"大麻乾燥・キュアリング用器具の世界市場:地域別、セグメント予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GVW903110)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"大麻乾燥・キュアリング用器具の世界市場:地域別、セグメント予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global marijuana drying and curing equipment market size is expected to reach USD 157.1 million by 2025, according to a new report by Grand View Research, Inc., registering a 10.4% CAGR during the forecast period. Increasing number of countries legalizing cannabis cultivation and consumption, growing cultivation capacity, rising cannabis preference by patients suffering from cancer pain, arthritis, and epilepsy, as well as for other relevant medical conditions are some of the factors driving demand for marijuana drying and curing equipment.
Stringent quality standards for cultivation and curing of medical marijuana is anticipated to boost demand for high quality and potent marijuana produced through organic methods due to their usage in treatment of various medical conditions. These newly developed machines help avoid contamination, prevent moisture variations, preserve active ingredients, and maintain optimum external conditions, all of which were difficult to maintain by traditional methods. Thus, higher product quality obtained through these equipment is expected to drive the market.

The number of weed cultivators has increased at a rapid rate with a rise in the number of countries legalizing marijuana. Globally, North America was the largest contributor in terms of number of marijuana cultivators in 2017. This has had a positive impact on demand for marijuana drying and curing equipment, as consumer demand shifts to high quality and potent products.

U.S. dominated this market in 2017, with a 55.0% revenue share, and is expected to maintain its dominance through 2025. This is attributed due to rapid legalization of cannabis in an increasing number of states in the country and growing consumption of medical cannabis for chronic pain, arthritis, cancer, and epilepsy. U.S. is anticipated to witness incremental opportunity of USD 17.6 million between 2018 and 2025, owing to potential legalization of cannabis in other states. Germany is expected to witness the second-highest incremental opportunity of USD 11.7 million between 2020 and 2025 as the country is expected to start distributing licenses for weed cultivation in early 2019. This, in turn, is expected to drive demand for marijuana drying and curing equipment over the forecast period.

Further key findings from the report suggest:

• U.S. dominated the global market in 2017, owing to rising number of states legalizing the cultivation, sale, and consumption of marijuana; the incremental opportunity in the country is expected to be USD 17.6 million between 2018 to 2025

• Germany is anticipated to be the fastest growing market with a CAGR of 5.9 % between 2020 and 2025. The country is expected to start distributing licenses for weed cultivation in early 2019

• Some of the key market players in the market are Cann Systems, LLC; Darwin Chambers; Conviron; Autocure; Yofumo Technologies, Inc.; DHydra Technologies; EnWave Corporation; HARTER GmbH; and PROTEIN SOLUTIONS GROUP, LLC.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Grand View Researchが"大麻乾燥・キュアリング用器具の世界市場:地域別、セグメント予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

Chapter 1 Methodology and Scope
1.1 Research Methodology
1.2 Research Scope and Assumptions
1.3 List to Data Sources
Chapter 2 Executive Summary
Chapter 3 Global Marijuana Drying and Curing Equipment Market Variables, Trends and Scope
3.1 Market Segmentation
3.2 Market Driver Analysis
3.2.1 Growing adoption of medical marijuana for treatment of chronic diseases
3.2.2 Growing legalization of marijuana in various countries
3.2.3 Increasing need for potent cannabis and recent technological advancements
3.3 Market Restraint Analysis
3.3.1 Lower market access to marijuana due to absence of legalization programs in several Asian and African countries
3.4 Market Trends, Penetration and Future Prospect Mapping
3.5 Global Marijuana Drying and Curing Equipment Market: SWOT Analysis, by PEST
3.6 Industry Analysis – Porter’s
3.7 Global Legal Trade of Marijuana
3.8 List of Marijuana Growers
3.9 Product Comparison Case Studies
3.9.1 Case 1:
3.9.2 Case 2:
3.9.2.1 List of Technologies Used in Heat Pump Dryers
3.9.2.2 List of Technologies Used in Vacuum Microwave Drying
3.9.3 Case 3:
3.10 Marijuana Value Chain Analysis
3.11 Investment Analysis by Technology
3.12 Marijuana Supply and Demand Analysis
3.12.1 The shortage of marijuana can be attributed to two primary factors.
3.12.1.1 Lengthy regulatory process:
3.12.1.2 Growing number of consumers:
3.12.2 Supply and Demand Gap
Chapter 4 Global Marijuana Drying and Curing Equipment Market: Country Estimates & Trend Analysis
4.1 Marijuana Drying and Curing Equipment Market Share by Country, 2017 & 2025
4.2 U.S.
4.2.1 Market revenue estimates and forecasts, 2014 – 2025 (USD Million)
4.3 Canada
4.3.1 Market revenue estimates and forecasts, 2014 – 2025 (USD Million)
4.4 Germany
4.4.1 Market revenue estimates and forecasts, 2014 – 2025 (USD Million)
4.5 Australia
4.5.1 Market revenue estimates and forecasts, 2014 – 2025 (USD Million)
4.6 Uruguay
4.6.1 Market revenue estimates and forecasts, 2014 – 2025 (USD Million)
4.7 Israel
4.7.1 Market revenue estimates and forecasts, 2014 – 2025 (USD Million)
4.8 Colombia
4.8.1 Market revenue estimates and forecasts, 2014 – 2025 (USD Million)
Chapter 5 Company Profiles
5.1 Cann Systems, LLC
5.1.1 Company overview
5.1.2 Product benchmarking
5.2 Darwin Chambers
5.2.1 Company overview
5.2.2 Product benchmarking
5.3 Conviron
5.3.1 Company overview
5.3.2 Product benchmarking
5.4 Autocure
5.4.1 Company overview
5.4.2 Product benchmarking
5.5 Yofumo Technologies, Inc.
5.5.1 Company overview
5.5.2 Product benchmarking
5.5.3 Strategic initiatives
5.6 DHydra Technologies
5.6.1 Company overview
5.6.2 Product benchmarking
5.6.3 Strategic initiatives
5.7 EnWave Corporation.
5.7.1 Company overview
5.7.2 Product benchmarking
5.7.3 Strategic initiatives
5.8 HARTER GmbH
5.8.1 Company overview
5.8.2 Product benchmarking
5.9 PROTEIN SOLUTIONS GROUP, LLC.
5.9.1 Company overview
5.9.2 Product benchmarking

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】大麻乾燥・キュアリング用器具の世界市場:地域別、セグメント予測
【発行日】2019年1月21日
【調査会社】Grand View Research
【コード】GVW903110
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
大麻乾燥・キュアリング用器具の世界市場:地域別、セグメント予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • オイル状態監視の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、オイル状態監視の世界市場について調査・分析し、オイル状態監視の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - オイル状態監視の世界市場:市場動向分析 - オイル状態監視の世界市場:競争要因分析 - オイル状態監視の世界市場:測定方法別 ・濃度 ・誘電性 ・燃料希釈 ・圧力 ・すす ・TAN ・ABN ・温度 ・粘度 ・水希釈 ・摩耗粒子 - オイル状態監視の世界市場:サンプリング種類別 ・オフサイト ・オンサイト - オイル状態監視の世界市場:製品別 ・コンプレッサ ・エンジン ・ギアシステム ・油圧装置 ・タービン - オイル状態監視の世界市場:産業別 ・鉱業 ・工業 ・エネルギー・電力 ・石油・ガス ・輸送 - オイル状態監視の世界市場:主要地域別分析 - オイル状態監視の北米市場規模(アメリカ市場等) - オイル状態監視のヨーロッパ市場規模 - オイル状態監視のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・オイル状態監視の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 軍用モバイルコンピューティングシステムの世界市場:ラジオ、スマートフォン、タブレット、パソコン
    当調査レポートでは、軍用モバイルコンピューティングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用モバイルコンピューティングシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エラストグラフィイメージングの世界市場予測(~2024年)
    エラストグラフィイメージングの世界市場は、2018年の25億米ドルから2024年には46億米ドルに達し、この期間中11.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。乳がんや慢性的な肝疾患の発生率が高まっており、世界中で低侵襲手術が選好されていることが市場を牽引している主な要因です。当調査レポートでは、エラストグラフィイメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、モダリティ別(超音波、磁気共鳴エラストグラフィ)分析、用途別(放射線、心臓病、OB・GYN、血管、整形外科・筋骨格系疾患)分析、エンドユーザー別(病院、外科手術センター、診断センター)分析、エラストグラフィイメージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キーストローク生体認証の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キーストローク生体認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キーストローク生体認証の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レーシック手術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レーシック手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーシック手術の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレーシック手術の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Johnson & Johnson• Novartis • Valeant Pharmaceuticals International• Carl Zeiss• Nidek等です。
  • 超高分子量ポリエチレンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超高分子量ポリエチレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超高分子量ポリエチレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気生理学(EP)機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気生理学(EP)機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気生理学(EP)機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック製キャップ&クロージャの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プラスチック製キャップ&クロージャの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、技術別分析、素材別分析、需要先(飲料、食品)別分析、プラスチック製キャップ&クロージャの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))のフェーズ3治験薬の状況 ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬の市場規模(販売予測) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))のフェーズ3治 …
  • 世界のリージョナル航空機市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 飲食料品用フレキシブル包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、飲食料品用フレキシブル包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飲食料品用フレキシブル包装市場規模、材料別(軟質プラスチック、柔軟紙、フレキシブルホイル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・飲食料品用フレキシブル包装の世界市場概要 ・飲食料品用フレキシブル包装の世界市場環境 ・飲食料品用フレキシブル包装の世界市場動向 ・飲食料品用フレキシブル包装の世界市場規模 ・飲食料品用フレキシブル包装の世界市場:業界構造分析 ・飲食料品用フレキシブル包装の世界市場:材料別(軟質プラスチック、柔軟紙、フレキシブルホイル) ・飲食料品用フレキシブル包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・飲食料品用フレキシブル包装のアメリカ市場規模・予測 ・飲食料品用フレキシブル包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・飲食料品用フレキシブル包装のアジア市場規模・予測 ・飲食料品用フレキシブル包装の主要国分析 ・飲食料品用フレキシブル包装の世界市 …
  • 水素化処理触媒の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、水素化処理触媒の世界市場について調査・分析し、水素化処理触媒の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別水素化処理触媒シェア、市場規模推移、市場規模予測、水素化処理触媒種類別分析(水素化処理、水素化分解)、水素化処理触媒用途別分析(ディーゼル水素化処理、潤滑油、ナフサ、残油改質、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・水素化処理触媒の市場概観 ・水素化処理触媒のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・水素化処理触媒のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・水素化処理触媒の世界市場規模 ・水素化処理触媒の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・水素化処理触媒のアメリカ市場規模推移 ・水素化処理触媒のカナダ市場規模推移 ・水素化処理触媒のメキシコ市場規模推移 ・水素化処理触媒のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・水素化処理触媒のドイツ市場規模推移 ・水素化処理触媒のイギリス市場規模推移 ・水素化処理触媒のロシア市場規模推移 ・ …
  • 凝集剤及び凝固剤の世界市場予測(~2022年):陰イオン凝集剤、陽イオン凝集剤、有機凝固剤、無機凝固剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、凝集剤及び凝固剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、凝集剤及び凝固剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモノクロル酢酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のモノクロル酢酸市場2016について調査・分析し、モノクロル酢酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 有毛細胞性白血病(Hairy Cell Leukemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における有毛細胞性白血病(Hairy Cell Leukemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、有毛細胞性白血病(Hairy Cell Leukemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・有毛細胞性白血病(Hairy Cell Leukemia)の概要 ・有毛細胞性白血病(Hairy Cell Leukemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の有毛細胞性白血病(Hairy Cell Leukemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・有毛細胞性白血病(Hairy Cell Leukemia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 視覚障碍者用支援技術の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、視覚障碍者用支援技術の世界市場について調査・分析し、視覚障碍者用支援技術の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別視覚障碍者用支援技術シェア、市場規模推移、市場規模予測、視覚障碍者用支援技術種類別分析(ブレイル・ディスプレイ、ノートテーカー、拡大鏡)、視覚障碍者用支援技術用途別分析(盲学校、身体障碍者連合会・病院、企業、社会組織、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・視覚障碍者用支援技術の市場概観 ・視覚障碍者用支援技術のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・視覚障碍者用支援技術のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・視覚障碍者用支援技術の世界市場規模 ・視覚障碍者用支援技術の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・視覚障碍者用支援技術のアメリカ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のカナダ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のメキシコ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・視覚障碍 …
  • 工業用潤滑油の世界市場:製品別(プロセス油、一般的な油、金属加工油、エンジン油)、用途別(織物、エネルギー、油圧)、セグメント予測
    本調査レポートでは、工業用潤滑油の世界市場について調査・分析し、工業用潤滑油の世界市場動向、工業用潤滑油の世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用潤滑油市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の光干渉断層計(OCT)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、光干渉断層計(OCT)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・光干渉断層計(OCT)の概要 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:開発段階別分析 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:セグメント別分析 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:領域別分析 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:規制Path別分析 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別光干渉断層計(OCT)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・光干渉断層計(OCT)の最近動向
  • 世界のマンモグラフィー装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、マンモグラフィー装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マンモグラフィー装置の概要 ・マンモグラフィー装置の開発動向:開発段階別分析 ・マンモグラフィー装置の開発動向:セグメント別分析 ・マンモグラフィー装置の開発動向:領域別分析 ・マンモグラフィー装置の開発動向:規制Path別分析 ・マンモグラフィー装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別マンモグラフィー装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・マンモグラフィー装置の最近動向
  • 穀物保護剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、穀物保護剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、防除法別(化学的、物理的)分析、標的有害生物別(昆虫、げっ歯類)分析、穀物の種類別分析、穀物保護剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動タイヤインフレーションシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動タイヤインフレーションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(中央、連続)分析、コンポーネント別(ECU、コンプレッサー、圧力センサー)分析、オンハイウェイ車両別(PC、CV)分析、オフハイウェイ車両別(農業、建設)分析、自動タイヤインフレーションシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性衛生用ワイプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性衛生用ワイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性衛生用ワイプの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • cPDMの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、cPDMの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、cPDMの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポストプロダクションの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ポストプロダクションの世界市場について調べ、ポストプロダクションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポストプロダクションの市場規模をセグメンテーション別(用途別(映画、テレビ、コマーシャル、オンライン動画)、技術別(VFX、オーディオ処理、2D-3D変換、編集、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はポストプロダクションの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポストプロダクションの市場状況 ・ポストプロダクションの市場規模 ・ポストプロダクションの市場予測 ・ポストプロダクションの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(映画、テレビ、コマーシャル、オンライン動画) ・市場セグメンテーション:技術別(VFX、オーディオ処理、2D-3D変換、編集、その他) ・ポストプロダクションの顧客状況 ・主要地域別市場規模 …
  • アニメーションの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、アニメーションの世界市場について調査・分析し、アニメーションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - アニメーションの世界市場:市場動向分析 - アニメーションの世界市場:競争要因分析 - アニメーションの世界市場:用途別 ・モーションキャプチャ ・ストップモーション ・3Dアニメーション映画 - アニメーションの世界市場:種類別 ・コンピューター生成画像 (CGI) ・ウェブアニメーション ・2Dアニメーション ・法人向けサービス ・視覚効果 - アニメーションの世界市場:主要地域別分析 - アニメーションの北米市場規模(アメリカ市場等) - アニメーションのヨーロッパ市場規模 - アニメーションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アニメーションの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 感熱式&インクジェットディスクプリンタの米国、日本、欧州市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 自動車トランスミッション装置の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、自動車トランスミッション装置の世界市場について調査・分析し、自動車トランスミッション装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車トランスミッション装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車トランスミッション装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車トランスミッション装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のターボ圧縮機市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボ圧縮機市場2015について調査・分析し、ターボ圧縮機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺炎球菌(レンサ球菌)感染症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症のフェーズ3治験薬の状況 ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬の市場規模(販売予測) ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬剤
  • 中南米の圧力モニタリング市場:装置、アクセサリー
  • 傾斜掘削の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、傾斜掘削の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、傾斜掘削市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・傾斜掘削の世界市場概要 ・傾斜掘削の世界市場環境 ・傾斜掘削の世界市場動向 ・傾斜掘削の世界市場規模 ・傾斜掘削の世界市場:業界構造分析 ・傾斜掘削の世界市場:地域別市場規模・分析 ・傾斜掘削の北米市場規模・予測 ・傾斜掘削のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・傾斜掘削のアジア太平洋市場規模・予測 ・傾斜掘削の主要国分析 ・傾斜掘削の世界市場:意思決定フレームワーク ・傾斜掘削の世界市場:成長要因、課題 ・傾斜掘削の世界市場:競争環境 ・傾斜掘削の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 断熱材の世界市場分析:織物、グラスウール、ミネラルウール、EPS
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、断熱材の世界市場について調査・分析し、断熱材の世界市場動向、断熱材の世界市場規模、市場予測、セグメント別断熱材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金
    当調査レポートでは、自動車用合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 麻酔気化器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔気化器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔気化器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、推進力別分析、用途別(建設、鉱業、農業)分析、電池種類別分析、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場規模が2019年49億ドルから2027年298億ドルまで年平均25.2%成長すると予測しています。
  • ビーズ法発泡スチロール(EPS)パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、ビーズ法発泡スチロール(EPS)パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビーズ法発泡スチロール(EPS)パッケージングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 細胞壁合成阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における細胞壁合成阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細胞壁合成阻害薬の概要 ・細胞壁合成阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中の細胞壁合成阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・細胞壁合成阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・細胞壁合成阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ハイブリッドファブリックの世界市場予測(~2024年)
    ハイブリッドファブリックの世界市場は、2019年の推定1億9,700万米ドルから2024年には4億1,500万米ドルに達し、この期間中16.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。ハイブリッドファブリックは、非腐食性、高剛性、非導電性、柔軟性、低メンテナンス、高耐久性、デザインの柔軟性、およびコスト削減といったさまざまな特性を有し、航空宇宙・防衛、自動車・輸送、スポーツ・レクリエーション、風力エネルギー、消費財などの多岐にわたる最終用途産業で使用されています。この市場の成長を促す大きな要因として、ハイブリッドファブリックが提供するコストとパフォーマンスのバランスが考えられます。一方で、ハイブリッド織物の製造に関連する高い技術コストがこの市場の成長を抑制しています。当調査レポートでは、ハイブリッドファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維(ガラス/カーボン、カーボン/高分子量ポリエチレン、ガラス/アラミド、カーボン/アラミド)分析、最終用途産業(自動車・輸送、航空宇宙・防衛、風力エネル …
  • EMEAの銅エナメル線・裸線市場2017-2021
    当調査レポートでは、EMEAの銅エナメル線・裸線市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EMEAの銅エナメル線・裸線市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビー用菓子・スナックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベビー用菓子・スナックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー用菓子・スナックの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カムコーダー(VTR一体型ビデオカメラ)の世界市場
    当調査レポートでは、カムコーダー(VTR一体型ビデオカメラ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カムコーダー(VTR一体型ビデオカメラ)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの写真撮影装置市場
    当調査レポートでは、アメリカの写真撮影装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの写真撮影装置市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の産業用ディーゼル発電機市場2015
    本調査レポートでは、中国の産業用ディーゼル発電機市場2015について調査・分析し、産業用ディーゼル発電機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 胸部カテーテルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、胸部カテーテルの世界市場について調査・分析し、胸部カテーテルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別胸部カテーテルシェア、市場規模推移、市場規模予測、胸部カテーテル種類別分析()、胸部カテーテル用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・胸部カテーテルの市場概観 ・胸部カテーテルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・胸部カテーテルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・胸部カテーテルの世界市場規模 ・胸部カテーテルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・胸部カテーテルのアメリカ市場規模推移 ・胸部カテーテルのカナダ市場規模推移 ・胸部カテーテルのメキシコ市場規模推移 ・胸部カテーテルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・胸部カテーテルのドイツ市場規模推移 ・胸部カテーテルのイギリス市場規模推移 ・胸部カテーテルのロシア市場規模推移 ・胸部カテーテルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場について調査・分析し、ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:市場動向分析 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:競争要因分析 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:技術別 ・接触ベースジェスチャー認識 ・非接触ジェスチャー認識 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:産業別 ・広告 ・自動車 ・防衛 ・医療 ・ショッピングセンター ・教育ハブ ・その他 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:製品別 ・非接触生体認証 ・衛生設備 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:技術別 ・センサー ・RFID技術 ・音声認識 ・カメラベース技術 ・その他 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:産業別 ・金融・銀行 ・家電 ・自動車 ・行政 ・医療 ・その他 - ジェスチ …
  • 潰瘍性大腸炎(UC)治療薬の世界市場予測・分析
  • 堅牢型ICの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、堅牢型ICの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、堅牢型IC市場規模、用途別(タブレット、スキャナー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・堅牢型ICの世界市場概要 ・堅牢型ICの世界市場環境 ・堅牢型ICの世界市場動向 ・堅牢型ICの世界市場規模 ・堅牢型ICの世界市場:業界構造分析 ・堅牢型ICの世界市場:用途別(タブレット、スキャナー、その他) ・堅牢型ICの世界市場:地域別市場規模・分析 ・堅牢型ICの北米市場規模・予測 ・堅牢型ICのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・堅牢型ICのアジア太平洋市場規模・予測 ・堅牢型ICの主要国分析 ・堅牢型ICの世界市場:意思決定フレームワーク ・堅牢型ICの世界市場:成長要因、課題 ・堅牢型ICの世界市場:競争環境 ・堅牢型ICの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ベトナムの市場見通し(~2021年)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"