"陽子治療の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23860)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"陽子治療の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The incidence of many cancers such as lung cancer, breast cancer, prostate cancer, colorectal cancer, and stomach cancer is increasing globally. The associated risk factors of cancers are also on the rise. A significant proportion of the risk of cancer incidence is attributed to the high body mass index, poor dietary habits lack of physical activity, tobacco use and alcohol consumption. Technavio’s analysts have predicted that the proton therapy market will register a CAGR of over 9% by 2022.
Market Overview
Advantages of proton therapy over standard radiation therapies
Protons can be charged to reach the exact depth where a tumor is located, then stop its further growth. Therefore, proton beams minimize exposure to the nearby healthy tissue surrounding the tumor.
High cost of proton bean therapy and lack of insurance coverage
The high capital costs of proton therapy facilities are restricting their adoption worldwide.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the proton therapy market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The global proton therapy market is highly concentrated and the market being in a growth phase, the competition among companies is intense. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"陽子治療の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Segmentation by product
• Comparison by product
• Equipment
• Services
• Market opportunity by product
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Proton therapy market in Americas
• Proton therapy market in EMEA
• Proton therapy market in APAC
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Technological advances
• Increasing number of clinical trials for indication expansion
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• IBA Worldwide
• Hitachi
• Mevion Medical Systems
• ProTom International
• Sumitomo Corporation
• Varian Medical Systems
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
PART 16: EXPLORE TECHNAVIO



Exhibit 01: Global radiation oncology market
Exhibit 02: Global radiation oncology market – Segments
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global proton therapy market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global proton therapy market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Global proton therapy market – Market share by product 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: Global proton therapy market by equipment – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 21: Global proton therapy market by equipment – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Global proton therapy market by services – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 23: Global proton therapy market by services – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by product
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global proton therapy market – Market share by region 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: Proton therapy market in Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 29: Proton therapy market in Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Top two countries in Americas
Exhibit 31: Proton therapy market in EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 32: Proton therapy market in EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33: Top two countries in EMEA
Exhibit 34: Proton therapy market in APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 35: Proton therapy market in APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Top two countries in APAC
Exhibit 37: Market opportunity
Exhibit 38: Vendor landscape
Exhibit 39: Landscape disruption
Exhibit 40: Vendors covered
Exhibit 41: Vendor classification
Exhibit 42: Market positioning of vendors
Exhibit 43: IBA Worldwide – Overview
Exhibit 44: IBA Worldwide – Business segments
Exhibit 45: IBA Worldwide – Organizational developments
Exhibit 46: IBA Worldwide – Geographic focus
Exhibit 47: IBA Worldwide – Segment focus
Exhibit 48: IBA Worldwide – Key offerings
Exhibit 49: IBA Worldwide – Key customers
Exhibit 50: Hitachi – Overview
Exhibit 51: Hitachi – Business segments
Exhibit 52: Hitachi – Organizational developments
Exhibit 53: Hitachi – Geographic focus
Exhibit 54: Hitachi – Segment focus
Exhibit 55: Hitachi – Key offerings
Exhibit 56: Hitachi – Key customers
Exhibit 57: Mevion Medical Systems – Overview
Exhibit 58: Mevion Medical Systems – Product segments
Exhibit 59: Mevion Medical Systems – Organizational developments
Exhibit 60: Mevion Medical Systems – Key offerings
Exhibit 61: Mevion Medical Systems – Key customers
Exhibit 62: ProTom International – Overview
Exhibit 63: ProTom International – Product segments
Exhibit 64: ProTom International – Organizational developments
Exhibit 65: ProTom International – Key offerings
Exhibit 66: ProTom International – Key customers
Exhibit 67: Sumitomo Corporation – Overview
Exhibit 68: Sumitomo Corporation – Business segments
Exhibit 69: Sumitomo Corporation – Organizational developments
Exhibit 70: Sumitomo Corporation – Geographic focus
Exhibit 71: Sumitomo Corporation – Segment focus
Exhibit 72: Sumitomo Corporation – Key offerings
Exhibit 73: Sumitomo Corporation – Key customers
Exhibit 74: Varian Medical Systems – Overview
Exhibit 75: Varian Medical Systems – Business segments
Exhibit 76: Varian Medical Systems – Organizational developments
Exhibit 77: Varian Medical Systems – Geographic focus
Exhibit 78: Varian Medical Systems – Segment focus
Exhibit 79: Varian Medical Systems – Key offerings
Exhibit 80: Varian Medical Systems – Key customers

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】陽子治療の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月20日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23860
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
陽子治療の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • バイオシミラーおよび後発生物製剤の世界市場動向・研究開発・売上予測:MAbs、融合蛋白質、インスリン、G-CSF、エリトロポエチン、インターフェロン、成長ホルモン、生殖ホルモン
    当調査レポートでは、バイオシミラーおよび後発生物製剤の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・バイオシミラーおよび後発生物製剤開発の概要 ・バイオシミラーの世界市場 ・主要国におけるバイオシミラー市場見通し ・新興国におけるバイオシミラー市場見通し ・モノクローナル抗体市場予測 ・融合蛋白質市場予測 ・インスリン市場予測 ・エリトロポエチン市場予測 ・G-CSF市場予測 ・インターフェロン市場予測 ・組み換えホルモン市場予測 ・定性分析 ・専門家の見解 ・結論
  • 抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)
    本調査レポートでは、抗線溶薬の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他) ・抗線溶薬の世界市場:エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス) ・抗線溶薬の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 栄養補助食品の世界市場
    当調査レポートでは、栄養補助食品の世界市場について調査・分析し、栄養補助食品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 偽装テクノロジの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、偽装テクノロジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、スタック別分析、産業別分析、地域別分析、偽装テクノロジの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウェアラブルカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブルカメラ市場2015について調査・分析し、ウェアラブルカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPETフィルム粘着テープ市場2019
    本調査レポートでは、世界のPETフィルム粘着テープ市場2019について調査・分析し、PETフィルム粘着テープの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、PETフィルム粘着テープのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、PETフィルム粘着テープメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・PETフィルム粘着テープの市場概要 ・PETフィルム粘着テープの上流・下流市場分析 ・PETフィルム粘着テープのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・PETフィルム粘着テープのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・PETフィルム粘着テープのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・PETフィルム粘着テープのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・PETフィルム粘着テープの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・PETフィルム粘着テープの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • 緩慢性リンパ腫(Indolent Lymphoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における緩慢性リンパ腫(Indolent Lymphoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、緩慢性リンパ腫(Indolent Lymphoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・緩慢性リンパ腫(Indolent Lymphoma)の概要 ・緩慢性リンパ腫(Indolent Lymphoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の緩慢性リンパ腫(Indolent Lymphoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・緩慢性リンパ腫(Indolent Lymphoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • パイプライン管理用IoTの世界市場2017-2021:資産モニタリング、予知保全、漏出探知、遠隔モニタリング
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パイプライン管理用IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パイプライン管理用IoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパイプライン管理用IoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCisco、Schneider Electric、Sierra Wireless、TELUS等です。
  • 世界のスキー用品市場2015
    本調査レポートでは、世界のスキー用品市場2015について調査・分析し、スキー用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 飲料パッケージングの世界市場2016-2026
  • 世界のタッチパネルディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界のタッチパネルディスプレイ市場2015について調査・分析し、タッチパネルディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドックおよびヤード管理システムの世界市場:種類別(輸送管理システム、倉庫管理システム)、用途別(運輸・物流、食料品、小包郵便、小売、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、ドックおよびヤード管理システムの世界市場について調べ、ドックおよびヤード管理システムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(輸送管理システム、倉庫管理システム)分析、用途別(運輸・物流、食料品、小包郵便、小売、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはManhattan Associates、Kelley Entrematic、Epicor Software Group、Royal4Systems、Oracle Corporation、Zebra、Softeon 、Sight Solution、Quark Software Inc、C3 Solutionsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場概要 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場環境 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場動向 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場規模 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場規模: …
  • 自動車用自転車ラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用自転車ラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用自転車ラック市場規模、製品別(ヒッチマウントラック、ルーフマウントラック、トランクマウントラック)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用自転車ラックの世界市場概要 ・自動車用自転車ラックの世界市場環境 ・自動車用自転車ラックの世界市場動向 ・自動車用自転車ラックの世界市場規模 ・自動車用自転車ラックの世界市場:業界構造分析 ・自動車用自転車ラックの世界市場:製品別(ヒッチマウントラック、ルーフマウントラック、トランクマウントラック) ・自動車用自転車ラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用自転車ラックのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用自転車ラックのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用自転車ラックのアジア市場規模・予測 ・自動車用自転車ラックの主要国分析 ・自動車用自転車ラックの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用自 …
  • 医療機器受託製造の世界市場予測
    当調査レポートでは、医療機器受託製造の世界市場について調査・分析し、医療機器受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医療機器受託製造の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医療機器受託製造の世界市場:セグメント別市場分析 ・医療機器受託製造の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界主要国における婦人科治療用内診台市場2018-2023
    本調査レポートでは、婦人科治療用内診台の世界市場について調査・分析し、婦人科治療用内診台の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(ハイブリッド型内診台、検診台)、用途別市場規模(病院、通院外科診療所、健診センター、急患センター、診療所)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、婦人科治療用内診台の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・婦人科治療用内診台の世界市場概要 ・婦人科治療用内診台の企業別市場シェア ・婦人科治療用内診台の地域別市場規模 ・婦人科治療用内診台の種類別市場規模(ハイブリッド型内診台、検診台) ・婦人科治療用内診台の用途別市場規模(病院、通院外科診療所、健診センター、急患センター、診療所) ・婦人科治療用内診台の主要企業分析 ・婦人科治療用内診台の北米市場規模 ・婦人科治療用内診台の米国市場規模 ・婦人科治療用内 …
  • GABAAモジュレーターのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGABAAモジュレーターのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GABAAモジュレーターの概要 ・GABAAモジュレーターのパイプライン概要 ・企業別開発中のGABAAモジュレーター ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GABAAモジュレーターの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GABAAモジュレーター開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 線状低密度ポリエチレン(LLDPE)の世界市場
    当調査レポートでは、線状低密度ポリエチレン (LLDPE) の世界市場について調査・分析し、線状低密度ポリエチレン (LLDPE) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • トランザクションモニタリングの世界市場予測(~2023年)
    トランザクションモニタリングの世界市場は、2018年の83億米ドルから2023年には168億米ドルに達し、この期間中15.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、KYCコンプライアンスの管理、マネーロンダリングやCTF防止の必要性、そして予防的リスクアラートを提供するための高度なアナリティクスの使用が考えられます。一方で、AML準拠に関して国境・管轄区域を超えた管理における問題は、依然として組織にとっての懸案事項です。さらに、リスク分析の専門家の不足が市場の成長を抑制すると予想されます。当調査レポートでは、トランザクションモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント分析、用途(AML、FDP、コンプライアンス管理、顧客ID管理)分析、機能分析、導入モード分析、トランザクションモニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝炎治療の世界市場:病型別(A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、肝炎治療の世界市場について調査・分析し、肝炎治療の世界市場動向、肝炎治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別肝炎治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IoTセンサの世界市場:圧力、温度、磁気計、加速度計、回転儀、慣性センサ、画像センサ
    当調査レポートでは、IoTセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、ネットワーク技術別分析、地域別分析、IoTセンサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプレフィルドシリンジ市場2015
    本調査レポートでは、世界のプレフィルドシリンジ市場2015について調査・分析し、プレフィルドシリンジの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カーレンタルの世界市場分析:車両別(高級車、超高級車、エコノミーカー、SUV、MUV)、用途別(現地使用、空港輸送、郊外)、セグメント予測
    本調査レポートでは、カーレンタルの世界市場について調査・分析し、カーレンタルの世界市場動向、カーレンタルの世界市場規模、市場予測、セグメント別カーレンタル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リードセンサーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、リードセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、コンタクト位置別(フォームA、フォームB、フォームC)分析、用途別(自動車・運輸、民生機器、ロボット・オートメーション、セーフティ・セキュリティ)分析、リードセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化粧料用顔料の世界市場予測(~2022年):構成(有機、無機)、種類、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、化粧料用顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、構成別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、化粧料用顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場:ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー
    Technavio社の本調査レポートでは、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場について調べ、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場予測 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー) ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太 …
  • 世界のポーチ包装機械市場:製品別、地域別
    本調査レポートはポーチ包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(HFFS、VFFS、SUP)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ポーチ包装機械の世界市場:製品別(HFFS、VFFS、SUP) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • POS端末の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、POS端末の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、POS端末市場規模、製品別(固定型、モバイル型)分析、エンドユーザー別(小売業、サービス業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・POS端末の世界市場概要 ・POS端末の世界市場環境 ・POS端末の世界市場動向 ・POS端末の世界市場規模 ・POS端末の世界市場:業界構造分析 ・POS端末の世界市場:製品別(固定型、モバイル型) ・POS端末の世界市場:エンドユーザー別(小売業、サービス業) ・POS端末の世界市場:地域別市場規模・分析 ・POS端末の北米市場規模・予測 ・POS端末のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・POS端末のアジア太平洋市場規模・予測 ・POS端末の主要国分析 ・POS端末の世界市場:意思決定フレームワーク ・POS端末の世界市場:成長要因、課題 ・POS端末の世界市場:競争環境 ・POS端末の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) …
  • 屋内ロケーションベースサービス(LBS)の世界市場:製品別、技術別(RFID・NFC、Wi-Fi/WLAN・BT/BLE)、用途別(トラッキング、近接、ナビゲーション)、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、屋内ロケーションベースサービス(LBS)の世界市場について調査・分析し、屋内ロケーションベースサービス(LBS)の世界市場動向、屋内ロケーションベースサービス(LBS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別屋内ロケーションベースサービス(LBS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カシアガムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カシアガムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カシアガム市場規模、エンドユーザー別(食品、工業生産、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カシアガムの世界市場概要 ・カシアガムの世界市場環境 ・カシアガムの世界市場動向 ・カシアガムの世界市場規模 ・カシアガムの世界市場:業界構造分析 ・カシアガムの世界市場:エンドユーザー別(食品、工業生産、その他) ・カシアガムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カシアガムの北米市場規模・予測 ・カシアガムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・カシアガムのアジア太平洋市場規模・予測 ・カシアガムの主要国分析 ・カシアガムの世界市場:意思決定フレームワーク ・カシアガムの世界市場:成長要因、課題 ・カシアガムの世界市場:競争環境 ・カシアガムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 有機過酸化物の世界市場予測(~2022年):ジアシル、ケトン、過炭酸塩、ジアルキル、ヒドロペルオキシド、パーオキシケタール、ペルオキシエステル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、有機過酸化物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、有機過酸化物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スロークッカーの世界市場
    当調査レポートでは、スロークッカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スロークッカーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レニン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレニン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レニン阻害剤の概要 ・レニン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のレニン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レニン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レニン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ドリンククーラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドリンククーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドリンククーラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はドリンククーラーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(4.28%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Danby• Electrolux• Haier• LG Electronics• Whirlpool等です。
  • 酒気検知器の世界市場分析:技術別(燃料電池、半導体センサー、赤外線(IR)分光法、その他)、用途別(薬物乱用検出、アルコール検出、医療用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、酒気検知器の世界市場について調査・分析し、酒気検知器の世界市場動向、酒気検知器の世界市場規模、市場予測、セグメント別酒気検知器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ギリシャの末梢血管用装置市場見通し
  • 建設ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、建設ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質3阻害剤の概要 ・非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質3阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質3阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質3阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • CMV検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • エポキシ接着剤の世界市場予測(~2026):種類別、用途別(建物&建設、交通、自動車、風力エネルギー、船舶、電気&電子)、地域別
    当調査レポートでは、エポキシ接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、エポキシ接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電池用セパレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電池用セパレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電池用セパレータの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電池用セパレータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.45 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ASAHI KASEI, • Cangzhou Mingzhu Plastic, • Celgard, • Daramic, • Dreamweaver等です。
  • ポリフェニレンスルファイドの世界市場2014-2025:用途別(自動車、電気・電子、工業、コーティング)、地域別
    本調査レポートでは、ポリフェニレンスルファイドの世界市場について調査・分析し、ポリフェニレンスルファイドの世界市場動向、ポリフェニレンスルファイドの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェニレンスルファイド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サウジアラビアの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • カーボン・ナノチューブの世界市場
    当調査レポートでは、カーボン・ナノチューブの世界市場について調査・分析し、カーボン・ナノチューブの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 業務用パニーニグリルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用パニーニグリルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用パニーニグリルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シャドー・バンキング・システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シャドー・バンキング・システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シャドー・バンキング・システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コントロールバルブの世界市場予測(~2024年):ボール、バタフライ、ゲート、グローブ、チェック、プラグ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コントロールバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(ボール、バタフライ、ゲート、グローブ、チェック、プラグ)分析、バルブサイズ別分析、バルブコンポーネント別(アクチュエーター、バルブ本体、その他)分析、産業別(石油・ガス、水・廃水処理、エネルギー・電力)分析、コントロールバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スーパースポーツ・オートバイの世界市場
    当調査レポートでは、スーパースポーツ・オートバイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スーパースポーツ・オートバイの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハードコーティング(硬質被膜)の世界市場予測:窒化物、酸化物、ホウ化物、炭素系、カーバイド
    当調査レポートでは、ハードコーティング(硬質被膜)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、被着法別分析、需要先別分析、ハードコーティング(硬質被膜)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のプラスチック軸受市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック軸受市場2015について調査・分析し、プラスチック軸受の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの膝関節再建市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"