"障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21435)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Adoption of DRaaS reducing enterprise need for secondary data centers to drive growth in the market. As DRaaS solutions manage corporate data and applications, DRaaS providers are focusing to automatically perform tasks that require human intelligence with the help of AI and machine learning. Technavio’s analysts have predicted that the disaster recovery-as-a-service market will register a CAGR of close to 36% by 2022.
Market Overview
Improved manageability and protection
DRaaS ensures continuity of business operations in case of an outage. Through a web-based control panel, DRaaS improves security and visibility of networks and servers with real time activity.
Instilling confidence within target customer group
One of the biggest challenges for a DRaaS provider is to instill the confidence amongst its customer base that their data is safe, secure, and updated always.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the disaster recovery-as-a-service market during the 2019-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including Amazon.com and IBM the competitive environment is quite intense. Factors such as the improved manageability and protection and the adoption of DRaaS reducing enterprise need for secondary data centers, will provide considerable growth opportunities to disaster recovery-as-a-service manufactures. Amazon.com, IBM, iland, Microsoft, and Sungard Availability Services are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY DEPLOYMENT
• Segmentation by deployment
• Comparison by deployment
• Public cloud-based DRaaS – Market size and forecast 2017-2022
• Private cloud-based DRaaS – Market size and forecast 2017-2022
• Hybrid cloud-based DRaaS – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by deployment
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Amazon.com
• IBM
• iland
• Microsoft
• Sungard Availability Services
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Segments of the global IT services market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global DRaaS market – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global DRaaS market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Deployment – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by deployment
Exhibit 20: Public cloud-based DRaaS – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 21: Public cloud-based DRaaS – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Private cloud-based DRaaS – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Private cloud-based DRaaS – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Hybrid cloud-based DRaaS – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 25: Hybrid cloud-based DRaaS – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Market opportunity by deployment
Exhibit 27: Customer landscape
Exhibit 28: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 29: Regional comparison
Exhibit 30: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 31: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Top 3 countries in Americas
Exhibit 33: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 34: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 36: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 37: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Top 3 countries in APAC
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Open-source disaster recovery tools
Exhibit 41: Breach summary and fine imposed
Exhibit 42: Vendor landscape
Exhibit 43: Landscape disruption
Exhibit 44: Vendors covered
Exhibit 45: Vendor classification
Exhibit 46: Market positioning of vendors
Exhibit 47: Vendor overview
Exhibit 48: Amazon.com – Business segments
Exhibit 49: Amazon.com – Organizational developments
Exhibit 50: Amazon.com – Geographical focus
Exhibit 51: Amazon.com – Segment focus
Exhibit 52: Amazon.com – Key offerings
Exhibit 53: Vendor overview
Exhibit 54: IBM – Business segments
Exhibit 55: IBM – Organizational developments
Exhibit 56: IBM – Geographic focus
Exhibit 57: IBM – Segment focus
Exhibit 58: IBM – Key offerings
Exhibit 59: Vendor overview
Exhibit 60: iland – Business segments
Exhibit 61: iland – Organizational developments
Exhibit 62: Verizon communications – Key offerings
Exhibit 63: Vendor overview
Exhibit 64: Microsoft – Business segments
Exhibit 65: Microsoft – Organizational developments
Exhibit 66: Microsoft – Geographic focus
Exhibit 67: Microsoft – Segment focus
Exhibit 68: Microsoft – Key offerings
Exhibit 69: Vendor overview
Exhibit 70: Sungard Availability Services – Business segments
Exhibit 71: Sungard Availability Services – Organizational developments
Exhibit 72: Sungard Availability Services – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月12日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21435
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT・通信
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用アームレストの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用アームレストの世界市場について調べ、自動車用アームレストの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用アームレストの市場規模をセグメンテーション別(用途別(乗用車、商用車)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用アームレストの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用アームレストの市場状況 ・自動車用アームレストの市場規模 ・自動車用アームレストの市場予測 ・自動車用アームレストの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用アームレストの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 家庭用Wi-Fiルーターの世界市場:デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器)、ルーター別(アップリンクポート、標準ポート)、地域別予測
    本資料は、家庭用Wi-Fiルーターの世界市場について調べ、家庭用Wi-Fiルーターの世界規模、市場動向、市場環境、デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器)分析、ルーター別(アップリンクポート、標準ポート)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場概要 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場環境 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場動向 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模:デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器) ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模:ルーター別(アップリンクポート、標準ポート) ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用Wi-Fiルーターの北米市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのアメリカ市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのアジア市場規模・予測 ・家庭用W …
  • オーガニック食品・飲料の世界市場分析:製品別(果物・野菜、肉、魚・家禽、乳製品、冷凍・加工食品、オーガニック飲料(乳製品以外、コーヒー・紅茶、ビール・ワイン))、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、オーガニック食品・飲料の世界市場について調査・分析し、オーガニック食品・飲料の世界市場動向、オーガニック食品・飲料の世界市場規模、市場予測、セグメント別オーガニック食品・飲料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エチレングリコールの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エチレングリコールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エチレングリコール市場規模、用途別(ポリエステル繊維・フィルム、PET、不凍液・クーラント、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エチレングリコールの世界市場概要 ・エチレングリコールの世界市場環境 ・エチレングリコールの世界市場動向 ・エチレングリコールの世界市場規模 ・エチレングリコールの世界市場:業界構造分析 ・エチレングリコールの世界市場:用途別(ポリエステル繊維・フィルム、PET、不凍液・クーラント、その他) ・エチレングリコールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エチレングリコールの北米市場規模・予測 ・エチレングリコールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エチレングリコールのアジア太平洋市場規模・予測 ・エチレングリコールの主要国分析 ・エチレングリコールの世界市場:意思決定フレームワーク ・エチレングリコールの世界市場:成 …
  • 世界のヒドロキシプロピルメチルセルロース市場2016
    本調査レポートでは、世界のヒドロキシプロピルメチルセルロース市場2016について調査・分析し、ヒドロキシプロピルメチルセルロースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶剤の世界市場予測(~2023年):アルコール、ケトン、エステル、グリコールエーテル、芳香族、脂肪族
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(アルコール、ケトン、エステル、グリコールエーテル、芳香族、脂肪族)分析、用途(塗料・コーティング剤、ポリマー製造、印刷用インク)分析、由来(石油化学系、バイオ・グリーン)分析、溶剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • MEA(航空機の電動化の促進)の世界市場予測(~2021):パワーエレクトロニクス、熱管理システム、エネルギー貯蔵装置、安全システム、先進材料
    当調査レポートでは、MEA(航空機の電動化の促進)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、MEA(航空機の電動化の促進)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 可変バルブタイミング(VVT)の世界市場見通し2016-2022:バルブトレーン、カム位相変化、カム位相変化+切り替え
    当調査レポートでは、可変バルブタイミング(VVT)の世界市場について調査・分析し、可変バルブタイミング(VVT)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・可変バルブタイミング(VVT)の世界市場:市場動向分析 ・可変バルブタイミング(VVT)の世界市場:競争要因分析 ・可変バルブタイミング(VVT)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・可変バルブタイミング(VVT)の世界市場:燃料種類別分析/市場規模 ・可変バルブタイミング(VVT)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・可変バルブタイミング(VVT)の北米市場規模 ・可変バルブタイミング(VVT)の欧州市場規模 ・可変バルブタイミング(VVT)のアジア市場規模 ・可変バルブタイミング(VVT)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 日本のオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 世界のWDS器具市場2015
    本調査レポートでは、世界のWDS器具市場2015について調査・分析し、WDS器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微小中空ガラス球状体の世界市場
  • フレキシブルパイプ絶縁の世界市場予測(~2021年):繊維ガラス、エラストマー、エアロゲル、架橋ポリエチレン
    当調査レポートでは、フレキシブルパイプ絶縁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、絶縁タイプ別分析、地域別分析、フレキシブルパイプ絶縁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場予測(~2023年):生物学的代用皮膚(生合成製品)、外用剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(生物学的代用皮膚(生合成製品)、外用剤)別分析、創傷種類別分析、需要先別分析、地域別分析、創傷ケア用生物製剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 治験管理システムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、治験管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー別分析、導入形式別分析、種類別分析、構成要素別分析、治験管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ・アナリティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スポーツ・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ・アナリティクスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 スポーツアナリティクスとは、チーム管理者が選手やチーム全体の成績に関する情報にアクセスし、練習や本試合などに備えるためのシステムです。また、スポーツアナリティクスを使い、ファンに関してやファンのチームや選手についての感情に関する情報を得ることが出来ます。Technavio社はスポーツ・アナリティクスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均56.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• IBM• Oracle• SAP• SAS Institute等です。
  • 抗うつ薬・デバイス・治療の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、抗うつ薬・デバイス・治療の世界市場について調査・分析し、抗うつ薬・デバイス・治療の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • プロセス製造むけ産業制御の世界市場
    当調査レポートでは、プロセス製造むけ産業制御の世界市場について調査・分析し、プロセス製造むけ産業制御の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 3Dレーザースキャナーの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、3Dレーザースキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、範囲別分析、製品種類別分析、商品別分析、用途別分析、3Dレーザースキャナーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 空間光変調器(SLM)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、空間光変調器(SLM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、解像度別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の気中遮断機市場2016
    本調査レポートでは、世界の気中遮断機市場2016について調査・分析し、気中遮断機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒドラジン一水和物の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒドラジン一水和物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、濃度水準別分析、用途別分析、地域別分析、ヒドラジン一水和物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血圧計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血圧計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血圧計の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は血圧計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• OMRON• A&D Company• Rudolf Riester• Welch Allyn等です。
  • 坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場について調査・分析し、坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場:セグメント別市場分析 ・坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 中国のアウトドア用ジャケット市場2015
    本調査レポートでは、中国のアウトドア用ジャケット市場2015について調査・分析し、アウトドア用ジャケットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼薬の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、眼薬の世界市場について調査・分析し、眼薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 眼薬の概要 3. 眼薬の世界市場 4. 網膜障害治療薬市場:市場分析・予測 5. アレルギー、炎症、感染症治療薬市場:市場分析・予測 6. 緑内障治療薬市場:市場分析・予測 7. ドライアイ治療薬市場:市場分析・予測 8. 眼薬の主要国市場 9. 眼薬市場における主要企業 10. 眼薬:研究開発パイプライン 11. 眼薬市場の定性分析 12. 結論 13. 用語集
  • 第Ⅸ因子欠乏症治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、第Ⅸ因子欠乏症治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、第Ⅸ因子欠乏症治療の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アデノシンA2B受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアデノシンA2B受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アデノシンA2B受容体拮抗薬の概要 ・アデノシンA2B受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のアデノシンA2B受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アデノシンA2B受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アデノシンA2B受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ウールブランケットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ウールブランケットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウールブランケット市場規模、エンドユーザー別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ウールブランケットの世界市場概要 ・ウールブランケットの世界市場環境 ・ウールブランケットの世界市場動向 ・ウールブランケットの世界市場規模 ・ウールブランケットの世界市場:業界構造分析 ・ウールブランケットの世界市場:エンドユーザー別(商業用、家庭用) ・ウールブランケットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウールブランケットの北米市場規模・予測 ・ウールブランケットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ウールブランケットのアジア太平洋市場規模・予測 ・ウールブランケットの主要国分析 ・ウールブランケットの世界市場:意思決定フレームワーク ・ウールブランケットの世界市場:成長要因、課題 ・ウールブランケットの世界市場:競争環境 ・ウールブランケット …
  • 心調律管理(CRM)装置の世界市場2018–2025:製品別(ペースメーカー、除細動器、心臓再同期治療)
    本調査レポートでは、心調律管理(CRM)装置の世界市場について調査・分析し、心調律管理(CRM)装置の世界市場動向、心調律管理(CRM)装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別心調律管理(CRM)装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非小細胞肺がん(NSCLC)療法の世界市場分析:薬別(アリムタ、イレッサ、アバスチン、タルセバ、ジカディア、タグリッソ、ザーコリ、サイラムザ、オプジーボ、アレセンサ)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、非小細胞肺がん(NSCLC)療法の世界市場について調査・分析し、非小細胞肺がん(NSCLC)療法の世界市場動向、非小細胞肺がん(NSCLC)療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別非小細胞肺がん(NSCLC)療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 眼内レンズ(IOLs)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、眼内レンズ(IOLs)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、眼内レンズ(IOLs)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療パッケージングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療パッケージングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の超音波式細胞粉砕器市場2015
    本調査レポートでは、中国の超音波式細胞粉砕器市場2015について調査・分析し、超音波式細胞粉砕器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーンの世界市場2020-2024
    「シリコーンの世界市場2020-2024」は、シリコーンについて市場概要、市場規模、製品別(エラストマー、流体、樹脂、ゲルなど)分析、エンドユーザー別(工業プロセス、建設、パーソナルケアおよび消費財、輸送、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・シリコーンの世界市場:製品別(エラストマー、流体、樹脂、ゲルなど) ・シリコーンの世界市場:エンドユーザー別(工業プロセス、建設、パーソナルケアおよび消費財、輸送、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ブラジルのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 高機能プラスチックの世界市場予測(~2026):種類別(フルオロポリマー、高性能ポリアミド、PPS、SP、LCP、AKP、PI)、需要先別(輸送、電気&電子、医療、産業)、地域別
    当調査レポートでは、高機能プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、高機能プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 物干し綱の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、物干し綱の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、物干し綱市場規模、製品別(折畳式フレーム、回転式、格納式、ポータブル式)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・物干し綱の世界市場概要 ・物干し綱の世界市場環境 ・物干し綱の世界市場動向 ・物干し綱の世界市場規模 ・物干し綱の世界市場:業界構造分析 ・物干し綱の世界市場:製品別(折畳式フレーム、回転式、格納式、ポータブル式) ・物干し綱の世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・物干し綱の世界市場:地域別市場規模・分析 ・物干し綱の北米市場規模・予測 ・物干し綱のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・物干し綱のアジア太平洋市場規模・予測 ・物干し綱の主要国分析 ・物干し綱の世界市場:意思決定フレームワーク ・物干し綱の世界市場:成長要因、課題 ・物干し綱の世界市場:競争環境 ・物干し綱の世界市場:関連企業情報(ベ …
  • PAPおよびパラセタモールの世界市場
    当調査レポートでは、PAPおよびパラセタモールの世界市場について調査・分析し、PAPおよびパラセタモールの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 包装用コーティング添加剤の世界市場:機能別(アンチブロッキング剤、防曇剤、抗菌剤、帯電防止剤、スリップ剤)、剤型別(水性、溶剤系、粉体)、用途別(食品、工業、ヘルスケア、消費財、その他)、地域別予測
    本資料は、包装用コーティング添加剤の世界市場について調べ、包装用コーティング添加剤の世界規模、市場動向、市場環境、機能別(アンチブロッキング剤、防曇剤、抗菌剤、帯電防止剤、スリップ剤)分析、剤型別(水性、溶剤系、粉体)分析、用途別(食品、工業、ヘルスケア、消費財、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF SE、Clariant AG、Lonza Group、3M、Arkema Group 、Solvay S.A.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・包装用コーティング添加剤の世界市場概要 ・包装用コーティング添加剤の世界市場環境 ・包装用コーティング添加剤の世界市場動向 ・包装用コーティング添加剤の世界市場規模 ・包装用コーティング添加剤の世界市場規模:機能別(アンチブロッキング剤、防曇剤、抗菌剤、帯電防止剤、スリップ剤) ・包装用コーティング添加剤の世界市場規模:剤型別(水性、溶剤系、粉体) ・包装用コーティング添加剤の世界市場規 …
  • ニューラルネットワークソフトウェアの世界市場予測(~2021):種類別(データマイニング&データアーカイブ、分析ソフトウェア、最適化ソフトウェア、可視化ソフトウェア)、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ニューラルネットワークソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、ニューラルネットワークソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のELT(英語教育)市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のELT(英語教育)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のELT(英語教育)市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オルソバイオロジクスの世界市場:骨移植片、粘性補給、幹細胞
    当調査レポートでは、オルソバイオロジクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オルソバイオロジクス市場規模、製品別(骨移植片、粘性補給、幹細胞)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Arthrex, Bioventus, Johnson & Johnson Services, Medtronic, Strykerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オルソバイオロジクスの世界市場概要 ・オルソバイオロジクスの世界市場環境 ・オルソバイオロジクスの世界市場動向 ・オルソバイオロジクスの世界市場規模 ・オルソバイオロジクスの世界市場:業界構造分析 ・オルソバイオロジクスの世界市場:製品別(骨移植片、粘性補給、幹細胞) ・オルソバイオロジクスの世界市場:用途別 ・オルソバイオロジクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オルソバイオロジクスの北米市場規模・予測 ・オルソバイオロジクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オルソ …
  • 胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)のフェーズ3治 …
  • 機能性織物仕上げ剤の世界市場分析:製品別(抗菌剤、難燃剤、防虫剤および放出剤、温度調節剤、耐久性プレス/しわ防止剤)、地域別、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、機能性織物仕上げ剤の世界市場について調査・分析し、機能性織物仕上げ剤の世界市場動向、機能性織物仕上げ剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別機能性織物仕上げ剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 引火点試験器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、引火点試験器の世界市場について調査・分析し、引火点試験器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別引火点試験器シェア、市場規模推移、市場規模予測、引火点試験器種類別分析(開放式、密閉式)、引火点試験器用途別分析(化学・溶剤、化学薬品、塗料・インク、家庭用化学薬品、廃棄物処分、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・引火点試験器の市場概観 ・引火点試験器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・引火点試験器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・引火点試験器の世界市場規模 ・引火点試験器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・引火点試験器のアメリカ市場規模推移 ・引火点試験器のカナダ市場規模推移 ・引火点試験器のメキシコ市場規模推移 ・引火点試験器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・引火点試験器のドイツ市場規模推移 ・引火点試験器のイギリス市場規模推移 ・引火点試験器のロシア市場規模推移 ・引火点試験器のアジア市場分 …
  • 世界の放射線防護用カーテン市場2015
    本調査レポートでは、世界の放射線防護用カーテン市場2015について調査・分析し、放射線防護用カーテンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質発現の世界市場分析:発現システム別(原核細胞、哺乳動物細胞)、製品別(試薬、コンピテントセル)、用途別(治療、工業用)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、タンパク質発現の世界市場について調査・分析し、タンパク質発現の世界市場動向、タンパク質発現の世界市場規模、市場予測、セグメント別タンパク質発現市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の黒色腫診断検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、黒色腫診断検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・黒色腫診断検査装置の概要 ・黒色腫診断検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・黒色腫診断検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・黒色腫診断検査装置の開発動向:領域別分析 ・黒色腫診断検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・黒色腫診断検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別黒色腫診断検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・黒色腫診断検査装置の最近動向
  • 家庭用キッチンレールキットの世界市場2017-2021:欧州規格、米国規格
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用キッチンレールキットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用キッチンレールキットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用キッチンレールキットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はACCURIDE INTERNATIONAL、Grass America、Hettich、Julius Blum等です。
  • 術後腸閉塞(Postoperative Ileus):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における術後腸閉塞(Postoperative Ileus)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、術後腸閉塞(Postoperative Ileus)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・術後腸閉塞(Postoperative Ileus)の概要 ・術後腸閉塞(Postoperative Ileus)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の術後腸閉塞(Postoperative Ileus)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・術後腸閉塞(Postoperative Ileus)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"