"呼吸監視装置の世界市場:パルスオキシメトリ、スパイロメトリー、カプノグラフィー"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30521)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"呼吸監視装置の世界市場:パルスオキシメトリ、スパイロメトリー、カプノグラフィー"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Chronic respiratory diseases such as chronic obstructive respiratory diseases (COPD) and asthma affect the airways and lungs. They are primary caused by dust, air pollution, tobacco smoke and occupational chemicals. Patients who suffer from chronic respiratory diseases such as COPD and asthma are advised to undergo continuous monitoring in order to identify the risks associated. The increase in number of people suffering from respiratory diseases such as pneumonia and chronic sinusitis is resulting in the growing demand for respiratory monitoring diseases. Technavio’s analysts have predicted that the respiratory monitoring devices market will register a CAGR of over 8% by 2023.
Market Overview
Acquisition of small specialized hospitals by Tier-1 hospitals
The growing acquisition of small hospitals by tier- 1 hospitals has helped the latter to increase their service base and expand their presence. Also, through these acquisitions, the staff working in small hospitals gets trained in the latest and advanced respiratory monitoring devices.
Competitive pricing between global and local vendors
Pricing is the main factor driving the competition, which results in low profit margins. Local vendors offer products at low cost compared with the global vendors, which allows customers to opt for the former.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the respiratory monitoring devices market during the 2019-2023, view our report.
Competitive Landscape
The respiratory monitoring devices market is moderately fragmented. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"呼吸監視装置の世界市場:パルスオキシメトリ、スパイロメトリー、カプノグラフィー"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Market segmentation by product
• Comparison by product
• Pulse oximetry – Market size and forecast 2018-2023
• Spirometry – Market size and forecast 2018-2023
• Capnography – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by product
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
• PART 10: TRENDS
• Technological advances in respiratory monitoring devices
• Business strategies
• Presence of online sales platforms
PART 11: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 12: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Masimo
• Medtronic
• NIHON KOHDEN
• Nonin
• Smiths Medical
PART 13: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations

Exhibit 02: Global medical devices market
Exhibit 03: Segments of global medical devices market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Product – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: Pulse oximetry – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 21: Pulse oximetry – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Spirometry – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 23: Spirometry – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Capnography – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 25: Capnography – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 26: Market opportunity by product
Exhibit 27: Customer landscape
Exhibit 28: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 29: Geographic comparison
Exhibit 30: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 31: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: Top 3 countries in Americas
Exhibit 33: Estimated number of COPD and asthma hospital admission cases in 2013
Exhibit 34: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 35: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 36: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 37: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 38: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 39: Top 3 countries in APAC
Exhibit 40: Key leading countries
Exhibit 41: Market opportunity
Exhibit 42: Decision framework
Exhibit 43: Number of patients suffering from asthma in the US
Exhibit 44: Product launches by companies
Exhibit 45: Product recalls
Exhibit 46: Impact of drivers and challenges
Exhibit 47: Vendor landscape
Exhibit 48: Landscape disruption
Exhibit 49: Vendors covered
Exhibit 50: Vendor classification
Exhibit 51: Market positioning of vendors
Exhibit 52: Masimo – Vendor overview
Exhibit 53: Masimo – Organizational developments
Exhibit 54: Masimo – Geographic focus
Exhibit 55: Masimo – Key offerings
Exhibit 56: Masimo – Key customers
Exhibit 57: Medtronic – Vendor overview
Exhibit 58: Medtronic – Business segments
Exhibit 59: Medtronic – Organizational developments
Exhibit 60: Medtronic – Geographic focus
Exhibit 61: Medtronic – Segment focus
Exhibit 62: Medtronic – Key offerings
Exhibit 63: Medtronic – Key customers
Exhibit 64: NIHON KOHDEN – Vendor overview
Exhibit 65: NIHON KOHDEN – Product segments
Exhibit 66: NIHON KOHDEN – Organizational developments
Exhibit 67: NIHON KOHDEN – Geographic focus
Exhibit 68: NIHON KOHDEN – Segment focus
Exhibit 69: NIHON KOHDEN – Key offerings
Exhibit 70: NIHON KOHDEN – Key customers
Exhibit 71: Nonin – Vendor overview
Exhibit 72: Nonin – Product segments
Exhibit 73: Nonin – Organizational developments
Exhibit 74: Nonin – Key offerings
Exhibit 75: Nonin – Key customers
Exhibit 76: Smiths Medical – Vendor overview
Exhibit 77: Smiths Medical – Organizational developments
Exhibit 78: Smiths Medical – Key offerings
Exhibit 79: Smiths Medical – Key customers
Exhibit 80: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 81: List of abbreviations

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】呼吸監視装置の世界市場:パルスオキシメトリ、スパイロメトリー、カプノグラフィー
【発行日】2018年12月18日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30521
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
呼吸監視装置の世界市場:パルスオキシメトリ、スパイロメトリー、カプノグラフィーについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • シリコーンエラストマーの世界市場2017-2021:HTV、LSR、RTV
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、シリコーンエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シリコーンエラストマーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はシリコーンエラストマーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はKCC、Momentive、Shin-Etsu Chemical、The Dow Chemical Company、Wacker Chemie等です。
  • OTC検査の世界市場予測(~2024年)
    OTC検査の世界市場は、2018年の119億米ドルから2024年には222億米ドルに達し、この期間中11.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。糖尿病は世界中で蔓延している疾患であり、OTC検査の需要に大きく貢献しています。 感染症も迅速かつ効果的な検査が必要です。 これら用途の検査の必要性は、OTC検査の開発と提供に対する政府の支援を増大させています。一方で、血糖値のセルフモニタリング/従来の血糖値モニタリングシステムやコレステロールモニタリングの侵襲的な計測法は、市場の成長に影響を与える可能性があります。当調査レポートでは、OTC検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(血糖モニタリング検査、コレステロールモニタリング検査、感染症検査、便潜血検査、尿検査、薬物乱用検査)分析、技術別(イムノアッセイ、ラテラルフローアッセイ)分析、OTC検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の静脈アクセス装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の静脈アクセス装置市場2015について調査・分析し、静脈アクセス装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の実験室用ろ過市場:製品別(フィルターアセンブリ、フィルターメディアアクセサリー)、技術別(限外ろ過、精密ろ過、ナノろ過、RO)、エンドユーザー別(医薬品、バイオ医薬品会社、飲食店)、地域別
    MarketsandMarkets社は、実験室用ろ過の世界市場規模が2019年25億ドルから2025年41億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の実験室用ろ過市場を広く調査・分析し、市場概要、業界インサイト、製品別(ろ過媒体、ろ過アセンブリ、ろ過アクセサリー)分析、技術別(精密ろ過、限外ろ過、逆浸透、真空ろ過、ナノろ過)分析、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品会社、学術研究機関、食品および飲料会社、病院および診断研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界インサイト ・世界の実験室用ろ過市場:製品別(ろ過媒体、ろ過アセンブリ、ろ過アクセサリー) ・世界の実験室用ろ過市場:技術別(精密ろ過、限外ろ過、逆浸透、真空ろ過、ナノろ過) ・世界の実験室用ろ過市場:エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品会社、学術研究機関、食品および飲料会社、病院および診断研究所) ・世界の実験室用ろ過市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 合成ゴムの世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、合成ゴムの世界市場について調べ、合成ゴムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(スチレン・ブタジエンゴム、ポリブタジエンゴム、SBC、ブチルゴム、NBR、その他)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・合成ゴムの世界市場概要 ・合成ゴムの世界市場環境 ・合成ゴムの世界市場動向 ・合成ゴムの世界市場規模 ・合成ゴムの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・合成ゴムの世界市場規模:種類別(スチレン・ブタジエンゴム、ポリブタジエンゴム、SBC、ブチルゴム、NBR、その他) ・合成ゴムの世界市場規模:用途別 ・合成ゴムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・合成ゴムの北米市場規模・予測 ・合成ゴムのアメリカ市場規模・予測 ・合成ゴムのヨーロッパ市場規模・予測 ・合成ゴムのアジア市場規模・予測 ・合成ゴムの日本市場規模・予測 ・合成ゴムの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • イタリアの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • ドイツの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)治療薬剤
  • ハンドリング・吊り上げ装置の世界市場:クレーン、フォークリフト、コンベアベルト、ホイスト
    当調査レポートでは、ハンドリング・吊り上げ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハンドリング・吊り上げ装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 移植診断の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別(PCR、NGS、サンガー法シーケンシング)分析、製品別(機器、試薬、ソフトウェア)分析、用途別(HLA、血液プロファイリング、病原体検出)分析、タイプ別(心臓、腎臓、肝臓、幹細胞)分析、移植診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷蔵庫キャビネットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、冷蔵庫キャビネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵庫キャビネットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水産養殖向け水処理技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水産養殖向け水処理技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水産養殖向け水処理技術の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • B2Bメディアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、B2Bメディアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、B2Bメディアの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 業務用食器洗い機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用食器洗い機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用食器洗い機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 防氷コーティングの世界市場:基質別(金属、ガラス、コンクリート・セラミックス)、最終用途産業別(自動車・輸送、再生可能エネルギー、通信機器、建設、その他)、地域別予測
    本資料は、防氷コーティングの世界市場について調べ、防氷コーティングの世界規模、市場動向、市場環境、基質別(金属、ガラス、コンクリート・セラミックス)分析、最終用途産業別(自動車・輸送、再生可能エネルギー、通信機器、建設、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・防氷コーティングの世界市場概要 ・防氷コーティングの世界市場環境 ・防氷コーティングの世界市場動向 ・防氷コーティングの世界市場規模 ・防氷コーティングの世界市場規模:基質別(金属、ガラス、コンクリート・セラミックス) ・防氷コーティングの世界市場規模:最終用途産業別(自動車・輸送、再生可能エネルギー、通信機器、建設、その他) ・防氷コーティングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防氷コーティングの北米市場規模・予測 ・防氷コーティングのアメリカ市場規模・予測 ・防氷コーティングのヨーロッパ市場規模・予測 ・防氷コーティングのアジア市場規模・予測 ・防氷コーティングの日本市場規模・ …
  • 漁網・水産養殖用網の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、漁網・水産養殖用網の世界市場について調査・分析し、漁網・水産養殖用網の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別漁網・水産養殖用網シェア、市場規模推移、市場規模予測、漁網・水産養殖用網種類別分析(漁網、水産養殖用網)、漁網・水産養殖用網用途別分析(個人用途、商業用用途)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・漁網・水産養殖用網の市場概観 ・漁網・水産養殖用網のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・漁網・水産養殖用網のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・漁網・水産養殖用網の世界市場規模 ・漁網・水産養殖用網の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・漁網・水産養殖用網のアメリカ市場規模推移 ・漁網・水産養殖用網のカナダ市場規模推移 ・漁網・水産養殖用網のメキシコ市場規模推移 ・漁網・水産養殖用網のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・漁網・水産養殖用網のドイツ市場規模推移 ・漁網・水産養殖用網のイギリス市場規模推移 ・漁網・水産養 …
  • 種子粉衣材料の世界市場
    当調査レポートでは、種子粉衣材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・種子粉衣材料の世界市場:作物種類別分析/市場規模 ・種子粉衣材料の世界市場:添加剤種類別分析/市場規模 ・種子粉衣材料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・種子粉衣材料のアメリカ市場規模予測 ・種子粉衣材料のヨーロッパ市場規模予測 ・種子粉衣材料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の自動車タイロッド・エンド市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車タイロッド・エンド市場2016について調査・分析し、自動車タイロッド・エンドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場予測(~2025年)
    飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場は、2019年の25億米ドルから2025年には30億米ドルに達し、この期間中3.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、作物中のマイコトキシンの産生、飼料製品中のマイコトキシンを制限する厳格な規制、家畜飼料中のマイコトキシン汚染の危険性の世界的な増加、農家畜産物の需要および消費増加などが考えられます。一方で、飼料添加物としてのカビ防止剤、酸性化剤、およびその他飼料防腐剤の顕著な使用増加と小規模畜産業者の意識の欠如は、市場の成長を抑制しています。当調査レポートでは、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(結合剤、改質剤)分析、家畜別(家禽、ブタ、反芻動物、水生動物)分析、原料別(無機、有機)分析、形態別(乾燥、液体)分析、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 窒素発生器の世界市場:種類別(PSA窒素発生器、膜窒素発生器、低温窒素発生器)、最終用途産業別(食品および飲料、輸送、医療および医薬品、電気および電子機器、化学薬品)
    本市場調査レポートでは窒素発生器について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(PSA窒素発生器、膜窒素発生器、低温窒素発生器)分析、最終用途産業別(食品および飲料、輸送、医療および医薬品、電気および電子機器、化学薬品)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・窒素発生器の世界市場:種類別(PSA窒素発生器、膜窒素発生器、低温窒素発生器) ・窒素発生器の世界市場:最終用途産業別(食品および飲料、輸送、医療および医薬品、電気および電子機器、化学薬品) ・窒素発生器の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)の概要 ・亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 世界のポリエチレンラミネーター市場2019
    本調査レポートでは、世界のポリエチレンラミネーター市場2019について調査・分析し、ポリエチレンラミネーターの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ポリエチレンラミネーターのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ポリエチレンラミネーターメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリエチレンラミネーターの市場概要 ・ポリエチレンラミネーターの上流・下流市場分析 ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンラミネーターの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンラミネーターの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • 世界の建設市場におけるコントラクター(ゼネコン)及び下請業者の重要成功要因
  • ダイアフラムポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ダイアフラムポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイアフラムポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロジェクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクターの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 工業用PROFIBUSの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、工業用PROFIBUSの世界市場について調査・分析し、工業用PROFIBUSの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 工業用PROFIBUSの世界市場:市場動向分析 - 工業用PROFIBUSの世界市場:競争要因分析 - 工業用PROFIBUSの世界市場:ソリューション別 ・ PROFIsafe(安全プロファイル) ・ PROFIBUS-DP ・ PROFIdrive(ドライブ用プロファイル) ・ PROFIBUS-PA(プロセスオートメーション) - 工業用PROFIBUSの世界市場: エンドユーザー別 ・自動車 ・上下水道 ・オイル・ガス ・電力 - 工業用PROFIBUSの世界市場:主要地域別分析 - 工業用PROFIBUSの北米市場規模(アメリカ市場等) - 工業用PROFIBUSのヨーロッパ市場規模 - 工業用PROFIBUSのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工業用PROFIBUSの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アフターサン(サンケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 除草剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、除草剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、作物別分析、動作方式別分析、地域別分析、除草剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)のフェーズ3治験薬の状況 ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬の市場規模(販売予測) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬剤
  • 小規模セルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、小規模セルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小規模セルの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高可視性包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高可視性包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高可視性包装市場規模、種類別(ブリスター包装、クラムシェル包装、段ボール箱、ガラス容器、プラスチック容器包装、シュリンクラップ包装、その他)分析、エンドユーザー別(農業、自動車、電子機器、ファッション・アパレル、食品・飲料、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高可視性包装の世界市場:市場動向分析 ・ 高可視性包装の世界市場:競争要因分析 ・ 高可視性包装の世界市場:種類別(ブリスター包装、クラムシェル包装、段ボール箱、ガラス容器、プラスチック容器包装、シュリンクラップ包装、その他) ・ 高可視性包装の世界市場:エンドユーザー別(農業、自動車、電子機器、ファッション・アパレル、食品・飲料、医療、その他) ・ 高可視性包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 高可視性包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 高可視性包装のヨーロッパ市場規模 ・ 高可視性包装の …
  • 遠隔患者モニタリングの世界市場2017-2021:バイタルサイン、埋込型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、遠隔患者モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、遠隔患者モニタリングの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は遠隔患者モニタリングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はMedtronic、Boston Scientific、Abbott、Koninklijke Philips、GE Healthcare等です。
  • 自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物の世界市場分析:用途別(ダッシュボード、ドアトリム、ピラートリム、シートキャリア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物の世界市場について調査・分析し、自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物の世界市場動向、自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の縫合糸市場2015
    本調査レポートでは、世界の縫合糸市場2015について調査・分析し、縫合糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 体部白癬(Tinea Corporis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、体部白癬(Tinea Corporis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・体部白癬(Tinea Corporis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・体部白癬(Tinea Corporis)のフェーズ3治験薬の状況 ・体部白癬(Tinea Corporis)治療薬の市場規模(販売予測) ・体部白癬(Tinea Corporis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・体部白癬(Tinea Corporis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の体部白癬(Tinea Corporis)治療薬剤
  • アジアの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • スタジアム照明の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スタジアム照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、光源別(LED、HID、HPS、インダクション)分析、提供別(ランプ・照明器具、制御システム、サービス)分析、ソリューションセットアップ別(屋内、屋外)分析、設置タイプ別(新規、レトロフィット)分析、スタジアム照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用放射線検出の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、医療用放射線検出の世界市場について調査・分析し、医療用放射線検出の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・医療用放射線検出の世界市場:市場動向分析 ・医療用放射線検出の世界市場:競争要因分析 ・医療用放射線検出の世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:検出タイプ別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の北米市場規模・分析 ・医療用放射線検出の欧州市場・分析 ・医療用放射線検出のアジア市場・分析 ・医療用放射線検出の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 脊髄性筋萎縮症治療の世界市場2019-2023
    新しく革新的療法の開発の増加に伴い、脊髄性筋萎縮症治療に対する需要が高まっています。市場では、脊髄性筋萎縮症治療に対する新しい革新的療法の開発が増えています。 例えば、1型脊髄性筋萎縮症に対する新しい二つの革新的治療法が、進行中の臨床試験において非常に有効であることが証明されています。 最初の治療では、失われたSMN1遺伝子を新しい遺伝子で置換するためにDNA担持ウイルスを使用しました。 すでにFDAによって承認されている2番目の治療法は、ヌシネルセン(スピンラザ)と呼ばれています。 主な分析対象企業は、Biogenなどです。 当調査レポートでは、脊髄性筋萎縮症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脊髄性筋萎縮症治療市場規模、種類別(2型、3型、1型、4型)分析、治療型別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脊髄性筋萎縮症治療の世界市場概要 ・脊髄性筋萎縮症治療の世界市場環境 ・脊髄性筋萎縮症治療の世界市場動向 ・脊髄性筋萎縮 …
  • 口内乾燥症治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、口内乾燥症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、口内乾燥症治療薬市場規模、製品別(市販薬、処方薬)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・口内乾燥症治療薬の世界市場概要 ・口内乾燥症治療薬の世界市場環境 ・口内乾燥症治療薬の世界市場動向 ・口内乾燥症治療薬の世界市場規模 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:製品別(市販薬、処方薬) ・口内乾燥症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・口内乾燥症治療薬の北米市場規模・予測 ・口内乾燥症治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・口内乾燥症治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・口内乾燥症治療薬の主要国分析 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・口内乾燥症治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:競争環境 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象 …
  • 韓国の脊椎手術市場動向(~2021)
  • テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場:サービス別(電子部品製造、電子工学、電子アセンブリ、サプライチェーンマネジメント)、セグメント予測
    テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場は2025年には2,301億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.0%で成長すると予測されています。IoTはこれからの重要なトレンドであり、収益の創出とインフラの拡大の観点からテレコム産業を支えていくことが期待されています。さらにここ数年、モバイル端末の接続性は飛躍的に向上し、ワイヤレスデバイスの普及は顕著な成長を遂げてきました。こういった背景が、今後数年間この市場の成長を後押ししていくものと考えられています。本調査レポートでは、テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場について調査・分析し、テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場動向、テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 剥離塗料の世界市場予測(~2021):材料別(シリコーン、非シリコーン)、調合別(溶媒系、水系、油乳濁液)、用途別(ラベル、テープ、衛生、産業、医療、食品&パン菓子類)、地域別
    当調査レポートでは、剥離塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、調合別分析、用途別分析、地域別分析、剥離塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 内視鏡検査機器の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(内視鏡(柔軟、剛性、カプセル)視覚化システム、内視鏡超音波、送気器)分析、用途別(GI内視鏡検査、腹腔鏡検査、膀胱鏡検査、気管支鏡検査、大腸内視鏡検査、関節鏡検査)分析、内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、内視鏡検査機器の世界市場規模が2019年256億ドルから2024年352億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • エアコンの世界市場予測(~2022)
  • 世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場規模・予測2017-2025:商品別(簡易的PDU、メーターPDU、インテリジェントPDU、スイッチPDU)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場について調査・分析し、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場について調査・分析し、自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場:市場動向分析 - 自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場:競争要因分析 - 自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場:製品のラベル別 ・偽物のラベル ・本物のラベル - 自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場:ベンダーのタイプ別 ・サードパーティーのベンダー ・OEMベンダー - 自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場:部品別 ・エンジン部品 ・電気器具 ・インフォテインメントおよびマルチメディア ・タイヤと車輪 ・車内用の付属品 - 自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場:車両の種類別 ・二輪車 ・商用車 ・乗用車 - 自動車のEテーリング(ネット通販)の世界市場:主要地域別分析 - 自動車のEテーリング(ネット通販)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車のEテーリ …
  • コレステロール吸収阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコレステロール吸収阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コレステロール吸収阻害剤の概要 ・コレステロール吸収阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のコレステロール吸収阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コレステロール吸収阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コレステロール吸収阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 海洋VSAT(船舶用衛星通信システム)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、海洋VSAT(船舶用衛星通信システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海洋VSAT(船舶用衛星通信システム)の世界市場規模及び予測、技術別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"