"農業用バイオ技術の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR23873)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"農業用バイオ技術の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The demand for food is rising due to the increase in the global population. The increasing population will result in a rising demand for food, which us necessary to be supplied from constrained resources such as land and water. The food demand can be met only by the adoption of non- conventional farming methods combined with agricultural biotechnology. Higher yields not only in food crops but also cash crops such as cotton are essential. The crop yields can be increased by biotechnological inputs of GM seeds and crop protection biochemical. This will drive the growth of the global biotechnology market during the forecast period. Technavio’s analysts have predicted that the agricultural biotechnology market will register a CAGR of almost 11% by 2022.
Market Overview
Stricter regulatory controls on pesticides
The stricter regulations on chemical pesticides will results in shifting to natural pesticides such as biopesticides, increasing the growth of the crop protection biochemical’s segments.
Challenges concerning the adoption of GM crops
The adoption of GM crops in many countries has been challenged due to the lack of scientific evidence about the long-term effects of GM crops on human health. The underdeveloped standards for biostimulants have resulted in the marketing of counterfeit and ineffective biostimulant products. The adoption of biostimulants is affected due to the proliferation of these counterfeit products.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the agricultural biotechnology market during the 2018-2022, view our report.
Competitive Landscape
The agricultural biotechnology market is moderately concentrated and the market being in a growth phase, the competition among companies is intense. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"農業用バイオ技術の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Transgenic seeds – Market size and forecast 2017-2022
• Crop protection biochemicals – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY TECHNOLOGY
• Segmentation by technology
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• Consolidation trend in agricultural biotechnology
• Development of standards for biostimulants
• Increased adoption of stacked GM seeds
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• BASF
• Bayer
• ChemChina
• DowDuPont
• Eurofins Scientific
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations



Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global biotechnology market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global – Year over year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Transgenic seeds – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 21: Transgenic seeds – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Crop protection biochemicals – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Crop protection biochemicals – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by application
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 29: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 31: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Vendor landscape
Exhibit 37: Landscape disruption
Exhibit 38: Vendors covered
Exhibit 39: Vendor classification
Exhibit 40: Market positioning of vendors
Exhibit 41: BASF – Vendor overview
Exhibit 42: BASF – Business segments
Exhibit 43: BASF – Organizational developments
Exhibit 44: BASF – Geographic focus
Exhibit 45: BASF – Segment focus
Exhibit 46: BASF – Key offerings
Exhibit 47: BASF – Key customers
Exhibit 48: Bayer – Vendor overview
Exhibit 49: Bayer – Business segments
Exhibit 50: Bayer – Organizational developments
Exhibit 51: Bayer – Geographic focus
Exhibit 52: Bayer – Segment focus
Exhibit 53: Bayer – Key offerings
Exhibit 54: Bayer – Key customers
Exhibit 55: ChemChina – Vendor overview
Exhibit 56: ChemChina – Business segments
Exhibit 57: DowDuPont – Organizational developments
Exhibit 58: ChemChina – Key offerings
Exhibit 59: ChemChina – Key customers
Exhibit 60: DowDuPont – Vendor overview
Exhibit 61: DowDuPont – Business segments
Exhibit 62: DowDuPont – Organizational developments
Exhibit 63: DowDuPont – Geographic focus
Exhibit 64: DowDuPont – Segment focus
Exhibit 65: DowDuPont – Key offerings
Exhibit 66: DowDuPont – Key customers
Exhibit 67: Eurofins Scientific – Vendor overview
Exhibit 68: Eurofins Scientific – Business segments
Exhibit 69: Eurofins Scientific – Organizational developments
Exhibit 70: Eurofins Scientific – Geographic focus
Exhibit 71: Eurofins Scientific – Key offerings
Exhibit 72: Eurofins Scientific – Key customers


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】農業用バイオ技術の世界市場2018-2022
【発行日】2018年12月21日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR23873
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】New Research Areas
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
農業用バイオ技術の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • トルコの太陽光発電(PV)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • メキシコの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • オシロスコープの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オシロスコープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オシロスコープの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不妊治療市場規模・予測2017-2025:方法別(生殖補助医療(ART)・人工授精・体外受精(IVF)・代理出産・不妊症手術)、商品別(機械、メディア、付属品)、種類別(男性、女性)、エンドユーザー別(不妊クリニック、病院、精子バンク)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の不妊治療市場について調査・分析し、世界の不妊治療市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の不妊治療関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ソーシャルメディア・アナリティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソーシャルメディア・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーシャルメディア・アナリティクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動データ・キャプチャ(ADC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動データ・キャプチャ(ADC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動データ・キャプチャ(ADC)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動データ・キャプチャ(ADC)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Datalogic• Honeywell International• Zebra Technologies• Generalscan• Shenzhen Unique Electronic International• RIOTEC• Eurotech等です。
  • トルコの心臓血管手術装置市場見通し
  • おむつの世界市場:幼児用おむつ、大人用おむつ
    当調査レポートでは、おむつの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、おむつの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低容量ポータブル発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界の低容量ポータブル発電機市場2015について調査・分析し、低容量ポータブル発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用警報システム/パーソナル緊急応答システムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用警報システム/パーソナル緊急応答システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用警報システム/パーソナル緊急応答システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バルクコンテナ包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、バルクコンテナ包装の世界市場について調査・分析し、バルクコンテナ包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バルクコンテナ包装の世界市場:市場動向分析 - バルクコンテナ包装の世界市場:競争要因分析 - バルクコンテナ包装の世界市場:用途別 ・建築・建設 ・化学 ・農業・園芸用品 ・食品・飲料 ・石油・潤滑油 ・調剤 ・耐久消費財 ・その他 - バルクコンテナ包装の世界市場:製品別 ・バルクコンテナライナー ・フレキシタンク ・フレキシブル中容量コンテナ(FIBC) ・剛体中容量コンテナ(RIBC) ・運搬管理コンテナ ・バケツ ・ドラム缶 - バルクコンテナ包装の世界市場:材料別 ・プラスチック ・紙(繊維板) ・金属 ・木 - バルクコンテナ包装の世界市場:主要地域別分析 - バルクコンテナ包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - バルクコンテナ包装のヨーロッパ市場規模 - バルクコンテナ包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・バルクコンテナ包装の世界市場:主 …
  • カーボン・ナノチューブの世界市場
    当調査レポートでは、カーボン・ナノチューブの世界市場について調査・分析し、カーボン・ナノチューブの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アメリカの微生物培養市場動向(~2021)
  • 日本の手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 中国のL‐システイン及びL‐システイン塩酸塩市場2015
    本調査レポートでは、中国のL‐システイン及びL‐システイン塩酸塩市場2015について調査・分析し、L‐システイン及びL‐システイン塩酸塩の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 梅毒(Syphilis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、梅毒(Syphilis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・梅毒(Syphilis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・梅毒(Syphilis)のフェーズ3治験薬の状況 ・梅毒(Syphilis)治療薬の市場規模(販売予測) ・梅毒(Syphilis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・梅毒(Syphilis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の梅毒(Syphilis)治療薬剤
  • Eコマースパッケージングのアジア市場
    当調査レポートでは、Eコマースパッケージングのアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eコマースパッケージングのアジア市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 機関車エンジンサスペンションの世界市場
    当調査レポートでは、機関車エンジンサスペンションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機関車エンジンサスペンションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 手動トルク乗算器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、手動トルク乗算器の世界市場について調査・分析し、手動トルク乗算器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別手動トルク乗算器シェア、市場規模推移、市場規模予測、手動トルク乗算器種類別分析()、手動トルク乗算器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・手動トルク乗算器の市場概観 ・手動トルク乗算器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・手動トルク乗算器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・手動トルク乗算器の世界市場規模 ・手動トルク乗算器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・手動トルク乗算器のアメリカ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のカナダ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のメキシコ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・手動トルク乗算器のドイツ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のイギリス市場規模推移 ・手動トルク乗算器のロシア市場規模推移 ・手動トルク乗算器のアジア市場分析(日本、中 …
  • 油田用スケール抑制剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、油田用スケール抑制剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アンジオテンシン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオテンシン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオテンシン阻害剤の概要 ・アンジオテンシン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオテンシン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオテンシン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオテンシン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のごま油市場2015
    本調査レポートでは、世界のごま油市場2015について調査・分析し、ごま油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)市場2018-2023
    本調査レポートでは、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場について調査・分析し、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(モノマーの重合、樹脂の劣化)、用途別市場規模(工業用プラスチック、インク、塗料、潤滑油・グリース、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場概要 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の企業別市場シェア ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の地域別市場規模 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の種類別市場規模(モノマーの重合、樹脂の劣化) ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の用途別市場 …
  • 世界の酸素装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸素装置市場2015について調査・分析し、酸素装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、EHSの世界市場規模が2019年53億ドルから2024年86億ドルまで年平均10.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のEHS市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、ソフトウェア機能別(環境および労働衛生管理、エネルギーおよび水管理、廃棄物管理、大気質およびコンプライアンス管理、安全管理、事故およびリスク管理)分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、業種別(エネルギーおよび公益事業、化学および材料、ヘルスケア、建設および工学、食品および飲料、政府および防衛、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のEHS市場:ソフトウェア機能別(環境および労働衛生管理、エネルギーおよび水管理、廃棄物管理、大気質およびコンプライアンス管理、安全管理、事故およびリスク管理) ・世界のEHS市場:コンポーネント別(ソリューション、サービ …
  • 全般性不安障害(General Anxiety Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全般性不安障害(General Anxiety Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の概要 ・全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全般性不安障害(General Anxiety Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全般性不安障害(General Anxiety …
  • 獣脂脂肪酸の世界市場2017-2021:モノ不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸、多価不飽和
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、獣脂脂肪酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、獣脂脂肪酸の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は獣脂脂肪酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、Godrej Industries、LG Household & Health Care、Vantage Specialty Chemicals等です。
  • 保健機能成分の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、保健機能成分の世界市場について調査・分析し、保健機能成分の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 保健機能成分の世界市場:市場動向分析 - 保健機能成分の世界市場:競争要因分析 - 健康機能成分の世界市場:原料別 ・微生物 ・植物 ・合成物 ・動物 - 健康機能成分の世界市場:種類別 ・プロバイオティクススターター培養物 ・ミネラル ・プレバイオティクス ・タンパク質 ・機能性糖類 ・栄養脂質 ・植物・果物抽出物 ・ビタミン - 健康機能成分の世界市場:用途別 ・飲料 ・動物飼料 ・食品 ・パーソナルケア ・医薬品 - 保健機能成分の世界市場:主要地域別分析 - 保健機能成分の北米市場規模(アメリカ市場等) - 保健機能成分のヨーロッパ市場規模 - 保健機能成分のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・保健機能成分の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 工業用潤滑剤の世界市場2016-2020:鉱油系潤滑剤、合成油系潤滑剤、バイオベース潤滑剤
    当調査レポートでは、工業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用潤滑剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車遠隔診断の世界市場見通し2016-2022:ロードサイドアシスタンス、自動衝突通報、車両追跡、車両状態警告
    当調査レポートでは、自動車遠隔診断の世界市場について調査・分析し、自動車遠隔診断の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車遠隔診断の世界市場:市場動向分析 ・自動車遠隔診断の世界市場:競争要因分析 ・自動車遠隔診断の世界市場:コネクティビティ別分析/市場規模 ・自動車遠隔診断の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車遠隔診断の世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車遠隔診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車遠隔診断の北米市場規模 ・自動車遠隔診断の欧州市場規模 ・自動車遠隔診断のアジア市場規模 ・自動車遠隔診断の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 産業用X線フィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用X線フィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用X線フィルム市場規模、エンドユーザー別(石油・ガス、自動車、A&D)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、China Aerospace Science and Technology, FOMA BOHEMIA, FUJIFILM Holdings, GENERAL ELECTRIC, Konica Minoltaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用X線フィルムの世界市場概要 ・産業用X線フィルムの世界市場環境 ・産業用X線フィルムの世界市場動向 ・産業用X線フィルムの世界市場規模 ・産業用X線フィルムの世界市場:業界構造分析 ・産業用X線フィルムの世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、自動車、A&D) ・産業用X線フィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用X線フィルムの北米市場規模・予測 ・産業用X線フィルムのヨーロッパ・中東・アフリカ市 …
  • ニュージーランドの心臓人工弁市場見通し
  • 金属素材ベース3Dプリンティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、金属素材ベース3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属素材ベース3Dプリンティングの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場:最終用途別(石油・ガス、化学、エネルギー・電力、パルプ・製紙)、製品別、システム別、セグメント予測
    産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場は2025年には1,458億7,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.14%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、産業部門での需要の高まり、スマートバルブとアクチュエーターの使用を促進する技術的進歩、厳しい政府規制などが考えられます。産業用バルブおよびアクチュエーターは、温度および圧力を制御する際にさまざまな利点を提供するため、下流、中流および上流の活動全体にわたって継続して採用されています。このように、石油・ガスの探査活動が活発になり、産業用バルブおよびアクチュエーターの需要が高まっています。本調査レポートでは、産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場について調査・分析し、産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場動向、産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用バルブおよびアクチュエーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 境界セキュリティの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、境界セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、境界セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レインスクリーンクラッディングの世界市場:原材料別、用途別(住宅、商業、官庁、施設、産業)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、レインスクリーンクラッディングの世界市場について調査・分析し、レインスクリーンクラッディングの世界市場動向、レインスクリーンクラッディングの世界市場規模、市場予測、セグメント別レインスクリーンクラッディング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 分娩後出血用治療機器の世界市場予測
    本調査レポートでは、分娩後出血用治療機器の世界市場について調査・分析し、分娩後出血用治療機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • エナジードリンクの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、エナジードリンクの世界市場について調査・分析し、エナジードリンクの世界市場動向、エナジードリンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別エナジードリンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車パワートレイン試験の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車パワートレイン試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車パワートレイン試験の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車パワートレイン試験の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AVL、HORIBA MIRA、Ricardo、thyssenkrupp system Engineering、Internek Group、FEV等です。
  • セルロース系繊維の世界市場動向・分析・予測2017-2026
    当調査レポートでは、セルロース系繊維の世界市場について調査・分析し、セルロース系繊維の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・セルロース系繊維の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・セルロース系繊維の世界市場:セグメント別市場分析 ・セルロース系繊維の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 中国のパラコート市場2015
    本調査レポートでは、中国のパラコート市場2015について調査・分析し、パラコートの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タイヤコードファブリックの世界市場予測(~2023年)
    タイヤコードファブリックの世界市場は。2018年の49億米ドルから2024年には64億米ドルに達し、この期間中5.59%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動車での使用増加が考えられます。自動車産業は長年にわたって自動車の生産と販売の著しい伸びを目の当たりにしてきました。さらに、建設業界における支出の増加と鉱業活動の拡大により、大型車の需要が高まるでしょう。このような背景で、車両の使用増加はタイヤの需要を押し上げることになり、それによってタイヤコードファブリック市場の予測期間中の成長を後押しすると予測されています。一方で、原材料価格の変動は、市場の成長を妨げる大きな要因となっています。当調査レポートでは、タイヤコードファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、素材別(ナイロン、ポリエステル、レーヨン、アラミド、ポリエチレンナフタレート)分析、タイヤの種類別(ラジアルタイヤ、バイアスタイヤ)分析、用途別(OEM、交換)分析、車両タイプ別(乗用車、商用車)分析、タ …
  • 世界の電力コンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の電力コンデンサ市場2015について調査・分析し、電力コンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの外傷固定装置市場見通し
  • フォグコンピューティングの世界市場予測(~2022年):ハードウェア、ソフトウェア
    当調査レポートでは、フォグコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フォグコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高級カーオーディオの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高級カーオーディオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高級カーオーディオの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • セメント添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セメント添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セメント添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飛行管理システム(FMS)の世界市場:コントロールディスプレイユニット、ビジュアルディスプレイユニット、飛行管理コンピュータ
    当調査レポートでは、飛行管理システム(FMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、装置別分析、航空機種類別分析、フィット別分析、地域別分析、飛行管理システム(FMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 摩擦調整剤の世界市場2019-2023
    摩擦調整剤は、機械部品間の摩擦低減用の潤滑剤に添加される極性分子です。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、摩擦調整剤市場の世界市場が3.82%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Afton Chemical、BASF、Berkshire Hathaway、Chevron Corporation、Croda International、LANXESSなどです。 当調査レポートでは、摩擦調整剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、摩擦調整剤市場規模、種類別(有機、無機)分析、用途別(輸送機関用潤滑油、産業用潤滑剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・摩擦調整剤の世界市場概要 ・摩擦調整剤の世界市場環境 ・摩擦調整剤の世界市場動向 ・摩擦調整剤の世界市場規模 ・摩擦調整剤の世界市場:業界構造分析 ・摩擦調整剤の世界市場:種類別(有機、無機) ・摩擦調整剤の世界市場:用途別(輸送機関 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"