"フルオロシリコーンの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23707)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"フルオロシリコーンの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The increase in demand for 3D printing to drive growth in the market. The use of fluorosilicones as a material for creating a 3D model is an emerging trend. Fluorosilicones can be used in 3D printing for producing functional prototypes and replacement parts for automobiles, aircrafts, and medical components. Technavio’s analysts have predicted that the fluorosilicone market will register a CAGR of almost 8% by 2022.
Market Overview
Growing demand from the developing countries
Fluorosilicones are extensively used in automotive applications in developing economies such as China, Brazil, Mexico, India, the Phillippines, and Indonesia.
Threat of substitutes
The extensive use of fluorocarbons and perfluorocarbon in the production of O-rings, gaskets, and hoses poses a serious challenge to the growth of the market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the fluorosilicone market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including ChemChina and DowDuPont the competitive environment is quite intense. Factors such as the rising demand from the developing countries and the increase in demand for 3D printing, will provide considerable growth opportunities to fluorosilicone manufactures. ChemChina, DowDuPont, KCC, Momentive, Shin-Etsu Chemical, and Wacker Chemie are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"フルオロシリコーンの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Segmentation by end-user
• Comparison by end-user
• Transportation – Market size and forecast 2017-2022
• OEM – Market size and forecast 2017-2022
• Oil and gas – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by end-user
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Increase in demand for 3D printing
• Discovery of potential reserves
• Growing preference for backward integration
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• ChemChina
• DowDuPont
• KCC
• Momentive
• Shin-Etsu Chemical
• Wacker Chemie
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Segments of the global specialty chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global fluorosilicone market – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 09: Global fluorosilicone market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: End-user – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by end-user
Exhibit 21: Transportation – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 22: Transportation – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: OEM – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 24: OEM – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Oil and gas – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 26: Oil and gas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 28: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 29: Market opportunity by end-user
Exhibit 30: Global fluorosilicone market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 31: Regional comparison
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Top 3 countries in APAC
Exhibit 35: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 36: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: Top 3 countries in the Americas
Exhibit 38: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 39: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 41: Market opportunity
Exhibit 42: Vendor landscape
Exhibit 43: Landscape disruption
Exhibit 44: Vendors covered
Exhibit 45: Vendor classification
Exhibit 46: Market positioning of vendors
Exhibit 47: Vendor overview – ChemChina
Exhibit 48: ChemChina – Product segments
Exhibit 49: ChemChina – Organizational developments
Exhibit 50: ChemChina – Key offerings
Exhibit 51: Vendor overview – DowDuPont
Exhibit 52: DowDuPont – Business Segments
Exhibit 53: DowDuPont – Organizational developments
Exhibit 54: DowDuPont – Geographical focus
Exhibit 55: DowDuPont – Segment focus
Exhibit 56: DowDuPont – Key offerings
Exhibit 57: Vendor overview – KCC
Exhibit 58: KCC – Product segments
Exhibit 59: KCC – Organizational developments
Exhibit 60: KCC – Key offerings
Exhibit 61: Vendor overview – Momentive
Exhibit 62: Momentive – Business segments
Exhibit 63: Momentive – Organizational developments
Exhibit 64: Momentive – Geographical focus
Exhibit 65: Momentive – Segment focus
Exhibit 66: Momentive– Key offerings
Exhibit 67: Vendor overview – Shin-Etsu Chemical
Exhibit 68: Shin-Etsu Chemical – Product segments
Exhibit 69: Shin-Etsu Chemical – Organizational developments
Exhibit 70: Shin-Etsu Chemical – Segment focus
Exhibit 71: Shin-Etsu Chemical– Key offerings (for the market under focus)
Exhibit 72: Vendor overview – Wacker Chemie
Exhibit 73: Wacker Chemie– Business segments
Exhibit 74: Wacker Chemie– Organizational developments
Exhibit 75: Wacker Chemie – Geographical focus
Exhibit 76: Wacker Chemie – Segment focus
Exhibit 77: Wacker Chemie – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】フルオロシリコーンの世界市場2018-2022
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23707
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
フルオロシリコーンの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 天然石の世界市場:種類別(大理石、花崗岩、石灰岩、その他)、用途別(フローリング、メモリアルアーツ、ウォールクラッディング、その他)
    本市場調査レポートでは天然石について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(大理石、花崗岩、石灰岩、その他)分析、用途別(フローリング、メモリアルアーツ、ウォールクラッディング、その他)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・天然石の世界市場:種類別(大理石、花崗岩、石灰岩、その他) ・天然石の世界市場:用途別(フローリング、メモリアルアーツ、ウォールクラッディング、その他) ・天然石の世界市場:地域別 ・企業概要
  • ヒトアルブミンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヒトアルブミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒトアルブミンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 再潅流傷害(Reperfusion Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再潅流傷害(Reperfusion Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再潅流傷害(Reperfusion Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再潅流傷害(Reperfusion Injury)の概要 ・再潅流傷害(Reperfusion Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再潅流傷害(Reperfusion Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再潅流傷害(Reperfusion Injury)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • メキシコの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • みつろうの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、みつろうの世界市場について調査・分析し、みつろうの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別みつろうシェア、市場規模推移、市場規模予測、みつろう種類別分析(白ロウ、黄ロウ、その他)、みつろう用途別分析(食材、化粧品、製薬、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・みつろうの市場概観 ・みつろうのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・みつろうのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・みつろうの世界市場規模 ・みつろうの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・みつろうのアメリカ市場規模推移 ・みつろうのカナダ市場規模推移 ・みつろうのメキシコ市場規模推移 ・みつろうのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・みつろうのドイツ市場規模推移 ・みつろうのイギリス市場規模推移 ・みつろうのロシア市場規模推移 ・みつろうのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・みつろうの日本市場規模推移 ・みつろうの中国市場規模推移 ・ …
  • インスリンポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インスリンポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インスリンポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 大豆粕の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、大豆粕の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大豆粕の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 大豆粕は一般的にタンパク質補給のための動物飼料として使われています。大豆粕の多くは、大豆油を搾った後の残留物です。大豆粕は、高可消化タンパク質を多く含んでいます。Technavio社は大豆粕の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Archer Daniels Midland• Bunge• Cargill• Wilmar International等です。
  • 世界の可燃性ガス検知器市場2015
    本調査レポートでは、世界の可燃性ガス検知器市場2015について調査・分析し、可燃性ガス検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液透析・腹膜透析の世界市場予測(~2021年):機械、透析器、動静脈瘻、AVグラフト、ブラッドライン、カテーテル、転送セット、 CAPD、APD
    当調査レポートでは、血液透析・腹膜透析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、血液透析・腹膜透析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 栄養補助食品の世界市場2013–2024:成分別(ボタニカル、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素)、製品別、用途別、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、栄養補助食品の世界市場について調査・分析し、栄養補助食品の世界市場動向、栄養補助食品の世界市場規模、市場予測、セグメント別栄養補助食品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動宅配用端末の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動宅配用端末の世界市場について調べ、自動宅配用端末の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動宅配用端末の市場規模をセグメンテーション別(展開別(インドア、アウトドア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動宅配用端末の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動宅配用端末の市場状況 ・自動宅配用端末の市場規模 ・自動宅配用端末の市場予測 ・自動宅配用端末の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(インドア、アウトドア) ・自動宅配用端末の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 宇宙デブリ監視及び除去の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、宇宙デブリ監視及び除去の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宇宙デブリ監視及び除去の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は宇宙デブリ監視及び除去の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Airbus • ASTROSCALE• Boeing• Lockheed Martin• RSC Energia等です。
  • 産業用タイマーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、産業用タイマーの世界市場について調査・分析し、産業用タイマーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 産業用タイマーの世界市場:市場動向分析 - 産業用タイマーの世界市場:競争要因分析 - 産業用タイマーの世界市場:エンドユーザー別 ・飲食料品 ・化学・石油化学 ・オイル・ガス ・発電 ・その他のエンドユーザー - 産業用タイマーの世界市場:製品別 ・産業用アナログタイマー ・産業用デジタルタイマー - 産業用タイマーの世界市場:主要地域別分析 - 産業用タイマーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 産業用タイマーのヨーロッパ市場規模 - 産業用タイマーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・産業用タイマーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • グルテンフリー食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グルテンフリー食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グルテンフリー食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 痛風治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、痛風治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、痛風治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスクリュージェットパイル市場2019
    本調査レポートでは、世界のスクリュージェットパイル市場2019について調査・分析し、スクリュージェットパイルの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、スクリュージェットパイルのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、スクリュージェットパイルメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・スクリュージェットパイルの市場概要 ・スクリュージェットパイルの上流・下流市場分析 ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スクリュージェットパイルの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スクリュージェットパイルの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • 血液バンク用冷蔵庫の米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液バンク用冷蔵庫の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液バンク用冷蔵庫の米国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブ児童書の世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「インタラクティブ児童書の世界市場2020-2024」は、インタラクティブ児童書について市場概要、市場規模、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、種類別(物理的本、電子書籍)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・インタラクティブ児童書の世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・インタラクティブ児童書の世界市場:種類別(物理的本、電子書籍) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ブラジルの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • フルオロシリコーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フルオロシリコーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フルオロシリコーン市場規模、エンドユーザー別(輸送、OEM、石油・ガス、その他) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フルオロシリコーンの世界市場概要 ・フルオロシリコーンの世界市場環境 ・フルオロシリコーンの世界市場動向 ・フルオロシリコーンの世界市場規模 ・フルオロシリコーンの世界市場:業界構造分析 ・フルオロシリコーンの世界市場:エンドユーザー別(輸送、OEM、石油・ガス、その他) ・フルオロシリコーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フルオロシリコーンの北米市場規模・予測 ・フルオロシリコーンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・フルオロシリコーンのアジア太平洋市場規模・予測 ・フルオロシリコーンの主要国分析 ・フルオロシリコーンの世界市場:意思決定フレームワーク ・フルオロシリコーンの世界市場:成長要因、課題 ・フルオロシリコーンの世 …
  • エラストマーの世界市場予測(~2021):種類別(熱硬化(天然ゴム、合成ゴム(スチレンブタジエンゴムSBR、ブチルゴムIIR、ビニルピリジンとブタジエンとのゴム状共重合体PBR、ニトリルゴムNBR、アクリル酸エステルゴムACM、エチレンとプロピレンとのゴム状共重合体EPM))および熱可塑性プラスチック(ポリアミド12エラストマーPEBA、スチレンブロック共重合体SBC、サーモポリオレフィンTPO、熱可塑性ポリウレタンTPU、熱可塑性加硫エラストマーTPV))、用途別(自動車、一般消費財、医療、産業)
    当調査レポートでは、エラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、エラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアー駆動ダブルダイヤフラムポンプの世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、エアー駆動ダブルダイヤフラムポンプの世界市場について調査・分析し、エアー駆動ダブルダイヤフラムポンプの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • モービルホーム(移動住宅)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モービルホーム(移動住宅)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モービルホーム(移動住宅)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はモービルホーム(移動住宅)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Clayton、Cavco Industries、CHAMPION HOME BUILDERS、Skyline、Sunshine Homes等です。
  • パッケージング用印刷の世界市場:フレキソ印刷、グラビア印刷、デジタル印刷
    当調査レポートでは、パッケージング用印刷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージング用印刷の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の概要 ・扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • ポルトガルのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 団体旅行のアジア太平洋市場:レジャー団体、特別利益団体、ハイエンド団体、インセンティブ旅行
  • 世界の車載充電器市場2015
    本調査レポートでは、世界の車載充電器市場2015について調査・分析し、車載充電器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 術中神経監視の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、術中神経監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、術中神経監視市場規模、方法別(誘発電位(EP)、脳波(EEG)、筋電図(EMG))分析、用途別(神経・脊柱手術、心血管手術、耳鼻咽喉手術、整形外科手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院、ASC、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cadwell Industries, Computational Diagnostics, Medtronic, Natus Medical, NuVasive, SpecialtyCareなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・術中神経監視の世界市場概要 ・術中神経監視の世界市場環境 ・術中神経監視の世界市場動向 ・術中神経監視の世界市場規模 ・術中神経監視の世界市場:業界構造分析 ・術中神経監視の世界市場:方法別(誘発電位(EP)、脳波(EEG)、筋電図(EMG)) ・術中神経監視の世界市場:用途別(神経・脊柱手術、心血管手術 …
  • 退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)の概要 ・退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocyto …
  • 慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Le …
  • ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水中ポンプの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水中ポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水中ポンプ市場規模、種類別(掘削型、開放型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水中ポンプの世界市場概要 ・水中ポンプの世界市場環境 ・水中ポンプの世界市場動向 ・水中ポンプの世界市場規模 ・水中ポンプの世界市場:業界構造分析 ・水中ポンプの世界市場:種類別(掘削型、開放型) ・水中ポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・水中ポンプの北米市場規模・予測 ・水中ポンプのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・水中ポンプのアジア太平洋市場規模・予測 ・水中ポンプの主要国分析 ・水中ポンプの世界市場:意思決定フレームワーク ・水中ポンプの世界市場:成長要因、課題 ・水中ポンプの世界市場:競争環境 ・水中ポンプの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の光伝送網(OTN)装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の光伝送網(OTN)装置市場2015について調査・分析し、光伝送網(OTN)装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオロジカルインプラント市場規模・予測2017-2025:商品別(自家移植片、同種移植片、異種移植片)、用途別(心血管、整形外科、歯科、皮膚科インプラント)、投与方法別(外科的、注射)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオロジカルインプラント市場について調査・分析し、世界のバイオロジカルインプラント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオロジカルインプラント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アデノシンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアデノシンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アデノシンアンタゴニストの概要 ・アデノシンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアデノシンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アデノシンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アデノシンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • POC診断の世界市場
    当調査レポートでは、POC診断の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・POC診断の世界市場:技術別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:製品別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・POC診断のアメリカ市場規模予測 ・POC診断のヨーロッパ市場規模予測 ・POC診断のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • クレーンの北米市場
  • 南アフリカの心臓人工弁市場見通し
  • 自動車シャーシの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車シャーシの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車シャーシの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 流量計の世界市場予測(~2022年):差圧式流量計、容積式流量計、電磁式流量計、超音波式流量計、コリオリ式流量計、タービン流量計、渦流量計
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、流量計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、流量計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の溶接用消耗品市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶接用消耗品市場2015について調査・分析し、溶接用消耗品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • うつ病(大うつ病性障害)治療の世界市場:医薬品予測・市場分析(~2025)
  • レニン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレニン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レニン阻害剤の概要 ・レニン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のレニン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レニン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レニン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インドの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 陸上移動無線(LMR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、陸上移動無線(LMR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、陸上移動無線(LMR)の世界市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニードルフリーIVコネクターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ニードルフリーIVコネクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ニードルフリーIVコネクター市場規模、最終用途別(病院、在宅医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場概要 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場環境 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場動向 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場規模 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:業界構造分析 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:最終用途別(病院、在宅医療、その他) ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ニードルフリーIVコネクターのアメリカ市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターのアジア市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターの主要国分析 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:意思 …
  • 世界の静脈内カテーテル市場2016
    本調査レポートでは、世界の静脈内カテーテル市場2016について調査・分析し、静脈内カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ホブ盤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ホブ盤の世界市場について調査・分析し、ホブ盤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ホブ盤シェア、市場規模推移、市場規模予測、ホブ盤種類別分析()、ホブ盤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ホブ盤の市場概観 ・ホブ盤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ホブ盤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ホブ盤の世界市場規模 ・ホブ盤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ホブ盤のアメリカ市場規模推移 ・ホブ盤のカナダ市場規模推移 ・ホブ盤のメキシコ市場規模推移 ・ホブ盤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ホブ盤のドイツ市場規模推移 ・ホブ盤のイギリス市場規模推移 ・ホブ盤のロシア市場規模推移 ・ホブ盤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ホブ盤の日本市場規模推移 ・ホブ盤の中国市場規模推移 ・ホブ盤の韓国市場規模推移 ・ホブ盤のインド市場規模推移 ・ホブ盤の東南アジア市場規模推移 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"