"骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23859)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Myelofibrosis is as Philadelphia chromosome- negative myeloproliferative neoplasm (MPN), a rare mutation. The only FDA approved drug therapy is JAKAVI/JAKAFI (Ruxolitinib). It is a potent oral JAK1/ JAK2 inhibitor used for treating the patients with myelofibrosis. HSCT therapy is also having disadvantages regarding the unavailability of matching donors. Other therapies, including the transfusion and androgen therapy, merely reduce the anemic side effects of myelofibrosis. Thus, among all treatments available at present, none can be considered as an ideal one that can completely help in eradicating the disease. Technavio’s analysts have predicted that the myelofibrosis therapeutics market will register a CAGR of more than 7% by 2022.
Market Overview
Increasing number of companies entering the myelofibrosis segment
Before the launch of JAKAVI/JAKAFI, there were very few companies investing in the R&D of myelofibrosis therapies.
Limited market size as myelofibrosis is a rare disorder
The number of available therapies including the orphan drugs for this disorder is very limited. The treatment options employed by physicians are mostly the off- label drugs that are meant for the treatment of some other condition or the blood transfusion or stem cell transplantation.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the myelofibrosis therapeutics market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The global myelofibrosis therapeutics market is extremely concentrated. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: PIPELINE ANALYSIS
• Pipeline analysis
PART 06: MARKET SIZING
Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 07: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY TYPE OF TREATMENT
• Segmentation by type of treatment
• Comparison by type of treatment
• Drug therapy – Market size and forecast 2017-2022
• Blood transfusion – Market size and forecast 2017-2022
• HSCT – Market size and forecast 2017-2022
• Androgen Therapy – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by type of treatment
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• HSCT is the only curative option for myelofibrosis
• High off-label prescription including hydroxyurea, Immunomodulators, and steroids
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Bristol-Myers Squibb
• CELGENE
• Incyte
• Novartis
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations



Exhibit 01: Global oncology therapeutics market
Exhibit 02: Global oncology therapeutics market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Pipeline molecules for myelofibrosis 2017-2018
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 10: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: Type of treatment – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by type of treatment
Exhibit 21: Drug therapy – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: JAKAVI/JAKAFI sales from 2015-2017
Exhibit 23: Drug therapy – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24:  Blood transfusion – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 25: Blood transfusion – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: HSCT – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 27: HSCT – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Androgen therapy – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 29: Androgen Therapy – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Market opportunity by type of treatment
Exhibit 31: Customer landscape
Exhibit 32: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 33: Regional comparison
Exhibit 34: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 35: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Top 3 countries in Americas
Exhibit 37: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 38: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 40: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 41: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 42: Top 3 countries in APAC
Exhibit 43: Market opportunity
Exhibit 44: Vendor landscape
Exhibit 45: Landscape disruption
Exhibit 46: Vendor classification
Exhibit 47: Market positioning of vendors
Exhibit 48: Bristol-Myers Squibb – Overview
Exhibit 49: Bristol-Myers Squibb – Business segments
Exhibit 50: Bristol-Myers Squibb – Organizational developments
Exhibit 51: Bristol-Myers Squibb – Geographic focus
Exhibit 52: Bristol-Myers Squibb – Key offerings
Exhibit 53: Bristol-Myers Squibb – Key customers
Exhibit 54: CELGENE – Overview
Exhibit 55: CELGENE – Business segments
Exhibit 56: CELGENE – Organizational developments
Exhibit 57: CELGENE – Geographic focus
Exhibit 58: CELGENE – Key offerings
Exhibit 59: CELGENE – Key customers
Exhibit 60: Incyte – Overview
Exhibit 61: Incyte – Business segments
Exhibit 62: Incyte – Organizational developments
Exhibit 63: Incyte – Geographic focus
Exhibit 64: Incyte – Key offerings
Exhibit 65: Incyte – Key customers
Exhibit 66: Novartis – Overview
Exhibit 67: Novartis – Business segments
Exhibit 68: Novartis – Organizational developments
Exhibit 69: Novartis – Geographic focus
Exhibit 70: Novartis – Segment focus
Exhibit 71: Novartis – Key offerings
Exhibit 72: Novartis – Key customers


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23859
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の耐火物市場2015
    本調査レポートでは、世界の耐火物市場2015について調査・分析し、耐火物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートピル市場規模・予測2017-2025:用途別(カプセル内視鏡、薬品供給、患者監視)、ターゲットエリア別(食堂、腹、小腸・大腸)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートピル市場について調査・分析し、世界のスマートピル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートピル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 物質乱用治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、物質乱用治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、物質乱用治療の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • スマートパッケージングの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、スマートパッケージングの世界市場について調査・分析し、スマートパッケージングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. スマートパッケージング市場の概要 3. スマートパッケージングの世界市場2016-2026 4. スマートパッケージングの需要先別2次市場2016-2026 5. スマートパッケージングの技術別2次市場2016-2026 6. スマートパッケージングの主要国市場2016-2026 7. スマートパッケージング市場のSWOT分析 8. スマートパッケージング市場における主要企業 9. 結論および提言 10. 用語集
  • 自動車ドアラッチの世界市場予測(~2021年):サイドドア用ラッチ、フード用ラッチ、テールゲート用ラッチ、後部座席用ラッチ
    当調査レポートでは、自動車ドアラッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、車両別分析、地域別分析、自動車ドアラッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジルコニウム濃縮物市場2016
    本調査レポートでは、世界のジルコニウム濃縮物市場2016について調査・分析し、ジルコニウム濃縮物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用海藻の世界市場予測(~2023年):紅藻、褐藻、緑藻
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、商業用海藻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(紅藻、褐藻、緑藻)分析、採取方法(養殖、野生の採取)分析、形態別(液体、粉末、フレーク)分析、用途別(食品、飼料、農業)分析、商業用海藻の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの潤滑油基油市場動向及び予測(~2020)
  • 体外診断用医薬品の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、体外診断用医薬品の世界市場について調査・分析し、体外診断用医薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 概要 3. 体外診断用医薬品の世界市場 4. 体外診断用医薬品2次市場 5. 主要国の体外診断用医薬品市場 6. 体外診断用医薬品市場における主要企業 7. 体外診断用医薬品市場のSWOT・STEP分析 8. 調査インタビュー 9. 結論
  • 世界のニオブコンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のニオブコンデンサ市場2015について調査・分析し、ニオブコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ナイトビジョンシステム(NVS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ナイトビジョンシステム(NVS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ナイトビジョンシステム(NVS)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のレストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)治療薬剤
  • コネクテッドトイの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、コネクテッドトイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、相互作用デバイス別(スマートフォン接続用おもちゃ、アプリ接続用ドローン、コンソール接続用おもちゃ、タブレット接続用おもちゃ)分析、年齢グループ別(2〜5歳、6〜8歳、9〜12歳、および10代)分析、コネクテッドトイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、コネクテッドトイの世界市場規模が2019年57億ドルから2024年138億ドルまで年平均19.3%成長すると予測しています。
  • ヘルニア修復の世界市場:ヘルニアのタイプ別(鼠径ヘルニア、瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア)、メッシュタイプ別(バイオメッシュ、合成メッシュ)、地域別予測
    本資料は、ヘルニア修復の世界市場について調べ、ヘルニア修復の世界規模、市場動向、市場環境、ヘルニアのタイプ別(鼠径ヘルニア、瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア)分析、メッシュタイプ別(バイオメッシュ、合成メッシュ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヘルニア修復の世界市場概要 ・ヘルニア修復の世界市場環境 ・ヘルニア修復の世界市場動向 ・ヘルニア修復の世界市場規模 ・ヘルニア修復の世界市場規模:ヘルニアのタイプ別(鼠径ヘルニア、瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア) ・ヘルニア修復の世界市場規模:メッシュタイプ別(バイオメッシュ、合成メッシュ) ・ヘルニア修復の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘルニア修復の北米市場規模・予測 ・ヘルニア修復のアメリカ市場規模・予測 ・ヘルニア修復のヨーロッパ市場規模・予測 ・ヘルニア修復のアジア市場規模・予測 ・ヘルニア修復の日本市場規模・予測 ・ヘルニア修復の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のピリメタニル市場2015
    本調査レポートでは、世界のピリメタニル市場2015について調査・分析し、ピリメタニルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ファンアウト型WLP(FOWLP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファンアウト型WLP(FOWLP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファンアウト型WLP(FOWLP)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スポーツバッグの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、スポーツバッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツバッグの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はスポーツバッグの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、adidas、Nike、Under Armour、VFC、YONEX等です。
  • 低リン酸血症(Hypophosphatemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低リン酸血症(Hypophosphatemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬剤
  • ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場について調査・分析し、ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ホットフォイルスタンピングマシンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ホットフォイルスタンピングマシン種類別分析()、ホットフォイルスタンピングマシン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ホットフォイルスタンピングマシンの市場概観 ・ホットフォイルスタンピングマシンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ホットフォイルスタンピングマシンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場規模 ・ホットフォイルスタンピングマシンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ホットフォイルスタンピングマシンのアメリカ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのカナダ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのメキシコ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのヨーロッパ市 …
  • ヨーロッパの顕微鏡市場
    当調査レポートでは、ヨーロッパの顕微鏡市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの顕微鏡市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱間圧延異形バー市場2019
    本調査レポートでは、世界の熱間圧延異形バー市場2019について調査・分析し、熱間圧延異形バーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、熱間圧延異形バーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、熱間圧延異形バーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・熱間圧延異形バーの市場概要 ・熱間圧延異形バーの上流・下流市場分析 ・熱間圧延異形バーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延異形バーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延異形バーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・熱間圧延異形バーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延異形バーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延異形バーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延異形バーの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 世界の縫合糸市場2016
    本調査レポートでは、世界の縫合糸市場2016について調査・分析し、縫合糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリン化アルミニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のリン化アルミニウム市場2016について調査・分析し、リン化アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツターフの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スポーツターフの世界市場について調査・分析し、スポーツターフの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スポーツターフシェア、市場規模推移、市場規模予測、スポーツターフ種類別分析()、スポーツターフ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スポーツターフの市場概観 ・スポーツターフのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スポーツターフのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スポーツターフの世界市場規模 ・スポーツターフの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スポーツターフのアメリカ市場規模推移 ・スポーツターフのカナダ市場規模推移 ・スポーツターフのメキシコ市場規模推移 ・スポーツターフのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スポーツターフのドイツ市場規模推移 ・スポーツターフのイギリス市場規模推移 ・スポーツターフのロシア市場規模推移 ・スポーツターフのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 世界の硫酸アルミニウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸アルミニウム市場2015について調査・分析し、硫酸アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療文書管理の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、医療文書管理の世界市場について調査・分析し、医療文書管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医療文書管理の世界市場:市場動向分析 - 医療文書管理の世界市場:競争要因分析 - 医療文書管理の世界市場・デリバリー形態別 ・クラウドベースモデル ・オンプレミスモデル ・ウェブベースソリューション - 医療文書管理の世界市場:用途別 ・入院・登録文書管理 ・画像管理 ・患者料金請求文書管理 ・患者カルテ管理 - 医療文書管理の世界市場:製品別 ・医療文書管理サービス ・医療文書管理ソリューション - 医療文書管理の世界市場:エンドユーザー別 ・養護老人ホーム ・保険提供者 ・病院・クリニック ・その他の医療機関 - 医療文書管理の世界市場:主要地域別分析 - 医療文書管理の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医療文書管理のヨーロッパ市場規模 - 医療文書管理のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医療文書管理の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • メキシコのポリプロピレン市場(~2019)
  • 微生物攻法の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、微生物攻法の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、微生物攻法市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・微生物攻法の世界市場概要 ・微生物攻法の世界市場環境 ・微生物攻法の世界市場動向 ・微生物攻法の世界市場規模 ・微生物攻法の世界市場:業界構造分析 ・微生物攻法の世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・微生物攻法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・微生物攻法のアメリカ市場規模・予測 ・微生物攻法のヨーロッパ市場規模・予測 ・微生物攻法のアジア市場規模・予測 ・微生物攻法の主要国分析 ・微生物攻法の世界市場:意思決定フレームワーク ・微生物攻法の世界市場:成長要因、課題 ・微生物攻法の世界市場:競争環境 ・微生物攻法の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • グルジアの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ヘルスケア接着テープの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、ヘルスケア接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂別(アクリル、ゴム、シリコン)分析、下地材料別(紙、ファブリック、プラスチック)分析、用途別(手術、衛生、創傷被覆材、静脈ライン保護、オストミーシール、副木、包帯、診断)分析、ヘルスケア接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リモートセンシング衛星の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、リモートセンシング衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リモートセンシング衛星の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はリモートセンシング衛星の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Airbus Defence and Space• Ball Aerospace• Boeing• Lockheed Martin• Thales Alenia Space等です。
  • スマートウィンドウの世界市場:電気作動式スマートウィンドウ、環境作動式スマートウィンドウ
    当調査レポートでは、スマートウィンドウの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウィンドウの世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スパの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スパの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スパ市場規模、種類別(デイ・クラブ・サロンスパ、ホテル・リゾートスパ、デスティネーションスパ、メディカルスパ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スパの世界市場概要 ・スパの世界市場環境 ・スパの世界市場動向 ・スパの世界市場規模 ・スパの世界市場:業界構造分析 ・スパの世界市場:種類別(デイ・クラブ・サロンスパ、ホテル・リゾートスパ、デスティネーションスパ、メディカルスパ、その他) ・スパの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スパの北米市場規模・予測 ・スパのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スパのアジア太平洋市場規模・予測 ・スパの主要国分析 ・スパの世界市場:意思決定フレームワーク ・スパの世界市場:成長要因、課題 ・スパの世界市場:競争環境 ・スパの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • スマートフォンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スマートフォンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートフォン市場規模、価格帯別(500米ドル以上、200-500米ドル、100-200米ドル、100米ドル以下)分析、OS別(ウィンドウズ、アンドロイド、iOS、BlackberryOS、その他)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、サイズ別(6.0"以上、4.0"–5.0"、4.0"以下)分析、RAMサイズ別(8GB以下、2GB–4GB、2GB以下)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマートフォンの世界市場:市場動向分析 ・ スマートフォンの世界市場:競争要因分析 ・ スマートフォンの世界市場:価格帯別(500米ドル以上、200-500米ドル、100-200米ドル、100米ドル以下) ・ スマートフォンの世界市場:OS別(ウィンドウズ、アンドロイド、iOS、BlackberryOS、その他) ・ スマートフォンの世界市場:流通経路別(オフライン、 …
  • 世界の赤外線検知装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線検知装置市場2015について調査・分析し、赤外線検知装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ニッケル合金の世界市場予測(~2022年):耐腐食性、耐熱性、高機能、電子用合金
    当調査レポートでは、ニッケル合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、ニッケル合金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の薬物送達注入装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、薬物送達注入装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・薬物送達注入装置の概要 ・薬物送達注入装置の開発動向:開発段階別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:セグメント別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:領域別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:規制Path別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別薬物送達注入装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・薬物送達注入装置の最近動向
  • ポーランドの整形外科装置市場見通し
  • 3次元座標測定機(CMM)の世界市場予測(~2023年)
    3次元座標測定機(CMM)の世界市場は、2018年の28億米ドルから2023年には41億米ドルに達し、この期間中8.00%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、モデリングや解析向けの3次元(3D)データによる高精度の検査、Idustrial Internet of Thing(IIoT)への関心の高まり、および優れた品質検査が考えれられます。一方で、3次元座標測定機の設定コストが高いことにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、3次元座標測定機(CMM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(ブリッジ、カンチレバー、多関節アーム、ハンドヘルド)分析、用途(品質管理・検査、リバースエンジニアリング)分析、産業(自動車、重機)分析、3次元座標測定機(CMM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の圧迫療法機器市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、圧迫療法機器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・圧迫療法機器の概要 ・圧迫療法機器の開発動向:開発段階別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:セグメント別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:領域別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:規制Path別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別圧迫療法機器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・圧迫療法機器の最近動向
  • 世界のレンズ洗浄液市場2015
    本調査レポートでは、世界のレンズ洗浄液市場2015について調査・分析し、レンズ洗浄液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートロックの世界市場予測(~2023年):デッドボルト、レバーハンドル、南京錠
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ロック種類別分析、通信プロトコル別分析、産業別分析、地域別分析、スマートロックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コーンビーム断層撮影法(CBCT) /コーンビーム画像化の世界市場予測(~2021):用途別(歯科(口腔および顎顔面外科手術、インプラント、矯正歯科、歯内治療)、患者の姿勢別(立ち姿勢/座り姿勢、着席、仰向け)、エンドユーザー別(病院、健康保険適用外開業医)
    当調査レポートでは、コーンビーム断層撮影法(CBCT) /コーンビーム画像化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、患者の姿勢別分析、需要先別分析、地域別分析、コーンビーム断層撮影法(CBCT) /コーンビーム画像化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の衛星電話市場2019
    本調査レポートでは、世界の衛星電話市場2019について調査・分析し、衛星電話の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、衛星電話のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、衛星電話メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・衛星電話の市場概要 ・衛星電話の上流・下流市場分析 ・衛星電話のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・衛星電話のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・衛星電話のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・衛星電話のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・衛星電話の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・衛星電話の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・衛星電話の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・衛星電話の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・衛星電話のヨー …
  • ポーランドの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 米国の子供用自転車市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の子供用自転車市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の子供用自転車市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの太陽熱発電市場2016
  • デンマークの心臓補助装置市場見通し
  • ポルトガルの装具市場見通し
  • 外骨格型ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、外骨格型ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、収益モデル分析、価格分析、外骨格型ロボットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"