"寸法計測ソフトウェアの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23959)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"寸法計測ソフトウェアの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
integration of AI to drive growth in the market. The vendors are focusing on integration of intelligent processing techniques and AI with the dimensional metrology software solutions. The integration of AI enables manufacturing OEMs to overcome challenges, improve efficiency and productivity, and save time and cost. Technavio’s analysts have predicted that the dimensional metrology software market will register a CAGR of close to 6% by 2022.
Market Overview
Rising demand from end-users
The global industrial output has been recovering after the economic recession in 2008-2009. Several industries such as automotive, aerospace, industrial machinery, and others, which widely use various manual and automated machine tools, are exhibiting signs of growth. Hence, production activities are expected to increase during the forecast period.
Design complexity of silicon chips
Innovations in the semiconductor fabrication industry have complicated the design of manufacturing chips. Consumers require several functionalities from their electronic devices. Hence, the need for multifunctional integrated circuits (ICs) is increasing. Such ICs should also consume a low amount of power. Hence, semiconductor manufacturers have been focusing on the design and development of semiconductor ICs with complex architectures and designs.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the dimensional metrology software market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies including Renishaw and ZEISS International the competitive environment is quite intense. Factors such as the integration of AI and the rising demand from end-users, will provide considerable growth opportunities to dimensional metrology software manufactures. FARO Technologies, HEXAGON, JENOPTIK, Nikon, Renishaw, and ZEISS International are some of the major companies covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"寸法計測ソフトウェアの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Overview
• Comparison by end-user
• Automotive – Market size and forecast 2017-2022
• Aerospace – Market size and forecast 2017-2022
• Consumer electronics – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by end-user
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Integration of AI
• Integration of 3D printing technology
• Advent of smart manufacturing
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• FARO Technologies
• HEXAGON
• JENOPTIK
• Nikon
• Renishaw
• ZEISS International
PART 15: APPENDIX
List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global test and measurement market: Segments
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Global dimensional metrology software market: Segments
Exhibit 05: Market definition: Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global dimensional metrology software: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global dimensional metrology software market: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition: Five forces 2017
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: Segmentation by end-user: Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by end-user
Exhibit 21: Automotive: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Automotive: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Aerospace: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: Aerospace: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Consumer electronics: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 26: Consumer electronics: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Others: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 28: Others: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 29: Market opportunity by end-user
Exhibit 30: Segmentation by geography: Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 31: Regional comparison
Exhibit 32: APAC: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 33: APAC: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: EMEA: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 35: EMEA: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: Americas: Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 37: Americas: Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Key leading countries
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Vendor landscape
Exhibit 41: Landscape disruption
Exhibit 42: Vendors covered
Exhibit 43: Vendor classification
Exhibit 44: Market positioning of vendors
Exhibit 45: FARO Technologies: Overview
Exhibit 46: FARO Technologies: Business segments
Exhibit 47: FARO Technologies: Organizational developments
Exhibit 48: FARO Technologies: Geographic focus
Exhibit 49: FARO Technologies: Segment focus
Exhibit 50: FARO Technologies: Key offerings
Exhibit 51: HEXAGON: Overview
Exhibit 52: HEXAGON: Business segments
Exhibit 53: HEXAGON: Organizational developments
Exhibit 54: HEXAGON: Geographic focus
Exhibit 55: HEXAGON: Segment focus
Exhibit 56: HEXAGON: Key offerings
Exhibit 57: JENOPTIK: Overview
Exhibit 58: JENOPTIK: Business segments
Exhibit 59: JENOPTIK: Organizational developments
Exhibit 60: JENOPTIK: Geographic focus
Exhibit 61: JENOPTIK: Segment focus
Exhibit 62: JENOPTIK: Key offerings
Exhibit 63: Nikon: Overview
Exhibit 64: Nikon: Business segments
Exhibit 65: Nikon: Organizational developments
Exhibit 66: Nikon: Geographic focus
Exhibit 67: Nikon: Segment focus
Exhibit 68: Nikon: Key offerings
Exhibit 69: Renishaw: Overview
Exhibit 70: Renishaw: Business segments
Exhibit 71: Renishaw: Organizational developments
Exhibit 72: Renishaw: Geographic focus
Exhibit 73: Renishaw: Segment focus
Exhibit 74: Renishaw: Key offerings
Exhibit 75: ZEISS International: Overview
Exhibit 76: ZEISS International: Business segments
Exhibit 77: ZEISS International: Organizational developments
Exhibit 78: ZEISS International: Geographic focus
Exhibit 79: ZEISS International: Segment focus
Exhibit 80: ZEISS International: Key offerings

  

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】寸法計測ソフトウェアの世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23959
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT・通信
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
寸法計測ソフトウェアの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のベタイン市場規模・予測2017-2025:種類別(合成、天然)、用途別(食品・飲料、動物用飼料、コスメティクス、洗剤・その他)、形態別(無水ベタイン・コカミドプロピルベタイン・ベタイン一水和物)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のベタイン市場について調査・分析し、世界のベタイン市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のベタイン関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 高強度鋼の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高強度鋼の世界市場について調査・分析し、高強度鋼の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高強度鋼シェア、市場規模推移、市場規模予測、高強度鋼種類別分析(従来の強度鋼(HSS)、高強度鋼(ASHH))、高強度鋼用途別分析(商用車、乗用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高強度鋼の市場概観 ・高強度鋼のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高強度鋼のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高強度鋼の世界市場規模 ・高強度鋼の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高強度鋼のアメリカ市場規模推移 ・高強度鋼のカナダ市場規模推移 ・高強度鋼のメキシコ市場規模推移 ・高強度鋼のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・高強度鋼のドイツ市場規模推移 ・高強度鋼のイギリス市場規模推移 ・高強度鋼のロシア市場規模推移 ・高強度鋼のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・高強度鋼の日本市場規模推移 ・高強度鋼の中国市場規 …
  • 工業用バルブの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、工業用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、材料種類(鋳鉄、鋼、極低温、合金系)分析、サイズ分析、バルブタイプ(ボール、バタフライ、ゲート、グローブ、チャッキ、プラグ)分析、産業(石油・ガス、水・廃水、エネルギー・電力)分析、工業用バルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー管理システム(EMS)の世界市場分析:製品別(IEMS、BEMS、HEMS)、コンポーネント別(センサー、コントローラー、ソフトウェア、バッテリー、ディスプレイ装置)、業界別(電力・エネルギー、テレコム・IT、製造、小売・オフィス、ヘルスケア)、エンドユーザー別(住居用、商業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場について調査・分析し、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場動向、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別エネルギー管理システム(EMS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドの火力発電市場2016
  • ケーキ用フロスティング・アイシングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ケーキ用フロスティング・アイシングの世界市場について調査・分析し、ケーキ用フロスティング・アイシングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ケーキ用フロスティング・アイシングシェア、市場規模推移、市場規模予測、ケーキ用フロスティング・アイシング種類別分析(パッケージ入りケーキ用フロスティング・アイシング、パッケージ無ケーキ用フロスティング・アイシング)、ケーキ用フロスティング・アイシング用途別分析(ベーカリー、レストラン、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ケーキ用フロスティング・アイシングの市場概観 ・ケーキ用フロスティング・アイシングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ケーキ用フロスティング・アイシングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ケーキ用フロスティング・アイシングの世界市場規模 ・ケーキ用フロスティング・アイシングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ケーキ用フロスティング・アイシングのアメリカ市場規模推移 ・ケーキ用フロ …
  • オンラインゲームの世界市場:カジュアルゲーム、MMOゲーム、デジタルコンソールゲーム
    当調査レポートでは、オンラインゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンラインゲームの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リップスティックの世界市場:製品種類別(マット、グロッシー、リップパウダー、その他)、フォーム別(スティック、液体、パレット)、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア)
    本調査レポートでは、リップスティックの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(マット、グロッシー、リップパウダー、その他)分析、フォーム別(スティック、液体、パレット)分析、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・リップスティックの世界市場:製品種類別(マット、グロッシー、リップパウダー、その他) ・リップスティックの世界市場:フォーム別(スティック、液体、パレット) ・リップスティックの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア) ・リップスティックの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のバイオ型ポリエチレンテレフタレート(PET)市場規模・予測2017-2025:用途別(ボトル、テクニカル、消費財、その他パッケージング)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ型ポリエチレンテレフタレート(PET)市場について調査・分析し、世界のバイオ型ポリエチレンテレフタレート(PET)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ型ポリエチレンテレフタレート(PET)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • サラセミア(Thalassemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、サラセミア(Thalassemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サラセミア(Thalassemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・サラセミア(Thalassemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・サラセミア(Thalassemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・サラセミア(Thalassemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・サラセミア(Thalassemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のサラセミア(Thalassemia)治療薬剤
  • 2ボックス金属探知機の世界市場予測2019-2024
    「2ボックス金属探知機の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、電磁誘導、レントゲン線、極超短波など、用途別には、Food & Beverages、Pharmaceuticals、Packaing、Textile、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。2ボックス金属探知機のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・2ボックス金属探知機の世界市場概要(サマリー) ・2ボックス金属探知機の企業別販売量・売上 ・2ボックス金属探知機の企業別市場シェア ・2ボックス金属探知機の世界市場規模:種類別(電磁誘導、レントゲン線、極超短波) ・2ボックス金属探知機の世界市場規模:用途別(Food & Beverages、Pharmaceuticals、Packaing、Textile、Others) ・2ボックス金属探知機の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・2ボックス金属探知機のアジア市場規模(日本、中国、韓 …
  • 繊維ガラス製電気・電子製品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、繊維ガラス製電気・電子製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、繊維ガラス製電気・電子製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軽金属包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軽金属包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軽金属包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スペインの市場見通し(~2021年)
  • 組織診断の世界市場予測(~2022年):消耗品、装置、技術、疾患、エンドユーザー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、組織診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、疾患別分析、需要先別分析、組織診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 産業用ワイヤレスセンサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ワイヤレスセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ワイヤレスセンサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 婦人科がん(Gynecological Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における婦人科がん(Gynecological Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、婦人科がん(Gynecological Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・婦人科がん(Gynecological Cancer)の概要 ・婦人科がん(Gynecological Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の婦人科がん(Gynecological Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・婦人科がん(Gynecological Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 世界の1,4-ジブロモペンタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の1,4-ジブロモペンタン市場2016について調査・分析し、1,4-ジブロモペンタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 従業員モニタリングソリューション(自動化)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、従業員モニタリングソリューション(自動化)の世界市場規模が2017年から2026年まで年平均12.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、従業員モニタリングソリューション(自動化)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、従業員モニタリングソリューション(自動化)市場規模、ソリューション別(統合型、スタンドアロン型)分析、コンポネント別(専門サービス、ソフトウェア)分析、企業サイズ別(大企業、中小企業)分析、エンドユーザー別(教育、サービス業、製造業、銀行業・金融サービス・保険、政府)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 従業員モニタリングソリューション(自動化)の世界市場:市場動向分析 ・ 従業員モニタリングソリューション(自動化)の世界市場:競争要因分析 ・ 従業員モニタリングソリューション(自動化)の世界市場:ソリューション別(統合型、スタンドアロン型) ・ 従業員モニタリングソリューシ …
  • 静止画像の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、静止画像の世界市場について調べ、静止画像の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、静止画像の市場規模をセグメンテーション別(画像種類別(写真、その他)、ライセンスモデル別(RM、RF)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は静止画像の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・静止画像の市場状況 ・静止画像の市場規模 ・静止画像の市場予測 ・静止画像の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:画像種類別(写真、その他) ・市場セグメンテーション:ライセンスモデル別(RM、RF) ・静止画像の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 韓国のプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • FTワックスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、FTワックスの世界市場について調査・分析し、FTワックスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別FTワックスシェア、市場規模推移、市場規模予測、FTワックス種類別分析()、FTワックス用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・FTワックスの市場概観 ・FTワックスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・FTワックスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・FTワックスの世界市場規模 ・FTワックスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・FTワックスのアメリカ市場規模推移 ・FTワックスのカナダ市場規模推移 ・FTワックスのメキシコ市場規模推移 ・FTワックスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・FTワックスのドイツ市場規模推移 ・FTワックスのイギリス市場規模推移 ・FTワックスのロシア市場規模推移 ・FTワックスのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・FTワックスの日本市場規模推移 ・F …
  • アゼルバイジャンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 肝炎診断の世界市場2014–2025:診断検査別{血液検査(肝機能検査、免疫検査・核酸検査)、イメージ検査・肝生検}、地域別
    本調査レポートでは、肝炎診断の世界市場について調査・分析し、肝炎診断の世界市場動向、肝炎診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別肝炎診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セーフティレーザースキャナーの世界市場予測(~2023年)
    セーフティレーザースキャナーの世界市場は、2018年の3億400万米ドルから2023年には4億600万米ドルに達し、この期間中、高い年平均成長率で成長すると予測されています。セーフティレーザースキャナーは、新しい機械設備での使用、または機械、プラント、さらには車両における新部品の追加導入において、長期にわたる費用対効果の高いソリューションを提供します。つまり、スモールフォームファクター、優れたユーザーフレンドリネス、シームレスな統合、および高い電力効率が、市場の成長を左右します。この予測期間中、ヘルスケアおよび製薬業界のエンドユーザー業界は最高の年平均成長率を示すと見られています。さらに、モバイル式セーフティレーザースキャナーについては、自動車、消費財・電子機器、そしてヘルスケア・医薬品といったエンドユーザー業界全体での採用増加が見込まれています。当調査レポートでは、セーフティレーザースキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品の種類(モバイル、定置型)分析、最終用途産業(自動車、食品・飲料、ヘルスケア・医薬品、消費財・電子 …
  • シロップの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シロップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、シロップの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 義眼の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、義眼の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、義眼市場規模、製品別(統合型、非統合型、網膜プロテーゼ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・義眼の世界市場概要 ・義眼の世界市場環境 ・義眼の世界市場動向 ・義眼の世界市場規模 ・義眼の世界市場:業界構造分析 ・義眼の世界市場:製品別(統合型、非統合型、網膜プロテーゼ) ・義眼の世界市場:地域別市場規模・分析 ・義眼の北米市場規模・予測 ・義眼のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・義眼のアジア太平洋市場規模・予測 ・義眼の主要国分析 ・義眼の世界市場:意思決定フレームワーク ・義眼の世界市場:成長要因、課題 ・義眼の世界市場:競争環境 ・義眼の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • アコースティックギターの世界市場:タイプ別(ナイロン・ガット弦ギター、スチール弦ギター、その他)、用途別(演奏、教習、その他)、地域別予測
    本資料は、アコースティックギターの世界市場について調べ、アコースティックギターの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ナイロン・ガット弦ギター、スチール弦ギター、その他)分析、用途別(演奏、教習、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはMartin、Taylor、LARRIVEE、Lakewood、S.Yairi、Fender、Gibson、Ibanez、Paul Reed Smith Guitar、Santa Cruz 、ESP、CORT、B.C. RICHなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・アコースティックギターの世界市場概要 ・アコースティックギターの世界市場環境 ・アコースティックギターの世界市場動向 ・アコースティックギターの世界市場規模 ・アコースティックギターの世界市場規模:タイプ別(ナイロン・ガット弦ギター、スチール弦ギター、その他) ・アコースティックギターの世界市場規模:用途別(演奏、教習、その他) ・アコースティッ …
  • 結腸腫瘍(Colon Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の概要 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・結 …
  • ベンチトップ・オートクレーブの世界市場
    当調査レポートでは、ベンチトップ・オートクレーブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベンチトップ・オートクレーブの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの膝関節再建装置市場見通し
  • 電力産業用電気伝導体の世界市場2016-2020:電力ケーブル、変圧器、バスバー、海底電力ケーブル
    当調査レポートでは、電力産業用電気伝導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力産業用電気伝導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 甲状腺がん(Thyroid Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における甲状腺がん(Thyroid Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)の概要 ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • インドの股関節置換処置動向(~2021)
  • 主要10細胞分析法の世界市場予測(~2021):技術別(イメージング、PCR、フローサイトメトリー、ハイコンテントスクリーニング(HCS)、ブロッティング、分光測光法)、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、主要10細胞分析法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、LED別分析、OLED別分析、バーチャル網膜ディスプレイ別分析、量子ドット別分析、主要10細胞分析法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低床式トレーラー(LBT)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、低床式トレーラー(LBT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低床式トレーラー(LBT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国のPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • ホッケースティックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ホッケースティックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホッケースティックの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 ホッケースティックは、ホッケーボールやパックを誘導するスティックです。ホッケースティックには、グラスファイバー、ケブラー/アラミド、カーボン繊維、樹脂配合のコンポジットスティック、アルミニウム製スティック、木製スティックがあります。Technavio社はホッケースティックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• adidas• BAUER Hockey• CanAm Underwater Hockey Gear• Grays of Cambridge• Gryphon Hockey• SHER-WOOD等です。
  • 防弾保護設備の世界市場分析:材質別(アラミド、複合材、UHMWPE、スチール)、製品別(頭部保護、ソフトアーマー、ハードアーマー)、エンドユーザー別(防衛、商業、法執行・安全)セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、防弾保護設備の世界市場について調査・分析し、防弾保護設備の世界市場動向、防弾保護設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別防弾保護設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 落書き防止用塗料の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、落書き防止用塗料の世界市場について調べ、落書き防止用塗料の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、落書き防止用塗料の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(建設、輸送)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は落書き防止用塗料の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・落書き防止用塗料の市場状況 ・落書き防止用塗料の市場規模 ・落書き防止用塗料の市場予測 ・落書き防止用塗料の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(建設、輸送) ・落書き防止用塗料の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • データセンターセキュリティソリューションの世界市場:論理セキュリティ、物理セキュリティ
    当調査レポートでは、データセンターセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用電気チーズ削り器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、業務用電気チーズ削り器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用電気チーズ削り器市場規模、製品別(高負荷用、中負荷用、低負荷用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場概要 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場環境 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場動向 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場規模 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:業界構造分析 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:製品別(高負荷用、中負荷用、低負荷用) ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用電気チーズ削り器のアメリカ市場規模・予測 ・業務用電気チーズ削り器のヨーロッパ市場規模・予測 ・業務用電気チーズ削り器のアジア市場規模・予測 ・業務用電気チーズ削り器の主要国分析 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:成長要因、課題 ・業務用 …
  • NGSベースRNAシーケンシングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、NGSベースRNAシーケンシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品&サービス別(サンプル準備、プラットフォーム&消耗品、サービス、データ分析)分析、技術別(SBS、SMRT、Nanopore)分析、用途別(De Novo、エピジェネティクス、small RNA)分析、エンドユーザー別分析、NGSベースRNAシーケンシングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、NGSベースRNAシーケンシングの世界市場規模が2019年17億ドルから2024年42億ドルまで年平均20.0%成長すると予測しています。
  • 生鮮食品包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、生鮮食品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生鮮食品包装市場規模、材料別(金属、二軸配向ポリエチレンテレフタレート(BOPET)、紙・板紙、ポリエチレン、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ガラス、木材、繊維、剛性プラスチック、可撓性プラスチック、その他)分析、厚さ別(3.6–5.5mil、3.5mil以下、5.6mil以上)分析、技術別(調整ふん囲気包装、インテリジェントパッケージング、ガセット袋、フレキシブルペーパー、段ボール箱、缶、無菌包装、抗菌包装、アクティブパッケージ、板紙、コンバーテッドロールストック、フレキシブルパック、スタンドアップポーチ、ウィケット袋、その他)分析、用途別(赤ちゃん用栄養、ベーカリー製品、バー・ビスケット・シリアル、お菓子、料理用器具・スプレッド、クリスプ・スナック・ナッツ、乳製品・アイスクリーム、果物、肉製品。インスタント食品、シーフード、野菜、鶏肉、その他)分析、POS別(小売、卸)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構 …
  • PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(LMW、HMW、UHMW)分析、フォーム別(エラストマー、流体、樹脂)分析、エンドユーズ産業別(産業プロセス、建築・建設、家庭・パーソナルケア、電気・電子、輸送、ヘルスケア)分析、PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場規模が2019年40億ドルから2024年52億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • フィルムコンデンサの世界市場:製品別(AC、DC)、種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ)、業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他)
    本調査レポートでは、フィルムコンデンサの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(AC、DC)分析、種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ)分析、業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フィルムコンデンサの世界市場:製品別(AC、DC) ・フィルムコンデンサの世界市場:種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ) ・フィルムコンデンサの世界市場:業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他) ・フィルムコンデンサの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ポリウレタンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界のラクトビオン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のラクトビオン酸市場2015について調査・分析し、ラクトビオン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品処理機械の世界市場見通し2015-2022
    当調査レポートでは、食品処理機械の世界市場について調査・分析し、食品処理機械の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・食品処理機械の世界市場規模:処理種類別分析 ・食品処理機械の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"