"有害廃棄物管理の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23835)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"有害廃棄物管理の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The increasing development of measures to control illegal movement of hazardous waste to drive growth in the market. Improper management of hazardous wastes has negative impacts on the environment, particularly the quality of land and water. Thus, effective regulation of hazardous waste disposal and management is required at the international level. Technavio’s analysts have predicted that the hazardous waste management market will register a CAGR of close to 8% by 2022.
Market Overview

Owing to the rise in consumer spending, the demand for consumer electronics and automobiles has increased globally. Hence such growth in the industrial activities is expected to drive the global
High cost involved in hazardous waste management
The potential risk of hazardous wastes depends on its volume, characteristics, and the way the wastes are disposed of and treated. With strict regulations coming up pertaining to the efficient management by hazardous waste, new processes, technologies, and techniques have been adopted by service providers. Such requirements lead to an increase in complexities and higher costs of treatment.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the hazardous waste management market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including Veolia and Waste Management the competitive environment is quite intense. Factors such as the increasing development of measures to control illegal movement of hazardous waste and the increase in industrial activities, will provide considerable growth opportunities to hazardous waste management manufactures. CLEAN HARBORS, Republic Services, Sharps Compliance, TRADEBE, Veolia, and Waste Management are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"有害廃棄物管理の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Industrial – Market size and forecast 2017-2022
• Medical – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Increasing development of measures to control illegal movement of hazardous wastes
• Technological developments
• Stringent regulations for hazardous waste transporters
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• CLEAN HARBORS
• Republic Services
• Sharps Compliance
• TRADEBE
• Veolia
• Waste Management
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global waste management market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global – Market size and forecast 2017-2022 (MTPA)
Exhibit 09: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Industrial – Market size and forecast 2017-2022 (MTPA)
Exhibit 21: Industrial – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Medical – Market size and forecast 2017-2022 (MTPA)
Exhibit 23: Medical – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Others – Market size and forecast 2017-2022 (MTPA)
Exhibit 25: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Market opportunity by application
Exhibit 27: Customer landscape
Exhibit 28: Regional – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 29: Regional comparison
Exhibit 30: APAC – Market size and forecast 2017-2022 (MTPA)
Exhibit 31: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 (MTPA)
Exhibit 33: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Americas – Market size and forecast 2017-2022 (MTPA)
Exhibit 35: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Key leading countries
Exhibit 37: Market opportunity
Exhibit 38: Principles of Basel Convention on the control of transboundary movement of hazardous wastes
Exhibit 39: Vendor landscape
Exhibit 40: Landscape disruption
Exhibit 41: Vendors covered
Exhibit 42: Vendor classification
Exhibit 43: Market positioning of vendors
Exhibit 44: CLEAN HARBORS – Overview
Exhibit 45: CLEAN HARBORS – Business segments
Exhibit 46: CLEAN HARBORS – Organizational developments
Exhibit 47: CLEAN HARBORS – Geographic focus
Exhibit 48: CLEAN HARBORS – Segment focus
Exhibit 49: CLEAN HARBORS – Key offerings
Exhibit 50: Republic Services – Overview
Exhibit 51: Republic Services – Business segments
Exhibit 52: Republic Services – Organizational developments
Exhibit 53: Republic Services – Segment focus
Exhibit 54: Republic Services – Key offerings
Exhibit 55: Sharps Compliance – Overview
Exhibit 56: Sharps Compliance – Business segments
Exhibit 57: Sharps Compliance – Key offerings
Exhibit 58: TRADEBE – Overview
Exhibit 59: TRADEBE – Organizational developments
Exhibit 60: TRADEBE – Key offerings
Exhibit 61: Veolia – Overview
Exhibit 62: Veolia – Business segments
Exhibit 63: Veolia – Organizational developments
Exhibit 64: Veolia – Geographic focus
Exhibit 65: Veolia – Segment focus
Exhibit 66: Veolia – Key offerings
Exhibit 67: Waste Management – Overview
Exhibit 68: Waste Management – Business segments
Exhibit 69: Waste Management – Organizational developments
Exhibit 70: Waste Management – Geographic focus
Exhibit 71: Waste Management – Segment focus
Exhibit 72: Waste Management – Key offerings


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】有害廃棄物管理の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23835
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
有害廃棄物管理の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 機能性飲料の世界市場
    当調査レポートでは、機能性飲料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・機能性飲料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・機能性飲料の世界市場:機能別分析/市場規模 ・機能性飲料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・機能性飲料のアメリカ市場規模予測 ・機能性飲料のヨーロッパ市場規模予測 ・機能性飲料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 水力タービン市場の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水力タービン市場の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水力タービン市場市場規模、用途別(大型、小型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ANDRITZ, GENERAL ELECTRIC, Hitachi Mitsubishi Hydro, Siemens, TOSHIBAなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水力タービン市場の世界市場概要 ・水力タービン市場の世界市場環境 ・水力タービン市場の世界市場動向 ・水力タービン市場の世界市場規模 ・水力タービン市場の世界市場:業界構造分析 ・水力タービン市場の世界市場:用途別(大型、小型) ・水力タービン市場の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水力タービン市場の北米市場規模・予測 ・水力タービン市場のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・水力タービン市場のアジア太平洋市場規模・予測 ・水力タービン市場の主要国分析 ・水力タービン市場の世界市場:意思決定フレームワーク …
  • 潤滑剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、潤滑剤の世界市場について調査・分析し、潤滑剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別潤滑剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、潤滑剤種類別分析(半合成、合成、鉱物)、潤滑剤用途別分析(自動車、鉱業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・潤滑剤の市場概観 ・潤滑剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・潤滑剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・潤滑剤の世界市場規模 ・潤滑剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・潤滑剤のアメリカ市場規模推移 ・潤滑剤のカナダ市場規模推移 ・潤滑剤のメキシコ市場規模推移 ・潤滑剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・潤滑剤のドイツ市場規模推移 ・潤滑剤のイギリス市場規模推移 ・潤滑剤のロシア市場規模推移 ・潤滑剤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・潤滑剤の日本市場規模推移 ・潤滑剤の中国市場規模推移 ・潤滑剤の韓国市場規模推移 ・潤滑剤のインド市場規模推移 ・ …
  • 空気処理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、空気処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、空気処理市場規模、技術別(活性炭、従来型フィルター、静電沈殿機、高性能微粒子空気(HEPA)フィルター、イオンフィルター)分析、製品別(集塵機、エンジン排気システム、火災/緊急排気システム、フューム/集煙装置、除湿装置)分析、用途別(空気圧縮、排気)分析、エンドユーザー産業別(自動車、商業、製造、石油・ガス、発電)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 空気処理の世界市場:市場動向分析 ・ 空気処理の世界市場:競争要因分析 ・ 空気処理の世界市場:技術別(活性炭、従来型フィルター、静電沈殿機、高性能微粒子空気(HEPA)フィルター、イオンフィルター) ・ 空気処理の世界市場:製品別(集塵機、エンジン排気システム、火災/緊急排気システム、フューム/集煙装置、除湿装置) ・ 空気処理の世界市場:用途別(空気圧縮、排気) ・ 空気処理の世界市場:エンドユーザー産業別(自動車、商 …
  • 高圧バルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高圧バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧バルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧バルブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Danfoss• Accudyne Industries• Graco• High Pressure Equipment Company• Parker Hannifin等です。
  • ドライフィルムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ドライフィルムの世界市場について調査・分析し、ドライフィルムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ドライフィルムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ドライフィルム種類別分析(厚さ≤20μm、厚さ:21-29μm、厚さ:30-39μm、厚さ≥40μm)、ドライフィルム用途別分析(PCB、半導体用包装、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ドライフィルムの市場概観 ・ドライフィルムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ドライフィルムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ドライフィルムの世界市場規模 ・ドライフィルムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ドライフィルムのアメリカ市場規模推移 ・ドライフィルムのカナダ市場規模推移 ・ドライフィルムのメキシコ市場規模推移 ・ドライフィルムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ドライフィルムのドイツ市場規模推移 ・ドライフィルムのイギリス市場規模推移 ・ドライフィル …
  • 世界のメトロニダゾール市場2015
    本調査レポートでは、世界のメトロニダゾール市場2015について調査・分析し、メトロニダゾールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エレクトロポレーション機器の世界市場2020-2024
    「エレクトロポレーション機器の世界市場2020-2024」は、エレクトロポレーション機器について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(製薬企業およびバイオテクノロジー企業、学術研究機関、CRO)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・エレクトロポレーション機器の世界市場:エンドユーザー別(製薬企業およびバイオテクノロジー企業、学術研究機関、CRO) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のヘルスケアにおけるIoT市場:コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス、接続技術)、用途別(テレメディシン、コネクテッドイメージング、入院患者モニタリング)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ヘルスケアにおけるIoTの世界市場規模が2019年555億ドルから2024年1880億ドルまで年平均27.6%成長すると予測しています。当資料では、世界のヘルスケアにおけるIoT市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス)分析、用途別(遠隔医療、臨床運用およびワークフロー管理、コネクテッドイメージング、入院患者モニタリング、薬物管理、その他)分析、接続技術別(Wi-Fi、Bluetooth低エネルギー、Zigbee、NFC、携帯電話、衛星)分析、エンドユーザー別(病院・外科センター・クリニック、臨床研究機関、政府および防衛機関、研究および診断研究所)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のヘルスケアにおけるIoT市場:コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス) ・世界のヘルスケアにおけるIoT市場:用途別(遠隔医療、臨床運用およびワ …
  • 物流保険の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、物流保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物流保険の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は物流保険の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AGCS• AIG• Aon• AXA• Integrity Transportation Insurance Agency• Liberty Mutual Insurance• Marsh等です。
  • 抗生物質耐性の世界市場予測2019-2024
    「抗生物質耐性の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、尿路感染症、腹腔内感染症、血流感染症、クロストリジウム・ディフィシル感染症、急性細菌性皮膚感染症・皮膚構造感染症など、用途別には、Oxazolidinones、Lipoglycopeptides、Tetracyclines、Cephalosporins、Combination therapies、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。抗生物質耐性のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・抗生物質耐性の世界市場概要(サマリー) ・抗生物質耐性の企業別販売量・売上 ・抗生物質耐性の企業別市場シェア ・抗生物質耐性の世界市場規模:種類別(尿路感染症、腹腔内感染症、血流感染症、クロストリジウム・ディフィシル感染症、急性細菌性皮膚感染症・皮膚構造感染症) ・抗生物質耐性の世界市場規模:用途別(Oxazolidinones、Lipoglycopeptides、Tet …
  • 子宮鏡の世界市場2016-2020:ビデオ無し硬性子宮鏡、ビデオ無し軟性子宮鏡、ビデオ軟性子宮鏡
    当調査レポートでは、子宮鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子宮鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レジャーボートの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、レジャーボートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レジャーボート市場規模、製品別(ファウルリリースコーティング、防汚コーティング、防錆コーティング、その他)分析、動力別(非電動、電動)分析、種類別(船内ボート、船尾駆動ボート、個人用ウォータークラフト、船外機用ボート、セイルボート、その他)分析、装置別(IoTセンサー、テレマティックスソリューション、モニタリング機器、水検知センサー、温度・モーションセンサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ レジャーボートの世界市場:市場動向分析 ・ レジャーボートの世界市場:競争要因分析 ・ レジャーボートの世界市場:製品別(ファウルリリースコーティング、防汚コーティング、防錆コーティング、その他) ・ レジャーボートの世界市場:動力別(非電動、電動) ・ レジャーボートの世界市場:種類別(船内ボート、船尾駆動ボート、個人用ウォータークラフト、船外機用ボート、セイルボート、 …
  • 医薬品安全性監視(ファーマコビジランス)の世界市場:臨床試験段階別(前臨床、第Ⅰ相、第Ⅱ相、第Ⅲ相、第Ⅳ相)、サービスプロバイダー別(インハウス、契約アウトソーシング)、種類別、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、医薬品安全性監視(ファーマコビジランス)の世界市場について調査・分析し、医薬品安全性監視(ファーマコビジランス)の世界市場動向、医薬品安全性監視(ファーマコビジランス)の世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品安全性監視(ファーマコビジランス)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のパスポートプリンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のパスポートプリンター市場2015について調査・分析し、パスポートプリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱毛治療(ヘアケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 電気絶縁材料の世界市場:熱可塑性物質、エポキシ樹脂、セラミック
    当調査レポートでは、電気絶縁材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、電気絶縁材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ID・アクセス管理(IAM)の世界市場分析:展開別(クラウド、ハイブリッド、オン・プレミス)、エンドユーザー別(BFSI、エネルギー、石油・ガス、通信&IT、教育、ヘルスケア、公共部門・公益事業、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場について調査・分析し、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場動向、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ID・アクセス管理(IAM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データ作成の世界市場予測(~2021):プラットフォーム、ツール
    当調査レポートでは、データ作成の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、プラットフォーム別分析、ツール別分析、導入形態別分析、産業別分析、データ作成の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 仮想ルーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、仮想ルーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント(ソリューション、サービス)分析、タイプ(定義済み、カスタム)分析、エンドユーザー(サービスプロバイダー、企業)分析、仮想ルーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料電池の世界市場:製品別(PEMFC、PAFC、SOFC、MCFC)、用途別(固定式、輸送用、ポータブル)、セグメント予測
    燃料電池の世界市場は2025年には248億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率20.9%で成長すると予測されています。エネルギー多様化への国際的な圧力により、代替エネルギーに対する積極的な投資環境が提唱されています。本調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、燃料電池の世界市場動向、燃料電池の世界市場規模、市場予測、セグメント別燃料電池市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 専門診断の世界市場:免疫化学、臨床微生物学、POCT、血液学、止血
    当調査レポートでは、専門診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、専門診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療産業向けバイオメトリクス(生体認証)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、医療産業向けバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンバイン収穫機の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、コンバイン収穫機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンバイン収穫機市場規模、馬力別(300HP超、100-300HP、100HP未満)分析、製品別(動力取出式、自己推進式、トラクター牽引式)分析、流通経路別(オンライン販売、オフライン店舗)分析、用途別(米の収穫、大豆の収穫、小麦の収穫、その他)分析、クラス別(クラス4・5、クラス6、クラス7、クラス8、クラス9・10)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コンバイン収穫機の世界市場:市場動向分析 ・ コンバイン収穫機の世界市場:競争要因分析 ・ コンバイン収穫機の世界市場:馬力別(300HP超、100-300HP、100HP未満) ・ コンバイン収穫機の世界市場:製品別(動力取出式、自己推進式、トラクター牽引式) ・ コンバイン収穫機の世界市場:流通経路別(オンライン販売、オフライン店舗) ・ コンバイン収穫機の世界市場:用途別(米の収穫、大豆の収穫、小麦の収 …
  • LOW-Eガラスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LOW-Eガラスの世界市場について調査・分析し、LOW-Eガラスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LOW-Eガラスシェア、市場規模推移、市場規模予測、LOW-Eガラス種類別分析(単層、複層、三層 )、LOW-Eガラス用途別分析(住居用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LOW-Eガラスの市場概観 ・LOW-Eガラスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LOW-Eガラスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LOW-Eガラスの世界市場規模 ・LOW-Eガラスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LOW-Eガラスのアメリカ市場規模推移 ・LOW-Eガラスのカナダ市場規模推移 ・LOW-Eガラスのメキシコ市場規模推移 ・LOW-Eガラスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・LOW-Eガラスのドイツ市場規模推移 ・LOW-Eガラスのイギリス市場規模推移 ・LOW-Eガラスのロシア市場規模推移 ・LOW-E …
  • 被覆布の世界市場予測(~2023年):ポリマー、ゴム、布壁紙
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、被覆布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別(ポリマー、ゴム、布壁紙)分析、用途別(輸送、防護服、工業用、日除け・屋根材・天蓋、家具・椅子張り)分析、被覆布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD19抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD19抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD19抗体の概要 ・Anti-CD19抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD19抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD19抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD19抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の気管支内チューブ市場2015
    本調査レポートでは、世界の気管支内チューブ市場2015について調査・分析し、気管支内チューブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • BCGワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、BCGワクチンの世界市場について調査・分析し、BCGワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別BCGワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、BCGワクチン種類別分析(免疫BCG、治療用BCG)、BCGワクチン用途別分析(病院、クリニック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・BCGワクチンの市場概観 ・BCGワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・BCGワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・BCGワクチンの世界市場規模 ・BCGワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・BCGワクチンのアメリカ市場規模推移 ・BCGワクチンのカナダ市場規模推移 ・BCGワクチンのメキシコ市場規模推移 ・BCGワクチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・BCGワクチンのドイツ市場規模推移 ・BCGワクチンのイギリス市場規模推移 ・BCGワクチンのロシア市場規模推移 ・BCGワクチンのアジア市場分 …
  • 電力線通信の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、電力線通信の世界市場について調査・分析し、電力線通信の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・電力線通信の世界市場規模:変調方式別分析 ・電力線通信の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・電力線通信の世界市場規模:ソリューション別分析 ・電力線通信の世界市場規模:提供別分析 ・電力線通信の世界市場規模:電圧別分析 ・電力線通信の世界市場規模:周波数別分析 ・電力線通信の世界市場規模:垂直別分析 ・電力線通信の世界市場規模:用途別分析 ・電力線通信の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • メキシコの心臓人工弁市場(~2021)
  • レベルトランスミッターの世界市場予測(~2024年)
    レベルトランスミッターの世界市場は、2018年の30億米ドルから2024年には37億米ドルに達し、この期間中3.85%の年平均成長率で成長すると予測されています。レベルトランスミッターは設置が非常に簡単で、堅牢性が高く、乱流に強く、メンテナンスもほとんど必要ありません。在庫管理、プロセス効率、および安全性が求められるアプリケーションでは、より正確で信頼性の高い連続的なレベル測定が求められ、この市場の成長が促進されてきました。また、飲料・食品業界および医薬品業界においては、購買力の増加と消費者需要の高まり、ひいてはプロセス自動化に対する需要の高まりがこの市場の成長を後押ししています。さらには、産業オートメーションと資源の最適利用においても重点が置かれています。一方で、連続的なレベル測定では、大量のデータが生成され、それがネットワーク過密を招く可能性があります。当調査レポートでは、レベルトランスミッターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(静電容量、レーダー、超音波、差圧・静圧、磁歪、放射測定)分析、産業(石油・ガ …
  • アンジオテンシン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオテンシン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオテンシン受容体アゴニストの概要 ・アンジオテンシン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオテンシン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオテンシン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオテンシン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のマイクロ電子音響コンポーネント市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロ電子音響コンポーネント市場2015について調査・分析し、マイクロ電子音響コンポーネントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベトナムのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 神経科学用抗体及びアッセイの世界市場2020-2024
    「神経科学用抗体及びアッセイの世界市場2020-2024」は、神経科学用抗体及びアッセイについて市場概要、市場規模、製品別(消耗品、機器)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・神経科学用抗体及びアッセイの世界市場:製品別(消耗品、機器) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • トロンボキサンTXA2アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトロンボキサンTXA2アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トロンボキサンTXA2アンタゴニストの概要 ・トロンボキサンTXA2アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトロンボキサンTXA2アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トロンボキサンTXA2アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トロンボキサンTXA2アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 飼料用特殊添加剤の世界市場予測(~2022年):香料、甘味料、ミネラル、バインダー、ビタミン、酸味料、抗酸化剤
    当調査レポートでは、飼料用特殊添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、家畜別分析、機能別分析、形状別分析、飼料用特殊添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フルーツパウダーの世界市場2015
  • 在宅輸液療法の世界市場分析:製品別(輸液ポンプ、IVセット、IVカニューレ、ニードルレスコネクタ)、用途別(抗感染薬、内分泌学、水和療法、非経口栄養)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、在宅輸液療法の世界市場について調査・分析し、在宅輸液療法の世界市場動向、在宅輸液療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別在宅輸液療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマートガラスの世界市場分析:製品別(エレクトロクロミック、PDLC、SPD、サーモクロミック)、用途別(建築、運輸、消費者家電)、輸送別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、スマートガラスの世界市場動向、スマートガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用エアフィルターの世界市場:製品別(吸気、室内用)、用途別(乗用車、商用車)、エンドユーズ別(アフターマーケット 、OEM)、地域別
    本調査レポートでは、自動車用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、自動車用エアフィルターの世界市場動向、自動車用エアフィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用エアフィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オンライン電子製品販売の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オンライン電子製品販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン電子製品販売の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンの火力発電市場2016
  • 世界の医療用ウェアラブルデバイス市場
  • エッジコンピューティングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、エッジコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ハードウェア、プラットフォーム、およびサービス)分析、用途別(スマートシティ、IIoT、コンテンツ配信、リモートモニタリング、ARおよびVR)分析、組織規模別(SMEおよび大企業)分析、業種別分析、エッジコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、エッジコンピューティングの世界市場規模が2019年28億万ドルから2024年90億万ドルまで年平均26.5%成長すると予測しています。
  • ネットワークエミュレータの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ネットワークエミュレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(SD-WAN、クラウド、およびIoT)分析、業種別(通信、政府および防衛、金融)分析、ネットワークエミュレータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ネットワークエミュレータの世界市場規模が2019年146百万ドルから2024年217百万ドルまで年平均8.1%成長すると予測しています。
  • ランニング・フットウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ランニング・フットウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ランニング・フットウェアの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はランニング・フットウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• adidas, • ASICS, • New Balance, • Nike, • SKECHERS USA.等です。
  • レーダ装置の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、レーダ装置の世界市場規模が2017年192.5億ドルから2026年367.8億ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、レーダ装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーダ装置市場規模、コンポネント別(送信機、受信機、アンテナ、その他のコンポネント)分析、技術別(連続波(CW)レーダー、パルスレーダー)分析、UAVレーダー別(海上パトロールレーダー、合成開口レーダ)分析、範囲別(長距離レーダ、短距離レーダ、中距離レーダー)分析、周波数帯域別(Lバンド、K / Ku / Kaバンド、Cバンド、ミリバンド、 V / UHFバンド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ レーダ装置の世界市場:市場動向分析 ・ レーダ装置の世界市場:競争要因分析 ・ レーダ装置の世界市場:コンポネント別(送信機、受信機、アンテナ、その他のコンポネント) ・ レーダ装置の世界市場:技術別(連続波(C …
  • 世界のジシクロペンタジエン(DCPD)市場2016
    本調査レポートでは、世界のジシクロペンタジエン(DCPD)市場2016について調査・分析し、ジシクロペンタジエン(DCPD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"