"骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23859)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Myelofibrosis is as Philadelphia chromosome- negative myeloproliferative neoplasm (MPN), a rare mutation. The only FDA approved drug therapy is JAKAVI/JAKAFI (Ruxolitinib). It is a potent oral JAK1/ JAK2 inhibitor used for treating the patients with myelofibrosis. HSCT therapy is also having disadvantages regarding the unavailability of matching donors. Other therapies, including the transfusion and androgen therapy, merely reduce the anemic side effects of myelofibrosis. Thus, among all treatments available at present, none can be considered as an ideal one that can completely help in eradicating the disease. Technavio’s analysts have predicted that the myelofibrosis therapeutics market will register a CAGR of more than 7% by 2022.
Market Overview
Increasing number of companies entering the myelofibrosis segment
Before the launch of JAKAVI/JAKAFI, there were very few companies investing in the R&D of myelofibrosis therapies.
Limited market size as myelofibrosis is a rare disorder
The number of available therapies including the orphan drugs for this disorder is very limited. The treatment options employed by physicians are mostly the off- label drugs that are meant for the treatment of some other condition or the blood transfusion or stem cell transplantation.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the myelofibrosis therapeutics market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The global myelofibrosis therapeutics market is extremely concentrated. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: PIPELINE ANALYSIS
• Pipeline analysis
PART 06: MARKET SIZING
Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 07: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY TYPE OF TREATMENT
• Segmentation by type of treatment
• Comparison by type of treatment
• Drug therapy – Market size and forecast 2017-2022
• Blood transfusion – Market size and forecast 2017-2022
• HSCT – Market size and forecast 2017-2022
• Androgen Therapy – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by type of treatment
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• HSCT is the only curative option for myelofibrosis
• High off-label prescription including hydroxyurea, Immunomodulators, and steroids
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Bristol-Myers Squibb
• CELGENE
• Incyte
• Novartis
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations



Exhibit 01: Global oncology therapeutics market
Exhibit 02: Global oncology therapeutics market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Pipeline molecules for myelofibrosis 2017-2018
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 10: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: Type of treatment – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by type of treatment
Exhibit 21: Drug therapy – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: JAKAVI/JAKAFI sales from 2015-2017
Exhibit 23: Drug therapy – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24:  Blood transfusion – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 25: Blood transfusion – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: HSCT – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 27: HSCT – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Androgen therapy – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 29: Androgen Therapy – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Market opportunity by type of treatment
Exhibit 31: Customer landscape
Exhibit 32: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 33: Regional comparison
Exhibit 34: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 35: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Top 3 countries in Americas
Exhibit 37: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 38: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 40: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 41: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 42: Top 3 countries in APAC
Exhibit 43: Market opportunity
Exhibit 44: Vendor landscape
Exhibit 45: Landscape disruption
Exhibit 46: Vendor classification
Exhibit 47: Market positioning of vendors
Exhibit 48: Bristol-Myers Squibb – Overview
Exhibit 49: Bristol-Myers Squibb – Business segments
Exhibit 50: Bristol-Myers Squibb – Organizational developments
Exhibit 51: Bristol-Myers Squibb – Geographic focus
Exhibit 52: Bristol-Myers Squibb – Key offerings
Exhibit 53: Bristol-Myers Squibb – Key customers
Exhibit 54: CELGENE – Overview
Exhibit 55: CELGENE – Business segments
Exhibit 56: CELGENE – Organizational developments
Exhibit 57: CELGENE – Geographic focus
Exhibit 58: CELGENE – Key offerings
Exhibit 59: CELGENE – Key customers
Exhibit 60: Incyte – Overview
Exhibit 61: Incyte – Business segments
Exhibit 62: Incyte – Organizational developments
Exhibit 63: Incyte – Geographic focus
Exhibit 64: Incyte – Key offerings
Exhibit 65: Incyte – Key customers
Exhibit 66: Novartis – Overview
Exhibit 67: Novartis – Business segments
Exhibit 68: Novartis – Organizational developments
Exhibit 69: Novartis – Geographic focus
Exhibit 70: Novartis – Segment focus
Exhibit 71: Novartis – Key offerings
Exhibit 72: Novartis – Key customers


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23859
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業用電流センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用電流センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用電流センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 産業用電流センサーは、電流を交流・直流の別に読出した後にアナログまたはデジタル信号で表示する装置です。 電流センサーは、電流を検知し、簡単に測定できる出力電圧に変換します。 Technavio社は産業用電流センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Honeywell• Infineon Technologies • Eaton• Allegro MicroSystems等です。
  • 船舶用アウトボードエンジンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、船舶用アウトボードエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用アウトボードエンジンの世界市場規模及び予測、エンジンパワー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 持続血糖測定器(CGM)の北米市場
    本調査レポートでは、持続血糖測定器(CGM)の北米市場について調査・分析し、持続血糖測定器(CGM)の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 無菌試験の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、無菌試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無菌試験市場規模、製品別(キット・試薬、検査機器、サービス)分析、検査別(抗菌有効性検査、容器密封完全性検査、直接接種、膜濾過、迅速ミクロ検査、直接移植)分析、用途別(生物汚染度検査、医療機器製造、医薬品・生物製剤製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 無菌試験の世界市場:市場動向分析 ・ 無菌試験の世界市場:競争要因分析 ・ 無菌試験の世界市場:製品別(キット・試薬、検査機器、サービス) ・ 無菌試験の世界市場:検査別(抗菌有効性検査、容器密封完全性検査、直接接種、膜濾過、迅速ミクロ検査、直接移植) ・ 無菌試験の世界市場:用途別(生物汚染度検査、医療機器製造、医薬品・生物製剤製造、その他) ・ 無菌試験の世界市場:主要地域別分析 ・ 無菌試験の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 無菌試験のヨーロッパ市場規模 ・ 無菌試験のアジア市場規模(日本市場、中国市 …
  • 世界の正立顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の正立顕微鏡市場2015について調査・分析し、正立顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 窓用ソーラーコントロールフィルムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、窓用ソーラーコントロールフィルムの世界市場について調査・分析し、窓用ソーラーコントロールフィルムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別窓用ソーラーコントロールフィルムシェア、市場規模推移、市場規模予測、窓用ソーラーコントロールフィルム種類別分析(透明フィルム(無反射)、色付フィルム(無反射)、真空コーティングフィルム(反射))、窓用ソーラーコントロールフィルム用途別分析(公共施設、住宅建物、自動車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・窓用ソーラーコントロールフィルムの市場概観 ・窓用ソーラーコントロールフィルムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・窓用ソーラーコントロールフィルムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・窓用ソーラーコントロールフィルムの世界市場規模 ・窓用ソーラーコントロールフィルムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・窓用ソーラーコントロールフィルムのアメリカ市場規模推移 ・窓用ソーラーコントロールフィルムのカナダ市場規模推移 …
  • セルフクリーニングフィルターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、セルフクリーニングフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、セルフクリーニングフィルターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エキソソーム研究関連製品の世界市場予測(~2024年)
    エキソソーム研究関連製品の世界市場は、2019年の9,100万米ドルから2024年には2億6,400万米ドルに達し、この期間中23.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ライフサイエンス研究への資金提供の増加、がんの蔓延、およびエキソソームベースの治療への関心の高まりなどが考えられます。一方で、熟練した専門家の不足により、この市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、エキソソーム研究関連製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス(キット、試薬、機器、サービス)分析、用途(がん)分析、エンドユーザー(病院、学術機関、研究所)分析、エキソソーム研究関連製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • うっ血性心不全(CHF)治療装置の世界市場分析:製品別(心室補助装置、カウンター脈動装置、植込み型除細動器、心臓ペースメーカー、心臓再同期療法)、セグメント予測
    本調査レポートでは、うっ血性心不全(CHF)治療装置の世界市場について調査・分析し、うっ血性心不全(CHF)治療装置の世界市場動向、うっ血性心不全(CHF)治療装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別うっ血性心不全(CHF)治療装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のディジタイザー市場2016
    本調査レポートでは、世界のディジタイザー市場2016について調査・分析し、ディジタイザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリコーン油市場2016
    本調査レポートでは、世界のシリコーン油市場2016について調査・分析し、シリコーン油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ラボ用消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラボ用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラボ用消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロールフォーミングマシンの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ロールフォーミングマシンの世界市場について調べ、ロールフォーミングマシンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロールフォーミングマシンの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(自動車産業、製造産業、建設産業)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はロールフォーミングマシンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ロールフォーミングマシンの市場状況 ・ロールフォーミングマシンの市場規模 ・ロールフォーミングマシンの市場予測 ・ロールフォーミングマシンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(自動車産業、製造産業、建設産業) ・ロールフォーミングマシンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・ …
  • OTC装具および支持具の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、OTC装具および支持具の世界市場について調査・分析し、OTC装具および支持具の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・OTC装具および支持具の世界市場規模:販売チャンネル別分析 ・OTC装具および支持具の世界市場規模:製品別分析 ・OTC装具および支持具の世界市場規模:用途別分析 ・OTC装具および支持具の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・OTC装具および支持具の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場について調べ、慢性閉塞性肺疾患治療の世界規模、市場動向、市場環境、薬剤クラス別(併用剤、気管支拡張剤、コルチコステロイド、ホスホジエステラーゼ4阻害剤、ムコキネティクス、その他)分析、流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場動向 ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場環境 ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場規模 ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場規模:薬剤クラス別(併用剤、気管支拡張剤、コルチコステロイド、ホスホジエステラーゼ4阻害剤、ムコキネティクス、その他) ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場規模:流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局) ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・慢性閉塞性肺疾患治療の北米市場規模・予測 ・慢性閉塞性肺疾患治療 …
  • 中国の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 中国のヨーグルト市場2015
    本調査レポートでは、中国のヨーグルト市場2015について調査・分析し、ヨーグルトの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イブプロフェンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、イブプロフェンの世界市場について調査・分析し、イブプロフェンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別イブプロフェンシェア、市場規模推移、市場規模予測、イブプロフェン種類別分析(USP,EP)、イブプロフェン用途別分析(錠剤、カプセル、懸濁液、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・イブプロフェンの市場概観 ・イブプロフェンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・イブプロフェンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・イブプロフェンの世界市場規模 ・イブプロフェンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・イブプロフェンのアメリカ市場規模推移 ・イブプロフェンのカナダ市場規模推移 ・イブプロフェンのメキシコ市場規模推移 ・イブプロフェンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・イブプロフェンのドイツ市場規模推移 ・イブプロフェンのイギリス市場規模推移 ・イブプロフェンのロシア市場規模推移 ・イブプロフェンのアジア市場分析(日 …
  • 炭化けい素セラミックスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、炭化けい素セラミックスの世界市場について調査・分析し、炭化けい素セラミックスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別炭化けい素セラミックスシェア、市場規模推移、市場規模予測、炭化けい素セラミックス種類別分析(直接焼結炭化けい素、反応焼結炭化けい素、ホットプレッシング炭化けい素、CVD炭化けい素)、炭化けい素セラミックス用途別分析(機械製造、金属産業、化学工学、航空宇宙・防衛、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・炭化けい素セラミックスの市場概観 ・炭化けい素セラミックスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・炭化けい素セラミックスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・炭化けい素セラミックスの世界市場規模 ・炭化けい素セラミックスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・炭化けい素セラミックスのアメリカ市場規模推移 ・炭化けい素セラミックスのカナダ市場規模推移 ・炭化けい素セラミックスのメキシコ市場規模推移 ・炭化けい素セラミックスのヨーロッパ市場 …
  • インドの火力発電市場2016
  • 自動車用コネクタの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用コネクタの世界市場について調査・分析し、自動車用コネクタの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用コネクタの世界市場:市場動向分析 - 自動車用コネクタの世界市場:競争要因分析 - 自動車用コネクタの世界市場:システム別 ・非気密型コネクタシステム ・気密型コネクタシステム - 自動車用コネクタの世界市場:接続タイプ別 ・基盤対基盤接続 ・電線対基盤接続 ・電線対電線接続 - 自動車用コネクタの世界市場:用途別 ・車体制御用、内部 ・エンジン制御および冷却システム ・燃料および排気制御 ・インフォテインメント/エンターテイメント ・安全およびセキュリティーシステム ・その他 - 自動車用コネクタの世界市場:車両の種類別 ・商用車 ・電気自動車 ・乗用車 - 自動車用コネクタの世界市場:接触メッキ別 ・ニッケル ・銀 ・銅 ・スズ ・メッキなし - 自動車用コネクタの世界市場:実装スタイル別 ・母線 ・ケーブル ・インライン ・自由にぶら下げる方法 - 自動車用コネクタの …
  • 肝臓-大腸転移(Hepatic – Colorectal Metastasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の概要 ・肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 水産養殖向け水処理技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水産養殖向け水処理技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水産養殖向け水処理技術の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学療法誘発性悪心・嘔吐:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性悪心・嘔吐の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐の概要 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • ケーブルトレイの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ケーブルトレイの世界市場について調べ、ケーブルトレイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ケーブルトレイの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(商業、産業、家庭)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はケーブルトレイの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ケーブルトレイの市場状況 ・ケーブルトレイの市場規模 ・ケーブルトレイの市場予測 ・ケーブルトレイの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(商業、産業、家庭) ・ケーブルトレイの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 危険場所用装置の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、危険場所用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、ネットワーク種類別分析、産業別分析、地域別分析、危険場所用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力産業用電気容器の世界市場2016-2020:発電、T&D
    当調査レポートでは、電力産業用電気容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力産業用電気容器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用バッテリーセンサーの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用バッテリーセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧タイプ別(12V、24V、48V)分析、通信技術別(LIN、CAN)分析、ハイブリッド車両別(HEV、PHEV)分析、車両タイプ別(乗用車、LCV、HCV)分析、自動車用バッテリーセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステンレス水栓市場2015
    本調査レポートでは、世界のステンレス水栓市場2015について調査・分析し、ステンレス水栓の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別
    MarketsandMarkets社は、3D細胞培養の世界市場規模が2019年892百万ドルから2024年1846百万ドルまで年平均15.7%成長すると予測しています。本書は、世界の3D細胞培養市場について調査・分析し、市場概要、製品別(足場ベース3D細胞培養、非足場3D細胞培養、マイクロフルイディクスベース3D細胞培養、磁気およびバイオプリント3D細胞培養)分析、用途別(がん&幹細胞研究、創薬&毒性試験、組織工学&再生医療)分析、エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究機関、化粧品産業、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・世界の3D細胞培養市場:製品別(足場ベース3D細胞培養、非足場3D細胞培養、マイクロフルイディクスベース3D細胞培養、磁気およびバイオプリント3D細胞培養) ・世界の3D細胞培養市場:用途別(がん&幹細胞研究、創薬&毒性試験、組織工学&再生医療) ・世界の3D細胞培養市場:エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー …
  • 高尿酸血症(Hyperuricemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高尿酸血症(Hyperuricemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高尿酸血症(Hyperuricemia)の概要 ・高尿酸血症(Hyperuricemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • シリコンの世界市場分析:製品別[流体(変性、ストレート)、樹脂、ゲル、エラストマー(RTV、HTV、LSR)]、用途別(電気・電子、輸送、建設、パーソナルケア・医薬品、繊維)、セグメント予測
    本調査レポートでは、シリコンの世界市場について調査・分析し、シリコンの世界市場動向、シリコンの世界市場規模、市場予測、セグメント別シリコン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 専用バックアップ装置(PBBA)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、専用バックアップ装置(PBBA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、システム別(メインフレーム、オープン)分析、企業別(大、小、中レベル)分析、業種別(テレコム&IT、金融、製造、小売、ヘルスケア)分析、専用バックアップ装置(PBBA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、専用バックアップ装置(PBBA)の世界市場規模が2019年52億ドルから2024年86億ドルまで年平均10.6%成長すると予測しています。
  • シリカゲルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シリカゲルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シリカゲルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロラクチン受容体アンタゴニストの概要 ・プロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロラクチン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロラクチン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロラクチン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ドキュメントスキャナーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ドキュメントスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドキュメントスキャナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動料金徴収システムの世界市場:用途別(バス、通行料、電車、レンタカー)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびサービス)、テクノロジープラットフォーム別(スマートカード、近距離無線通信、光学式文字認識(OCR)、その他(磁気ストリップおよびバーコード)
    当調査レポートでは、自動料金徴収システムの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別分析、コンポーネント別分析、テクノロジープラットフォーム別分析、地域別分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動料金徴収システムの世界市場:用途別(バス、通行料、電車、レンタカー) ・自動料金徴収システムの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびサービス) ・自動料金徴収システムの世界市場:テクノロジープラットフォーム別(スマートカード、近距離無線通信、光学式文字認識(OCR)、その他(磁気ストリップおよびバーコード) ・自動料金徴収システムの世界市場:地域別分析 ・企業概要
  • スマートビルディングの世界市場見通し2016-2022:政府&公共インフラ施設、住居用建物、大学・キャンパス・病院建物、製造設備、商用ビル
    当調査レポートでは、スマートビルディングの世界市場について調査・分析し、スマートビルディングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・スマートビルディングの世界市場:市場動向分析 ・スマートビルディングの世界市場:競争要因分析 ・スマートビルディングの世界市場:ビル種類別分析/市場規模 ・スマートビルディングの世界市場:システム別分析/市場規模 ・スマートビルディングの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・スマートビルディングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマートビルディングの北米市場規模 ・スマートビルディングの欧州市場規模 ・スマートビルディングのアジア市場規模 ・スマートビルディングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ばら積材料荷役製品および技術の世界市場
    当調査レポートでは、ばら積材料荷役製品および技術の世界市場について調査・分析し、ばら積材料荷役製品および技術の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のカートリッジ形弁市場2016
    本調査レポートでは、世界のカートリッジ形弁市場2016について調査・分析し、カートリッジ形弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の教育&学習分析市場:用途別(パフォーマンス管理、カリキュラム開発&介入管理、人材獲得&保持)、コンポーネント別、展開別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、教育&学習分析の世界市場規模が2019年31億ドルから2024年82億ドルまで年平均21.5%成長すると予測しています。当資料では、世界の教育&学習分析市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(人材獲得&定着、カリキュラム開発&介入管理、予算&財務管理、運用管理、パフォーマンス管理、その他)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、エンドユーザー別(アカデミック、エンタープライズ/企業)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界の教育&学習分析市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・世界の教育&学習分析市場:用途別(人材獲得&定着、カリキュラム開発&介入管理、予算&財務管理、運用管理、パフォーマンス管理、その他) ・世界の教育&学習分析市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド) ・世界の教育&学習分析市場:エンドユーザー別(アカデミック、 …
  • スマートビルディングの世界市場:インテリジェントセキュリティシステム、エネルギー管理、インフラ管理
    当調査レポートでは、スマートビルディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ビルオートメーションソフトウェア別分析、ビル種類別分析、サービス別分析、地域別分析、スマートビルディングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の婦人科用診察台市場2016
    本調査レポートでは、世界の婦人科用診察台市場2016について調査・分析し、婦人科用診察台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの股関節再建市場動向(~2021)
  • ベーカリー&シリアルの韓国市場
  • 遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)
    遠距離音声認識の世界市場は、2018年の9億6,900万米ドルから2024年には35億500万米ドルに達し、この期間中23.89%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、深層学習ベースの遠距離マイクロフォンの進歩、スピーチ・音声認識の精度に対するフロントエンドハードウェアコンポーネントの影響の増大、ならびに音声制御ベースのスマートスピーカーの成長が考えられます。一方で、音声対応スマートホームデバイスから受けるプライバシーの脅威の高まり、騒がしい環境や過酷な環境における遠距離音声認識システムの正確性欠如により、市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、遠距離音声認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(マイクロフォン、DSP、ソフトウェア)分析、用途(スマートTV・STB、スマートスピーカー、自動車、ロボティクス)分析、マイクロフォンソリューション(シングル、リニア、サーキュラー)分析、遠距離音声認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けい …
  • 提案管理ソフトウェアの世界市場予測:ソフトウェア別、サービス別、展開種類別、組織規模別
    MarketsandMarkets社は、提案管理ソフトウェアの世界市場規模が2019年15億ドルから2024年31億ドルまで年平均14.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、提案管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、サービス別(展開&統合、コンサルティング、サポート&メンテナンス)分析、展開種類別(オンプレミス&クラウド)分析、組織規模別分析、提案管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自由空間光通信(FSO)及び可視光通信(VLC)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、自由空間光通信(FSO)及び可視光通信(VLC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成要素別分析、送信種類別分析、用途別分析、地域別分析、自由空間光通信(FSO)及び可視光通信(VLC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC医薬品の香味市場
  • タヒニの世界市場予測
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"