"フルオロシリコーンの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23707)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"フルオロシリコーンの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The increase in demand for 3D printing to drive growth in the market. The use of fluorosilicones as a material for creating a 3D model is an emerging trend. Fluorosilicones can be used in 3D printing for producing functional prototypes and replacement parts for automobiles, aircrafts, and medical components. Technavio’s analysts have predicted that the fluorosilicone market will register a CAGR of almost 8% by 2022.
Market Overview
Growing demand from the developing countries
Fluorosilicones are extensively used in automotive applications in developing economies such as China, Brazil, Mexico, India, the Phillippines, and Indonesia.
Threat of substitutes
The extensive use of fluorocarbons and perfluorocarbon in the production of O-rings, gaskets, and hoses poses a serious challenge to the growth of the market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the fluorosilicone market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including ChemChina and DowDuPont the competitive environment is quite intense. Factors such as the rising demand from the developing countries and the increase in demand for 3D printing, will provide considerable growth opportunities to fluorosilicone manufactures. ChemChina, DowDuPont, KCC, Momentive, Shin-Etsu Chemical, and Wacker Chemie are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"フルオロシリコーンの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Segmentation by end-user
• Comparison by end-user
• Transportation – Market size and forecast 2017-2022
• OEM – Market size and forecast 2017-2022
• Oil and gas – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by end-user
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Increase in demand for 3D printing
• Discovery of potential reserves
• Growing preference for backward integration
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• ChemChina
• DowDuPont
• KCC
• Momentive
• Shin-Etsu Chemical
• Wacker Chemie
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Segments of the global specialty chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global fluorosilicone market – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 09: Global fluorosilicone market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: End-user – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by end-user
Exhibit 21: Transportation – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 22: Transportation – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: OEM – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 24: OEM – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Oil and gas – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 26: Oil and gas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 28: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 29: Market opportunity by end-user
Exhibit 30: Global fluorosilicone market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 31: Regional comparison
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Top 3 countries in APAC
Exhibit 35: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 36: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: Top 3 countries in the Americas
Exhibit 38: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 39: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 41: Market opportunity
Exhibit 42: Vendor landscape
Exhibit 43: Landscape disruption
Exhibit 44: Vendors covered
Exhibit 45: Vendor classification
Exhibit 46: Market positioning of vendors
Exhibit 47: Vendor overview – ChemChina
Exhibit 48: ChemChina – Product segments
Exhibit 49: ChemChina – Organizational developments
Exhibit 50: ChemChina – Key offerings
Exhibit 51: Vendor overview – DowDuPont
Exhibit 52: DowDuPont – Business Segments
Exhibit 53: DowDuPont – Organizational developments
Exhibit 54: DowDuPont – Geographical focus
Exhibit 55: DowDuPont – Segment focus
Exhibit 56: DowDuPont – Key offerings
Exhibit 57: Vendor overview – KCC
Exhibit 58: KCC – Product segments
Exhibit 59: KCC – Organizational developments
Exhibit 60: KCC – Key offerings
Exhibit 61: Vendor overview – Momentive
Exhibit 62: Momentive – Business segments
Exhibit 63: Momentive – Organizational developments
Exhibit 64: Momentive – Geographical focus
Exhibit 65: Momentive – Segment focus
Exhibit 66: Momentive– Key offerings
Exhibit 67: Vendor overview – Shin-Etsu Chemical
Exhibit 68: Shin-Etsu Chemical – Product segments
Exhibit 69: Shin-Etsu Chemical – Organizational developments
Exhibit 70: Shin-Etsu Chemical – Segment focus
Exhibit 71: Shin-Etsu Chemical– Key offerings (for the market under focus)
Exhibit 72: Vendor overview – Wacker Chemie
Exhibit 73: Wacker Chemie– Business segments
Exhibit 74: Wacker Chemie– Organizational developments
Exhibit 75: Wacker Chemie – Geographical focus
Exhibit 76: Wacker Chemie – Segment focus
Exhibit 77: Wacker Chemie – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】フルオロシリコーンの世界市場2018-2022
【発行日】2018年11月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23707
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
フルオロシリコーンの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 調整雰囲気包装(MA包装)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、調整雰囲気包装(MA包装)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、調整雰囲気包装(MA包装)の世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 台湾のPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 世界の潤滑油粘度指数向上剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の潤滑油粘度指数向上剤市場2015について調査・分析し、潤滑油粘度指数向上剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコンクリート用不凍液市場2016
    本調査レポートでは、世界のコンクリート用不凍液市場2016について調査・分析し、コンクリート用不凍液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ココア製品の世界市場:製品種類別(ココア豆、ココアバター、ココアパウダー・ケーキ、ココアペースト・リキュール、チョコレート)、用途別(菓子、食品・飲料、化粧品・医薬品)
    本資料は、ココア製品の世界市場について調べ、ココア製品の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(ココア豆、ココアバター、ココアパウダー・ケーキ、ココアペースト・リキュール、チョコレート)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ココア製品の世界市場概要 ・ココア製品の世界市場環境 ・ココア製品の世界市場動向 ・ココア製品の世界市場規模 ・ココア製品の世界市場:市場シェア ・ココア製品の世界市場:製品種類別(ココア豆、ココアバター、ココアパウダー・ケーキ、ココアペースト・リキュール、チョコレート) ・ココア製品の世界市場:用途別(菓子、食品・飲料、化粧品・医薬品) ・ココア製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ココア製品の北米市場規模・予測 ・ココア製品のアメリカ市場規模・予測 ・ココア製品のヨーロッパ市場規模・予測 ・ココア製品のアジア市場規模・予測 ・ココア製品の日本市場規模・予測 ・ココア製品の中国市場規模・予測 ・関連企業情 …
  • シグマ1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシグマ1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シグマ1受容体アゴニストの概要 ・シグマ1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のシグマ1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シグマ1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シグマ1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の音響補強市場:製品種類別(マイク、プロ用スピーカー、オーディオミキサー、パワーアンプ)、フォーマット別(デジタル、アナログ)、エンドユーザー別(企業、教育、大規模会場&イベント、ホスピタリティ)、地域別
    MarketsandMarkets社は、音響補強の世界市場規模が2019年73億ドルから2024年85億ドルまで年平均3.2%成長すると予測しています。当資料では、世界の音響補強市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品種類別(マイク、プロフェッショナルスピーカー、オーディオサウンドミキサー、オーディオシグナルプロセッサ、パワーアンプ、その他(ケーブルおよびオーディオネットワーク))分析、フォーマット別(デジタル、アナログ)分析、エンドユーザー別(企業、大会場&イベント、教育機関、政府、スタジオ&放送、おもてなし、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の音響補強市場:製品種類別(マイク、プロフェッショナルスピーカー、オーディオサウンドミキサー、オーディオシグナルプロセッサ、パワーアンプ、その他(ケーブルおよびオーディオネットワーク)) ・世界の音響補強市場:フォーマット別(デジタル、アナログ) ・世界の音響補強市場:エンドユーザー別(企業、大会場&イベ …
  • エチレンの世界市場
    当調査レポートでは、エチレンの世界市場について調査・分析し、エチレンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の絹糸市場2015
    本調査レポートでは、世界の絹糸市場2015について調査・分析し、絹糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフュームドシリカ市場規模・予測2017-2025:種類別(親水性・疎水性)、用途別(塗料・塗装・インク、接着剤・シーラント、医薬品、UPR、ゲル電池、照明)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のフュームドシリカ市場について調査・分析し、世界のフュームドシリカ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のフュームドシリカ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • パーム油の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、パーム油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーム油の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパーム油の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Golden Agri Resources、IOI Corporation、Sime Darby、Wilmar International等です。
  • フランスのポリプロピレン市場(~2019)
  • B細胞性白血病(B-Cell Leukemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB細胞性白血病(B-Cell Leukemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B細胞性白血病(B-Cell Leukemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B細胞性白血病(B-Cell Leukemia)の概要 ・B細胞性白血病(B-Cell Leukemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞性白血病(B-Cell Leukemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・B細胞性白血病(B-Cell Leukemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • パラフィンワックスの世界市場2017-2021:蝋燭、包装、ボードサイジング、ゴム、ホットメルト
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パラフィンワックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パラフィンワックスの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパラフィンワックスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はExxonMobil、China Petrochemical Corporation’、PetroChina International、SASOL、Shell International等です。
  • 着氷防止用コーティングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、着氷防止用コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、基質(金属、ガラス、コンクリート、セラミックス)別分析、最終用途産業(自動車・運輸、再生可能エネルギー、通信機器、建設、その他)別分析、着氷防止用コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリア産クラフトビールの世界市場:販売別(オントレード、オフトレード)、地域別予測
    本資料は、オーストラリア産クラフトビールの世界市場について調べ、オーストラリア産クラフトビールの世界規模、市場動向、市場環境、販売別(オントレード、オフトレード)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オーストラリア産クラフトビールの世界市場概要 ・オーストラリア産クラフトビールの世界市場環境 ・オーストラリア産クラフトビールの世界市場動向 ・オーストラリア産クラフトビールの世界市場規模 ・オーストラリア産クラフトビールの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・オーストラリア産クラフトビールの世界市場規模:販売別(オントレード、オフトレード) ・オーストラリア産クラフトビールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オーストラリア産クラフトビールの北米市場規模・予測 ・オーストラリア産クラフトビールのアメリカ市場規模・予測 ・オーストラリア産クラフトビールのヨーロッパ市場規模・予測 ・ …
  • カナダのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 硝酸ナトリウムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、硝酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硝酸ナトリウムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品付加材料の世界市場予測(~2023年):チョコレート、フルーツ・ナッツ、シリアル、フレーバーシュガー・キャラメル、菓子
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品付加材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(チョコレート、フルーツ・ナッツ、シリアル、フレーバーシュガー・キャラメル、菓子)分析、用途(シリアル、スナック、バー、ベーカリー、乳製品・冷凍デザート、チョコレート・菓子)分析、形状分析、フレーバー分析、食品付加材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機機内食サービスの世界市場
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、航空機機内食サービスの世界市場について調査・分析し、航空機機内食サービスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 中国の超音波スケーラー市場2015
    本調査レポートでは、中国の超音波スケーラー市場2015について調査・分析し、超音波スケーラーの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 限定受信システム(CAS)の世界市場
    当調査レポートでは、限定受信システム(CAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、限定受信システム(CAS)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品連続製造の世界市場:製品別(統合連続システム、半連続システム、制御&ソフトウェア)、用途別(最終医薬品製造、API製造)、エンドユーザー別(製薬会社、受託製造組織、その他)
    本調査レポートでは、医薬品連続製造の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(統合連続システム、半連続システム、制御&ソフトウェア)分析、用途別(最終医薬品製造、API製造)分析、エンドユーザー別(製薬会社、受託製造組織、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・医薬品連続製造の世界市場:製品別(統合連続システム、半連続システム、制御&ソフトウェア) ・医薬品連続製造の世界市場:用途別(最終医薬品製造、API製造) ・医薬品連続製造の世界市場:エンドユーザー別(製薬会社、受託製造組織、その他) ・医薬品連続製造の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界の方解石市場:種類別(GCC、PCC)、用途別(紙、塗料、コーティング、建設、プラスチック、接着剤、シーラント)、地域別
    MarketsandMarkets社は、方解石の世界市場規模が2019年101億ドルから2024年130億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の方解石市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(粉砕炭酸カルシウム(GCC)、沈殿炭酸カルシウム(PCC)))分析、用途別(紙、塗料&コーティング、建設、プラスチックその他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の方解石市場:種類別(粉砕炭酸カルシウム(GCC)、沈殿炭酸カルシウム(PCC)) ・世界の方解石市場:用途別(紙、塗料&コーティング、建設、プラスチックその他) ・世界の方解石市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • アルキレートの世界市場予測2019-2024
    「 アルキレートの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、硫酸アルキル化 、フッ化水素酸アルキル化など、用途別には、Aviation Industry、Automobile Industry、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。 アルキレートのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ アルキレートの世界市場概要(サマリー) ・ アルキレートの企業別販売量・売上 ・ アルキレートの企業別市場シェア ・ アルキレートの世界市場規模:種類別(硫酸アルキル化 、フッ化水素酸アルキル化) ・ アルキレートの世界市場規模:用途別(Aviation Industry、Automobile Industry、Other) ・ アルキレートの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ アルキレートのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ アルキレートの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、 …
  • イギリスの小関節処置動向(~2021)
  • チャイルドレジスタント包装(CRP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チャイルドレジスタント包装(CRP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チャイルドレジスタント包装(CRP)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 チャイルドレジスタント包装(CRP)とは、子供が包装した製品を食べてしまう危険性を低減する特別な包装のことです。チャイルドレジスタント包装とは、大人には開けやすさを保ちつつ、5歳以下の乳幼児が開けたり、中の製品を口に入れたりすることができにくい包装です。Technavio社はチャイルドレジスタント包装(CRP)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Amcor• Bemis• Ecobliss• Global Closure Systems• WestRock等です。
  • 低転がり抵抗タイヤの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、低転がり抵抗タイヤの世界市場について調べ、低転がり抵抗タイヤの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、低転がり抵抗タイヤの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は低転がり抵抗タイヤの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・低転がり抵抗タイヤの市場状況 ・低転がり抵抗タイヤの市場規模 ・低転がり抵抗タイヤの市場予測 ・低転がり抵抗タイヤの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM) ・低転がり抵抗タイヤの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 軽航空機(エアロスタット)の世界市場
    当調査レポートでは、軽航空機(エアロスタット)の世界市場について調査・分析し、軽航空機(エアロスタット)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動ナイフゲートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動ナイフゲートの世界市場について調査・分析し、自動ナイフゲートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動ナイフゲートシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動ナイフゲート種類別分析(空気圧ナイフゲートバルブ、電動ナイフゲートバルブ、その他)、自動ナイフゲート用途別分析(紙パルプ、排水処理、石油・ガス、採掘、電気、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動ナイフゲートの市場概観 ・自動ナイフゲートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動ナイフゲートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動ナイフゲートの世界市場規模 ・自動ナイフゲートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動ナイフゲートのアメリカ市場規模推移 ・自動ナイフゲートのカナダ市場規模推移 ・自動ナイフゲートのメキシコ市場規模推移 ・自動ナイフゲートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動ナイフゲートのドイツ市場規模推移 ・自動ナイフゲートの …
  • アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場2017-2021
    当調査レポートでは、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食肉・鳥肉・海鮮物パッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食肉・鳥肉・海鮮物パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食肉・鳥肉・海鮮物パッケージングの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食肉・鳥肉・海鮮物パッケージングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Amcor• Bemis• Berry Global• Sealed Air • Pactiv等です。
  • 次世代モバイルバックホールネットワークの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、次世代モバイルバックホールネットワークの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、次世代モバイルバックホールネットワークの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は次世代モバイルバックホールネットワークの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Cisco Systems• Ericsson • Huawei Technologies• Nokia• ZTE等です。
  • レゾルシノールの世界市場
    当調査レポートでは、レゾルシノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レゾルシノールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場
    当調査レポートでは、BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界市場について調べ、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ABS、EPB)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場状況 ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場規模 ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場予測 ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ABS、EPB) ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関 …
  • 建設業向けテレハンドラーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、建設業向けテレハンドラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、建設業向けテレハンドラー市場規模、用途別(建物、インフラ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・建設業向けテレハンドラーの世界市場概要 ・建設業向けテレハンドラーの世界市場環境 ・建設業向けテレハンドラーの世界市場動向 ・建設業向けテレハンドラーの世界市場規模 ・建設業向けテレハンドラーの世界市場:業界構造分析 ・建設業向けテレハンドラーの世界市場:用途別(建物、インフラ) ・建設業向けテレハンドラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・建設業向けテレハンドラーの北米市場規模・予測 ・建設業向けテレハンドラーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・建設業向けテレハンドラーのアジア太平洋市場規模・予測 ・建設業向けテレハンドラーの主要国分析 ・建設業向けテレハンドラーの世界市場:意思決定フレームワーク ・建設業向けテレハンドラーの世界市場:成長要因 …
  • おサイフケータイの世界市場分析:製品別(近接性と遠隔性)、用途別(小売、自販機、公共交通機関、レストラン)、セグメント予測
    本調査レポートでは、おサイフケータイの世界市場について調査・分析し、おサイフケータイの世界市場動向、おサイフケータイの世界市場規模、市場予測、セグメント別おサイフケータイ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パイプライン及びプロセスサービスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、パイプライン及びプロセスサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、資産種類別(パイプライン:伝送、配信、プロセス:FPS、精製および石油化学、ガス貯蔵および処理)分析、運用別(試運転および試運転、保守、廃止措置)分析、パイプライン及びプロセスサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、パイプライン及びプロセスサービスの世界市場規模が2019年33億ドルから2024年40億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • インターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-2受容体アゴニストの概要 ・インターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-2受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-2受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-2受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 害虫防除の世界市場予測(~2022):種類別、防除方法別(化学薬品、物理的&機械的、生物的)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、害虫防除の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、防除方法別分析、用途別分析、地域別分析、害虫防除の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックボールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セラミックボールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セラミックボール市場規模、最終用途別(石油・ガス、石油化学製品、加工産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セラミックボールの世界市場概要 ・セラミックボールの世界市場環境 ・セラミックボールの世界市場動向 ・セラミックボールの世界市場規模 ・セラミックボールの世界市場:業界構造分析 ・セラミックボールの世界市場:最終用途別(石油・ガス、石油化学製品、加工産業、その他) ・セラミックボールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミックボールのアメリカ市場規模・予測 ・セラミックボールのヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミックボールのアジア市場規模・予測 ・セラミックボールの主要国分析 ・セラミックボールの世界市場:意思決定フレームワーク ・セラミックボールの世界市場:成長要因、課題 ・セラミックボールの世界市場:競争環境 ・セラミックボールの世 …
  • データセンターアクセラレーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データセンターアクセラレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロセッサーの種類別(CPU、GPU、FPGA、ASIC)分析、タイプ別(HPCアクセラレータ、クラウドアクセラレータ)分析、用途別(ディープラーニングトレーニング、パブリッククラウドインターフェイス、エンタープライズインターフェイス)分析、データセンターアクセラレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用オーディオスピーカの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用オーディオスピーカの世界市場について調査・分析し、自動車用オーディオスピーカの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用オーディオスピーカシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用オーディオスピーカ種類別分析(2ウェイスピーカー、3ウェイスピーカー、4ウェイスピーカー、その他)、自動車用オーディオスピーカ用途別分析(商用車、乗用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用オーディオスピーカの市場概観 ・自動車用オーディオスピーカのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用オーディオスピーカのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用オーディオスピーカの世界市場規模 ・自動車用オーディオスピーカの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用オーディオスピーカのアメリカ市場規模推移 ・自動車用オーディオスピーカのカナダ市場規模推移 ・自動車用オーディオスピーカのメキシコ市場規模推移 ・自動車用オーディオスピーカのヨーロッパ市場分 …
  • ベビーケア製品の世界市場予測
    本調査レポートでは、ベビーケア製品の世界市場について調査・分析し、ベビーケア製品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • フライトシミュレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フライトシミュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フライトシミュレーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はフライトシミュレーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CAE• FlightSafety International• L3 Link Simulation and Training• Rockwell Collins• Thales等です。
  • トップ10バイオプロセス技術の世界市場予測(~2021):細胞培養、細胞増殖、細胞数、細胞株開発、フローサイトメトリー、シングルユースバイオプロセス、バイオロジクス安全性試験、タンジェント流ろ過、ウイルスろ過、地域別 分析
  • 血管閉鎖デバイスの世界市場予測(~2022年):コラーゲンプラグ、密閉剤/ゲル、クリップ、縫合装置
    当調査レポートでは、血管閉鎖デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、地域別分析、血管閉鎖デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"