"アーユルヴェーダ食品の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23932)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アーユルヴェーダ食品の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The growth of e- commerce businesses globally has supported vendors to enhance their profitability. In addition, online and e-commerce channels support both business- to- business (B2B) and business- to- consumer (B2C) operations. The average amount of money spent online per transaction and the number of transactions that take place online are on the rise globally. The increase in the number of internet users is contributing to the growth of this channel. The rising number of online shoppers across the world will result in increased sales of ayurvedic food products. Online shopping portals have also incorporated enhanced security features for efficient customers services and payments, along with customer- friendly website designs offerings enhanced product visibility. This has encouraged various manufactures to concentrate on the internet- savvy customer segment and explore the new online retail format. Technavio’s analysts have predicted that the ayurvedic food market will register a CAGR of almost 14% by 2022.
Market Overview
Increasing number of new product launches
The rise in demand for ayurvedic food products in various countries has resulted in product innovation in the ayurvedic food sector. Vendors are actively launching new and innovation products to attract customers.
Unhealthy price competition
Local and regional vendors do not contribute to the market growth as they do not have registered trademarks. However, they have wide penetration in local markets. This negatively impacts the price of Ayurvedic food products, often resulting in loss of revenues of the registered industry vendors.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the ayurvedic food market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The global ayurvedic food market is fairly fragmented. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"アーユルヴェーダ食品の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Segmentation by product
• Comparison by product
• Global AFSF market – Market size and forecast 2017-2022
• Global AFLF market – Market size and forecast 2017-2022
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Ayurvedic food market in APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Ayurvedic food market in EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Ayurvedic food market in the Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Ayurvedic food market in India – Market size and forecast 2017-2022
• Ayurvedic food market in the US – Market size and forecast 2017-2022
• Ayurvedic food market in Germany – Market size and forecast 2017-2022
• Ayurvedic food market in the UK – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Rising e-commerce and online retailing
• Growing popularity of vegan diet
• Rising number of new varieties
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive landscape
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Cosmoveda EK Günther Eckerle
• Dabur
• Govinda Natur
• Maharishi Ayurveda Europe
• Patanjali Ayurved
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global packaged foods and beverages market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global ayurvedic food market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global ayurvedic food market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Global ayurvedic food market by product – Market share by product 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: Global AFSF market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 21: Global AFSF market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Global AFLF market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 23: Global AFLF market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Customer landscape
Exhibit 25: Global ayurvedic food market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 26: Regional comparison
Exhibit 27: Ayurvedic food market in APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 28: Ayurvedic food market in APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 29: Ayurvedic food market in EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 30: Ayurvedic food market in EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 31: Ayurvedic food market in Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 32: Ayurvedic food market in Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33: Key leading countries
Exhibit 34: Ayurvedic food market in India – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 35: Ayurvedic food market in India – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Ayurvedic food market in US – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 37: Ayurvedic food market in US – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Ayurvedic food market in Germany – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 39: Ayurvedic food market in Germany – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: Ayurvedic food market in UK – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 41: Ayurvedic food market in UK – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 42: Market opportunity
Exhibit 43: New and innovative product launches in global ayurvedic food market since 2014
Exhibit 44: Vendor landscape
Exhibit 45: Landscape disruption
Exhibit 46: Vendors covered
Exhibit 47: Vendor classification
Exhibit 48: Market positioning of vendors
Exhibit 49: Vendor overview
Exhibit 50: Cosmoveda EK Günther Eckerle – Products segments
Exhibit 51: Cosmoveda EK Günther Eckerle – Key offerings
Exhibit 52: Vendor overview
Exhibit 53: Dabur – Business segments
Exhibit 54: Dabur – Organizational developments
Exhibit 55: Dabur – Geographic focus
Exhibit 56: Dabur – Segment focus
Exhibit 57: Dabur – Key offerings
Exhibit 58: Vendor overview
Exhibit 59: Govinda Natur – Products segments
Exhibit 60: Govinda Natur – Key offerings
Exhibit 61: Vendor overview
Exhibit 62: Maharishi Ayurveda Europe – Products segments
Exhibit 63: Maharishi Ayurveda Europe – Key offerings
Exhibit 64: Vendor overview
Exhibit 65: Patanjali Ayurved – Products segments
Exhibit 66: Patanjali Ayurved – Organizational developments
Exhibit 67: Patanjali Ayurved – Key offerings


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アーユルヴェーダ食品の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月10日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23932
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品・飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アーユルヴェーダ食品の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 熱傷治療の世界市場:製品別(先進被覆材、生物製剤、従来型熱傷治療製品)、熱傷の深度別(軽度の熱傷、中間層熱傷、全層性熱傷)、原因別(熱、電気)、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、熱傷治療の世界市場について調査・分析し、熱傷治療の世界市場動向、熱傷治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱傷治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 口腔ケア/口腔衛生の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、口腔ケア/口腔衛生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(歯ブラシ(手動、電動、バッテリー駆動)、歯磨き粉、うがい薬、デンタルフロス、歯用ホワイトニング)分析、流通チャネル別(消費者ストア、小売薬局、電子商取引)分析、口腔ケア/口腔衛生の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、口腔ケア/口腔衛生の世界市場規模が2019年445億ドルから2025年533億ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • アメリカのSSL証明書市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのSSL証明書市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのSSL証明書市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳酸の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、乳酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乳酸市場規模、ソース別(合成、天然)分析、機能別(フレーバー、防腐剤、ミネラル強化、抗菌剤、pH調節剤、その他)分析、原材料別(小麦、コーン/トウモロコシ、サトウキビ、キャッサバ)分析、エンドユーザー別(医薬品、生分解性ポリマー、パーソナルケア製品、食品・飲料、化学品、その他)分析、用途別用途別(ベーカリー製品別、乳製品、フレーバー、ピクルス、サラダドレッシング、家禽・魚)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 乳酸の世界市場:市場動向分析 ・ 乳酸の世界市場:競争要因分析 ・ 乳酸の世界市場:ソース別(合成、天然) ・ 乳酸の世界市場:機能別(フレーバー、防腐剤、ミネラル強化、抗菌剤、pH調節剤、その他) ・ 乳酸の世界市場:原材料別(小麦、コーン/トウモロコシ、サトウキビ、キャッサバ) ・ 乳酸の世界市場:エンドユーザー別(医薬品、生分解性ポリマー、パーソナルケア製品、食 …
  • 禁煙(Smoking Cessation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における禁煙(Smoking Cessation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、禁煙(Smoking Cessation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・禁煙(Smoking Cessation)の概要 ・禁煙(Smoking Cessation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の禁煙(Smoking Cessation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・禁煙(Smoking Cessation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 3Dプリンターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、3Dプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dプリンターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の血液検査市場動向(~2021)
  • エアバッグプロペラントケミカルの世界市場予測2019-2024
    「エアバッグプロペラントケミカルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、5-アミノテトラゾール、アジ化ナトリウム、硝酸アンモニウム、硝酸カリウム、過塩素酸アンモニウム、その他など、用途別には、Aircraft、Marine、Automotive、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。エアバッグプロペラントケミカルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・エアバッグプロペラントケミカルの世界市場概要(サマリー) ・エアバッグプロペラントケミカルの企業別販売量・売上 ・エアバッグプロペラントケミカルの企業別市場シェア ・エアバッグプロペラントケミカルの世界市場規模:種類別(5-アミノテトラゾール、アジ化ナトリウム、硝酸アンモニウム、硝酸カリウム、過塩素酸アンモニウム、その他) ・エアバッグプロペラントケミカルの世界市場規模:用途別(Aircraft、Marine、Automotive、Others) ・エアバ …
  • 偽造防止パッケージの世界市場予測(~2023年)
    偽造防止パッケージの世界市場は、2018年の53億米ドルから2023年には94億米ドルに達し、12.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、市場における偽造品の増加、製品情報に関する購買者のブランド認知の高まり、電子商取引の拡大、印刷技術の発展、偽造パッケージが製品のブランドイメージに与える影響などが考えられます。さらに、アジア太平洋地域の新興市場では、包装業界における偽造防止パッケージの用途は広がっています。一方で、セットアップ費用が高いことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、偽造防止パッケージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術(符号化・印刷、RFID、ホログラム、セキュリティラベル、パッケージデザイン)分析、使用上の機能(追跡、不正使用の証拠、フォレンジックマーカー)分析、最終用途産業分析、偽造防止パッケージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場規模及び予測、導入別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用スケール抑制剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用スケール抑制剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スケール抑制剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデニムジーンズ市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはデニムジーンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・デニムジーンズの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • フラッキング流体及び化学品の北米市場
  • 世界の車線逸脱警報システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の車線逸脱警報システム市場2015について調査・分析し、車線逸脱警報システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 調味料ソースの北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 抗アクネ化粧品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抗アクネ化粧品の世界市場について調査・分析し、抗アクネ化粧品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抗アクネ化粧品シェア、市場規模推移、市場規模予測、抗アクネ化粧品種類別分析(女性用、男性用)、抗アクネ化粧品用途別分析(エステサロン、自宅用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抗アクネ化粧品の市場概観 ・抗アクネ化粧品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抗アクネ化粧品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抗アクネ化粧品の世界市場規模 ・抗アクネ化粧品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抗アクネ化粧品のアメリカ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のカナダ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のメキシコ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・抗アクネ化粧品のドイツ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のイギリス市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のロシア市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のアジア市場分析(日 …
  • 行動バイオメトリクスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、行動バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(ID・アクセス管理、リスク・コンプライアンス管理、不正検出・不正防止管理)分析、導入モデル別分析、組織規模別分析、行動バイオメトリクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 親水コロイドの世界市場:ゼラチン、キサンタン、カラゲーニン、アルジネート、寒天、ペクチン、グアー、イナゴマメ、アラビアガム、CMC
    当調査レポートでは、親水コロイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インメモリ・アナリティクスの世界市場2014-2025:用途別、最終用途別(SME、大企業)、垂直別(BFSI、小売、防衛、ヘルスケア、製造、ITES)、地域別
    本調査レポートでは、インメモリ・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、インメモリ・アナリティクスの世界市場動向、インメモリ・アナリティクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別インメモリ・アナリティクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 糖尿病食の世界市場
    当調査レポートでは、糖尿病食の世界市場について調査・分析し、糖尿病食の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スウェーデンの脊椎手術装置市場見通し
  • セルロース繊維の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、セルロース繊維の世界市場について調査・分析し、セルロース繊維の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の変圧器市場2016
    本調査レポートでは、世界の変圧器市場2016について調査・分析し、変圧器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのビタミンD検査市場
    当調査レポートでは、ヨーロッパのビタミンD検査市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのビタミンD検査市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スカッシュ用品の世界市場:ラケット、ボール、シューズ、その他
    当調査レポートでは、スカッシュ用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スカッシュ用品市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(ラケット、ボール、シューズ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amer Sports, ASICS, Dunlop Sports, Harrow Sports, HEAD, Tecnifibreなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スカッシュ用品の世界市場概要 ・スカッシュ用品の世界市場環境 ・スカッシュ用品の世界市場動向 ・スカッシュ用品の世界市場規模 ・スカッシュ用品の世界市場:業界構造分析 ・スカッシュ用品の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・スカッシュ用品の世界市場:製品別(ラケット、ボール、シューズ、その他) ・スカッシュ用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スカッシュ用品の北米市場規模・予測 ・スカッシュ用品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ス …
  • 摂取型センサーの世界市場:温度センサー、圧力センサー、PHセンサー、イメージセンサー
    当調査レポートでは、摂取型センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成製品別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地熱発電用ドリルビットの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、地熱発電用ドリルビットの世界市場について調べ、地熱発電用ドリルビットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、地熱発電用ドリルビットの市場規模をセグメンテーション別(種類別(トリコーネ、PDC、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は地熱発電用ドリルビットの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・地熱発電用ドリルビットの市場状況 ・地熱発電用ドリルビットの市場規模 ・地熱発電用ドリルビットの市場予測 ・地熱発電用ドリルビットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(トリコーネ、PDC、その他) ・地熱発電用ドリルビットの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 風力発電用タワーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、風力発電用タワーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力発電用タワーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、亜麻仁油(フラックスシードオイル)市場規模、製品別(有機、無機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場概要 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場環境 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場動向 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場規模 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場:業界構造分析 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場:製品別(有機、無機) ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の北米市場規模・予測 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)のアジア太平洋市場規模・予測 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル) …
  • 胎児ドップラーの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、胎児ドップラーの世界市場について調査・分析し、胎児ドップラーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 胎児ドップラーの世界市場:市場動向分析 - 胎児ドップラーの世界市場:競争要因分析 - 胎児ドップラーの世界市場:製品別 ・付属品 ・システム - 胎児ドップラーの世界市場:最終用途別 ・通院外科診療所(ASC) ・在宅医療 ・病院・クリニック ・診療所・バースセンター - 胎児ドップラーの世界市場:主要地域別分析 - 胎児ドップラーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 胎児ドップラーのヨーロッパ市場規模 - 胎児ドップラーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・胎児ドップラーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のプロクロラズ市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロクロラズ市場2015について調査・分析し、プロクロラズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド・コラボレーションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド・コラボレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド・コラボレーションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機内装構造用コア材料の世界市場:ハニカム、フォーム、バルサ
    当調査レポートでは、航空機内装構造用コア材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、航空機種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:イントロダクション ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:市場概観 ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:セグメント別市場分析 ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:システム&ソリューション別分析/市場規模 ・エネルギー産業におけるモノのインターネット(IOT)の世界市場:主 …
  • クラウド型VDIの世界市場:導入別(民間、公的、複合型)、最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他)、地域別予測
    本資料は、クラウド型VDIの世界市場について調べ、クラウド型VDIの世界規模、市場動向、市場環境、導入別(民間、公的、複合型)分析、最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・クラウド型VDIの世界市場概要 ・クラウド型VDIの世界市場環境 ・クラウド型VDIの世界市場動向 ・クラウド型VDIの世界市場規模 ・クラウド型VDIの世界市場規模:導入別(民間、公的、複合型) ・クラウド型VDIの世界市場規模:最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他) ・クラウド型VDIの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウド型VDIの北米市場規模・予測 ・クラウド型VDIのアメリカ市場規模・予測 ・クラウド型VDIのヨーロッパ市場規模・予測 ・クラウド型VDIのアジア市場規模・予測 ・クラウド型VDIの日本市場規模・予測 ・クラウド型VDIの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 消費者向けドローンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者向けドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者向けドローンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ハイパースペクトル撮像装置の世界市場予測(~2021):構成要素別(ハイパースペクトルカメラ、アクセサリ)、用途別
    当調査レポートでは、ハイパースペクトル撮像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、ハイパースペクトル撮像装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ファブリックの世界市場予測(~2023年):ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用ファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、繊維別(ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料)分析、用途別(コンベヤベルト、トランスミッションベルト、防護服、自動車用カーペット、防火服)分析、産業用ファブリックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)のフェーズ3治験薬の状況 ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬の市場規模(販売予測) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬剤
  • 商用車用アンチロックブレーキ装置(ABS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用車用アンチロックブレーキ装置(ABS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、商用車用アンチロックブレーキ装置(ABS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場分析
    当調査レポートでは、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のマイニングトラック市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイニングトラック市場2015について調査・分析し、マイニングトラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルテキスタイルプリンターの世界市場:タイプ別(昇華型インクジェット印刷、衣類直接印刷、布地直接印刷)、用途別(校正印刷、少ロット生産、デザイン指示)、地域別予測
    本資料は、デジタルテキスタイルプリンターの世界市場について調べ、デジタルテキスタイルプリンターの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(昇華型インクジェット印刷、衣類直接印刷、布地直接印刷)分析、用途別(校正印刷、少ロット生産、デザイン指示)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルテキスタイルプリンターの世界市場概要 ・デジタルテキスタイルプリンターの世界市場環境 ・デジタルテキスタイルプリンターの世界市場動向 ・デジタルテキスタイルプリンターの世界市場規模 ・デジタルテキスタイルプリンターの世界市場規模:タイプ別(昇華型インクジェット印刷、衣類直接印刷、布地直接印刷) ・デジタルテキスタイルプリンターの世界市場規模:用途別(校正印刷、少ロット生産、デザイン指示) ・デジタルテキスタイルプリンターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルテキスタイルプリンターの北米市場規模・予測 ・デジタルテキスタイルプリンターのアメリカ市場規模・予 …
  • 再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))のフェーズ3治験薬の状況 ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬の市場規模(販売予測) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))のフェーズ3治 …
  • 結晶セルロース(MCC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、結晶セルロース(MCC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品・パーソナルケア用品)分析、原材料別(木材系、非木材系)分析、結晶セルロース(MCC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 咽頭炎(Pharyngitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、咽頭炎(Pharyngitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・咽頭炎(Pharyngitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・咽頭炎(Pharyngitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・咽頭炎(Pharyngitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・咽頭炎(Pharyngitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・咽頭炎(Pharyngitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の咽頭炎(Pharyngitis)治療薬剤
  • 統合失調症薬の世界市場2016-2022:治療クラス別(第2世代、第3世代の抗精神病薬)、治療別(経口、注射)、主なマーケット別
    本調査レポートでは、統合失調症薬の世界市場について調査・分析し、統合失調症薬の世界市場動向、統合失調症薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別統合失調症薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 眼科機器の世界市場分析:製品別(診断・モニタリングデバイス、眼底カメラ、光干渉断層撮影スキャナ、網膜鏡、血圧計、心拍計、検眼鏡、バイオメーター、オートレフレクター、手術器具、屈折異常手術デバイス、緑内障手術デバイス、白内障および網膜下手術デバイス、ビジョンケア製品、コンタクトレンズ、 レンズ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、眼科機器の世界市場について調査・分析し、眼科機器の世界市場動向、眼科機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別眼科機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パルプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パルプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、パルプの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、原料別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 木材パルプまたはパルプは繊維性材料であり、主に水、セルロース繊維、リグニンとヘミセルロースで構成されています。セルロース繊維はパルプの主な構成要素であり、紙の生産にとって不可欠です。リグニンは、セルロース繊維を結合するポリマーの一種です。Technavio社はパルプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• APP• ARAUCO• Fibria• Suzano Pulp and Paper• UPM等です。
  • 食品トレーサビリティの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、食品トレーサビリティの世界市場について調査・分析し、食品トレーサビリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・食品トレーサビリティの世界市場:市場動向分析 ・食品トレーサビリティの世界市場:競争要因分析 ・食品トレーサビリティの世界市場:技術別分析/市場規模 ・食品トレーサビリティの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・食品トレーサビリティの世界市場:用途別分析/市場規模 ・食品トレーサビリティの世界市場:地域別分析/市場規模 ・食品トレーサビリティの北米市場規模 ・食品トレーサビリティの欧州市場規模 ・食品トレーサビリティのアジア市場規模 ・食品トレーサビリティの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"