"フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR20836)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Innovations in FIBC products to trend in the market. The vendors in the FIBC market are expanding their product portfolios by adding innovative FIBC products as per the needs of various end-users. These innovations relate to the shape of the product, convenience in handling, and the properties of the raw materials used in manufacturing FIBCs. Technavio’s analysts have predicted that the flexible intermediate bulk container market will register a CAGR of more than 6% by 2022.
Market Overview
Growing pharmaceutical industry in Europe
The growing innovations in the field of oncology, as well as diseases such as rheumatoid arthritis and others, are spurring the growth of the pharmaceutical industry in Europe. The export and import values of the European pharmaceutical market have been rising since 2014, which, in turn, is expected to spur demand for FIBCs from different European countries.
Stringent regulations on use of FIBCs for food packaging
The initiatives being undertaken by the government for the safe packaging of food products is increasing in the developed countries. The need for FIBC manufacturers to comply with these different government regulations will increase their cost of production, and thus affect their profit margins
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the flexible intermediate bulk container market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including Greif and Plastipak Group the competitive environment is quite intense. Factors such as the rising pharmaceutical industry in Europe and the innovations in FIBC products, will provide considerable growth opportunities to flexible intermediate bulk container manufactures. Berry Global, Conitex Sonoco, Global-Pak, Greif, and Plastipak Group are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Segmentation by end-user
• Comparison by end-user
• Chemical – Market size and forecast 2017-2022
• Food – Market size and forecast 2017-2022
• Other end-users – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by end-user
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Innovations in FIBC products
• Need for sustainability in global FIBC market
• Global economic recovery
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Berry Global
• Conitex Sonoco
• Global-Pak
• Greif
• Plastipak Group
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Related market
Exhibit 02: Global industrial packaging market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global – Market size and forecast 2017-2022 (million units)
Exhibit 09: Pesticides consumption in key European countries 2016
Exhibit 10: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: Customer landscape
Exhibit 20: End-user – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 21: Comparison by end-user
Exhibit 22: Chemical – Market size and forecast 2017-2022 (million units)
Exhibit 23: Chemical – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Food – Market size and forecast 2017-2022 (million units)
Exhibit 25: Global cereal production 2015-2017 (million units)
Exhibit 26: US agricultural product exports to China 2014-2017 ($ billions)
Exhibit 27: Food – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: OE – Market size and forecast 2017-2022 (million units)
Exhibit 29: US pharmaceutical sales 2014-2017 ($ billions)
Exhibit 30: OE – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 31: Market opportunity by end-user
Exhibit 32: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 33: Regional comparison
Exhibit 34: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 (million units)
Exhibit 35: Prominent free trade agreements between the EU and other countries
Exhibit 36: Key warehouse capacity addition in European countries 2013-2017 (thousand square meters)
Exhibit 37: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Americas – Market size and forecast 2017-2022 (million units)
Exhibit 39: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: APAC – Market size and forecast 2017-2022 (million units)
Exhibit 41: Exports and imports between India and China 2010-2016 ($ billions)
Exhibit 42: APAC – Year over year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 43: Key leading countries
Exhibit 44: Market opportunity
Exhibit 45: Expected growth of global construction industry 2019-2022 ($ trillions)
Exhibit 46: European pharmaceutical import and export values 2015-2017 ($ billions)
Exhibit 47: Average global crude oil prices 2012-2017 (YoY growth rate %)
Exhibit 48: Global polypropylene prices 2014-2016 ($/ton)
Exhibit 49: Vendor landscape
Exhibit 50: Landscape disruption
Exhibit 51: Vendors covered
Exhibit 52: Vendor classification
Exhibit 53: Market positioning of vendors
Exhibit 54: Berry Global – Overview
Exhibit 55: Berry Global – Business segments
Exhibit 56: Berry Global – Organizational developments
Exhibit 57: Berry Global – Geographic focus
Exhibit 58: Berry Global – Segment focus
Exhibit 59: Berry Global – Key offerings
Exhibit 60: Conitex Sonoco – Overview
Exhibit 61: Conitex Sonoco – Business segments
Exhibit 62: Conitex Sonoco – Organizational developments
Exhibit 63: Conitex Sonoco – Key offerings
Exhibit 64: Global-Pak – Overview
Exhibit 65: Global-Pak – Business segments
Exhibit 66: Global-Pak – Organizational developments
Exhibit 67: Global-Pak – Key offerings
Exhibit 68: Greif – Overview
Exhibit 69: Greif – Business segments
Exhibit 70: Greif – Organizational developments
Exhibit 71: Greif – Geographic focus
Exhibit 72: Greif – Segment focus
Exhibit 73: Greif – Key offerings
Exhibit 74: Plastipak Group – Overview
Exhibit 75: Plastipak Group – Business segments
Exhibit 76: Plastipak Group – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月12日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR20836
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】物流・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のウェアラブル・パソコン市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブル・パソコン市場2015について調査・分析し、ウェアラブル・パソコンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘアドライヤーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘアドライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘアドライヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 構造生物学と分子モデリング技術の世界市場分析:道具別(SaaSとスタンドアロンモデリング、ホモロジーモデリング、スレッディング、分子動力学、アブイニショ、可視化と解析、データベース)、用途別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、構造生物学と分子モデリング技術の世界市場について調査・分析し、構造生物学と分子モデリング技術の世界市場動向、構造生物学と分子モデリング技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別構造生物学と分子モデリング技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 火力発電向けボイラー・タービン・発電機(BTG)の世界市場:市場規模、競争状況、主要国分析、予測
  • 放射線検出、監視、および安全性の世界市場分析:製品別(個人線量計、エリア・プロセス・モニター、放射性物質モニター)、検知タイプ別、安全タイプ別、エンドユーザー別、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、放射線検出、監視、および安全性の世界市場について調査・分析し、放射線検出、監視、および安全性の世界市場動向、放射線検出、監視、および安全性の世界市場規模、市場予測、セグメント別放射線検出、監視、および安全性市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スイート・スプレッドの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スイート・スプレッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スイート・スプレッドの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:製品別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:用途別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:メモリ別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界のトップ15コネクティッド航空機企業分析2016
  • カジノゲームのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、カジノゲームのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カジノゲームのアメリカ市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヘルペス検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 世界の液状マルチトール市場2015
    本調査レポートでは、世界の液状マルチトール市場2015について調査・分析し、液状マルチトールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガラス繊維補強石膏(GFRG)市場規模、用途別(内装、外装)分析、エンドユーザ―別(住居用以外、住居用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eagle Materials, Knauf Gips, Koch Industries, Saint-Gobain, USGなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場概要 ・ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場環境 ・ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場動向 ・ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場規模 ・ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場:業界構造分析 ・ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場:用途別(内装、外装) ・ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場:エンドユーザ―別(住居用以外、住居用) ・ガラス繊維補強石膏(GFRG)の世界市場:地域別市場規模 …
  • 感圧接着テープの世界市場予測(~2022年):アクリル、ゴム、シリコーン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、感圧接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、感圧接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨髄移植(Bone Marrow Transplantation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における骨髄移植(Bone Marrow Transplantation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、骨髄移植(Bone Marrow Transplantation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・骨髄移植(Bone Marrow Transplantation)の概要 ・骨髄移植(Bone Marrow Transplantation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の骨髄移植(Bone Marrow Transplantation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・骨髄移植(Bone Marrow Transpl …
  • 非弾力性フローリングの世界市場分析:製品別(セラミックタイル、石)、用途別(住宅、商業、工業用)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、非弾力性フローリングの世界市場について調査・分析し、非弾力性フローリングの世界市場動向、非弾力性フローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別非弾力性フローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブラジルの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • がん治療法の世界市場:用途別、人気商品別
    当調査レポートでは、がん治療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、頭頸部がん、膠芽腫、悪性髄膜腫、中皮腫、黒色腫など)分析、売れ筋医薬品別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケード、インブルビカ、イブランス、ジチガ、アリムタ、クタンディ、タルセバ、ペルジェタ、テモダールなど)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・がん治療法の世界市場:用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、頭頸部がん、膠芽腫、悪性髄膜腫、中皮腫、黒色腫など) ・がん治療法の世界市場:売れ筋医薬品別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケード、インブルビカ、イブランス、ジチガ、アリムタ、クタンディ、タルセバ、ペルジェタ、テモダールなど) ・がん治療法の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 末梢血管インターベンション機器の世界市場:企業動向
  • ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別(小売、小売以外)
    本資料は、ビーコン管理ソフトウェアの世界市場について調べ、ビーコン管理ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場概要 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場環境 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場動向 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場規模 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(小売、小売以外) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビーコン管理ソフトウェアの北米市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアジア市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアの日本市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェア …
  • マーケティング資源管理(MRM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マーケティング資源管理(MRM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マーケティング資源管理(MRM)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 透明バリア包装フィルムの北米市場
    当調査レポートでは、透明バリア包装フィルムの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透明バリア包装フィルムの北米市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジュレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のジュレン市場2016について調査・分析し、ジュレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフローサイトメーター市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、フローサイトメーターのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・フローサイトメーターの概要 ・フローサイトメーターの開発動向:開発段階別分析 ・フローサイトメーターの開発動向:セグメント別分析 ・フローサイトメーターの開発動向:領域別分析 ・フローサイトメーターの開発動向:規制Path別分析 ・フローサイトメーターの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別フローサイトメーターの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・フローサイトメーターの最近動向
  • ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)
    ブロックチェーンIoTの世界市場は、2019年の1億1,310万米ドルから2024年には30億2,100万米ドルに達し、この期間中92.92%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、IoTの採用の増加、IoTセキュリティへのニーズの高まり、ビジネスプロセスの簡素化と透明性・不変性の提供、そして業務効率に対する注目の高まりが考えられます。また、成長を後押しする潜在的な好機としては、スマートコントラクトおよびデジタルID用のブロックチェーンソリューションの採用の増加、そして政府取り組みの強化などがあります。一方で、市場の主な制約は、規制の不確実性とノード数の増加に伴う遅延の増大です。また、ブロックチェーンテクノロジに対する認識の欠如および規格の欠如は、市場の成長に大きな課題をもたらします。当調査レポートでは、ブロックチェーンIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、インフラプロバイダー)分析、用途(スマートコントラクト、データセキュリティ、データ共有 …
  • 気道確保装置の世界市場分析:製品別(声門、声門下、蘇生器、喉頭鏡)、用途別(麻酔、救急医療)、エンドユーザー別、セグメント予測 -2014-2025
    本調査レポートでは、気道確保装置の世界市場について調査・分析し、気道確保装置の世界市場動向、気道確保装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別気道確保装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 末期腎不全(末期腎疾患):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末期腎不全(末期腎疾患)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末期腎不全(末期腎疾患)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末期腎不全(末期腎疾患)の概要 ・末期腎不全(末期腎疾患)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末期腎不全(末期腎疾患)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・末期腎不全(末期腎疾患)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・末期腎不全(末期腎疾患)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • スマートウェアラブル・ライフスタイル端末及びサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートウェアラブル・ライフスタイル端末及びサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェアラブル・ライフスタイル端末及びサービスの世界市場規模及び予測、製品別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱業用バルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱業用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業用バルブの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 バルブとは、液体の流れを制御、監視、調節する機器を指します。鉱業においては、バルブは閉鎖したシステムの中の2つのポイント間で液体を送るプロセス等で使用されます。Technavio社は鉱業用バルブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.77%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• DeZURIK • Flowserve• ITT• Pentair• RF Valve等です。
  • フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フローダイバージョン動脈瘤治療市場規模、製品別(FDS、Intrasaccular flow disruption device)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Acandis, Medtronic, Phenox, Stryker, TERUMO CORPORATIONなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場概要 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場環境 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場動向 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場規模 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場:業界構造分析 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場:製品別(FDS、Intrasaccular flow disruption device) ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場:地域別市場規模・分 …
  • ハプティック技術のアジア太平洋市場
  • 韓国のオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 不可視視矯正装置の世界市場:クリア・アライナ、セラミック・ブレース、リンガル・ブレース
    当調査レポートでは、不可視視矯正装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、不可視視矯正装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 塗料・コーティングの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、塗料・コーティングの世界市場について調査・分析し、塗料・コーティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・塗料・コーティングの世界市場:市場動向分析 ・塗料・コーティングの世界市場:競争要因分析 ・塗料・コーティングの世界市場:種類別分析/市場規模 ・塗料・コーティングの世界市場:技術別分析/市場規模 ・塗料・コーティングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・塗料・コーティングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・塗料・コーティングの北米市場規模 ・塗料・コーティングの欧州市場規模 ・塗料・コーティングのアジア市場規模 ・塗料・コーティングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 軽度の痛み(Mild Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軽度の痛み(Mild Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軽度の痛み(Mild Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軽度の痛み(Mild Pain)の概要 ・軽度の痛み(Mild Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軽度の痛み(Mild Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軽度の痛み(Mild Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・軽度の痛み(M …
  • ベルギーの血栓管理装置市場見通し
  • 世界のファブレット市場2015
    本調査レポートでは、世界のファブレット市場2015について調査・分析し、ファブレットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱可塑性複合材料の世界市場2017-2021:SFT、LFT、GFT、CFT
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、熱可塑性複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱可塑性複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は熱可塑性複合材料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Celanese Corporation、DuPont 、LANXESS、SABIC等です。
  • インドの就学前・子供ケア市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの就学前・子供ケア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの就学前・子供ケア市場規模及び予測、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セーフティレーザースキャナーの世界市場予測(~2023年)
    セーフティレーザースキャナーの世界市場は、2018年の3億400万米ドルから2023年には4億600万米ドルに達し、この期間中、高い年平均成長率で成長すると予測されています。セーフティレーザースキャナーは、新しい機械設備での使用、または機械、プラント、さらには車両における新部品の追加導入において、長期にわたる費用対効果の高いソリューションを提供します。つまり、スモールフォームファクター、優れたユーザーフレンドリネス、シームレスな統合、および高い電力効率が、市場の成長を左右します。この予測期間中、ヘルスケアおよび製薬業界のエンドユーザー業界は最高の年平均成長率を示すと見られています。さらに、モバイル式セーフティレーザースキャナーについては、自動車、消費財・電子機器、そしてヘルスケア・医薬品といったエンドユーザー業界全体での採用増加が見込まれています。当調査レポートでは、セーフティレーザースキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品の種類(モバイル、定置型)分析、最終用途産業(自動車、食品・飲料、ヘルスケア・医薬品、消費財・電子 …
  • トランポリンの世界市場:流通経路別、エンドユーザー別、地域別
    本レポートは、トランポリンの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(ラウンドトランポリン、長方形および正方形のトランポリン)分析、エンドユーザー別(商用、個人用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・トランポリンの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・トランポリンの世界市場:製品別(ラウンドトランポリン、長方形および正方形のトランポリン) ・トランポリンの世界市場:エンドユーザー別(商用、個人用) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 産業用フロアスクラバーの世界市場
    当調査レポートでは、産業用フロアスクラバーの世界市場について調査・分析し、産業用フロアスクラバーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の大豆ペプチド市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆ペプチド市場2015について調査・分析し、大豆ペプチドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 花粉アレルギー(Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における花粉アレルギー(Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、花粉アレルギー(Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・花粉アレルギー(Pollen Allergy)の概要 ・花粉アレルギー(Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の花粉アレルギー(Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・花粉アレルギー(Pollen Allergy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のL-アラニン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL-アラニン市場2015について調査・分析し、L-アラニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テレコム注文管理の世界市場:構成要素別(ソリューション、サービス)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、組織規模別(大企業、中小企業)、ネットワークタイプ別(有線、無線)、製品タイプ別(顧客注文管理、サービス注文管理、サービス在庫管理)
    本調査レポートでは、テレコム注文管理の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション、サービス)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、ネットワークタイプ別(有線、無線)分析、製品タイプ別(顧客注文管理、サービス注文管理、サービス在庫管理)分析、地域別分析などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・テレコム注文管理の世界市場:構成要素別(ソリューション、サービス) ・テレコム注文管理の世界市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド) ・テレコム注文管理の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・テレコム注文管理の世界市場:ネットワークタイプ別(有線、無線) ・テレコム注文管理の世界市場:製品タイプ別(顧客注文管理、サービス注文管理、サービス在庫管理) ・テレコム注文管理の世界市場:地域別
  • 世界の電子黒板 市場2015
    本調査レポートでは、世界の電子黒板 市場2015について調査・分析し、電子黒板 の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 徐放性賦形剤の世界市場:製品別(ポリマー、ゼラチン)、投与経路別(経口、経皮)、技術別(標的送達)、セグメント予測
    徐放性賦形剤の世界市場は2026年には16億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、新しい薬物送達の研究開発への注目が高まり、慢性疾患治療に徐放性賦形剤の採用が増えていることが考えられます。本調査レポートでは、徐放性賦形剤の世界市場について調査・分析し、徐放性賦形剤の世界市場動向、徐放性賦形剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別徐放性賦形剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トコフェロール合剤の世界市場予測:大豆油、菜種油、ひまわり油、トウモロコシ油
    当調査レポートでは、トコフェロール合剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、原料別分析、機能別分析、合成物別分析、形状別分析、トコフェロール合剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"