"Radio over Fiber(RoF)の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23030)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"Radio over Fiber(RoF)の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Radio over Fiber
Radio-over-fiber (RoF) is a technology that is used for modulating radio frequencies over an optical carrier to use the fiber network. This is used for the provision of broadband and interactive multimedia services over wireless media in both mobile and fixed cellular networks so that it can accommodate more users and other such services.
Technavio’s analysts forecast the Global Radio over Fiber Market to grow at a CAGR of 11.27% during the period 2018-2022.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the radio over fiber market. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the retail sales of radio over fiber solutions across the globe.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, radio over fiber market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.
Key vendors
• APIC Corporation
• EMCORE
• Finisar
• HUBER+SUHNER
• RFOptic

Market driver
• High dependency of wireless communication industry on RoF
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• RoF is an analog transmission system
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Growth of 5G networks
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"Radio over Fiber(RoF)の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Satcom – Market size and forecast 2017-2022
• Defense – Market size and forecast 2017-2022
• Telecom – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Segmentation by product
• Comparison by product
• 0-2.9 GHz product series – Market size and forecast 2017-2022
• 3-7 GHz product series – Market size and forecast 2017-2022
• 8-17 GHz product series – Market size and forecast 2017-2022
• 18-29 GHz product series – Market size and forecast 2017-2022
• >30 GHz product series– Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by product
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• Growth of 5G networks
• Growing use of RoF for mobile backhauling
• Implementation of RoF for sustainable digital cities
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive landscape
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• APIC Corporation
• EMCORE
• Finisar
• HUBER+SUHNER
• RFOptic
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations



Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global fiber optics market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global RoF market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global RoF market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Satcom – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 21: Satcom – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Defense – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 23: Defense – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Telecom – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 25: Telecom – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 27: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Market opportunity by application
Exhibit 29: Product – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 30: Comparison by product
Exhibit 31:-2.9 GHz product series– Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 32:-2.9 GHz product series – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33:-7 GHz product series – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 34:-7 GHz product series – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35:-17 GHz product series – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 36:-17 GHz product series – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37:-29 GHz product series – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 38:-29 GHz product series – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: >30 GHz product series – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 40: >30 GHz product series – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 41: Market opportunity by product
Exhibit 42: Customer landscape
Exhibit 43: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 44: Regional comparison
Exhibit 45: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 46: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 47: Top 3 countries in APAC
Exhibit 48: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 49: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 50: Top 3 countries in Americas
Exhibit 51: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 52: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 53: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 54: Market opportunity
Exhibit 55: Vendor landscape
Exhibit 56: Landscape disruption
Exhibit 57: Vendors covered
Exhibit 58: Vendor classification
Exhibit 59: Market positioning of vendors
Exhibit 60: APIC Corporation: Overview
Exhibit 61: APIC Corporation – Organizational developments
Exhibit 62: APIC Corporation – Key offerings
Exhibit 63: EMCORE: Overview
Exhibit 64: EMCORE– Business segments
Exhibit 65: Emcore Corporation – Organizational developments
Exhibit 66: EMCORE – Geographic focus
Exhibit 67: EMCORE – Key offerings
Exhibit 68: Finisar: Overview
Exhibit 69: Finisar – Market application
Exhibit 70: Finisar – Organizational developments
Exhibit 71: Finisar – Geographic focus
Exhibit 72: Finisar Corporation – Market application focus
Exhibit 73: Finisar Corporation – Key offerings
Exhibit 74: HUBER+SUHNER: Overview
Exhibit 75: HUBER+SUNHER – Business segments
Exhibit 76: HUBER+SUNHER – Organizational developments
Exhibit 77: HUBER+SUNHER – Geographic focus
Exhibit 78: HUBER+SUHNER – Segment focus
Exhibit 79: HUBER+SUHNER – Key offerings
Exhibit 80: RFOptic: Overview
Exhibit 81: RFOptic – Organizational developments
Exhibit 82: RFOptic – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】Radio over Fiber(RoF)の世界市場2018-2022
【発行日】2018年10月11日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23030
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業未分類
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
Radio over Fiber(RoF)の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 痔瘻(Anal Fistula):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における痔瘻(Anal Fistula)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、痔瘻(Anal Fistula)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・痔瘻(Anal Fistula)の概要 ・痔瘻(Anal Fistula)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の痔瘻(Anal Fistula)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・痔瘻(Anal Fistula)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・痔瘻(Anal …
  • 集光型太陽光発電(CPV)の世界市場2014-2025:製品別(反射器、屈折媒体)、用途別(公益事業、業務用)、集光レベル別(高、低)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場について調査・分析し、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場動向、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場規模、市場予測、セグメント別集光型太陽光発電(CPV)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の射出成型プラスチック市場:詳細分析レポート2017-2022
  • ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場分析:製品別(未充填、炭素充填、ガラス充填)、用途別(医療、自動車、航空宇宙、産業、電気・電子)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場について調査・分析し、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場動向、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • キシリトールの世界市場分析:用途別(チューインガム、製菓、製パン、オーラルケア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、キシリトールの世界市場について調査・分析し、キシリトールの世界市場動向、キシリトールの世界市場規模、市場予測、セグメント別キシリトール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 光線療法器具の世界市場2019-2023
    癌治療における光線療法装置の使用が増えるに伴い、光線療法装置の需要が高まっています。早期癌の多くはは手術で治癒させることができますが、癌の治療の主な障害は中・低所得国における診断の遅れです。 光感受性薬剤は体内に注入され、癌細胞に吸収させ、細胞を特定の光波長にさらすことにより、薬剤が活性化され、細胞を殺し、腫瘍が縮小します。 その為、癌の治療で光線療法の導入が増えています。医師が癌の治療器具として光の力を分析した結果、光線治療装置の必要性が次第に高まっています。 Technavioのアナリストは、光線治療装置市場が2023年までに5%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Atom Medical、General Electric、Natus Medical、Phoenix Medical Systems、Signifyなどです。 当調査レポートでは、光線療法器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、光線療法器具市場規模、エンドユーザ別(ヘルスケア、在宅治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報 …
  • カザフスタンの火力発電市場2016
  • アジア太平洋のCOB(チップ・オン・ボード)LED市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のCOB(チップ・オン・ボード)LED市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のCOB(チップ・オン・ボード)LED市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Gタンパク質共役受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGタンパク質共役受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Gタンパク質共役受容体アゴニストの概要 ・Gタンパク質共役受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のGタンパク質共役受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Gタンパク質共役受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Gタンパク質共役受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フレキシブル保護包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フレキシブル保護包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレキシブル保護包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シリンジ(注射器)の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、シリンジ(注射器)の世界市場について調査・分析し、シリンジ(注射器)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・シリンジ(注射器)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・シリンジ(注射器)の世界市場:セグメント別市場分析 ・シリンジ(注射器)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ベンゾジアゼピン系薬の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、ベンゾジアゼピン系薬の世界市場について調べ、ベンゾジアゼピン系薬の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(アルプラゾラム、クロナゼパム、ジアゼパム、ロラゼパム)分析、用途別(不安症、不眠症、アルコール離脱症、発作)分析、作用時間別(超短時間作用、短時間作用、長時間作用)分析、流通経路別(院内薬局、小売薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場動向 ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場環境 ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模 ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模:製品別(アルプラゾラム、クロナゼパム、ジアゼパム、ロラゼパム) ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模:用途別(不安症、不眠症、アルコール離脱症、発作) ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模:作用時間別(超短時間作用、短時間作用、長時間作用) ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模: …
  • アメリカの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 精密農業の世界市場分析:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア・サービス)、技術別(可変レート技術、リモートセンシング、案内システム)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、精密農業の世界市場について調査・分析し、精密農業の世界市場動向、精密農業の世界市場規模、市場予測、セグメント別精密農業市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ナフィオンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ナフィオンの世界市場について調査・分析し、ナフィオンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ナフィオンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ナフィオン種類別分析()、ナフィオン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ナフィオンの市場概観 ・ナフィオンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ナフィオンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ナフィオンの世界市場規模 ・ナフィオンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ナフィオンのアメリカ市場規模推移 ・ナフィオンのカナダ市場規模推移 ・ナフィオンのメキシコ市場規模推移 ・ナフィオンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ナフィオンのドイツ市場規模推移 ・ナフィオンのイギリス市場規模推移 ・ナフィオンのロシア市場規模推移 ・ナフィオンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ナフィオンの日本市場規模推移 ・ナフィオンの中国市場規模推移 ・ナフィオ …
  • アジア太平洋の金属加工油剤市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、アジア太平洋の金属加工油剤市場について調査・分析し、アジア太平洋の金属加工油剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 洗顔ペーパーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、洗顔ペーパーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、洗顔ペーパーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ディスプレイの北米・ヨーロッパ市場:装置別、パネルサイズ別、解像度別、用途別
  • ビジネスジェットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビジネスジェットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビジネスジェットの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブルガリアの風力発電市場2015
  • 健康サプリメントの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、健康サプリメントの世界市場について調査・分析し、健康サプリメントの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 健康サプリメント市場の概要 3. 健康サプリメントの世界市場予測2016-2026 4. 健康サプリメントの主要2次市場予測2016-2026 5. 健康サプリメントの国別市場予測2016-2026 6. 主要な健康サプリメント企業 7. 結論および提言 8. 用語集
  • cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるcFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・cFMSキナーゼ阻害薬の概要 ・cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のcFMSキナーゼ阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・cFMSキナーゼ阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・cFMSキナーゼ阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フォークリフトトラックの世界市場2018-2022
    運転効率向上と炭素排出量の削減を求める厳しい規制により、予測期間中の燃料電池式フォークリフトの導入が促進されています。水素燃料電池の置換頻度は、鉛蓄電池の置換頻度よりも低くなっています。 更に、水素燃料フォークリフトの給油時間は、電池式フォークリフトの給油時間よりも80%~85%少なくなっています。 水素は天然ガス由来の為、水素燃料はディーゼルおよびLPGよりもはるかに安価です。 こうした要因は、向上した性能、環境上のメリット、および低メンテナンス性とともに、燃料電池式のフォークリフトに対する需要を促進し、市場の成長を促進する主要動向となる見通しです。 Technavioのアナリストは、フォークリフトトラックの世界市場が2022年までに約6%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Crown Equipment、Jungheinrich、KION GROUP、Mitsubishi Heavy Industries、Toyota Industriesなどです。 当調査レポートでは、フォークリフトトラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フォークリフト …
  • 脳・組織用酸素測定機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脳・組織用酸素測定機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脳・組織用酸素測定機器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非致死性兵器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非致死性兵器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 泡消火剤の世界市場:水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他
    当調査レポートでは、泡消火剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、泡消火剤市場規模、製品別(水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Angus International Safety Group, DIC CORPORATION, Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer, Johnson Controls, The Solberg Companyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・泡消火剤の世界市場概要 ・泡消火剤の世界市場環境 ・泡消火剤の世界市場動向 ・泡消火剤の世界市場規模 ・泡消火剤の世界市場:業界構造分析 ・泡消火剤の世界市場:製品別(水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他) ・泡消火剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・泡消火剤の北米市 …
  • 世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2015
    本調査レポートでは、世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2015について調査・分析し、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • レンタル発電機の世界市場予測(~2023年)
    レンタル発電機の世界市場は、2018年の推定145億米ドルから2023年には212億米ドルに達し、7.89%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、地方における老朽化したインフラや電力へのアクセス制限による電力損失が増加したことが考えれられます。一方で、世界経済の減速と原材料価格の不確実性により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、レンタル発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、燃料(ディーゼル、ガス)分析、出力定格分析、装置分析、エンドユーザー(公共事業、石油・ガス、イベント、建設、鉱業、製造、船舶輸送、データセンター)分析、レンタル発電機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IL-1アルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-1アルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-1アルファ阻害剤の概要 ・IL-1アルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-1アルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-1アルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-1アルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 工業包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業包装市場規模、原料別(木、プラスチック、金属、板紙、繊維)分析、製品別(中間バルクコンテナ(IBC)、木箱・かご、ドラム缶、袋、バケツ、バルクボックス、その他)分析、包装別(フレキシブル包装、硬質包装)分析、用途別(食品・飲料、化学・医薬品、農業・園芸、建物・建設、石油・潤滑油、自動車、タバコ、パーソナルケア、エンジニアリング、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業包装の世界市場:市場動向分析 ・ 工業包装の世界市場:競争要因分析 ・ 工業包装の世界市場:原料別(木、プラスチック、金属、板紙、繊維) ・ 工業包装の世界市場:製品別(中間バルクコンテナ(IBC)、木箱・かご、ドラム缶、袋、バケツ、バルクボックス、その他) ・ 工業包装の世界市場:包装別(フレキシブル包装、硬質包装) ・ 工業包装の世界市場:用途別(食品・飲料、化学・医薬品、農業・園芸、建物 …
  • ポテトチップスの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • LPWANの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、LPWANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LPWANの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二硼化クロム市場2016
    本調査レポートでは、世界の二硼化クロム市場2016について調査・分析し、二硼化クロムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のn-ブチルアルデヒド市場2016
    本調査レポートでは、世界のn-ブチルアルデヒド市場2016について調査・分析し、n-ブチルアルデヒドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘモグロビン検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘモグロビン検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘモグロビン検査市場規模、エンドユーザー別(健康センター、臨床検査室、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Bio-Rad Laboratories, Danahar, EKF Diagnostics, F. Hoffmann-La Roche, Siemens Healthineers, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘモグロビン検査の世界市場概要 ・ヘモグロビン検査の世界市場環境 ・ヘモグロビン検査の世界市場動向 ・ヘモグロビン検査の世界市場規模 ・ヘモグロビン検査の世界市場:業界構造分析 ・ヘモグロビン検査の世界市場:エンドユーザー別(健康センター、臨床検査室、その他) ・ヘモグロビン検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘモグロビン検査の北米市場規模・予測 ・ヘモグロビン検査の …
  • ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別(小売、小売以外)
    本資料は、ビーコン管理ソフトウェアの世界市場について調べ、ビーコン管理ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場概要 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場環境 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場動向 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場規模 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(小売、小売以外) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビーコン管理ソフトウェアの北米市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアジア市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアの日本市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェア …
  • イソキサフルトールの世界市場
    当調査レポートでは、イソキサフルトールの世界市場について調査・分析し、イソキサフルトールの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 非破壊検査装置の世界市場
    当調査レポートでは、非破壊検査装置の世界市場について調査・分析し、非破壊検査装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • データ保護アプライアンスの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、データ保護アプライアンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データ保護アプライアンスの世界市場規模及び予測、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飲料ディスペンサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、飲料ディスペンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、飲料ディスペンサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用位置センサーの世界市場2017-2021:乗用車、商用車
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用位置センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用位置センサーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用位置センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Continental、DENSO、Delphi Automotive、HELLA KGaA Hueck & Co、Sensata Technologies等です。
  • イースト(酵母)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、イースト(酵母)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、イースト(酵母)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル・センサの世界市場
    当調査レポートでは、ウェアラブル・センサの世界市場について調査・分析し、ウェアラブル・センサの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 軍用戦闘車両 (MFV) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍用戦闘車両 (MFV) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用戦闘車両 (MFV) の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 軍用戦闘車両 (MFV) とは、兵力運用の移動手段 と戦術的攻撃手段とを一つにまとめた軍用車両であり、各種の武器・センサー・戦闘システムを搭載しております。また公道もしくはオフロードを走破できます。MFVは戦場での役割により、主力戦車 (MBT) や装甲兵員輸送車 (APC) などのカテゴリーに分類することができます。 Technavio社は軍用戦闘車両 (MFV) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.26%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Denel SOC• General Dynamics• OSHKOSH DEFENSE• Rheinmetall• Thales等です。
  • 自律型潜水艇の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自律型潜水艇の世界市場について調査・分析し、自律型潜水艇の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自律型潜水艇の世界市場規模:技術別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:ペイロード別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:種類別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:用途別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の外傷治療製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の外傷治療製品市場2015について調査・分析し、外傷治療製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電子黒板 市場2015
    本調査レポートでは、世界の電子黒板 市場2015について調査・分析し、電子黒板 の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 断熱コンクリートフォーム の世界市場2017-2021:住宅、商業、工業、インフラ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、断熱コンクリートフォーム の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、断熱コンクリートフォーム の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は断熱コンクリートフォーム の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はIntegraSpec、Logix Insulated Concrete Forms、NUDURA、Quad-Lock Building Systems、SuperForm Products等です。
  • 顔認証の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、顔認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顔認証の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 顔認証技術は、個人を識別するために使用される技術です、顔認証システムは、目、口、鼻、あごのラインなど、人の顔の特徴を測定します。顔認証技術は高いセキュリティを必要とする場所で使用されています。Technavio社は顔認証の世界市場が2017-2021年期間中に年平均22.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M Cogent• Cognitec Systems• NEC• Safran等です。
  • アジア太平洋の心臓血管手術装置市場(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"