"リフォーム用DIY用品小売の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30529)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"リフォーム用DIY用品小売の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The change in lifestyle have raised the interest in DIY interior designing. Moreover, in developing regions, the growing population of working women and their participation in the decision- making process for home decoration are also pushing the sales of products required for such projects. Subsequently there is a growing adoption of DIY home improvement products. The use of DIY products lowers long- term costs than work outsourced to expensive labor. Therefore, the demand for DIY home improvement products is a major factor driving the market. Technavio’s analysts have predicted that the do-it-yourself home improvement retailing market will register a CAGR of close to 4% by 2023.
Market Overview
Advent of e- commerce, free pick- up, and delivery opportunity by key competitors.
The convenient and comfortable shopping has becoming very important because of hectic lifestyle and work schedules. Many key competitors have opened their own online stores to offer cheap pick- up and delivery services.
High complications in logistics and supply chain operations
Many competitors are also exposed to varying costs of fuel, taxes, duties, and fees and different government policies. These factors reduce the net profits of competitors, thereby affecting the overall market.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the do-it-yourself (DIY) home improvement retailing market during the 2019-2023, view our report.
Competitive Landscape
The do-it-yourself home improvement retailing market is reasonably fragmented with the existence of many. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"リフォーム用DIY用品小売の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Market segmentation by product
• Comparison by product
• Lumber and landscape management – Market size and forecast 2018-2023
• Tools and hardware – Market size and forecast 2018-2023
• Décor and indoor garden – Market size and forecast 2018-2023
• Kitchen – Market size and forecast 2018-2023
• Painting, wallpaper, and supplies – Market size and forecast 2018-2023
• Building materials – Market size and forecast 2018-2023
• Plumbing materials and equipment – Market size and forecast 2018-2023
• Flooring, repair, and replacement materials – Market size and
• forecast 2018-2023
• Electrical work materials – Market size and forecast 2018-2023
• Lighting – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by product
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Other prominent drivers
• Market challenges
• Impact of drivers and challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Uptake of AR applications for home improvement projects
• Growing popularity of RTA furniture, especially customized ones for personal interiors
• Increasing focus on organized retailing
• Another prominent trend
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• ADEO
• Home Depot Product Authority
• Kingfisher
• Lowe’s
• Walmart
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global home improvement retailing market
Exhibit 02: Segments of global home improvement retailing market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2018
Exhibit 07: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 08: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 09: Five forces analysis 2018
Exhibit 10: Five forces analysis 2023
Exhibit 11: Bargaining power of buyers
Exhibit 12: Bargaining power of suppliers
Exhibit 13: Threat of new entrants
Exhibit 14: Threat of substitutes
Exhibit 15: Threat of rivalry
Exhibit 16: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 17: Product – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 18: Comparison by product
Exhibit 19: Lumber and landscape management – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 20: Lumber and landscape management – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 21: Tools and hardware – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 22: Tools and hardware – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 23: Décor and indoor garden – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 24: Décor and indoor garden – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 25: Kitchen – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 26: Kitchen – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 27: Painting, wallpaper, and supplies – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 28: Painting, wallpaper, and supplies – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 29: Building materials – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 30: Building materials – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 31: Plumbing materials and equipment – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 32: Plumbing materials and equipment – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 33: Flooring, repair, and replacement materials – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 34: Flooring, repair, and replacement materials – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 35: Electrical work materials – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 36: Electrical work materials – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 37: Lighting – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 38: Lighting – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 39: Market opportunity by product
Exhibit 40: Customer landscape
Exhibit 41: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 42: Geographic comparison
Exhibit 43: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 44: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 45: Top 3 countries in Americas
Exhibit 46: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 47: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 48: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 49: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 50: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 51: Top 3 countries in APAC
Exhibit 52: Key leading countries
Exhibit 53: Market opportunity
Exhibit 54: Impact of drivers and challenges
Exhibit 55: Vendor landscape
Exhibit 56: Landscape disruption
Exhibit 57: Vendors covered
Exhibit 58: Vendor classification
Exhibit 59: Market positioning of vendors
Exhibit 60: ADEO – Vendor overview
Exhibit 61: ADEO – Business segments
Exhibit 62: ADEO – Organizational developments
Exhibit 63: ADEO – Key offerings
Exhibit 64: Home Depot Product Authority – Vendor overview
Exhibit 65: Home Depot Product Authority – Product segments
Exhibit 66: Home Depot Product Authority – Organizational developments
Exhibit 67: Home Depot Product Authority – Geographic focus
Exhibit 68: Home Depot Product Authority – Segment focus
Exhibit 69: Home Depot Product Authority – Key offerings
Exhibit 70: Kingfisher – Vendor overview
Exhibit 71: Kingfisher – Business segments
Exhibit 72: Kingfisher – Organizational developments
Exhibit 73: Kingfisher – Geographic focus
Exhibit 74: Kingfisher – Key offerings
Exhibit 75: Lowe’s – Vendor overview
Exhibit 76: Lowe’s – Business segments
Exhibit 77: Lowe’s – Organizational developments
Exhibit 78: Lowe’s – Geographic focus
Exhibit 79: Lowe’s – Key offerings
Exhibit 80: Walmart – Vendor overview
Exhibit 81: Walmart – Business segments
Exhibit 82: Walmart – Organizational developments
Exhibit 83: Walmart – Geographic focus
Exhibit 84: Walmart – Segment focus
Exhibit 85: Walmart – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】リフォーム用DIY用品小売の世界市場2019-2023
【発行日】2018年12月20日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30529
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財・小売り
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
リフォーム用DIY用品小売の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 無線周波(RF)信号発生器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、無線周波(RF)信号発生器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無線周波(RF)信号発生器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 RF信号発生器は、連続波のトーン信号を生成するために用いられ、また工業、機械、電気通信など様々な用途におけるレシーバー、テストシステム、部品の試験などにも用いられます。RF信号発生器の周波数レンジは数kHzから6GHzです。RF信号発生器は、開発段階または試験段階においてRF信号がユニットや回路で必要な際に使用されます。Technavio社は無線周波(RF)信号発生器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Keysight Technologies• Rohde & Schwarz• Tektronix• National Instruments• Anritsu等で …
  • 飼料用保存料の世界市場予測:飼料酸味料、カビ防止剤、抗酸化剤、固化防止剤
    当調査レポートでは、飼料用保存料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、保存料種類別分析、家畜種類別分析、飼料種類別分析、地域別分析、飼料用保存料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場予測2019-2024
    「10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、射出成形、押出成形など、用途別には、Automotive、Electrical & Electronics、Industrial、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。10%ガラス繊維入りナイロンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場概要(サマリー) ・10%ガラス繊維入りナイロンの企業別販売量・売上 ・10%ガラス繊維入りナイロンの企業別市場シェア ・10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場規模:種類別(射出成形、押出成形) ・10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場規模:用途別(Automotive、Electrical & Electronics、Industrial、Others) ・10%ガラス繊維入りナイロンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・10%ガラス繊維入りナイロン …
  • 不眠症治療の世界市場2014-2025:治療タイプ別[機器、薬(ベンゾジアゼピン、ノンベンゾジアゼピン、抗うつ薬、オレキシン拮抗薬、メラトニン拮抗薬)]、販売経路別
    本調査レポートでは、不眠症治療の世界市場について調査・分析し、不眠症治療の世界市場動向、不眠症治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別不眠症治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場:製品別(基礎化学品、機能性化学品、漂白剤)、用途別(包装、ラベリング、印刷)、セグメント予測
    パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場は2025年には262億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、これらの化学品が備える優れた光学特性および印刷適性が考えられます。本調査レポートでは、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場について調査・分析し、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場動向、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場規模、市場予測、セグメント別パルプ・製紙向け特殊化学品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • AVレシーバーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、AVレシーバーの世界市場について調査・分析し、AVレシーバーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別AVレシーバーシェア、市場規模推移、市場規模予測、AVレシーバー種類別分析(5.1・5.2 サウンドチャンネル、7.1・7.2サウンドチャンネル、9.2サウンドチャンネル他)、AVレシーバー用途別分析(用途1、用途2)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・AVレシーバーの市場概観 ・AVレシーバーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・AVレシーバーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・AVレシーバーの世界市場規模 ・AVレシーバーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・AVレシーバーのアメリカ市場規模推移 ・AVレシーバーのカナダ市場規模推移 ・AVレシーバーのメキシコ市場規模推移 ・AVレシーバーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・AVレシーバーのドイツ市場規模推移 ・AVレシーバーのイギリス市場規模推移 ・AV …
  • 真空包装の世界市場
    当調査レポートでは、真空包装の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・真空包装の世界市場:包装材料別分析/市場規模 ・真空包装の世界市場:包装プロセス別分析/市場規模 ・真空包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・真空包装の世界市場:機械別分析/市場規模 ・真空包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・真空包装のアメリカ市場規模予測 ・真空包装のヨーロッパ市場規模予測 ・真空包装のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ゴム加硫産業及びその添加物の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ゴム加硫産業及びその添加物の世界市場について調査・分析し、ゴム加硫産業及びその添加物の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ゴム加硫産業及びその添加物シェア、市場規模推移、市場規模予測、ゴム加硫産業及びその添加物種類別分析(促進剤、加硫剤、活性剤、その他)、ゴム加硫産業及びその添加物用途別分析(自動車、医療、工業、消費財、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ゴム加硫産業及びその添加物の市場概観 ・ゴム加硫産業及びその添加物のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ゴム加硫産業及びその添加物のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ゴム加硫産業及びその添加物の世界市場規模 ・ゴム加硫産業及びその添加物の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ゴム加硫産業及びその添加物のアメリカ市場規模推移 ・ゴム加硫産業及びその添加物のカナダ市場規模推移 ・ゴム加硫産業及びその添加物のメキシコ市場規模推移 ・ゴム加硫産業及びその添加物のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • グラム陽性菌感染の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、グラム陽性菌感染の世界市場について調べ、グラム陽性菌感染の世界規模、市場動向、市場環境、薬剤の種類別(抗生物質、抗真菌剤)分析、疾患別(MRSA、肺炎、敗血症、副鼻腔炎、蜂巣炎、中耳炎、咽頭炎、とびひ)分析、投与経路別(経腸、非経口)分析、流通経路別(院内薬局、ドラッグストア・小売薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・グラム陽性菌感染の世界市場動向 ・グラム陽性菌感染の世界市場環境 ・グラム陽性菌感染の世界市場規模 ・グラム陽性菌感染の世界市場規模:薬剤の種類別(抗生物質、抗真菌剤) ・グラム陽性菌感染の世界市場規模:疾患別(MRSA、肺炎、敗血症、副鼻腔炎、蜂巣炎、中耳炎、咽頭炎、とびひ) ・グラム陽性菌感染の世界市場規模:投与経路別(経腸、非経口) ・グラム陽性菌感染の世界市場規模:流通経路別(院内薬局、ドラッグストア・小売薬局) ・グラム陽性菌感染の世 …
  • 結晶セルロース(MCC)の世界市場
    当調査レポートでは、結晶セルロース (MCC) の世界市場について調査・分析し、結晶セルロース (MCC) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • イタリアの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • インテリジェント仮想アシスタント(IVA)の世界市場分析:タイプ別(音声認識、テキスト – 音声認識)、サービス別(カスタマーサービス、マーケットアシスタント)、用途別(BFSI、自動車、IT・テレコム、小売、ヘルスケア、教育)、エンドユーザー別(中小企業、大企業、個人ユーザー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、インテリジェント仮想アシスタント(IVA)の世界市場について調査・分析し、インテリジェント仮想アシスタント(IVA)の世界市場動向、インテリジェント仮想アシスタント(IVA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別インテリジェント仮想アシスタント(IVA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 粘着付与剤の北米市場
  • 産業用大量梱包の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、産業用大量梱包の世界市場について調査・分析し、産業用大量梱包の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 産業用大量梱包の世界市場:市場動向分析 - 産業用大量梱包の世界市場:競争要因分析 - 産業用大量梱包の世界市場:用途別 化学物質及び薬物 ビルディング及び建設 飲料食品 石油及び潤滑油 自動車 その他の用途 - 産業用大量梱包の世界市場:梱包種類別 ドラム IBCS ズダ袋 バケツ 木枠 ジェリ缶 - 産業用大量梱包の世界市場:材料別 ダンボール紙 プラスチック 金属 木材 - 産業用大量梱包の世界市場:主要地域別分析 - 産業用大量梱包の北米市場規模(アメリカ市場等) - 産業用大量梱包のヨーロッパ市場規模 - 産業用大量梱包のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・産業用大量梱包の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 東南アジアの生命保険市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアの生命保険市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアの生命保険市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型インサイトサービスの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、クラウド型インサイトサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、アプリケーション別分析、種類別分析、導入方式別分析、産業別分析、クラウド型インサイトサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペクチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペクチンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 白血病治療薬の世界市場:慢性リンパ性白血病、急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病
    当調査レポートでは、白血病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、白血病治療薬の世界市場規模及び予測、疾患種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飲料用安定剤の世界市場:製品種類別(アラビアゴム、カルボキシメチルセルロース、キサンタンガム、カラギーナン、ペクチンなど)、飲料種類別(果物飲料、乳製品飲料、清涼飲料、アルコール飲料、その他)
    本資料は、飲料用安定剤の世界市場について調べ、飲料用安定剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(アラビアゴム、カルボキシメチルセルロース、キサンタンガム、カラギーナン、ペクチンなど)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・飲料用安定剤の世界市場概要 ・飲料用安定剤の世界市場環境 ・飲料用安定剤の世界市場動向 ・飲料用安定剤の世界市場規模 ・飲料用安定剤の世界市場:製品種類別(アラビアゴム、カルボキシメチルセルロース、キサンタンガム、カラギーナン、ペクチンなど) ・飲料用安定剤の世界市場:飲料種類別(果物飲料、乳製品飲料、清涼飲料、アルコール飲料、その他) ・飲料用安定剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・飲料用安定剤の北米市場規模・予測 ・飲料用安定剤のアメリカ市場規模・予測 ・飲料用安定剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・飲料用安定剤のアジア市場規模・予測 ・飲料用安定剤の日本市場規模・予測 ・飲料用安定剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情 …
  • 帯ひもの世界市場分析:製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維、パラアラミド合成繊維、UHMWPE)、用途別(自動車および輸送、スポーツ用品、家具、軍用/防衛)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、帯ひもの世界市場について調査・分析し、帯ひもの世界市場動向、帯ひもの世界市場規模、市場予測、セグメント別帯ひも市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 陽子線治療システムの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、陽子線治療システムの世界市場について調査・分析し、陽子線治療システムの世界市場動向、陽子線治療システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別陽子線治療システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3次元座標測定機(CMM)の世界市場予測(~2023年)
    3次元座標測定機(CMM)の世界市場は、2018年の28億米ドルから2023年には41億米ドルに達し、この期間中8.00%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、モデリングや解析向けの3次元(3D)データによる高精度の検査、Idustrial Internet of Thing(IIoT)への関心の高まり、および優れた品質検査が考えれられます。一方で、3次元座標測定機の設定コストが高いことにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、3次元座標測定機(CMM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(ブリッジ、カンチレバー、多関節アーム、ハンドヘルド)分析、用途(品質管理・検査、リバースエンジニアリング)分析、産業(自動車、重機)分析、3次元座標測定機(CMM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの膝関節再建装置市場見通し
  • 世界の携帯型CTスキャンデバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型CTスキャンデバイス市場2015について調査・分析し、携帯型CTスキャンデバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • LNGバンカリングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、LNGバンカリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、LNGバンカリング市場規模、エンドユーザー別(フェリー・ローロー船、タンカー、コンテナ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・LNGバンカリングの世界市場概要 ・LNGバンカリングの世界市場環境 ・LNGバンカリングの世界市場動向 ・LNGバンカリングの世界市場規模 ・LNGバンカリングの世界市場:業界構造分析 ・LNGバンカリングの世界市場:エンドユーザー別(フェリー・ローロー船、タンカー、コンテナ、その他) ・LNGバンカリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・LNGバンカリングの北米市場規模・予測 ・LNGバンカリングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・LNGバンカリングのアジア太平洋市場規模・予測 ・LNGバンカリングの主要国分析 ・LNGバンカリングの世界市場:成長要因、課題 ・LNGバンカリングの世界市場:競争環境 ・LNG …
  • 術中神経生理学的モニタリング(IONM)の世界市場動向および予測:脳波検査、筋電図検査、誘発電位
  • 治療薬物モニタリング(TDM)の世界市場:検査数、販売規模、技術、競争戦略
  • CRISPR/Cas9の世界市場見通し2022:細胞株エンジニアリング、遺伝子工学、CRISPRプラスミド、遺伝子ライブラリー、ヒト幹細胞、遺伝子組換え(GM)生物/作物
    当調査レポートはCRISPR/Cas9の世界市場について調査・分析し、CRISPR/Cas9の世界市場規模、CRISPR/Cas9の世界市場動向、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けします。1. アナリストの見解 2. 調査方法 3. CRISPR/Cas9ゲノム編集の概要 4. 市場動向 5. CRISPR/Cas9世界市場見通し2022 6. 用途別CRISPR/Cas9市場 7. 需要先別CRISPR/Cas9市場 8. 地域別CRISPR/Cas9市場 9. M&A動向 10. 会社概要
  • 世界の舶用低速ディーゼルエンジン市場2015
    本調査レポートでは、世界の舶用低速ディーゼルエンジン市場2015について調査・分析し、舶用低速ディーゼルエンジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、ウェハ別分析、デバイス別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の油圧センサー市場2015
    本調査レポートでは、世界の油圧センサー市場2015について調査・分析し、油圧センサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の環境放射線モニタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の環境放射線モニタ市場2015について調査・分析し、環境放射線モニタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 二次性進行型多発性硬化症(SPMS):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の概要 ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 神経インターベンション装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、神経インターベンション装置の世界市場について調査・分析し、神経インターベンション装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 神経インターベンション装置の世界市場:市場動向分析 - 神経インターベンション装置の世界市場:競争要因分析 - 神経インターベンションの世界市場:用途別 ・動静脈奇形および動静脈瘻 ・脳動脈瘤 ・虚血性脳梗塞 ・頭蓋内アテローム性動脈硬化 - 神経インターベンションの世界市場:製品別 ・ 頸動脈血管形成およびステント ・ 動脈瘤コイリングおよび塞栓装置 ・ マイクロサポートデバイス ・脳血栓除去 - 神経インターベンションの世界市場:技術別 ・血管形成・ステント ・脳血栓除去 ・術前腫瘍塞栓 ・椎体形成術 ・脳梗塞治療 - 神経インターベンションの世界市場:エンドユーザー別 ・外来ケアセンター ・病院 ・神経科診療所 - 神経インターベンション装置の世界市場:主要地域別分析 - 神経インターベンション装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 神経インターベンショ …
  • ポータブル濾過装置の世界市場予測(~2022年):圧力濾過、遠心濾過、真空濾過
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ポータブル濾過装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、需要先別分析、流量別分析、技術別分析、地域別分析、ポータブル濾過装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ダンプ車の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ダンプ車の世界市場について調査・分析し、ダンプ車の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ダンプ車シェア、市場規模推移、市場規模予測、ダンプ車種類別分析(オンロード、オフロード)、ダンプ車用途別分析(ビル建築、鉱業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ダンプ車の市場概観 ・ダンプ車のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ダンプ車のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ダンプ車の世界市場規模 ・ダンプ車の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ダンプ車のアメリカ市場規模推移 ・ダンプ車のカナダ市場規模推移 ・ダンプ車のメキシコ市場規模推移 ・ダンプ車のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ダンプ車のドイツ市場規模推移 ・ダンプ車のイギリス市場規模推移 ・ダンプ車のロシア市場規模推移 ・ダンプ車のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ダンプ車の日本市場規模推移 ・ダンプ車の中国市場規模推移 ・ダン …
  • 世界の大気放出板市場2016
    本調査レポートでは、世界の大気放出板市場2016について調査・分析し、大気放出板の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボン・ナノチューブの世界市場
    当調査レポートでは、カーボン・ナノチューブの世界市場について調査・分析し、カーボン・ナノチューブの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)市場規模、製品別(ABS、CC、TCS、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BMW, Continental, Honda Motor, Robert Bosch, ZF Friedrichshafenなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場概要 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場環境 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場動向 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場規模 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場:業界構造分 …
  • 生分解性ステントの世界市場
    当調査レポートでは、生分解性ステントの世界市場について調査・分析し、生分解性ステントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生分解性ステントの世界市場:市場動向分析 - 生分解性ステントの世界市場:競争要因分析 - 生分解性ステントの世界市場:エンドユーザー別 ・心臓病センター ・病院 - 生分解性ステントの世界市場:用途別 ・冠動脈疾患 ・末梢動脈疾患 - 生分解性ステントの世界市場:素材別 ・金属製ステント ・ポリマーを含んだステント - 生分解性ステントの世界市場:薬別 ・Limusベースの薬 ・パクリタキセル - 生分解性ステントの世界市場:吸収率別 ・吸収速度の遅いステント ・吸収速度の速いステント - 生分解性ステントの世界市場:主要地域別分析 - 生分解性ステントの北米市場規模(アメリカ市場等) - 生分解性ステントのヨーロッパ市場規模 - 生分解性ステントのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・生分解性ステントの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 燃料電池商用車(FCCV)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は燃料電池商用車(FCCV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Daimler、Renault、Toyota Motor Corporation等です。
  • 採掘装置の世界市場2018-2022
    オートメーションや人工知能などのさまざまな技術の進歩は、鉱業業界で牽引されています。鉱業企業の業務効率を向上させる必要性が高まっていることから、採鉱装置メーカーは、AIなどの最新技術の導入に注力しています。採鉱装置の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率7%以上で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Atlas Copco、Caterpillar、Komatsu、Metso、Sandvikなどです。 当調査レポートでは、採掘装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、採掘装置市場規模、製品別(表面採鉱装置 、地下採鉱装置、粉砕・微粉砕・ふるい分け装置、採鉱用ドリル・破砕機、選鉱用機械、その他)分析、用途別(石炭採掘、金属採掘、鉱物採掘)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・採掘装置の世界市場概要 ・採掘装置の世界市場環境 ・採掘装置の世界市場動向 ・採掘装置の世界市場規模 ・採掘装置の世界市場:業界構造分析 …
  • 火傷治療の世界市場予測(~2021年):アルギン酸、コラーゲン、ハイドロコロイド、ハイドロゲル・ドレッシング
    当調査レポートでは、火傷治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、火傷の深さ別分析、需要先別分析、地域別分析、火傷治療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 紫外線対策クリームの世界市場予測2019-2024
    「紫外線対策クリームの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ジェル、ローション、パウダー、その他など、用途別には、Men、Womenなどに区分してまとめた調査レポートです。紫外線対策クリームのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・紫外線対策クリームの世界市場概要(サマリー) ・紫外線対策クリームの企業別販売量・売上 ・紫外線対策クリームの企業別市場シェア ・紫外線対策クリームの世界市場規模:種類別(ジェル、ローション、パウダー、その他) ・紫外線対策クリームの世界市場規模:用途別(Men、Women) ・紫外線対策クリームの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・紫外線対策クリームのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・紫外線対策クリームの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・紫外線対策クリームの中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸 …
  • 世界の旋回ベアリング市場
  • ヨット塗装・整備の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヨット塗装・整備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヨット塗装・整備市場規模、種類別分析、用途別(中古、新品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bonsink Yacht Painters, GYG, Nautipaints, Thraki Yacht Painting, Yachting Protectionなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヨット塗装・整備の世界市場概要 ・ヨット塗装・整備の世界市場環境 ・ヨット塗装・整備の世界市場動向 ・ヨット塗装・整備の世界市場規模 ・ヨット塗装・整備の世界市場:業界構造分析 ・ヨット塗装・整備の世界市場:種類別 ・ヨット塗装・整備の世界市場:用途別(中古、新品) ・ヨット塗装・整備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨット塗装・整備の北米市場規模・予測 ・ヨット塗装・整備のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヨット塗装・整備のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヨ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"