"臭素化難燃剤の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30446)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"臭素化難燃剤の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Preference for environment-friendly flame retardants to drive growth in the market. Manufacturers of flame retardants are developing non-toxic flame retardants for certain applications. Technavio’s analysts have predicted that the brominated flame retardants market will register a CAGR of almost 4% by 2023.
Market Overview
High demand from electronics and electric industry
In the electronics and electrical industry, brominated flame retardants are widely used in electronic castings, circuit processing, printed circuit boards, and other electrical components.
Toxicity of brominated flame retardants
Even though brominated flame retardants exhibit several characteristic properties and are used in different end-use applications, they can severely damage the environment and human health.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the brominated flame retardants market during the 2019-2023, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including LANXESS and Velsicol Chemical the competitive environment is quite intense. Factors such as the high demand from electronics and electric industry and the expansion of aircraft manufacturing facilities, will provide considerable growth opportunities to brominated flame retardants manufactures. Akzo Nobel, Albemarle, ICL, Jiangsu Yoke Technology, LANXESS, and Velsicol Chemical are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"臭素化難燃剤の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Market segmentation by end-user
• Comparison by end-user
• Electrical and electronics – Market size and forecast 2018-2023
• Construction – Market size and forecast 2018-2023
• Transportation – Market size and forecast 2018-2023
• Others – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by end-user
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: TRENDS
• Preference for environment-friendly flame retardants
• Increasing production of halogen-free flame retardants
• M&A will increase demand
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Akzo Nobel
• Albemarle
• ICL
• Jiangsu Yoke Technology
• LANXESS
• Velsicol Chemical
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO

Exhibit 01: Global flame-retardant chemicals market
Exhibit 02: Segments of global flame-retardant chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2018
Exhibit 07: Global market: Size and forecast 2018-2023 (thousand t)
Exhibit 08: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 09: Five forces analysis 2018
Exhibit 10: Five forces analysis 2023
Exhibit 11: Bargaining power of buyers
Exhibit 12: Bargaining power of suppliers
Exhibit 13: Threat of new entrants
Exhibit 14: Threat of substitutes
Exhibit 15: Threat of rivalry
Exhibit 16: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 17: End-user – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 18: Comparison by end-user
Exhibit 19: Electrical and electronics – Market size and forecast 2018-2023 (thousand t)
Exhibit 20: Electrical and electronics – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 21: Construction – Market size and forecast 2018-2023 (thousand t)
Exhibit 22: Construction – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 23: Transportation – Market size and forecast 2018-2023 (thousand t)
Exhibit 24: Transportation – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 25: Others – Market size and forecast 2018-2023 (thousand t)
Exhibit 26: Others – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 27: Market opportunity by end-user
Exhibit 28: Customer landscape
Exhibit 29: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 30: Geographic comparison
Exhibit 31: APAC – Market size and forecast 2018-2023 (thousand t)
Exhibit 32: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 33: Americas – Market size and forecast 2018-2023 (thousand t)
Exhibit 34: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 35: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 (thousand t)
Exhibit 36: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 37: Key leading countries
Exhibit 38: Market opportunity
Exhibit 39: Impact of drivers and challenges
Exhibit 40: Vendor landscape
Exhibit 41: Landscape disruption
Exhibit 42: Vendors covered
Exhibit 43: Vendor classification
Exhibit 44: Market positioning of vendors
Exhibit 45: Akzo Nobel – Vendor overview
Exhibit 46: Akzo Nobel – Business segments
Exhibit 47: Akzo Nobel – Organizational developments
Exhibit 48: Akzo Nobel – Geographic focus
Exhibit 49: Akzo Nobel – Segment focus
Exhibit 50: Akzo Nobel – Key offerings
Exhibit 51: Albemarle – Vendor overview
Exhibit 52: Albemarle – Business segments
Exhibit 53: Albemarle – Organizational developments
Exhibit 54: Albemarle – Geographic focus
Exhibit 55: Albemarle – Segment focus
Exhibit 56: Albemarle – Key offerings
Exhibit 57: ICL – Vendor overview
Exhibit 58: ICL – Business segments
Exhibit 59: ICL – Organizational developments
Exhibit 60: ICL – Geographic focus
Exhibit 61: ICL – Segment focus
Exhibit 62: ICL – Key offerings
Exhibit 63: Jangsu Yoke Technology – Vendor overview
Exhibit 64: Jangsu Yoke Technology – Product segments
Exhibit 65: Jangsu Yoke Technology – Key offerings
Exhibit 66: LANXESS – Vendor overview
Exhibit 67: LANXESS – Business segments
Exhibit 68: LANXESS – Organizational developments
Exhibit 69: LANXESS – Geographic focus
Exhibit 70: LANXESS – Segment focus
Exhibit 71: LANXESS – Key offerings
Exhibit 72: Velsicol Chemical – Vendor overview
Exhibit 73: Velsicol Chemical – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】臭素化難燃剤の世界市場2019-2023
【発行日】2018年12月20日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30446
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
臭素化難燃剤の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 液体肥料の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarkets社は、液体肥料の世界市場規模が2019年25億ドルから2025年31億ドルまで年平均3.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、液体肥料の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(窒素、リン、カリウム、微量栄養素)分析、主要化合物別(硝酸カルシウムアンモニウム(CAN)、硝酸尿素アンモニウム(UAN)、硝酸カリウム、リン酸二アンモニウム(DAP)、リン酸一アンモニウム(MAP)、その他)分析、作物種類別(シリアル&穀物、油料&豆類、果物&野菜)分析、施用方法別(土壌、葉、耕作、農地、水耕、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・液体肥料の世界市場:種類別(窒素、リン、カリウム、微量栄養素) ・液体肥料の世界市場:主要化合物別(硝酸カルシウムアンモニウム(CAN)、硝酸尿素アンモニウム(UAN)、硝酸カリウム、リン酸二アンモニウム(DAP)、リン酸一アンモニ …
  • 世界のO-アニシジン市場2016
    本調査レポートでは、世界のO-アニシジン市場2016について調査・分析し、O-アニシジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 精密農業の世界市場
    当調査レポートでは、精密農業の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・精密農業の世界市場:技術種類別分析/市場規模 ・精密農業の世界市場:用途別分析/市場規模 ・精密農業の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・精密農業の世界市場:地域別分析/市場規模 ・精密農業のアメリカ市場規模予測 ・精密農業のヨーロッパ市場規模予測 ・精密農業のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • VRゲームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、VRゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、VRゲームの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 透明バリア包装フィルムの北米市場
    当調査レポートでは、透明バリア包装フィルムの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透明バリア包装フィルムの北米市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の整形外科用外傷固定デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の整形外科用外傷固定デバイス市場2015について調査・分析し、整形外科用外傷固定デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬物乱用検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、薬物乱用検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薬物乱用検査市場規模、製品別(分析装置、免疫分析装置、クロマトグラフ装置、酒気検知器、即時検査装置、尿検査装置、口腔液検査装置、消耗品、液貯留装置、その他)分析、サンプル別(唾液、呼気、尿、血液、毛髪・汗)分析、検査種類別(職場スクリーニング、疼痛管理検査、刑事司法用検査、医療スクリーニング)分析、エンドユーザー別(臨床検査室、法医学研究所、病院、現場検査)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 薬物乱用検査の世界市場:市場動向分析 ・ 薬物乱用検査の世界市場:競争要因分析 ・ 薬物乱用検査の世界市場:製品別(分析装置、免疫分析装置、クロマトグラフ装置、酒気検知器、即時検査装置、尿検査装置、口腔液検査装置、消耗品、液貯留装置、その他) ・ 薬物乱用検査の世界市場:サンプル別(唾液、呼気、尿、血液、毛髪・汗) ・ 薬物乱用検査の世界市場:検査種類別(職場スクリーニング、 …
  • チップレスRFIDタグの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、チップレスRFIDタグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チップレスRFIDタグの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品製剤開発・製造の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、医薬品製剤開発・製造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サービス別(医薬品、生物製剤、医薬品有効成分、錠剤、カプセル、非経口、経口液体)分析、エンドユーザー別(大製薬会社、小製薬会社、ジェネリック製薬、CRO)分析、医薬品製剤開発・製造の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医薬品製剤開発・製造の世界市場規模が2019年900億ドルから2024年1266億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。
  • 世界のシュウ酸リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のシュウ酸リチウム市場2016について調査・分析し、シュウ酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の尿素·過酸化水素市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿素·過酸化水素市場2015について調査・分析し、尿素·過酸化水素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エコーウイルス検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ワニスメーカー・ペインターズナフサ、ミネラルスピリット、ヘキサン、ヘプタン)分析、用途別(塗料・コーティング、クリーニング・脱脂、接着剤、エアロゾル、ゴム・ポリマー)分析、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場規模が2019年46億ドルから2024年52億ドルまで年平均2.7%成長すると予測しています。
  • 船舶用補助エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、船舶用補助エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用補助エンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 後生的糖化エンドプロダクト阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における後生的糖化エンドプロダクト阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・後生的糖化エンドプロダクト阻害剤の概要 ・後生的糖化エンドプロダクト阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の後生的糖化エンドプロダクト阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・後生的糖化エンドプロダクト阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・後生的糖化エンドプロダクト阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のピトー管市場2015
    本調査レポートでは、世界のピトー管市場2015について調査・分析し、ピトー管の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用道路標識認識システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用道路標識認識システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用道路標識認識システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場2019-2023
    ボツリヌス毒素注射に対する償還プログラムの増加に伴い、頚部ジストニアの治療に対する需要が高まっています。 償還プログラムを利用し、頚部ジストニアの治療用の高価なボツリヌス毒素療法を受けることができます。 この償還プログラムによって、患者は医療保険の有無にかかわらず、ボツリヌス毒素による治療に対する適正な償還を受けることができます。 例を挙げると、BOTOXの製造元であるAllerganは、BOTOX Reimbursement Solutions Programという包括的な償還プログラムをスポンサーしています。 このプログラムには、BOTOXの注射治療を受けている患者を支援するBOTOXホットラインとBOTOX患者支援プログラムが含まれています。 Technavioのアナリストは、頚部ジストニア治療の世界市場が2023年までに約5%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Allergan、Eisai、Ipsen Pharma、Merz Pharma、US WorldMedsなどです。 当調査レポートでは、頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場について調査・分析 …
  • 船舶用潤滑油の世界市場:製品別(エンジンオイル、油圧オイル、ギアオイル、タービンオイル、グリース、その他)、地域別予測
    本資料は、船舶用潤滑油の世界市場について調べ、船舶用潤滑油の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(エンジンオイル、油圧オイル、ギアオイル、タービンオイル、グリース、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはShell、Overview、Financial (Subject to Data Availability)、Product Summary、Recent Developments、Total、ExxonMobil、BP、Chevron、Sinopec、Quepet、JX Nippon、Lukoil、Gulf Oil.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・船舶用潤滑油の世界市場概要 ・船舶用潤滑油の世界市場環境 ・船舶用潤滑油の世界市場動向 ・船舶用潤滑油の世界市場規模 ・船舶用潤滑油の世界市場規模:製品別(エンジンオイル、油圧オイル、ギアオイル、タービンオイル、グリース、その他) ・船舶用潤滑油の世界市場:地域別市場規模・分析 ・船舶用 …
  • 世界の血小板凝集デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の血小板凝集デバイス市場2015について調査・分析し、血小板凝集デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SKF、Federal-Mogul、NTN Bearing、Schaeffler、NSK等です。
  • 自動車キーレスエントリーシステムの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、自動車キーレスエントリーシステムの世界市場について調査・分析し、自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模:製品別分析 ・自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模:車両別分析 ・自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・自動車キーレスエントリーシステムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の熱可塑性ポリウレタン市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱可塑性ポリウレタン市場2015について調査・分析し、熱可塑性ポリウレタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成皮革の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、合成皮革の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、合成皮革の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は合成皮革の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、KURARAY、Mayur Uniquoters、NAN YA PLASTICS、TEIJIN、TORAY INDUSTRIES等です。
  • ヘルスケア用チャットボットの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、導入モデル別(クラウド、オンプレミス)、用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導)、最終用途別(患者、医療機関、保険会社)、地域別予測
    本資料は、ヘルスケア用チャットボットの世界市場について調べ、ヘルスケア用チャットボットの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、導入モデル別(クラウド、オンプレミス)分析、用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導)分析、最終用途別(患者、医療機関、保険会社)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場概要 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場環境 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場動向 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:導入モデル別(クラウド、オンプレミス) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模 …
  • 合成潤滑剤(グループIV、グループV)の世界市場分析:製品別(PAO、エステル、PAG)、用途別(エンジン油、HTF、トランスミッション流体、金属加工流体)、セグメント予測
    本調査レポートでは、合成潤滑剤(グループIV、グループV)の世界市場について調査・分析し、合成潤滑剤(グループIV、グループV)の世界市場動向、合成潤滑剤(グループIV、グループV)の世界市場規模、市場予測、セグメント別合成潤滑剤(グループIV、グループV)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トルコの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • D1アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD1アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D1アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・D1アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD1アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D1アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D1アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • イギリスの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 樹脂カプセルの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、樹脂カプセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、触媒種類別分析、樹脂種類別分析、需要先別分析、地域別分析、樹脂カプセルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの心臓血管補綴装置市場見通し
  • ラストマイルデリバリーの北米市場予測・分析2020-2024
  • オンデマンド輸送機械の世界市場2018–2025:サービスタイプ別(E-ハイリング、レンタカー、カーシェアリング)、車種別、車両コネクティビティ別(V2V、V2P)
    本調査レポートでは、オンデマンド輸送機械の世界市場について調査・分析し、オンデマンド輸送機械の世界市場動向、オンデマンド輸送機械の世界市場規模、市場予測、セグメント別オンデマンド輸送機械市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーストリアの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 住宅用煙感知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、住宅用煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用煙感知器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 住宅用煙感知器は、煙を検知した時大きな警報音を出す独立した感知器の事です。煙感知器は警報危機に接続されており、煙を検知したら大きな警告音で住人に警報を出すので、事故を防ぐことができます。Technavio社は住宅用煙感知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BRK Brands• Hochiki America• Honeywell International• Kidde• Siemens等です。
  • バックホウローダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バックホウローダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バックホウローダーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 バックホウローダーは、森林作業、造園、小規模な破壊作業など大型ショベルカーやローダーには向いていない小規模から中規模作業の際に多用されています。バックホウローダーはまた、配管工事などの溝を掘る作業に使われます。Technavio社はバックホウローダーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Caterpillar• Deere & Company• J C Bamford Excavators• Komatsu• XCMG Group等です。
  • インドの個人用防護具(PPE)市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの個人用防護具(PPE)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの個人用防護具(PPE)市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオPETの世界市場予測
    本調査レポートでは、バイオPETの世界市場について調査・分析し、バイオPETの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • プロテアーゼの世界市場:微生物由来、動物由来、植物由来、レニン、パパイン、アルカリ性、酸性、中性プロテアーゼ
    当調査レポートでは、プロテアーゼの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原材料別分析、形態別分析、製品別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 汚泥脱水装置の世界市場
    当調査レポートでは、汚泥脱水装置の世界市場について調査・分析し、汚泥脱水装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • シリンジ(注射器)の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、シリンジ(注射器)の世界市場について調査・分析し、シリンジ(注射器)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・シリンジ(注射器)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・シリンジ(注射器)の世界市場:セグメント別市場分析 ・シリンジ(注射器)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • シリアスゲームの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、シリアスゲームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シリアスゲーム市場規模、プラットフォーム別(Webベース、PCベース、モバイルベース、ハンドヘルド型)分析、産業別(小売、メディア・エンターテイメント、ヘルスケア、政府、エネルギー、教育、企業、自動車、航空宇宙・防衛、その他)分析、エンドユーザー別(企業、消費者)分析、用途別(広告・マーケティング、緊急サービス、人事、製品開発、研究・プラニング、営業、シミュレーショントレーニング、サポート、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ シリアスゲームの世界市場:市場動向分析 ・ シリアスゲームの世界市場:競争要因分析 ・ シリアスゲームの世界市場:プラットフォーム別(Webベース、PCベース、モバイルベース、ハンドヘルド型) ・ シリアスゲームの世界市場:産業別(小売、メディア・エンターテイメント、ヘルスケア、政府、エネルギー、教育、企業、自動車、航空宇宙・防衛、 …
  • 摂取型センサーの世界市場:温度センサー、圧力センサー、PHセンサー、イメージセンサー
    当調査レポートでは、摂取型センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成製品別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの股関節再建装置市場見通し
  • 無停電電源装置(UPS)の世界市場:製品別(オフライン/スタンバイUPS、ラインインタラクティブUPS、オンライン/ダブルコンバージョンUPS)、地域別予測
    本資料は、無停電電源装置(UPS)の世界市場について調べ、無停電電源装置(UPS)の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(オフライン/スタンバイUPS、ラインインタラクティブUPS、オンライン/ダブルコンバージョンUPS)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKingston 、SanDisk、LaCie、Kanguru Solutions、Transcend Information、Datalocker、Apricorn、Integral Memory、iStorage、Verbatim、Axiom Memory Solutionsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・無停電電源装置(UPS)の世界市場概要 ・無停電電源装置(UPS)の世界市場環境 ・無停電電源装置(UPS)の世界市場動向 ・無停電電源装置(UPS)の世界市場規模 ・無停電電源装置(UPS)の世界市場規模:製品別(オフライン/スタンバイUPS、ラインインタラクティブUPS、オン …
  • 医療用超音波装置の世界市場:診断用超音波(2D、3D、4D、ドップラー)、治療用超音波(HIFU(高密度焦点式超音波)、ESWL(体外衝撃波砕石術))
    当調査レポートでは、医療用超音波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、診断用超音波別分析、治療用超音波別分析、製品別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 5G技術市場および通信・IoT市場への影響
  • スマートシティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"