"酸化アルミニウムの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23956)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"酸化アルミニウムの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Aluminum oxide is used to manufacture several ceramic parts in vehicles such as valve plates, oxygen sensors, electronic displays, fiberglass, spark plugs and heat sinks. Aluminum oxide also finds application in electric vehicles as separators in battery units. The abrasive natures of aluminum oxide and their strong electrical and thermal properties make them indispensable off the automotive industry. The imposition of trade tariffs by key markets, and minor fluctuations in fuel prices globally, the automotive industry is expected to constitute its steady growth of the during the forecast period. This will subsequently will continue to support the growth of the global aluminum oxide market during our forecast period. Technavio’s analysts have predicted that the aluminum oxide market will register a CAGR of almost 5% by 2022.
Market Overview
Rise in steel and aluminum production
Owing to features such as high chemical resistance and dimensional stability at high temperatures, aluminum oxide is used extensively as a refractory material in the production of metals such as iron, steel, and aluminum.
Frequent price fluctuations
Aluminum oxide prices are primarily dependent on the availability and pricing of bauxite ore, from aluminum oxide is extracted. This has resulted in a rapid rise in aluminum oxide prices. The fluctuations in aluminum oxide prices are expected to pose a significant threat to the growth of the market during our forecast period.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the aluminum oxide market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The global aluminum oxide market is moderately concentrated due to presence of few vendors. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"酸化アルミニウムの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Global aluminum oxide market by metallurgical application – Market size and forecast 2017-2022
• Global aluminum oxide market by non-metallurgical application – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Aluminum oxide market in APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Aluminum oxide market in EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Aluminum oxide market in Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Rising applications in medical sector
• Growing popularity of aluminum oxide in LEDs
• Stringent environmental regulations
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive landscape
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Alcoa
• Aluminum Corporation of China
• BASF
• Sumitomo Chemical
• United Company RUSAL
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global inorganic chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Global aluminum oxide market – Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global aluminum oxide market – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 09: Global aluminum oxide market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Global aluminum oxide market by application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Global aluminum oxide market by metallurgical application – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 21: Global aluminum oxide market by metallurgical application – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Global aluminum oxide market by non-metallurgical applications – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 23: Global aluminum oxide market by non-metallurgical applications – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by application
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global aluminum oxide market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: Aluminum oxide market in APAC – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 29: Aluminum oxide market in APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Aluminum oxide market in EMEA – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 31: Aluminum oxide market in EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Aluminum oxide market in Americas – Market size and forecast 2017-2022 (MMT)
Exhibit 33: Aluminum oxide market in Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Vendor landscape
Exhibit 37: Landscape disruption
Exhibit 38: Vendors covered
Exhibit 39: Vendor classification
Exhibit 40: Market positioning of vendors
Exhibit 41: Alcoa – Overview
Exhibit 42: Alcoa – Business segments
Exhibit 43: Alcoa – Organizational developments
Exhibit 44: Alcoa – Geographic focus
Exhibit 45: Alcoa – Segment focus
Exhibit 46: Alcoa – Key offerings
Exhibit 47: Aluminum Corporation of China – Overview
Exhibit 48: Aluminum Corporation of China – Business segments
Exhibit 49: Aluminum Corporation of China – Organizational developments
Exhibit 50: Aluminum Corporation of China – Geographic focus
Exhibit 51: Aluminum Corporation of China – Segment focus
Exhibit 52: Aluminum Corporation of China – Key offerings
Exhibit 53: BASF – Overview
Exhibit 54: BASF – Business segments
Exhibit 55: BASF – Organizational developments
Exhibit 56: BASF – Geographic focus
Exhibit 57: BASF – Segment focus
Exhibit 58: BASF – Key offerings
Exhibit 59: Sumitomo Chemical – Overview
Exhibit 60: Sumitomo Chemical – Business segments
Exhibit 61: Sumitomo Chemical – Organizational developments
Exhibit 62: Sumitomo Chemical – Geographic focus
Exhibit 63: Sumitomo Chemical – Segment focus
Exhibit 64: Sumitomo Chemical – Key offerings
Exhibit 65: United Company RUSAL – Overview
Exhibit 66: United Company RUSAL – Business segments
Exhibit 67: United Company RUSAL – Organizational developments
Exhibit 68: United Company RUSAL – Geographic focus
Exhibit 69: United Company RUSAL – Segment focus
Exhibit 70: United Company RUSAL – Key offerings


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】酸化アルミニウムの世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月10日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23956
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
酸化アルミニウムの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 航空機用ファスナーの世界市場予測
    当調査レポートでは、航空機用ファスナーの世界市場について調査・分析し、航空機用ファスナーの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空機用ファスナーの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空機用ファスナーの世界市場:セグメント別市場分析 ・航空機用ファスナーの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のターボ圧力送風機市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボ圧力送風機市場2015について調査・分析し、ターボ圧力送風機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアウトドア用電力装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のアウトドア用電力装置市場2015について調査・分析し、アウトドア用電力装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ココア・チョコレートの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ココア・チョコレートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ココア・チョコレート市場規模、製品別(チョコレート、ココア)分析、エンドユーザー別(医薬品、化粧品、食品・飲料、菓子類)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ココア・チョコレートの世界市場:市場動向分析 ・ ココア・チョコレートの世界市場:競争要因分析 ・ ココア・チョコレートの世界市場:製品別(チョコレート、ココア) ・ ココア・チョコレートの世界市場:エンドユーザー別(医薬品、化粧品、食品・飲料、菓子類) ・ ココア・チョコレートの世界市場:主要地域別分析 ・ ココア・チョコレートの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ココア・チョコレートのヨーロッパ市場規模 ・ ココア・チョコレートのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ココア・チョコレートの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • スマート荷物処理ソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート荷物処理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート荷物処理ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 気候テストチャンバーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、気候テストチャンバーの世界市場について調査・分析し、気候テストチャンバーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別気候テストチャンバーシェア、市場規模推移、市場規模予測、気候テストチャンバー種類別分析(温度室・湿度室、ベンチトップ、熱衝撃、ウォークインチャンバー、特殊チャンバー)、気候テストチャンバー用途別分析(自動車、航空宇宙、電子産業、バイオ、製薬)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・気候テストチャンバーの市場概観 ・気候テストチャンバーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・気候テストチャンバーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・気候テストチャンバーの世界市場規模 ・気候テストチャンバーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・気候テストチャンバーのアメリカ市場規模推移 ・気候テストチャンバーのカナダ市場規模推移 ・気候テストチャンバーのメキシコ市場規模推移 ・気候テストチャンバーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア …
  • 世界のシンチレーションカウンター市場
  • 世界の手術室キャビネット市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術室キャビネット市場2015について調査・分析し、手術室キャビネットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インスリン送達機器の世界市場:インスリン注射器、インスリン・ポンプ、インスリン・ペン、インスリン・ジェット式注射器
    当調査レポートでは、インスリン送達機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インスリン送達機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アンモニア水溶液の世界市場:種類別(工業グレード、電子工業グレード、製薬グレード)、用途別(農業、ゴム、皮革、製薬、製紙・パルプ、その他)、地域別予測
    本資料は、アンモニア水溶液の世界市場について調べ、アンモニア水溶液の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(工業グレード、電子工業グレード、製薬グレード)分析、用途別(農業、ゴム、皮革、製薬、製紙・パルプ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLonza、GAC、FCI、KMG Chemicals、Hainan Zhongharian 、Thatcher Group、Malanadu Ammoniaなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・アンモニア水溶液の世界市場概要 ・アンモニア水溶液の世界市場環境 ・アンモニア水溶液の世界市場動向 ・アンモニア水溶液の世界市場規模 ・アンモニア水溶液の世界市場規模:種類別(工業グレード、電子工業グレード、製薬グレード) ・アンモニア水溶液の世界市場規模:用途別(農業、ゴム、皮革、製薬、製紙・パルプ、その他) ・アンモニア水溶液の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アンモニア水溶液の北米市場規模・予測 ・アン …
  • 製紙用薬品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、製紙用薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、製紙用薬品市場規模、紙別(板紙・包装用紙、コート紙、ティッシュ、非コート紙、その他)分析、化学薬品別(脱墨剤、機能化学品、プロセスケミカル、パルプケミカル、コーティング剤、紙酵素、その他)分析、添加剤別(凝固剤・凝集剤、デフォーマー、コーティングバインダー、サイズ剤、湿潤強度添加剤、その他)分析、用途別(パッケージ用紙・工業用紙用、新聞紙、衛生用品、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、エネルギー・公益事業、物流、旅行、および輸送、小売・不動産、建設・エンジニアリング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 製紙用薬品の世界市場:市場動向分析 ・ 製紙用薬品の世界市場:競争要因分析 ・ 製紙用薬品の世界市場:紙別(板紙・包装用紙、コート紙、ティッシュ、非コート紙、その他) ・ 製紙用薬品の世界市場:化学薬品別(脱墨剤、機能化学品、プロセスケミカル、パルプケミカル、コー …
  • 心肺ストレス検査システムの世界市場
    当調査レポートでは、心肺ストレス検査システムの世界市場について調査・分析し、心肺ストレス検査システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の世界市場について調べ、石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場規模をセグメンテーション別(用途別(パイプライン、LNG&ターミナル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場状況 ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場規模 ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場予測 ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(パイプライン、LNG&ターミナル) ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の顧客状況 ・主要地域別市場規模 …
  • ニシンの世界市場:大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、ニシンの世界市場について調べ、ニシンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ニシンの市場規模をセグメンテーション別(種類別(大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はニシンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ニシンの市場状況 ・ニシンの市場規模 ・ニシンの市場予測 ・ニシンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他) ・ニシンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 中東・アフリカの石油化学製品市場:エチレン、プロピレン、メタノール、芳香族化合物
    当調査レポートでは、中東・アフリカの石油化学製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、中東・アフリカの石油化学製品市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業ロボットサービスの世界市場2017-2021:マテリアルハンドリング、溶接、組立てライン
    当調査レポートでは、産業ロボットサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボットサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の詐欺検知防御(FDP)市場2019
    本調査レポートでは、世界の詐欺検知防御(FDP)市場2019について調査・分析し、詐欺検知防御(FDP)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、詐欺検知防御(FDP)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、詐欺検知防御(FDP)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・詐欺検知防御(FDP)の市場概要 ・詐欺検知防御(FDP)の上流・下流市場分析 ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺検知防御(FDP)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・詐欺検知防御(FDP)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺 …
  • パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入り千切り小麦シリアル市場規模、製品サイズ別(一口サイズ、フルサイズ)分析、流通経路別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、独立系小売業者・コンビニエンスストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場概要 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場環境 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場動向 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場規模 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:製品サイズ別(一口サイズ、フルサイズ) ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:流通経路別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、独立系小売業者・コンビニエンスストア) ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:地域別 …
  • 商業用海藻の世界市場予測(~2023年):紅藻、褐藻、緑藻
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、商業用海藻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(紅藻、褐藻、緑藻)分析、採取方法(養殖、野生の採取)分析、形態別(液体、粉末、フレーク)分析、用途別(食品、飼料、農業)分析、商業用海藻の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックフィルターの世界市場分析:製品別(水フィルター、エアーフィルター)、用途別(住宅、商業、工業、高温ガスろ過、油/水ろ過、バイオろ過)、セグメント予測 -2022
    本調査レポートでは、セラミックフィルターの世界市場について調査・分析し、セラミックフィルターの世界市場動向、セラミックフィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックフィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 経腸栄養バックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、経腸栄養バックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、経腸栄養バックの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水分補給製品の世界市場
    当調査レポートでは、水分補給製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水分補給製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コーヒーポッドの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、コーヒーポッドの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コーヒーポッド市場規模、製品別(カプセル・プラスチックカップ入り、ホイル・紙バッグ入り)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コーヒーポッドの世界市場概要 ・コーヒーポッドの世界市場環境 ・コーヒーポッドの世界市場動向 ・コーヒーポッドの世界市場規模 ・コーヒーポッドの世界市場:業界構造分析 ・コーヒーポッドの世界市場:製品別(カプセル・プラスチックカップ入り、ホイル・紙バッグ入り) ・コーヒーポッドの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コーヒーポッドの北米市場規模・予測 ・コーヒーポッドのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コーヒーポッドのアジア太平洋市場規模・予測 ・コーヒーポッドの主要国分析 ・コーヒーポッドの世界市場:意思決定フレームワーク ・コーヒーポッドの世界市場:成長要因、課題 ・コーヒーポッドの世界市場:競争環境 ・コーヒーポッドの世界市 …
  • 医薬品包装の世界市場予測(~2021年):プラスチックボトル、ブリスターパック、投薬瓶
    当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、動物ワクチン包装別分析、薬物送達別分析、原料別分析、医薬品包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 草刈り機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、草刈り機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、草刈り機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 草刈り機は、ガス式、電気、コードレス(電池式)の三つに分類されます。そのうちガス式芝刈り機は、世界中で最も広く使われています。芝刈り機は、造園、ゴルフコース、公共施設などで多く使われています。Technavio社は草刈り機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Husqvarna• Robert Bosch• STIHL• The Toro Company • MTD等です。
  • 水痘(Chicken Pox):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、水痘(Chicken Pox)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・水痘(Chicken Pox):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・水痘(Chicken Pox)のフェーズ3治験薬の状況 ・水痘(Chicken Pox)治療薬の市場規模(販売予測) ・水痘(Chicken Pox)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・水痘(Chicken Pox)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の水痘(Chicken Pox)治療薬剤
  • 慢性気管支炎(Chronic Bronchitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)の概要 ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • ベトナムの市場見通し(~2021年)
  • 大豆粕の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、大豆粕の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大豆粕の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 大豆粕は一般的にタンパク質補給のための動物飼料として使われています。大豆粕の多くは、大豆油を搾った後の残留物です。大豆粕は、高可消化タンパク質を多く含んでいます。Technavio社は大豆粕の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Archer Daniels Midland• Bunge• Cargill• Wilmar International等です。
  • ホスフィン燻蒸剤の世界市場予測(~2022年):リン化アルミニウム、リン化マグネシウム、リン化カルシウム
    当調査レポートでは、ホスフィン燻蒸剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、ホスフィン燻蒸剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水素生成の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、水素生成の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供方式別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析、水素生成の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リクライニングソファの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リクライニングソファの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リクライニングソファの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用電子金庫の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、家庭用電子金庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用電子金庫の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 構造健全性監視(SHM)の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ワイヤードSHMシステムセグメント、ワイヤレスSHMシステムセグメント
  • 世界のインフォテインメントとコネクテッドカー市場2019
    本調査レポートでは、世界のインフォテインメントとコネクテッドカー市場2019について調査・分析し、インフォテインメントとコネクテッドカーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、インフォテインメントとコネクテッドカーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、インフォテインメントとコネクテッドカーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・インフォテインメントとコネクテッドカーの市場概要 ・インフォテインメントとコネクテッドカーの上流・下流市場分析 ・インフォテインメントとコネクテッドカーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・インフォテインメントとコネクテッドカーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・インフォテインメントとコネクテッドカーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・インフォテインメントとコネクテッドカーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・インフォテインメントとコ …
  • トラッククレーンの世界市場2018-2022
    急速な技術の進歩に伴い、カスタマーからの進化し続ける操作上の要件を満たすため、トラッククレーンメーカーはテレマティクスやソフトウェアシステムといった最新技術を組み込んでいます。メーカーによるこのような技術の採用が増えたことで、トラッククレーンの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率9%以上で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Liebherr、Manitowoc、Sumitomo Heavy Industries、Tadano、Terexなどです。 当調査レポートでは、トラッククレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トラッククレーン市場規模、エンドユーザー別(建設、工業、公共事業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トラッククレーンの世界市場概要 ・トラッククレーンの世界市場環境 ・トラッククレーンの世界市場動向 ・トラッククレーンの世界市場規模 ・トラッククレーンの世界市場:業界構造分析 ・トラ …
  • 3D細胞培養の世界市場分析:技術別(スカフォールドベース、ヒドロゲル、ポリマースカフォールド、マイクロパターン化表面マイクロプレートスカフォールドフリー、ハンギングドロップマイクロプレート、ULAコーティング付きスフェロイドマイクロプレート、マイクロフルイディック3D細胞培養、磁気浮上および3Dバイオプリント、バイオリアクター)、用途別(がん、組織工学および免疫組織化学、薬物開発、幹細胞研究、細胞間相互作用、トランスフェクション)、エンドユーザー別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3D細胞培養の世界市場について調査・分析し、3D細胞培養の世界市場動向、3D細胞培養の世界市場規模、市場予測、セグメント別3D細胞培養市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘッドマウントディスプレイの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイの世界市場について調査・分析し、ヘッドマウントディスプレイの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:市場動向分析 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:競争要因分析 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:技術別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの北米市場規模・分析 ・ヘッドマウントディスプレイの欧州市場・分析 ・ヘッドマウントディスプレイのアジア市場・分析 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • スイスの電気生理装置市場見通し
  • CO2インキュベーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、CO2インキュベーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CO2インキュベーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニキビ光線療法装置の世界市場予測2019-2024
    「ニキビ光線療法装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ブルーライト療法装置、赤外線療法装置など、用途別には、Hospitals、Beauty Salon、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。ニキビ光線療法装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ニキビ光線療法装置の世界市場概要(サマリー) ・ニキビ光線療法装置の企業別販売量・売上 ・ニキビ光線療法装置の企業別市場シェア ・ニキビ光線療法装置の世界市場規模:種類別(ブルーライト療法装置、赤外線療法装置) ・ニキビ光線療法装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Beauty Salon、Home Use) ・ニキビ光線療法装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ニキビ光線療法装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ニキビ光線療法装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア …
  • バソプレッシンV1a受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるバソプレッシンV1a受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・バソプレッシンV1a受容体アンタゴニストの概要 ・バソプレッシンV1a受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のバソプレッシンV1a受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・バソプレッシンV1a受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・バソプレッシンV1a受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別
    MarketsandMarkets社は、3D細胞培養の世界市場規模が2019年892百万ドルから2024年1846百万ドルまで年平均15.7%成長すると予測しています。本書は、世界の3D細胞培養市場について調査・分析し、市場概要、製品別(足場ベース3D細胞培養、非足場3D細胞培養、マイクロフルイディクスベース3D細胞培養、磁気およびバイオプリント3D細胞培養)分析、用途別(がん&幹細胞研究、創薬&毒性試験、組織工学&再生医療)分析、エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究機関、化粧品産業、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・世界の3D細胞培養市場:製品別(足場ベース3D細胞培養、非足場3D細胞培養、マイクロフルイディクスベース3D細胞培養、磁気およびバイオプリント3D細胞培養) ・世界の3D細胞培養市場:用途別(がん&幹細胞研究、創薬&毒性試験、組織工学&再生医療) ・世界の3D細胞培養市場:エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー …
  • インテリジェント・プラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、インテリジェント・プラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、インテリジェント・プラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ミリ波(MMW)技術の世界市場分析:製品別(通信機器、イメージング・スキャニング、レーダー・衛星通信システム)、コンポーネント別、用途別、周波数帯別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ミリ波(MMW)技術の世界市場について調査・分析し、ミリ波(MMW)技術の世界市場動向、ミリ波(MMW)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別ミリ波(MMW)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タッキファイヤー(粘着付与剤)のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、タッキファイヤー(粘着付与剤)のヨーロッパ市場について調査・分析し、タッキファイヤー(粘着付与剤)のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のポリスチレン(PS)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリスチレン(PS)市場2015について調査・分析し、ポリスチレン(PS)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のグルカナーゼ市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルカナーゼ市場2015について調査・分析し、グルカナーゼの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 安全物流の世界市場分析:用途別(現金管理、ダイヤモンド、ジュエリー・貴金属、製造)、タイプ別(静的、モバイル)、地域別(アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、安全物流の世界市場について調査・分析し、安全物流の世界市場動向、安全物流の世界市場規模、市場予測、セグメント別安全物流市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 抗ウイルス薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、抗ウイルス薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、抗ウイルス薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"