"ビジネスホテルの世界市場2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TT0113MI)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ビジネスホテルの世界市場2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Budget Hotels Market to 2022: Market data and insights on global budget hotels industry
Summary

“Global Budget Hotels Market to 2022″, report provides in-depth analysis of the key market trends that are shaping the future of this segment and analysis of the budget hotel market globally. Detailed market insight is provided on regions like The Americas, Asia-Pacific, Middle East & Africa, and Europe. Also, company profiles for budget hotels are provided and how companies can tap into this to better meet their customers’ needs.

The US was top in terms of total revenue in the budget hotel sector in 2017, followed by the UK and France. The total revenue of budget hotels in the US increased by 1.4% from 2016 to 2017, mainly due to an increase in budget hotels’ Average Daily Rate (ADR), which grew by 0.9% in 2017 and reached US$61.20. UK is the second-highest revenue generating country after the US. In 2017, post Brexit vote, the UK registered a significant increase (4.1%) in total revenue of budget hotels compared to the previous year due to the weakening of the British pound, which made it an attractive destination for travelers. Economic conditions are improving in nations such as Spain, Brazil, and Greece, meaning that these countries are seeing a rise in total revenue of budget hotels.

Scope

- The US and Brazil will drive growth in the Americas
- China continues to dominate and boasts the highest number of budget hotel rooms in the Asia-Pacific region
- Government initiatives in Hong Kong have boosted the occupancy rates of budget hotels
- The UAE and Mauritius have the largest occupancy rates in the Middle East & Africa region
- Budget hotels drive the UK hotel sector.

Reasons to buy

- Gauge which are the biggest and most promising regional markets for budget hotels
- Understand the demand-side dynamics within the industry to identify key trends and growth opportunities
- Outlook on the most promising regional markets by learning from existing successes and our recommendations.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社GlobalDataが"ビジネスホテルの世界市場2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents
Snapshot
Key trends and development
Deals
Key Insights
Americas
Asia-Pacific
Europe
Middle East and Africa
Company profiles
Red Roof Inn
Candlewood Suites
HotelF1
Ibis budget hotels
Premier Inn Ltd
Travelodge Hotels Ltd.
Roots Corporation Limited
La Quinta Inns
Holiday Inn Express Hotel
Extended Stay America Inc
Outlook
Appendix
References
Terminology and definitions
About GlobalData

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ビジネスホテルの世界市場2022
【発行日】2018年11月
【調査会社】GlobalData
【コード】TT0113MI
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ビジネスホテルの世界市場2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アフリカの石油・ガスパイプライン産業見通し
  • 蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場:用途別(遺伝性疾患、がん研究)、RNAタイプ別(miRNA、mRNA、その他)、最終用途別(臨床検査、研究、コンパニオン診断)、地域別予測
    本資料は、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場について調べ、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(遺伝性疾患、がん研究)分析、RNAタイプ別(miRNA、mRNA、その他)分析、最終用途別(臨床検査、研究、コンパニオン診断)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場概要 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場環境 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場動向 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模:用途別(遺伝性疾患、がん研究) ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模 …
  • てんかん(Epilepsy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、てんかん(Epilepsy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・てんかん(Epilepsy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・てんかん(Epilepsy)のフェーズ3治験薬の状況 ・てんかん(Epilepsy)治療薬の市場規模(販売予測) ・てんかん(Epilepsy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・てんかん(Epilepsy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のてんかん(Epilepsy)治療薬剤
  • 光線療法器具の世界市場2019-2023
    癌治療における光線療法装置の使用が増えるに伴い、光線療法装置の需要が高まっています。早期癌の多くはは手術で治癒させることができますが、癌の治療の主な障害は中・低所得国における診断の遅れです。 光感受性薬剤は体内に注入され、癌細胞に吸収させ、細胞を特定の光波長にさらすことにより、薬剤が活性化され、細胞を殺し、腫瘍が縮小します。 その為、癌の治療で光線療法の導入が増えています。医師が癌の治療器具として光の力を分析した結果、光線治療装置の必要性が次第に高まっています。 Technavioのアナリストは、光線治療装置市場が2023年までに5%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Atom Medical、General Electric、Natus Medical、Phoenix Medical Systems、Signifyなどです。 当調査レポートでは、光線療法器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、光線療法器具市場規模、エンドユーザ別(ヘルスケア、在宅治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報 …
  • ポリヒドロキシアルカノエートの世界市場:共重合PHA、リニアPHA
    Technavio社の本調査レポートでは、ポリヒドロキシアルカノエートの世界市場について調べ、ポリヒドロキシアルカノエートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポリヒドロキシアルカノエートの市場規模をセグメンテーション別(種類別(共重合PHA、リニアPHA)、用途別(パッケージング、生物医学、食品サービス、農業、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はポリヒドロキシアルカノエートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポリヒドロキシアルカノエートの市場状況 ・ポリヒドロキシアルカノエートの市場規模 ・ポリヒドロキシアルカノエートの市場予測 ・ポリヒドロキシアルカノエートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(共重合PHA、リニアPHA) ・市場セグメンテーション:用途別(パッケージング、生物医学、食品サービス、農業、その他) ・ポリヒドロキシアルカ …
  • 世界のりん酸肥料市場2015
    本調査レポートでは、世界のりん酸肥料市場2015について調査・分析し、りん酸肥料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • そら豆の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、そら豆の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、そら豆市場規模、商品別(全粒、粉末)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・そら豆の世界市場概要 ・そら豆の世界市場環境 ・そら豆の世界市場動向 ・そら豆の世界市場規模 ・そら豆の世界市場:業界構造分析 ・そら豆の世界市場:商品別(全粒、粉末) ・そら豆の世界市場:地域別市場規模・分析 ・そら豆の北米市場規模・予測 ・そら豆のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・そら豆のアジア太平洋市場規模・予測 ・そら豆の主要国分析 ・そら豆の世界市場:意思決定フレームワーク ・そら豆の世界市場:成長要因、課題 ・そら豆の世界市場:競争環境 ・そら豆の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • サービス産業における照明の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サービス産業における照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サービス産業における照明の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のアメリカ市場規模予測 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のヨーロッパ市場規模予測 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • フランスの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 水栓の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水栓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水栓の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の皮膚科用レーザー市場2016
    本調査レポートでは、世界の皮膚科用レーザー市場2016について調査・分析し、皮膚科用レーザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の衛生陶器市場2015
    本調査レポートでは、世界の衛生陶器市場2015について調査・分析し、衛生陶器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経生理学用針および電極の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、神経生理学用針および電極の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、神経生理学用針および電極の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの外傷固定装置市場見通し
  • 児用調製乳及びベビーフードの世界市場
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、児用調製乳及びベビーフードの世界市場について調査・分析し、児用調製乳及びベビーフードの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 女性用インナーの世界市場:種類別(ブラジャー、その他)、用途別(睡眠用、エンターテイン用、その他)、地域別予測
    本資料は、女性用インナーの世界市場について調べ、女性用インナーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ブラジャー、その他)分析、用途別(睡眠用、エンターテイン用、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはJockey International、CK、Triumph International、Victoria’s Secret、Uniqlo、Fruit of the Loom、Aimer Group、Mani Form、Venies、Tiova 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・女性用インナーの世界市場概要 ・女性用インナーの世界市場環境 ・女性用インナーの世界市場動向 ・女性用インナーの世界市場規模 ・女性用インナーの世界市場規模:種類別(ブラジャー、その他) ・女性用インナーの世界市場規模:用途別(睡眠用、エンターテイン用、その他) ・女性用インナーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・女性用インナーの北米市場規模・予測 ・女性用イ …
  • 土壌湿潤剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、土壌湿潤剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、形態別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘキサメチレンジイソシアネートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ヘキサメチレンジイソシアネートの世界市場について調査・分析し、ヘキサメチレンジイソシアネートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ヘキサメチレンジイソシアネートシェア、市場規模推移、市場規模予測、ヘキサメチレンジイソシアネート種類別分析()、ヘキサメチレンジイソシアネート用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ヘキサメチレンジイソシアネートの市場概観 ・ヘキサメチレンジイソシアネートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ヘキサメチレンジイソシアネートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ヘキサメチレンジイソシアネートの世界市場規模 ・ヘキサメチレンジイソシアネートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ヘキサメチレンジイソシアネートのアメリカ市場規模推移 ・ヘキサメチレンジイソシアネートのカナダ市場規模推移 ・ヘキサメチレンジイソシアネートのメキシコ市場規模推移 ・ヘキサメチレンジイソシアネートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 世界のDNAシークエンシング市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、世界のDNAシークエンシング市場について調査・分析し、世界のDNAシークエンシング市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のバイオ分解性ポリマー市場規模・予測2017-2025種類別(PLA型-based、スターチ型)、用途別(食料パッケージング、泡パッケージング、バイオ分解性バッグ、農業)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ分解性ポリマー市場について調査・分析し、世界のバイオ分解性ポリマー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ分解性ポリマー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポリウレタンフォームの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ポリウレタンフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(軟質、硬質、スプレーフォーム)分析、エンドユーザー別(寝具・家具、建築・建設、電子機器、自動車、フットウェア、パッケージジング)分析、ポリウレタンフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遠隔患者モニタリングの世界市場2017-2021:バイタルサイン、埋込型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、遠隔患者モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、遠隔患者モニタリングの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は遠隔患者モニタリングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はMedtronic、Boston Scientific、Abbott、Koninklijke Philips、GE Healthcare等です。
  • 六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の過酸化ストロンチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の過酸化ストロンチウム市場2016について調査・分析し、過酸化ストロンチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍アブレーション機器の世界市場
    当調査レポートでは、腫瘍アブレーション機器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:製品別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:治療別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:用途別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器のアメリカ市場規模予測 ・腫瘍アブレーション機器のヨーロッパ市場規模予測 ・腫瘍アブレーション機器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 流入時水処理システムの世界市場2014-2025:技術別(RO、蒸留、殺菌、濾過、硬水軟化、その他)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、流入時水処理システムの世界市場について調査・分析し、流入時水処理システムの世界市場動向、流入時水処理システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別流入時水処理システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:モード別(シングルモード、マルチモード)、製品タイプ別(ガラス光ファイバー、プラスチック光ファイバー)、接続性別(FTTH、FTTB)、業種別(テレコムおよびIT、公共部門、ヘルスケア、エネルギーおよびユーティリティ、航空宇宙、防衛 、製造業、その他)
    当調査レポートでは、光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、モード別分析、製品タイプ別分析、接続性別分析、業種別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:モード別(シングルモード、マルチモード) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:製品タイプ別(ガラス光ファイバー、プラスチック光ファイバー) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:接続性別(FTTH、FTTB) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:業種別(テレコムおよびIT、公共部門、ヘルスケア、エネルギーおよびユーティリティ、航空宇宙、防衛 、製造業、その他) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のデータレイク市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、業務機能別(マーケティング、運用、および人事)、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、製造)、地域別
    MarketsandMarkets社は、データレイクの世界市場規模が2019年79憶ドルから2024年201億ドルまで年平均20.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のデータレイク市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、コンポーネント別(ソリューション、データ検出、データ統合&管理、データレイク分析、データ可視化、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業務機能別(マーケティング、セールス、オペレーション、ファイナンス、人材)分析、業種別(BFSI、通信&IT、小売&eコマース、ヘルスケア&ライフサイエンス、製造、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、政府、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のデータレイク市場:コンポーネント別(ソリューション、データ検出、データ統合&管理、データレイク分析、データ可視化、サービス) ・世界のデータレ …
  • 尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)の概要 ・尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)治療薬 …
  • デジタルツインの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルツインの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルツイン市場規模、技術別(DTS-Si、Predix、APDV、その他)分析、用途別(動的最適化、製品設計・開発、予知保全、機械設備の健全性監視、その他)分析、エンドユーザー別(小売・消費財、電化製品・電気製品、エネルギー・ユーティリティー、家庭用・商業用、自動車・輸送、機械製造、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ デジタルツインの世界市場:市場動向分析 ・ デジタルツインの世界市場:競争要因分析 ・ デジタルツインの世界市場:技術別(DTS-Si、Predix、APDV、その他) ・ デジタルツインの世界市場:用途別(動的最適化、製品設計・開発、予知保全、機械設備の健全性監視、その他) ・ デジタルツインの世界市場:エンドユーザー別(小売・消費財、電化製品・電気製品、エネルギー・ユーティリティー、家庭用・商業用、自動車・輸送、機械製造、農業 …
  • 世界の縫製機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の縫製機械市場2015について調査・分析し、縫製機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫黄市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫黄市場2015について調査・分析し、硫黄の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンクリート表面凝結遅延剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コンクリート表面凝結遅延剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原材料(有機剤、無機剤)分析、タイプ(水溶性、油溶性)分析、用途(住宅、商業)分析、コンクリート表面凝結遅延剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クロマトグラフィー用付属品/消耗品の世界市場
    当調査レポートでは、クロマトグラフィー用付属品/消耗品の世界市場について調査・分析し、クロマトグラフィー用付属品/消耗品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 再利用可能マスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、再利用可能マスクの世界市場について調査・分析し、再利用可能マスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別再利用可能マスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、再利用可能マスク種類別分析()、再利用可能マスク用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・再利用可能マスクの市場概観 ・再利用可能マスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・再利用可能マスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・再利用可能マスクの世界市場規模 ・再利用可能マスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・再利用可能マスクのアメリカ市場規模推移 ・再利用可能マスクのカナダ市場規模推移 ・再利用可能マスクのメキシコ市場規模推移 ・再利用可能マスクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・再利用可能マスクのドイツ市場規模推移 ・再利用可能マスクのイギリス市場規模推移 ・再利用可能マスクのロシア市場規模推移 ・再利用可能マスクのアジア市場分析(日本、中 …
  • ゼラチンの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ゼラチンの世界市場について調査・分析し、ゼラチンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ゼラチンの世界市場:市場動向分析 - ゼラチンの世界市場:競争要因分析 - ゼラチンの世界市場:原料別 ・牛皮 ・牛の骨 ・豚皮 ・その他 - ゼラチンの世界市場:機能 ・ゲル化剤 ・増粘剤 ・安定剤 ・その他 - ゼラチンの世界市場:用途別 ・食品・飲料 ・調剤 ・パーソナルケア(化粧品) ・栄養補助食品 ・写真 ・その他 - ゼラチンの世界市場:主要地域別分析 - ゼラチンの北米市場規模(アメリカ市場等) - ゼラチンのヨーロッパ市場規模 - ゼラチンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ゼラチンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の神経内視鏡装置市場:製品別、地域別
    本調査レポートは神経内視鏡装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、製品別(リジッド及びセミリジッド型内視鏡、フレキシブル内視鏡)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・神経内視鏡装置の世界市場:製品別(リジッド及びセミリジッド型内視鏡、フレキシブル内視鏡) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の熱電モジュール市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱電モジュール市場2015について調査・分析し、熱電モジュールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オリゴヌクレオチド合成の世界市場:最終用途別、製品別(カラムベース、アレイベース、サービス)、用途別(PCRプライマー、FISH)、セグメント予測
    オリゴヌクレオチド合成の世界市場は2025年には39億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.4%で成長すると予測されています。分子診断から治療法まで、ヒトの健康管理のさまざまな側面でオリゴヌクレオチド合成がますます活用され、その収益は加速的に伸びています。本調査レポートでは、オリゴヌクレオチド合成の世界市場について調査・分析し、オリゴヌクレオチド合成の世界市場動向、オリゴヌクレオチド合成の世界市場規模、市場予測、セグメント別オリゴヌクレオチド合成市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 情報セキュリティコンサルティングの世界市場予測(~2021):セキュリティ種類別(ネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、データベースセキュリティ、エンドポイントセキュリティ)、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、情報セキュリティコンサルティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、セキュリティ種類別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、情報セキュリティコンサルティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 残留農薬検査の世界市場予測(~2022): 除草剤、殺虫剤、殺菌剤
    当調査レポートでは、残留農薬検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、クラス別分析、検査対象食品別分析、残留農薬検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 造船の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、造船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、造船市場規模、用途別(商業、防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・造船の世界市場概要 ・造船の世界市場環境 ・造船の世界市場動向 ・造船の世界市場規模 ・造船の世界市場:業界構造分析 ・造船の世界市場:用途別(商業、防衛) ・造船の世界市場:地域別市場規模・分析 ・造船の北米市場規模・予測 ・造船のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・造船のアジア太平洋市場規模・予測 ・造船の主要国分析 ・造船の世界市場:意思決定フレームワーク ・造船の世界市場:成長要因、課題 ・造船の世界市場:競争環境 ・造船の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、BAE Systems、DSME、General Dynamics、Hyundai Heavy Industries、Samsung Heavy Industriesなどです。
  • 世界のノートパソコンスピーカー市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコンスピーカー市場2015について調査・分析し、ノートパソコンスピーカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生体認証(バイオメトリック認証)市場規模、エンドユーザー別(政府、医療、BFSI、その他)分析、認証方法別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場概要 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場環境 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場動向 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場規模 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場:業界構造分析 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場:エンドユーザー別(政府、医療、BFSI、その他) ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場:認証方法別 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生体認証(バイオメトリック認証)の北米市場規模・予測 ・生体認証(バイオメトリック認証)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • サルコイドーシス治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、サルコイドーシス治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サルコイドーシス治療薬市場規模、製品別(副腎皮質ステロイド薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サルコイドーシス治療薬の世界市場概要 ・サルコイドーシス治療薬の世界市場環境 ・サルコイドーシス治療薬の世界市場動向 ・サルコイドーシス治療薬の世界市場規模 ・サルコイドーシス治療薬の世界市場:業界構造分析 ・サルコイドーシス治療薬の世界市場:製品別(副腎皮質ステロイド薬、その他) ・サルコイドーシス治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・サルコイドーシス治療薬の北米市場規模・予測 ・サルコイドーシス治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サルコイドーシス治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・サルコイドーシス治療薬の主要国分析 ・サルコイドーシス治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・サルコイドーシス治療薬の世界市場:成長要因、 …
  • 亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、亜麻仁油(フラックスシードオイル)市場規模、製品別(有機、無機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場概要 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場環境 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場動向 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場規模 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場:業界構造分析 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場:製品別(有機、無機) ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の北米市場規模・予測 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)のアジア太平洋市場規模・予測 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル) …
  • プロアクティブサービスの世界市場予測(~2022年):ネットワーク管理、データセンター管理、クラウド管理、アプリケーション管理、デバイス/エンドポイント管理
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロアクティブサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、アプリケーション別分析、技術別分析、企業規模別分析、プロアクティブサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場規模及び予測、商品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"