"石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23554)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
A large part of the global population resides in urban areas, and economic conditions in developed and developing countries have increased urbanization. Increased urbanization has increased the demand for energy and led to the emergence of new industries across the globe. The downstream oil and gas industry requires large amounts of water and uses recycled water obtained from water treatment equipment. The downstream oil and gas industry involves operations that can contaminate water resources. Increased wastewater generation and the ever-rising demand for water have led government agencies to promote water conservation through initiatives. Rapid urbanization is likely to drive the global water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry during the forecast period. Technavio’s analysts have predicted that the water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry will register a CAGR of about 2% by 2022.
Market Overview
Increased oil and gas consumption
The increasing in oil and gas consumption is a key factor driving the global water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry. Urbanization and economic growth will lead to a surge in the demand for petroleum products.
High costs associated with water treatment
High capital and operational costs hamper the growth of the global water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry. The processes require capital investment. High operational costs impact the sale of water treatment equipment in the oil and gas industry.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry is moderately fragmented owing to the presence of several market players. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Process water – Market size and forecast 2017-2022
• Wastewater – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Increasing emphasis on water reuse
• Technological advances for water treatment
• Decline in fresh water resources
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Aquatech International
• Evoqua Water Technologies
• SUEZ
• The Dow Chemical Company
• Veolia
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations



Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Segments of global water and wastewater treatment equipment market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 01: Bargaining power of buyers
Exhibit 01: Bargaining power of suppliers
Exhibit 01: Threat of new entrants
Exhibit 01: Threat of substitutes
Exhibit 01: Threat of rivalry
Exhibit 02: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 03: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 04: Comparison by application
Exhibit 05: Process water – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 06: Process water – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 07: Wastewater – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 08: Wastewater – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 09: Market opportunity by application
Exhibit 10: Customer landscape
Exhibit 11: Global water treatment equipment market for the downstream oil and gas industry – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 12: Regional comparison
Exhibit 13: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 14: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 15: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 16: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 17: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 18: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 19: Key leading countries
Exhibit 20: Market opportunity
Exhibit 21: Vendor landscape
Exhibit 22: Landscape disruption
Exhibit 23: Vendors covered
Exhibit 24: Vendor classification
Exhibit 25: Market positioning of vendors
Exhibit 26: Aquatech International – Vendor overview
Exhibit 27: Aquatech International – Organizational developments
Exhibit 28: Aquatech International – Key offerings
Exhibit 29: Evoqua Water Technologies – Vendor overview
Exhibit 30: Evoqua Water Technologies – Business segments
Exhibit 31: Evoqua Water Technologies – Organizational developments
Exhibit 32: Evoqua Water Technologies – Geographical focus
Exhibit 33: Evoqua Water Technologies – Segment focus
Exhibit 34: Evoqua Water Technologies – Key offerings
Exhibit 35: SUEZ – Overview
Exhibit 36: SUEZ – Business segments
Exhibit 37: SUEZ – Organizational developments
Exhibit 38: SUEZ – Geographic focus
Exhibit 39: SUEZ – Segment focus
Exhibit 40: SUEZ – Key offerings
Exhibit 41: The Dow Chemical Company– Vendor overview
Exhibit 42: The Dow Chemical Company– Business segments
Exhibit 43: The Dow Chemical Company– Organizational developments
Exhibit 44: The Dow Chemical Company– Geographical focus
Exhibit 45: The Dow Chemical Company– Segment focus
Exhibit 46: The Dow Chemical Company– Key offerings
Exhibit 47: Veolia– Vendor overview
Exhibit 48: Veolia – Business segments
Exhibit 49: Veolia – Organizational developments
Exhibit 50: Veolia – Geographical focus
Exhibit 51: Veolia– Segment focus
Exhibit 52: Veolia – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23554
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ゴルフ用距離計の世界市場:レーザー距離計、GPS距離計
    当調査レポートでは、ゴルフ用距離計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフ用距離計の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポータブル超音波装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポータブル超音波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポータブル超音波装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超高速整流器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、超高速整流器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超高速整流器市場規模、用途別(商業、工業、消費財、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Diodes, Infineon Technologies, ON Semiconductor, STMicroelectronics, Vishay Intertechnologyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・超高速整流器の世界市場概要 ・超高速整流器の世界市場環境 ・超高速整流器の世界市場動向 ・超高速整流器の世界市場規模 ・超高速整流器の世界市場:業界構造分析 ・超高速整流器の世界市場:用途別(商業、工業、消費財、自動車、その他) ・超高速整流器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超高速整流器の北米市場規模・予測 ・超高速整流器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・超高速整流器のアジア太平洋市場規模・予測 ・超高速整流器の主要国分析 ・超高速整流 …
  • アミンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アミンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 癒着防止材の世界市場:製品別(合成、天然)、用途別(心血管、神経)、剤型別(フィルム・メッシュ、ゲル)、セグメント予測
    癒着防止材の世界市場は2026年には11億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%以上で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、老齢人口および慢性疾患の有病率の増加が考えられます。また、術後ケアにおいて癒着防止材を使用することの利点に関して意識が高まったことも市場の成長につながっています。本調査レポートでは、癒着防止材の世界市場について調査・分析し、癒着防止材の世界市場動向、癒着防止材の世界市場規模、市場予測、セグメント別癒着防止材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 飲料加工装置の世界市場予測(~2025年)
    飲料加工装置の世界市場は、2019年の182億米ドルから2025年には243億米ドルに達し、この期間中5.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ソフトドリンク、ビール、栄養ドリンクなどの動きの速い消費財への消費支出の増加が考えられます。一方で、電力コストとエネルギーコストの上昇により、市場の成長が阻害されています。当調査レポートでは、飲料加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(醸造装置、ろ過装置、炭酸装置、砂糖溶解装置、ブレンダー・ミキサー、熱交換器)分析、飲料の種類別(アルコール、炭酸、非炭酸、乳製品)分析、飲料加工装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心肺ストレス検査装置の世界市場:CPET装置、ストレスECG、SPECTシステム、ストレス血圧モニター、パルスオキシメーター
    当調査レポートでは、心肺ストレス検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心肺ストレス検査装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プラスチックストラップの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プラスチックストラップの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチックストラップ市場規模、エンドユーザー別(紙・印刷、金属・鉄鋼、繊維・布、レンガ・タイル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Crown Holdings, FROMM Holding, Messersì Packaging, Polychem, TEUFELBERGERなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プラスチックストラップの世界市場概要 ・プラスチックストラップの世界市場環境 ・プラスチックストラップの世界市場動向 ・プラスチックストラップの世界市場規模 ・プラスチックストラップの世界市場:業界構造分析 ・プラスチックストラップの世界市場:エンドユーザー別(紙・印刷、金属・鉄鋼、繊維・布、レンガ・タイル、その他) ・プラスチックストラップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチックストラップの北米市場規模・予測 ・プラスチックスト …
  • 世界の低密度ポリエチレン市場2015
    本調査レポートでは、世界の低密度ポリエチレン市場2015について調査・分析し、低密度ポリエチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナルコレプシー(Narcolepsy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ナルコレプシー(Narcolepsy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ナルコレプシー(Narcolepsy)のフェーズ3治験薬の状況 ・ナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬の市場規模(販売予測) ・ナルコレプシー(Narcolepsy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ナルコレプシー(Narcolepsy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬剤
  • 世界の窒化ガリウム(GaN)基板市場
  • 産業用ロボットの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ロボット市場規模、構成別(定置型、移動型、協働型)分析、積載量別(0~20kg、20~80kg、80~300kg、300~1000kg、1000~3000kg、その他)分析、コンポーネント別(マニピュレーター、センサーデバイス、ロボットツール、ロボット制御ユニット(RCU))分析、カテゴリー別(多関節ロボット、スカラロボット、円筒形ロボット、デカルトロボット・ガントリーロボット・直交交差ロボット、デルタロボット・パラレルロボット、極座標ロボット、双腕ロボット、冗長ロボット、生活支援ロボット、消防ロボット、その他)分析、用途別(溶接、マテリアルハンドリング、産業用材料除去・検査システム、吐出、コーティング、はんだ付け、アイロン、マシンテンディング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用ロボットの世界市場:市場動向分析 ・ 産業用ロボットの世界市場:競争要 …
  • ポリフタルアミド(PPA)の世界市場2017-2021:炭素繊維強化PPA、ガラス繊維強化PPA、ミネラル強化PPA、非強化PPA
    当調査レポートでは、ポリフタルアミド(PPA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリフタルアミド(PPA)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業向け回転装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け回転装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向け回転装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツアナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、展開モード別(オンプレミス、クラウド)、用途別(マーケティング/販売、ビデオ分析、ファンエンゲージメント、チームパフォーマンスとトレーニングスポーツ、プレーヤー分析と健康評価)
    本市場調査レポートではスポーツアナリティクスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(マーケティング/販売、ビデオ分析、ファンエンゲージメント、チームパフォーマンスとトレーニングスポーツ、プレーヤー分析と健康評価)分析、地域別分析、競争状況に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・スポーツアナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・スポーツアナリティクスの世界市場:展開モード別(オンプレミス、クラウド) ・スポーツアナリティクスの世界市場:用途別(マーケティング/販売、ビデオ分析、ファンエンゲージメント、チームパフォーマンスとトレーニングスポーツ、プレーヤー分析と健康評価) ・スポーツアナリティクスの世界市場:地域別 ・競争状況
  • オーストリアの整形外科装置市場見通し
  • 末梢T細胞リンパ腫(Peripheral T-Cell Lymphomas (PTCL)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末梢T細胞リンパ腫(Peripheral T-Cell Lymphomas (PTCL))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末梢T細胞リンパ腫(Peripheral T-Cell Lymphomas (PTCL))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末梢T細胞リンパ腫(Peripheral T-Cell Lymphomas (PTCL))の概要 ・末梢T細胞リンパ腫(Peripheral T-Cell Lymphomas (PTCL))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末梢T細胞リンパ腫(Peripheral T-Cell Lymphomas (PTCL))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • 中国の据置型ガス発電機市場2015
    本調査レポートでは、中国の据置型ガス発電機市場2015について調査・分析し、据置型ガス発電機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パスワード管理の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、パスワード管理の世界市場について調査・分析し、パスワード管理の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・パスワード管理の世界市場規模:アクセス別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:展開モデル別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:種類別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 日本の風力発電市場2016
  • カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場予測(~2022年):単層カーボンナノチューブ、多層カーボンナノチューブ
    当調査レポートでは、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、方法別分析、用途別分析、地域別分析、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タイのK-12教育市場2016-2020
    当調査レポートでは、タイのK-12教育市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイのK-12教育市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞培養用消耗品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、細胞培養用消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、細胞培養用消耗品市場規模、用途別(医薬品・バイオテクノロジー、がん研究、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BD, Corning, Eppendorf, General Electric, Merck KGaA, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・細胞培養用消耗品の世界市場概要 ・細胞培養用消耗品の世界市場環境 ・細胞培養用消耗品の世界市場動向 ・細胞培養用消耗品の世界市場規模 ・細胞培養用消耗品の世界市場:業界構造分析 ・細胞培養用消耗品の世界市場:用途別(医薬品・バイオテクノロジー、がん研究、その他) ・細胞培養用消耗品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・細胞培養用消耗品の北米市場規模・予測 ・細胞培養用消耗品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・細胞培養用消耗品のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 鮮肉梱包の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、鮮肉梱包の世界市場について調査・分析し、鮮肉梱包の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 鮮肉梱包の世界市場:市場動向分析 - 鮮肉梱包の世界市場:競争要因分析 - 鮮肉梱包の世界市場:技術別 真空スキン包装 (VSP) 真空ヒートシール包装 (VTP) ガス置換包装 (MAP) - 鮮肉梱包の世界市場:材料別 金属鮮肉包装 塩化ポリビニリデン (PVDC) 塩化ポリビニール (PVC) ポリエチレン(PE) エチレンビニールアルコール(EVOH) 二軸延伸ポリプロピレンフィルム( BOPP) ポリアミド(PA) ポリプロピレン(PP) その他の材料 - 鮮肉梱包の世界市場:層数別 単層 3層 5層 7層 9層 - 鮮肉梱包の世界市場:流通経路別 百貨店 食料雑貨店 スーパーマーケット ネット販売店 その他の流通経路 - 鮮肉梱包の世界市場:鮮肉種別 豚肉 鶏肉 魚介類 牛肉 その他の鮮肉種 - 鮮肉梱包の世界市場:主要地域別分析 - 鮮肉梱包の北米市場規模(アメリカ市場等) - 鮮肉 …
  • 世界の耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)市場2016
    本調査レポートでは、世界の耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)市場2016について調査・分析し、耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 無水フタル酸の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、無水フタル酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無水フタル酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は無水フタル酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AEKYUNG PETROCHEMICAL、BASF、Exxon Mobil、I G Petrochemicals、MITSUBISHI GAS CHEMICAL等です。
  • 油田用化学品の世界市場:タイプ別(殺生物剤、解乳化剤、界面活性剤、腐食防止剤・スケール防止剤、ポリマー、ゲル化剤・増粘剤、その他)、用途別(掘削液、セメント接着、坑井刺激、改修・仕上げ、石油増進回収、生産用化学品)、地域別予測
    本資料は、油田用化学品の世界市場について調べ、油田用化学品の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(殺生物剤、解乳化剤、界面活性剤、腐食防止剤・スケール防止剤、ポリマー、ゲル化剤・増粘剤、その他)分析、用途別(掘削液、セメント接着、坑井刺激、改修・仕上げ、石油増進回収、生産用化学品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBaker Hughes、Schlumberger Ltd.、Halliburation、Solvay S.A.、Ecolab Inc.、Newpark Resources Inc.、BASF SE、Lubrizol Corporatin、Akzonobel NV、Albemarle Corpなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・油田用化学品の世界市場概要 ・油田用化学品の世界市場環境 ・油田用化学品の世界市場動向 ・油田用化学品の世界市場規模 ・油田用化学品の世界市場規模:タイプ別(殺生物剤、解乳化剤、界面活性剤、腐食防止剤・ス …
  • 作物収穫ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、作物収穫ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、作物収穫ロボット市場規模、製品別(青果、穀物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agrobot, Cerescon, Energid Technologies, FFRobotics, Green Robot Machinery, Harvest Automationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・作物収穫ロボットの世界市場概要 ・作物収穫ロボットの世界市場環境 ・作物収穫ロボットの世界市場動向 ・作物収穫ロボットの世界市場規模 ・作物収穫ロボットの世界市場:業界構造分析 ・作物収穫ロボットの世界市場:製品別(青果、穀物) ・作物収穫ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・作物収穫ロボットの北米市場規模・予測 ・作物収穫ロボットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・作物収穫ロボットのアジア太平洋市場規模・予測 ・作物収穫ロボットの主要国分析 ・ …
  • 気管支炎治療の世界市場
    当調査レポートでは、気管支炎治療の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・気管支炎治療の世界市場:薬品種類別分析/市場規模 ・気管支炎治療の世界市場:治療別分析/市場規模 ・気管支炎治療の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・気管支炎治療の世界市場:地域別分析/市場規模 ・気管支炎治療のアメリカ市場規模予測 ・気管支炎治療のヨーロッパ市場規模予測 ・気管支炎治療のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のバイオプラスチック市場2015
    本調査レポートでは、世界のバイオプラスチック市場2015について調査・分析し、バイオプラスチックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 股・膝整形外科用インプラントの世界市場
    当調査レポートでは、股・膝整形外科用インプラントの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:置換インプラント別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:技術別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:地域別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントのアメリカ市場規模予測 ・股・膝整形外科用インプラントのヨーロッパ市場規模予測 ・股・膝整形外科用インプラントのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ヘリコバクター・ピロリ感染症(Helicobacter Pylori Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヘリコバクター・ピロリ感染症(Helicobacter Pylori Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヘリコバクター・ピロリ感染症(Helicobacter Pylori Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヘリコバクター・ピロリ感染症(Helicobacter Pylori Infections)の概要 ・ヘリコバクター・ピロリ感染症(Helicobacter Pylori Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヘリコバクター・ピロリ感染症(Helicobacter Pylori Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • プラスチックコンジットの世界市場:種類別(硬質導管、可撓性導管)、材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他)、業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他)
    本市場調査レポートではプラスチックコンジットについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(硬質導管、可撓性導管)分析、材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他)分析、業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・プラスチックコンジットの世界市場:種類別(硬質導管、可撓性導管) ・プラスチックコンジットの世界市場:材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他) ・プラスチックコンジットの世界市場:業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他) ・プラスチックコンジットの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • RTD茶飲料およびRTDコーヒーの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、RTD茶飲料およびRTDコーヒーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RTD茶飲料およびRTDコーヒーの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のチタン市場2015
    本調査レポートでは、世界のチタン市場2015について調査・分析し、チタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 路面標示材の世界市場:性能ベース、塗料ベース
    当調査レポートでは、路面標示材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 売買管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、展開方法別、最終用途別(輸送、小売、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、売買管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、売買管理ソフトウェアの世界市場動向、売買管理ソフトウェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別売買管理ソフトウェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエチレンテレフタレート(PET)包装市場規模、包装形態別(フレキシブル包装(軟質包装)、リジッド包装(硬質包装)、その他)分析、形状別(PET(結晶性ポリエチレンテレフタレート)、PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート))分析、製品別(リッド/キャップ、クロージャー、トレイ、バッグ・パウチ、ボトル・ジャー、その他(クラムシェル、カップ))分析、充填技術別(無菌充填、低温充填(コールドフィル)、高温充填(ホットフィル)、その他)分析、エンドユーザー別(医薬品、家庭用品、パーソナルケア用品・化粧品、工業製品、飲料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場:市場動向分析 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場:競争要因分析 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市 …
  • 高耐熱フォームの世界市場:シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォーム
    当調査レポートでは、高耐熱フォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • IoNT(ナノモノのインターネット)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、IoNT(ナノモノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IoNT(ナノモノのインターネット)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、ソリューション別分析、地域別分析、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験質用装置サービスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、実験質用装置サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(修理及びメンテナンス、キャリブレーション、検証)分析、契約別(標準、カスタム)分析、装置別(分析、機器、一般、サポート)分析、サービスプロバイダー別(OEM)分析、実験質用装置サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、実験質用装置サービスの世界市場規模が2019年95億ドルから2024年177億ドルまで年平均13.4%成長すると予測しています。
  • ホログラフィックディスプレイの世界市場2018-2022
    ここ数年で、ホログラフィックディスプレイ技術を導入するエンドユーザーの数が増加しています。この技術はすでに広告、医療、教育、金融分野で使用されています。 今後5年間で、ゲーム、自動車、航空宇宙、防衛、小売業界でも広く使用されると予想されています。 BMWやFordなどの自動車製造業者は、市場で競争力を獲得するために、ホログラフィック技術を製品に使用することにすでに力を入れています。 したがって、様々な分野におけるデジタルホログラフィ技術の使用により、予測期間中に市場成長が促進されると予想されています。 Technavioのアナリストは、ホログラフィックディスプレイの世界市場が2022年までに27%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、HoloTech Switzerland、Holoxica、Vision Optics、RealView Imaging、EON Realityなどです。 当調査レポートでは、ホログラフィックディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホログラフィックディスプレイ市場規模、用途別(商業、政府)分析、技術別(タッ …
  • ホール効果電流センサの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ホール効果電流センサの世界市場について調査・分析し、ホール効果電流センサの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ホール効果電流センサの世界市場規模:技術別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:種類別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:出力別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AWAY、Barracuda、Bluesmart、FUGU LUGGAGE、RADEN、Trunkster等です。
  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)(Lateral Epicondylitis(Tennis Elbow)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における上腕骨外側上顆炎(テニス肘)(Lateral Epicondylitis(Tennis Elbow))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)(Lateral Epicondylitis(Tennis Elbow))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・上腕骨外側上顆炎(テニス肘)(Lateral Epicondylitis(Tennis Elbow))の概要 ・上腕骨外側上顆炎(テニス肘)(Lateral Epicondylitis(Tennis Elbow))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の上腕骨外側上顆炎(テニス肘)(Lateral Epicondylitis(Tennis Elbow))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 …
  • 世界の人的資本管理(HCM)市場:ソフトウェア別(コアHR、応募者追跡システム、HR分析、従業員管理)、サービス別、展開種類別(クラウド、オンプレミス)、組織規模別、地域別
    MarketsandMarkets社は、人的資本管理(HCM)の世界市場規模が2019年167億ドルから2024年265億ドルまで年平均9.7%成長すると予測しています。本書は、世界の人的資本管理(HCM)市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、政府、製造、通信およびIT、消費財および小売、ヘルスケアおよびライフサイエンス、エネルギーおよびユーティリティ、輸送および物流、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の人的資本管理(HCM)市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・世界の人的資本管理(HCM)市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド) ・世界の人的資本管理(HCM)市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・世界の人的資本管理(HCM)市場:業種別(BFSI、政府、製造、通信およびIT、消費財および …
  • 電子辞書の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電子辞書の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子辞書の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"