"サードパーティ化学品流通の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30523)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"サードパーティ化学品流通の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Owning to the advent of modern technologies in the global chemical market, there is a considerable demand for digitalization of the overall chemical distribution supply chain. Business requirements have changed with evolving customer expectations, thereby resulting in increased adoption of digital technologies by chemical manufactures as well as chemical distributors. The advent of digital technologies such as the Internet of things (loT) and analytics can enable manufacturers and distributors to analysis large data volumes automate processes and empower the workforce. The advent of online commerce also enables third- part chemical distribution to enter partnerships with digital retailers, thereby increasing the need for third- party chemical distributions. Technavio’s analysts have predicted that the third-party chemical distribution market will register a CAGR of almost 3% by 2023.
Market Overview
Increasing emphasis on outsourcing distribution services
The significance increase in intermodal and multimodal transportation models is another major factor, which will drive the demand for third- party chemicals distributors. The multimodal transportations, various modes of transports are under a single contract. Therefore, the increase in outsourcing is expected to drive the growth of the market.
Advent of innovation distribution channels
The advent of modern technologies and the direct sale of chemicals by chemical manufactures to customers are major factors that will impede the growth of the market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the third-party chemical distribution market during the 2019-2023, view our report.
Competitive Landscape
The third-party chemical distribution market is moderately fragmented. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"サードパーティ化学品流通の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
• PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY TYPE
• Market segmentation by type
• Comparison by type
• Commodity chemicals – Market size and forecast 2018-2023
• Specialty chemicals – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by type
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 10: MARKET TRENDS
• Increasing number of Mergers & Acquisition (M&A)
• Growing emphasis on development and distribution of sustainable and eco-friendly chemicals
• Positive impact of trade war between US and China on chemical manufacturers
PART 11: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 12: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Azelis
• Brenntag
• HELM
• IMCD
• Univar
PART 13: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations


Exhibit 01: Years in consideration
Exhibit 02: Global chemicals market
Exhibit 03: Segments of global chemicals market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Type – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by type
Exhibit 20: Commodity chemicals – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 21: Commodity chemicals – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Specialty chemicals – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 23: Specialty chemicals – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by type
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 29: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 30: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 31: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 33: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Decision framework
Exhibit 37: Duties to be performed by third-party chemical distributors under REACH and CLP
Exhibit 38: Impact of drivers and challenges
Exhibit 39: Vendor landscape
Exhibit 40: Landscape disruption
Exhibit 41: Vendors covered
Exhibit 42: Vendor classification
Exhibit 43: Market positioning of vendors
Exhibit 44: Azelis – Vendor overview
Exhibit 45: Azelis – Service segments
Exhibit 46: Azelis – Key offerings
Exhibit 47: Brenntag – Vendor overview
Exhibit 48: Brenntag – Business segments
Exhibit 49: Brenntag – Organizational developments
Exhibit 50: Brenntag – Segment focus
Exhibit 51: Brenntag – Key offerings
Exhibit 52: HELM – Vendor overview
Exhibit 53: HELM – Product segments
Exhibit 54: HELM – Organizational developments
Exhibit 55: HELM – Geographic focus
Exhibit 56: HELM – Key offerings
Exhibit 57: IMCD – Vendor overview
Exhibit 58: IMCD – Business segments
Exhibit 59: IMCD – Organizational developments
Exhibit 60: IMCD – Segment focus
Exhibit 61: IMCD – Key offerings
Exhibit 62: Univar – Vendor overview
Exhibit 63: Univar – Business segments
Exhibit 64: Univar – Organizational developments
Exhibit 65: Univar – Segment focus
Exhibit 66: Univar – Key offerings
Exhibit 67: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 68: List of abbreviations


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】サードパーティ化学品流通の世界市場2019-2023
【発行日】2018年12月18日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30523
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
サードパーティ化学品流通の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 防火システムの世界市場:火災感知センサー、感知器、RFID、スプリンクラー設備、消火器
    当調査レポートでは、防火システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 殺ダニ剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、殺ダニ剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、作物種類別分析、用途別分析、原料(バイオ、化学)別分析、形状(ドライ、液体)別分析、殺ダニ剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心筋梗塞治療薬の世界市場
    当調査レポートでは、心筋梗塞治療薬の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・心筋梗塞治療薬の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・心筋梗塞治療薬の世界市場:流通チャネル別分析/市場規模 ・心筋梗塞治療薬の世界市場:地域別分析/市場規模 ・心筋梗塞治療薬のアメリカ市場規模予測 ・心筋梗塞治療薬のヨーロッパ市場規模予測 ・心筋梗塞治療薬のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 亜鉛めっき鋼の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、亜鉛めっき鋼の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、亜鉛めっき鋼市場規模、製品形態別(板・帯板、構造材、パイプ・チューブ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・亜鉛めっき鋼の世界市場概要 ・亜鉛めっき鋼の世界市場環境 ・亜鉛めっき鋼の世界市場動向 ・亜鉛めっき鋼の世界市場規模 ・亜鉛めっき鋼の世界市場:業界構造分析 ・亜鉛めっき鋼の世界市場:製品形態別(板・帯板、構造材、パイプ・チューブ、その他) ・亜鉛めっき鋼の世界市場:地域別市場規模・分析 ・亜鉛めっき鋼のアメリカ市場規模・予測 ・亜鉛めっき鋼のヨーロッパ市場規模・予測 ・亜鉛めっき鋼のアジア市場規模・予測 ・亜鉛めっき鋼の主要国分析 ・亜鉛めっき鋼の世界市場:意思決定フレームワーク ・亜鉛めっき鋼の世界市場:成長要因、課題 ・亜鉛めっき鋼の世界市場:競争環境 ・亜鉛めっき鋼の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • グルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストの概要 ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグルタミン酸塩受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 心臓再同期療法ペースメーカ(CRT-P)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、心臓再同期療法ペースメーカ(CRT-P)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓再同期療法ペースメーカ(CRT-P)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスパークプラグ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスパークプラグ市場2015について調査・分析し、スパークプラグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場について調査・分析し、リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場:セグメント別市場分析 ・リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の外科用シーラント及び接着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の外科用シーラント及び接着剤市場2015について調査・分析し、外科用シーラント及び接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの体外式除細動器市場見通し
  • エポキシ系反応性希釈剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エポキシ系反応性希釈剤の世界市場について調査・分析し、エポキシ系反応性希釈剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エポキシ系反応性希釈剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、エポキシ系反応性希釈剤種類別分析(単機能型、二機能型、その他)、エポキシ系反応性希釈剤用途別分析(塗装、接着剤、電気・電子材、エンジニアリングプラスチック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エポキシ系反応性希釈剤の市場概観 ・エポキシ系反応性希釈剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エポキシ系反応性希釈剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エポキシ系反応性希釈剤の世界市場規模 ・エポキシ系反応性希釈剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エポキシ系反応性希釈剤のアメリカ市場規模推移 ・エポキシ系反応性希釈剤のカナダ市場規模推移 ・エポキシ系反応性希釈剤のメキシコ市場規模推移 ・エポキシ系反応性希釈剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリ …
  • 高圧洗浄機の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、高圧洗浄機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧洗浄機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧洗浄機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alfred Kärcher、Briggs & Stratton、FNA Group、Generac Power Systems、Nilfisk Group等です。
  • デジタルポンプコントローラーの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、デジタルポンプコントローラーの世界市場規模が2017年81.9億ドルから2026年158.5億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、デジタルポンプコントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルポンプコントローラー市場規模、接触種類別(無線、有線・従来型)分析、流通チャンネル別(小売、オンライン)分析、産業別(農業、公的機関、家庭、製造業、その他の産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:市場動向分析 ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:競争要因分析 ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:接触種類別(無線、有線・従来型) ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:流通チャンネル別(小売、オンライン) ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:産業別(農業、公的機関、家庭、製造業、その他の産業) ・ …
  • 乳製品ホワイトナーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乳製品ホワイトナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳製品ホワイトナーの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場:用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建)、形状別、最終用途別、地域別予測
    本資料は、ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場について調べ、ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建)分析、形状別分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場概要 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場環境 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場動向 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建) ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:形状別 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:最終用途別 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の北米市場規模・予測 ・ティッシ …
  • 人工知能(AI)の世界市場
    当調査レポートでは、人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 狙撃探知システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、狙撃探知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(商業、防衛)分析、設置別(固定施設、車載、軍人装着)分析、システム別(室内、室外)分析、ソリューション別(システム、 SaaS)分析、狙撃探知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの交通安全製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの交通安全製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの交通安全製品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低血糖症(Hypoglycemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における低血糖症(Hypoglycemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、低血糖症(Hypoglycemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・低血糖症(Hypoglycemia)の概要 ・低血糖症(Hypoglycemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の低血糖症(Hypoglycemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・低血糖症(Hypoglycemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • ワークスペース・アグリゲータの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ワークスペース・アグリゲータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワークスペース・アグリゲータの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインジウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のインジウム市場2016について調査・分析し、インジウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 灌漑コントローラーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、灌漑コントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、灌漑コントローラー市場規模、種類別(タップタイマー、ベーシックコントローラー、スマートコントローラー)分析、灌漑種類別(スプリンクラー、点滴・灌漑)分析、用途別(農業、農業以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:市場動向分析 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:競争要因分析 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:種類別(タップタイマー、ベーシックコントローラー、スマートコントローラー) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:灌漑種類別(スプリンクラー、点滴・灌漑) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:用途別(農業、農業以外) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:主要地域別分析 ・ 灌漑コントローラーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 灌漑コントローラーのヨーロッパ市場規模 ・ 灌漑コントローラーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド …
  • 飼料添加物の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、飼料添加物の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料添加物市場規模、種類別(アミノ酸、抗生物質、プロバイオティクス、ビタミン、酸性化剤、酵素、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・飼料添加物の世界市場概要 ・飼料添加物の世界市場環境 ・飼料添加物の世界市場動向 ・飼料添加物の世界市場規模 ・飼料添加物の世界市場:業界構造分析 ・飼料添加物の世界市場:種類別(アミノ酸、抗生物質、プロバイオティクス、ビタミン、酸性化剤、酵素、その他) ・飼料添加物の世界市場:地域別市場規模・分析 ・飼料添加物の北米市場規模・予測 ・飼料添加物のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・飼料添加物のアジア太平洋市場規模・予測 ・飼料添加物の主要国分析 ・飼料添加物の世界市場:意思決定フレームワーク ・飼料添加物の世界市場:成長要因、課題 ・飼料添加物の世界市場:競争環境 ・飼料添加物の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) …
  • 世界のブチルゴム市場:用途別、地域別
    本調査レポートはブチルゴムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(タイヤ、医療用、接着剤及びシーラント、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ブチルゴムの世界市場:用途別(タイヤ、医療用、接着剤及びシーラント、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • トルコの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 倉庫管理におけるIoTの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、倉庫管理におけるIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、倉庫管理におけるIoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は倉庫管理におけるIoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均30.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cisco、IBM、Intel、Vantiq、Zebra Technologies等です。
  • ハイブリッドファブリックの世界市場予測(~2024年)
    ハイブリッドファブリックの世界市場は、2019年の推定1億9,700万米ドルから2024年には4億1,500万米ドルに達し、この期間中16.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。ハイブリッドファブリックは、非腐食性、高剛性、非導電性、柔軟性、低メンテナンス、高耐久性、デザインの柔軟性、およびコスト削減といったさまざまな特性を有し、航空宇宙・防衛、自動車・輸送、スポーツ・レクリエーション、風力エネルギー、消費財などの多岐にわたる最終用途産業で使用されています。この市場の成長を促す大きな要因として、ハイブリッドファブリックが提供するコストとパフォーマンスのバランスが考えられます。一方で、ハイブリッド織物の製造に関連する高い技術コストがこの市場の成長を抑制しています。当調査レポートでは、ハイブリッドファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維(ガラス/カーボン、カーボン/高分子量ポリエチレン、ガラス/アラミド、カーボン/アラミド)分析、最終用途産業(自動車・輸送、航空宇宙・防衛、風力エネル …
  • バイオ接着剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、バイオ接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオ接着剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウインチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウインチ市場2015について調査・分析し、ウインチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動指紋照合システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動指紋照合システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動指紋照合システム市場規模、検索方式別(遺留指紋照合検索、テンプリント照合検索、その他)分析、市場構成要素別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)分析、製品別(シングル型自動指紋照合システム、マルチ型自動指紋照合システム)分析、エンドユーザー別(行政、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、家庭用電子機器、防衛・安全保障、教育、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動指紋照合システムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動指紋照合システムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動指紋照合システムの世界市場:検索方式別(遺留指紋照合検索、テンプリント照合検索、その他) ・ 自動指紋照合システムの世界市場:市場構成要素別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア) ・ 自動指紋照合システムの世界市場:製品別(シングル型自動指紋照合システム、マルチ型自動指紋照合システム …
  • 界面活性剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、界面活性剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は界面活性剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、Clariant、Evonik、Huntsman International等です。
  • トランザクションモニタリングの世界市場予測(~2023年)
    トランザクションモニタリングの世界市場は、2018年の83億米ドルから2023年には168億米ドルに達し、この期間中15.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、KYCコンプライアンスの管理、マネーロンダリングやCTF防止の必要性、そして予防的リスクアラートを提供するための高度なアナリティクスの使用が考えられます。一方で、AML準拠に関して国境・管轄区域を超えた管理における問題は、依然として組織にとっての懸案事項です。さらに、リスク分析の専門家の不足が市場の成長を抑制すると予想されます。当調査レポートでは、トランザクションモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント分析、用途(AML、FDP、コンプライアンス管理、顧客ID管理)分析、機能分析、導入モード分析、トランザクションモニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コールドプレスオイルの世界市場:ココナッツ油、綿実油、オリーブ油、パーム油、パーム核油、落花生油、菜種油、大豆油、ひまわり種油
    当調査レポートでは、コールドプレスオイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ココナッツ油、綿実油、オリーブ油、パーム油、パーム核油、落花生油、菜種油、大豆油、ひまわりの種油)分析、用途別(食品産業、農業、化粧品およびパーソナルケア産業)分析、流通チャンネル別(コンビニエンスストア、デパート、近代的な貿易ユニット、オンライン小売)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・コールドプレスオイルの世界市場:種類別(ココナッツ油、綿実油、オリーブ油、パーム油、パーム核油、落花生油、菜種油、大豆油、ひまわりの種油) ・コールドプレスオイルの世界市場:用途別(食品産業、農業、化粧品およびパーソナルケア産業) ・コールドプレスオイルの世界市場:流通チャンネル別(コンビニエンスストア、デパート、近代的な貿易ユニット、オンライン小売) ・コールドプレスオイルの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 癌コグニティブコンピューティングの世界市場見通し2022
    当調査レポートは癌コグニティブコンピューティングについて調査・分析し、癌コグニティブコンピューティング規模、癌コグニティブコンピューティング動向、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けします。1. アナリストの見解 2. 調査方法 3. 癌のためのコグニティブコンピューティング:概要 4. 市場動態(市場成長要因、市場制約、市場機会) 5. 癌人口統計 6. 癌コグニティブコンピューティング市場見通し 7. 癌コグニティブコンピューティングの市場動向 8. M&A動向 9. 会社概要
  • 動物用画像診断装置の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、動物用画像診断装置の世界市場について調査・分析し、動物用画像診断装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・動物用画像診断装置の世界市場:市場動向分析 ・動物用画像診断装置の世界市場:競争要因分析 ・動物用画像診断装置の世界市場:製品別分析/市場規模 ・動物用画像診断装置の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・動物用画像診断装置の世界市場:用途別分析/市場規模 ・動物用画像診断装置の世界市場:動物別分析/市場規模 ・動物用画像診断装置の北米市場規模・分析 ・動物用画像診断装置の欧州市場・分析 ・動物用画像診断装置のアジア市場・分析 ・動物用画像診断装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 食品用酵素の世界市場2020-2024
    「食品用酵素の世界市場2020-2024」は、食品用酵素について市場概要、市場規模、製品別(カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他)分析、用途別(加工食品、飲料、動物飼料&家禽、乳製品、パン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・食品用酵素の世界市場:製品別(カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他) ・食品用酵素の世界市場:用途別(加工食品、飲料、動物飼料&家禽、乳製品、パン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • たばこのアメリカ市場:製品種類別(巻きたばこ、喫煙用たばこ、無煙たばこ、葉巻・シガリロ)、セグメント予測
  • プリントエレクトロニクスの世界市場分析:材料別(インクと基板)、技術別(インクジェット、スクリーン、グラビア、フレキソ印刷)、機器別(ディスプレイ、太陽光、照明、RFID、その他)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、プリントエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、プリントエレクトロニクスの世界市場動向、プリントエレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別プリントエレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブロー成形プラスチックボトルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ブロー成形プラスチックボトルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブロー成形プラスチックボトルの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車産業向けCADの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車産業向けCADの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業向けCADの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 狂犬病検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 検体妥当性試験の世界市場:製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品)、タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験)、エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター)、地域別予測
    本資料は、検体妥当性試験の世界市場について調べ、検体妥当性試験の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品)分析、タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験)分析、エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・検体妥当性試験の世界市場概要 ・検体妥当性試験の世界市場環境 ・検体妥当性試験の世界市場動向 ・検体妥当性試験の世界市場規模 ・検体妥当性試験の世界市場規模:製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品) ・検体妥当性試験の世界市場規模:タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験) ・検体妥当性試験の世界市場規模:エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター) ・検体妥当性試験の世界市場:地域別市場規模・分析 ・検体妥当性試験の北米市場規模・予測 ・検体妥当性試験のアメリカ市場 …
  • 通気性抗菌コーティングの世界市場分析:用途別(室内空気環境、金型の修復、テキスタイル、医療・製薬、建設、食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、RoW)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、通気性抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、通気性抗菌コーティングの世界市場動向、通気性抗菌コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別通気性抗菌コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機除氷の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、航空機除氷の世界市場について調査・分析し、航空機除氷の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空機除氷の世界市場:市場動向分析 - 航空機除氷の世界市場:競争要因分析 - 航空機除氷の世界市場:流体種類別 ・タイプ1 ・タイプ2 ・タイプ3 ・タイプ4 - 航空機除氷の世界市場:装置別 ・動翼除氷装置 ・空圧式除氷装置 ・電熱除氷装置 ・電気機械式除氷装置 - 航空機除氷の世界市場:製品別 ・除氷用トラック ・スイーパー車 ・除氷用薬品・液体 ・その他 - 航空機除氷の世界市場:用途別 ・民間 ・軍用 - 航空機除氷の世界市場:航空機の種類 ・固定翼航空機 - 航空機除氷の世界市場:主要地域別分析 - 航空機除氷の北米市場規模(アメリカ市場等) - 航空機除氷のヨーロッパ市場規模 - 航空機除氷のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・航空機除氷の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のトランスレスUPS市場2015
    本調査レポートでは、世界のトランスレスUPS市場2015について調査・分析し、トランスレスUPSの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場予測(~2024年)
    ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場は、2019年の推定23億米ドルから2024年には42億米ドルに達し、この期間中12.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、患者中心の医療への関心の高まり、医療費の増加を抑制するニーズの高まり、患者の治療と安全性を向上させるための政府の取り組み、ヘルスケア相互運用性に対する政府の資金援助、さらにはヘルスケアインフラの改善が考えられます。一方で、一貫したデータがないことで複雑さが増すこと、訓練を受けた医療IT専門家が不足していること、そしてデータのプライバシーに関する懸念は、市場が抱える課題です。当調査レポートでは、ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(EHR相互運用性、健康情報交換、企業)分析、相互運用性レベル(基礎的、構造的、意味的)分析、エンドユーザー分析、ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届け …
  • マネージドネットワークサービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、マネージドネットワークサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、マネージドネットワークサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘアスタイリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘアスタイリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘアスタイリング用品の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はヘアスタイリング用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Conair• Helen of Troy• Koninklijke Philips• Panasonic• TESCOM等です。
  • 急性リンパ性白血病(ALL/急性リンパ芽球性白血病):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性リンパ性白血病(ALL/急性リンパ芽球性白血病)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性リンパ性白血病(ALL/急性リンパ芽球性白血病):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性リンパ性白血病(ALL/急性リンパ芽球性白血病)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性リンパ性白血病(ALL/急性リンパ芽球性白血病)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性リンパ性白血病(ALL/急性リンパ芽球性白血病)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性リンパ性白血病(ALL/急性リンパ芽球性白血病)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性リンパ性白血病(ALL/急性リンパ芽球性白血病)治療薬剤
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"