"気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23805)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
For bettering the public understanding of the disease, many government as well as non-government agencies are taking initiatives to improve public awareness of bronchitis. Many organizations suggest not to treat acute bronchitis with antibiotics, as such drugs are not indicated for diseases like acute bronchitis. Moreover, there are a few not-for-profit foundations on asthma and other respiratory illnesses, such as the Asthma Foundation, which offer support to patients. Asthma Foundation focuses on increasing the awareness of respiratory illnesses, funds research for better treatments, and provides education on best practices. Such initiatives for generating awareness of bronchitis among patients and physicians will result in better diagnosis of bronchitis and help in the global market’s growth. Technavio’s analysts have predicted that the bronchitis drugs market will register a CAGR of close to 4% by 2022.
Market Overview
Strong pipeline
Bronchitis treatment has a strong pipeline due to the extensive R&D in this field. Currently, the bronchitis treatment pipeline has around 6 trials in phase I, phase II, and phase III, in which 3 are in phase III. There are a few promising molecules in the pipeline for indications such as acute and chronic bronchitis.
High economics burden of bronchitis
Incomplete or inaccurate diagnosing of chronic bronchitis can have a substantial impact on healthcare costs, resulting in a higher economic burden for people with the disease.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the bronchitis drugs market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The bronchitis drugs market is moderately fragmented with the presence of several bronchitis drug manufacturers. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: PIPELINE ANALYSIS
• Bronchitis pipeline
PART 06: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 07: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 08: SEGMENTATION BY DRUG TYPE
• Antibiotics
• Anti-inflammatory drugs
• Bronchodilators
• Mucolytics
PART 09: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Acute bronchitis – Market size and forecast 2017-2022
• Chronic bronchitis – Market size and forecast 2017-2022
Market opportunity by application
PART 10: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 11: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 12: DECISION FRAMEWORK
PART 13: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 14: MARKET TRENDS
• High use of antibiotics for bronchitis treatment
• Use of off-label drugs for bronchitis
PART 15: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 16: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• AstraZeneca
• GlaxoSmithKline
• Novartis
• Sanofi
PART 17: APPENDIX
• List of abbreviations



Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global respiratory drugs market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Pipeline drugs for bronchitis 2017-2018
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global bronchitis drugs market – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 10: Global bronchitis drugs market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: LABAs with their respective time of onset of action and duration of action
Exhibit 20: Global bronchitis drugs market by application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 21: Comparison by application
Exhibit 22: Acute bronchitis – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Acute bronchitis – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: US FDA-approved LABAs and LAMAs FDC
Exhibit 25: Chronic bronchitis – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 26: Chronic bronchitis – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Market opportunity by application
Exhibit 28: Customer landscape
Exhibit 29: Global bronchitis drugs market by geography – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 30: Regional comparison
Exhibit 31: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 32: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 34: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 35: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Top 3 countries in Americas
Exhibit 37: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 38: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: Top 3 countries in APAC
Exhibit 40: Market opportunity
Exhibit 41: Late-stage pipeline drugs for bronchitis 2017-2018
Exhibit 42: Vendor landscape
Exhibit 43: Landscape disruption
Exhibit 44: Vendors covered
Exhibit 45: Vendor classification
Exhibit 46: Market positioning of vendors
Exhibit 47: AstraZeneca: An overview
Exhibit 48: AstraZeneca – Business segments
Exhibit 49: AstraZeneca – Organizational developments
Exhibit 50: AstraZeneca – Geographic focus
Exhibit 51: AstraZeneca – Key offerings
Exhibit 52: GlaxoSmithKline: An overview
Exhibit 53: GlaxoSmithKline – Business segments
Exhibit 54: GlaxoSmithKline – Organizational developments
Exhibit 55: GlaxoSmithKline – Geographic focus
Exhibit 56: GlaxoSmithKline – Segment focus
Exhibit 57: GlaxoSmithKline – Key offerings
Exhibit 58: Novartis: An overview
Exhibit 59: Novartis – Business segments
Exhibit 60: Novartis – Organizational developments
Exhibit 61: Novartis – Geographic focus
Exhibit 62: Novartis – Segment focus
Exhibit 63: Novartis – Key offerings
Exhibit 64: Sanofi: An overview
Exhibit 65: Sanofi – Business segments
Exhibit 66: Sanofi – Organizational developments
Exhibit 67: Sanofi – Geographic focus
Exhibit 68: Sanofi – Segment focus
Exhibit 69: Sanofi– Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬
【発行日】2018年12月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23805
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 携帯型分析装置の世界市場:pH計、導電率計、抵抗率計、溶存炭酸ガス計、溶存酸素計、分光計、屈折計、滴定装置、ガス分析計、測色計、TOC計(全有機体炭素計)、熱分析装置
    当調査レポートでは、携帯型分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、技術別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高強度ポリエステル糸市場2016
    本調査レポートでは、世界の高強度ポリエステル糸市場2016について調査・分析し、高強度ポリエステル糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 海洋掘削の世界市場予測:請負掘削、傾斜掘り、掘削中検層(LWD)
  • ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)複合材料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)複合材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)複合材料市場規模、樹脂種類別(ポリウレタン、ポリエステル、熱可塑性物質、ビニルエステル、エポキシ、その他)分析、原料別(熱可塑性樹脂、ガラス繊維、賦形剤、熱硬化性樹脂、その他)分析、製造工程(圧縮・注入、手作業、連続工程、引出工程、レイアップ工程、その他)分析、エンドユーザー別(パイプ・タンク、航空・防衛、電気製品・電化製品、海洋、輸送、風力発電、建設・インフラストラクチャー、代替エネルギー、インフラストラクチャー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)複合材料の世界市場:市場動向分析 ・ ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)複合材料の世界市場:競争要因分析 ・ ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)複合材料の世界市場:樹脂種類別(ポリウレタン、ポ …
  • 熱伝導材料の世界市場:放熱パッド、放熱グリス、相変化物質、填隙剤、金属TIMS
    当調査レポートでは、熱伝導材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・熱伝導材料の世界市場:種類別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:材料別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・熱伝導材料のアメリカ市場規模予測 ・熱伝導材料のヨーロッパ市場規模予測 ・熱伝導材料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 個人用保護具(PPE)の世界市場分析:製品別(頭部、目と顔の保護、聴覚保護、保護服、呼吸保護、保護フットウェア、秋の保護、手の保護)、エンドユーザー別(建設、製造石油・ガス、化学薬品、食品、医薬品、輸送)、セグメント予測
    本調査レポートでは、個人用保護具(PPE)の世界市場について調査・分析し、個人用保護具(PPE)の世界市場動向、個人用保護具(PPE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別個人用保護具(PPE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軍用機近代化・アップグレード・改造の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍用機近代化・アップグレード・改造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機近代化・アップグレード・改造の世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の外科用シーラント及び接着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の外科用シーラント及び接着剤市場2015について調査・分析し、外科用シーラント及び接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • UV接着剤の世界市場予測(~2021年):アクリル樹脂、シアノアクリレート樹脂、エポキシ樹脂、シリコーン樹脂、ポリウレタン樹脂
    当調査レポートでは、UV接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、UV接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の世界市場について調査・分析し、絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)シェア、市場規模推移、市場規模予測、絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)種類別分析(モジュール、分離)、絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)用途別分析(産業用ドライブ、消費財、自動車、再生可能エネルギー、牽引)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の市場概観 ・絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の世界市場規模 ・絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・絶縁ゲートバイポーラトラン …
  • ポリヒドロキシアルカン酸の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ポリヒドロキシアルカン酸の世界市場規模が2017年782億ドルから2026年1357.8億ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ポリヒドロキシアルカン酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリヒドロキシアルカン酸市場規模、製品種類別(PHAコポリマー、PHAモノマー、PHAターポリマー、リニアPHA)分析、製造技術別(バクテリア発酵、生合成、酵素触媒)分析、用途別(農業、包装、バイオメディカル、食品サービス、消費財)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ポリヒドロキシアルカン酸の世界市場:市場動向分析 ・ ポリヒドロキシアルカン酸の世界市場:競争要因分析 ・ ポリヒドロキシアルカン酸の世界市場:製品種類別(PHAコポリマー、PHAモノマー、PHAターポリマー、リニアPHA) ・ ポリヒドロキシアルカン酸の世界市場:製造技術別(バクテリア発酵、生合成、酵素触媒) ・ ポ …
  • 種子の化学処理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、種子の化学処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子の化学処理市場規模、用途別(化学品)分析、作物別(油糧種子、穀物、その他) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 種子の化学処理の世界市場:市場動向分析 ・ 種子の化学処理の世界市場:競争要因分析 ・ 種子の化学処理の世界市場:用途別(化学品) ・ 種子の化学処理の世界市場:作物別(油糧種子、穀物、その他) ・ 種子の化学処理の世界市場:主要地域別分析 ・ 種子の化学処理の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 種子の化学処理のヨーロッパ市場規模 ・ 種子の化学処理のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・種子の化学処理の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • オーロラキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオーロラキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オーロラキナーゼ阻害剤の概要 ・オーロラキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオーロラキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オーロラキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オーロラキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の太陽電池用接続箱市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽電池用接続箱市場2015について調査・分析し、太陽電池用接続箱の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心血管情報システム(CVIS)の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、心血管情報システム(CVIS)の世界市場について調査・分析し、心血管情報システム(CVIS)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・心血管情報システム(CVIS)の世界市場規模:オペレーションモード別分析 ・心血管情報システム(CVIS)の世界市場規模:システム種類別分析 ・心血管情報システム(CVIS)の世界市場規模:用途別分析 ・心血管情報システム(CVIS)の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・心血管情報システム(CVIS)の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・心血管情報システム(CVIS)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • メキシコの病院用品市場(~2021)
  • 電着塗装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電着塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電着塗装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療の世界市場2014-2025:治療別(化学療法、ハイパーCVAD、リンカーレジメン、標的療法、放射線療法)
    本調査レポートでは、急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療の世界市場について調査・分析し、急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療の世界市場動向、急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トルコの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 世界のはんだごて市場2015
    本調査レポートでは、世界のはんだごて市場2015について調査・分析し、はんだごての世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用ワクチンの世界市場予測(~2022年):種類、疾患、技術別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、動物用ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、疾患別分析、技術別分析、地域別分析、動物用ワクチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫酸カルシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の硫酸カルシウム市場2016について調査・分析し、硫酸カルシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のNitric Acid市場2015
    本調査レポートでは、中国のNitric Acid市場2015について調査・分析し、Nitric Acidの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星トランスポンダの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、衛星トランスポンダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、帯域幅別分析、用途別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接ワイヤーの世界市場
    当調査レポートでは、溶接ワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接ワイヤーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • K-12インターナショナルスクールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、K-12インターナショナルスクールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、K-12インターナショナルスクールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場見通し2016-2022:ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリアミド(PA)、ポリプロピレン(PP)、ポリウレタン(PU)、ポリエチレン(PE)、ポリカーボネート(PC)、アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン(ABS)、ポリビニルブチラール(PVB)、その他材料
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:市場動向分析 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:競争要因分析 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:材料別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:用途別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:地域別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの北米市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの欧州市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックのアジア市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 工業用ファスナーの世界市場分析:製品別(外部ネジ、航空宇宙グレード、その他標準ファスナー)、用途別(自動車OEM、機械OEM、その他OEM、MRO、建設)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、工業用ファスナーの世界市場について調査・分析し、工業用ファスナーの世界市場動向、工業用ファスナーの世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用ファスナー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イベント管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、イベント管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソフトウェア(イベント登録および発券ソフトウェア、イベントプランニングソフトウェア、イベントマーケティングソフトウェア)およびサービス)分析、展開タイプ別分析、組織サイズ別分析、エンドユーザー別分析、イベント管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、イベント管理ソフトウェアの世界市場規模が2019年57億万ドルから2024年114億万ドルまで年平均15.0%成長すると予測しています。
  • 衛星電話の世界市場2018-2022
    衛星電話ユーザーインターフェースの登場に伴い、新しい航空機の需要が高まっています。 衛星電話は通常、非常に基本的なインターフェースと外観となっています。 しかし技術革新により、ハードウェアコンポーネントを修正し衛星電話インタフェースを改善することが期待されています。 例えば、スラヤテレコミュニケーションは、スマートフォンのような機能を衛星電話機能と統合した衛星スマートフォンであるX-5 Touchを発表しました。 Andriodオペレーティングシステム上で動作し、従来の衛星電話に比べて大きなディスプレイ画面となっています。 Technavioのアナリストは、衛星電話の世界市場が2022年までにほぼ2%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、China Telecom、Globalstar、Inmarsat、Iridium Communications、Satcom Globalなどです。 当調査レポートでは、衛星電話の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、衛星電話市場規模、エンドユーザー別(政府、エネルギー、航空宇宙、海洋、その他)分析、市場動向、競争環 …
  • 加工助剤(PA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、加工助剤(PA)の世界市場について調査・分析し、加工助剤(PA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別加工助剤(PA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、加工助剤(PA)種類別分析(ポリマー、アクリル)、加工助剤(PA)用途別分析(管/配管用器具、プロファイル・ホース/チュービング、リジッドフィルム/シート、ケーブル、 その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・加工助剤(PA)の市場概観 ・加工助剤(PA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・加工助剤(PA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・加工助剤(PA)の世界市場規模 ・加工助剤(PA)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・加工助剤(PA)のアメリカ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のカナダ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のメキシコ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・加工助剤(PA)のドイツ市場規模推移 ・加工助剤( …
  • サシェ包装の世界市場2017-2021:消費財、食品業界、ヘルスケア、工業用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、サシェ包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サシェ包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はサシェ包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmcor、Bemis、Coveris、Mondi、Sealed Air等です。
  • 世界のタヒニ市場2015
    本調査レポートでは、世界のタヒニ市場2015について調査・分析し、タヒニの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車向け自動タイヤ空気圧調整システム(ATIS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車向け自動タイヤ空気圧調整システム(ATIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車向け自動タイヤ空気圧調整システム(ATIS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステンレス流し台市場2016
    本調査レポートでは、世界のステンレス流し台市場2016について調査・分析し、ステンレス流し台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッドライト制御モジュールの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、ヘッドライト制御モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別(ハロゲン、LED、キセノン)分析、用途別(オン/オフ、ベンディング/コーナリング、ハイビームアシスト、ヘッドライトレベリング)分析、車両種類別分析、乗用車セグメント別分析、ヘッドライト制御モジュールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ヘッドライト制御モジュールの世界市場規模が2019年36億ドルから2027年50億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • ノンアルコール飲料の世界市場2014-2025:製品別(CSD、果汁飲料、ボトル入り水、機能性飲料、スポーツ飲料)、流通経路別
    本調査レポートでは、ノンアルコール飲料の世界市場について調査・分析し、ノンアルコール飲料の世界市場動向、ノンアルコール飲料の世界市場規模、市場予測、セグメント別ノンアルコール飲料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 光ファイバー及びアクセサリーのインド市場:コンポーネント別、ケーブルカテゴリー別、エンドユーズ別
  • 石油・ガス産業用バルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業用バルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空管制(ATC)の世界市場予測(~2022年):ATCSCC、ARTCC、TRACON、ATCT、FSS
    当調査レポートでは、航空管制(ATC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、領空別分析、用途別分析、分野別分析、地域別分析、航空管制(ATC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属鋳造の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、金属鋳造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属鋳造の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • デジタルマーケティング費の世界市場:タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、メール広告、その他)、用途別(デスクトップ、モバイル)、地域別予測
    本資料は、デジタルマーケティング費の世界市場について調べ、デジタルマーケティング費の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、メール広告、その他)分析、用途別(デスクトップ、モバイル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはComcast、AT&T、P&G、Verizon、General Motors、American Express、Fiat Chrysler、Ford、Johnson & Johnson、JPMorgan Chase、L’Oréal、Nissan、Pfizer、Toyota、Unileverなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルマーケティング費の世界市場概要 ・デジタルマーケティング費の世界市場環境 ・デジタルマーケティング費の世界市場動向 ・デジタルマーケティング費の世界市場規模 ・デジタルマーケティング費の世界市場規模:タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシ …
  • 世界のパラフィンワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のパラフィンワックス市場2015について調査・分析し、パラフィンワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のチラーユニット市場2016
    本調査レポートでは、世界のチラーユニット市場2016について調査・分析し、チラーユニットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場分析:自動車用、航空機用、ウェアラブル
    本調査レポートでは、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場動向、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘッドアップディスプレイ(HUD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ホーム・エネルギー管理システム(HEMS)の世界市場:制御デバイス、ディスプレイ、通信デバイス
    当調査レポートでは、ホーム・エネルギー管理システム(HEMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、デバイス別分析、通信技術別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティにおけるIoT(モノのインターネット)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、スマートシティにおけるIoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクロスラミネートティンバー市場規模・予測2017-2025:種類別(接着接合型・機械接合型)、地域別(北米、太平洋アジア、ヨーロッパ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクロスラミネートティンバー市場について調査・分析し、世界のクロスラミネートティンバー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクロスラミネートティンバー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"