"地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23585)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Growing popularity of programmable gas analyzers to drive growth in the market. Programmable gas analyzers are gaining popularity in industries, where they can be timed for different time intervals and different gases. In a programmable gas analyzer, the analyzer is calibrated for a different combination of gases. Technavio’s analysts have predicted that the CEMS market will register a CAGR of close to 7% by 2022.
Market Overview
Increasing awareness of low-cost sensor technology among end-users
Low-cost sensor innovation can possibly alter the region of air contamination detection by giving high-density spatiotemporal contamination information. Such information can be used for supplementing customary contamination monitoring, enhancing exposure gauges, and raising awareness about air pollution.
Need for price-sensitive multiple technology solutions
A majority of the CEMS vendors are dependent on raw materials from China to manufacture products. The rise in raw material costs and import duties imposed by governments worldwide have increased the production cost of the equipment, leading to a negative effect on the market growth.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the CEMS market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including Parker Hannifin and Siemens the competitive environment is quite intense. Factors such as the rising popularity of programmable gas analyzers and the increasing awareness of low-cost sensor technology among end-users, will provide considerable growth opportunities to CEMS manufactures. ABB, AMETEK, Emerson Electric, Honeywell, Parker Hannifin, and Siemens are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Segmentation by end-user
• Comparison by end-user
• Power generation – Market size and forecast 2017-2022
• Petroleum – Market size and forecast 2017-2022
• Chemicals – Market size and forecast 2017-2022
• Cement – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by end-user
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Evolving sensor technology
• Growing popularity of programmable gas analyzers
• IoT in gas monitoring equipment
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive landscape
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• ABB
• AMETEK
• Emerson Electric
• Honeywell
• Parker Hannifin
• Siemens
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global environment monitoring and sensing market: Segmentation
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global CEMS market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global CEMS market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: End-user – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by end-user
Exhibit 21: Power generation – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Power generation – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Petroleum – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: Petroleum – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Chemicals – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 26: Chemicals – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Cement – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 28: Cement – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 29: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 30: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 31: Market opportunity by end-user
Exhibit 32: Global CEMS market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 33: Regional comparison
Exhibit 34: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 35: Change in air quality in the US (%)
Exhibit 36: Change in emissions in the US (%)
Exhibit 37: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 39: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 41: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 42: Key leading countries
Exhibit 43: Market opportunity
Exhibit 44: Important factors for vendors to sustain in the market
Exhibit 45: Vendor landscape
Exhibit 46: Landscape disruption
Exhibit 47: Vendors covered
Exhibit 48: Vendor classification
Exhibit 49: Market positioning of vendors
Exhibit 50: Vendor overview
Exhibit 51: ABB – Business segments
Exhibit 52: ABB – Organizational developments
Exhibit 53: ABB – Geographic focus
Exhibit 54: ABB – Segment focus
Exhibit 55: ABB – Key offerings
Exhibit 56: Vendor overview
Exhibit 57: AMETEK – Business segments
Exhibit 58: AMETEK – Organizational developments
Exhibit 59: AMETEK – Geographic focus
Exhibit 60: AMETEK – Segment focus
Exhibit 61: AMETEK – Key offerings
Exhibit 62: Vendor overview
Exhibit 63: Emerson Electric – Business segments
Exhibit 64: Emerson Electric – Organizational developments
Exhibit 65: Emerson Electric – Geographic focus
Exhibit 66: Emerson Electric – Segment focus
Exhibit 67: Emerson Electric – Key offerings
Exhibit 68: Vendor overview
Exhibit 69: Honeywell – Business segments
Exhibit 70: Honeywell – Organizational developments
Exhibit 71: Honeywell – Geographic focus
Exhibit 72: Honeywell – Segment focus
Exhibit 73: Honeywell – Key offerings
Exhibit 74: Vendor overview
Exhibit 75: Parker Hannifin – Business segments
Exhibit 76: Parker Hannifin – Organizational developments
Exhibit 77: Parker Hannifin – Geographic focus
Exhibit 78: Parker Hannifin – Segment focus
Exhibit 79: Parker Hannifin – Key offerings
Exhibit 80: Vendor overview
Exhibit 81: Siemens – Business segments
Exhibit 82: Siemens – Organizational developments
Exhibit 83: Siemens – Geographic focus
Exhibit 84: Siemens – Segment focus
Exhibit 85: Siemens – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月12日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23585
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Hardware and Semiconductor
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場予測2019-2024
    「航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、パレット、コンテナなど、用途別には、Civil Air Transport、Cargo Air Transport、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。航空貨物ULD(Unit Load Device)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場概要(サマリー) ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の企業別販売量・売上 ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の企業別市場シェア ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場規模:種類別(パレット、コンテナ) ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場規模:用途別(Civil Air Transport、Cargo Air Transport、O …
  • チェコの整形外科装置市場見通し
  • 臨床検査サービスの世界市場分析
    本調査レポートでは、臨床検査サービスの世界市場について調査・分析し、臨床検査サービスの世界市場動向、臨床検査サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床検査サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 空圧用シールの世界市場2017-2021:シリンダ用シール、バルブ用シール
    当調査レポートでは、空圧用シールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空圧用シールの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症の概要 ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • N95グレード医療用保護マスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、N95グレード医療用保護マスクの世界市場について調査・分析し、N95グレード医療用保護マスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別N95グレード医療用保護マスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、N95グレード医療用保護マスク種類別分析(呼気弁あり、呼気弁)、N95グレード医療用保護マスク用途別分析(個人用、工業用、病院・クリニック用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・N95グレード医療用保護マスクの市場概観 ・N95グレード医療用保護マスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・N95グレード医療用保護マスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・N95グレード医療用保護マスクの世界市場規模 ・N95グレード医療用保護マスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・N95グレード医療用保護マスクのアメリカ市場規模推移 ・N95グレード医療用保護マスクのカナダ市場規模推移 ・N95グレード医療用保護マスクのメキシコ市場規模推移 ・N95グレード医療用 …
  • 整形外科用固定具と保持器具の世界市場分析:製品別(膝固定・支持、足と足首の固定・支持、脊柱矯正、上肢固定・支持)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、整形外科用固定具と保持器具の世界市場について調査・分析し、整形外科用固定具と保持器具の世界市場動向、整形外科用固定具と保持器具の世界市場規模、市場予測、セグメント別整形外科用固定具と保持器具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の野球/ソフトボール用衣類市場2015
    本調査レポートでは、世界の野球/ソフトボール用衣類市場2015について調査・分析し、野球/ソフトボール用衣類の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベビーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビーカーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品増粘剤の世界市場2014-2025:製品別(スターチ、親水コロイド、タンパク質)、用途別(製パン、製菓、飲料、乳製品)、地域別
    本調査レポートでは、食品増粘剤の世界市場について調査・分析し、食品増粘剤の世界市場動向、食品増粘剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別食品増粘剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のレオロジー調節剤市場
  • 穀類乾燥機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、穀類乾燥機の世界市場について調査・分析し、穀類乾燥機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別穀類乾燥機シェア、市場規模推移、市場規模予測、穀類乾燥機種類別分析(固定式、移動式)、穀類乾燥機用途別分析(穀物乾燥、パルス乾燥、油料種子乾燥)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・穀類乾燥機の市場概観 ・穀類乾燥機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・穀類乾燥機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・穀類乾燥機の世界市場規模 ・穀類乾燥機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・穀類乾燥機のアメリカ市場規模推移 ・穀類乾燥機のカナダ市場規模推移 ・穀類乾燥機のメキシコ市場規模推移 ・穀類乾燥機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・穀類乾燥機のドイツ市場規模推移 ・穀類乾燥機のイギリス市場規模推移 ・穀類乾燥機のロシア市場規模推移 ・穀類乾燥機のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・穀類乾燥機の日本市場規模 …
  • スイスの装具市場見通し
  • 世界の磁粉市場2016
    本調査レポートでは、世界の磁粉市場2016について調査・分析し、磁粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジメチルアミノプロピルアミン(DMAPA)の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、ジメチルアミノプロピルアミン(DMAPA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウエハーおよび集積回路(IC)の出荷および取り扱いの世界市場分析:製品別(ウエハー出荷・ハンドリング、IC出荷・ハンドリング(IC出荷チューブ、ICトレイ)、IC処理・保管))、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ウエハーおよび集積回路(IC)の出荷および取り扱いの世界市場について調査・分析し、ウエハーおよび集積回路(IC)の出荷および取り扱いの世界市場動向、ウエハーおよび集積回路(IC)の出荷および取り扱いの世界市場規模、市場予測、セグメント別ウエハーおよび集積回路(IC)の出荷および取り扱い市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車用ピストン市場:用途別、地域別
    本調査レポートは自動車用ピストンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車用ピストンの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 高調波フィルタの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高調波フィルタの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高調波フィルタ市場規模、製品別(PHF、AHF)分析、エンドユーザー別(産業、非産業系)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高調波フィルタの世界市場概要 ・高調波フィルタの世界市場環境 ・高調波フィルタの世界市場動向 ・高調波フィルタの世界市場規模 ・高調波フィルタの世界市場:業界構造分析 ・高調波フィルタの世界市場:製品別(PHF、AHF) ・高調波フィルタの世界市場:エンドユーザー別(産業、非産業系) ・高調波フィルタの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高調波フィルタの北米市場規模・予測 ・高調波フィルタのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高調波フィルタのアジア太平洋市場規模・予測 ・高調波フィルタの主要国分析 ・高調波フィルタの世界市場:意思決定フレームワーク ・高調波フィルタの世界市場:成長要因、課題 ・高調波フィルタの世界市場:競争環境 …
  • 紫外線吸収剤の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、紫外線吸収剤の世界市場について調査・分析し、紫外線吸収剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 紫外線吸収剤の世界市場:市場動向分析 - 紫外線吸収剤の世界市場:競争要因分析 - 紫外線吸収剤の世界市場:種類別 ・トリアジン ・ベンゾトリアゾール ・ベンゾフェノン ・その他 - 紫外線吸収剤の世界市場:用途別 ・接着剤 ・コーティング ・パーソナルケア ・プラスチック ・その他 - 紫外線吸収剤の世界市場:主要地域別分析 - 紫外線吸収剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 紫外線吸収剤のヨーロッパ市場規模 - 紫外線吸収剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・紫外線吸収剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • オイルミストコレクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オイルミストコレクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オイルミストコレクターの世界市場規模及び予測、装置種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオイルミストコレクターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Aeroex• Filtermist International• Losma• Plymovent等です。
  • 中国の放射線防護用カーテン市場2015
    本調査レポートでは、中国の放射線防護用カーテン市場2015について調査・分析し、放射線防護用カーテンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮脂腺腫(Adenomas):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮脂腺腫(Adenomas)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮脂腺腫(Adenomas)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮脂腺腫(Adenomas)の概要 ・皮脂腺腫(Adenomas)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮脂腺腫(Adenomas)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮脂腺腫(Adenomas)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・皮脂腺腫(Adenomas)治療薬開発 …
  • ローラーコースターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ローラーコースターの世界市場について調査・分析し、ローラーコースターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ローラーコースターシェア、市場規模推移、市場規模予測、ローラーコースター種類別分析(木製、鋼製)、ローラーコースター用途別分析(Kiddle、スリル、家族向け、絶叫型)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ローラーコースターの市場概観 ・ローラーコースターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ローラーコースターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ローラーコースターの世界市場規模 ・ローラーコースターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ローラーコースターのアメリカ市場規模推移 ・ローラーコースターのカナダ市場規模推移 ・ローラーコースターのメキシコ市場規模推移 ・ローラーコースターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ローラーコースターのドイツ市場規模推移 ・ローラーコースターのイギリス市場規模推移 ・ロ …
  • ミャンマーの市場見通し(~2021年)
  • カセイソーダの世界市場:用途別(電力、アルミナ、無機化合物、化学品、食品、パルプ・製紙、石鹸・洗剤、繊維、水処理、鋼鉄・冶金(焼結)、その他)、地域別予測
    本資料は、カセイソーダの世界市場について調べ、カセイソーダの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(電力、アルミナ、無機化合物、化学品、食品、パルプ・製紙、石鹸・洗剤、繊維、水処理、鋼鉄・冶金(焼結)、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはFMC Corporations 、Dow Chemical Company、Occidental Petroleum Corporation 、Ineos Group Ltd. 、Olin Corporations、PPG Industries、Tata Chemicals Ltd.、Formosa Plastics Corporation、Xinjiang Zhongtai Chemicals Co. Ltd.、Tosoh Corporation、Hanwha Chemical Corporation、Solvay SAなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・カセイソーダの世界市場概要 ・カセイソーダの …
  • 出血性熱(Hemorrhagic Fever):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における出血性熱(Hemorrhagic Fever)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、出血性熱(Hemorrhagic Fever)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・出血性熱(Hemorrhagic Fever)の概要 ・出血性熱(Hemorrhagic Fever)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の出血性熱(Hemorrhagic Fever)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・出血性熱(Hemorrhagic Fever)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 血管ガイドワイヤーの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、血管ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、血管ガイドワイヤーの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・血管ガイドワイヤーの世界市場規模:製品別分析 ・血管ガイドワイヤーの世界市場規模:コーティング種類別分析 ・血管ガイドワイヤーの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・血管ガイドワイヤーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • トルクセンサーの世界市場予測(~2024年)
    トルクセンサーの世界市場は、2018年の94億米ドルから2024年には148億米ドルに達し、7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高性能の高性能自動車に対する需要の増加、トルク測定の重要性の増大、および電動パワーステアリング(EPS)システム用のトルクセンサーに対する需要の増加などが考えれられます。一方で、ハイエンド用途に利用可能なトルクセンサーの信頼性が高くないことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、トルクセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(回転トルクセンサー、反作用トルクセンサー)分析、用途(テスト・計測、自動車、工業、航空宇宙・防衛、その他)分析、技術分析、トルクセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワークフォレンジックの世界市場
    当調査レポートでは、ネットワークフォレンジックの世界市場について調査・分析し、ネットワークフォレンジックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ネットワークフォレンジックの世界市場:市場動向分析 - ネットワークフォレンジックの世界市場:競争要因分析 - ネットワークフォレンジックの世界市場:種類別 ・ソリューション ・サービス - ネットワークフォレンジックの世界市場:ソリューション別 ・解析 ・ファイアウォール ・侵入検知システム(IDS)/侵入防止システム(IPS) ・ログ管理 ・パケットキャプチャ解析 ・セキュリティー情報およびイベント管理(SIEM) ・スレットインテリジェンス - ネットワークフォレンジックの世界市場:サービス別 ・管理サービス ・専門的サービス - ネットワークフォレンジックの世界市場:展開モード別 ・オンプレミス ・クラウド - ネットワークフォレンジックの世界市場:組織の規模別 ・大企業 ・中小企業(SMEs) - ネットワークフォレンジックの世界市場:応用領域別 ・ア …
  • 先進複合材料の世界市場:炭素繊維複合材、ガラス繊維複合材、アラミド繊維複合材
    当調査レポートでは、先進複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、先進複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • チョコレートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チョコレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チョコレートの世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・流通経路別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・規制機関と業界団体 ・競争状況 ・主要企業分析
  • アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis)治療薬剤
  • 液化石油ガス(LPガス)の世界市場
    当調査レポートでは、液化石油ガス(LPガス)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・液化石油ガス(LPガス)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・液化石油ガス(LPガス)の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・液化石油ガス(LPガス)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・液化石油ガス(LPガス)のアメリカ市場規模予測 ・液化石油ガス(LPガス)のヨーロッパ市場規模予測 ・液化石油ガス(LPガス)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ブラジルの免疫化学検査市場動向(~2021)
  • カーラックの世界市場
    当調査レポートでは、カーラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーラックの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用パワートレインテストサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用パワートレインテストサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用パワートレインテストサービス市場規模、パワートレイン種類別(ICEパワートレイン、ハイブリッド・電動パワートレイン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用パワートレインテストサービスの世界市場概要 ・自動車用パワートレインテストサービスの世界市場環境 ・自動車用パワートレインテストサービスの世界市場動向 ・自動車用パワートレインテストサービスの世界市場規模 ・自動車用パワートレインテストサービスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用パワートレインテストサービスの世界市場:パワートレイン種類別(ICEパワートレイン、ハイブリッド・電動パワートレイン) ・自動車用パワートレインテストサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用パワートレインテストサービスのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用パワートレインテストサービス …
  • 非鉄金属の世界市場:アルミニウム、銅、鉛、スズ、ニッケル、チタン、亜鉛
    当調査レポートでは、非鉄金属の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非鉄金属の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者エンゲージメントソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、患者エンゲージメントソフトウェアの世界市場について調査・分析し、患者エンゲージメントソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別患者エンゲージメントソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、患者エンゲージメントソフトウェア種類別分析(ウェブベース型、クラウドベース型、オンプレミス型)、患者エンゲージメントソフトウェア用途別分析(健康管理、社会的・行動管理、在宅医療管理、財務健全性管理)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・患者エンゲージメントソフトウェアの市場概観 ・患者エンゲージメントソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・患者エンゲージメントソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・患者エンゲージメントソフトウェアの世界市場規模 ・患者エンゲージメントソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・患者エンゲージメントソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・患者エンゲージメントソフトウェアのカナダ市場規模推移 ・ …
  • 医療用複合材料の世界市場:繊維複合材、高分子・金属複合材、高分子・セラミック複合材
    当調査レポートでは、医療用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用複合材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉛蓄電池のインドネシア市場予測・分析2019-2023
  • マイクロインバーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、マイクロインバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マイクロインバーター市場規模、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア)分析、種類別(単相、三相)分析、接続方式別(電力網接続型、スタンドアロン型)分析、技術別(有線、無線)分析、販売経路別(直販、関節)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ マイクロインバーターの世界市場:市場動向分析 ・ マイクロインバーターの世界市場:競争要因分析 ・ マイクロインバーターの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア) ・ マイクロインバーターの世界市場:種類別(単相、三相) ・ マイクロインバーターの世界市場:接続方式別(電力網接続型、スタンドアロン型) ・ マイクロインバーターの世界市場:技術別(有線、無線) ・ マイクロインバーターの世界市場:販売経路別(直販、関節) ・ マイクロインバーターの世界市場:主要地域別分析 ・ マイクロインバーターの北米市場規模 …
  • 食品サービス向けパッケージングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、食品サービス向けパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別分析、包装種類別分析、用途別分析、地域別分析、食品サービス向けパッケージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドディスカバリーの世界市場:ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー)、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・消費財、製造)、地域別予測
    本資料は、クラウドディスカバリーの世界市場について調べ、クラウドディスカバリーの世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・消費財、製造)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・クラウドディスカバリーの世界市場概要 ・クラウドディスカバリーの世界市場環境 ・クラウドディスカバリーの世界市場動向 ・クラウドディスカバリーの世界市場規模 ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー) ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス) ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:組織規模別(大企業、中小企業) ・クラウ …
  • ヒトアルブミンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヒトアルブミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒトアルブミンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 回路遮断器・リレー・ヒューズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、回路遮断器・リレー・ヒューズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、回路遮断器・リレー・ヒューズの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 凝固因子アッセイ検査の世界市場2016-2020
  • 鉱山設備の世界市場分析:製品別(鉱山掘削・破砕、粉砕、粉砕・スクリーニング装置、鉱物加工機械、表面鉱山設備)、用途別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、鉱山設備の世界市場について調査・分析し、鉱山設備の世界市場動向、鉱山設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別鉱山設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用燃料送出及び噴射装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用燃料送出及び噴射装置の世界市場について調査・分析し、自動車用燃料送出及び噴射装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 農薬の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農薬市場規模、用途別(作物、畜産、林業、非作物)分析、タイプ別(農薬、アジュバント、肥料、植物成長調整剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農薬の世界市場:市場動向分析 ・ 農薬の世界市場:競争要因分析 ・ 農薬の世界市場:用途別(作物、畜産、林業、非作物) ・ 農薬の世界市場:タイプ別(農薬、アジュバント、肥料、植物成長調整剤) ・ 農薬の世界市場:主要地域別分析 ・ 農薬の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 農薬のヨーロッパ市場規模 ・ 農薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農薬の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 半導体組立・パッケージングサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体組立・パッケージングサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体組立・パッケージングサービス市場規模、用途別(通信分野、コンピューティング・ネットワーク分野、工業・自動車分野、家電分野)分析、パッケージタイプ別(WLP、ダイレベルパッケージング)分析、サービスプロバイダ別(OSATs、IDM、ファウンドリ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場概要 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場環境 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場動向 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場規模 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場:業界構造分析 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場:用途別(通信分野、コンピューティング・ネットワーク分野、工業・自動車分野、家電分野) ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場:パッケー …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"