"世界のC4ISR市場2018-2028"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GDDF0171SR)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のC4ISR市場2018-2028"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Global C4ISR Market 2018-2028
Summary

“The Global C4ISR Market 2018-2028″, report offers a detailed analysis of the industry, with market size forecasts covering the next ten years. This report will also analyze factors that influence demand for C4ISR systems equipment, key market trends and challenges faced by industry participants.

The demand for C4ISR systems is expected to be driven by rise of asymmetric warfare and the growing need for interoperability and integrated solutions among military strategists are other major factors that are anticipated to have a positive impact on the C4ISR systems market. Given such situations, C4ISR systems are considered by most nations to be the most important tools for victory in a conflict. The wars in Syria, Iraq and Afghanistan have also highlighted the growing importance of C4ISR systems in modern warfare

Demand for land-based C4ISR systems is expected to increase with the greater implementation and adoption of network centric warfare principles and the need for advanced military IT capabilities, control systems for surveillance, air defense systems and reconnaissance platforms such as UAVs and ground radar systems.

Scope

The report provides an in-depth analysis of the following –
- Market size and drivers: detailed analysis during 2018-2028, including highlights of the demand drivers and growth stimulators. It also provides a snapshot of the spending and modernization patterns of different regions around the world
- Recent developments and industry challenges: insights into technological developments and a detailed analysis of the changing preferences of C4ISR segments around the world. It also provides trends of the changing industry structure and the challenges faced by industry participants
- Regional highlights: study of the key markets in each region, providing an analysis of the key segments of the market that are expected to be in demand
- Major programs: details of the key programs in each segment, which are expected to be executed during 2018-2028.
- Competitive landscape and strategic insights: analysis of the competitive landscape of the global market. It provides an overview of key players, together with information regarding key alliances, strategic initiatives and financial analysis.

Reasons to buy

- Determine prospective investment areas based on a detailed trend analysis of the global C4ISR systems market over the next ten years
- Gain in-depth understanding about the underlying factors driving demand for different C4ISR segments in the top spending countries across the world and identify the opportunities offered by each of them
- Strengthen your understanding of the market in terms of demand drivers, industry trends and the latest technological developments, among others
- Identify the major channels that are driving the global C4ISR market, providing a clear picture about future opportunities that can be tapped, resulting in revenue expansion
- Channelize resources by focusing on the ongoing programs that are being undertaken by the defense ministries of different countries within the global C4ISR market
- Make correct business decisions based on thorough analysis of the total competitive landscape of the sector with detailed profiles of the top C4ISR systems providers around the world which include information about their products, alliances, recent contract wins and financial analysis wherever available.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社GlobalDataが"世界のC4ISR市場2018-2028"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents
Executive Summary
Global C4ISR Market – Overview
Global C4ISR Market By Region, 2018-2028
Global C4ISR Market By Segment, 2018-2028 Market Dynamics
Demand Drivers: Analysis of factors that trigger spending within the sector
Trends: Prevalent practices, industry consolidation and procurement patterns within the market
Technological Developments : New products, processes and innovations recently inducted within the sector
Key Challenges: Obstacles affecting sector growth Global C4ISR Procurement Market – Segment Analysis
Segment Analysis: Land-based C4ISR
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Segment Analysis: Airborne C4ISR
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Segment Analysis: Naval C4ISR
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Segment Analysis: Space-based C4ISR
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028 Global C4ISR Procurement Market – Regional Analysis
Global C4ISR Procurement – Regional Overview, 2018 & 2028
Regional Analysis: North America
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Top Suppliers
Regional Analysis: Asia Pacific
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Top Suppliers
Regional Analysis: Europe
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Top Suppliers
Regional Analysis: Middle East
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Top Suppliers
Regional Analysis: Latin America
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Top Suppliers
Regional Analysis: Africa
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Top Suppliers Trend Analysis – Key Defense Markets
Top 10 Global Growth Opportunities Scores
Global C4ISR Market – Country Overview, 2018 & 2028
Leading Segments in Key Countries
Country Analysis – 12 leading countries
Market size and CAGR growth analysis, 2018-2028
Change in market share, 2018-2028
Segmental Share (%), 2018-2028
Country Share (%), 2018 & 2028
Major Suppliers
Segmental Analysis
Military C4ISR Market – Future Outlook (The Road Ahead)
Key Programs Analysis
Description of key programs
Delivery period, units and total expenditure Competitive Landscape Analysis
Competitive analysis – 17 leading companies
Major Products and Services
Major Alliances and Recent Contracts
Financial Analysis covering Revenue, Operating Profit and Net Profit
Appendix

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のC4ISR市場2018-2028
【発行日】2018年12月
【調査会社】GlobalData
【コード】GDDF0171SR
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のC4ISR市場2018-2028についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ターゲットRNAシーケンスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ターゲットRNAシーケンスの世界市場について調査・分析し、ターゲットRNAシーケンスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ターゲットRNAシーケンスシェア、市場規模推移、市場規模予測、ターゲットRNAシーケンス種類別分析(タイプ1、タイプ2)、ターゲットRNAシーケンス用途別分析(研究機関、病院・クリニック、バイオ企業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ターゲットRNAシーケンスの市場概観 ・ターゲットRNAシーケンスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ターゲットRNAシーケンスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ターゲットRNAシーケンスの世界市場規模 ・ターゲットRNAシーケンスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ターゲットRNAシーケンスのアメリカ市場規模推移 ・ターゲットRNAシーケンスのカナダ市場規模推移 ・ターゲットRNAシーケンスのメキシコ市場規模推移 ・ターゲットRNAシーケンスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • 自動車用鉛蓄電池の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車用鉛蓄電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、自動車用鉛蓄電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費者・SOHO・中小企業向けNASの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、消費者・SOHO・中小企業向けNASの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者・SOHO・中小企業向けNASの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンライン室内装飾の世界市場2017-2021:家具、ホームファニシング
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オンライン室内装飾の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン室内装飾の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンライン室内装飾の世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmazon、Bed Bath & Beyond、Inter IKEA Systems、Wayfair等です。
  • 米国のマス向け美容製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国のマス向け美容製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のマス向け美容製品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 体組成計の世界市場:生体インピーダンス分析計、DEXA体組成計
    当調査レポートでは、体組成計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、体組成計の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス上流装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス上流装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス上流装置市場規模、用途別(探鉱・掘削、完成・生産)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス上流装置の世界市場概要 ・石油・ガス上流装置の世界市場環境 ・石油・ガス上流装置の世界市場動向 ・石油・ガス上流装置の世界市場規模 ・石油・ガス上流装置の世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス上流装置の世界市場:用途別(探鉱・掘削、完成・生産) ・石油・ガス上流装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス上流装置のアメリカ市場規模・予測 ・石油・ガス上流装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・石油・ガス上流装置のアジア市場規模・予測 ・石油・ガス上流装置の主要国分析 ・石油・ガス上流装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・石油・ガス上流装置の世界市場:成長要因、課題 ・石油・ガス上流装置の世界市場:競争環境 ・石油・ガス上流装置の世界市場:関連企 …
  • 鼻咽頭炎(風邪)(Nasopharyngitis (Common Cold)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鼻咽頭炎(風邪)(Nasopharyngitis (Common Cold))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鼻咽頭炎(風邪)(Nasopharyngitis (Common Cold))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鼻咽頭炎(風邪)(Nasopharyngitis (Common Cold))の概要 ・鼻咽頭炎(風邪)(Nasopharyngitis (Common Cold))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鼻咽頭炎(風邪)(Nasopharyngitis (Common Cold))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • 医療用吸引装置の世界市場2017-2021:標準/従来型、ポータブル
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医療用吸引装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用吸引装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医療用吸引装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAllied Healthcare Products、ATMOS MedizinTechnik、Drive DeVilbiss Healthcare、Precision Medical、SSCOR等です。
  • 世界の製油用触媒市場予測2016-2023
    本調査レポートでは、世界の製油用触媒市場について調査・分析し、世界の製油用触媒市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 水陸両用強襲車(AAV)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水陸両用強襲車(AAV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水陸両用強襲車(AAV)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • バルクコンテナ包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、バルクコンテナ包装の世界市場について調査・分析し、バルクコンテナ包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バルクコンテナ包装の世界市場:市場動向分析 - バルクコンテナ包装の世界市場:競争要因分析 - バルクコンテナ包装の世界市場:用途別 ・建築・建設 ・化学 ・農業・園芸用品 ・食品・飲料 ・石油・潤滑油 ・調剤 ・耐久消費財 ・その他 - バルクコンテナ包装の世界市場:製品別 ・バルクコンテナライナー ・フレキシタンク ・フレキシブル中容量コンテナ(FIBC) ・剛体中容量コンテナ(RIBC) ・運搬管理コンテナ ・バケツ ・ドラム缶 - バルクコンテナ包装の世界市場:材料別 ・プラスチック ・紙(繊維板) ・金属 ・木 - バルクコンテナ包装の世界市場:主要地域別分析 - バルクコンテナ包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - バルクコンテナ包装のヨーロッパ市場規模 - バルクコンテナ包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・バルクコンテナ包装の世界市場:主 …
  • 肺疾患・呼吸器疾患ドラックデリバリー(薬物送達)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、肺疾患・呼吸器疾患ドラックデリバリー(薬物送達)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、デバイス別分析、需要先別分析、地域別分析、肺疾患・呼吸器疾患ドラックデリバリー(薬物送達)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリピロールフィルムの世界市場予測(~2026):樹脂種類別(LLDPE、LDPE、HDPE、BoPP、CPP、PVC、BoPET、BoPA)、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、ポリピロールフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ポリピロールフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 垂直高圧処理装置の世界市場:種類別(100L以下、100-250L、250-500L、500L以上)、用途別(果物&野菜、肉類、ジュース&飲料、海産物、その他)、地域別予測
    本資料は、垂直高圧処理装置の世界市場について調べ、垂直高圧処理装置の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(100L以下、100-250L、250-500L、500L以上)分析、用途別(果物&野菜、肉類、ジュース&飲料、海産物、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはThe Weir Group、Aury、Metso Corporation、Thyssenkrupp、Deister Machine、Derrick Corporation、General Kinematics、JOST、Binder-Co、Astec Industries、Rotex Global、Midwestern Industries、Syntron 、SMICO、SKAKO Group などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・垂直高圧処理装置の世界市場概要 ・垂直高圧処理装置の世界市場環境 ・垂直高圧処理装置の世界市場動向 ・垂直高圧処理装置の世界市場規模 ・垂直高圧処理 …
  • 核医学の世界市場:核医学装置、SPECT、PET、放射性医薬品
    当調査レポートでは、核医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、核医学の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 尿路結石管理機器の世界市場分析:治療別(体外衝撃波砕石術(ESWL)、体内砕石術、経皮的腎結石、他の治療(経過観察、副甲状腺手術))、エンドユーザー別(病院・診療所、外来手術センター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、尿路結石管理機器の世界市場について調査・分析し、尿路結石管理機器の世界市場動向、尿路結石管理機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別尿路結石管理機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スペインのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • プラスチック包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチック包装市場規模、プラスチックの種類別(軟質、硬質)分析、材料別(ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、ポリスチレン、その他)分析、製品タイプ別(バッグ、ボトル・ジャー、缶、パウチ、ラップ、その他)分析、エンドユーザー別(美容・パーソナルケア、食品・飲料、ヘルスケア・医薬品、ホームケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ プラスチック包装の世界市場:市場動向分析 ・ プラスチック包装の世界市場:競争要因分析 ・ プラスチック包装の世界市場:プラスチックの種類別(軟質、硬質) ・ プラスチック包装の世界市場:材料別(ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、ポリスチレン、その他) ・ プラスチック包装の世界市場:製品タイプ別(バッグ、ボトル・ジャー、缶、パウチ、ラップ、その他) …
  • DNSサービスの世界市場:DNSサーバ別(プライマリDNSサーバ、セカンダリDNSサーバ)、導入方式別、企業規模別、産業別、地域別予測
    本資料は、DNSサービスの世界市場について調べ、DNSサービスの世界規模、市場動向、市場環境、DNSサーバ別(プライマリDNSサーバ、セカンダリDNSサーバ)分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・DNSサービスの世界市場概要 ・DNSサービスの世界市場環境 ・DNSサービスの世界市場動向 ・DNSサービスの世界市場規模 ・DNSサービスの世界市場規模:DNSサーバ別(プライマリDNSサーバ、セカンダリDNSサーバ) ・DNSサービスの世界市場規模:導入方式別 ・DNSサービスの世界市場規模:企業規模別 ・DNSサービスの世界市場規模:産業別 ・DNSサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・DNSサービスの北米市場規模・予測 ・DNSサービスのアメリカ市場規模・予測 ・DNSサービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・DNSサービスのアジア市場規模・予測 ・DNSサービスの日本市場規模・予測 ・DNSサ …
  • 治療薬物モニタリング(TDM)の世界市場:検査数、販売規模、技術、競争戦略
  • 世界の石油樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油樹脂市場2015について調査・分析し、石油樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シャンプーのアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • コーヒークリーマーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コーヒークリーマーの世界市場について調査・分析し、コーヒークリーマーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コーヒークリーマーシェア、市場規模推移、市場規模予測、コーヒークリーマー種類別分析(粉末、液体)、コーヒークリーマー用途別分析(コーヒー用、茶・その他用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コーヒークリーマーの市場概観 ・コーヒークリーマーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コーヒークリーマーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コーヒークリーマーの世界市場規模 ・コーヒークリーマーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コーヒークリーマーのアメリカ市場規模推移 ・コーヒークリーマーのカナダ市場規模推移 ・コーヒークリーマーのメキシコ市場規模推移 ・コーヒークリーマーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コーヒークリーマーのドイツ市場規模推移 ・コーヒークリーマーのイギリス市場規模推移 ・コーヒークリーマ …
  • 自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動
    MarketsandMarkets社は、自動曲げ機の世界市場規模が2019年19億ドルから2024年24億ドルまで年平均4.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動曲げ機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(自動および半自動)分析、技術別(電気、油圧、空気圧、誘導ベース)分析、用途別(チューブ/パイプ、金属板、バー)分析、自動曲げ機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 政府のICT投資の世界市場分析:ソリューション別(デバイス、ソフトウェア、ITサービス、データセンターシステム、通信サービス)、技術別(IoT、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、コンテンツ管理)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、政府のICT投資の世界市場について調査・分析し、政府のICT投資の世界市場動向、政府のICT投資の世界市場規模、市場予測、セグメント別政府のICT投資市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の概要 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:開発段階別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:セグメント別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:領域別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:規制Path別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の最近動向
  • ヤギ乳の世界市場:製品別(牛乳、チーズ、粉乳、その他)、流通経路別(ハイパーマーケットおよびスーパーマーケット、コンビニ、専門店、医療および薬局、オンライン)
    本市場調査レポートではヤギ乳について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(牛乳、チーズ、粉乳、その他)分析、流通経路別(ハイパーマーケットおよびスーパーマーケット、コンビニ、専門店、医療および薬局、オンライン)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ヤギ乳の世界市場:製品別(牛乳、チーズ、粉乳、その他) ・ヤギ乳の世界市場:流通経路別(ハイパーマーケットおよびスーパーマーケット、コンビニ、専門店、医療および薬局、オンライン) ・ヤギ乳の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 高吸水性高分子(SAP)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、高吸水性高分子(SAP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体)分析、用途別(個人衛生、農業、医療、工業、包装、建設、石油、ガス)分析、高吸水性高分子(SAP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、高吸水性高分子(SAP)の世界市場規模が2019年90億ドルから2024年129億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • 業務用冷蔵設備の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、業務用冷蔵設備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品タイプ別分析、冷媒タイプ別(フルオロカーボン、炭化水素、無機物)分析、用途別(ホテル・レストラン、スーパーマーケット・ハイパーマーケット)分析、業務用冷蔵設備の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワーク変換の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ネットワーク変換の世界市場について調査・分析し、ネットワーク変換の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ネットワーク変換の世界市場規模:ソリューション別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:サービス別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 動物用飼料添加物の世界市場分析:製品別(酸化防止剤、アミノ酸、酵素(フィターゼ、非澱粉多糖)、酸性化剤、家畜(豚肉/豚、鶏、牛、養殖漁業)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物用飼料添加物の世界市場について調査・分析し、動物用飼料添加物の世界市場動向、動物用飼料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物用飼料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のブレーキ液市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレーキ液市場2016について調査・分析し、ブレーキ液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒトミルクオリゴ糖の世界市場分析:用途別(乳児用調合乳、機能性食品・飲料、食品サプリメント)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ヒトミルクオリゴ糖の世界市場について調査・分析し、ヒトミルクオリゴ糖の世界市場動向、ヒトミルクオリゴ糖の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヒトミルクオリゴ糖市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 鉄道車両シートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉄道車両シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道車両シートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 羊膜の世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、羊膜の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(凍結保存羊膜、脱水羊膜)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・羊膜の世界市場:種類別(凍結保存羊膜、脱水羊膜) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ポリオレフィンの世界市場
    本調査レポートでは、ポリオレフィンの世界市場について調査・分析し、ポリオレフィンの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 黒鉛の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:天然、合成
  • 世界のコンクリート混和剤市場:製品種類別(流動化剤、通常の可塑剤、加速、遅延、空気連行、防水)、エンドユーズセクター別(住宅、商業、インフラ)、地域別
    MarketsandMarkets社は、コンクリート混和剤の世界市場規模が2019年154億ドルから2024年240億ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。本書は、世界のコンクリート混和剤市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(ミネラル混和剤、化学混和剤)分析、エンドユーズセクター別(住宅、商業、インフラ)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のコンクリート混和剤市場:製品種類別(ミネラル混和剤、化学混和剤) ・世界のコンクリート混和剤市場:エンドユーズセクター別(住宅、商業、インフラ) ・世界のコンクリート混和剤市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 通貨計数器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、通貨計数器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、通貨計数器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 通貨計数器は、現金 (紙幣・硬貨) の集計や並べ替え、偽造紙幣の検出などに用いられています。世界の通貨計数器市場はエンドユーザー別に、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、小売、商業用の3つのセグメントに分けられます。BFSI セクターが市場の大部分のシェアを占めており、それに小売及び商業セクターが続いています。Technavio社は通貨計数器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Giesecke & Devrient• Glory Global Solutions• Cummins-Allison等です。
  • アメリカの整形外科処置動向(~2021)
  • 世界及び米国の蛍光スクリーン市場2017-2022
  • 集光型太陽光発電(CPV)の世界市場2014-2025:製品別(反射器、屈折媒体)、用途別(公益事業、業務用)、集光レベル別(高、低)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場について調査・分析し、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場動向、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場規模、市場予測、セグメント別集光型太陽光発電(CPV)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ディスクブレーキの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ディスクブレーキの世界市場について調査・分析し、自動車用ディスクブレーキの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:種類別 ・ピストン対向型 ・フローティングキャリパー型 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:用途別 ・中型&大型商用車(HCVs) ・乗用車 ・小型商用車(LCVs) - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ディスクブレーキの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ディスクブレーキのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ディスクブレーキのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用ディスクブレーキの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 海軍ISRの世界市場
    当調査レポートでは、海軍ISRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海軍ISRの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)治療薬の世界市場予測・分析
  • 世界の酸性ふっ化アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の酸性ふっ化アンモニウム市場2016について調査・分析し、酸性ふっ化アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 慣性計測装置 (IMU)とは、自動車で主に使われる電子装置で、フュージョンセンサー・ユニット (コンボセンサー)の一種であり、3種類 の加速度計と3種類のジャイロスコープとを格納したボックスです。オートバイ用IMUセンサーは、リフトアップ制御や牽引制御といった機能を一体化することによりオートバイの安定性を高め、より安全な走行体験が得られるようになります。
  • IR(赤外線)カメラの世界市場分析:製品別(ゲルマニウム、シリコン、セレン化亜鉛、サファイア)、用途別(軍事、防衛、産業、商業、医療撮像)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、IR(赤外線)カメラの世界市場について調査・分析し、IR(赤外線)カメラの世界市場動向、IR(赤外線)カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別IR(赤外線)カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"