"疼痛管理薬の世界市場:侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21999)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"疼痛管理薬の世界市場:侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Numerous diseases and conditions are associated with pain, including arthritis, peripheral neurology, fibromyalgia and shingles. Low back pain is a common health problem in the workplace and most people are expected to experience symptoms of low back pain during their working life. Such an increase in the prevalence of chronic pain conditions will drive the global pain management drugs market during our forecast period. Technavio’s analysts have predicted that the pain management drugs market will register a CAGR of nearly 4% by 2022.
Market Overview
Strong pipeline and recently approved pain management drugs
Most of the therapeutics that are in the last stage of development are expected to get marketing approval during our forecast period. Apart from the strong pipeline of late- stage molecules, recent approvals are expected to drive the global pain management drugs market.
High influx of generic drugs
Patent cliff and high prices of branded drugs result in a high influx of genetic drugs. The major reasons behind high drug prices are drug regulatory policies or industrial pricing strategies, and policy measures.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the pain management drugs market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The pain management drugs market appears to be fragmented and with the presence of several companies including. The vendors in the market have strong R&D pipelines for new investigational pain management medicines. The robust pipelines for pain management drugs will likely propel the market’s growth. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.’


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"疼痛管理薬の世界市場:侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: PIPELINE ANALYSIS
• Pain management pipeline
PART 06: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 07: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY PAIN TYPES
• Segmentation by pain types
• Nociceptive pain
• Neuropathic pain
• Psychogenic pain
PART 09: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Segmentation by product
• Comparison by product
• Opioids – Market size and forecast 2017-2022
• NSAIDs – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by product
PART 10: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 11: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 12: DECISION FRAMEWORK
PART 13: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 14: MARKET TRENDS
• Increase in prevalence of pain associated with chronic diseases
• Significant increase in the use of opioids for pain management
• Novel drug delivery systems and novel targets for pain management
PART 15: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 16: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Endo Pharmaceuticals
• GlaxoSmithKline
• Johnson & Johnson
• Pfizer
PART 17: APPENDIX
• List of abbreviations
PART 18: EXPLORE TECHNAVIO
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global CNS therapeutics market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Pain management pipeline 2017-2018
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global pain management drugs market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 10: Global pain management drugs market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: Global pain management drugs market by product – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by product
Exhibit 21: Opioids – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Opioids – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: NSAIDs – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: NSAIDs – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 26: Selected current other types of drugs for neuropathic pain
Exhibit 27: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Market opportunity by product
Exhibit 29: Customer landscape
Exhibit 30: Global pain management drugs market by geography – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 31: Regional comparison
Exhibit 32: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 33: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Top 3 countries in Americas
Exhibit 35: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 36: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 38: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 39: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: Top 3 countries in APAC
Exhibit 41: Market opportunity
Exhibit 42: Increasing geriatric population in Europe
Exhibit 43: Percentage of older Americans experiencing chronic pain conditions 2014
Exhibit 44: Some of the recently approved drugs by the US FDA for pain management
Exhibit 45: Some of the novel abuse-deterrent opioids and monoclonal antibodies
Exhibit 46: Vendor landscape
Exhibit 47: Landscape disruption
Exhibit 48: Vendors covered
Exhibit 49: Vendor classification
Exhibit 50: Market positioning of vendors
Exhibit 51:  Endo Pharmaceuticals: An overview
Exhibit 52:  Endo Pharmaceuticals – Business segments
Exhibit 53:  Endo Pharmaceuticals – Organizational developments
Exhibit 54:  Endo Pharmaceuticals – Segment focus
Exhibit 55: Endo Pharmaceuticals – Key offerings
Exhibit 56: GlaxoSmithKline: An overview
Exhibit 57: GlaxoSmithKline – Business segments
Exhibit 58: GlaxoSmithKline – Organizational developments
Exhibit 59: GlaxoSmithKline – Geographic focus
Exhibit 60: GlaxoSmithKline – Key offerings
Exhibit 61: Johnson & Johnson: An overview
Exhibit 62: Johnson & Johnson – Business segments
Exhibit 63: Johnson & Johnson – Organizational developments
Exhibit 64: Johnson & Johnson – Geographic focus
Exhibit 65: Johnson & Johnson – Segment focus
Exhibit 66: Johnson & Johnson – Key offerings
Exhibit 67:  Pfizer: An overview
Exhibit 68: Pfizer – Business segments
Exhibit 69:  Pfizer – Organizational developments
Exhibit 70: Pfizer – Geographic focus
Exhibit 71:  Pfizer – Segment focus
Exhibit 72:  Pfizer – Key offerings


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】疼痛管理薬の世界市場:侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛
【発行日】2018年12月20日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21999
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
疼痛管理薬の世界市場:侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 脊髄損傷(Spinal Cord Injury):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)のフェーズ3治験薬の状況 ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬の市場規模(販売予測) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬剤
  • インテリジェント流量計の世界市場:磁気流量計、コリオリ流量計、超音波流量計、渦流量計、多相流量計、熱流量計、タービン流量計、面積流量計、差圧流量計
    当調査レポートでは、インテリジェント流量計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、通信プロトコル別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフェライト磁石市場2016
    本調査レポートでは、世界のフェライト磁石市場2016について調査・分析し、フェライト磁石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの装具市場見通し
  • 生物学的合理殺虫剤の世界市場分析:製品別(植物、半化学物質)、苗別(穀物・種子、果物・野菜)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生物学的合理殺虫剤の世界市場について調査・分析し、生物学的合理殺虫剤の世界市場動向、生物学的合理殺虫剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別生物学的合理殺虫剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用シリコーンの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、医療用シリコーンの世界市場について調査・分析し、医療用シリコーンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医療用シリコーンの世界市場:市場動向分析 - 医療用シリコーンの世界市場:競争要因分析 - 医療用シリコーンの世界市場:用途別 ・整形外科用材料 ・コンタクトレンズ ・医療機器 ・補装具 ・医療用テープ ・その他 - 医療用シリコーンの世界市場:製品フォーム別 ・医療用粘着剤 ・エラストマー ・ゲル ・医療用コーティング剤 ・その他 - 医療用シリコーンの世界市場:主要地域別分析 - 医療用シリコーンの北米市場規模(アメリカ市場等) - 医療用シリコーンのヨーロッパ市場規模 - 医療用シリコーンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医療用シリコーンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬剤
  • オフィス・業務用コーヒーサービスの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、オフィス・業務用コーヒーサービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オフィス・業務用コーヒーサービスの北米市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 Technavio社はオフィス・業務用コーヒーサービスの北米市場が2017-2021年期間中に年平均4.77%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Farmer Bros.• Keurig Green Mountain• Nestlé• PEET’S COFFEE & TEA• ROYAL CUP COFFEE等です。
  • ターボチャージャーの世界市場予測(~2021):乗用車、商用車、農業用トラクタ、建設機械
    当調査レポートでは、ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、車両種類別分析、技術別分析、燃料種類別分析、アフターマーケット別分析、ターボチャージャーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 嫌気性接着剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、嫌気性接着剤の世界市場について調べ、嫌気性接着剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、嫌気性接着剤の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(産業用、交通手段、電気及び電子機器、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は嫌気性接着剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・嫌気性接着剤の市場状況 ・嫌気性接着剤の市場規模 ・嫌気性接着剤の市場予測 ・嫌気性接着剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(産業用、交通手段、電気及び電子機器、その他) ・嫌気性接着剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場予測(~2025年)
    飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場は、2019年の25億米ドルから2025年には30億米ドルに達し、この期間中3.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、作物中のマイコトキシンの産生、飼料製品中のマイコトキシンを制限する厳格な規制、家畜飼料中のマイコトキシン汚染の危険性の世界的な増加、農家畜産物の需要および消費増加などが考えられます。一方で、飼料添加物としてのカビ防止剤、酸性化剤、およびその他飼料防腐剤の顕著な使用増加と小規模畜産業者の意識の欠如は、市場の成長を抑制しています。当調査レポートでは、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(結合剤、改質剤)分析、家畜別(家禽、ブタ、反芻動物、水生動物)分析、原料別(無機、有機)分析、形態別(乾燥、液体)分析、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 東南アジア(SEA)の位置情報プラットフォーム市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジア(SEA)の位置情報プラットフォーム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジア(SEA)の位置情報プラットフォーム市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フランスの装具市場動向(~2021)
  • 成形同時充填技術の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、成形同時充填技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料(ポリプロピレン、ポリエチレン)分析、製品(ボトル、バイアル、アンプル)分析、最終用途産業(製薬)分析、成形同時充填技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのモバイル教育市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのモバイル教育市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アメリカのモバイル教育市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 湿疹(Eczema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、湿疹(Eczema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・湿疹(Eczema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・湿疹(Eczema)のフェーズ3治験薬の状況 ・湿疹(Eczema)治療薬の市場規模(販売予測) ・湿疹(Eczema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・湿疹(Eczema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の湿疹(Eczema)治療薬剤
  • ガラス繊維製鋳型の世界市場予測(~2024年)
    ガラス繊維製鋳型の世界市場は、2019年の3億900万米ドルから2024年には4億6,800万米ドルに達し、この期間中8.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。ガラス繊維製鋳型は、風力エネルギー、建設・インフラ、自動車・輸送、航空宇宙・防衛、ならびに船舶・海洋などの様々な産業において利用されています。寸法的に正確で、軽量、かつ堅牢性に優れているといった特徴があります。つまり、最終用途産業における使用に適していると言えます。一方で、原材料の高コストは市場の成長を抑制する主な要因の1つとなっています。当調査レポートでは、ガラス繊維製鋳型の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂タイプ(エポキシ、ビニルエステル、ポリエステル)分析、最終用途産業(風力エネルギー、船舶、航空宇宙・防衛、自動車・輸送、建設・インフラ)分析、ガラス繊維製鋳型の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 知的所有権および使用料管理ソリューションの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、知的所有権および使用料管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、知的所有権および使用料管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用コーティングの世界市場について調査・分析し、航空宇宙用コーティングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 航空宇宙用コーティング市場の概要 3. 航空宇宙用コーティング市場の概要 4. 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026 5. 要約 6. 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026 7. 需要先産業別の航空宇宙用コーティング世界市場 8. 地域別の航空宇宙用コーティング世界市場2014-2026 9. 市場勢力図 10. 産業専門家の口述筆記 11. 企業概要 12. その他の重要なプレーヤー
  • 腎瘻用カテーテルの世界市場:種類別(バルーン、ルーメン)、用途別(病院、診療所)、地域別予測
    本資料は、腎瘻用カテーテルの世界市場について調べ、腎瘻用カテーテルの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(バルーン、ルーメン)分析、用途別(病院、診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAmecath 、Argon Medical Devices、Bard Medical、Boston Scientific、Cook Medical、Envaste、Gohar Shafa Medical Devices、Medi-Globe Corporation、Merit Medical Systems Inc.、ROCAMED、Teleflex Incorporated、UROMED 、Urotech 、Urovisionなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・腎瘻用カテーテルの世界市場概要 ・腎瘻用カテーテルの世界市場環境 ・腎瘻用カテーテルの世界市場動向 ・腎瘻用カテーテルの世界市場規模 ・腎瘻用カテーテルの世界市場規模:種類別(バルーン、ルーメン …
  • サブソイラの世界市場2017-2021:運搬型、牽引型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、サブソイラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サブソイラの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はサブソイラの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AGCO、Deere & Company、Great Plains Manufacturing、Landoll等です。
  • 企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、企業用サイバーセキュリティソリューション市場規模、エンドユーザー別(政府、BFSI、ヘルスケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Akamai Technologies, Check Point Software Technologies, Cisco Systems, IBM, Intel, Symanteなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場概要 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場環境 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場動向 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場規模 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場:業界構造分析 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場:エンドユーザー別(政府、BFSI、ヘルス …
  • クロスボーダーEコマース物流の世界市場:サービス別、地域別
    本レポートは、クロスボーダーEコマース物流の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・クロスボーダーEコマース物流の世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の硝酸アルミニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の硝酸アルミニウム市場2016について調査・分析し、硝酸アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーン・パッケージの世界市場
    当調査レポートでは、グリーン・パッケージの世界市場について調査・分析し、グリーン・パッケージの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • シリコーンエラストマーの世界市場2017-2021:HTV、LSR、RTV
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、シリコーンエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シリコーンエラストマーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はシリコーンエラストマーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はKCC、Momentive、Shin-Etsu Chemical、The Dow Chemical Company、Wacker Chemie等です。
  • 音楽の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音楽の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽の世界市場規模及び予測、音楽収益源別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 環境試験の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、環境試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、環境試験市場規模、用途別(空気試験、水質試験、土壌試験)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ALS, AsureQuality, Bureau Veritas, Eurofins Scientific, Intertek Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・環境試験の世界市場概要 ・環境試験の世界市場環境 ・環境試験の世界市場動向 ・環境試験の世界市場規模 ・環境試験の世界市場:業界構造分析 ・環境試験の世界市場:用途別(空気試験、水質試験、土壌試験) ・環境試験の世界市場:地域別市場規模・分析 ・環境試験の北米市場規模・予測 ・環境試験のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・環境試験のアジア太平洋市場規模・予測 ・環境試験の主要国分析 ・環境試験の世界市場:意思決定フレームワーク ・環境試験の世界市場:成長要因、課題 ・環境試験の世界市場:競争環境 ・ …
  • 乳酸の世界市場分析:用途別(産業、食品・飲料、医薬品、パーソナルケア)、ポリ乳酸(PLA)の世界市場分析:用途別(包装、農業、輸送、電子、テキスタイル)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、乳酸の世界市場について調査・分析し、乳酸の世界市場動向、乳酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別乳酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プロパントの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、プロパントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、地域別分析、プロパントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワーク変換の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ネットワーク変換の世界市場について調査・分析し、ネットワーク変換の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ネットワーク変換の世界市場規模:ソリューション別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:サービス別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ピレトリンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ピレトリンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ピレトリン市場規模、製品別(ピレトリン0.2、ピレトリン0.5)分析、用途別(医薬品、農業、獣医、動物衛生、森林保護、家庭用、商業用・工業用、公衆衛生、病害管理)分析、害虫種類別(鱗翅目、鞘翅目、ダニ、双翅目、吸汁害虫、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ピレトリンの世界市場:市場動向分析 ・ ピレトリンの世界市場:競争要因分析 ・ ピレトリンの世界市場:製品別(ピレトリン0.2、ピレトリン0.5) ・ ピレトリンの世界市場:用途別(医薬品、農業、獣医、動物衛生、森林保護、家庭用、商業用・工業用、公衆衛生、病害管理) ・ ピレトリンの世界市場:害虫種類別(鱗翅目、鞘翅目、ダニ、双翅目、吸汁害虫、その他) ・ ピレトリンの世界市場:主要地域別分析 ・ ピレトリンの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ピレトリンのヨーロッパ市場規模 ・ ピレトリンのアジア市場規模 …
  • Alpha-2Cアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAlpha-2Cアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Alpha-2Cアゴニスト(作動薬)の概要 ・Alpha-2Cアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAlpha-2Cアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Alpha-2Cアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Alpha-2Cアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ベルギーの関節鏡検査装置市場見通し
  • リフティングコラムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リフティングコラムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リフティングコラム市場規模、製品別(多段式、2段式)分析、用途別(産業部門、ヘルスケア部門、人間工学)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リフティングコラムの世界市場概要 ・リフティングコラムの世界市場環境 ・リフティングコラムの世界市場動向 ・リフティングコラムの世界市場規模 ・リフティングコラムの世界市場:業界構造分析 ・リフティングコラムの世界市場:製品別(多段式、2段式) ・リフティングコラムの世界市場:用途別(産業部門、ヘルスケア部門、人間工学) ・リフティングコラムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リフティングコラムの北米市場規模・予測 ・リフティングコラムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リフティングコラムのアジア太平洋市場規模・予測 ・リフティングコラムの主要国分析 ・リフティングコラムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 人工内耳の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、人工内耳の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人工内耳市場規模、種類別(片耳用、両耳用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・人工内耳の世界市場概要 ・人工内耳の世界市場環境 ・人工内耳の世界市場動向 ・人工内耳の世界市場規模 ・人工内耳の世界市場:業界構造分析 ・人工内耳の世界市場:種類別(片耳用、両耳用) ・人工内耳の世界市場:地域別市場規模・分析 ・人工内耳のアメリカ市場規模・予測 ・人工内耳のヨーロッパ市場規模・予測 ・人工内耳のアジア市場規模・予測 ・人工内耳の主要国分析 ・人工内耳の世界市場:意思決定フレームワーク ・人工内耳の世界市場:成長要因、課題 ・人工内耳の世界市場:競争環境 ・人工内耳の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • AR及びVRディスプレイの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、AR及びVRディスプレイの世界市場規模が2019年16億ドルから2024年44億ドルまで年平均221.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、AR及びVRディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向,技術別(AR、VR)分析、デバイス別(Hmd、Hud、プロジェクター)分析、用途別(消費者、企業、商業、ヘルスケア、航空宇宙&防衛)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・AR及びVRディスプレイの世界市場:技術別(AR、VR) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:デバイス別(Hmd、Hud、プロジェクター) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:用途別(消費者、企業、商業、ヘルスケア、航空宇宙&防衛) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど) ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 自動車用エンジンバルブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用エンジンバルブの世界市場について調査・分析し、自動車用エンジンバルブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用エンジンバルブシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用エンジンバルブ種類別分析(ガソリンエンジンバルブ、ディーゼルエンジンバルブ)、自動車用エンジンバルブ用途別分析(乗用車、商用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用エンジンバルブの市場概観 ・自動車用エンジンバルブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用エンジンバルブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用エンジンバルブの世界市場規模 ・自動車用エンジンバルブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用エンジンバルブのアメリカ市場規模推移 ・自動車用エンジンバルブのカナダ市場規模推移 ・自動車用エンジンバルブのメキシコ市場規模推移 ・自動車用エンジンバルブのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用エンジンバ …
  • ジェット燃料添加剤の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ジェット燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェット燃料添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水性塗料の世界市場:アクリル系塗料、ポリエステル樹脂塗料、アルキド樹脂塗料、エポキシ樹脂塗料、ポリウレタン樹脂塗料、PTFE、PVDF、PVDC
    当調査レポートでは、水性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 角膜炎(Keratitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における角膜炎(Keratitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、角膜炎(Keratitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・角膜炎(Keratitis)の概要 ・角膜炎(Keratitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の角膜炎(Keratitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・角膜炎(Keratitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・角膜炎(Keratitis)治療薬開発 …
  • 脂質栄養の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脂質栄養の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脂質栄養市場規模、製品別(脂肪酸、トリグリセリド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脂質栄養の世界市場概要 ・脂質栄養の世界市場環境 ・脂質栄養の世界市場動向 ・脂質栄養の世界市場規模 ・脂質栄養の世界市場:業界構造分析 ・脂質栄養の世界市場:製品別(脂肪酸、トリグリセリド) ・脂質栄養の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脂質栄養のアメリカ市場規模・予測 ・脂質栄養のヨーロッパ市場規模・予測 ・脂質栄養のアジア市場規模・予測 ・脂質栄養の主要国分析 ・脂質栄養の世界市場:意思決定フレームワーク ・脂質栄養の世界市場:成長要因、課題 ・脂質栄養の世界市場:競争環境 ・脂質栄養の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の車線逸脱警報システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の車線逸脱警報システム市場2015について調査・分析し、車線逸脱警報システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • OLED材料の世界市場
    当調査レポートでは、OLED材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OLED材料の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用避難器具の世界市場予測(~2022年):ライフベスト、避難スライド、射出座席、緊急用フロート
    当調査レポートでは、航空機用避難器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、器具種類別分析、航空機種類別分析、地域別分析、航空機用避難器具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発ぽうセラミックの世界市場:炭化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、その他
    当調査レポートでは、発ぽうセラミックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、発ぽうセラミック市場規模、種類別(炭化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Drache, LANIK, Porvair, Saint-Gobain, Vesuviusなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・発ぽうセラミックの世界市場概要 ・発ぽうセラミックの世界市場環境 ・発ぽうセラミックの世界市場動向 ・発ぽうセラミックの世界市場規模 ・発ぽうセラミックの世界市場:業界構造分析 ・発ぽうセラミックの世界市場:種類別(炭化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、その他) ・発ぽうセラミックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・発ぽうセラミックの北米市場規模・予測 ・発ぽうセラミックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・発ぽうセラミックのアジア太平洋市場規模・予測 ・発ぽうセラミックの主要国分析 ・発ぽうセ …
  • ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)市場規模、製品別(伸縮式RTLT、マスト型RTLT)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場概要 ・ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場環境 ・ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場動向 ・ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場規模 ・ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場:業界構造分析 ・ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場:製品別(伸縮式RTLT、マスト型RTLT) ・ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ラフテレーンフォークリフトトラック(RTLT)のアメリカ市場規模・予測 ・ラフテレ …
  • アルツハイマー病に伴う認知症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアルツハイマー病に伴う認知症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アルツハイマー病に伴う認知症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アルツハイマー病に伴う認知症の概要 ・アルツハイマー病に伴う認知症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアルツハイマー病に伴う認知症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルツハイマー病に伴う認知症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルツハイマー病に伴う認知症治療薬開発 …
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の膝関節再建市場動向(~2021)
  • 歩行型トラクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歩行型トラクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歩行型トラクターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"