"呼吸器合胞体ウイルス(RSウイルス)診断薬の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR30578)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"呼吸器合胞体ウイルス(RSウイルス)診断薬の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About this market
Vendors are developing new RSV diagnostics products with increased efficiencies. These launches will contribute to the revenue of companies, which will drive the market. These advanced product launches will make products accessible for end- users and will decrease the time required for diagnostics. Technavio’s analysts have predicted that the respiratory syncytial virus (RSV) diagnostics market will register a CAGR of over 9% by 2023.
Market Overview
Growing number of M&A
Core reference laboratories or large laboratories are focusing on increasing their presence in the global market through M&A. hence, large laboratories are acquiring small and medium- sized laboratories which conduct testing on infectious diseases.
Product recalls
Product recalls affect the sales and earnings of vendors for short periods and adversely impact their operations for extended periods. Therefore, the recalls of medical products or assays can limit the adoption of other systems and consumables developed by these companies.
For the detailed list of factors that will drive and challenge the growth of the respiratory syncytial virus (RSV) diagnostics market during the 2019-2023, view our report.
Competitive Landscape
The market appears to be fragmented and with the presence of several companies. This market research report will help clients identify new growth opportunities and design unique growth strategies by providing a comprehensive analysis of the market’s competitive landscape and offering information on the products offered by companies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"呼吸器合胞体ウイルス(RSウイルス)診断薬の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Market segmentation by product
• Comparison by product
• Consumables – Market size and forecast 2018-2023
• Systems – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by product
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 10: TRENDS
• Technological advancements
PART 11: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 12: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Abbott
• BD
• bioMérieux
• F. Hoffmann-La Roche
• Quidel
PART 13: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations


Exhibit 01: Years in consideration
Exhibit 02: Global in-vitro diagnostics (IVD) market
Exhibit 03: Segments of global in-vitro diagnostics (IVD) market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Product – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: Consumables – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 21: Consumables – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Systems – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 23: Systems – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by product
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 29: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 30: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 31: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 32: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 33: Key leading countries
Exhibit 34: Market opportunity
Exhibit 35: Decision framework
Exhibit 36: Product launches by companies
Exhibit 37: Product recalls
Exhibit 38: Impact of drivers and challenges
Exhibit 39: Vendor landscape
Exhibit 40: Landscape disruption
Exhibit 41: Vendors covered
Exhibit 42: Vendor classification
Exhibit 43: Market positioning of vendors
Exhibit 44: Abbott – Vendor overview
Exhibit 45: Abbott – Business segments
Exhibit 46: Abbott – Organizational developments
Exhibit 47: Abbott – Geographic focus
Exhibit 48: Abbott – Segment focus
Exhibit 49: Abbott – Key offerings
Exhibit 50: Abbott – Key customers
Exhibit 51: BD – Vendor overview
Exhibit 52: BD – Business segments
Exhibit 53: BD – Organizational developments
Exhibit 54: BD – Geographic focus
Exhibit 55: BD – Segment focus
Exhibit 56: BD – Key offerings
Exhibit 57: BD – Key customers
Exhibit 58: bioMérieux – Vendor overview
Exhibit 59: bioMérieux – Business segments
Exhibit 60: bioMérieux – Organizational developments
Exhibit 61: bioMérieux – Geographic focus
Exhibit 62: bioMérieux – Segment focus
Exhibit 63: bioMérieux – Key offerings
Exhibit 64: bioMérieux – Key customers
Exhibit 65: F. Hoffmann-La Roche – Vendor overview
Exhibit 66: F. Hoffmann-La Roche – Business segments
Exhibit 67: F. Hoffmann-La Roche – Organizational developments
Exhibit 68: F. Hoffmann-La Roche – Geographic focus
Exhibit 69: F. Hoffmann-La Roche – Segment focus
Exhibit 70: F. Hoffmann-La Roche – Key offerings
Exhibit 71: F. Hoffmann-La Roche – Key customers
Exhibit 72: Quidel – Vendor overview
Exhibit 73: Quidel – Product segments
Exhibit 74: Quidel – Organizational developments
Exhibit 75: Quidel – Geographic focus
Exhibit 76: Quidel – Segment focus
Exhibit 77: Quidel – Key offerings
Exhibit 78: Quidel – Key customers
Exhibit 79: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 80: List of abbreviations

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】呼吸器合胞体ウイルス(RSウイルス)診断薬の世界市場2019-2023
【発行日】2018年12月27日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR30578
【対象地域】グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
呼吸器合胞体ウイルス(RSウイルス)診断薬の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 多要素認証(MFA)の世界市場見通し2016-2022:2要素認証、3要素認証、4要素認証、5要素認証
    当調査レポートでは、多要素認証(MFA)の世界市場について調査・分析し、多要素認証(MFA)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・多要素認証(MFA)の世界市場:市場動向分析 ・多要素認証(MFA)の世界市場:競争要因分析 ・多要素認証(MFA)の世界市場:モデル別分析/市場規模 ・多要素認証(MFA)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・多要素認証(MFA)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・多要素認証(MFA)の北米市場規模 ・多要素認証(MFA)の欧州市場規模 ・多要素認証(MFA)のアジア市場規模 ・多要素認証(MFA)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場2018-2022
    タンパク質の結晶化プロセスでは、タンパク質液体試料を過飽和溶液にさらして純度の高い結晶を得ます。タンパク質の結晶構造解析では、この精製された結晶の構造を原子レベルおよび分子レベルで評価します。タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率9.68%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Jena Bioscience、Merck KGaA、PerkinElmer、Rigakuなどです。 当調査レポートでは、タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タンパク質の結晶化および結晶構造解析市場規模、製品別(試薬、器具)分析、エンドユーザー別(製薬、バイオテクノロジー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場概要 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場環境 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解 …
  • フライアッシュの世界市場予測(~2023年)
    フライアッシュの世界市場は、2018年の34億米ドルから2023年には45億米ドルに達し、この期間中6.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、建設業の成長、インフラと道路舗装への関心の高まり、フライアッシュの投棄に関連する問題、各国政府によるフライアッシュの促進、環境に優しい製品の使用への関心の高まりなどが考えれられます。一方で、寒冷地でのフライアッシュの不適合性およびエネルギーミックスにおける火力発電の割合の減少により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、フライアッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ(タイプF、タイプC)分析、用途(ポルトランドセメント・コンクリート、レンガ・ブロック、道路建設、農業)分析、フライアッシュの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用サラウンドビューシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用サラウンドビューシステムの世界市場について調査・分析し、自動車用サラウンドビューシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用サラウンドビューシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用サラウンドビューシステム種類別分析(4カメラ型、6カメラ型、その他)、自動車用サラウンドビューシステム用途別分析(OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用サラウンドビューシステムの市場概観 ・自動車用サラウンドビューシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用サラウンドビューシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用サラウンドビューシステムの世界市場規模 ・自動車用サラウンドビューシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用サラウンドビューシステムのアメリカ市場規模推移 ・自動車用サラウンドビューシステムのカナダ市場規模推移 ・自動車用サラウンドビューシステムのメキシコ市場規 …
  • アジアの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動車用クラッチの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用クラッチの世界市場規模が2017年9兆1191.4億ドルから2026年18兆5352.9億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用クラッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用クラッチ市場規模、クラッチディスクサイズ別(10〜11インチディスク、11インチ以上ディスク、9〜10インチディスク、9インチ以下ディスク)分析、クラッチ種類別(遠心クラッチ、ドッグクラッチ、ドライクラッチ、電磁クラッチ、摩擦クラッチ)分析、トランスミッション種類別(自動マニュアルトランスミッション、自動変速機、無段変速機、デュアルクラッチ、マニュアルトランスミッション)分析、材料種類別(セラミック、オーガニック、その他の材料種類)分析、用途別(商業、乗客、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用クラッチの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用クラッチの世界 …
  • 産業用潤滑剤の世界市場分析:製品別(プロセスオイル、一般オイル、金属加工用オイル、エンジンオイル)、用途別(金属加工、繊維、エネルギー、化学製造、食品加工、油圧)、セグメント予測
    本調査レポートでは、産業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、産業用潤滑剤の世界市場動向、産業用潤滑剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用潤滑剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 救急車サービスの世界市場2014-2025:輸送車両別(地上、空中、水上)、救急サービス別(救急、非救急)、装置別(一次・二次救命処置(ALS・BLS))
    本調査レポートでは、救急車サービスの世界市場について調査・分析し、救急車サービスの世界市場動向、救急車サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別救急車サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オートバイ用クルーズコントロールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用クルーズコントロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用クルーズコントロールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 安定狭心症(Stable Angina):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における安定狭心症(Stable Angina)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、安定狭心症(Stable Angina)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・安定狭心症(Stable Angina)の概要 ・安定狭心症(Stable Angina)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の安定狭心症(Stable Angina)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・安定狭心症(Stable Angina)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 世界のラドン測定器市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 薄膜太陽光発電モジュールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、薄膜太陽光発電モジュールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薄膜太陽光発電モジュール市場規模、技術別(テルル化カドミウム(CdTe)、セレン化銅インジウムガリウム(CIGS))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場概要 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場環境 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場動向 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場規模 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:業界構造分析 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:技術別(テルル化カドミウム(CdTe)、セレン化銅インジウムガリウム(CIGS)) ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・薄膜太陽光発電モジュールの北米市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールのアジア太平洋市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールの主要 …
  • 麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場について調査・分析し、麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別麻酔ビデオ咽頭鏡シェア、市場規模推移、市場規模予測、麻酔ビデオ咽頭鏡種類別分析(マイクロハンドヘルド型ユニット、大型ユニット)、麻酔ビデオ咽頭鏡用途別分析(緊急治療科、手術室、ラピッドレスポンスアプリケーション)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の市場概観 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場規模 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のアメリカ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のカナダ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメキシコ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のドイツ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のイギリス …
  • 世界の廃水処理装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の廃水処理装置市場2015について調査・分析し、廃水処理装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 架橋剤の世界市場予測(~2022年):アミノ、アミン、イソシアン酸塩、アミド、アジリジン、カルボジイミド
    当調査レポートでは、架橋剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、化学成分別分析、用途別分析、地域別分析、架橋剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:モード別(シングルモード、マルチモード)、製品タイプ別(ガラス光ファイバー、プラスチック光ファイバー)、接続性別(FTTH、FTTB)、業種別(テレコムおよびIT、公共部門、ヘルスケア、エネルギーおよびユーティリティ、航空宇宙、防衛 、製造業、その他)
    当調査レポートでは、光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、モード別分析、製品タイプ別分析、接続性別分析、業種別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:モード別(シングルモード、マルチモード) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:製品タイプ別(ガラス光ファイバー、プラスチック光ファイバー) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:接続性別(FTTH、FTTB) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:業種別(テレコムおよびIT、公共部門、ヘルスケア、エネルギーおよびユーティリティ、航空宇宙、防衛 、製造業、その他) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 機能性飲料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、機能性飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経調節装置の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、神経調節装置の世界市場について調査・分析し、神経調節装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・神経調節装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・神経調節装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・神経調節装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストの概要 ・アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フィードスルーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フィードスルーの世界市場について調査・分析し、フィードスルーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フィードスルーシェア、市場規模推移、市場規模予測、フィードスルー種類別分析(電力、機械、流体)、フィードスルー用途別分析(半・真空コーティング 、真空、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フィードスルーの市場概観 ・フィードスルーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フィードスルーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フィードスルーの世界市場規模 ・フィードスルーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フィードスルーのアメリカ市場規模推移 ・フィードスルーのカナダ市場規模推移 ・フィードスルーのメキシコ市場規模推移 ・フィードスルーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・フィードスルーのドイツ市場規模推移 ・フィードスルーのイギリス市場規模推移 ・フィードスルーのロシア市場規模推移 ・フィードスルーのアジア市 …
  • シリカゲルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シリカゲルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シリカゲルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用通信の世界市場予測(~2022年):構成品、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、産業用通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成品別分析、通信プロトコル別分析、用途別分析、地域別分析、産業用通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱業用潤滑剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、鉱業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先(産業)別分析、種類別分析、地域別分析、鉱業用潤滑剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗生物質耐性の世界市場予測2019-2024
    「抗生物質耐性の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、尿路感染症、腹腔内感染症、血流感染症、クロストリジウム・ディフィシル感染症、急性細菌性皮膚感染症・皮膚構造感染症など、用途別には、Oxazolidinones、Lipoglycopeptides、Tetracyclines、Cephalosporins、Combination therapies、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。抗生物質耐性のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・抗生物質耐性の世界市場概要(サマリー) ・抗生物質耐性の企業別販売量・売上 ・抗生物質耐性の企業別市場シェア ・抗生物質耐性の世界市場規模:種類別(尿路感染症、腹腔内感染症、血流感染症、クロストリジウム・ディフィシル感染症、急性細菌性皮膚感染症・皮膚構造感染症) ・抗生物質耐性の世界市場規模:用途別(Oxazolidinones、Lipoglycopeptides、Tet …
  • 炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料の世界市場分析:原材料別(PAN、ピッチ)、用途別(自動車、航空宇宙&防衛、風力タービン、スポーツ、建設、海洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料の世界市場について調査・分析し、炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料の世界市場動向、炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 金属射出成形(MIM)の世界市場分析:エンドユーザー別(自動車、消費者製品、医療、産業、防衛)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、金属射出成形(MIM)の世界市場について調査・分析し、金属射出成形(MIM)の世界市場動向、金属射出成形(MIM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属射出成形(MIM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ノイズ検出およびモニタリングの世界市場
    当調査レポートでは、ノイズ検出およびモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ノイズ検出およびモニタリングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 真空包装の世界市場                 
    当調査レポートでは、真空包装の世界市場について調査・分析し、真空包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 真空包装の世界市場:市場動向分析 - 真空包装の世界市場:競争要因分析 - 真空包装の世界市場:包装の種類別 ・半硬質の包装材 ・硬質の包装材 ・軟質の包装材 - 真空包装の世界市場:機械の種類別 ・外部型真空シーラー ・トレイ用シール包装機 ・熱成形機 ・その他 - 真空包装の世界市場:処理別 ・真空シュリンク包装 ・真空スキン包装 ・その他 - 真空包装の世界市場:包装素材別 ・ポリ塩化ビニリデン(PVDC) ・ポリプロピレン(PP) ・ポリエステル(PET) ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・ポリアミド(PA) ・ポリエチレン(PE) ・その他 - 真空包装の世界市場:用途別 ・医薬品用 ・工業製品 ・食品および飲料 ・消費財の包装 ・ヘルスケア ・その他 - 真空包装の世界市場:主要地域別分析 - 真空包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 真空包装のヨーロッパ市場規模 - 真空包装のアジア …
  • アコースティックカメラ(音響カメラ)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、アコースティックカメラ(音響カメラ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、アレイ種類別(2Dおよび3D)分析、測定種類別(遠距離場・近距離場)分析、用途別(ノイズ源識別、漏れ検出)分析、産業別(自動車、インフラ)分析、アコースティックカメラ(音響カメラ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、アコースティックカメラ(音響カメラ)の世界市場規模が2019年128百万ドルから2024年159百万ドルまで年平均4.4%成長すると予測しています。
  • アイウェアの世界市場分析:製品別(コンタクトレンズ、眼鏡、プラノサングラス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、アイウェアの世界市場について調査・分析し、アイウェアの世界市場動向、アイウェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別アイウェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)治療薬の世界市場機会分析・予測
    当調査レポートでは、B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 高調波フィルタの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高調波フィルタの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高調波フィルタ市場規模、製品別(PHF、AHF)分析、エンドユーザー別(産業、非産業系)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高調波フィルタの世界市場概要 ・高調波フィルタの世界市場環境 ・高調波フィルタの世界市場動向 ・高調波フィルタの世界市場規模 ・高調波フィルタの世界市場:業界構造分析 ・高調波フィルタの世界市場:製品別(PHF、AHF) ・高調波フィルタの世界市場:エンドユーザー別(産業、非産業系) ・高調波フィルタの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高調波フィルタの北米市場規模・予測 ・高調波フィルタのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高調波フィルタのアジア太平洋市場規模・予測 ・高調波フィルタの主要国分析 ・高調波フィルタの世界市場:意思決定フレームワーク ・高調波フィルタの世界市場:成長要因、課題 ・高調波フィルタの世界市場:競争環境 …
  • 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酵母酵母エキス・酵母・自己分解物市場規模、種類別(パン酵母、醸造用酵母、バイオエタノール酵母、酵母細胞小器官、ワイン酵母、その他)分析、用途別(アルコール飲料、ベーカリー製品、食品、飼料、ノンアルコール飲料、調理済み食品、その他)分析、形態別(乾燥酵母、生酵母、インスタント酵母)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場:市場動向分析 ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場:競争要因分析 ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場:種類別(パン酵母、醸造用酵母、バイオエタノール酵母、酵母細胞小器官、ワイン酵母、その他) ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場:用途別(アルコール飲料、ベーカリー製品、食品、飼料、ノンアルコール飲料、調理済み食品、その他) ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物 …
  • フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:イントロダクション ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:市場概観 ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:セグメント別市場分析 ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:企業別分析/市場規模 ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:適用分野別分析/市場規模 ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:主要地域別市場分析 ・サービスとしての災害復旧(DRaaS)の世界市場:関連企業分析
  • 整形外科用ソフトウェアの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の整形外科用ソフトウェア市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:イントロダクション ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:市場概観 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:セグメント別市場分析 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:主要地域別市場分析 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:関連企業分析
  • 自動車用アンチロールバーの世界市場:用途別、地域別
    本レポートは、自動車用アンチロールバーの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車用アンチロールバーの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 事務用品およびオフィス用周辺機器の世界市場:製品別(紙幣計数機、シュレッダー、硬貨選別器、偽造検知器、ラミネーター、プリンター、コピー機、スキャナー)、セグメント予測
    事務用品およびオフィス用周辺機器の世界市場は2025年には516億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.4%で成長すると予測されています。事務用品やオフィス用周辺機器の需要は、特に発展途上国を中心とした急速な都市化による新しいビジネスの確立によって増加すると見られています。プリンターやスキャナー、偽造検出器、シュレッダーといった必須のオフィス機器の需要は、市場を著しく成長させる要因として期待されています。本調査レポートでは、事務用品およびオフィス用周辺機器の世界市場について調査・分析し、事務用品およびオフィス用周辺機器の世界市場動向、事務用品およびオフィス用周辺機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別事務用品およびオフィス用周辺機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマート・バスルームの世界市場:非接続式水栓、スマートトイレ、水石鹸入れ、水槽、ハンドドライヤー、スマートウインドウ
    当調査レポートでは、スマート・バスルームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・バスルームの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の外傷固定処置動向(~2021)
  • ウイルス濾過の世界市場:濾過キット、試薬、装置、サービス
    当調査レポートでは、ウイルス濾過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 赤外線撮像の世界市場
    当調査レポートでは、赤外線撮像の世界市場について調査・分析し、赤外線撮像の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 赤外線撮像の世界市場:市場動向分析 - 赤外線撮像の世界市場:競争要因分析 - 赤外線撮像の世界市場:波長別 ・遠赤外線 ・長波赤外線 ・中波赤外線 ・近赤外線 ・短波赤外線 - 赤外線撮像の世界市場:部品別 ・赤外線センサー ・赤外検出器 ・赤外線レンズシステム ・その他 - 赤外線撮像の世界市場:種類別 ・固定赤外線撮像製品 ・持ち運び可能な赤外線撮像製品 - 赤外線撮像の世界市場:用途別 ・航空宇宙および防衛 ・自動車 ・家電 ・消火 ・産業用 ・医療用 ・監視 - 赤外線撮像の世界市場:技術別 ・冷却赤外線技術 ・非冷却赤外線技術 - 赤外線撮像の世界市場:主要地域別分析 - 赤外線撮像の北米市場規模(アメリカ市場等) - 赤外線撮像のヨーロッパ市場規模 - 赤外線撮像のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・赤外線撮像の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の土壌水分モニタリング装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の土壌水分モニタリング装置市場2016について調査・分析し、土壌水分モニタリング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リニアアクチュエーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リニアアクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リニアアクチュエーター市場規模、製品別(電動式リニアアクチュエーター、油圧式リニアアクチュエーター、空気圧式リニアアクチュエーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リニアアクチュエーターの世界市場概要 ・リニアアクチュエーターの世界市場環境 ・リニアアクチュエーターの世界市場動向 ・リニアアクチュエーターの世界市場規模 ・リニアアクチュエーターの世界市場:業界構造分析 ・リニアアクチュエーターの世界市場:製品別(電動式リニアアクチュエーター、油圧式リニアアクチュエーター、空気圧式リニアアクチュエーター) ・リニアアクチュエーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リニアアクチュエーターの北米市場規模・予測 ・リニアアクチュエーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リニアアクチュエーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・リニアアクチュエー …
  • チョコレート菓子の世界市場2014–2025:製品別(箱入り、カウントライン、形成、季節性、ストレートライン、その他)、種類別(ミルク、ダーク、ホワイト)、地域別
    本調査レポートでは、チョコレート菓子の世界市場について調査・分析し、チョコレート菓子の世界市場動向、チョコレート菓子の世界市場規模、市場予測、セグメント別チョコレート菓子市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 化合物半導体の世界市場予測(~2024年)
    化合物半導体の世界市場は、2019年の372億米ドルから2024年には530億米ドルに達し、この期間中7.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、政府およびステークホルダーからの援助資金の増加、半導体業界におけるGaNおよびSiCの需要の増加と導入、LED用途における化合物半導体の多用などが考えられます。一方で、化合物半導体に関連する高い材料費や製造費は市場の成長を妨げる可能性があります。当調査レポートでは、化合物半導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(GaN、GaAs、InP、SiGe、SiC、GaP)分析、製品(LED、RF、オプトエレクトロニクス、パワーエレクトロニクス)分析、用途(テレコム、一般照明、軍用・防衛、データコム、自動車)分析、化合物半導体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:新検査、企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"