"鉄鉱採鉱の世界市場"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GDMMGI004MR)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"鉄鉱採鉱の世界市場"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Iron Ore Mining to 2022
Summary

GlobalData’s “Global Iron Ore Mining to 2022″ provides a comprehensive coverage on global iron ore industry. It provides historical and forecast data on iron ore production by country, grade, iron ore reserves, consumption to 2022. The trade section also provides information on major exporters and importers. The report also includes a demand drivers section providing information on factors that are affecting the global iron ore industry. It further provides mines and projects count by company by status, profiles of major iron ore producers, information on the major active, planned and exploration projects by region.

Scope

- The report contains an overview of global iron ore mining industry inlcuding key demand driving factors affecting the global iron ore mining industry.
- It provides detailed information on reserves, reserves by country, production, production by country, major operating mines, competitive landscape, major exploration and development projects, consumption, and major exportes and importers.

Reasons to buy

- To gain an understanding of the global iron ore mining industry, relevant driving factors
- To understand historical and forecast trend on global iron ore production, and consumption
- To identify major exporters and importers
- To identify key players in the global iron ore mining industry
- To gain an understanding of major active, exploration and development projects.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社GlobalDataが"鉄鉱採鉱の世界市場"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Table of Contents
1 Table of Contents 2
1.1 List of Tables 3
1.2 List of Figures 4
2 Global Iron Ore Mining to 2022 5
2.1 Key Highlights 5
3 Global Iron Ore Mining: Reserves, Production, Consumption, and Trade 6
3.1 Global Iron Ore Reserves by Country 6
3.1.1 Australia 7
3.1.2 Russia 7
3.1.3 Brazil 7
3.1.4 China 7
3.2 Historical and Forecast Production 7
3.2.1 Production by country 11
3.2.2 Australia 12
3.2.3 Brazil 14
3.2.4 India 16
3.3 Active Mines 19
3.4 Exploration Projects 29
3.5 Historical and Forecast Consumption 43
3.6 Major Exporters and Importers 46
3.7 Factors Affecting the Demand for Iron Ore 47
3.7.1 Demand from China’s steel industry 47
3.7.2 Demand from India’s steel industry 50
4 Global Iron Ore Mining: Major Producers 51
4.1 Mines and Projects Count by Company 51
4.2 Vale SA 52
4.3 Rio Tinto Plc 53
4.4 Anglo American Plc 56
4.5 BHP Billiton Ltd 57
5 Appendix 59
5.1 Abbreviations 59
5.2 Methodology 59
5.2.1 Coverage 59
5.2.2 Secondary Research 59
5.3 Contact Us 60
5.4 Disclaimer 60

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】鉄鉱採鉱の世界市場
【発行日】2018年12月
【調査会社】GlobalData
【コード】GDMMGI004MR
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】金属・鉱業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
鉄鉱採鉱の世界市場についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のトレオニン市場2016
    本調査レポートでは、世界のトレオニン市場2016について調査・分析し、トレオニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 民泊の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、民泊の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民泊の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 免疫血液学の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、免疫血液学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、免疫血液学の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アイルランドの整形外科装置市場見通し
  • 極低温バイアルの世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「極低温バイアルの世界市場2020-2024」は、極低温バイアルについて市場概要、市場規模、種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・極低温バイアルの世界市場:種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 六方晶窒化ホウ素 (h-BN)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、六方晶窒化ホウ素 (h-BN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、六方晶窒化ホウ素 (h-BN)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 窒化ホウ素は、窒素とホウ素からなる固体の化合物であり、バンドギャップ、硬さ、科学的安定性、熱安定性を有します。窒化ホウ素は通常、高温用途です。六方晶窒化ホウ素は化合物の全形状において安定しているので、様々な用途があります。Technavio社は六方晶窒化ホウ素 (h-BN)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M, • Saint-Gobain, • Showa Denko, • H. C. Starck, • Denka Company.等です。
  • 産業用保護服の世界市場の収益分析:製品別(耐久性、使い捨て)、用途別(難燃性衣料品、化学防護服(放射線防護、粒子状物質)、クリーンルーム用衣服、機械保護服、限定汎用服)、セグメント予測
    本調査レポートでは、産業用保護服の世界市場について調査・分析し、産業用保護服の世界市場動向、産業用保護服の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用保護服市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場予測(~2023年):ABC eゲート、ABCキオスク
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタンフィルム(PU)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ポリウレタンフィルム(PU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(ポリエーテル、ポリエステル)分析、機能別(熱可塑性、熱硬化性)分析、最終用途産業別(テキスタイル・レジャー、自動車・航空宇宙、医療)分析、ポリウレタンフィルム(PU)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プリントエレクトロニクスの世界市場分析:材料別(インクと基板)、技術別(インクジェット、スクリーン、グラビア、フレキソ印刷)、機器別(ディスプレイ、太陽光、照明、RFID、その他)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、プリントエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、プリントエレクトロニクスの世界市場動向、プリントエレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別プリントエレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タンパク質キナーゼCベータ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質キナーゼCベータ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質キナーゼCベータ阻害剤の概要 ・タンパク質キナーゼCベータ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質キナーゼCベータ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質キナーゼCベータ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質キナーゼCベータ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カップリング(軸継手)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カップリング(軸継手)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カップリング(軸継手)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はカップリング(軸継手)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Rexnord• Altra Industrial Motion• Regal Beloit Americas• Timken等です。
  • 海賊対策システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、海賊対策システムの世界市場について調査・分析し、海賊対策システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 海賊対策システムの世界市場:市場動向分析 - 海賊対策システムの世界市場:競争要因分析 - 海賊対策システムの世界市場:製品別 ・非致死性兵器 ・殺傷兵器 - 海賊対策システムの世界市場:主要地域別分析 - 海賊対策システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 海賊対策システムのヨーロッパ市場規模 - 海賊対策システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・海賊対策システムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のストリートスィーパ(街路清掃車)市場2016
    本調査レポートでは、世界のストリートスィーパ(街路清掃車)市場2016について調査・分析し、ストリートスィーパ(街路清掃車)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の指紋錠市場2016
    本調査レポートでは、世界の指紋錠市場2016について調査・分析し、指紋錠の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳清タンパク質成分の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、乳清タンパク質成分の世界市場について調査・分析し、乳清タンパク質成分の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・乳清タンパク質成分の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・乳清タンパク質成分の世界市場:セグメント別市場分析 ・乳清タンパク質成分の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別
    MarketsandMarkets社は、固定翼VTOL UAVの世界市場規模が2019年498百万ドルから2030年3583百万ドルまで年平均19.7%成長すると予測しています。本書は、世界の固定翼VTOL UAV市場について調査・分析し、市場概要、業種別(軍隊、政府および法執行機関、商業)分析、範囲別(視線固定翼VTOL UAV、拡張視線UAV、視線固定翼VTOL UAV以上)分析、MTOW別( 100キログラム)分析、耐久別( 10時間)分析、動作モード別(リモート型パイロット、オプション型パイロット、完全自律)分析、推進種類別(電気、ハイブリッド、ガソリン)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍隊、政府および法執行機関、商業) ・世界の固定翼VTOL UAV市場:範囲別(視線固定翼VTOL UAV、拡張視線UAV、視線固定翼VTOL UAV以上) ・世界の固定翼VTOL UAV市場:MTOW別( 100キ …
  • 組織バンキングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、組織バンキングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、組織バンキング市場規模、製品別(警報・監視装置、凍結保存システム、ラベル化・符号化装置、貯蔵システム、解凍装置、品質管理装置、媒体・付属品、消費財)分析、組織種類別(血液、骨、角膜、心臓弁、肌、軟組織、臍帯)分析、サービス種類別(微生物検査、加工、スクリーニング、血清学的検査、貯蔵・保存、組織修復)分析、用途別(臨床・治療、化粧品、創薬、研究開発)分析、エンドユーザー別(バイオテクノロジー企業、病院、研究・学術機関、組織バンク)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 組織バンキングの世界市場:市場動向分析 ・ 組織バンキングの世界市場:競争要因分析 ・ 組織バンキングの世界市場:製品別(警報・監視装置、凍結保存システム、ラベル化・符号化装置、貯蔵システム、解凍装置、品質管理装置、媒体・付属品、消費財) ・ 組織バンキングの世界市場:組織種類別(血液、骨、角膜、心臓弁 …
  • 世界の冷蔵ショーケース市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 世界の二重巻トランス(変圧器)市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 熱成形プラスチックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、熱成形プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱成形プラスチックの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低圧断路器の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、低圧断路器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、マウント別分析、電圧別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオリアクター(生物反応器)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、バイオリアクター(生物反応器)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、需要先別分析、バイオリアクター(生物反応器)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイアライザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイアライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイアライザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 偽造防止用包装の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、偽造防止用包装の世界市場について調査・分析し、偽造防止用包装の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 手術台の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、手術台の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術台の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田用デジタルソリューションの世界市場
    当調査レポートでは、油田用デジタルソリューションの世界市場について調査・分析し、油田用デジタルソリューションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 油田用デジタルソリューションの世界市場:市場動向分析 - 油田用デジタルソリューションの世界市場:競争要因分析 - 油田用デジタルソリューションの世界市場:技術別 ・情報技術 ・自動化&計装技術 - 油田用デジタルソリューションの世界市場:作業別 ・掘削作業の最適化 ・産出の最適化 ・貯蔵の最適化 ・その他 - 油田用デジタルソリューションの世界市場:主要地域別分析 - 油田用デジタルソリューションの北米市場規模(アメリカ市場等) - 油田用デジタルソリューションのヨーロッパ市場規模 - 油田用デジタルソリューションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・油田用デジタルソリューションの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • フレーバーヨーグルトの世界市場:フレーバー別(イチゴ、バニラ、ピーチ、ブルーベリー、その他)、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、Eコマース、その他)、種類別(有機型、従来型)
    本調査レポートでは、フレーバーヨーグルトの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、フレーバー別(イチゴ、バニラ、ピーチ、ブルーベリー、その他)分析、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、Eコマース、その他)分析、種類別(有機型、従来型)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フレーバーヨーグルトの世界市場:フレーバー別(イチゴ、バニラ、ピーチ、ブルーベリー、その他) ・フレーバーヨーグルトの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、Eコマース、その他) ・フレーバーヨーグルトの世界市場:種類別(有機型、従来型) ・フレーバーヨーグルトの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • IO-Linkの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、IO-Linkの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(IO-Linkマスター、IO-Linkデバイス)分析、用途別(マシンツール、ハンドリング・アセンブリオートメーション、パッケージング、イントラロジスティクス)分析、産業別(ディスクリート、ハイブリッド、プロセス)分析、IO-Linkの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポケの世界市場2019-2023
    ポケは、ダイス状の生のキハダマグロや本マグロを醤油、胡麻油、海藻、唐辛子、海塩などとあえた料理です。ポケの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率23.13%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Aloha Poké、Mainland Poke、Pok?works、SWEETFIN POKE、Western United Fishなどです。 当調査レポートでは、ポケの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポケ市場規模、製品別(マグロ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポケの世界市場概要 ・ポケの世界市場環境 ・ポケの世界市場動向 ・ポケの世界市場規模 ・ポケの世界市場:業界構造分析 ・ポケの世界市場:製品別(マグロ、その他) ・ポケの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポケの北米市場規模・予測 ・ポケのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポケのアジア太平洋市場規模・予測 ・ポケの主要国分析 …
  • フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場について調査・分析し、フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ブリスター包装の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、ブリスター包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料別分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルメニアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 水中コンクリートの世界市場の予測&動向分析:原材料別(混合物、骨材、セメント)、用途別(水力発電、海洋、海岸保護、水中修理、トンネル、プール)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、水中コンクリートの世界市場について調査・分析し、水中コンクリートの世界市場動向、水中コンクリートの世界市場規模、市場予測、セグメント別水中コンクリート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国のトウモロコシ油市場2015
    本調査レポートでは、中国のトウモロコシ油市場2015について調査・分析し、トウモロコシ油の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の顔認識カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、顔認識の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、顔認識市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、顔認識のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)治療薬剤
  • 石油樹脂の世界市場:脂肪族C5樹脂、芳香族C9樹脂、炭化水素樹脂
    当調査レポートでは、石油樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場について調査・分析し、産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場:市場動向分析 - 産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場:競争要因分析 - 産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場:消耗品 血清 試薬 培養液 - 産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場:用途別 バイオ燃料及び農業学術研究 食品及び水質試験 その他の用途 - 産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場:主要地域別分析 - 産業試験用微生物及び細菌培養の北米市場規模(アメリカ市場等) - 産業試験用微生物及び細菌培養のヨーロッパ市場規模 - 産業試験用微生物及び細菌培養のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 3Dディスプレイの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、3Dディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3Dディスプレイ市場規模、製品別(3Dホログラフィックディスプレイ、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、スタティックボリュームディスプレイ、ステレオスコピックディスプレイ、スウェプトボリュームディスプレイ、立体ディスプレイ)分析、アクセス方式別(マイクロディスプレイ、従来型・スクリーン型ディスプレイ)分析、技術別(デジタル光処理リアプロジェクションTV(DLP RPTV)、発光ダイオード(LED)有機発光ダイオード(OLED)、プラズマディスプレイパネル(PDP)、液晶ディスプレイ(LCD))分析、用途別(広告、自動車、エンターテインメント、ゲーム、医療、軍事・防衛、モバイルコンピューティング機器、モニター、プロジェクター、小売、ヘルメットマウントディスプレイ、家庭用電子機器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 3Dディスプレイの世界市場:市場動向分 …
  • 世界の生体吸収性ステント(BAS)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、生体吸収性ステント(BAS)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・生体吸収性ステント(BAS)の概要 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:開発段階別分析 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:セグメント別分析 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:領域別分析 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:規制Path別分析 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別生体吸収性ステント(BAS)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・生体吸収性ステント(BAS)の最近動向
  • ネットワーク最適化サービスの世界市場予測(~2022年):ローカルネットワーク最適化、WAN最適化、RAN最適化、データセンター最適化
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワーク最適化サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、アプリケーション別分析、導入方式別分析、地域別分析、ネットワーク最適化サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医薬品パッケージング機器市場規模・予測2017-2025:パッケージ別(一次(ブリスター、ストリップ、ボトル、チューブ、無菌パッケージング)、二次(ラッピング、ケースパッケージング)、ラベリング・シリアライゼーション)、商品別(液体パッケージング(シロップ、無菌液体、エアロゾル)、固形パッケージング(タブレット、パウダー、カプセル)、半固形(クリーム、外用薬))、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の医薬品パッケージング機器市場について調査・分析し、世界の医薬品パッケージング機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の医薬品パッケージング機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • タイの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • グリーン及びリサイクル携帯電話の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、グリーン及びリサイクル携帯電話の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン及びリサイクル携帯電話の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はグリーン及びリサイクル携帯電話の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arrow Electronics、Ingram Micro ITAD、Corporate Mobile Recycling、Redeem、SIMS RECYCLING等です。
  • LED&OLEDディスプレイおよび照明製品のアフリカ市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 制御弁の世界市場
    当調査レポートでは、制御弁の世界市場について調査・分析し、制御弁の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • エアー管理システムの世界市場予測(~2022年):温度管理、エンジン抽気、酸素装置、燃料タンク不活性、客室圧力制御、ICE保護
    当調査レポートでは、エアー管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、装置別分析、プラットフォーム別分析、構成品別分析、地域別分析、エアー管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマグネシウム サルフェート市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウム サルフェート市場2015について調査・分析し、マグネシウム サルフェートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 印刷済テープの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、印刷済テープの世界市場について調査・分析し、印刷済テープの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・印刷済テープの世界市場規模:材料別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:製品別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:技術別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:印刷用インク別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"