"リシノール酸の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23370)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"リシノール酸の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Ricinoleic Acid Market
Ricinoleic Acid, also known as castor oil acid, is a castor oil derivative derived from castor seeds and vegetable oils. Ricinoleic acid is an unsaturated fatty acid that’s is widely used in many industries.
Technavio’s analysts forecast the global ricinoleic acid to grow at a CAGR of 4.52% during the period 2018-2022.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global ricinoleic acid for 2018-2022. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the use of ricinoleic acid by different end- users.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA
Technavio’s report, Global Ricinoleic Acid 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.
Key vendors
• acme synthetic chemicals
• Gokul Agro Resource
• ITOH OIL CHEMICALS
• JAYANT AGRO-ORGANICS
• Merck
• NK Industries

Market driver
• Easy extraction and production process
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Easy availability of castor seeds
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Strategic initiatives by leading vendors
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"リシノール酸の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Segmentation by end-user
• Comparison by end-user
• Lubricants and grease – Market size and forecast 2017-2022
• Cosmetics and personal care – Market size and forecast 2017-2022
• Surfactants – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by end-user
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Growing shift toward bio-based chemicals
• Increasing demand from cosmetic and personal care product segments
• Strategic initiatives by leading vendors
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive Landscape
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• acme synthetic chemicals
• Gokul Agro Resource
• ITOH OIL CHEMICALS
• JAYANT AGRO-ORGANICS
• Merck
• NK Industries
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global castor oil and its derivatives market segments
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 09: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 20172017
Exhibit 11: Five forces analysis 20222017
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: End-user – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by end-user
Exhibit 21: Lubricants and grease – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 22: Lubricants and grease – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Cosmetics and personal care – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 24: Cosmetics and personal care – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Surfactants – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 26: Surfactants – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 28: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 29: Market opportunity by end-user
Exhibit 30: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 31: Regional comparison
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 35: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 37: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Key leading countries
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Fluctuation in the brent crude oil price from 2012-2017 ($ gallons)
Exhibit 41: Vendor landscape
Exhibit 42: Landscape disruption
Exhibit 43: Vendors covered
Exhibit 44: Vendor classification
Exhibit 45: Market positioning of vendors
Exhibit 46: acme synthetic chemicals overview
Exhibit 47: acme synthetic chemicals – Business segments
Exhibit 48: acme synthetic chemicals – Organizational developments
Exhibit 49: acme synthetic chemicals – Key offerings
Exhibit 50: Gokul Agro Resource overview
Exhibit 51: Gokul Agro Resource – Business segments
Exhibit 52: Gokul Agro Resource – Organizational developments
Exhibit 53: Gokul Agro Resource – Segment focus
Exhibit 54: Gokul Agro Resource – Key offerings
Exhibit 55: ITOH OIL CHEMICALS overview
Exhibit 56: ITOH OIL CHEMICALS – Product segments
Exhibit 57: ITOH OIL CHEMICALS – Organizational developments
Exhibit 58: ITOH OIL CHEMICALS – Key offerings
Exhibit 59: JAYANT AGRO-ORGANICS overview
Exhibit 60: JAYANT AGRO-ORGANICS – Business segments
Exhibit 61: JAYANT AGRO-ORGANICS – Organizational developments
Exhibit 62: JAYANT AGRO-ORGANICS – Segment focus
Exhibit 63: JAYANT AGRO-ORGANICS – Key offerings
Exhibit 64: Merck overview
Exhibit 65: Merck – Business segments
Exhibit 66: Merck – Organizational developments
Exhibit 67: Merck – Geographic focus
Exhibit 68: Merck – Segment focus
Exhibit 69: Merck – Key offerings
Exhibit 70: NK Industries overview
Exhibit 71: NK Industries – Business segments
Exhibit 72: NK Industries – Organizational developments
Exhibit 73: NK Industries – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】リシノール酸の世界市場2018-2022
【発行日】2018年10月26日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23370
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
リシノール酸の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • UVテープの世界市場の予測&動向分析:製品別(ポリオレフィン(PO)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエチレンテレフタレート(PET))、用途別(ウエハダイシング、裏面研削)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、UVテープの世界市場について調査・分析し、UVテープの世界市場動向、UVテープの世界市場規模、市場予測、セグメント別UVテープ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機シート作動装置の世界市場予測(~2022年):電気機械式、油圧式、空気圧式
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機シート作動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、シートクラス別分析、構成要素別分析、需要先別分析、航空機シート作動装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場:種類別(ポリマー基材、変性ポリマー)、断熱材別(発泡スチロール、ミネラルウール、その他)、コンポーネント別(接着剤、断熱板、下地、補強、仕上)、最終用途別、地域別予測
    本資料は、外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場について調べ、外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ポリマー基材、変性ポリマー)分析、断熱材別(発泡スチロール、ミネラルウール、その他)分析、コンポーネント別(接着剤、断熱板、下地、補強、仕上)分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場概要 ・外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場環境 ・外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場動向 ・外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場規模 ・外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場規模:タイプ別(ポリマー基材、変性ポリマー) ・外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場規模:断熱材別(発泡スチロール、ミネラルウール、その他) ・外部断熱仕上げシステム(EIFS)の世界市場規模:コンポーネント別(接着剤、断熱板、下地、補強、仕上) ・外部 …
  • フリードライヒ運動失調症(Friedreich Ataxia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるフリードライヒ運動失調症(Friedreich Ataxia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、フリードライヒ運動失調症(Friedreich Ataxia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・フリードライヒ運動失調症(Friedreich Ataxia)の概要 ・フリードライヒ運動失調症(Friedreich Ataxia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のフリードライヒ運動失調症(Friedreich Ataxia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・フリードライヒ運動失調症(Friedreich Ataxia)治療薬 …
  • 食品加工用シール製品の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、食品加工用シール製品の世界市場について調べ、食品加工用シール製品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、食品加工用シール製品の市場規模をセグメンテーション別(材料別(金属、フェイス素材、エラストマー、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は食品加工用シール製品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・食品加工用シール製品の市場状況 ・食品加工用シール製品の市場規模 ・食品加工用シール製品の市場予測 ・食品加工用シール製品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料別(金属、フェイス素材、エラストマー、その他) ・食品加工用シール製品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、車両種類別分析、構成要素別分析、材料別分析、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節再建術用器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、関節再建術用器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、関節再建術用器具市場規模、製品別(膝関節置換術用、股関節置換術用、外傷・四肢用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・関節再建術用器具の世界市場概要 ・関節再建術用器具の世界市場環境 ・関節再建術用器具の世界市場動向 ・関節再建術用器具の世界市場規模 ・関節再建術用器具の世界市場:業界構造分析 ・関節再建術用器具の世界市場:製品別(膝関節置換術用、股関節置換術用、外傷・四肢用) ・関節再建術用器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・関節再建術用器具のアメリカ市場規模・予測 ・関節再建術用器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・関節再建術用器具のアジア市場規模・予測 ・関節再建術用器具の主要国分析 ・関節再建術用器具の世界市場:意思決定フレームワーク ・関節再建術用器具の世界市場:成長要因、課題 ・関節再建術用器具の世界市場:競争環境 ・関節再建術用器具の世界市 …
  • 世界の水晶共振器市場2016
    本調査レポートでは、世界の水晶共振器市場2016について調査・分析し、水晶共振器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 親水性コーティングの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、親水性コーティングの世界市場について調査・分析し、親水性コーティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 親水性コーティングの世界市場:市場動向分析 - 親水性コーティングの世界市場:競争要因分析 - 親水性コーティングの世界市場:用途別 宇宙航空 自動車 海洋 医療機器 光学機器 その他の用途 - 親水性コーティングの世界市場:基質別 ガラス/セラミック 金属 ナノ粒子 ポリマー - 親水性コーティングの世界市場:主要地域別分析 - 親水性コーティングの北米市場規模(アメリカ市場等) - 親水性コーティングのヨーロッパ市場規模 - 親水性コーティングのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・親水性コーティングの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • クローン病治療の世界市場:治療タイプ別(抗炎症薬、免疫抑制剤、抗生物質、外科手術)、セグメント予測
    クローン病治療の世界市場は2025年には47億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率2.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、この疾患に対する意識の高まりと、新しい治療法の開発に対する規制当局の取り組みの増加が考えられます。本調査レポートでは、クローン病治療の世界市場について調査・分析し、クローン病治療の世界市場動向、クローン病治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別クローン病治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デジタル放送・映画撮影用カメラの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタル放送・映画撮影用カメラの世界市場について調査・分析し、デジタル放送・映画撮影用カメラの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタル放送・映画撮影用カメラシェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタル放送・映画撮影用カメラ種類別分析(2K、4K、8K、その他)、デジタル放送・映画撮影用カメラ用途別分析(映画撮影所、ライブ制作、ニュース・放送制作)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタル放送・映画撮影用カメラの市場概観 ・デジタル放送・映画撮影用カメラのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタル放送・映画撮影用カメラのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタル放送・映画撮影用カメラの世界市場規模 ・デジタル放送・映画撮影用カメラの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタル放送・映画撮影用カメラのアメリカ市場規模推移 ・デジタル放送・映画撮影用カメラのカナダ市場規模推移 ・デジタル放送・映画撮影用カメラのメキシコ市場規模推移 ・デジタ …
  • セラミックス基複合材料(CMC)の世界市場2018–2025:製品別(酸化物、シリコンカーバイド、炭素)、用途別(航空宇宙、防衛、電力・パワー、電気・電子機器)
    本調査レポートでは、セラミックス基複合材料(CMC)の世界市場について調査・分析し、セラミックス基複合材料(CMC)の世界市場動向、セラミックス基複合材料(CMC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックス基複合材料(CMC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のポリプロピレン市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリプロピレン市場2015について調査・分析し、ポリプロピレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体レンズの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、液体レンズの世界市場について調査・分析し、液体レンズの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別液体レンズシェア、市場規模推移、市場規模予測、液体レンズ種類別分析(エレクトロウェッティング型、液晶型)、液体レンズ用途別分析(コードリーダ、カメラ、医療用画像、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・液体レンズの市場概観 ・液体レンズのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・液体レンズのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・液体レンズの世界市場規模 ・液体レンズの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・液体レンズのアメリカ市場規模推移 ・液体レンズのカナダ市場規模推移 ・液体レンズのメキシコ市場規模推移 ・液体レンズのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・液体レンズのドイツ市場規模推移 ・液体レンズのイギリス市場規模推移 ・液体レンズのロシア市場規模推移 ・液体レンズのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 夜間頻尿(Nocturia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における夜間頻尿(Nocturia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、夜間頻尿(Nocturia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・夜間頻尿(Nocturia)の概要 ・夜間頻尿(Nocturia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の夜間頻尿(Nocturia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・夜間頻尿(Nocturia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・夜間頻尿(Nocturia)治療薬開発 …
  • 魚粉・魚油の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、魚粉・魚油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、原料別分析、家畜別分析、用途別分析、地域別分析、魚粉・魚油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 安定同位体標識化合物の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、安定同位体標識化合物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、安定同位体標識化合物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 主要ジェネリック医薬品メーカー市場予測
  • 世界の真空接触器市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空接触器市場2015について調査・分析し、真空接触器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の亜炭市場2015
    本調査レポートでは、世界の亜炭市場2015について調査・分析し、亜炭の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインキ用添加剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のインキ用添加剤市場2015について調査・分析し、インキ用添加剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 可視光通信(VLC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、可視光通信(VLC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、可視光通信(VLC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 推進システムの世界市場:空気吸い込み式エンジン(ABE)、非空気吸い込み式エンジン、電気推進エンジン
    当調査レポートでは、推進システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、推進システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリマーコーティング生地市場:製品別(ポリビニル、ポリウレタン、ポリエチレン)、用途別(輸送、防護服、工業用、日除け、屋根&天蓋、家具&座席)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ポリマーコーティング生地の世界市場規模が2019年163億ドルから2024年201億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。当資料では、世界のポリマーコーティング生地市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(ビニールポリマーコーティング生地、Puポリマーコーティング生地、Peポリマーコーティング生地、その他のポリマーポリマーコーティング生地)分析、用途別(交通機関、防護服、工業用、屋根、日よけ&天蓋、家具&座席、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のポリマーコーティング生地市場:製品別(ビニールポリマーコーティング生地、Puポリマーコーティング生地、Peポリマーコーティング生地、その他のポリマーポリマーコーティング生地) ・世界のポリマーコーティング生地市場:用途別(交通機関、防護服、工業用、屋根、日よけ&天蓋、家具&座席、その他) ・世界のポリマーコーティング生地市場:地域別 ・競合環境 ・企業概 …
  • サーマルインターフェースマテリアル(TIM)の世界市場
    当調査レポートでは、サーマルインターフェースマテリアル(TIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サーマルインターフェースマテリアル(TIM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パスタおよび麺の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パスタおよび麺の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パスタおよび麺の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コンピューター支援コーディングの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、コンピューター支援コーディングの世界市場について調査・分析し、コンピューター支援コーディングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - コンピューター支援コーディングの世界市場:市場動向分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:競争要因分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:デリバリー形態型 ・クラウド型ソリューション ・オンプレミスソリューション ・ウェブ型ソリューション - コンピューター支援コーディングの世界市場:製品・サービス別 ・サービス ・ソフトウェア - コンピューター支援コーディングの世界市場:エンドユーザー別 ・大学医療センター ・臨床検査室・診断センター ・病院 ・診療所 ・保険者 ・その他の医療機関 - コンピューター支援コーディングの世界市場:用途別 ・自動コンピューター支援コーディング ・臨床コード監査 ・管理レポート・分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:主要地域別分析 - コンピューター支援コーディングの北米市場規模(アメ …
  • ビデオストリーミングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ビデオストリーミングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ストリーミング種類別分析、ソリューション別分析、エンドユーザー別分析、導入形態別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管形成術用バルーンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血管形成術用バルーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管形成術用バルーンの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 亜麻仁油の世界市場2014-2025:用途別(塗料・艶出し、フローリング、加工食品、化粧品、製薬)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、亜麻仁油の世界市場について調査・分析し、亜麻仁油の世界市場動向、亜麻仁油の世界市場規模、市場予測、セグメント別亜麻仁油市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ニューロキニン3受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロキニン3受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロキニン3受容体アンタゴニストの概要 ・ニューロキニン3受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロキニン3受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロキニン3受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロキニン3受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)市場2016
    本調査レポートでは、世界の絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)市場2016について調査・分析し、絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイパー装置の世界市場分析:従来式ワイパー、雨滴感知式ワイパー
    本調査レポートでは、ワイパー装置の世界市場について調査・分析し、ワイパー装置の世界市場動向、ワイパー装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別ワイパー装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タイル接着剤の世界市場予測
  • 分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場動向および予測(~2021年)
    当調査レポートでは、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 車椅子の世界市場:種類別(電動車椅子、非電動車椅子)、需要先別、地域別予測
    本資料は、車椅子の世界市場について調べ、車椅子の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(電動車椅子、非電動車椅子)分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・車椅子の世界市場概要 ・車椅子の世界市場環境 ・車椅子の世界市場動向 ・車椅子の世界市場規模 ・車椅子の世界市場規模:種類別(電動車椅子、非電動車椅子) ・車椅子の世界市場規模:需要先別 ・車椅子の世界市場:地域別市場規模・分析 ・車椅子の北米市場規模・予測 ・車椅子のアメリカ市場規模・予測 ・車椅子のヨーロッパ市場規模・予測 ・車椅子のアジア市場規模・予測 ・車椅子の日本市場規模・予測 ・車椅子の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハイブリッド・電気自動車用ヒューズ市場規模、用途別(HEV、BEV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場概要 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場環境 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場動向 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場規模 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:業界構造分析 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:用途別(HEV、BEV) ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのアメリカ市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのヨーロッパ市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのアジア市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの主要 …
  • 避妊スポンジの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避妊スポンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、避妊スポンジの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 代替タンパク質の世界市場分析
    当調査レポートでは、代替タンパク質の世界市場について調査・分析し、代替タンパク質の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・代替タンパク質の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・代替タンパク質の世界市場:セグメント別市場分析 ・代替タンパク質の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 自動光計測の世界市場
    当調査レポートでは、自動光計測の世界市場について調査・分析し、自動光計測の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 生体検知装置および付属品の世界市場
    当調査レポートでは、生体検知装置および付属品の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・生体検知装置および付属品の世界市場:用途別分析/市場規模 ・生体検知装置および付属品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・生体検知装置および付属品の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・生体検知装置および付属品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・生体検知装置および付属品のアメリカ市場規模予測 ・生体検知装置および付属品のヨーロッパ市場規模予測 ・生体検知装置および付属品のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のクエン酸スフェンタニル市場2015
    本調査レポートでは、世界のクエン酸スフェンタニル市場2015について調査・分析し、クエン酸スフェンタニルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 超純水の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、超純水の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超純水市場規模、エンドユーザー別(半導体、電力、医療、その他)分析、種類別(機器、材料・サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Danaher, Dow Water & Process Solutions, Ovivo, SUEZ, Veoliaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・超純水の世界市場概要 ・超純水の世界市場環境 ・超純水の世界市場動向 ・超純水の世界市場規模 ・超純水の世界市場:業界構造分析 ・超純水の世界市場:エンドユーザー別(半導体、電力、医療、その他) ・超純水の世界市場:種類別(機器、材料・サービス) ・超純水の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超純水の北米市場規模・予測 ・超純水のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・超純水のアジア太平洋市場規模・予測 ・超純水の主要国分析 ・超純水の世界市場:意思決定フレームワーク ・超純水の世界市場 …
  • 界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、界面活性剤市場規模、基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤)分析、種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤)分析、用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、洗剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 界面活性剤の世界市場:基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、 …
  • 電離放射線滅菌法の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電離放射線滅菌法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電離放射線滅菌法の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電離放射線滅菌法の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Astell• Getinge group• STERIS• Tuttnauer等です。
  • スマートウェルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートウェルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合現実(MR)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、デバイスタイプ別(ワイヤード、ワイヤレス)、用途別(航空宇宙・防衛、アーキテクチャ、エンターテイメント・ゲーム、医療、その他)
    本資料は、複合現実(MR)の世界市場について調べ、複合現実(MR)の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(航空宇宙・防衛、アーキテクチャ、エンターテイメント・ゲーム、医療、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・複合現実(MR)の世界市場概要 ・複合現実(MR)の世界市場環境 ・複合現実(MR)の世界市場動向 ・複合現実(MR)の世界市場規模 ・複合現実(MR)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア) ・複合現実(MR)の世界市場:デバイスタイプ別(ワイヤード、ワイヤレス) ・複合現実(MR)の世界市場:用途別(航空宇宙・防衛、アーキテクチャ、エンターテイメント・ゲーム、医療、その他) ・複合現実(MR)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・複合現実(MR)の北米市場規模・予測 ・複合現実(MR)のアメリカ市場規模・予測 ・複合現実(MR)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ …
  • 世界のデジタル・パワー・エレクトロニクス市場
  • 世界のトランスフェクション試薬&機器市場:製品別、地域別
    本調査レポートはトランスフェクション試薬&機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(試薬、機器)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・トランスフェクション試薬&機器の世界市場:製品別(試薬、機器) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"