"鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23975)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Emergence of battery electric locomotives to drive growth in the market. A battery electric locomotive is an electrically driven railcar, which derives power (electricity) for traction from inbuilt rechargeable batteries. An advantage of battery electric locomotive is that it does not need to burn fossil fuel to generate power, thereby eliminating direct emissions, exhaust gases, noise, and fuel storage.
Technavio’s analysts have predicted that the railway network cables market will register a CAGR of close to 6% by 2022.
Market Overview
Smart railways gaining popularity
The rise in air traffic and congestion have made rail transport a feasible alternative, in both advanced and emerging economies such as India and China.
Growing popularity of low-cost airlines
railway operators and systems are facing increasing competition from low-cost airline especially in Europe and Asia, which is rapidly becoming a major challenge for the railway industry.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the railway network cables market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including SAB Bröckskes and Tecnikabel the competitive environment is quite intense. Factors such as the rising popularity of smart railways and the emergence of battery electric locomotives, will provide considerable growth opportunities to railway network cables manufactures. Eland Cables, Hitachi Metals, NEXANS, Prysmian Group, SAB Bröckskes, and Tecnikabel are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Power cables – Market size and forecast 2017-2022
• Signal and communication cables – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Emergence of high-speed rail network
• Emergence of battery electric locomotives
• Ingress of IoT technology in railways
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Eland Cables
• Hitachi Metals
• NEXANS
• Prysmian Group
• SAB Bröckskes
• Tecnikabel
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
PART 16: EXPLORE TECHNAVIO

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global connected rail solutions market: Segmentation
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global railway network cables market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global railway network cables market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Power cables – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 21: Power cables – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Signal and communication cables – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 23: Signal and communication cables – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by application
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global railway network cables market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 29: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 31: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 33: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Price of aluminum and copper 2014-2016 ($/mt and $/dmt)
Exhibit 37: Vendor landscape
Exhibit 38: Landscape disruption
Exhibit 39: Vendors covered
Exhibit 40: Vendor classification
Exhibit 41: Market positioning of vendors
Exhibit 42: Vendor overview
Exhibit 43: Eland Cables – Organizational developments
Exhibit 44: Eland Cables – Key offerings
Exhibit 45: Vendor overview
Exhibit 46: Hitachi Metals – Business segments
Exhibit 47: Hitachi Metals – Organizational developments
Exhibit 48: Hitachi Metals – Geographic focus
Exhibit 49: Hitachi Metals – Segment focus
Exhibit 50: Hitachi Metals – Key offerings
Exhibit 51: Vendor overview
Exhibit 52: NEXANS – Business segments
Exhibit 53: NEXANS – Organizational developments
Exhibit 54: NEXANS – Geographic focus
Exhibit 55: NEXANS – Segment focus
Exhibit 56: NEXANS – Key offerings
Exhibit 57: Vendor overview
Exhibit 58: Prysmian Group – Business segments
Exhibit 59: Prysmian Group – Organizational developments
Exhibit 60: Prysmian Group – Geographic focus
Exhibit 61: Prysmian Group – Segment focus
Exhibit 62: Prysmian Group – Key offerings
Exhibit 63: Vendor overview
Exhibit 64: SAB Bröckskes – Organizational developments
Exhibit 65: SAB Bröckskes – Key offerings
Exhibit 66: Vendor overview
Exhibit 67: Tecnikabel – Organizational developments
Exhibit 68: Tecnikabel – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月20日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23975
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のマルチバッテリーエネルギー貯蔵システム市場2019
    本調査レポートでは、世界のマルチバッテリーエネルギー貯蔵システム市場2019について調査・分析し、マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムの市場概要 ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムの上流・下流市場分析 ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・マルチバッテリーエネルギ …
  • ブラジルの医療市場展望
  • パッケージ印刷の世界市場予測(~2026):印刷用インク別、印刷技術別(フレキソ印刷、グラビア印刷、デジタル印刷)、材料別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、パッケージ印刷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、印刷用インク別分析、印刷技術別分析、材料別分析、用途別分析、パッケージ印刷の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の包装ライススナック市場:製品別、地域別
    本調査レポートは包装ライススナックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(ライスケーキ、ライスクラッカー、ライスクッキー、ライスビスケット、ライスチップス)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・包装ライススナックの世界市場:製品別(ライスケーキ、ライスクラッカー、ライスクッキー、ライスビスケット、ライスチップス) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • アジアの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 皮膚炎(Skin Inflammation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚炎(Skin Inflammation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚炎(Skin Inflammation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚炎(Skin Inflammation)の概要 ・皮膚炎(Skin Inflammation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚炎(Skin Inflammation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚炎(Skin Inflammation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 世界の無水リチウム過塩素酸塩市場2016
    本調査レポートでは、世界の無水リチウム過塩素酸塩市場2016について調査・分析し、無水リチウム過塩素酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 尿路結石管理機器の世界市場分析:治療別(体外衝撃波砕石術(ESWL)、体内砕石術、経皮的腎結石、他の治療(経過観察、副甲状腺手術))、エンドユーザー別(病院・診療所、外来手術センター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、尿路結石管理機器の世界市場について調査・分析し、尿路結石管理機器の世界市場動向、尿路結石管理機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別尿路結石管理機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 胃不全麻痺(Gastroparesis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胃不全麻痺(Gastroparesis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胃不全麻痺(Gastroparesis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胃不全麻痺(Gastroparesis)の概要 ・胃不全麻痺(Gastroparesis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胃不全麻痺(Gastroparesis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胃不全麻痺(Gastroparesis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • バイオプロセス検証の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、バイオプロセス検証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、テスト種類別(抽出物および浸出物、完全性テスト、微生物学テスト)分析、プロセスコンポーネント別(フィルター要素、バイオリアクター)分析、エンドユーザー別(CDMO、バイオテクノロジー、製薬会社)分析、バイオプロセス検証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、バイオプロセス検証の世界市場規模が2019年180百万ドルから2024年360百万ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • パーソナルケア製品の有効成分の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品の有効成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア製品の有効成分の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパーソナルケア製品の有効成分の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ashland• BASF• Croda International• Solvay等です。
  • 風力発電オートメーションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、風力発電オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、風力発電オートメーションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • ゲル撮影装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲル撮影装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲル撮影装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の甲状腺診断・検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、甲状腺診断・検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺診断・検査装置の概要 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:領域別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別甲状腺診断・検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・甲状腺診断・検査装置の最近動向
  • 臭素・臭素誘導体の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、臭素・臭素誘導体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臭素・臭素誘導体市場規模、用途別(難燃剤、掘削液、水処理、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Albemarle Corporation, Gulf Resources, ICL, LANXESS, TETRA Technologies, Tosoh Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・臭素・臭素誘導体の世界市場概要 ・臭素・臭素誘導体の世界市場環境 ・臭素・臭素誘導体の世界市場動向 ・臭素・臭素誘導体の世界市場規模 ・臭素・臭素誘導体の世界市場:業界構造分析 ・臭素・臭素誘導体の世界市場:用途別(難燃剤、掘削液、水処理、農業、その他) ・臭素・臭素誘導体の世界市場:地域別市場規模・分析 ・臭素・臭素誘導体の北米市場規模・予測 ・臭素・臭素誘導体のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・臭素・臭素誘導体のアジア太平洋市場規 …
  • 非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の概要 ・非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非血液性悪性腫瘍(Nonhe …
  • 超硬材料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超硬材料の世界市場について調査・分析し、超硬材料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超硬材料シェア、市場規模推移、市場規模予測、超硬材料種類別分析(合成ダイアモンド、立方窒化ほう素)、超硬材料用途別分析(石・建築、研摩材カテゴリ、複合多結晶工具、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超硬材料の市場概観 ・超硬材料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超硬材料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超硬材料の世界市場規模 ・超硬材料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超硬材料のアメリカ市場規模推移 ・超硬材料のカナダ市場規模推移 ・超硬材料のメキシコ市場規模推移 ・超硬材料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・超硬材料のドイツ市場規模推移 ・超硬材料のイギリス市場規模推移 ・超硬材料のロシア市場規模推移 ・超硬材料のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・超硬材料の日本市場規模推移 …
  • ベーカリー&シリアルのデンマーク市場
  • ファンクションクラウドサービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ファンクションクラウドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ユーザー種類別分析、アプリケーション別分析、サービス別分析、地域別分析、ファンクションクラウドサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリグニンスルホン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のリグニンスルホン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、リグニンスルホン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の可動式クラッシャーおよびスクリ−ナ−装置市場
  • ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場について調査・分析し、ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場規模:用途別分析 ・ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場規模:技術別分析 ・ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場規模:種類別分析 ・ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場規模:カテゴリー別分析 ・ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場規模:メモリ別分析 ・ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ブロッティング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ブロッティング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブロッティング装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧ケーブルの世界市場:架空ケーブル、地中ケーブル、海底ケーブル
    当調査レポートでは、高圧ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用電気光学/赤外線(EO/IR)システムの世界市場2016-2020:航空機搭載EO/IRシステム、地上配備EO/IRセンサ、船舶用EO/IRシステム
    当調査レポートでは、軍用電気光学/赤外線(EO/IR)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用電気光学/赤外線(EO/IR)システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 経カテーテル心臓弁の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • アメリカの教育アプリ市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの教育アプリ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの教育アプリ市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 製品エンジニアリングサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、製品エンジニアリングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、製品エンジニアリングサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用アビオニクスの世界市場:FMS、FCS、CNS、HMS、電気・非常システム
    当調査レポートでは、民間航空機用アビオニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、装置別分析、プラットフォーム別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • DNAシークエンシング製品の世界市場:装置、試薬、消耗品
    当調査レポートでは、DNAシークエンシング製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DNAシークエンシング製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 花火の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、花火の世界市場について調査・分析し、花火の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別花火シェア、市場規模推移、市場規模予測、花火種類別分析(カテゴリA、カテゴリB、カテゴリC、カテゴリD)、花火用途別分析(政府、商業用、個人用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・花火の市場概観 ・花火のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・花火のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・花火の世界市場規模 ・花火の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・花火のアメリカ市場規模推移 ・花火のカナダ市場規模推移 ・花火のメキシコ市場規模推移 ・花火のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・花火のドイツ市場規模推移 ・花火のイギリス市場規模推移 ・花火のロシア市場規模推移 ・花火のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・花火の日本市場規模推移 ・花火の中国市場規模推移 ・花火の韓国市場規模推移 ・花火のインド市場規模推移 ・ …
  • ロボット射出成形機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ロボット射出成形機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボット射出成形機市場規模、エンドユーザー別(自動車、包装、消費財、エレクトロニクス・通信、医療機器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボット射出成形機の世界市場概要 ・ロボット射出成形機の世界市場環境 ・ロボット射出成形機の世界市場動向 ・ロボット射出成形機の世界市場規模 ・ロボット射出成形機の世界市場:業界構造分析 ・ロボット射出成形機の世界市場:エンドユーザー別(自動車、包装、消費財、エレクトロニクス・通信、医療機器、その他) ・ロボット射出成形機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボット射出成形機の北米市場規模・予測 ・ロボット射出成形機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ロボット射出成形機のアジア太平洋市場規模・予測 ・ロボット射出成形機の主要国分析 ・ロボット射出成形機の世界市場:意思決定フレームワーク ・ロボット射出 …
  • 海底ファイバーケーブルの世界市場2017-2021:コンソーシアム、民間企業、政府・開発銀行
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、海底ファイバーケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海底ファイバーケーブルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は海底ファイバーケーブルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alcatel Submarine Networks、Fujitsu、Huawei Marine Networks、NEC、TE SubCom等です。
  • ココナッツウォーターのアメリカ市場2020-2024:製品別、流通チャンネル別、フレーバー別
  • 締固め機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、締固め機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、締固め機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生鮮食品の世界市場:果物、野菜、乳製品、食肉、水産食品、卵
    当調査レポートでは、生鮮食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生鮮食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パルス酸素濃度計の世界市場の規模と予測:タイプ別(指先、ハンドヘルド、その他)、エンドユーザー別(病院・医療施設、ホームケア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、パルス酸素濃度計の世界市場について調査・分析し、パルス酸素濃度計の世界市場動向、パルス酸素濃度計の世界市場規模、市場予測、セグメント別パルス酸素濃度計市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のパイプラインネットワーク市場:提供別(ソリューション、サービス)、用途別(パイプライン監視およびパイプライン操作最適化)、コンテンツ別、エンドユーザー産業別(原油&精製石油、水&廃水)、地域別
    MarketsandMarkets社は、パイプラインネットワークの世界市場規模が2019年85億ドルから2024年123億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。本書は、世界のパイプラインネットワーク市場について調査・分析し、市場概要、提供別(ソリューション、サービス)分析、用途別(パイプライン監視およびパイプライン操作最適化)分析、コンテンツ別(ガスパイプライン、液体パイプライン)分析、エンドユーザー産業別(原油&精製石油、水&廃水)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のパイプラインネットワーク市場:提供別(ソリューション、サービス) ・世界のパイプラインネットワーク市場:用途別(パイプライン監視およびパイプライン操作最適化) ・世界のパイプラインネットワーク市場:コンテンツ別(ガスパイプライン、液体パイプライン) ・世界のパイプラインネットワーク市場:エンドユーザー産業別(原油&精製石油、水&廃水) ・世界のパイプラインネットワーク市場:地域別 ・ …
  • PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(PEK、PEEK、PEKK)分析、フィラー別(ガラス充填、カーボン充填、未充填)分析、用途別(オイル&ガス、電気&エレクトロニクス、自動車、医療、航空宇宙)分析、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模が2019年851百万ドルから2024年1149百万ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。
  • オレオケミカルの世界市場分析:製品別(脂肪酸、脂肪アルコール、グリセロール)、セグメント予測
    本調査レポートでは、オレオケミカルの世界市場について調査・分析し、オレオケミカルの世界市場動向、オレオケミカルの世界市場規模、市場予測、セグメント別オレオケミカル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイル機器用ミドルウェアの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モバイル機器用ミドルウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル機器用ミドルウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はモバイル機器用ミドルウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、IBM、Kony、Oracle、SAP、TIBCO等です。
  • モジュラーデータセンタの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、モジュラーデータセンタの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モジュラーデータセンタの世界市場:イントロダクション ・モジュラーデータセンタの世界市場:市場概観 ・モジュラーデータセンタの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・モジュラーデータセンタの世界市場:セグメント別市場分析 ・モジュラーデータセンタの世界市場:機能モジュールソリューション別分析/市場規模 ・モジュラーデータセンタの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・モジュラーデータセンタの世界市場:導入規模別分析/市場規模 ・モジュラーデータセンタの世界市場:分野別分析/市場規模 ・モジュラーデータセンタの世界市場:主要地域別市場分析 ・モジュラーデータセンタの世界市場:関連企業分析
  • 体外受精(IVF)の世界市場分析:手順別(細胞内精子注入(ICSI)、凍結胚交換(FER)、着床前遺伝診断(PGD))、サイクルタイプ別(フレッシュ・ドナー、フローズン・ドナー、フレッシュ・ノン・ドナー、フローズン・ノン・ドナー)、機器別(IVDディスポーザブルデバイス、培養培地、資本設備)、セグメント予測
    本調査レポートでは、体外受精(IVF)の世界市場について調査・分析し、体外受精(IVF)の世界市場動向、体外受精(IVF)の世界市場規模、市場予測、セグメント別体外受精(IVF)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ワクチンの世界市場予測(~2022年):生ワクチン、結合型ワクチン、トキソイド・ワクチン、組み換えワクチン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、疾患別分析、経路別分析、需要先別分析、ワクチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タイのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 果物・野菜成分の世界市場予測(~2022年):濃縮果、ペースト&ピューレ、NFCジュース、ピース&パウダー
    当調査レポートでは、果物・野菜成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、分類別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、果物・野菜成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 結腸がん(Colon Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、結腸がん(Colon Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・結腸がん(Colon Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・結腸がん(Colon Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・結腸がん(Colon Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・結腸がん(Colon Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・結腸がん(Colon Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の結腸がん(Colon Cancer)治療薬剤
  • 抗トロンビン活性化因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における抗トロンビン活性化因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・抗トロンビン活性化因子の概要 ・抗トロンビン活性化因子のパイプライン概要 ・企業別開発中の抗トロンビン活性化因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・抗トロンビン活性化因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・抗トロンビン活性化因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の航空機内装製品市場:シート、客室電子機器、客室照明、ギャレー、ラバトリー
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"