"電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30558)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
The use of energy- efficient automobiles such as EVs is rising due to focus on reducing environmental pollution caused by gasoline and petrol. Since EVs reduce emissions from the transportation- sector, they also reduce carbon footprint. Stringent emissions standards and high fuel prices will boost the market. The increase in fuel prices such as rise in price of crude oil has lowered preference for conventional vehicles. The high number of EVs on the road is expected to reduce demand for vehicles using fuels. This rise in the use of electric vehicles is likely to simultaneously increase the need for electric vehicle charging stations during the forecast period. Technavio’s analysts have predicted that the EV charging station market will register a CAGR of over 33% by 2023.
Market Overview
Rise in government initiatives to support installation of EV charging stations
The installations of EV charging statins is growing due to the rising initiatives of several governments to adopt environmental- friendly transportation systems. Governments of many nations offer subsidies for the installations of EV charging stations. Such rise in government initiatives for the installations of EV charging stations has imparted a high momentum to the electric vehicle charging stations market.
High setup and maintenance cost of EV charging stations
The number of EVs has increased, which has correspondingly increased the need for EV charging stations. However, the high costs of equipment, installations, and maintenance currently impede market growth.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the electric vehicle (EV) charging station market during the 2019-2023, view our report.
Competitive Landscape
EV charging station market is moderately fragmented owing to the presence of market players focusing on developing advanced products. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 07: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY CHARGING STATION
• Market segmentation by charging station
• Comparison by charging station
• AC – Market size and forecast 2018-2023
• DC – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by charging station
• PART 09: MARKET SEGMENTATION BY INSTALLATION TYPE
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Continuous development of new products
• Rise in adoption of EV charging stations utilizing renewable energy
• Technological advances in EV charging
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• ABB
• ChargePoint
• ENGIE
• Tesla
• Webasto Group
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations


Exhibit 01: Years in consideration
Exhibit 02: Global electric aircraft market
Exhibit 03: Segments of global electric aircraft market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 20: Geographic comparison
Exhibit 21: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 22: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 23: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 24: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 25: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 26: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 27: Key leading countries
Exhibit 28: Market opportunity
Exhibit 29: Charging station – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 30: Comparison by charging station
Exhibit 31: AC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 32: AC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 33: DC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 34: DC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 35: Market opportunity by charging station
Exhibit 36: Decision framework
Exhibit 37: Impact of drivers and challenges
Exhibit 38: Vendor landscape
Exhibit 39: Landscape disruption
Exhibit 40: Vendors covered
Exhibit 41: Vendor classification
Exhibit 42: Market positioning of vendors
Exhibit 43: ABB – Vendor overview
Exhibit 44: ABB – Business segments
Exhibit 45: ABB – Organizational developments
Exhibit 46: ABB – Geographic focus
Exhibit 47: ABB – Segment focus
Exhibit 48: ABB – Key offerings
Exhibit 49: ChargePoint – Vendor overview
Exhibit 50: ChargePoint – Business segments
Exhibit 51: ChargePoint – Organizational developments
Exhibit 52: ChargePoint – Key offerings
Exhibit 53: ENGIE – Vendor overview
Exhibit 54: ENGIE – Business segments
Exhibit 55: ENGIE – Organizational developments
Exhibit 56: ENGIE – Geographic focus
Exhibit 57: ENGIE – Segment focus
Exhibit 58: ENGIE – Key offerings
Exhibit 59: Tesla – Vendor overview
Exhibit 60: Tesla – Business segments
Exhibit 61: Tesla – Geographic focus
Exhibit 62: Tesla – Segment focus
Exhibit 63: Tesla – Key offerings
Exhibit 64: Webasto Group – Vendor overview
Exhibit 65: Webasto Group – Business segments
Exhibit 66: Webasto Group – Organizational developments
Exhibit 67: Webasto Group – Geographic focus
Exhibit 68: Webasto Group – Segment focus
Exhibit 69: Webasto Group – Key offerings
Exhibit 70: Validation techniques employed for market sizing


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場2019-2023
【発行日】2018年12月27日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30558
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財・小売り
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車変速機ダイナモメータの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車変速機ダイナモメータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車変速機ダイナモメータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車変速機ダイナモメータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SuperFlow Dynamometers & Flowbenches、Meidensha、HORIBA MIRA、SAKOR Technologies、Taylor Dynamometer、Power Test等です。
  • サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場:導入モデル別(オンプレミス、クラウドベース)、ユーザータイプ別(中小企業(SME)、大企業)、業種別(消費財、ヘルスケア、医薬品、小売、製造、食品・飲料、運輸・物流、その他)、製品別(輸送管理支援システム、倉庫管理システム、サプライチェーン計画、調達管理ソフトウェア、製造実行システム)
    本資料は、サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場について調べ、サプライチェーン管理ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、導入モデル別(オンプレミス、クラウドベース)分析、業種別(消費財、ヘルスケア、医薬品、小売、製造、食品・飲料、運輸・物流、その他)分析、製品別(輸送管理支援システム、倉庫管理システム、サプライチェーン計画、調達管理ソフトウェア、製造実行システム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場概要 ・サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場環境 ・サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場動向 ・サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場規模 ・サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場:導入モデル別(オンプレミス、クラウドベース) ・サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場:ユーザータイプ別(中小企業(SME)、大企業) ・サプライチェーン管理ソフトウェアの世界市場:業種別(消 …
  • 防爆装置の英国市場:業種別(医薬品、製造、海洋、食品加工、石油&ガス、鉱業、その他)、適用システム別(ケーブルグランド、ジャンクションボックス、照明システム、リフティング&マテリアルハンドリングシステム、自動化システム、監視および監視システム、シグナリングシステム、その他)、保護方法別(爆発防止、爆発封じ込め、および爆発分離)
  • 世界の鋼製ワイヤロープ市場2016
    本調査レポートでは、世界の鋼製ワイヤロープ市場2016について調査・分析し、鋼製ワイヤロープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の風力発電用コンバータ市場2015
    本調査レポートでは、中国の風力発電用コンバータ市場2015について調査・分析し、風力発電用コンバータの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫組織化学の世界市場予測(~2021):抗体、試薬、キット、スライド染色装置、組織マイクロアレイ
    当調査レポートでは、免疫組織化学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、免疫組織化学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗真菌薬のアジア太平洋市場
  • 遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))の概要 ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・遺伝性血 …
  • 世界の自動車シャシ市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車シャシ市場2015について調査・分析し、自動車シャシの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック包装の世界市場
    当調査レポートでは、プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、プラスチック包装の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 農業用着色剤の世界市場予測(~2022年):染料、顔料
    当調査レポートでは、農業用着色剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、農業用着色剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用アクチュエーターシステムの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、航空機用アクチュエーターシステムの世界市場について調査・分析し、航空機用アクチュエーターシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空機用アクチュエーターシステムの世界市場:市場動向分析 - 航空機用アクチュエーターシステムの世界市場:競争要因分析 - 航空機用アクチュエーターシステムの世界市場:用途別 ・補助操作 ・航空管制 ・着陸装置 - 航空機用アクチュエーターシステムの世界市場:製品種類別 ・電気油圧式アクチュエーター ・空気圧式アクチュエーター ・電動アクチュエーター ・電気式アクチュエーター ・電油アクチュエーター(EHAs) ・機械式 - 航空機用アクチュエーターシステムの世界市場:航空機種類別 ・ワイドボディ機 ・超大型旅客機 ・輸送機 ・ナローボディ機 ・ヘリコプター ・戦闘機 - 航空機用アクチュエーターシステムの世界市場:エンドユーザー別 ・防衛 ・民間航空 - 航空機用アクチュエーターシステムの世界市場:主要地域別分析 - 航空機用アクチュエーターシステ …
  • HIVワクチンの世界市場:種類別(急性爪囲炎、慢性爪囲炎、カンジダ性爪囲炎、化膿性爪囲炎)、抗生物質別(ムピロシン軟膏、フシジン酸軟膏、ゲンタマイシン軟膏、ジクロキサシリン、その他)、地域別予測
    本資料は、HIVワクチンの世界市場について調べ、HIVワクチンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(急性爪囲炎、慢性爪囲炎、カンジダ性爪囲炎、化膿性爪囲炎)分析、抗生物質別(ムピロシン軟膏、フシジン酸軟膏、ゲンタマイシン軟膏、ジクロキサシリン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlphaVax、Antigen Express、Argo Therapeutic、Bionor Pharmaceuticals、Celldex Therapeutics、FIT Biotech、Crucell Pharmaceutical、GeneCure、Genetic Immunity、GenVec、GeoVax Labs、GlaxoSmithKline、Immune Response Biopharma 、Inovio Pharmaceuticals、Novartisなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・HIVワクチンの世界市場概要 ・HIVワクチンの …
  • 非常用サイリウムの世界市場2016-2020:化学発光式非常用サイリウム、電池式非常用サイリウム
    当調査レポートでは、非常用サイリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非常用サイリウムの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アクリル酸誘導体の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アクリル酸誘導体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクリル酸誘導体市場規模、製品種類別(アクリル酸エステル、アクリルポリマー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アクリル酸誘導体の世界市場概要 ・アクリル酸誘導体の世界市場環境 ・アクリル酸誘導体の世界市場動向 ・アクリル酸誘導体の世界市場規模 ・アクリル酸誘導体の世界市場:業界構造分析 ・アクリル酸誘導体の世界市場:製品種類別(アクリル酸エステル、アクリルポリマー、その他) ・アクリル酸誘導体の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アクリル酸誘導体のアメリカ市場規模・予測 ・アクリル酸誘導体のヨーロッパ市場規模・予測 ・アクリル酸誘導体のアジア市場規模・予測 ・アクリル酸誘導体の主要国分析 ・アクリル酸誘導体の世界市場:意思決定フレームワーク ・アクリル酸誘導体の世界市場:成長要因、課題 ・アクリル酸誘導体の世界市場:競争環境 ・アクリル酸誘導体 …
  • 楽器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、楽器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、楽器市場規模、製品別(拡声機器、弦楽器、キーボード、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・楽器の世界市場概要 ・楽器の世界市場環境 ・楽器の世界市場動向 ・楽器の世界市場規模 ・楽器の世界市場:業界構造分析 ・楽器の世界市場:製品別(拡声機器、弦楽器、キーボード、その他) ・楽器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・楽器のアメリカ市場規模・予測 ・楽器のヨーロッパ市場規模・予測 ・楽器のアジア市場規模・予測 ・楽器の主要国分析 ・楽器の世界市場:意思決定フレームワーク ・楽器の世界市場:成長要因、課題 ・楽器の世界市場:競争環境 ・楽器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)の概要 ・ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のライノウイルス感染症(Rhinovirus Infection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ライノウイルス感染症(Rhinovirus Infecti …
  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場:処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈)、地域別予測
    本資料は、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場について調べ、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界規模、市場動向、市場環境、処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場概要 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場環境 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場動向 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場規模 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場規模:処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈) ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の北米市場規模・予測 ・ …
  • 世界の皮膚病薬市場:詳細分析レポート2017-2022
  • GaAsウェーハの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、GaAsウェーハの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、GaAsウェーハ市場規模、用途別(無線通信ネットワーク、モバイルデバイス、航空宇宙・防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Wireless Semiconductor, AXT, DOWA Electronics Materials, Global Communication Semiconductors, IQE, WIN Semiconductorなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・GaAsウェーハの世界市場概要 ・GaAsウェーハの世界市場環境 ・GaAsウェーハの世界市場動向 ・GaAsウェーハの世界市場規模 ・GaAsウェーハの世界市場:業界構造分析 ・GaAsウェーハの世界市場:用途別(無線通信ネットワーク、モバイルデバイス、航空宇宙・防衛、その他) ・GaAsウェーハの世界市場:地域別市場規模・分析 ・GaAsウェーハ …
  • 脳転移(Brain Metastasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳転移(Brain Metastasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳転移(Brain Metastasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳転移(Brain Metastasis)の概要 ・脳転移(Brain Metastasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳転移(Brain Metastasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳転移(Brain Metastasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 水産養殖の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水産養殖の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水産養殖市場規模、製品別(淡水魚、甲殻類、軟体動物、回遊性魚類、その他)分析、環境別(淡水、海水、汽水)分析、培地別(網生簀、フローティングケージ、池、水田)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水産養殖の世界市場概要 ・水産養殖の世界市場環境 ・水産養殖の世界市場動向 ・水産養殖の世界市場規模 ・水産養殖の世界市場:業界構造分析 ・水産養殖の世界市場:製品別(淡水魚、甲殻類、軟体動物、回遊性魚類、その他) ・水産養殖の世界市場:環境別(淡水、海水、汽水) ・水産養殖の世界市場:培地別(網生簀、フローティングケージ、池、水田) ・水産養殖の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水産養殖のアメリカ市場規模・予測 ・水産養殖のヨーロッパ市場規模・予測 ・水産養殖のアジア市場規模・予測 ・水産養殖の主要国分析 ・水産養殖の世界市場:意思決定フレームワーク ・水産養殖の世界 …
  • スマートファーミングにおけるIoTの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートファーミングにおけるIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートファーミングにおけるIoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートファーミングにおけるIoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cisco、IBM、KaaIoT Technologies、Oracle、Trimble等です。
  • ロボット燃料補給システムの世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、ロボット燃料補給システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、燃料ポンプ別(ガソリン、天然ガス、石油化学製品)分析、積載量別(最大50 kg、50〜100 kg、100〜150 kg)分析、業種別(自動車、鉱業、石油およびガス、航空宇宙)分析、ロボット燃料補給システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ロボット燃料補給システムの世界市場規模が2019年25百万ドルから2030年22億ドルまで年平均50.0%成長すると予測しています。
  • 携帯電話用アクセサリーの世界市場:バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケース
    当調査レポートでは、携帯電話用アクセサリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケースなど)分析、流通チャンネル(オンライン、オフライン)分析、価格帯別(プレミアム、ミッド、ロー)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:製品種類別(バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケースなど) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:流通チャンネル(オンライン、オフライン) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:価格帯別(プレミアム、ミッド、ロー) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:地域別 ・企業動向
  • スマートキッチンの世界市場:スマート冷蔵庫、スマート調理機器、スマート食器洗い機
    当調査レポートでは、スマートキッチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートキッチンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)の概要 ・更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)治療薬 …
  • 三次元測定機(CMM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、三次元測定機(CMM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、三次元測定機(CMM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポータブルスクリーンの世界市場
    当調査レポートでは、ポータブルスクリーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポータブルスクリーンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水晶発振器の世界市場:実装法別(スルーホール、表面実装)、クリスタルカット別(BT、AT、SC)、基本回路設計別(VCXO、SPXO、FCXO、OCXO、TCXO)、用途別、地域別予測
    本資料は、水晶発振器の世界市場について調べ、水晶発振器の世界規模、市場動向、市場環境、実装法別(スルーホール、表面実装)分析、クリスタルカット別(BT、AT、SC)分析、基本回路設計別(VCXO、SPXO、FCXO、OCXO、TCXO)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・水晶発振器の世界市場概要 ・水晶発振器の世界市場環境 ・水晶発振器の世界市場動向 ・水晶発振器の世界市場規模 ・水晶発振器の世界市場規模:実装法別(スルーホール、表面実装) ・水晶発振器の世界市場規模:クリスタルカット別(BT、AT、SC) ・水晶発振器の世界市場規模:基本回路設計別(VCXO、SPXO、FCXO、OCXO、TCXO) ・水晶発振器の世界市場規模:用途別 ・水晶発振器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水晶発振器の北米市場規模・予測 ・水晶発振器のアメリカ市場規模・予測 ・水晶発振器のヨーロッパ市場規模・予測 ・水晶発振器のアジア市場規模・予測 …
  • 咽頭鏡の世界市場2018-2022
    咽頭鏡は、咽頭の解剖学的構造を検査し、異常があるかどうかを評価するために使用される装置です。主にファイバー咽頭鏡とビデオ咽頭鏡に分類されます。咽頭鏡の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率8.1%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Halma、HOYA、Huger Medical Instrument、KARL STORZ、Olympus、Richard Wolfなどです。 当調査レポートでは、咽頭鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、咽頭鏡市場規模、製品別(ファイバー咽頭鏡、ビデオ咽頭鏡)分析、エンドユーザー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・咽頭鏡の世界市場概要 ・咽頭鏡の世界市場環境 ・咽頭鏡の世界市場動向 ・咽頭鏡の世界市場規模 ・咽頭鏡の世界市場:業界構造分析 ・咽頭鏡の世界市場:製品別(ファイバー咽頭鏡、ビデオ咽頭鏡) ・咽頭鏡の世界市場:エンドユーザー別 ・咽頭鏡の世界市場:地域別市 …
  • スマート煙感知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート煙感知器の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマート煙感知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均47.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Birdi• BRK Brands• Nest Labs等です。
  • 世界のココア・リカー市場2016
    本調査レポートでは、世界のココア・リカー市場2016について調査・分析し、ココア・リカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パイプ塗装の世界市場:熱可塑性プラスチックコーティング、金属コーティング、融着エポキシ樹脂コーティング、コンクリート重量コーティング
    当調査レポートでは、パイプ塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • イラクの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 狂犬病検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 世界の据置型鉛電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の据置型鉛電池市場2015について調査・分析し、据置型鉛電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 真空包装の世界市場                 
    当調査レポートでは、真空包装の世界市場について調査・分析し、真空包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 真空包装の世界市場:市場動向分析 - 真空包装の世界市場:競争要因分析 - 真空包装の世界市場:包装の種類別 ・半硬質の包装材 ・硬質の包装材 ・軟質の包装材 - 真空包装の世界市場:機械の種類別 ・外部型真空シーラー ・トレイ用シール包装機 ・熱成形機 ・その他 - 真空包装の世界市場:処理別 ・真空シュリンク包装 ・真空スキン包装 ・その他 - 真空包装の世界市場:包装素材別 ・ポリ塩化ビニリデン(PVDC) ・ポリプロピレン(PP) ・ポリエステル(PET) ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・ポリアミド(PA) ・ポリエチレン(PE) ・その他 - 真空包装の世界市場:用途別 ・医薬品用 ・工業製品 ・食品および飲料 ・消費財の包装 ・ヘルスケア ・その他 - 真空包装の世界市場:主要地域別分析 - 真空包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 真空包装のヨーロッパ市場規模 - 真空包装のアジア …
  • 段ボール原紙の北米市場2016-2020
    当調査レポートでは、段ボール原紙の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、段ボール原紙の北米市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国のプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • アルゼンチンの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 世界の禁煙製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の禁煙製品市場2015について調査・分析し、禁煙製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 食事代替食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食事代替食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食事代替食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食事代替食品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott • Herbalife• Kellogg• Nestlé• SlimFast等です。
  • ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場分析
    本調査レポートでは、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場について調査・分析し、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場動向、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 掘削機械の世界市場:製品別(クローラー、ホイール付き、ミニ・コンパクト)、用途別(建設)、セグメント予測
    掘削機械の世界市場は2025年には564億6,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、掘削や整地のための掘削機の需要が建設機械事業者間で急増していることが考えられます。本調査レポートでは、掘削機械の世界市場について調査・分析し、掘削機械の世界市場動向、掘削機械の世界市場規模、市場予測、セグメント別掘削機械市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スペクトル分析器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スペクトル分析器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スペクトル分析器市場規模、エンドユーザー別(通信、航空宇宙・防衛、機械、半導体・電子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Anritsu, Keysight Technologies, ROHDE&SCHWARZ, Teradyne, VIAVI Solutionsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スペクトル分析器の世界市場概要 ・スペクトル分析器の世界市場環境 ・スペクトル分析器の世界市場動向 ・スペクトル分析器の世界市場規模 ・スペクトル分析器の世界市場:業界構造分析 ・スペクトル分析器の世界市場:エンドユーザー別(通信、航空宇宙・防衛、機械、半導体・電子) ・スペクトル分析器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スペクトル分析器の北米市場規模・予測 ・スペクトル分析器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スペクトル分析器のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • パン焼き用添加物の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パン焼き用添加物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パン焼き用添加物の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液癌治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、血液癌治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、血液癌治療市場規模、疾病種類別(白血病、リンパ腫、骨髄腫)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・血液癌治療の世界市場概要 ・血液癌治療の世界市場環境 ・血液癌治療の世界市場動向 ・血液癌治療の世界市場規模 ・血液癌治療の世界市場:業界構造分析 ・血液癌治療の世界市場:疾病種類別(白血病、リンパ腫、骨髄腫) ・血液癌治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・血液癌治療の北米市場規模・予測 ・血液癌治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・血液癌治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・血液癌治療の主要国分析 ・血液癌治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・血液癌治療の世界市場:成長要因、課題 ・血液癌治療の世界市場:競争環境 ・血液癌治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"