"自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23819)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Developments in the field of automotive green tires to drive growth in the market. The growing concerns on environmental pollution caused by automobile tires are driving the developments in the field of automotive green tires. Technavio’s analysts have predicted that the automotive green tires market will register a CAGR of almost 15% by 2022.
Market Overview
Benefits of using green tires
The automotive green tires are environment-friendly and have inherent advantages and benefits.
High cost pressures on tire vendors for competitive pricing
Vendors experience cost pressures to gain a competitive advantage due to the presence of other players in the market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the automotive green tires market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including Continental and MICHELIN the competitive environment is quite intense. Factors such as the benefits of using green tires and the developments in the field of automotive green tires, will provide considerable growth opportunities to automotive green tires manufactures. The Goodyear Tire and Rubber Company, Bridgestone, Continental, MICHELIN, THE YOKOHAMA RUBBER, TOYO TIRE & RUBBER are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Passenger vehicles – Market size and forecast 2017-2022
• Commercial vehicles – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Developments in the field of automotive green tires
• Tire manufacturers striving for sustainable practices for rubber sourcing
• Development of environment-friendly technology for manufacturing and recycling tires
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Bridgestone
• Continental
• MICHELIN
• THE YOKOHAMA RUBBER
• The Goodyear Tire & Rubber
• TOYO TIRE & RUBBER
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Related market
Exhibit 02: Global automotive green tires market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global automotive green tires market – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Passenger vehicles – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 21: Passenger vehicles – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Commercial vehicles – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Commercial vehicles – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by application
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global – Market share by geography 2017-2022(%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 29: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Top 3 countries in the Americas
Exhibit 31: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 32: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 34: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 35: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Top 3 countries in APAC
Exhibit 37: Market opportunity by region
Exhibit 38: Vendor landscape
Exhibit 39: Landscape disruption
Exhibit 40: Vendors covered
Exhibit 41: Vendor classification
Exhibit 42: Market positioning of vendors
Exhibit 43: Bridgestone – Overview
Exhibit 44: Bridgestone – Business segments
Exhibit 45: Bridgestone – Organizational developments
Exhibit 46: Bridgestone – Geographic focus
Exhibit 47: Bridgestone – Segment focus
Exhibit 48: Bridgestone – Key offerings
Exhibit 49: Continental – Overview
Exhibit 50: Continental – Business segments
Exhibit 51: Continental – Organizational developments
Exhibit 52: Continental – Geographic focus
Exhibit 53: Continental – Segment focus
Exhibit 54: Continental – Key offerings
Exhibit 55: MICHELIN – Overview
Exhibit 56: MICHELIN – Business segments
Exhibit 57: MICHELIN – Organizational developments
Exhibit 58: MICHELIN – Geographic focus
Exhibit 59: MICHELIN – Segment focus
Exhibit 60: MICHELIN – Key offerings
Exhibit 61: THE YOKOHAMA RUBBER – Overview
Exhibit 62: THE YOKOHAMA RUBBER – Business segments
Exhibit 63: THE YOKOHAMA RUBBER – Organizational developments
Exhibit 64: THE YOKOHAMA RUBBER – Geographic focus
Exhibit 65: THE YOKOHAMA RUBBER – Segment focus
Exhibit 66: THE YOKOHAMA RUBBER – Key offerings
Exhibit 67: The Goodyear Tire & Rubber – Overview
Exhibit 68: The Goodyear Tire & Rubber – Organizational developments
Exhibit 69: The Goodyear Tire & Rubber – Geographic focus
Exhibit 70: The Goodyear Tire & Rubber – Key offerings
Exhibit 71: TOYO TIRE & RUBBER – Overview
Exhibit 72: TOYO TIRE & RUBBER – Business segments
Exhibit 73: TOYO TIRE & RUBBER – Organizational developments
Exhibit 74: TOYO TIRE & RUBBER – Geographic focus
Exhibit 75: TOYO TIRE & RUBBER – Segment focus
Exhibit 76: TOYO TIRE & RUBBER – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月7日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23819
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の製油用触媒市場予測2016-2023
    本調査レポートでは、世界の製油用触媒市場について調査・分析し、世界の製油用触媒市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 工業用潤滑剤の世界市場予測:ベース油別、製品種類別、エンドユーズ産業別
    MarketsandMarkets社は、工業用潤滑剤のの世界市場規模が2019年628億ドルから2024年733億ドルまで年平均3.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、工業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ベース油別(鉱油、合成油、バイオベースオイル)分析、製品種類別(油圧作動油、金属加工作動油)分析、エンドユーズ産業別(建設、金属および鉱業、発電、食品加工)分析、工業用潤滑剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物遺伝学の世界市場予測(~2023年)
    動物遺伝学の世界市場は、2018年の42億米ドルから2023年には58億米ドルに達し、この期間中6.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、動物由来タンパク質の消費増加、人口の増加、世界規模での急速な都市化、大規模生産や質の高い繁殖を目的とした遺伝子サービスと高度な遺伝子技術の採用の増加が考えられます。一方で、高度な遺伝医療を提供する獣医学研究者や熟練した専門家の不足は、市場の成長を抑制する最大の要因です。当調査レポートでは、動物遺伝学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品・サービス(生きている動物、遺伝物質、遺伝子検査)分析、動物遺伝学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートウォッチ用ディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートウォッチ用ディスプレイ市場2015について調査・分析し、スマートウォッチ用ディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーセーフティ用品の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビーセーフティ用品の世界市場について調べ、ベビーセーフティ用品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビーセーフティ用品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ベビーカーシート、ベビーカー及び乳母車、ベビーベッド、ベビーモニター)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はベビーセーフティ用品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ベビーセーフティ用品の市場状況 ・ベビーセーフティ用品の市場規模 ・ベビーセーフティ用品の市場予測 ・ベビーセーフティ用品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ベビーカーシート、ベビーカー及び乳母車、ベビーベッド、ベビーモニター) ・ベビーセーフティ用品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 風力タービン(風力原動機)の世界市場:市場規模、価格、市場シェア、主要国分析
  • 自動車用粘着テープの世界市場:製品別(両面、特殊)、機能別、用途別(内装、外装)、車種別
    本調査レポートでは、自動車用粘着テープの世界市場について調査・分析し、自動車用粘着テープの世界市場動向、自動車用粘着テープの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用粘着テープ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、サービス別分析、地域別分析、パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スイスの脊椎手術装置市場見通し
  • 世界の歩数計市場2016
    本調査レポートでは、世界の歩数計市場2016について調査・分析し、歩数計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医用画像装置の世界市場:MRI、CTスキャナー、X線撮影、SPECT/PET、超音波撮像
    当調査レポートでは、医用画像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医用画像装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル資産管理(DAM)の世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス、アプリケーション
    当調査レポートでは、デジタル資産管理(DAM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、用途別分析、導入方式別分析、産業別分析、デジタル資産管理(DAM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人機(UAV)降着装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、無人機(UAV)降着装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無人機(UAV)降着装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 土壌改良剤の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、土壌改良剤の世界市場について調査・分析し、土壌改良剤の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・土壌改良剤の世界市場規模:可溶性別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:作物別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:種類別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:土壌別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:用途別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 食品サービス向けパッケージングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、食品サービス向けパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別分析、包装種類別分析、用途別分析、地域別分析、食品サービス向けパッケージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レーザー切断機の世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、炭酸ガスレーザー、半導体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、レーザー切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザー切断機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレーザー切断機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCoherent、IPG Photonics、MKS Instruments、TRUMPF等です。
  • スマートコーヒーメーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートコーヒーメーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートコーヒーメーカーの世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の免疫化学検査市場動向(~2021)
  • 狂犬病治療薬の世界市場
    当調査レポートでは、狂犬病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、狂犬病治療薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートポリマーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、スマートポリマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーン接着剤の世界市場予測(~2022年):種類、技術、需要産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シリコーン接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、シリコーン接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • RFフロントエンドモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFフロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFフロントエンドモジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドのポンプ市場:渦巻きポンプ、容積式ポンプ
    当調査レポートでは、インドのポンプ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドのポンプ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のベアリング市場規模・予測2014-2025:用途別(自動車、農業、電子、鉱業・建築、線路・航空宇宙、自動車アフターマーケット・その他)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のベアリング市場について調査・分析し、世界のベアリング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のベアリング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のコウジ酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のコウジ酸市場2015について調査・分析し、コウジ酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の半導体産業におけるM&A分析・将来動向
  • 世界の薬物送達注入装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、薬物送達注入装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・薬物送達注入装置の概要 ・薬物送達注入装置の開発動向:開発段階別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:セグメント別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:領域別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:規制Path別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別薬物送達注入装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・薬物送達注入装置の最近動向
  • オンラインチュータリングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オンラインチュータリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンラインチュータリング市場規模、コース別(STEM、語学コース、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Chegg, Club Z! Tutoring, Education First, Fleet Education Services, Kaplan, Pearsonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンラインチュータリングの世界市場概要 ・オンラインチュータリングの世界市場環境 ・オンラインチュータリングの世界市場動向 ・オンラインチュータリングの世界市場規模 ・オンラインチュータリングの世界市場:業界構造分析 ・オンラインチュータリングの世界市場:コース別(STEM、語学コース、その他) ・オンラインチュータリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンラインチュータリングの北米市場規模・予測 ・オンラインチュータリングのヨーロッパ・中東・ …
  • 臨床検査施設サービスの世界市場:タイプ別(臨床化学、医学微生物学・細胞学、ヒト・腫瘍遺伝子学、その他)、用途別(院内検査施設、臨床検査施設、独立検査施設、その他)、地域別予測
    本資料は、臨床検査施設サービスの世界市場について調べ、臨床検査施設サービスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(臨床化学、医学微生物学・細胞学、ヒト・腫瘍遺伝子学、その他)分析、用途別(院内検査施設、臨床検査施設、独立検査施設、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはMayo medical Laboratories、LabCorp、Quest Diagnostics、Spectra Laboratories、Davita Healthcare Partners、Eurofins Scientific 、Unilabs、Synlab International、Bio-Reference Laboratories、Sonic healthcare、Clinical Reference Laboratory、ACM Medical Laboratory、Adicon Clinical laboratory、Cerrba Healthcare 、Amedes Ho …
  • アセチルセルロースの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アセチルセルロースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アセチルセルロース市場規模、製品別(アセチルセルロースフィラメント、アセチルセルロースプラスチック、アセチルセルロースフレーク、その他)分析、タイプ別(プラスチック、ファイバー)分析、用途別(写真フィルム、シガレットフィルター、テープ・ラベル、テキスタイル・アパレル、押出成形、フィルム・シートキャスト、表面コーティング剤、眼鏡フレーム、パッケージング、ろ過、水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アセチルセルロースの世界市場:市場動向分析 ・ アセチルセルロースの世界市場:競争要因分析 ・ アセチルセルロースの世界市場:製品別(アセチルセルロースフィラメント、アセチルセルロースプラスチック、アセチルセルロースフレーク、その他) ・ アセチルセルロースの世界市場:タイプ別(プラスチック、ファイバー) ・ アセチルセルロースの世界市場:用途別(写真フ …
  • 世界のバイタルサインモニター市場2015
    本調査レポートでは、世界のバイタルサインモニター市場2015について調査・分析し、バイタルサインモニターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサー市場規模、製品別(温度センサー、流量センサー、ガスセンサー、圧力センサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場概要 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場環境 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場動向 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場規模 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場:製品別(温度センサー、流量センサー、ガスセン …
  • 自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場分析
    当調査レポートでは、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • バイオガスプラントの世界市場:原料タイプ別(農業廃棄物、エネルギー作物、下水汚泥、産業廃棄物、食品・飲料、食品・飲料廃棄物)、地域別予測
    本資料は、バイオガスプラントの世界市場について調べ、バイオガスプラントの世界規模、市場動向、市場環境、原料タイプ別(農業廃棄物、エネルギー作物、下水汚泥、産業廃棄物、食品・飲料、食品・飲料廃棄物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオガスプラントの世界市場概要 ・バイオガスプラントの世界市場環境 ・バイオガスプラントの世界市場動向 ・バイオガスプラントの世界市場規模 ・バイオガスプラントの世界市場規模:原料タイプ別(農業廃棄物、エネルギー作物、下水汚泥、産業廃棄物、食品・飲料、食品・飲料廃棄物) ・バイオガスプラントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオガスプラントの北米市場規模・予測 ・バイオガスプラントのアメリカ市場規模・予測 ・バイオガスプラントのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオガスプラントのアジア市場規模・予測 ・バイオガスプラントの日本市場規模・予測 ・バイオガスプラントの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界主要国におけるLEDガラス市場2018-2023
    本調査レポートでは、LEDガラスの世界市場について調査・分析し、LEDガラスの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(フラットガラス、曲げガラス)、用途別市場規模(屋内装飾、屋外装飾、ビルボードデザイン、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、LEDガラスの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・LEDガラスの世界市場概要 ・LEDガラスの企業別市場シェア ・LEDガラスの地域別市場規模 ・LEDガラスの種類別市場規模(フラットガラス、曲げガラス) ・LEDガラスの用途別市場規模(屋内装飾、屋外装飾、ビルボードデザイン、その他) ・LEDガラスの主要企業分析 ・LEDガラスの北米市場規模 ・LEDガラスの米国市場規模 ・LEDガラスの南米市場規模 ・LEDガラスの欧州市場規模 ・LEDガラスのアジア市場規模 ・LEDガラス …
  • グルコース監視システム(CGMS & SMBG)の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、グルコース監視システムの世界市場について調査・分析し、グルコース監視システムの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるR2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤の概要 ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のR2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ラボ用消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラボ用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラボ用消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dセンサーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、3Dセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3Dセンサー市場規模、タイプ別(位置センサー、音響センサー、画像センサー、加速度センサー、近接センサー、温度センサー、圧力センサー、その他)分析、技術別(超音波、カメラベース認識3D、ToF(飛行時間)、立体照明、ホール効果、静電容量センシング、電界、赤外線センシング、インタラクティブディスプレイ、MEMS、立体視、その他)分析、用途別(ヘルスケア、航空宇宙・防衛、監視・セキュリティ、産業オートメーション、自動車、産業用ロボット、メディア・エンターテイメント、家電、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 3Dセンサーの世界市場:市場動向分析 ・ 3Dセンサーの世界市場:競争要因分析 ・ 3Dセンサーの世界市場:タイプ別(位置センサー、音響センサー、画像センサー、加速度センサー、近接センサー、温度センサー、圧力センサー、その他) ・ 3Dセンサーの世界市場:技術 …
  • 天然・人造黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、天然・人造黒鉛の世界市場について調査・分析し、天然・人造黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別天然・人造黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、天然・人造黒鉛種類別分析()、天然・人造黒鉛用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・天然・人造黒鉛の市場概観 ・天然・人造黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・天然・人造黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・天然・人造黒鉛の世界市場規模 ・天然・人造黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・天然・人造黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のカナダ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のメキシコ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・天然・人造黒鉛のドイツ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のイギリス市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のロシア市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)
    ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場は、2019年の750億米ドルから2024年には1,125億米ドルに達し、この期間中10.12%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、建築物における自動セキュリティシステムの採用の増加、エネルギー効率が高く環境に優しい建物の設計と建築への注力、BASの便益性、ビルオートメーションシステムにおけるIoTの急速な普及、そして発展途上国における急速なインフラの拡大が考えられます。さらに、政府の取り組み、そしてデータアナリティクスを用いた建築技術とビルディングオートメーションの進歩は、BAS市場プレーヤーに好機をもたらすでしょう。一方で、技術的な問題や熟練した専門家の不足がBAS市場の成長を妨げています。当調査レポートでは、ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、通信技術分析、製品(施設管理システム、セキュリティ・アクセス管理システム、防火システム、ビルエネルギー管理ソフトウェア)分析、用途分析、ビルディ …
  • 整形外科用装具および支持具の世界市場
    当調査レポートでは、整形外科用装具および支持具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用装具および支持具の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 園芸用LED照明の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、園芸用LED照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、園芸用LED照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、技術動向、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のソレノイド弁市場2015
    本調査レポートでは、世界のソレノイド弁市場2015について調査・分析し、ソレノイド弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 朝食用シリアルの世界市場2017-2021:インスタントシリアル、ホットシリアル
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、朝食用シリアルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、朝食用シリアルの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は朝食用シリアルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はGeneral Mills、Kellogg、PepsiCo、Post Holdings等です。
  • 屋根太陽光発電の世界市場
    当調査レポートでは、屋根太陽光発電の世界市場について調査・分析し、屋根太陽光発電の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ビニルエステルの世界市場予測(~2022年):ビスフェノールA、ノボラック、臭素化難燃剤、エラストマ変性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ビニルエステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ビニルエステルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のニッケルフォーム市場2016
    本調査レポートでは、世界のニッケルフォーム市場2016について調査・分析し、ニッケルフォームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スパークリングワインの世界市場2016-2020 
    当調査レポートでは、スパークリングワインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパークリングワインの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の血漿分画市場2017-2022
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"