"バイオシミラーの世界市場"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GBI096CBR)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バイオシミラーの世界市場"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Biosimilars Market – Increasingly Lucrative Market Fueled by Constrained Payer Environment and Patent Expiries for Best-Selling Biologics
Summary

GBI Research’s latest report: “Biosimilars” provides an in-depth assessment of the current developments and trends in the global biosimilars market. This report also assesses the state of the biosimilar R&D and commercial landscape through multilevel analytics that include data split by therapy area, stage of development, molecule, and company. Global revenue forecasts to 2024 for biosimilars with strong market potential, both in development and in the market, are provided.

Data analyses from our study shows that there will be enormous commercial opportunities for biosimilar manufacturers over the coming years, given the number of high-revenue-generating biologics that will go off patent in the next five years, and promising revenue forecasts for biosimilars in late-stage development.

Information leveraged from our robust industry-leading database highlights a diverse number of biosimilars in the pipeline for a wide range of therapy areas, with several of these in the later stages of development. Government support for biosimilars is increasing in key mature and emerging markets, given the cost-saving opportunities that these products represent for national healthcare budgets.

Our study details current biosimilar regulatory frameworks and guidelines implemented in the US, Europe, Japan, China, South Korea, India and Brazil, and recent developments in the landscape within these markets. GBI Research conducted extensive research efforts in order to provide a comprehensive view of the global biosimilar market. This new report adds to our unique portfolio of trusted industry analyses that enable our clients to assess the most promising commercial areas in the market and exploit key business opportunities.

Scope

- How does the global biosimilar pipeline look like in 2018?
- What is the distribution of pipeline biosimilars by stage of development?
- Which are the therapy areas set to benefit the most from biosimilar drugs in development?
- Which biosimilars are commonly targeted in the pipeline?
- How many companies are currently involved in biosimilar drug development? Which are the most active in the pipeline?
- What is the size of the global biosimilar market?
- How much revenue will promising biosimilar drugs in the market, and in development, record to 2024?
- What are the key factors driving growth in the global biosimilars market?
- What are the factors restraining the growth of global biosimilar market?
- How does legislation regarding biosimilar interchangeability differ among key geographical markets?
- How will legal or political changes in the landscape affect the biosimilar market?
- What are the key differences in biosimilar regulatory pathways between US, Europe, Japan, South Korea, China, Brazil, and India?
- What are the regulatory evidence requirements in each country?

Reasons to buy

- Develop an overview of the current biosimilar landscape in key markets
- Learn how regulatory or legal changes will affect the market
- Identify market prospects


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社CBR Pharma Insightsが"バイオシミラーの世界市場"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Table of Contents
EXECUTIVE SUMMARY
INTRODUCTION
2.1 Defining Biosimilars
2.2 Comparative Analysis: Biosimilars vs Generics
2.3 Biobetters
2.4 Why Biosimilars? SWOT Analysis
KEY DRIVERS
3.1 Constrained Payer Environment
3.2 Cost-effectiveness
3.3 Patent expiration
KEY BARRIERS
4.1 Development complexities and cost
4.2 Strategies from originators
4.3 Interchangeability and substitution concerns
BIOSIMILARS IN MATURE MARKETS
5.1 Biosimilar Approval Pathways Across Key Mature Markets
5.2 Biosimilars in EU
5.2.1 Developments in the EU Biosimilar Landscape: Gainsharing
5.3 Biosimilars in the US
5.3.1 Developments in the US Biosimilar Landscape: Reimbursement
5.3.2 Developments in the US Biosimilar Landscape: Rebate
5.4 Biosimilars in Japan
BIOSIMILARS IN EMERGING MARKET
6.1 Biosimilar Approval Pathways Across Key Emerging Markets
6.2 Biosimilars in South Korea
6.3 Biosimilars in China
6.3.1 Developments in the Chinese Biosimilar Landscape: Reforms
6.3.2 Developments in the Chinese Biosimilar Landscape: Investments
6.4 Biosimilars in Brazil
6.5 Biosimilars in India
6.6 Strategies for Biosimilars Manufacturers in Emerging Markets
GLOBAL BIOSIMILAR PIPELINE ANALYSIS
7.1 Global Biosimilar Pipeline by Stage of Development
7.2 Global Biosimilar Pipeline by Therapy Area
7.3 Global Biosimilar Pipeline by Indication: Top 10 targeted indications
7.4 Global Biosimilar Pipeline by Molecule: Top 10 targeted biosimilars
7.5 Most Active Manufacturers in the Global Biosimilar Pipeline: Product Volume by Stage of Development
7.6 Most Active Manufacturers in the Global Biosimilar Pipeline: Product Volume by Molecule
7.7 Most Active Manufacturers in the Global Biosimilar Late Stage Pipeline
GLOBAL BIOSIMILAR MARKET AND PRODUCT SALES FORECAST
8.1 Global Rituximab Biosimilar Market Forecast 2017 – 2024
8.2 Rituximab Biosimilar Market: ABP 798 Global Sales Forecast 2017 – 2024
8.3 Global Infliximab Biosimilar Market Forecast 2017 – 2024
8.4 Infliximab Biosimilar Market: Inflectra Global Sales Forecast 2017 – 2024
8.5 Global Trastuzumab Biosimilar Market Forecast 2017 – 2024
8.6 Trastuzumab Biosimilar Market: Kanjinti Global Sales Forecast 2017 – 2024
8.7 Global Bevacizumab Biosimilar Market Forecast 2017 – 2024
8.8 Bevacizumab Biosimilar Market: Mvasi Global Sales Forecast 2017 – 2024
8.9 Global Adalimumab Biosimilar Market Forecast 2017 – 2024
8.10 Adalimumab Biosimilar Market: Global Imraldi Sales Forecast 2017 – 2024
8.11 Insulin Glargine Biosimilar Market: Basaglar Global Sales Forecast 2017 – 2024
8.12 Etanercept Biosimilar Market: Benepali Global Sales Forecast 2017 – 2024
STRATEGIC ALLIANCES
9.1 Global Biosimilar Partnership Deals by Region and Value
9.2 Global Biosimilars Partnership Deals by Year
9.3 Global Biosimilar Licensing Deals by Region and Value
9.4 Global Biosimilar Licensing Deals by Year
9.5 Top 10 Targeted Biosimilars in Strategic Alliances
9.6 Most Active Companies in Strategic Alliances
COMPANY PROFILE
10.1 Sandoz
10.2 Pfizer
10.3 Celltrion
10.4 Samsung Bioepis
10.5 Amgen
10.6 Biocon
10.7 Dr. Reddy’s Laboratories
BIBLIOGRAPHY
Disclaimer

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バイオシミラーの世界市場
【発行日】2019年1月
【調査会社】CBR Pharma Insights
【コード】GBI096CBR
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バイオシミラーの世界市場についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アルミ複合パネルの世界市場分析:製品別(PVDF、ポリエステル、ラミネート被覆、酸化膜)、用途別(建設、自動車、広告板、鉄道)、地域別、セグメント予測 -2014-2025
    本調査レポートでは、アルミ複合パネルの世界市場について調査・分析し、アルミ複合パネルの世界市場動向、アルミ複合パネルの世界市場規模、市場予測、セグメント別アルミ複合パネル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セラミックタイルの世界市場:製品別(床タイル、壁タイル、他のセラミックタイル)、用途別(住宅用交換品、商業用、新築)、分析とセグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、セラミックタイルの世界市場について調査・分析し、セラミックタイルの世界市場動向、セラミックタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルコールエトキシレートの世界市場分析:脂肪アルコール、ラウリルアルコール、線形アルコール
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、アルコールエトキシレートの世界市場について調査・分析し、アルコールエトキシレートの世界市場動向、アルコールエトキシレートの世界市場規模、市場予測、セグメント別アルコールエトキシレート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非炭酸飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非炭酸飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非炭酸飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 形状記憶合金の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、形状記憶合金の世界市場について調査・分析し、形状記憶合金の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別形状記憶合金シェア、市場規模推移、市場規模予測、形状記憶合金種類別分析()、形状記憶合金用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・形状記憶合金の市場概観 ・形状記憶合金のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・形状記憶合金のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・形状記憶合金の世界市場規模 ・形状記憶合金の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・形状記憶合金のアメリカ市場規模推移 ・形状記憶合金のカナダ市場規模推移 ・形状記憶合金のメキシコ市場規模推移 ・形状記憶合金のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・形状記憶合金のドイツ市場規模推移 ・形状記憶合金のイギリス市場規模推移 ・形状記憶合金のロシア市場規模推移 ・形状記憶合金のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・形状記憶合金の日本市場規模推移 ・形 …
  • 世界の髄膜炎菌性コンジュゲート市場2016
    本調査レポートでは、世界の髄膜炎菌性コンジュゲート市場2016について調査・分析し、髄膜炎菌性コンジュゲートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ医学の世界市場分析:製品別(ボディーリカバリー、ボディサポート・リカバリー、ボディーモニター、アクセサリー)、用途別(膝、肩、足首及び足、背骨及び背骨、肘及び手首、股関節)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、スポーツ医学の世界市場について調査・分析し、スポーツ医学の世界市場動向、スポーツ医学の世界市場規模、市場予測、セグメント別スポーツ医学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食酢の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食酢の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食酢の世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのLLIF(Lateral Lumbar Interbody Fusion)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのLLIF(Lateral Lumbar Interbody Fusion)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのLLIF(Lateral Lumbar Interbody Fusion)市場規模及び予測、コスト及びベネフィット分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アポトーシス阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアポトーシス阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アポトーシス阻害剤の概要 ・アポトーシス阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアポトーシス阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アポトーシス阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アポトーシス阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 紫外線硬化樹脂&配合製品の世界市場予測(~2022年):オリゴマー、モノマー、光開始剤、添加剤
    当調査レポートでは、紫外線硬化樹脂&配合製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、化学成分別分析、用途別分析、地域別分析、紫外線硬化樹脂&配合製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場予測2019-2024
    「APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、APAP装置、APAPマスクなど、用途別には、Intensive Care、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。APAP(自動気道陽圧)装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場概要(サマリー) ・APAP(自動気道陽圧)装置の企業別販売量・売上 ・APAP(自動気道陽圧)装置の企業別市場シェア ・APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場規模:種類別(APAP装置、APAPマスク) ・APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場規模:用途別(Intensive Care、Home Use) ・APAP(自動気道陽圧)装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・APAP(自動気道陽圧)装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・APAP(自動気道陽圧)装置の欧州市 …
  • 成形繊維包装の世界市場
    当調査レポートでは、成形繊維包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、成形繊維包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 輸液ポンプの世界市場予測2017-2025
    本資料は、輸液ポンプの世界市場について調べ、輸液ポンプの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(容積測定、インスリン、歩行用、経腸、シリンジ、埋め込み式、PCA、付属品)分析、用途別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・輸液ポンプの世界市場概要 ・輸液ポンプの世界市場環境 ・輸液ポンプの世界市場動向 ・輸液ポンプの世界市場規模 ・輸液ポンプの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・輸液ポンプの世界市場規模:製品別(容積測定、インスリン、歩行用、経腸、シリンジ、埋め込み式、PCA、付属品) ・輸液ポンプの世界市場規模:用途別 ・輸液ポンプの世界市場規模:需要先別 ・輸液ポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・輸液ポンプの北米市場規模・予測 ・輸液ポンプのアメリカ市場規模・予測 ・輸液ポンプのヨーロッパ市場規模・予測 ・輸液ポンプのアジア市場規模・予測 ・輸液ポンプの …
  • リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のリンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)治療薬剤
  • 世界のコール酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のコール酸市場2016について調査・分析し、コール酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドックおよびヤード管理システムの世界市場:種類別(輸送管理システム、倉庫管理システム)、用途別(運輸・物流、食料品、小包郵便、小売、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、ドックおよびヤード管理システムの世界市場について調べ、ドックおよびヤード管理システムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(輸送管理システム、倉庫管理システム)分析、用途別(運輸・物流、食料品、小包郵便、小売、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはManhattan Associates、Kelley Entrematic、Epicor Software Group、Royal4Systems、Oracle Corporation、Zebra、Softeon 、Sight Solution、Quark Software Inc、C3 Solutionsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場概要 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場環境 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場動向 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場規模 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場規模: …
  • 自動車用触媒の世界市場予測(~2023年):白金、パラジウム、ロジウム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用触媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(白金、パラジウム、ロジウム)分析、車両タイプ別(小型商用車、大型商用車)分析、自動車用触媒の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イオン交換樹脂の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、イオン交換樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、イオン交換樹脂市場規模、製品別(キレート樹脂、アニオン交換樹脂、吸着剤樹脂、カチオン交換樹脂、混床式樹脂、その他)分析、原材料別(架橋ポリスチレン、ポリスチレンコポリマー、ポリアクリルコポリマー、その他)分析、マトリックス構造別(シート、ゲル、ポーラスビーズ、微多孔質ビーズ、パウダー、その他)分析、用途別(tert-アミルメチルエーテル(TAME)、糖精製、液体グルコース、ウラン鉱業、金鉱採掘、メチルtert-ブチルエーテル(MTBE)触媒、超純水、ビスフェノールA、水軟化、その他)分析、エンドユーザー別(湿式精錬・金属表面処理、医薬品、食品・飲料、紙・パルプ、原子力水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ イオン交換樹脂の世界市場:市場動向分析 ・ イオン交換樹脂の世界市場:競争要因分析 ・ イオン交換樹脂の世界市場:製品別(キレート樹脂、アニオン交 …
  • LED&OLEDディスプレイおよび照明製品のアフリカ市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 世界のプラスチック充填材マスターバッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチック充填材マスターバッチ市場2015について調査・分析し、プラスチック充填材マスターバッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 施肥潅漑および薬品混入灌漑の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、施肥潅漑および薬品混入灌漑の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、作物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データベース暗号化の世界市場:透過的暗号化、ファイルシステム暗号化、アプリケーションレベル暗号化、列レベル暗号化、ハッシュ、鍵管理
    当調査レポートでは、データベース暗号化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、導入形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 住居用洗濯機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、住居用洗濯機の世界市場について調査・分析し、住居用洗濯機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別住居用洗濯機シェア、市場規模推移、市場規模予測、住居用洗濯機種類別分析(全自動、半自動)、住居用洗濯機用途別分析(学校用、住居用、ホテル用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・住居用洗濯機の市場概観 ・住居用洗濯機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・住居用洗濯機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・住居用洗濯機の世界市場規模 ・住居用洗濯機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・住居用洗濯機のアメリカ市場規模推移 ・住居用洗濯機のカナダ市場規模推移 ・住居用洗濯機のメキシコ市場規模推移 ・住居用洗濯機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・住居用洗濯機のドイツ市場規模推移 ・住居用洗濯機のイギリス市場規模推移 ・住居用洗濯機のロシア市場規模推移 ・住居用洗濯機のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジ …
  • プロテイン成分の世界市場2018–2025:製品別[植物(小麦、大豆濃縮物)、動物(卵、乳濃縮物)]、用途別
    本調査レポートでは、プロテイン成分の世界市場について調査・分析し、プロテイン成分の世界市場動向、プロテイン成分の世界市場規模、市場予測、セグメント別プロテイン成分市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サシェ包装の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、サシェ包装の世界市場について調査・分析し、サシェ包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サシェ包装の世界市場:市場動向分析 - サシェ包装の世界市場:競争要因分析 - サシェ包装の世界市場:パックサイズ別 ・1 ml -10 ml ・11 ml – 20 ml ・21 ml – 30 ml ・その他 - サシェ包装の世界市場:材料タイプ別 ・アルミホイル ・紙 ・プラスチック ・その他 - サシェ包装の世界市場:用途別 ・医薬品 ・パーソナルケア・化粧品 ・食品 ・産業用 - サシェ包装の世界市場:主要地域別分析 - サシェ包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - サシェ包装のヨーロッパ市場規模 - サシェ包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・サシェ包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 内視鏡検査システムの世界市場:予測とディスカッション2016-2026
    当調査レポートでは、内視鏡検査システムの世界市場について調査・分析し、内視鏡検査システムの世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 内視鏡検査の概要 3. 内視鏡検査装置市場 4. 腹腔鏡検査装置市場 5. 泌尿器内視鏡検査装置市場 6. 消化管内視鏡検査装置市場 7. 関節鏡検査、ENT用、婦人科用およびその他内視鏡検査装置2次市場 8. 内視鏡検査装置の主要国市場 9. 内視鏡検査装置開発・パイプライン 10. 内視鏡検査装置市場の定性分析 11. 調査インタビュー 12. 結論
  • 神経刺激装置の世界市場分析:製品別(深部脳刺激装置、胃電気刺激装置、脊髄刺激装置、仙骨神経刺激装置、迷走神経刺激装置)、用途別(痛み管理、てんかん、精神遅滞、尿道・便失禁、うつ病、ジストニア、胃不全麻痺、パーキンソン病、その他の疾患)、セグメント予測
    本調査レポートでは、神経刺激装置の世界市場について調査・分析し、神経刺激装置の世界市場動向、神経刺激装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経刺激装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 慣性計測装置 (IMU)とは、自動車で主に使われる電子装置で、フュージョンセンサー・ユニット (コンボセンサー)の一種であり、3種類 の加速度計と3種類のジャイロスコープとを格納したボックスです。オートバイ用IMUセンサーは、リフトアップ制御や牽引制御といった機能を一体化することによりオートバイの安定性を高め、より安全な走行体験が得られるようになります。
  • 動物飼料用プロバイオティクスの世界市場予測(~2025年)
    動物飼料用プロバイオティクスの世界市場は、2019年の46億米ドルから2025年には70億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、動物由来製品の消費の増加、組織化されていない畜産業から組織化された畜産業への移行、病害発生の回避を念頭に置いた動物の健康に対する意識の高まりなどが考えられます。当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、家畜別(家禽、反芻動物、ブタ、養殖水産動植物、ペット)分析、ソース別(バクテリア、酵母・菌類)分析、形態別(乾燥、液体)分析、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアハウジング・ロジスティクスロボットの世界市場:種類別(パレタイジング ロボット、ハンドリングロボット、デパレタイジングロボット、デリバリーロボット、サポートロボット、製造ロボット、その他)、用途別(食品&飲料ロジスティックス、製薬ロジスティックス、電気製品ロジスティックス、機械製品ロジスティックス、その他)、地域別予測
    本資料は、ウェアハウジング・ロジスティクスロボットの世界市場について調べ、ウェアハウジング・ロジスティクスロボットの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(パレタイジング ロボット、ハンドリングロボット、デパレタイジングロボット、デリバリーロボット、サポートロボット、製造ロボット、その他)分析、用途別(食品&飲料ロジスティックス、製薬ロジスティックス、電気製品ロジスティックス、機械製品ロジスティックス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはIBM、Oracle、Pegasystems、PTC、SAP、Astea International、Industrial and Financial Systems (IFS)、Infosys、Tavant Technologies、Tech Mahindra、Wipro などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウェアハウジング・ロジスティクスロボットの世界市場概要 ・ウェアハウジング・ロジスティクスロボ …
  • 歯科用フィッティングの世界市場
    当調査レポートでは、歯科用フィッティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用フィッティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ衛星及びマイクロ衛星の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ナノ衛星及びマイクロ衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、重さ別分析、用途別分析、産業別分析、ナノ衛星及びマイクロ衛星の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用コネクタの世界市場予測(~2021年):ワイヤ対ワイヤコネクタ、ワイヤ対ボードコネクタ、ボード対ボードコネクタ
    当調査レポートでは、自動車用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、コネクタ種類別分析、用途別分析、システム種類別分析、車両種類別分析、自動車用コネクタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コールドチェーン物流のイギリス市場:エンドユーザー別、
  • ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場規模が2017年78.6億ドルから2026年138.6億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチング市場規模、装置・サービス種類別(セメント装置・サービス、ケーシング装置・サービス)分析、種類別(ケージング、セメンチング)分析、ウェル種類別(垂直式ウェル、水平式ウェル)分析、作動タイプ別(修復セメント、一次セメント、他の作動タイプ)分析、用途別(オフショア、オンショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場:市場動向分析 ・ ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場:競争要因分析 ・ …
  • 世界の携帯型ガス検知器市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型ガス検知器市場2015について調査・分析し、携帯型ガス検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 射出成型機の世界市場:プラスチック、ゴム、金属、セラミック
    当調査レポートでは、射出成型機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の世界市場について調査・分析し、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)種類別分析(ポリメリックMDI、ピュアMDI、編成MDI )、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)用途別分析(硬質フォーム、軟質フォーム、コーティング、エラストマー、接着剤・シーラント、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の市場概観 ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の世界市場規模 ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシ …
  • 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場規模が2017年107.4億ドルから2026年175.7億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軍事シミュレーション・トレーニング市場規模、種類別(液体タイプ、乾燥タイプ)分析、トレーニング種類別(建設的、ライブ、ゲームシミュレーション、バーチャル)分析、用途別(地上、空中、海軍)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場:市場動向分析 ・ 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場:競争要因分析 ・ 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場:種類別(液体タイプ、乾燥タイプ) ・ 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場:トレーニング種類別(建設的、ライブ、ゲームシミュレーション、バーチャル) ・ 軍事シミ …
  • ベルギーの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • プラスミノーゲン活性化因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプラスミノーゲン活性化因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プラスミノーゲン活性化因子阻害剤の概要 ・プラスミノーゲン活性化因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のプラスミノーゲン活性化因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プラスミノーゲン活性化因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プラスミノーゲン活性化因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 工業用塗料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用塗料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用塗料市場規模、技術別(高固体、粉体塗装、溶剤型技術、水性技術、前処理、放射線硬化性塗料)分析、樹脂別(アクリル、アルキド、エポキシ樹脂、フッ素重合体、ポリエステル、ポリウレタン、その他)分析、エンドユーザー別(航空、プラスチック部品、自動車・輸送、包装、鉄道、耐久消費財、コイル・押出型工業用塗料、海洋、木材、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用塗料の世界市場:市場動向分析 ・ 工業用塗料の世界市場:競争要因分析 ・ 工業用塗料の世界市場:技術別(高固体、粉体塗装、溶剤型技術、水性技術、前処理、放射線硬化性塗料) ・ 工業用塗料の世界市場:樹脂別(アクリル、アルキド、エポキシ樹脂、フッ素重合体、ポリエステル、ポリウレタン、その他) ・ 工業用塗料の世界市場:エンドユーザー別(航空、プラスチック部品、自動車・輸送、包装、鉄道、耐久消費財、コイル・押出 …
  • 肺水腫(Pulmonary Edema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺水腫(Pulmonary Edema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺水腫(Pulmonary Edema)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺水腫(Pulmonary Edema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺水腫(Pulmonary Edema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬剤
  • イギリスの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • リチウムイオン電池用バインダーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、リチウムイオン電池用バインダーの世界市場について調べ、リチウムイオン電池用バインダーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、リチウムイオン電池用バインダーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(カソードバインダー、アノードバインダー)、用途別(パワー電池、蓄電池、デジタル電池、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はリチウムイオン電池用バインダーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均22%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・リチウムイオン電池用バインダーの市場状況 ・リチウムイオン電池用バインダーの市場規模 ・リチウムイオン電池用バインダーの市場予測 ・リチウムイオン電池用バインダーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(カソードバインダー、アノードバインダー) ・市場セグメンテーション:用途別(パワー電池、蓄電池、デジタ …
  • 人工関節の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、人工関節の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工関節の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は人工関節の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DePuy Synthes、Smith & Nephew、Stryker、Zimmer Biomet等です。
  • 車載エンターテイメントおよび情報システムの世界市場
    当調査レポートでは、車載エンターテイメントおよび情報システムの世界市場について調査・分析し、車載エンターテイメントおよび情報システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 地形認識警報装置(TAWS)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、地形認識警報装置(TAWS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、システム別分析、エンジン種類別分析、用途別分析、地域別分析、地形認識警報装置(TAWS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高級ペンの世界市場2017-2021:万年筆、ボールペン、水性ボールペン、ファインライナーペン、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高級ペンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高級ペンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高級ペンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.90%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はT. Cross Company、Josef Lamy、ELMO & MONTEGRAPPA、Montblanc International、Newell Brands、S.T. Dupont等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"