"気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23805)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
For bettering the public understanding of the disease, many government as well as non-government agencies are taking initiatives to improve public awareness of bronchitis. Many organizations suggest not to treat acute bronchitis with antibiotics, as such drugs are not indicated for diseases like acute bronchitis. Moreover, there are a few not-for-profit foundations on asthma and other respiratory illnesses, such as the Asthma Foundation, which offer support to patients. Asthma Foundation focuses on increasing the awareness of respiratory illnesses, funds research for better treatments, and provides education on best practices. Such initiatives for generating awareness of bronchitis among patients and physicians will result in better diagnosis of bronchitis and help in the global market’s growth. Technavio’s analysts have predicted that the bronchitis drugs market will register a CAGR of close to 4% by 2022.
Market Overview
Strong pipeline
Bronchitis treatment has a strong pipeline due to the extensive R&D in this field. Currently, the bronchitis treatment pipeline has around 6 trials in phase I, phase II, and phase III, in which 3 are in phase III. There are a few promising molecules in the pipeline for indications such as acute and chronic bronchitis.
High economics burden of bronchitis
Incomplete or inaccurate diagnosing of chronic bronchitis can have a substantial impact on healthcare costs, resulting in a higher economic burden for people with the disease.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the bronchitis drugs market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The bronchitis drugs market is moderately fragmented with the presence of several bronchitis drug manufacturers. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: PIPELINE ANALYSIS
• Bronchitis pipeline
PART 06: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 07: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 08: SEGMENTATION BY DRUG TYPE
• Antibiotics
• Anti-inflammatory drugs
• Bronchodilators
• Mucolytics
PART 09: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Acute bronchitis – Market size and forecast 2017-2022
• Chronic bronchitis – Market size and forecast 2017-2022
Market opportunity by application
PART 10: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 11: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 12: DECISION FRAMEWORK
PART 13: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 14: MARKET TRENDS
• High use of antibiotics for bronchitis treatment
• Use of off-label drugs for bronchitis
PART 15: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 16: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• AstraZeneca
• GlaxoSmithKline
• Novartis
• Sanofi
PART 17: APPENDIX
• List of abbreviations



Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global respiratory drugs market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Pipeline drugs for bronchitis 2017-2018
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global bronchitis drugs market – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 10: Global bronchitis drugs market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: LABAs with their respective time of onset of action and duration of action
Exhibit 20: Global bronchitis drugs market by application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 21: Comparison by application
Exhibit 22: Acute bronchitis – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Acute bronchitis – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: US FDA-approved LABAs and LAMAs FDC
Exhibit 25: Chronic bronchitis – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 26: Chronic bronchitis – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Market opportunity by application
Exhibit 28: Customer landscape
Exhibit 29: Global bronchitis drugs market by geography – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 30: Regional comparison
Exhibit 31: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 32: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 34: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 35: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Top 3 countries in Americas
Exhibit 37: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 38: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: Top 3 countries in APAC
Exhibit 40: Market opportunity
Exhibit 41: Late-stage pipeline drugs for bronchitis 2017-2018
Exhibit 42: Vendor landscape
Exhibit 43: Landscape disruption
Exhibit 44: Vendors covered
Exhibit 45: Vendor classification
Exhibit 46: Market positioning of vendors
Exhibit 47: AstraZeneca: An overview
Exhibit 48: AstraZeneca – Business segments
Exhibit 49: AstraZeneca – Organizational developments
Exhibit 50: AstraZeneca – Geographic focus
Exhibit 51: AstraZeneca – Key offerings
Exhibit 52: GlaxoSmithKline: An overview
Exhibit 53: GlaxoSmithKline – Business segments
Exhibit 54: GlaxoSmithKline – Organizational developments
Exhibit 55: GlaxoSmithKline – Geographic focus
Exhibit 56: GlaxoSmithKline – Segment focus
Exhibit 57: GlaxoSmithKline – Key offerings
Exhibit 58: Novartis: An overview
Exhibit 59: Novartis – Business segments
Exhibit 60: Novartis – Organizational developments
Exhibit 61: Novartis – Geographic focus
Exhibit 62: Novartis – Segment focus
Exhibit 63: Novartis – Key offerings
Exhibit 64: Sanofi: An overview
Exhibit 65: Sanofi – Business segments
Exhibit 66: Sanofi – Organizational developments
Exhibit 67: Sanofi – Geographic focus
Exhibit 68: Sanofi – Segment focus
Exhibit 69: Sanofi– Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬
【発行日】2018年12月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23805
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用エアレスタイヤの世界市場:種類別(ラジアル、バイアス)、車両別(二輪車、小型商用車、大型商用車、乗用車)、地域別予測
    本資料は、自動車用エアレスタイヤの世界市場について調べ、自動車用エアレスタイヤの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ラジアル、バイアス)分析、車両別(二輪車、小型商用車、大型商用車、乗用車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBridgestone Corporation、The Goodyear Tyre & Rubber Company、Continental AG、MICHELIN、Pirelli Tyre S.P.A.、Sumitomo Rubber Industries Ltd.、Hankook Tire Co. Ltd.、CST、Yokohama Tire Corporation、SciTech Industriesなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用エアレスタイヤの世界市場概要 ・自動車用エアレスタイヤの世界市場環境 ・自動車用エアレスタイヤの世界市場動向 ・自動車用エアレスタイヤの世界市場規模 ・自動車用エアレスタイ …
  • 世界の点滴報知機市場2015
    本調査レポートでは、世界の点滴報知機市場2015について調査・分析し、点滴報知機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの食品小売市場2016-2020
    当調査レポートでは、サウジアラビアの食品小売市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サウジアラビアの食品小売市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場分析:システム別(ベーシック、パフォーマンス)、車両別(乗用車、商用車)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場について調査・分析し、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場動向、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場規模、市場予測、セグメント別コールドエンド排気装置のアフターマーケット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ラボラトリーオートメーションシステム市場規模、エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、臨床検査研究所、学術・研究機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場概要 ・ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場環境 ・ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場動向 ・ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場規模 ・ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場:業界構造分析 ・ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場:エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、臨床検査研究所、学術・研究機関) ・ラボラトリーオートメーションシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ラボラトリーオートメーションシステムの北米市場規模・予測 ・ラボラトリーオートメーションシステムのヨ …
  • 世界の界面活性剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の界面活性剤市場2016について調査・分析し、界面活性剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリマー系ナノコンポジットの世界市場
    当調査レポートでは、ポリマー系ナノコンポジットの世界市場について調査・分析し、ポリマー系ナノコンポジットの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ポリマー系ナノコンポジットの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ポリマー系ナノコンポジットの世界市場:セグメント別市場分析 ・ポリマー系ナノコンポジットの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬剤
  • 世界のライター市場2016
    本調査レポートでは、世界のライター市場2016について調査・分析し、ライターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ディジタイザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディジタイザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディジタイザーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 採掘トラックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、採掘トラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、採掘トラックの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は採掘トラックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.90%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Caterpillar• Hitachi Construction Machinery• Komatsu• Liebherr• Terex Trucks等です。
  • eディスカバリソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、eディスカバリソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、eディスカバリソフトウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 白血病治療薬の世界市場:慢性リンパ性白血病、急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病
    当調査レポートでは、白血病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、白血病治療薬の世界市場規模及び予測、疾患種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドネシアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動車用フィルムの世界市場分析:カラーフィルム、塗装保護フィルム、NVHフィルム、ラップフィルム
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、自動車用フィルムの世界市場について調査・分析し、自動車用フィルムの世界市場動向、自動車用フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 農業用アジュバントの世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、農業用アジュバントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機能別(アクティベーター及びユーティリティ)分析、用途別(除草剤、殺虫剤、および殺菌剤)分析、製剤別(懸濁液濃縮物及び乳化性濃縮物)分析、農業用アジュバントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、農業用アジュバントの世界市場規模が2019年33億ドルから2026年年47億ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。
  • 世界の建設用化学添加物市場:可塑剤、高流動化剤、空気連行剤、防水材、均染剤、シーラント
  • クロムの世界市場2014-2025:用途別(冶金、化学品、耐火材)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、中南米、中東・アフリカ)
    本調査レポートでは、クロムの世界市場について調査・分析し、クロムの世界市場動向、クロムの世界市場規模、市場予測、セグメント別クロム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の医療用ウォーターチラー市場2016
    本調査レポートでは、世界の医療用ウォーターチラー市場2016について調査・分析し、医療用ウォーターチラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ用品用複合材料の世界市場:炭素繊維、ガラス繊維、その他
    当調査レポートでは、スポーツ用品用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験用遠心分離機の世界市場:微量遠心機、多目的遠心機、床置型遠心機、超遠心機
    当調査レポートでは、実験用遠心分離機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 装甲戦闘車両の世界市場予測2019-2024
    「装甲戦闘車両の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、APC、IFV、MRAP、MBT、その他など、用途別には、Military、Commercialなどに区分してまとめた調査レポートです。装甲戦闘車両のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・装甲戦闘車両の世界市場概要(サマリー) ・装甲戦闘車両の企業別販売量・売上 ・装甲戦闘車両の企業別市場シェア ・装甲戦闘車両の世界市場規模:種類別(APC、IFV、MRAP、MBT、その他) ・装甲戦闘車両の世界市場規模:用途別(Military、Commercial) ・装甲戦闘車両の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・装甲戦闘車両のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・装甲戦闘車両の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・装甲戦闘車両の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・装甲戦 …
  • ドイツのポリプロピレン市場(~2019)
  • 遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、特性別分析、技術別分析、作物別分析、地域別分析、遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • 世界のグレープシードオイル市場:種類別、地域別
    本調査レポートはグレープシードオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(機械的抽出、化学的抽出)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・グレープシードオイルの世界市場:種類別(機械的抽出、化学的抽出) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの概要 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スロットマシンの世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「スロットマシンの世界市場2020-2024」は、スロットマシンについて市場概要、市場規模、製品別(デジタル、メカニカル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スロットマシンの世界市場:製品別(デジタル、メカニカル) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界及び日本の回転式ハンマー市場2017-2022
  • クラウドDVRの世界市場2018-2022
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クラウドDVRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドDVRの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドDVRの世界市場が2018-2022年期間中に年平均26.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ARRIS International, 、Cisco Systems, 、Ericsson,、Nokia等です。
  • ゼオライトの世界市場分析:製品別(天然、合成)、用途別(触媒、吸着剤、洗剤増強剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ゼオライトの世界市場について調査・分析し、ゼオライトの世界市場動向、ゼオライトの世界市場規模、市場予測、セグメント別ゼオライト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 日本の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 超音波欠陥検出器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超音波欠陥検出器の世界市場について調査・分析し、超音波欠陥検出器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超音波欠陥検出器シェア、市場規模推移、市場規模予測、超音波欠陥検出器種類別分析(従来型、フェイズドアレイ型、TOFD型)、超音波欠陥検出器用途別分析(エネルギー、航空宇宙、石油・ガス、製造・機械、自動車、鉄道)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超音波欠陥検出器の市場概観 ・超音波欠陥検出器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超音波欠陥検出器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超音波欠陥検出器の世界市場規模 ・超音波欠陥検出器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超音波欠陥検出器のアメリカ市場規模推移 ・超音波欠陥検出器のカナダ市場規模推移 ・超音波欠陥検出器のメキシコ市場規模推移 ・超音波欠陥検出器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・超音波欠陥検出器のドイツ市場規模推移 ・超音波欠陥検出器のイギリス市 …
  • ホスフィン燻蒸剤の世界市場予測(~2022年):リン化アルミニウム、リン化マグネシウム、リン化カルシウム
    当調査レポートでは、ホスフィン燻蒸剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、ホスフィン燻蒸剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳インプラントの世界市場:SCSシステム、DBSシステム、VNSシステム
    当調査レポートでは、脳インプラントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳インプラント市場規模、製品別(SCSシステム、DBSシステム、VNSシステム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Boston Scientific, LivaNova, Medtronicなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脳インプラントの世界市場概要 ・脳インプラントの世界市場環境 ・脳インプラントの世界市場動向 ・脳インプラントの世界市場規模 ・脳インプラントの世界市場:業界構造分析 ・脳インプラントの世界市場:製品別(SCSシステム、DBSシステム、VNSシステム) ・脳インプラントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳インプラントの北米市場規模・予測 ・脳インプラントのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・脳インプラントのアジア太平洋市場規模・予測 ・脳インプラントの主要国分析 ・脳インプラントの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • マイクロ流体の世界市場予測
  • 自動車用インテリジェントタイヤの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用インテリジェントタイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用インテリジェントタイヤの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メープルウォーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、メープルウォーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メープルウォーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)のフェーズ3治験薬の状況 ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬の市場規模(販売予測) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬剤
  • クラウド・セキュリティーの世界市場
    当調査レポートでは、クラウド・セキュリティーの世界市場について調査・分析し、クラウド・セキュリティーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アメリカの血漿交換療法(TPE)市場予測(~2021)
  • 血管性浮腫(Angioedema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血管性浮腫(Angioedema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血管性浮腫(Angioedema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血管性浮腫(Angioedema)の概要 ・血管性浮腫(Angioedema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血管性浮腫(Angioedema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管性浮腫(Angioedema)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血 …
  • アグリゲノミクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アグリゲノミクスの世界市場について調査・分析し、アグリゲノミクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アグリゲノミクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、アグリゲノミクス種類別分析(イルミナHiSeq、サンガーシーケンサー、PacBioシーケンサー、SOLiDシーケンサー、その他)、アグリゲノミクス用途別分析(穀物、家畜)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アグリゲノミクスの市場概観 ・アグリゲノミクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アグリゲノミクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アグリゲノミクスの世界市場規模 ・アグリゲノミクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アグリゲノミクスのアメリカ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのカナダ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのメキシコ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アグリゲノミクスのドイツ市場規模推移 ・アグリゲノミクス …
  • 世界のマグネシウムはリグノスルホン酸塩市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウムはリグノスルホン酸塩市場2015について調査・分析し、マグネシウムはリグノスルホン酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用ケトル・ブレージングパン市場規模、製品別(業務用ケトル、ブレージングパン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場概要 ・業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場環境 ・業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場動向 ・業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場規模 ・業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場:業界構造分析 ・業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場:製品別(業務用ケトル、ブレージングパン) ・業務用ケトル・ブレージングパンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用ケトル・ブレージングパンの北米市場規模・予測 ・業務用ケトル・ブレージングパンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・業務用ケトル・ブレージングパンのアジア太平洋市場規模・予測 ・業務用ケトル・ブレージングパンの主要国分析 …
  • 空港充電ステーションの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、空港充電ステーションの世界市場について調査・分析し、空港充電ステーションの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別空港充電ステーションシェア、市場規模推移、市場規模予測、空港充電ステーション種類別分析(スタンド型、エンベッド型、壁掛け型)、空港充電ステーション用途別分析(ノート型パソコン、携帯電話、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・空港充電ステーションの市場概観 ・空港充電ステーションのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・空港充電ステーションのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・空港充電ステーションの世界市場規模 ・空港充電ステーションの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・空港充電ステーションのアメリカ市場規模推移 ・空港充電ステーションのカナダ市場規模推移 ・空港充電ステーションのメキシコ市場規模推移 ・空港充電ステーションのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・空港充電ステーションのドイツ市場規模推移 …
  • 世界のりん酸肥料市場2015
    本調査レポートでは、世界のりん酸肥料市場2015について調査・分析し、りん酸肥料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート農業用IoTの世界市場:タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(給水管理、精密農業、総合防除・管理)、地域別予測
    本資料は、スマート農業用IoTの世界市場について調べ、スマート農業用IoTの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、用途別(給水管理、精密農業、総合防除・管理)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco、IBM、Kaalot Technologies、Oracle、Trimble、Virtus Nutrition、John Deere、Precision Planting、Accenture、AGCO、Auroras、CEMA、DigiReach、Libelium、Link Labsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート農業用IoTの世界市場概要 ・スマート農業用IoTの世界市場環境 ・スマート農業用IoTの世界市場動向 ・スマート農業用IoTの世界市場規模 ・スマート農業用IoTの世界市場規模:タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・スマート農業用IoTの世界市場規模:用途別 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"