"地震探査装置および捕捉装置の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23410)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"地震探査装置および捕捉装置の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Seismic Equipment and Acquisitions
The global seismic equipment and acquisitions market plays a significant role in the global upstream oil and gas market for the identification of hydrocarbon reserves in the earth crust. Post identification, E&P activities are started for the extraction of non- renewable resources from the reserve.
Technavio’s analysts forecast the global seismic equipment and acquisitions market to grow at a CAGR of 4.4% during the period 2018-2022.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global seismic equipment and acquisitions market for 2018-2022. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the use seismic equipment and acquisitions in different service type

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA
Technavio’s report, Global seismic equipment and acquisitions market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.
Key vendors
• CGG
• Dawson Geophysical
• ION Geophysical
• PGS
• Polarcus
• SAExploration
• TGS

Market driver
• Increase in exploration and production (E&P) activities
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Fluctuation in crude oil prices
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Satellite and airborne seismic acquisition
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"地震探査装置および捕捉装置の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY SERVICE TYPE
• Segmentation by service type
• Comparison by service type
• Acquisition – Market size and forecast 2017-2022
• Equipment – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by service type
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Technological advances in 4D seismic monitoring
• Use of METIS for seismic analysis
• Satellite and airborne seismic acquisition
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• CGG
• Dawson Geophysical
• ION Geophysical
• PGS
• Polarcus
• SAExploration
• TGS
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global seismic equipment and acquisitions market segmentation
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Offshore seismic acquisitions process overview
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global seismic equipment and acquisitions market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 10: Global seismic equipment and acquisitions market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: Global seismic equipment and acquisitions market – Market share by service type 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by service type
Exhibit 21: Acquisition – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Acquisition – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Equipment – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: Equipment – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Market opportunity by service type
Exhibit 26: Customer landscape
Exhibit 27: Global seismic equipment and acquisitions market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 28: Regional comparison
Exhibit 29: Seismic equipment and acquisitions market in Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 30: Seismic equipment and acquisitions market in Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 31: Seismic equipment and acquisitions market in EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 32: Seismic equipment and acquisitions market in EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33: Seismic equipment and acquisitions market in APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 34: Seismic equipment and acquisitions market in APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: Key leading countries
Exhibit 36: Market opportunity
Exhibit 37: Global liquid fuel consumption 2011-2017 (MBPD)
Exhibit 38: Change in upstream oil and gas investments 2016-2017 (%)
Exhibit 39: Crude oil price 2007-2017 ($/barrel)
Exhibit 40: Global energy consumption 2012-2017 (%)
Exhibit 41: Vendor landscape
Exhibit 42: Landscape disruption
Exhibit 43: Vendors covered
Exhibit 44: Vendor classification
Exhibit 45: Market positioning of vendors
Exhibit 46: CGG – Overview
Exhibit 47: CGG – Business segments
Exhibit 48: CGG – Organizational developments
Exhibit 49: CGG – Geographic focus
Exhibit 50: CGG – Segment focus
Exhibit 51: CGG – Key offerings
Exhibit 52: Dawson Geophysical – Overview
Exhibit 53: Dawson Geophysical – Business segments
Exhibit 54: Dawson Geophysical – Organizational developments
Exhibit 55: Dawson Geophysical – Geographic focus
Exhibit 56: Dawson Geophysical – Key offerings
Exhibit 57: ION Geophysical – Overview
Exhibit 58: ION Geophysical – Business segments
Exhibit 59: ION Geophysical – Organizational developments
Exhibit 60: ION Geophysical – Geographic focus
Exhibit 61: ION Geophysical – Segment focus
Exhibit 62: ION Geophysical – Key offerings
Exhibit 63: PGS – Overview
Exhibit 64: PGS – Business segments
Exhibit 65: PGS – Organizational developments
Exhibit 66: PGS – Geographic focus
Exhibit 67: PGS – Segment focus
Exhibit 68: PGS – Key offerings
Exhibit 69: Polarcus – Overview
Exhibit 70: Polarcus – Business segments
Exhibit 71: Polarcus – Organizational developments
Exhibit 72: Polarcus – Geographic focus
Exhibit 73: Polarcus – Segment focus
Exhibit 74: Polarcus – Key offerings
Exhibit 75: SAExploration – Overview
Exhibit 76: SAExploration – Business segments
Exhibit 77: SAExploration – Organizational developments
Exhibit 78: SAExploration – Geographic focus
Exhibit 79: SAExploration – Key offerings
Exhibit 80: TGS – Overview
Exhibit 81: TGS – Business segments
Exhibit 82: TGS – Organizational developments
Exhibit 83: TGS – Geographic focus
Exhibit 84: TGS – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】地震探査装置および捕捉装置の世界市場2018-2022
【発行日】2018年10月31日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23410
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
地震探査装置および捕捉装置の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • オーストラリアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ハイブリッドクラウドサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイブリッドクラウドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッドクラウドサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用データストレージの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、医療用データストレージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、配信別(リモート、ハイブリッド、オンプレミス)分析、構成別(ファイル、ブロック、オブジェクト)分析、種類別(テープ、フラッシュ、ソリッド)分析、システム別(直接、ネットワーク)分析、医療用データストレージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医療用データストレージの世界市場規模が2019年28億ドルから2024年54億ドルまで年平均14.3%成長すると予測しています。
  • ビデオゲーム広告の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビデオゲーム広告の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビデオゲーム広告の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生物活性原料の世界市場分析:製品別(繊維、ビタミン、オメガ3 PUFA、植物エキス、ミネラル、カロテノイド・酸化防止剤、プロバイオティクス)、用途別(機能性食品・飲料、栄養補助食品、臨床栄養、パーソナルケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生物活性原料の世界市場について調査・分析し、生物活性原料の世界市場動向、生物活性原料の世界市場規模、市場予測、セグメント別生物活性原料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ガングリオシドGD3阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるガングリオシドGD3阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ガングリオシドGD3阻害剤の概要 ・ガングリオシドGD3阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のガングリオシドGD3阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ガングリオシドGD3阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ガングリオシドGD3阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用フロントガラスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用フロントガラスの世界市場について調査・分析し、自動車用フロントガラスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用フロントガラスの世界市場:市場動向分析 - 自動車用フロントガラスの世界市場:競争要因分析 - 自動車用フロントガラスの世界市場:車種別 商用軽自動車 乗用車 商用大型車 - 自動車用フロントガラスの世界市場:材料別 熱硬化性材料 熱可塑性材料 - 自動車用フロントガラスの世界市場:販売ルート別 アフターマーケット OEM - 自動車用フロントガラスの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用フロントガラスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用フロントガラスのヨーロッパ市場規模 - 自動車用フロントガラスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用フロントガラスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • トルコの心臓血管手術装置市場見通し
  • イタリアの体外式除細動器市場(~2021)
  • エンタープライズNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場
    当調査レポートでは、エンタープライズNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンタープライズNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベアリングの世界市場:製品別(ボール、ローラー)、用途別(自動車、農業、産業、採鉱・建設、鉄道・航空宇宙)
    本調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、ベアリングの世界市場動向、ベアリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別ベアリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブラジルの血栓管理装置市場(~2021)
  • 肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬の世界市場規模及び予測、作用機序別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨粗鬆症(Osteoporosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨粗鬆症(Osteoporosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬剤
  • 家庭用ヘルスケアの世界市場分析:コンポーネント別{機器(治療、診断、移動支援)}、サービス別(リハビリ、家族による在宅ケア、呼吸療法サービス、輸液療法サービス、テレメトリー)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、家庭用ヘルスケアの世界市場について調査・分析し、家庭用ヘルスケアの世界市場動向、家庭用ヘルスケアの世界市場規模、市場予測、セグメント別家庭用ヘルスケア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 緊急避妊ピルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、緊急避妊ピルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、緊急避妊ピル市場規模、流通経路別(小売店、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、LUPIN, Mankind Pharma, Perrigo, Piramal Enterprises, Sun Pharmaceutical Industriesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・緊急避妊ピルの世界市場概要 ・緊急避妊ピルの世界市場環境 ・緊急避妊ピルの世界市場動向 ・緊急避妊ピルの世界市場規模 ・緊急避妊ピルの世界市場:業界構造分析 ・緊急避妊ピルの世界市場:流通経路別(小売店、オンラインストア) ・緊急避妊ピルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・緊急避妊ピルの北米市場規模・予測 ・緊急避妊ピルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・緊急避妊ピルのアジア太平洋市場規模・予測 ・緊急避妊ピルの主要国分析 ・緊急避妊ピルの世界市場:意思決定フレーム …
  • 顕微鏡の世界市場:光学顕微鏡(蛍光顕微鏡、超解像顕微鏡)、共焦点顕微鏡、電子顕微鏡
    当調査レポートでは、顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、顕微鏡の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トップ10先端材料・技術の世界市場予測(~2021年):G.Fastチップセット、量子ドット、フレキシブルバッテリー、グラフェン、3D IC、2.5D ICパッケージング、有機エレクトロニクス、スマートガラス
  • 心内膜炎(Endocarditis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心内膜炎(Endocarditis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心内膜炎(Endocarditis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心内膜炎(Endocarditis)のフェーズ3治験薬の状況 ・心内膜炎(Endocarditis)治療薬の市場規模(販売予測) ・心内膜炎(Endocarditis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心内膜炎(Endocarditis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心内膜炎(Endocarditis)治療薬剤
  • 皮膚保護具の世界市場:防護服、手保護具、保護用履き物、頭/目/顔保護具
    当調査レポートでは、皮膚保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、皮膚保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 落書き防止用コーティング剤の世界市場予測(~2023年)
    落書き防止用コーティング剤の調査対象は、落書き防止用コーティング剤および落書き防止用フィルムの両方です。落書き防止用コーティング剤の世界市場は、2018年の7,200万米ドルから2023年には8,700万米ドルに達し、この期間中3.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、落書きまたは破壊行為に対する保護の必要性の高まり、ならびに建設および輸送業界の成長が考えられます。一方で、落書き防止コーティング剤やフィルムは高価なことから、市場の成長が制約されています。当調査レポートでは、落書き防止用コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(水性、その他)分析、最終用途産業(建設、運輸)分析、落書き防止用コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 組織バンキングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、組織バンキングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、組織バンキング市場規模、製品別(警報・監視装置、凍結保存システム、ラベル化・符号化装置、貯蔵システム、解凍装置、品質管理装置、媒体・付属品、消費財)分析、組織種類別(血液、骨、角膜、心臓弁、肌、軟組織、臍帯)分析、サービス種類別(微生物検査、加工、スクリーニング、血清学的検査、貯蔵・保存、組織修復)分析、用途別(臨床・治療、化粧品、創薬、研究開発)分析、エンドユーザー別(バイオテクノロジー企業、病院、研究・学術機関、組織バンク)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 組織バンキングの世界市場:市場動向分析 ・ 組織バンキングの世界市場:競争要因分析 ・ 組織バンキングの世界市場:製品別(警報・監視装置、凍結保存システム、ラベル化・符号化装置、貯蔵システム、解凍装置、品質管理装置、媒体・付属品、消費財) ・ 組織バンキングの世界市場:組織種類別(血液、骨、角膜、心臓弁 …
  • 若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)の概要 ・若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • ハードウェア暗号化の世界市場予測(~2022):アルゴリズム&標準別、アーキテクチャ別、製品別(内蔵・外付けハードディスクドライブ、ソリッドステートドライブ、USB、インライン暗号化装置)、用途別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ハードウェア暗号化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、アルゴリズム&標準別分析、アーキテクチャ別分析、製品別分析、用途別分析、ハードウェア暗号化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dゲーム機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、3Dゲーム機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3Dゲーム機市場規模、製品別(家庭用、携帯型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・3Dゲーム機の世界市場概要 ・3Dゲーム機の世界市場環境 ・3Dゲーム機の世界市場動向 ・3Dゲーム機の世界市場規模 ・3Dゲーム機の世界市場:業界構造分析 ・3Dゲーム機の世界市場:製品別(家庭用、携帯型) ・3Dゲーム機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・3Dゲーム機の北米市場規模・予測 ・3Dゲーム機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・3Dゲーム機のアジア太平洋市場規模・予測 ・3Dゲーム機の主要国分析 ・3Dゲーム機の世界市場:意思決定フレームワーク ・3Dゲーム機の世界市場:成長要因、課題 ・3Dゲーム機の世界市場:競争環境 ・3Dゲーム機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • オートバイ用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用センサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Sensata Technologies • Continental• Delphi Automotive• DENSO • Robert Bosch等です。
  • 電子メールセキュリティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電子メールセキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子メールセキュリティ市場規模、用途別(オンプレミス、クラウドベース)分析、製品別(製品、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子メールセキュリティの世界市場概要 ・電子メールセキュリティの世界市場環境 ・電子メールセキュリティの世界市場動向 ・電子メールセキュリティの世界市場規模 ・電子メールセキュリティの世界市場:業界構造分析 ・電子メールセキュリティの世界市場:用途別(オンプレミス、クラウドベース) ・電子メールセキュリティの世界市場:製品別(製品、サービス) ・電子メールセキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・電子メールセキュリティのアメリカ市場規模・予測 ・電子メールセキュリティのヨーロッパ市場規模・予測 ・電子メールセキュリティのアジア市場規模・予測 ・電子メールセキュリティの主要国分析 ・電子メールセキュリティの世 …
  • フラットパネルディスプレイ装置の世界市場2017-2021:家電、自動車、その他
    当調査レポートでは、フラットパネルディスプレイ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フラットパネルディスプレイ装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、ディスプレイ別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 平型ポーチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、平型ポーチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、平型ポーチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオプシー(生検)デバイスの北米市場
  • ポリメタクリル酸メチル樹脂(PMMA)の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、ポリメタクリル酸メチル樹脂(PMMA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、ポリメタクリル酸メチル樹脂(PMMA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の手術用イメージング・ディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術用イメージング・ディスプレイ市場2015について調査・分析し、手術用イメージング・ディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、フィードバインダーの世界市場規模が2019年48億ドルから2025年59億ドルまで年平均3.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のフィードバインダー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(リグノスルホン酸塩、植物ガムおよびデンプン、ゼラチンおよびその他のハイドロコロイド、糖蜜、粘土、その他)分析、由来別(ナチュラル、合成)分析、家畜別(家禽、豚、牛、水生動物、犬・猫、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のフィードバインダー市場:種類別(リグノスルホン酸塩、植物ガムおよびデンプン、ゼラチンおよびその他のハイドロコロイド、糖蜜、粘土、その他) ・世界のフィードバインダー市場:由来別(ナチュラル、合成) ・世界のフィードバインダー市場:家畜別(家禽、豚、牛、水生動物、犬・猫、その他) ・世界のフィードバインダー市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 統合ビル管理システムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、統合ビル管理システムの世界市場について調べ、統合ビル管理システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、統合ビル管理システムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(商業、家庭、政府)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は統合ビル管理システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・統合ビル管理システムの市場状況 ・統合ビル管理システムの市場規模 ・統合ビル管理システムの市場予測 ・統合ビル管理システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(商業、家庭、政府) ・市場セグメンテーション:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・統合ビル管理システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・ …
  • 肝疾患治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肝疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肝疾患治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 肝臓は、損傷を受けても完全に回復することができる、身体の中でもっとも大きな臓器です。しかしながら、長い間治療を受けずに肝臓に負担をかけ続ける事は、死につながることもあります。ウイルス性肝炎は世界中の多くの人々が罹患している肝臓の主な病気の一つですが、ウイルスの感染によるものであり、汚染された食料や水を通じて広まります。Technavio社は肝疾患治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• F. Hoffmann-la Roche• Gilead• GlaxoSmithKline• Merck等です。
  • 非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質3阻害剤の概要 ・非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質3阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質3阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質3阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 協力ロボットの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、協力ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ペイロード別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、協力ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害治療薬の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、双極性障害治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、双極性障害治療薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、作用機序別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のノートパソコン用ケース市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコン用ケース市場2015について調査・分析し、ノートパソコン用ケースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場規模及び予測、需要先(産業)別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベンチャーキャピタル投資の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベンチャーキャピタル投資の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベンチャーキャピタル投資の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人感センサーの世界市場:PIRセンサー、超音波センサー
    当調査レポートでは、人感センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人感センサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アイスクリームの世界市場2014–2025:製品種類別(インパルス、アルティザン、テイクアウト)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、アイスクリームの世界市場について調査・分析し、アイスクリームの世界市場動向、アイスクリームの世界市場規模、市場予測、セグメント別アイスクリーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チミジンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、チミジンの世界市場について調査・分析し、チミジンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別チミジンシェア、市場規模推移、市場規模予測、チミジン種類別分析()、チミジン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・チミジンの市場概観 ・チミジンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・チミジンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・チミジンの世界市場規模 ・チミジンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・チミジンのアメリカ市場規模推移 ・チミジンのカナダ市場規模推移 ・チミジンのメキシコ市場規模推移 ・チミジンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・チミジンのドイツ市場規模推移 ・チミジンのイギリス市場規模推移 ・チミジンのロシア市場規模推移 ・チミジンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・チミジンの日本市場規模推移 ・チミジンの中国市場規模推移 ・チミジンの韓国市場規模推移 ・チミジンのインド市 …
  • 無菌性検査の世界市場:タイプ別(社内、アウトソース)、検査タイプ別、最終用途別、サンプル別(滅菌剤、生物製剤、治療薬)、セグメント予測
    無菌性検査の世界市場は2025年には20億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率11.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、研究開発費の増加と相まって、新薬の発売が増加していることが考えられます。本調査レポートでは、無菌性検査の世界市場について調査・分析し、無菌性検査の世界市場動向、無菌性検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別無菌性検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベータ-ラクタマーゼ阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータ-ラクタマーゼ阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータ-ラクタマーゼ阻害薬の概要 ・ベータ-ラクタマーゼ阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のベータ-ラクタマーゼ阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータ-ラクタマーゼ阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータ-ラクタマーゼ阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の減圧弁市場2015
    本調査レポートでは、世界の減圧弁市場2015について調査・分析し、減圧弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリ塩化ビニリデン(PVDC)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリ塩化ビニリデン(PVDC)市場2016について調査・分析し、ポリ塩化ビニリデン(PVDC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアクリル繊維市場2016
    本調査レポートでは、世界のアクリル繊維市場2016について調査・分析し、アクリル繊維の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の臓器移植免疫抑制剤市場2015
    本調査レポートでは、中国の臓器移植免疫抑制剤市場2015について調査・分析し、臓器移植免疫抑制剤の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"