"農業用グローバッグの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23698)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"農業用グローバッグの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Improvements in precision irrigation systems to drive growth in the market. Precision irrigation systems are used to minimize water usage by using pipes, pumps, and other equipment to irrigate plants efficiently. These systems are necessary for growing plants in agricultural grow bags, especially the lay flat grow bags used in greenhouses. Technavio’s analysts have predicted that the agricultural grow bags market will register a CAGR of close to 5% by 2022.
Market Overview
Increased adoption of fabric agricultural grow bags for high yield
Fabric agricultural grow bags have pores that allow aeration of roots, thus removing much of the heat from the roots to avoid pruning and girdling. Well-developed roots also help in achieving an increased yield. Another reason for the adoption of fabric agricultural grow bags is that they are generally cheaper than other containers such as pots.
Environmental pollution from plastic agricultural grow bags Agricultural grow bags have an average lifespan of two years in greenhouses. In open areas, the lifespan is even lesser. After the expiry of their lifespan, agricultural grow bags are disposed of and represent potential environmental hazards.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the agricultural grow bags market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including FibreDust and Greenyard the competitive environment is quite intense. Factors such as the increased adoption of fabric agricultural grow bags for high yield and the improvements in precision irrigation system, will provide considerable growth opportunities to agricultural grow bags manufactures. Dutch Plantin, FibreDust, Greenyard, Laizhou Guoliang Packing Products, and WHS Australia are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"農業用グローバッグの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Segmentation by product
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY RAW MATERIAL
• Segmentation by raw material
• Comparison by raw material
• Polythene – Market size and forecast 2017-2022
• Fabric – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by raw material
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Dutch Plantin
• FibreDust
• Greenyard
• Laizhou Guoliang Packing Products
• WHS Australia
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global agricultural packaging market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global agricultural grow bags market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global agricultural grow bags – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Global agricultural grow bags market – Market share by raw material 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by raw material
Exhibit 20: Polythene – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 21: Polythene – Year over year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Fabric – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 23: Fabric – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by product
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 29: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 31: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Vendor landscape
Exhibit 37: Landscape disruption
Exhibit 38: Vendors covered
Exhibit 39: Vendor classification
Exhibit 40: Market positioning of vendors
Exhibit 41: Dutch Plantin overview
Exhibit 42: Dutch Plantin – Product segments
Exhibit 43: Dutch Plantin – Key offerings
Exhibit 44: Dutch Plantin – Key customers
Exhibit 45: FibreDust overview
Exhibit 46: FibreDust – Product segments
Exhibit 47: FibreDust – Organizational developments
Exhibit 48: FibreDust – Key offerings
Exhibit 49: FibreDust – Key customers
Exhibit 50: Greenyard overview
Exhibit 51: Greenyard – Business segments
Exhibit 52: Greenyard – Organizational developments
Exhibit 53: Greenyard – Geographic focus
Exhibit 54: Greenyard – Segment focus
Exhibit 55: Greenyard – Key offerings
Exhibit 56: Greenyard – Key customers
Exhibit 57: Laizhou Guoliang Packing Products overview
Exhibit 58: Laizhou Guoliang Packing Products – Product segments
Exhibit 59: Laizhou Guoliang Packing Products – Key offerings
Exhibit 60: Laizhou Guoliang Packing Products – Key customers
Exhibit 61: WHS Australia overview
Exhibit 62: WHS Australia – Product segments
Exhibit 63: WHS Australia – Key offerings
Exhibit 64: WHS Australia – Key customers

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】農業用グローバッグの世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月10日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23698
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】New Research Areas
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
農業用グローバッグの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • エリテマトーデス(Lupus Erythematosus):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)のフェーズ3治験薬の状況 ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬の市場規模(販売予測) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のエリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬剤
  • LED材料の世界市場予測(~2021年):基板材料(炭化ケイ素、シリコン、サファイア)、ウェハー材料(ガリウムヒ素、窒化ガリウム)、エピタキシー(トリメチルガリウム、トリメチルアルミニウム)、蛍光体
    当調査レポートでは、LED材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、LED材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家具木材用塗料の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、家具木材用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家具木材用塗料の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)の概要 ・高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • サービスロボットの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サービスロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サービスロボット市場規模、コンポーネント別(アクチュエーター、制御システム、電源、センサー、ソフトウェア、その他)分析、オペレーティング環境別(地上ベース、空域、無人サーフェスコントロール、ROV、AUV)分析、用途別(プロフェッショナルサービスロボット、パーソナルサービスロボット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サービスロボットの世界市場:市場動向分析 ・ サービスロボットの世界市場:競争要因分析 ・ サービスロボットの世界市場:コンポーネント別(アクチュエーター、制御システム、電源、センサー、ソフトウェア、その他) ・ サービスロボットの世界市場:オペレーティング環境別(地上ベース、空域、無人サーフェスコントロール、ROV、AUV) ・ サービスロボットの世界市場:用途別(プロフェッショナルサービスロボット、パーソナルサービスロボット、その他) …
  • フリップチップの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フリップチップの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フリップチップ市場規模、技術別(FCBGA、FCCSP)分析、最終用途別(電子、重機・設備、IT・通信、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フリップチップの世界市場概要 ・フリップチップの世界市場環境 ・フリップチップの世界市場動向 ・フリップチップの世界市場規模 ・フリップチップの世界市場:業界構造分析 ・フリップチップの世界市場:技術別(FCBGA、FCCSP) ・フリップチップの世界市場:最終用途別(電子、重機・設備、IT・通信、自動車、その他) ・フリップチップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フリップチップのアメリカ市場規模・予測 ・フリップチップのヨーロッパ市場規模・予測 ・フリップチップのアジア市場規模・予測 ・フリップチップの主要国分析 ・フリップチップの世界市場:意思決定フレームワーク ・フリップチップの世界市場:成長 …
  • デジタル香り技術の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタル香り技術の世界市場について調査・分析し、デジタル香り技術の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタル香り技術シェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタル香り技術種類別分析(Eノーズ、香りシンセサイザー)、デジタル香り技術用途別分析(エンターテインメント、教育、医療、飲食料品、コミュニケーション)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタル香り技術の市場概観 ・デジタル香り技術のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタル香り技術のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタル香り技術の世界市場規模 ・デジタル香り技術の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタル香り技術のアメリカ市場規模推移 ・デジタル香り技術のカナダ市場規模推移 ・デジタル香り技術のメキシコ市場規模推移 ・デジタル香り技術のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・デジタル香り技術のドイツ市場規模推移 ・デジタル香り技術のイギリス市場規模 …
  • 世界のパワートレイン市場2015
    本調査レポートでは、世界のパワートレイン市場2015について調査・分析し、パワートレインの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 豚インフルエンザ(Swine Influenza):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における豚インフルエンザ(Swine Influenza)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)の概要 ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 半導体パッケージング及び組立装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体パッケージング及び組立装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体パッケージング及び組立装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドッキングステーションの世界市場
    当調査レポートでは、ドッキングステーションの世界市場について調査・分析し、ドッキングステーションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 眼痛(Ocular Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、眼痛(Ocular Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・眼痛(Ocular Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・眼痛(Ocular Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・眼痛(Ocular Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・眼痛(Ocular Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・眼痛(Ocular Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の眼痛(Ocular Pain)治療薬剤
  • 感染対策の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、感染対策の世界市場について調べ、感染対策の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、感染対策の市場規模をセグメンテーション別(種類別(治療薬、非治療薬)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は感染対策の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・感染対策の市場状況 ・感染対策の市場規模 ・感染対策の市場予測 ・感染対策の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(治療薬、非治療薬) ・感染対策の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の粉砕機市場2016
    本調査レポートでは、世界の粉砕機市場2016について調査・分析し、粉砕機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CMPパッドコンディショナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、CMPパッドコンディショナーの世界市場について調査・分析し、CMPパッドコンディショナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別CMPパッドコンディショナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、CMPパッドコンディショナー種類別分析(メッキ、ロウ付け、焼結型、CVD)、CMPパッドコンディショナー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・CMPパッドコンディショナーの市場概観 ・CMPパッドコンディショナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・CMPパッドコンディショナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・CMPパッドコンディショナーの世界市場規模 ・CMPパッドコンディショナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・CMPパッドコンディショナーのアメリカ市場規模推移 ・CMPパッドコンディショナーのカナダ市場規模推移 ・CMPパッドコンディショナーのメキシコ市場規模推移 ・CMPパッドコンディショナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス …
  • 世界の2-ブロモ酪酸市場2016
    本調査レポートでは、世界の2-ブロモ酪酸市場2016について調査・分析し、2-ブロモ酪酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用ワックスの世界市場予測:化石ベース、合成ベース、バイオベース
    当調査レポートでは、工業用ワックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、工業用ワックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タンブラーの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、タンブラーの世界市場規模が2017年21億ドルから2026年41.9億ドルまで年平均8.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、タンブラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タンブラー市場規模、製品種類別(スチールタンブラー、プラスチックタンブラー、ガラスタンブラー)分析、容量別(最大12オンス、12から20オンス、20から30オンス、30オンス以上)分析、販売チャンネル別(オンラインストア、ハイパー/スーパーマーケット、コンビニ)分析、用途別(家庭用、業務用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ タンブラーの世界市場:市場動向分析 ・ タンブラーの世界市場:競争要因分析 ・ タンブラーの世界市場:製品種類別(スチールタンブラー、プラスチックタンブラー、ガラスタンブラー) ・ タンブラーの世界市場:容量別(最大12オンス、12から20オンス、20から30オンス、30オンス以上) ・ タン …
  • 試験データ管理の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、試験データ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、用途別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、試験データ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 木質ペレットの世界市場
    当調査レポートでは、木質ペレットの世界市場について調査・分析し、木質ペレットの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 分布型光ファイバセンサの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、分布型光ファイバセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、作動原理別分析、ファイバータイプ別分析、用途別分析、地域別分析、分布型光ファイバセンサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞株開発の世界市場2017-2021:培地、試薬、装置
    当調査レポートでは、細胞株開発の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、細胞株開発の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力取引の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電力取引の世界市場について調べ、電力取引の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電力取引の市場規模をセグメンテーション別(種類別(前日取引、日中取引)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社は電力取引の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電力取引の市場状況 ・電力取引の市場規模 ・電力取引の市場予測 ・電力取引の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(前日取引、日中取引) ・電力取引の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 硬質プラスチックパッケージングの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、硬質プラスチックパッケージングの世界市場について調査・分析し、硬質プラスチックパッケージングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・硬質プラスチックパッケージングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・硬質プラスチックパッケージングの世界市場:セグメント別市場分析 ・硬質プラスチックパッケージングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 使い捨て医療用手袋の世界市場:種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他)、フォーム別(粉末、非粉末)、用途別(検査、手術)
    本資料は、使い捨て医療用手袋の世界市場について調べ、使い捨て医療用手袋の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他)分析、用途別(検査、手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・使い捨て医療用手袋の世界市場概要 ・使い捨て医療用手袋の世界市場環境 ・使い捨て医療用手袋の世界市場動向 ・使い捨て医療用手袋の世界市場規模 ・使い捨て医療用手袋の世界市場:種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:フォーム別(粉末、非粉末) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:用途別(検査、手術) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨て医療用手袋の北米市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のアメリカ市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のヨーロッパ市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のア …
  • ダイヤモンドコーティングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ダイヤモンドコーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ダイヤモンドコーティング市場規模、技術別(化学蒸着(CVD)、物理蒸着(PVD))分析、エンドユーザ―別(エレクトロニクス、機械、工業、医療、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Crystallume, D-Coat, NeoCoat, Oerlikon, SP3 Diamond Techなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場概要 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場環境 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場動向 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場規模 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場:業界構造分析 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場:技術別(化学蒸着(CVD)、物理蒸着(PVD)) ・ダイヤモンドコーティングの世界市場:エンドユーザ―別(エレクトロニクス、機械、工業、医療、自動車、その他) ・ダイ …
  • アルメニアの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 空港照明の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空港照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、空港照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は空港照明の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ADB SAFEGATE、atg airports、Avlite Systems、Eaton、General Electric、Philips Lighting、vosla等です。
  • エアゾール缶の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、エアゾール缶の世界市場について調査・分析し、エアゾール缶の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エアゾール缶の世界市場:市場動向分析 - エアゾール缶の世界市場:競争要因分析 - エアゾール缶の世界市場:製品種類別 ネックイン 形成 直線型 - エアゾール缶の世界市場:材料別 シリカ 鋼鉄 アルミニウム プラスチック その他の材料 - エアゾール缶の世界市場:発射ガス別 圧縮ガス 液体ガス - エアゾール缶の世界市場:用途別 自動車 美容製品 健康管理 家庭 産業 - エアゾール缶の世界市場:エンドユーザー別 自動車 商業用 食品 健康管理 家屋管理 個人健康管理 製薬 その他のエンドユーザー - エアゾール缶の世界市場:主要地域別分析 - エアゾール缶の北米市場規模(アメリカ市場等) - エアゾール缶のヨーロッパ市場規模 - エアゾール缶のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エアゾール缶の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • リファビッシュ医療機器の世界市場予測(~2021年):X線装置、超音波装置、MRI装置、CTスキャナ、核イメージングシステム、人工心肺、手術機器、CO2モニター、患者モニター、パルスオキシメーター、AED、カテーテル治療診察室、新生児集中治療装置、内視鏡
    当調査レポートでは、リファビッシュ医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、医療機器種類別分析、地域別分析、リファビッシュ医療機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 顕微鏡検査の世界市場予測(~2022年):光学顕微鏡、電子顕微鏡、AFM、STM、NSOM
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、顕微鏡検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、顕微鏡検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の関節内補充療法市場規模・予測2017-2025商品別(3回投与、1回投与、5回投与)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の関節内補充療法市場について調査・分析し、世界の関節内補充療法市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の関節内補充療法関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ATVエレクトロニクスシステムの世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、ATVエレクトロニクスシステムの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(照明システム、高度な電子システム、オーディオシステム、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ATVエレクトロニクスシステムの世界市場:種類別(照明システム、高度な電子システム、オーディオシステム、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ERPソフトウェアの世界市場:コンポーネント別、展開モデル別、業務機能別、エンドユーザー別、業種別、
    当調査レポートでは、ERPソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド、ハイブリッド)分析、業務機能別(金融、人事(HR)、サプライチェーン、顧客管理、在庫管理、製造モジュールなど)分析、エンドユーザー別(大企業、中企業、小企業)分析、業種別(製造、BFSI、ヘルスケア、小売、流通、政府、公益事業、IT、テレコム、建設、航空宇宙、防衛、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ERPソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ERPソフトウェアの世界市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド、ハイブリッド) ・ERPソフトウェアの世界市場:業務機能別(金融、人事(HR)、サプライチェーン、顧客管理、在庫管理、製造モジュールなど) ・ERPソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(大企業、中企業、小企業) ・ERPソフトウェアの世界市場:業種別(製造、BFSI、ヘルス …
  • (医療用)超音波システムの世界市場分析・予測
  • アメリカの試験準備サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの試験準備サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの試験準備サービス市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スキンライトナーのアジア太平洋市場2016-2020
    当調査レポートでは、スキンライトナーのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキンライトナーのアジア太平洋市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック添加物の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、プラスチック添加物の世界市場について調査・分析し、プラスチック添加物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プラスチック添加物の世界市場:市場動向分析 - プラスチック添加物の世界市場:競争要因分析 - プラスチック添加物の世界市場:製品別 ・抗菌/バイオ安定化 ・抗酸化 ・難燃材 ・耐衝撃性改良剤 ・可塑剤 ・紫外線吸収剤 ・その他 - プラスチック添加物の世界市場:プラスチック別 ・高性能プラスチック ・汎用プラスチック ・エンジニアリングプラスチック - プラスチック添加物の世界市場:用途別 ・自動車 ・建設 ・消費財 ・調剤 ・包装 ・ワイヤー・ケーブル ・その他 - プラスチック添加物の世界市場:機能別 ・加工助剤 ・性質安定 ・特性調節 ・特性拡張 - プラスチック添加物の世界市場:主要地域別分析 - プラスチック添加物の北米市場規模(アメリカ市場等) - プラスチック添加物のヨーロッパ市場規模 - プラスチック添加物のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) …
  • ドイツの体外式除細動器市場(~2021)
  • RFオーバーファイバーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、RFオーバーファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、周波数帯別(L、S、C、X、KU、KA)分析、用途別(テレコム、レーダー、ナビゲーション、ブロードキャスト、ブロードバンド)分析、垂直産業別(民間、軍事)分析、RFオーバーファイバーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の電気自動車(EV)市場-分析及び展望(~2022年)
  • モータソフトスタータの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、モータソフトスタータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、モータソフトスタータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床用歩行器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、臨床用歩行器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臨床用歩行器市場規模、製品別(四輪、三輪)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Carex Health Brands, Drive DeVilbiss Healthcare, GF HEALTH PRODUCTS, Invacare, などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・臨床用歩行器の世界市場概要 ・臨床用歩行器の世界市場環境 ・臨床用歩行器の世界市場動向 ・臨床用歩行器の世界市場規模 ・臨床用歩行器の世界市場:業界構造分析 ・臨床用歩行器の世界市場:製品別(四輪、三輪) ・臨床用歩行器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・臨床用歩行器の北米市場規模・予測 ・臨床用歩行器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・臨床用歩行器のアジア太平洋市場規模・予測 ・臨床用歩行器の主要国分析 ・臨床用歩行器の世界市場:意思決定フレームワーク ・臨床用歩行器の世界市場:成長要因 …
  • コンプレッサー制御装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンプレッサー制御装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンプレッサー制御装置市場規模、製品別(制御エレメント、通信)分析、エンドユーザー別(プロセス製造業、ディスクリート製造業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンプレッサー制御装置の世界市場概要 ・コンプレッサー制御装置の世界市場環境 ・コンプレッサー制御装置の世界市場動向 ・コンプレッサー制御装置の世界市場規模 ・コンプレッサー制御装置の世界市場:業界構造分析 ・コンプレッサー制御装置の世界市場:製品別(制御エレメント、通信) ・コンプレッサー制御装置の世界市場:エンドユーザー別(プロセス製造業、ディスクリート製造業) ・コンプレッサー制御装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンプレッサー制御装置の北米市場規模・予測 ・コンプレッサー制御装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コンプレッサー制御装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・コ …
  • 防爆性照明用LEDランプの世界市場予測2015-2022
  • ベルギーの整形外科補綴市場見通し
  • メキシコの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャー市場規模、最終用途別(住居用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場概要 ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場環境 ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場動向 ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場規模 ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場:業界構造分析 ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場:最終用途別(住居用、商業用) ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーのアメリカ市場規模・予測 ・ビークルトゥグリッド(V2G)チャージャーのヨーロッパ市場規模・予測 ・ビー …
  • 頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場2019-2023
    ボツリヌス毒素注射に対する償還プログラムの増加に伴い、頚部ジストニアの治療に対する需要が高まっています。 償還プログラムを利用し、頚部ジストニアの治療用の高価なボツリヌス毒素療法を受けることができます。 この償還プログラムによって、患者は医療保険の有無にかかわらず、ボツリヌス毒素による治療に対する適正な償還を受けることができます。 例を挙げると、BOTOXの製造元であるAllerganは、BOTOX Reimbursement Solutions Programという包括的な償還プログラムをスポンサーしています。 このプログラムには、BOTOXの注射治療を受けている患者を支援するBOTOXホットラインとBOTOX患者支援プログラムが含まれています。 Technavioのアナリストは、頚部ジストニア治療の世界市場が2023年までに約5%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Allergan、Eisai、Ipsen Pharma、Merz Pharma、US WorldMedsなどです。 当調査レポートでは、頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場について調査・分析 …
  • 世界の木質系バイオマス燃焼ボイラ市場2015
    本調査レポートでは、世界の木質系バイオマス燃焼ボイラ市場2015について調査・分析し、木質系バイオマス燃焼ボイラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"