard NV、Dole、Pinnacle Foods Inc.、Simplot Food Groupなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・冷凍野菜・冷凍果物の世界市場概要 ・冷凍野 …
  • プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストの概要 ・プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • バルクターミナルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、バルクターミナルの世界市場について調査・分析し、バルクターミナルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バルクターミナルの世界市場:市場動向分析 - バルクターミナルの世界市場:競争要因分析 - バルクターミナルの世界市場:種類別 液体 乾燥体 - バルクターミナルの世界市場:主要地域別分析 - バルクターミナルの北米市場規模(アメリカ市場等) - バルクターミナルのヨーロッパ市場規模 - バルクターミナルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・バルクターミナルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"