"腎疾患の治療薬開発パイプライン分析2018"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GBIHC052IDB)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"腎疾患の治療薬開発パイプライン分析2018"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Renal Diseases Drug Development Pipeline Review, 2018
Summary

This report provides an overview of the pipeline landscape for renal diseases. It provides comprehensive information on the therapeutics under development and key players involved in therapeutic development for chronic kidney disease (chronic renal failure), kidney fibrosis, polycystic kidney disease and end-stage kidney disease (end-stage renal disease), and features dormant and discontinued products.

Chronic kidney disease is the slow loss of kidney function over time. Signs and symptoms of kidney disease include nausea, vomiting, loss of appetite, fatigue and weakness, sleep problems, hiccups and swelling of the feet and ankles. The predisposing factors include age, diabetes, high blood pressure, heart disease, smoking, obesity and high cholesterol. There are 58 products in development for this indication.

Accumulation of extracellular matrix in the kidney causes kidney fibrosis. It is a progressive disorder characterized by glomerulosclerosis and tubulointerstitial fibrosis and may lead to detrimental effects on the kidney functioning. Predisposing factors are trauma, injury, infections, surgery, environmental factors and exposure to chemicals or radiation. Symptoms include pain, problems related to urination, nausea and vomiting. The condition may be managed with medication and kidney transplant. There are 49 products in development for this indication.

Polycystic kidney disease is a disorder in which clusters of cysts develop primarily within the kidneys. Polycystic kidney disease symptoms may include high blood pressure, back or side pain, headache, blood in the urine, frequent urination and kidney failure. The predisposing factors include age and family history. Treatment includes antihypertensive drugs and diuretics. There are 26 products in development for this indication.

End-stage kidney disease is the complete or almost complete failure of the kidneys to work. Symptoms include inability to urinate, fatigue, headaches, loss of appetite, nausea and vomiting, bone pain, confusion and difficulty concentrating. The risk factors include polycystic kidney disease, Alport syndrome, interstitial nephritis and certain autoimmune conditions, such as lupus. Treatment includes dialysis or kidney transplant. There are five products in development for this indication.

Molecular targets in development for renal diseases include growth factor receptors, chemokines and kinases. Companies operating in this pipeline space include Angion Biomedica, Prolong Pharmaceuticals and Novartis.

Scope

- Which companies are the most active within each pipeline?
- Which pharmaceutical approaches are the most prominent at each stage of the pipeline and within each indication?
- To what extent do universities and institutions play a role within this pipeline, compared to pharmaceutical companies?
- What are the most important R&D milestones and data publications to have happened in this disease area?

Reasons to buy

- Understand the overall pipeline, with an at-a-glance overview of all products in therapeutic development for each indication
- Assess the products in development in granular detail, with an up-to-date overview of each individual pipeline program in each indication and a comprehensive picture of recent updates and milestones for each
- Analyze the companies, institutions and universities currently operating in the pipeline and the products being fielded by each of these
- Understand the composition of the pipeline in terms of molecule type, molecular target, mechanism of action and route of administration


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社GBI Researchが"腎疾患の治療薬開発パイプライン分析2018"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Table of Contents
1 Table of Contents 4
1.1 List of Tables 5
1.2 List of Figures 7
2 Introduction 9
2.1 Renal Diseases Report Coverage 9
2.2 Chronic Kidney Disease (Chronic Renal Failure) – Overview 9
2.3 Kidney Fibrosis – Overview 9
2.4 Polycystic Kidney Disease – Overview 9
2.5 End-Stage Kidney Disease (End-Stage Renal Disease or ESRD) – Overview 9
3 Therapeutics Development 10
3.1 Chronic Kidney Disease (Chronic Renal Failure) 10
3.2 Kidney Fibrosis 19
3.3 Polycystic Kidney Disease 25
3.4 End-Stage Kidney Disease (End-Stage Renal Disease or ESRD) 30
4 Therapeutics Assessment 33
4.1 Chronic Kidney Disease (Chronic Renal Failure) 33
4.2 Kidney Fibrosis 40
4.3 Polycystic Kidney Disease 48
4.4 End-Stage Kidney Disease (End-Stage Renal Disease or ESRD) 56
5 Companies Involved in Therapeutics Development 61
5.1 Chronic Kidney Disease (Chronic Renal Failure) 61
5.2 Kidney Fibrosis 80
5.3 Polycystic Kidney Disease 93
5.4 End-Stage Kidney Disease (End-Stage Renal Disease or ESRD) 99
6 Dormant Projects 102
6.1 Chronic Kidney Disease (Chronic Renal Failure) 102
6.2 Kidney Fibrosis 106
6.3 Polycystic Kidney Disease 107
6.4 End-Stage Kidney Disease (End-Stage Renal Disease or ESRD) 109
7 Discontinued Products 110
7.1 Chronic Kidney Disease (Chronic Renal Failure) 110
7.2 Kidney Fibrosis 111
7.3 Polycystic Kidney Disease 111
7.4 End-Stage Kidney Disease (End-Stage Renal Disease or ESRD) 111
8 Product Development Milestones 112
8.1 Chronic Kidney Disease (Chronic Renal Failure) 112
8.2 Kidney Fibrosis 127
8.3 Polycystic Kidney Disease 139
9 Appendix 153
9.1 Methodology 153
9.2 Coverage 153
9.3 Secondary Research 153
9.4 Primary Research 153
9.5 Expert Panel Validation 153
9.6 Contact Us 153
9.7 Disclaimer 154

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】腎疾患の治療薬開発パイプライン分析2018
【発行日】2018年12月
【調査会社】GBI Research
【コード】GBIHC052IDB
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
腎疾患の治療薬開発パイプライン分析2018についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 農業機械用タイヤの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、農業機械用タイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、農業機械用タイヤの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンピテンスベース教育支出の世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、コンピテンスベース教育支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンピテンスベース教育支出の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 通信事業者における投資の課題:CapEx動向
  • ロボット駆動の世界市場:DCサーボ駆動、ACサーボ駆動
    当調査レポートでは、ロボット駆動の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ロボット駆動の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車ホイールシリンダー市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ホイールシリンダー市場2016について調査・分析し、自動車ホイールシリンダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の感染予防&管理市場
  • ヒドロゲルの世界市場予測(~2022年):天然ヒドロゲル、合成ヒドロゲル、ハイブリッドヒドロゲル、ポリアクリレート、ポリアクリルアミド、シリコン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒドロゲルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、材料種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、ヒドロゲルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロポーラス (微細多孔) 断熱材の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、マイクロポーラス (微細多孔) 断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別(硬質ボード&パネル・軟質パネル・機械加工部品・成形製品)分析、用途別(産業、エネルギー・電力、石油・ガス、航空宇宙・防衛、自動車)分析、マイクロポーラス (微細多孔) 断熱材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属AM(付加製造)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金属AM(付加製造)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属AM(付加製造)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業向け回転装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け回転装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向け回転装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックマトリックス複合材(CMC)の世界市場分析:製品別(酸化物、炭化ケイ素(SiC)、炭素)、用途別(航空宇宙、防衛、エネルギー・電力、電気・電子)、セグメント予測
    本調査レポートでは、セラミックマトリックス複合材(CMC)の世界市場について調査・分析し、セラミックマトリックス複合材(CMC)の世界市場動向、セラミックマトリックス複合材(CMC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックマトリックス複合材(CMC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IQF冷凍野菜の世界市場:野菜の種類別、用途別(食品、飲料、濃縮物)、地域別予測
    本資料は、IQF冷凍野菜の世界市場について調べ、IQF冷凍野菜の世界規模、市場動向、市場環境、野菜の種類別分析、用途別(食品、飲料、濃縮物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはB & G Food Holdings Corp、Capricorn Food Products India Ltd、 ConAgra Foods, Inc、 Dole Food Co.、 Greenyard NV、 J.R. Simplot Co.、 Kerry Group Plc.、. Pinnacle Foods, Inc.、. SunOpta Inc.、 Uren Food Group Limitedなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・IQF冷凍野菜の世界市場概要 ・IQF冷凍野菜の世界市場環境 ・IQF冷凍野菜の世界市場動向 ・IQF冷凍野菜の世界市場規模 ・IQF冷凍野菜の世界市場規模:野菜の種類別 ・IQF冷凍野菜の世界市場規模:用途別(食品、飲料、濃縮物 …
  • バックオフィス向けシステム統合ソリューションの世界市場
    当調査レポートでは、バックオフィス向けシステム統合ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バックオフィス向けシステム統合ソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロフェッショナルモバイル無線(PMR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プロフェッショナルモバイル無線(PMR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロフェッショナルモバイル無線(PMR)の世界市場規模及び予測、デバイス別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の植込み型遠隔患者モニタリング装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、植込み型遠隔患者モニタリング装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の概要 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:開発段階別分析 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:セグメント別分析 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:領域別分析 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:規制Path別分析 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の最近動向
  • 欧州のインタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州のインタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州のインタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食物アレルゲン検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食物アレルゲン検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食物アレルゲン検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食物アレルゲン検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.28%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Thermo Fisher Scientific• Neogen• Lincoln Diagnostics• Omega Diagnostics Group等です。
  • アメリカの心臓人工弁市場(~2021)
  • バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるバンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の概要 ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のバンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 世界のポリアミド6/12市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド6/12市場2015について調査・分析し、ポリアミド6/12の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の概要 ・口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・口腔咽頭カンジダ症 …
  • 企業資産管理の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • ウリジン一リン酸-シチジン一リン酸キナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるウリジン一リン酸-シチジン一リン酸キナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ウリジン一リン酸-シチジン一リン酸キナーゼ阻害剤の概要 ・ウリジン一リン酸-シチジン一リン酸キナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のウリジン一リン酸-シチジン一リン酸キナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウリジン一リン酸-シチジン一リン酸キナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ウリジン一リン酸-シチジン一リン酸キナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インドのバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016
  • スマートシューズの世界市場:製品別(スマートウォーキングシューズ、スマートランニングシューズ、スマートスポーツシューズ)、エンドユーザー別(男性、女性)、流通チャンネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア)
    本資料は、スマートシューズの世界市場について調べ、スマートシューズの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(スマートウォーキングシューズ、スマートランニングシューズ、スマートスポーツシューズ)分析、流通チャンネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートシューズの世界市場概要 ・スマートシューズの世界市場環境 ・スマートシューズの世界市場動向 ・スマートシューズの世界市場規模 ・スマートシューズの世界市場:市場シェア ・スマートシューズの世界市場:製品別(スマートウォーキングシューズ、スマートランニングシューズ、スマートスポーツシューズ) ・スマートシューズの世界市場:エンドユーザー別(男性、女性) ・スマートシューズの世界市場:流通チャンネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア) ・スマートシューズの世界市場:地域別市場規模・ …
  • クラウドEDAの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウドEDAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドEDAの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 天気予報サービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、天気予報サービスの世界市場規模が2017年12.2億ドルから2026年26.8億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、天気予報サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、天気予報サービス市場規模、予報種類別(長期予報、中期予報、短期予報)分析、目的別(安全性、運用効率、その他の目的)分析、エンドユーザー別(輸送・物流、小売、再生可能エネルギー、公共サービス、石油ガス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 天気予報サービスの世界市場:市場動向分析 ・ 天気予報サービスの世界市場:競争要因分析 ・ 天気予報サービスの世界市場:予報種類別(長期予報、中期予報、短期予報) ・ 天気予報サービスの世界市場:目的別(安全性、運用効率、その他の目的) ・ 天気予報サービスの世界市場:エンドユーザー別(輸送・物流、小売、再生可能エネルギー、公共サービス、石油ガス) ・ 天気予報サービ …
  • 非接触PoS端末の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、非接触PoS端末の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非接触PoS端末市場規模、エンドユーザー別(小売、ホスピタリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、First Data, Ingenico Group, NCR, PAX Technology, Verifoneなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・非接触PoS端末の世界市場概要 ・非接触PoS端末の世界市場環境 ・非接触PoS端末の世界市場動向 ・非接触PoS端末の世界市場規模 ・非接触PoS端末の世界市場:業界構造分析 ・非接触PoS端末の世界市場:エンドユーザー別(小売、ホスピタリティ) ・非接触PoS端末の世界市場:地域別市場規模・分析 ・非接触PoS端末の北米市場規模・予測 ・非接触PoS端末のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・非接触PoS端末のアジア太平洋市場規模・予測 ・非接触PoS端末の主要国分析 ・非接触PoS端末の世界市場:意思決 …
  • ビタミンD検査の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビタミンD検査の世界市場について調査・分析し、ビタミンD検査の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビタミンD検査シェア、市場規模推移、市場規模予測、ビタミンD検査種類別分析(RIA、ELISA、CLIA、POCT、LC-MS/MS)、ビタミンD検査用途別分析(25(OH)検査、1, 25(OH)検査)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビタミンD検査の市場概観 ・ビタミンD検査のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビタミンD検査のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビタミンD検査の世界市場規模 ・ビタミンD検査の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビタミンD検査のアメリカ市場規模推移 ・ビタミンD検査のカナダ市場規模推移 ・ビタミンD検査のメキシコ市場規模推移 ・ビタミンD検査のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビタミンD検査のドイツ市場規模推移 ・ビタミンD検査のイギリス市場規模推移 ・ビタミンD検査のロ …
  • 温熱療法・寒冷療法パックの世界市場:寒冷療法パック、温熱療法パック
    Technavio社の本調査レポートでは、温熱療法・寒冷療法パックの世界市場について調べ、温熱療法・寒冷療法パックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、温熱療法・寒冷療法パックの市場規模をセグメンテーション別(製品別(寒冷療法パック、温熱療法パック)、用途別(関節炎、損傷、慢性痛み、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は温熱療法・寒冷療法パックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・温熱療法・寒冷療法パックの市場状況 ・温熱療法・寒冷療法パックの市場規模 ・温熱療法・寒冷療法パックの市場予測 ・温熱療法・寒冷療法パックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(寒冷療法パック、温熱療法パック) ・市場セグメンテーション:用途別(関節炎、損傷、慢性痛み、その他) ・温熱療法・寒冷療法パックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意 …
  • 水溶性食物繊維の世界市場予測(~2022年):イヌリン、ポリデキストロース、ペクチン、ベータグルカン
    当調査レポートでは、水溶性食物繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、原料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、水溶性食物繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用不織布消耗品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、手術用不織布消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用不織布消耗品の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術用不織布消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M Company、Cardinal Health、Johnson & Johnson、Medtronic等です。
  • フランスの原子力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 婦人科用医薬品の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、婦人科用医薬品の世界市場について調べ、婦人科用医薬品の世界規模、市場動向、市場環境、治療別(ホルモン療法、非ホルモン療法)分析、適応症別(婦人科系がん、子宮内膜症、女性の不妊症、更年期障害、婦人科系感染症、多嚢胞性卵巣症候群、避妊)分析、流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・婦人科用医薬品の世界市場動向 ・婦人科用医薬品の世界市場環境 ・婦人科用医薬品の世界市場規模 ・婦人科用医薬品の世界市場規模:治療別(ホルモン療法、非ホルモン療法) ・婦人科用医薬品の世界市場規模:適応症別(婦人科系がん、子宮内膜症、女性の不妊症、更年期障害、婦人科系感染症、多嚢胞性卵巣症候群、避妊) ・婦人科用医薬品の世界市場規模:流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局) ・婦人科用医薬品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・婦人科用医薬 …
  • オレオケミカル脂肪酸の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、オレオケミカル脂肪酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オレオケミカル脂肪酸市場規模、プロセス別(蒸留、分解)分析、タイプ別(オレイン酸、蒸留による脂肪酸、ステアリン酸、多不飽和性脂肪酸、カプロン酸、グリセリン、脂肪アルコール、油脂肪酸、パーム油脂肪酸、その他)分析、用途別(ポリマー、コーティング・樹脂、石けん・洗剤、紙・ろうそく・ワックス、ゴム・ラテックス、プラスチック、その他)分析、エンドユーザー別(農薬、鉱石加工、パーソナルケア・製薬、食品・化粧品、加硫、乳化重合、トイレタリー製品、派生製品、テキスタイル柔軟剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ オレオケミカル脂肪酸の世界市場:市場動向分析 ・ オレオケミカル脂肪酸の世界市場:競争要因分析 ・ オレオケミカル脂肪酸の世界市場:プロセス別(蒸留、分解) ・ オレオケミカル脂肪酸の世界市場:タイプ別(オレイン酸、蒸留による脂肪酸、ステアリン酸、多不飽 …
  • オーストラリアの膝関節置換処置動向(~2021)
  • 血管アクセスデバイスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、血管アクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管アクセスデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は血管アクセスデバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AngioDynamics、B. Braun Melsungen、Cook、C. R. Bard、Medtronic、Teleflex等です。
  • 2輪車用ブレーキシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、2輪車用ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、2輪車用ブレーキシステム市場規模、用途別(オートバイ、スクーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場概要 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場環境 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場動向 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場規模 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:業界構造分析 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:用途別(オートバイ、スクーター) ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・2輪車用ブレーキシステムの北米市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムの主要国分析 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・2輪車用ブレーキシステムの世 …
  • 六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マウスウォッシュの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、マウスウォッシュの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マウスウォッシュ市場規模、製品別(アルコール含有、アルコールフリー)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マウスウォッシュの世界市場概要 ・マウスウォッシュの世界市場環境 ・マウスウォッシュの世界市場動向 ・マウスウォッシュの世界市場規模 ・マウスウォッシュの世界市場:業界構造分析 ・マウスウォッシュの世界市場:製品別(アルコール含有、アルコールフリー) ・マウスウォッシュの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・マウスウォッシュの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マウスウォッシュの北米市場規模・予測 ・マウスウォッシュのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・マウスウォッシュのアジア太平洋市場規模・予測 ・マウスウォッシュの主要国分析 ・マウスウォッシュの世界市場:意思決定フレームワーク ・マウスウォ …
  • ハイブリッド・スイッチギア(開閉装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイブリッド・スイッチギア(開閉装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド・スイッチギア(開閉装置)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 外来外科手術センターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、外来外科手術センターの世界市場について調査・分析し、外来外科手術センターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別外来外科手術センターシェア、市場規模推移、市場規模予測、外来外科手術センター種類別分析(専門診療センター、複数診療センター)、外来外科手術センター用途別分析(眼科、疼痛管理、消化器、整形外科、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・外来外科手術センターの市場概観 ・外来外科手術センターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・外来外科手術センターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・外来外科手術センターの世界市場規模 ・外来外科手術センターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・外来外科手術センターのアメリカ市場規模推移 ・外来外科手術センターのカナダ市場規模推移 ・外来外科手術センターのメキシコ市場規模推移 ・外来外科手術センターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・外来外科手術センターのドイツ市場規 …
  • 若年性黄斑変性症(シュタルガルト病):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における若年性黄斑変性症(シュタルガルト病)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、若年性黄斑変性症(シュタルガルト病)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・若年性黄斑変性症(シュタルガルト病)の概要 ・若年性黄斑変性症(シュタルガルト病)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の若年性黄斑変性症(シュタルガルト病)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・若年性黄斑変性症(シュタルガルト病)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • OTC医薬品の香味市場
  • 認証サービスの世界市場予測(~2022年):コンプライアンス管理、サブスクリプションキー管理、マネージド公開鍵インフラ、レポーティング
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、認証サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、サービス別分析、認証種類別分析、産業別分析、地域別分析、認証サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の可撓性カプラー市場2015
    本調査レポートでは、世界の可撓性カプラー市場2015について調査・分析し、可撓性カプラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性用除毛製品の世界市場:除毛クリーム、カミソリ、除毛器
    当調査レポートでは、女性用除毛製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用除毛製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場:市場動向分析 - 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場:競争要因分析 - 次世代シーケンシングの世界市場:プラットフォーム別 ・シーケンシングサービス ・シーケンシングプラットフォーム - 次世代シーケンシングの世界市場:技術別 ・ライゲーションシーケンシング(SBL) ・1分子リアルタイムシーケンシング(SMRT) ・1塩基合成(SBS) ・パイロシーケンス法 ・イオン半導体シーケンシング ・その他 - 次世代シーケンシングの世界市場:エンドユーザー別 ・病院・診療所 ・バイオ技術・製薬会社 ・研究機関 ・その他 - 次世代シーケンシングの世界市場:用途別 ・個別化医療 ・新薬発見 ・診断 ・農業・動物実験 ・出生前診断 ・バイオマーカー探索 ・HLA型判定 ・感染症 ・遺伝子スクリーニング ・腫瘍 ・特発 …
  • 子供向けスマートウオッチの世界市場2017-2021:統合型、スタンドアロン型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、子供向けスマートウオッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子供向けスマートウオッチの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は子供向けスマートウオッチの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Doki Technologies、LG Electronics、VTech Holdings等です。
  • 食品安定剤(調合・組成)の世界市場予測(~2023年)
    食品安定剤(調合・組成)の世界市場は、2018年の23億米ドルから2023年には約28億米ドルに達し、4.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、食品業界からの天然の食品原料成分に対する需要の高まり、ならびに健康的な食生活に対する消費者の意識の高まりを背景にした加工食品の消費の増加、食品安定剤の多機能性、および天然の食品原料成分の使用の増加が考えれられます。特にヨーロッパ地域ではこの期間中、食品安定剤に対する需要の大半を占め、ベーカリー製品、飲料、およびインスタント食品に使用されるものと予測されています。また、消費者の健康への意識の高まりを背景に食品および飲料用の天然成分に関する研究開発も増加し、この地域における市場の成長が期待されています。一方で、食品添加物に関連する国際規制および品質基準により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、食品安定剤(調合・組成)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、由来(植物、微生物、海藻、合成、動物)分析、用途(乳製品、ベーカリー、菓子類 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"