"民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30514)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Since the advent of commercial aviation, airlines have been focused on deploying operational aircraft units with increased fuel efficient a lower overall operational cost. As revenue can be generated only through active aircraft units in a fleet, grounding of an aircraft for maintenance incurs losses for the airline operators. Hence, it is imperative for operators to carry out schedule maintenance. AIDs and associative display systems help in prior identification of potential problems. Fuel consumption can also be monitored closely as AIDs can help visualize the critical avionics systems data to ensure streamlined operations through effective planning. Therefore, the market to witnessed high growth amind further developments in aircraft health management technologies and increased adoption of predictive maintenance by aircraft operators worldwide. Technavio’s analysts have predicted that the commercial aircraft interface device market will register a CAGR of about 13% by 2023.
Market Overview
Preference for onboard connectivity solutions
The increasing preference of passengers to use their own devices onboard to access entertainment options, which is not limited to media consumptions, but include game and other content consumption is a potential opportunity for airlines to differentiate themselves from the competition by proposing more customized entertainment experiences.
Vulnerability to cyber security threats
The deign of secure AIDs poses a significant challenge for the designers as they are required to connect to all systems on an aircraft and collect data for analysis. Hence the global AID market can be affected by the number of cyber security incidents occurring during the forecast period.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the commercial aircraft interface device market during the 2019-2023, view our report.
Competitive Landscape
The global commercial aircraft interface device market is moderately concentrated and the market being in a growth phase, the competition among companies is intense. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Narrow-body – Market size and forecast 2018-2023
• Wide-body – Market size and forecast 2018-2023
• Regional jet – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: MARKET SEGMENTATION BY AIRCRAFT FITMENT
• Market segmentation by aircraft fitment
• Comparison by aircraft fitment
• Retrofit – Market size and forecast 2018-2023
• Linefit – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by aircraft fitment
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Emergence of immersive AI-powered offerings
• Advent of paperless cockpits
• Big data and its influence on aviation
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Astronics
• Esterline Technologies
• Global Eagle
• Teledyne Technologies
• UNITED TECHNOLOGIES
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations


Exhibit 01: Global aircraft market
Exhibit 02: Segments of global aircraft market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2018
Exhibit 07: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 08: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 09: Five forces analysis 2018
Exhibit 10: Five forces analysis 2023
Exhibit 11: Bargaining power of buyers
Exhibit 12: Bargaining power of suppliers
Exhibit 13: Threat of new entrants
Exhibit 14: Threat of substitutes
Exhibit 15: Threat of rivalry
Exhibit 16: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 17: Application – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 18: Comparison by application
Exhibit 19: Narrow-body – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 20: Narrow-body – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 21: Wide-body – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 22: Wide-body – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 23: Regional jet – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 24: Regional jet – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 25: Market opportunity by application
Exhibit 26: Customer landscape
Exhibit 27: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 28: Geographic comparison
Exhibit 29: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 30: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 31: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 32: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 33: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 34: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 35: Key leading countries
Exhibit 36: Market opportunity
Exhibit 37: Aircraft fitment – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 38: Comparison by aircraft fitment
Exhibit 39: Retrofit – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 40: Retrofit – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 41: Linefit – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 42: Linefit – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 43: Market opportunity by aircraft fitment
Exhibit 44: Impact of drivers and challenges
Exhibit 45: Vendor landscape
Exhibit 46: Landscape disruption
Exhibit 47: Vendors covered
Exhibit 48: Vendor classification
Exhibit 49: Market positioning of vendors
Exhibit 50: Astronics – Vendor overview
Exhibit 51: Astronics – Business segments
Exhibit 52: Astronics – Organizational developments
Exhibit 53: Astronics – Geographic focus
Exhibit 54: Astronics – Segment focus
Exhibit 55: Astronics – Key offerings
Exhibit 56: Astronics – Key customers
Exhibit 57: Esterline Technologies – Vendor overview
Exhibit 58: Esterline Technologies – Business segments
Exhibit 59: Esterline Technologies – Organizational developments
Exhibit 60: Esterline Technologies – Geographic focus
Exhibit 61: Esterline Technologies – Segment focus
Exhibit 62: Esterline Technologies – Key offerings
Exhibit 63: Esterline Technologies – Key customers
Exhibit 64: Global Eagle – Vendor overview
Exhibit 65: Global Eagle – Business segments
Exhibit 66: Global Eagle – Organizational developments
Exhibit 67: Global Eagle – Geographic focus
Exhibit 68: Global Eagle – Segment focus
Exhibit 69: Global Eagle – Key offerings
Exhibit 70: Global Eagle – Key customers
Exhibit 71: Teledyne Technologies – Vendor overview
Exhibit 72: Teledyne Technologies – Business segments
Exhibit 73: Teledyne Technologies – Organizational developments
Exhibit 74: Teledyne Technologies – Geographic focus
Exhibit 75: Teledyne Technologies – Segment focus
Exhibit 76: Teledyne Technologies – Key offerings
Exhibit 77: Teledyne Technologies – Key customers
Exhibit 78: UNITED TECHNOLOGIES – Vendor overview
Exhibit 79: UNITED TECHNOLOGIES – Business segments
Exhibit 80: UNITED TECHNOLOGIES – Organizational developments
Exhibit 81: UNITED TECHNOLOGIES – Geographic focus
Exhibit 82: UNITED TECHNOLOGIES – Segment focus
Exhibit 83: UNITED TECHNOLOGIES – Key offerings
Exhibit 84: UNITED TECHNOLOGIES – Key customers
Exhibit 85: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 86: List of abbreviations

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023
【発行日】2018年12月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30514
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空・防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 中国のマグネットセパレーター市場2015
    本調査レポートでは、中国のマグネットセパレーター市場2015について調査・分析し、マグネットセパレーターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 陸上掘削リグの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、陸上掘削リグの世界市場について調査・分析し、陸上掘削リグの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・陸上掘削リグの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・陸上掘削リグの世界市場:セグメント別市場分析 ・陸上掘削リグの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 発酵用化学品の世界市場
    本調査レポートでは、発酵用化学品の世界市場について調査・分析し、発酵用化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界主要国における人数計測システム市場2018-2023
    本調査レポートでは、人数計測システムの世界市場について調査・分析し、人数計測システムの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(赤外線ビーム、ビデオベース、赤外線画像)、用途別市場規模(小売、交通、銀行・金融機関、ホスピタリティ、スポーツ・エンターテイメント、政府機関)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、人数計測システムの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・人数計測システムの世界市場概要 ・人数計測システムの企業別市場シェア ・人数計測システムの地域別市場規模 ・人数計測システムの種類別市場規模(赤外線ビーム、ビデオベース、赤外線画像) ・人数計測システムの用途別市場規模(小売、交通、銀行・金融機関、ホスピタリティ、スポーツ・エンターテイメント、政府機関) ・人数計測システムの主要企業分析 ・人数計測システムの北米市場規模 …
  • 殺虫剤の世界市場予測(~2022年):ピレスロイド、有機リン化合物、カルバミン酸塩、塩素化炭化水素、植物性薬品
    当調査レポートでは、殺虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、作物別分析、用途別分析、形状別分析、殺虫剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 副腎皮質がん(ACC):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における副腎皮質がん(ACC)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、副腎皮質がん(ACC)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・副腎皮質がん(ACC)の概要 ・副腎皮質がん(ACC)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の副腎皮質がん(ACC)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・副腎皮質がん(ACC)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・副腎皮質がん(ACC)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の澱粉誘導体市場:マルトデキストリン、シクロデキストリン、ブドウ糖果糖液糖、化工澱粉
  • 加工用金製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、加工用金製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、加工用金製品市場規模、用途別(ジュエリー 、エレクトロニクス、公式コイン、医療、その他)分析、原材料(鉱山生産、スクラップ供給)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AngloGold Ashanti, Barrick Gold, Goldcorp, Kinross Gold, Newmont Miningなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・加工用金製品の世界市場概要 ・加工用金製品の世界市場環境 ・加工用金製品の世界市場動向 ・加工用金製品の世界市場規模 ・加工用金製品の世界市場:業界構造分析 ・加工用金製品の世界市場:用途別(ジュエリー 、エレクトロニクス、公式コイン、医療、その他) ・加工用金製品の世界市場:原材料(鉱山生産、スクラップ供給) ・加工用金製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・加工用金製品の北米市場規模・予測 ・加工用金製品のヨーロッパ・中東・ア …
  • 北米・欧州の静脈瘤治療市場予測:治療モード(静脈アブレーション、硬化療法、抜去)、製品(レーザー&RF焼灼、静脈閉鎖、手術製品)
  • 試験準備のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、試験準備のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、試験準備のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用レーザー装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用レーザー装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用レーザー装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水産飼料の世界市場:トウモロコシ、大豆、魚粉、魚油、添加物
    当調査レポートでは、水産飼料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、成分別分析、動物種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリオレフィンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界の野球/ソフトボール用衣類市場2015
    本調査レポートでは、世界の野球/ソフトボール用衣類市場2015について調査・分析し、野球/ソフトボール用衣類の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別、製品別(バルブ、継手、アクチュエーター)、産業別(半導体、石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、パルプ&紙、エネルギー&電力)、地域別
    MarketsandMarkets社は、計装用バルブ及び継手の世界市場規模が2019年32億ドルから2025年39億ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の計装用バルブ及び継手市場を統合的に調査・分析し、市場概要、材料別(ステンレス、合金ベース、鋳鉄、その他)分析、製品別(バルブ、継手、空気圧アクチュエータ、その他)分析、産業別(石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、紙&パルプ、エネルギー&電力、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別(ステンレス、合金ベース、鋳鉄、その他) ・世界の計装用バルブ及び継手市場:製品別(バルブ、継手、空気圧アクチュエータ、その他) ・世界の計装用バルブ及び継手市場:産業別(石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、紙&パルプ、エネルギー&電力、その他) ・世界の計装用バルブ及び継手市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • Nav1.8遮断薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNav1.8遮断薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Nav1.8遮断薬の概要 ・Nav1.8遮断薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のNav1.8遮断薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Nav1.8遮断薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Nav1.8遮断薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界及び日本の砂糖系賦形剤市場2017-2022
  • 世界及び欧州の湿潤剤市場-分析及び展望(~2022年)
  • 持続的腎代替療法装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、持続的腎代替療法装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、持続的腎代替療法装置市場規模、モダリティ別(持続的静脈-静脈血液濾過(CVVH)、持続的静静脈血液ろ過透析(CVVHDF)、持続的静静脈血液透析(CVVHD)、持続的限外ろ過(SCUF))分析、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・持続的腎代替療法装置の世界市場概要 ・持続的腎代替療法装置の世界市場環境 ・持続的腎代替療法装置の世界市場動向 ・持続的腎代替療法装置の世界市場規模 ・持続的腎代替療法装置の世界市場:業界構造分析 ・持続的腎代替療法装置の世界市場:モダリティ別(持続的静脈-静脈血液濾過(CVVH)、持続的静静脈血液ろ過透析(CVVHDF)、持続的静静脈血液透析(CVVHD)、持続的限外ろ過(SCUF)) ・持続的腎代替療法装置の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・持続的腎代替療法装置の世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 抗体薬物複合体(ADC)の世界市場:シアトルジェネティクス技術、ImmunoGen技術、Immunomedics技術
    当調査レポートでは、抗体薬物複合体(ADC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、抗体薬物複合体(ADC)の世界市場規模及び予測、MOA別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 台湾の整形外科装置市場見通し
  • 性器ヘルペス(Genital Herpes):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における性器ヘルペス(Genital Herpes)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・性器ヘルペス(Genital Herpes)の概要 ・性器ヘルペス(Genital Herpes)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • サーフボードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サーフボードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サーフボードの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マシンツーマシン(M2M)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、マシンツーマシン(M2M)の世界市場について調査・分析し、マシンツーマシン(M2M)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・マシンツーマシン(M2M)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・マシンツーマシン(M2M)の世界市場:セグメント別市場分析 ・マシンツーマシン(M2M)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 手術用ロボットの世界市場
    当調査レポートでは、手術用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・手術用ロボットの世界市場:手術種類別分析/市場規模 ・手術用ロボットの世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・手術用ロボットの世界市場:地域別分析/市場規模 ・手術用ロボットのアメリカ市場規模予測 ・手術用ロボットのヨーロッパ市場規模予測 ・手術用ロボットのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • PVB中間膜の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PVB中間膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(標準ポリビニルブチラール・構造ポリビニルブチラール)分析、エンドユーズ産業別(自動車、建築および建設、太陽光発電)分析、PVB中間膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PVB中間膜の世界市場規模が2019年31億ドルから2024年44億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。
  • 油圧ホース及び継手の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、油圧ホース及び継手の世界市場について調べ、油圧ホース及び継手の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油圧ホース及び継手の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(建設機械、農業機械、運搬機械、その他 )、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は油圧ホース及び継手の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油圧ホース及び継手の市場状況 ・油圧ホース及び継手の市場規模 ・油圧ホース及び継手の市場予測 ・油圧ホース及び継手の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(建設機械、農業機械、運搬機械、その他 ) ・油圧ホース及び継手の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 食品汚染検査の世界市場2017-2021:従来型検査法、迅速検査法
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品汚染検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品汚染検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品汚染検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Covance、Neogen、SGS、Thermo Fisher Scientific等です。
  • 冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))の概要 ・冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・冠状動脈 …
  • ケミカル石油増進回収法(EOR)の世界市場
    当調査レポートでは、ケミカル石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、ケミカル石油増進回収法(EOR)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ケミカル石油増進回収法(EOR)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ケミカル石油増進回収法(EOR)の世界市場:セグメント別市場分析 ・ケミカル石油増進回収法(EOR)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 医療用レーザーの世界市場:製品種類別(固体レーザーシステム、ガスレーザーシステム、色素レーザーシステム、ダイオードレーザーシステム)、用途別(眼科、皮膚科、婦人科、歯科、泌尿器科、心臓血管、その他)、エンドユーザー別(外科、化粧品、歯科)
    本調査レポートでは、医療用レーザーの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(固体レーザーシステム、ガスレーザーシステム、色素レーザーシステム、ダイオードレーザーシステム)分析、用途別(眼科、皮膚科、婦人科、歯科、泌尿器科、心臓血管、その他)分析、エンドユーザー別(外科、化粧品、歯科)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・医療用レーザーの世界市場:製品種類別(固体レーザーシステム、ガスレーザーシステム、色素レーザーシステム、ダイオードレーザーシステム) ・医療用レーザーの世界市場:用途別(眼科、皮膚科、婦人科、歯科、泌尿器科、心臓血管、その他) ・医療用レーザーの世界市場:エンドユーザー別(外科、化粧品、歯科) ・医療用レーザーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 潜水艦発射ミサイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、潜水艦発射ミサイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦発射ミサイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 統合システムの世界市場:製品別(統合プラットフォーム、統合ワークロードシステム、統合インフラシステム)、サービス別(実装・統合、コンサルティング、保守・サポート)、最終用途別(ヘルスケア、BFSI、小売、IT・テレコム、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、統合システムの世界市場について調べ、統合システムの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(統合プラットフォーム、統合ワークロードシステム、統合インフラシステム)分析、サービス別(実装・統合、コンサルティング、保守・サポート)分析、最終用途別(ヘルスケア、BFSI、小売、IT・テレコム、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・統合システムの世界市場概要 ・統合システムの世界市場環境 ・統合システムの世界市場動向 ・統合システムの世界市場規模 ・統合システムの世界市場規模:製品別(統合プラットフォーム、統合ワークロードシステム、統合インフラシステム) ・統合システムの世界市場規模:サービス別(実装・統合、コンサルティング、保守・サポート) ・統合システムの世界市場規模:最終用途別(ヘルスケア、BFSI、小売、IT・テレコム、製造、その他) ・統合システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・統合システムの北米市場規模・予測 ・統 …
  • 過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬剤
  • クエン酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クエン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クエン酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスネークロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界のスネークロボット市場2015について調査・分析し、スネークロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプロピレン生産能力および投資動向
  • プロジェクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクターの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 圧力開放装置の世界市場の規模および予測:タイプ別(ローテク機器[フォームベース、ゲルベース、繊維充填、液体充填、エア充填マットレス]、ハイテク機器[ダイナミックエアーセラピー、キネティックベッド])、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、圧力開放装置の世界市場について調査・分析し、圧力開放装置の世界市場動向、圧力開放装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力開放装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 全身型若年性特発性関節炎(SJIA):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の概要 ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 企業合成アプリケーションモニタリングの世界市場予測:APIモニタリング、SAASアプリケーション、モバイルアプリケーション、ウェブアプリケーション
    当調査レポートでは、企業合成アプリケーションモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、モニタリング種類別分析、サービス別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、企業合成アプリケーションモニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用塗装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用塗装の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アフェクティブコンピューティングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、アフェクティブコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、ソフトウェア別分析、装置別分析、産業別分析、アフェクティブコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーシャルメディア分析の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ソーシャルメディア分析の世界市場について調査・分析し、ソーシャルメディア分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ソーシャルメディア分析の世界市場:市場動向分析 - ソーシャルメディア分析の世界市場:競争要因分析 - ソーシャルメディア分析の世界市場:分析タイプ別 ・診断的分析 ・予測分析 ・記述的分析 ・処方的分析 - ソーシャルメディア分析の世界市場: 導入形態別 ・クラウド ・オンプレミス - ソーシャルメディア分析の世界市場:コンポーネント別 ・サービス ・ソフトウェア - ソーシャルメディア分析の世界市場:用途別 ・顧客経験管理 ・競合情報分析 ・販売・マーケティング管理 ・公衆安全、法執行機関 ・リスク管理、不正検出 ・その他の用途 - ソーシャルメディア分析の世界市場:ソリューション別 ・意味抽出 ・データ集約 ・スマートフィルタリング ・コンシューマブル分析 ・ストリーム処理 ・プロセスオーケストレーション ・その他のソリューション - ソーシャルメディア分析の世界 …
  • ウェットスーツの世界市場:製品別(ウィンドスポーツ、サーフィン、スキューバダイビング、トライアスロン)、地域別予測
    本資料は、ウェットスーツの世界市場について調べ、ウェットスーツの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ウィンドスポーツ、サーフィン、スキューバダイビング、トライアスロン)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNovozymes、Kaneka Corporation、Biosphere、Angel Yeast Co. Ltd.、Genecor、DSM、Akzo Nobel、BASF SE、Henkel AG.、Du Pont Danisco などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウェットスーツの世界市場概要 ・ウェットスーツの世界市場環境 ・ウェットスーツの世界市場動向 ・ウェットスーツの世界市場規模 ・ウェットスーツの世界市場規模:製品別(ウィンドスポーツ、サーフィン、スキューバダイビング、トライアスロン) ・ウェットスーツの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウェットスーツの北米市場規模・予測 ・ウェットスーツのアメリカ市場規模・予測 ・ウェット …
  • ロシアの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 世界の拡張現実(AR)市場規模・予測2017-2025:構成要素別(ハードウェア・ソフトウェア)、表示タイプ別(ヘッドマウント表示、ヘッドアップ表示、・スマートガラス)、用途別(航空宇宙・防衛、自動車・Eコマース、ゲーミング、産業用、医療、・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の拡張現実(AR)市場について調査・分析し、世界の拡張現実(AR)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の拡張現実(AR)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 整地および耕作用機械の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、整地および耕作用機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、整地および耕作用機械市場規模、製品別(鍬・土かき機、耕うん機・除草機、ローラー、播種機、プランター、たい肥散布機、砕土機、施肥機、プラウ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 整地および耕作用機械の世界市場:市場動向分析 ・ 整地および耕作用機械の世界市場:競争要因分析 ・ 整地および耕作用機械の世界市場:製品別(鍬・土かき機、耕うん機・除草機、ローラー、播種機、プランター、たい肥散布機、砕土機、施肥機、プラウ、その他) ・ 整地および耕作用機械の世界市場:主要地域別分析 ・ 整地および耕作用機械の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 整地および耕作用機械のヨーロッパ市場規模 ・ 整地および耕作用機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・整地および耕作用機械の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界のノートパソコン用ケース市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコン用ケース市場2015について調査・分析し、ノートパソコン用ケースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"