"新しい遺伝子治療法市場動向"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GBI095CBR)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"新しい遺伝子治療法市場動向"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Emerging Gene Therapies – Trends within the Technological, Clinical, Regulatory and Competitive Landscape
Summary

GBI Research’s latest report “Emerging Gene Therapies – Trends within the Technological, Clinical, Regulatory and Competitive Landscape” provides a comprehensive overview of the emerging gene therapy market. The report discusses gene therapy and the technology behind gene editing, outlining the advantages, limitations and current evidence for the platforms under development. The report discusses relevant clinical studies targeting specific therapeutic indications and highlights examples of current challenges within the field, with a focus on therapies that target the eye, liver, and blood.

Additionally, the report provides a background to the CRISPR patent litigation, a key factor within the gene editing company landscape. It provides profiles of six companies developing gene editing platforms, considers the gene therapy interests of the main pharmaceutical companies, and discusses current regulatory trends in the development of gene therapies.

The report explores how emerging gene editing products will compete with established products, their relative competitive strengths, and upcoming value inflection points within the field.

Scope

- What are the key emerging products within the gene therapy landscape?
- Which companies have the strongest pipeline of innovative products?
- How will gene editing disrupt existing gene therapy products?
- What are the regulatory trends for emerging gene therapies?
- What are the interests of pharmaceutical companies within the field?

Reasons to buy

- Achieve an up-to-date understanding of the area, with a comprehensive reference of key products within the gene therapy landscape, compared across technology-specific relevant characteristics such as editing mechanism and delivery vector.
- Conduct competitive analysis using indication-specific, side-by-side comparisons of the latest data for key gene therapy products in the strategically relevant areas of eye, blood, and liver.
- Conduct strategic analysis using an overview of gene therapy specific considerations for evaluating and developing gene therapy products – the CRISPR patent space, emerging regulatory trends, innovation leaders and the interests of pharma in gene therapy.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社CBR Pharma Insightsが"新しい遺伝子治療法市場動向"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Table of Contents
1 Table of Contents 5
1.1 List of Tables 7
1.2 List of Figures 8
2 Introduction 10
2.1 Gene Therapy – Definitions 10
2.2 Report Coverage – the Emerging Gene Therapy Pipeline 11
2.3 History of Gene Therapy 12
2.4 Limitations of Gene Transfer 13
2.5 The Development of Targeted Gene Editing 13
2.6 Overview of Gene Editing Platforms 13
2.6.1 Zinc Fingers (1996) 13
2.6.2 Transcription Activator-Like Effectors (2011) 14
2.6.3 The CRISPR/Cas System (2013) 15
2.6.4 Effectors for Targeting Domains 19
2.6.5 Comparison of Gene Editing Systems 19
2.6.6 Summary of Gene Editing Systems 19
2.7 Overview of In Vivo Gene Therapy 21
2.7.1 Editing is Dependent on Cell Type, Stage, and Repair Pathway 21
2.7.2 Delivery 21
2.7.3 Emerging Safety Concerns with Editing Platforms 24
2.7.4 Editing Products are Reliant on the Target Cell’s Cycle Stage and DNA Repair Machinery 27
2.7.5 Advantages of Gene Editing over Gene Transfer 28
2.7.6 Integration into ‘Safe Harbor’ Sites 28
2.7.7 The Increasing Complexity of Gene Therapy 30
2.7.8 Summary of In Vivo Gene Therapy 31
3 Gene Therapy – Near Term Product Pipeline 33
3.1 Leber Congenital Amaurosis 33
3.1.1 Unmet Need 33
3.1.2 Molecular Genetics 33
3.1.3 Luxturna (Voretigene neparvovec) 33
3.1.4 Editas Medicine: EDIT-101 35
3.1.5 Trial Design 36
3.1.6 EDIT-101 and Off-Target Effects 37
3.1.7 The Potential Advantage of EDIT-101 is the Longevity of its Therapeutic Effect 37
3.1.8 Summary – LCA 38
3.2 Choroideremia 38
3.3 Hurler Syndrome (MPS I) 39
3.3.1 Key Clinical Studies 40
3.3.2 Regenex: RGX-111 40
3.3.3 Sangamo Therapeutics: SB-318 40
3.4 Hunter Syndrome (MPS II) 41
3.4.1 Unmet Need 41
3.4.2 Sangamo Therapeutics: SB-913 41
3.4.3 Immusoft Corporation: Cell Therapy 43
3.5 Sanfilippo Syndrome (MPS III) 43
3.5.1 Lysogene: LYS-SAF302 43
3.6 Summary – MPS Disorders 44
3.7 Hemophilia 44
3.7.1 Hemophilia A 46
3.7.2 Summary – Hemophilia A 50
3.7.3 Hemophilia B 51
3.7.4 Summary – Hemophilia B 53
3.8 Hemoglobinopathies 54
3.8.1 Beta Thalassemia: Unmet Need 54
3.8.2 Beta Thalassemia: Molecular Genetics 55
3.8.3 Sickle Cell Disease: Unmet Need 56
3.8.4 Sickle Cell Disease: Molecular Genetics 56
3.9 Cellular Therapies for Hemoglobinopathies 57
3.9.1 Blue Bird Bio: BB-305 (‘LentiGlobin’) 57
3.9.2 Sangamo: ST-400 60
3.9.3 CRISPR Therapeutics: CTX-001 61
3.9.4 Summary: Cellular Therapies for Hemoglobinopathies 62
3.10 Duchenne Muscular Dystrophy 63
3.10.1 Unmet Need 63
3.10.2 Molecular Genetics 63
3.10.3 ExonDys 51 – Sarepta Therapeutics 64
3.10.4 Solid BioSciences: SGT-001 66
3.10.5 Exonics Therapeutics: CRISPR Approach 67
3.10.6 Summary – Duchenne Muscular Dystrophy 68
4 Competitive Landscape 69
4.1 Regulatory Considerations for Developing Gene Therapy Products 69
4.1.1 Product Characteristics 69
4.1.2 Clinical Study Design for Gene Therapy Products 69
4.1.3 Disease specific guidance 70
4.1.4 Reimbursement and Payment 71
4.1.5 Summary – Regulatory Considerations 72
4.2 Intellectual Property – CRISPR/Cas 72
4.2.1 Licensing, Exploitation, and MPEG Pool 74
4.3 Company Analysis: Gene Editing Companies 75
4.3.1 Sangamo Therapeutics 75
4.3.2 CRISPR Therapeutics 79
4.3.3 Casebia Therapeutics 81
4.3.4 Editas Medicine 82
4.3.5 Intellia Therapeutics 84
4.3.6 Homology Medicines 86
4.4 Company Analysis: Pharma 87
4.4.1 Amgen 87
4.4.2 Gilead Sciences 87
4.4.3 Novartis 87
4.4.4 Sanofi 88
4.4.5 GlaxoSmithKline 88
4.4.6 Pfizer 88
5 Appendix 89
5.1 References 89
5.2 Report Methodology 98
5.3 About GBI Research 99
5.4 Disclaimer 99

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】新しい遺伝子治療法市場動向
【発行日】2019年1月
【調査会社】CBR Pharma Insights
【コード】GBI095CBR
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
新しい遺伝子治療法市場動向についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のMOOC市場2019
    本調査レポートでは、世界のMOOC市場2019について調査・分析し、MOOCの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、MOOCのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、MOOCメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・MOOCの市場概要 ・MOOCの上流・下流市場分析 ・MOOCのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・MOOCのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MOOCのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・MOOCのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MOOCの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・MOOCの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MOOCの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・MOOCの北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MOOCのヨー …
  • 仮焼アルミナの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、仮焼アルミナの世界市場について調査・分析し、仮焼アルミナの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別仮焼アルミナシェア、市場規模推移、市場規模予測、仮焼アルミナ種類別分析(純度≥99%、93%≤純度≤99%、純度≤93%)、仮焼アルミナ用途別分析(耐火材、セラミックス)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・仮焼アルミナの市場概観 ・仮焼アルミナのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・仮焼アルミナのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・仮焼アルミナの世界市場規模 ・仮焼アルミナの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・仮焼アルミナのアメリカ市場規模推移 ・仮焼アルミナのカナダ市場規模推移 ・仮焼アルミナのメキシコ市場規模推移 ・仮焼アルミナのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・仮焼アルミナのドイツ市場規模推移 ・仮焼アルミナのイギリス市場規模推移 ・仮焼アルミナのロシア市場規模推移 ・仮焼アルミナのアジア市場分析(日本、中国、 …
  • 世界の繊維中間体市場:パラキシレン、o‐キシレン、TPA、カプロラクタム、トルエン、ポリエチレン
  • 先進建設資材の世界市場予測2019-2024
    「先進建設資材の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、作物ベース資材、非作物ベース資材など、用途別には、Residential Construction、Commercial Construction、Industrial Constructionなどに区分してまとめた調査レポートです。先進建設資材のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・先進建設資材の世界市場概要(サマリー) ・先進建設資材の企業別販売量・売上 ・先進建設資材の企業別市場シェア ・先進建設資材の世界市場規模:種類別(作物ベース資材、非作物ベース資材) ・先進建設資材の世界市場規模:用途別(Residential Construction、Commercial Construction、Industrial Construction) ・先進建設資材の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・先進建設資材のアジア市場規模(日本、中国、韓国、イン …
  • 世界の脱穀機市場2015
    本調査レポートでは、世界の脱穀機市場2015について調査・分析し、脱穀機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッドFPGAの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイブリッドFPGAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッドFPGAの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はハイブリッドFPGAの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Achronix Semiconductor• FPGA family • Intel• Lattice Semiconductor• XILINX等です。
  • アルミ合金オートホイールの世界市場予測2019-2024
    「アルミ合金オートホイールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、 鋳造、鍛造、その他など、用途別には、Passenger Vehicle、Commercial Vehicleなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミ合金オートホイールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミ合金オートホイールの世界市場概要(サマリー) ・アルミ合金オートホイールの企業別販売量・売上 ・アルミ合金オートホイールの企業別市場シェア ・アルミ合金オートホイールの世界市場規模:種類別( 鋳造、鍛造、その他) ・アルミ合金オートホイールの世界市場規模:用途別(Passenger Vehicle、Commercial Vehicle) ・アルミ合金オートホイールの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミ合金オートホイールのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミ合金オートホイールの欧州市場規 …
  • 中国の半導体産業:拡張計画分析及び動向
  • スイスの体外式除細動器市場見通し
  • 産業用消防訓練プログラム及びサービスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用消防訓練プログラム及びサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、訓練タイプ別分析、システム別分析、地域別分析、産業用消防訓練プログラム及びサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、ディスプレイ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アフターサン(サンケア)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 静脈内薬物送達ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、静脈内薬物送達ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、静脈内薬物送達ソリューションの世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロロケーション技術の世界市場予測(~2024年)
    マイクロロケーション技術の世界市場は、2019年の141億米ドルから2024年には341億米ドルに達し、この期間中19.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、さまざまな業界において資産管理の重要性が増していること、位置情報に基づくモバイル広告の利用が増加していること、投資収益率が高いこと、モバイル機器の採用が増加していること、屋内施設においてGPSが非効率であること、そして、小売業・ホスピタリティ産業において独自の顧客体験を提供する必要性があることが考えられます。一方で、セキュリティとプライバシーに関する懸念、および小売業界での電子商取引の増加により、市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、マイクロロケーション技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(資産管理、近接マーケティング)分析、技術別(BLE、UWB、Wi-Fi、RFID)分析、提供別分析、産業別(小売・ホスピタリティ、ヘルスケア、工業、輸送、スポーツ)分析、マイクロロケーション技術の世界市場規模及び予測、市場動 …
  • UAEの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 世界の熱可塑性ポリオレフィン(TPO)市場2016
    本調査レポートでは、世界の熱可塑性ポリオレフィン(TPO)市場2016について調査・分析し、熱可塑性ポリオレフィン(TPO)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乳幼児向け植物系タンパク質製品市場規模、製品別(SBPP(大豆系プロテイン製品)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Danone, Hain Celestial, Nestlé, Reckitt Benckiser Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場概要 ・乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場環境 ・乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場動向 ・乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場規模 ・乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場:業界構造分析 ・乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場:製品別(SBPP(大豆系プロテイン製品)、その他) ・乳幼児向け植物系タンパク質製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・乳幼児向け植物系タンパク質製品の北米市場規模・予測 ・乳幼 …
  • 金属切削工具の世界市場2017-2021:フライス工具、穿孔具、旋削工具、回転具
    当調査レポートでは、金属切削工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属切削工具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの子供用自転車市場
    当調査レポートでは、ヨーロッパの子供用自転車市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの子供用自転車市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 美容用レーザーの世界市場分析:用途別(IPLレーザー治療、レーザー皮膚表面修復、非侵襲的引き締め、レーザー補助下脂肪形成術、レーザー脱毛)、セグメント予測 2024
    本調査レポートでは、美容用レーザーの世界市場について調査・分析し、美容用レーザーの世界市場動向、美容用レーザーの世界市場規模、市場予測、セグメント別美容用レーザー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のモレキュラーシーブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のモレキュラーシーブ市場2016について調査・分析し、モレキュラーシーブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • POC血液凝固検査の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、POC血液凝固検査の世界市場について調べ、POC血液凝固検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、POC血液凝固検査の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(病院・診療所、ホームケア)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はPOC血液凝固検査の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・POC血液凝固検査の市場状況 ・POC血液凝固検査の市場規模 ・POC血液凝固検査の市場予測 ・POC血液凝固検査の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(病院・診療所、ホームケア) ・POC血液凝固検査の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • IoTの世界市場分析:コンポーネント別(デバイス、接続性、ITサービス、プラットフォーム)、用途別(消費者家電、小売、製造、輸送、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、IoTの世界市場について調査・分析し、IoTの世界市場動向、IoTの世界市場規模、市場予測、セグメント別IoT市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バラスト水管理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バラスト水管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バラスト水管理の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 船舶は安定化のため、海水を積み込みます。このバラスト水と呼ばれる海水に混入している生物が本来の生息地と異なる地域で未処理のまま排出されると、生態系に影響を与えると懸念されています。バラスト水管理は、バラスト水排水による悪影響を防ぐことを目的としています。Technavio社はバラスト水管理の世界市場が2017-2021年期間中に年平均31.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ALFA LAVAL• GEA Group• Hitachi• Veolia Water Technologies• Wärtsilä等です。
  • オーストラリアの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場予測(~2023年):スマートフォンカメラ、スタンドアローンカメラ、マシンビジョン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、提供方式別分析、地域別分析、コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代がん診断の世界市場
    当調査レポートでは、次世代がん診断の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・次世代がん診断の世界市場:用途別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:技術別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:機能別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:がん種類別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・次世代がん診断のアメリカ市場規模予測 ・次世代がん診断のヨーロッパ市場規模予測 ・次世代がん診断のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • マイクロモバイルデータセンターの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、マイクロモバイルデータセンターの世界市場について調査・分析し、マイクロモバイルデータセンターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - マイクロモバイルデータセンターの世界市場:市場動向分析 - マイクロモバイルデータセンターの世界市場:競争要因分析 - マイクロモバイルデータセンターの世界市場:ユニット数別 ・40RU以上 ・25~40RU ・25RU以下 - マイクロモバイルデータセンターの世界市場:組織規模別 ・大企業 ・中小企業 - マイクロモバイルデータセンターの世界市場:用途別 ・リモートオフィス支援 ・インスタントデータセンター・レトロフィット ・モバイルコンピューティング ・高密度ネットワーク ・その他の用途 - マイクロモバイルデータセンターの世界市場: エンドユーザー別 ・医療 ・IT・通信 ・小売り ・銀行、金融サービス、保険 ・教育 ・製造 ・エネルギー ・政府・防衛 ・その他のエンドユーザー - マイクロモバイルデータセンターの世界市場:主要地域別分析 - マイ …
  • 脂肪族アミンの世界市場分析
    本調査レポートでは、脂肪族アミンの世界市場について調査・分析し、脂肪族アミンの世界市場動向、脂肪族アミンの世界市場規模、市場予測、セグメント別脂肪族アミン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イスラエルの外傷固定装置市場見通し
  • クラウドゲームの世界市場:ビデオストリーミング、ファイルストリーミング
    当調査レポートでは、クラウドゲームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドゲーム市場規模、種類別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング)分析、プラットフォーム別(ゲーム機、コンピューティングデバイス、スマートテレビ、モバイル機器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、LiquidSky, NVIDIA, Sony, Valveなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウドゲームの世界市場概要 ・クラウドゲームの世界市場環境 ・クラウドゲームの世界市場動向 ・クラウドゲームの世界市場規模 ・クラウドゲームの世界市場:業界構造分析 ・クラウドゲームの世界市場:種類別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング) ・クラウドゲームの世界市場:プラットフォーム別(ゲーム機、コンピューティングデバイス、スマートテレビ、モバイル機器) ・クラウドゲームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウドゲームの北米市場規模・予測 ・クラウドゲ …
  • ロボット式トータルステーションの世界市場2017-2021:測量用、土木・建築用、掘削用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボット式トータルステーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット式トータルステーションの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はロボット式トータルステーションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCarlson Software、GENEQ、Leica Geosystems、Topcon、Trimble等です。
  • アメリカの食品サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの食品サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの食品サービス市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の骨接合術用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の骨接合術用デバイス市場2015について調査・分析し、骨接合術用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場分析:エンドユーザー別(紙、食品包装、建設、電子)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場について調査・分析し、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場動向、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリビニルアルコール(PVA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • HPV検査およびPAP検査の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、HPV検査およびPAP検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、検査種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クロストリジウム・ディフィシル感染症(クロストリジウム・ディフィシル関連疾患):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるクロストリジウム・ディフィシル感染症(クロストリジウム・ディフィシル関連疾患)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、クロストリジウム・ディフィシル感染症(クロストリジウム・ディフィシル関連疾患)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・クロストリジウム・ディフィシル感染症(クロストリジウム・ディフィシル関連疾患)の概要 ・クロストリジウム・ディフィシル感染症(クロストリジウム・ディフィシル関連疾患)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のクロストリジウム・ディフィシル感染症(クロストリジウム・ディフィシル関連疾患)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • フルーツパウダー(ソフトドリンク)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 軍用スマートテキスタイルの世界市場2016-2020:アクティブスマートテキスタイル、パッシブスマートテキスタイル、ウルトラスマートテキスタイル
    当調査レポートでは、軍用スマートテキスタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用スマートテキスタイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブル機器向けロールツーロールプリンティングの世界市場:材料、装置、印刷技術、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、フレキシブル機器向けロールツーロールプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料・装置別分析、技術別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、フレキシブル機器向けロールツーロールプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IoT(モノのインターネット)セキュリティの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IoT(モノのインターネット)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IoT(モノのインターネット)セキュリティの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホイールハブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のホイールハブ市場2016について調査・分析し、ホイールハブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーの心臓血管手術装置市場見通し
  • ギアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ギアの世界市場について調査・分析し、ギアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ギアシェア、市場規模推移、市場規模予測、ギア種類別分析()、ギア用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ギアの市場概観 ・ギアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ギアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ギアの世界市場規模 ・ギアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ギアのアメリカ市場規模推移 ・ギアのカナダ市場規模推移 ・ギアのメキシコ市場規模推移 ・ギアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ギアのドイツ市場規模推移 ・ギアのイギリス市場規模推移 ・ギアのロシア市場規模推移 ・ギアのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ギアの日本市場規模推移 ・ギアの中国市場規模推移 ・ギアの韓国市場規模推移 ・ギアのインド市場規模推移 ・ギアの東南アジア市場規模推移 ・ギアの南米・中東・アフリカ市場分析 ・ギア …
  • 冷凍ベーカリーの世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、冷凍ベーカリーの世界市場について調査・分析し、冷凍ベーカリーの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 締固め機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、締固め機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、締固め機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用複合材料の世界市場:GFRP、フォームコア材料、CFRP
    当調査レポートでは、船舶用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ジェット燃料添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ジェット燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェット燃料添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 全粒穀物および高繊維食品の米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、全粒穀物および高繊維食品の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、全粒穀物および高繊維食品の米国市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は全粒穀物および高繊維食品の米国市場が2017-2021年期間中に年平均6.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cargill、Flowers Foods、Hodgson Mill、Kellogg、Mondelēz International等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"