"コールドプラズマの世界市場:圧力別(大気圧コールドプラズマ、低圧コールドプラズマ)、アプリケーション別(がん治療、創傷治癒、血液凝固)、セグメント予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GVW903051)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コールドプラズマの世界市場:圧力別(大気圧コールドプラズマ、低圧コールドプラズマ)、アプリケーション別(がん治療、創傷治癒、血液凝固)、セグメント予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global cold plasma market size is expected to reach USD 198.50 million by 2026 at a strong CAGR of 15.2%, according to a new report by Grand View Research, Inc. Increasing use of cold plasma in medical treatment and rising cases of Hospital-Acquired Infections (HAI) are the key driving factors for the global market. In healthcare industry, plasma technology has been in use for some time and it continues to help improve various treatments. One of the major properties of cold plasma is the ability to kill bacteria and prevent infection. Therefore, it acts as an effective healing solution. It also accelerates healing process and prevent patient from discomfort.
Cold plasma is used in the treatment of chronic wounds and burns. The bacterial cells, including Multidrug Resistant (MDR) bacteria, are instantly killed after being exposed to cold plasma. As per an article published by the Medical Xpress, Med Tech Europe, around 4.0 million people in Europe suffer from non-healing wounds every year. It also reported that a burn patient in Germany was treated using prototype plasma treatment. Moreover, as per a research published by The National Center for Biotechnology Information (NCBI), a patient suffering with two second-degree burns was treated with cold plasma, which healed the itching and pain and presented new tissue after the second treatment. Such cases are anticipated to promote the usage of cold plasma in various wound treatments.

Further key findings from the study suggest:

• In terms of revenue, atmospheric pressure segment is projected to ascend at the fastest CAGR over the forecast period due to rising application scope in various medical procedures

• Wound healing application segment is expected to witness a significant growth over the forecast period

• Asia Pacific region is estimated to witness the highest growth due to increased adoption of technologically advanced procedures for treatment of various diseases

• Rise in disposable income levels and growing target population base are also likely to contribute to the region’s development

• Some of the key companies in the global cold plasma market are U.S. Medical Innovations, LLC, Bovie Medical Corporation, Neoplas Tools GmbH, Europlasma N.V., and P2i Limited


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Grand View Researchが"コールドプラズマの世界市場:圧力別(大気圧コールドプラズマ、低圧コールドプラズマ)、アプリケーション別(がん治療、創傷治癒、血液凝固)、セグメント予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

Chapter 1 Report Scope
1.1 Segment Market Scope
1.2 Regional Scope
1.3 Estimates and Forecast Timeline
Chapter 2 Methodology
2.1 Research Methodology
2.1.1 Information procurement
2.2 Information or Data Analysis
2.3 Market Formulation & Validation
2.4 Region Wise Market Calculation
2.4.1 Region Wise Market: Base Estimates
2.4.2 Global Market: CAGR Calculation
2.5 Region Based Segment Share Calculation
2.6 Model Details
2.6.1 Commodity flow analysis (Model 1)
2.6.2 Volume price analysis (model 2)
2.7 List of Secondary Sources
2.8 List of Abbreviations
Chapter 3 Objectives
3.1 Objective – 1: Understanding the market dynamics
3.2 Objective – 2: Understanding the market estimates and forecasts
3.3 Objective – 3: Understanding the strategy framework and competitor categorization
3.4 Objective – 4: Understanding the scope of the market
Chapter 4 Executive Summary
4.1 Market Snapshot
Chapter 5 Market Definition
Chapter 6 Industry Outlook
6.1 Market Segmentation
6.2 Market Variable Analysis
6.2.1 Market driver analysis
6.2.1.1 Increasing use of cold plasma in medical treatment
6.2.1.2 Increasing hospital acquired infections (HAI)
6.2.2 Market restraint analysis
6.2.2.1 Lack of awareness about cold plasma technology
6.2.3 Penetration and growth prospect mapping
6.3 Penetration & Growth Prospect Mapping
6.4 Business Environment Analysis tools
6.4.1 SWOT Analysis, by PEST
6.4.2 Porter’s five forces analysis
Chapter 7 Pressure Segment Analysis
7.1 Cold Plasma Market: Pressure Movement Analysis
7.2 Low-Pressure Cold Plasma
7.2.1 Low-pressure cold plasma market, 2014-2026 (USD Million)
7.3 Atmospheric Cold Plasma
7.3.1 Atmospheric cold plasma market, 2014-2026 (USD Million)
Chapter 8 Application Segment Analysis
8.1 Cold Plasma Market: Application Movement Analysis
8.2 Wound Healing
8.2.1 Wound healing market, 2014-2026 (USD Million)
8.3 Blood Coagulation
8.3.1 Blood coagulation market, 2014-2026 (USD Million)
8.4 Dentistry
8.4.1 Dentistry market, 2014-2026 (USD Million)
8.5 Cancer Treatment
8.5.1 Cancer treatment market, 2014-2026 (USD Million)
8.6 Other Medical Applications
8.6.1 Other medical applications market, 2014-2026 (USD Million)
Chapter 9 Regional Outlook
9.1 Cold Plasma Market Share by Region, 2016 & 2026
9.2 North America
9.2.1 North America cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.2.2 U.S.
9.2.2.1 U.S. cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.2.3 Canada
9.2.3.1 Canada cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.3 Europe
9.3.1 Europe cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.3.2 U.K.
9.3.2.1 U.K. cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.3.3 Germany
9.3.3.1 Germany cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Asia Pacific cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Japan cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.4.3 China
9.4.3.1 China cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.5 Latin America
9.5.1 Latin America cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.5.2 Brazil
9.5.2.1 Brazil cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.5.3 Mexico
9.5.3.1 Mexico cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.6 MEA
9.6.1 MEA cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
9.6.2 South Africa
9.6.2.1 South Africa cold plasma market, 2014 – 2026 (USD Million)
Chapter 10 Company Profiles
10.1 US Medical Innovations, LLC
10.1.1 Company overview
10.1.2 Product benchmarking
10.1.3 Strategic initiatives
10.2 Bovie Medical Corporation
10.2.1 Company overview
10.2.2 Financial performance
10.2.3 Product benchmarking
10.2.4 Strategic initiatives
10.3 neoplas tools GmbH
10.3.1 Company overview
10.3.2 Product benchmarking
10.4 Europlasma NV
10.4.1 Company overview
10.4.2 Product benchmarking
10.4.3 Strategic initiatives
10.5 P2i Limited
10.5.1 Company overview
10.5.2 Product benchmarking

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コールドプラズマの世界市場:圧力別(大気圧コールドプラズマ、低圧コールドプラズマ)、アプリケーション別(がん治療、創傷治癒、血液凝固)、セグメント予測
【発行日】2019年1月28日
【調査会社】Grand View Research
【コード】GVW903051
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コールドプラズマの世界市場:圧力別(大気圧コールドプラズマ、低圧コールドプラズマ)、アプリケーション別(がん治療、創傷治癒、血液凝固)、セグメント予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)
    MarketsandMarkets社は、ハイパースペクトルイメージングシステムの世界市場規模が2019年111億ドルから2024年252億ドルまで年平均17.8%成長すると予測しています。本書は、世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場について調査・分析し、市場概要、製品別(カメラ、アクセサリー)分析、技術別(プッシュブルーム、スナップショット、その他の技術)分析、用途別(軍事監視、リモートセンシング、ライフサイエンス&医療診断、マシンビジョン&光学選別、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー) ・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:技術別(プッシュブルーム、スナップショット、その他の技術) ・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:用途別(軍事監視、リモートセンシング、ライフサイエンス&医療診断、マシンビジョン&光学選別、その他) ・世界のハイパー …
  • 静脈内薬物送達ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、静脈内薬物送達ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、静脈内薬物送達ソリューションの世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外受精(IVF)用消耗品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、体外受精(IVF)用消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、体外受精(IVF)用消耗品市場規模、最終用途別(クリニック、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・体外受精(IVF)用消耗品の世界市場概要 ・体外受精(IVF)用消耗品の世界市場環境 ・体外受精(IVF)用消耗品の世界市場動向 ・体外受精(IVF)用消耗品の世界市場規模 ・体外受精(IVF)用消耗品の世界市場:業界構造分析 ・体外受精(IVF)用消耗品の世界市場:最終用途別(クリニック、病院) ・体外受精(IVF)用消耗品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・体外受精(IVF)用消耗品のアメリカ市場規模・予測 ・体外受精(IVF)用消耗品のヨーロッパ市場規模・予測 ・体外受精(IVF)用消耗品のアジア市場規模・予測 ・体外受精(IVF)用消耗品の主要国分析 ・体外受精(IVF)用消耗品の世界市場:意思決定フレームワーク ・体外受精(IVF) …
  • 乳製品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、乳製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乳製品市場規模、タイプ別(カゼイン、チーズ、アイスクリーム、ラクトースフリーミルク、牛乳、ヨーグルト、バター、クリーム、バターミルク、その他)分析、用途別(冷凍食品、ベーカリー製品・菓子、臨床栄養)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 乳製品の世界市場:市場動向分析 ・ 乳製品の世界市場:競争要因分析 ・ 乳製品の世界市場:タイプ別(カゼイン、チーズ、アイスクリーム、ラクトースフリーミルク、牛乳、ヨーグルト、バター、クリーム、バターミルク、その他) ・ 乳製品の世界市場:用途別(冷凍食品、ベーカリー製品・菓子、臨床栄養) ・ 乳製品の世界市場:主要地域別分析 ・ 乳製品の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 乳製品のヨーロッパ市場規模 ・ 乳製品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳製品の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 無水フタル酸の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、無水フタル酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無水フタル酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は無水フタル酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AEKYUNG PETROCHEMICAL、BASF、Exxon Mobil、I G Petrochemicals、MITSUBISHI GAS CHEMICAL等です。
  • 自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 末梢動脈閉塞性疾患(PAOD):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)の概要 ・末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・末梢動脈閉塞性疾患(PAO …
  • 自動車エンジン管理システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車エンジン管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車エンジン管理システムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車エンジン管理システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DENSO、Continental、Delphi Automotive、Bosch 等です。
  • 脱臭システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、脱臭システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脱臭システム市場規模、コンポーネント別(タワー、タンク、ポンプ、油・水管理システム、冷却装置、その他)分析、操作別(バッチシステム、連続システム、半連続システム)分析、技術別(充填カラム、薄膜)分析、精製方法別(化学精製、物理精製)分析、用途別(ココナッツ油、ヤシ油、オリーブ油、マスタードシード油、ピーナッツ油)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 脱臭システムの世界市場:市場動向分析 ・ 脱臭システムの世界市場:競争要因分析 ・ 脱臭システムの世界市場:コンポーネント別(タワー、タンク、ポンプ、油・水管理システム、冷却装置、その他) ・ 脱臭システムの世界市場:操作別(バッチシステム、連続システム、半連続システム) ・ 脱臭システムの世界市場:技術別(充填カラム、薄膜) ・ 脱臭システムの世界市場:精製方法別(化学精製、物理精製) ・ 脱臭システムの世界市場:用途 …
  • ダンボール製パレットの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ダンボール製パレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダンボール製パレットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はダンボール製パレットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Conitex Sonoco、DS Smith、KraftPal Technologies、Smurfit Kappa、The Corrugated Pallets Company等です。
  • 自転車用クランクモーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自転車用クランクモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自転車用クランクモーターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるエンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の概要 ・エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のエンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・エンテロウイルス感染症(En …
  • 脱毛症(Alopecia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脱毛症(Alopecia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脱毛症(Alopecia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脱毛症(Alopecia)の概要 ・脱毛症(Alopecia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脱毛症(Alopecia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脱毛症(Alopecia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脱毛症(Alopecia)治療薬開発に取り組んでい …
  • 世界の核画像機器市場規模・予測2017-2025:商品別(SPECT-ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT;ハイブリッドPET;プラナーシンチグラフィ)、用途別(オンコロジー、心血管、神経系)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の核画像機器市場について調査・分析し、世界の核画像機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の核画像機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • タンパク質加水分解物の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、タンパク質加水分解物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ別(牛乳、食肉、海産物、卵、植物、酵母)分析、用途別(乳児栄養、臨床栄養、体重管理、飼料)分析、プロセス別(酵素加水分解、酸性・アルカリ性加水分解)分析、ソース別分析、タンパク質加水分解物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 絶縁接着テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、絶縁接着テープの世界市場について調査・分析し、絶縁接着テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別絶縁接着テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、絶縁接着テープ種類別分析()、絶縁接着テープ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・絶縁接着テープの市場概観 ・絶縁接着テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・絶縁接着テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・絶縁接着テープの世界市場規模 ・絶縁接着テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・絶縁接着テープのアメリカ市場規模推移 ・絶縁接着テープのカナダ市場規模推移 ・絶縁接着テープのメキシコ市場規模推移 ・絶縁接着テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・絶縁接着テープのドイツ市場規模推移 ・絶縁接着テープのイギリス市場規模推移 ・絶縁接着テープのロシア市場規模推移 ・絶縁接着テープのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 肺がん治療薬の世界市場2016-2020:NSCLC、SCLC
    当調査レポートでは、肺がん治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、肺がん治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アポトーシスアッセイの世界市場予測(~2023年)
    アポトーシスアッセイの世界市場は、2018年の推定36億米ドルから2023年には59億米ドルに達し、10.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、慢性疾患および感染症の発生率および罹患率の増加、がん研究への資金提供の増加、細胞ベースの研究の増加、およびアポトーシス調節剤の開発が考えれられます。一方で、研究開発に必要な投資が多額にのぼることにより、市場の成長が抑制される可能性があります。当調査レポートでは、アポトーシスアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(カスパーゼ、アネキシンV、DNA断片化、ミトコンドリアアッセイ)分析、検出技術(フローサイトメトリー、蛍光顕微鏡)分析、用途(幹細胞、創薬・開発、臨床研究)分析、アポトーシスアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水中ロボットの世界市場:タイプ別(ROV、AUV)、用途別(商業的探鉱、防衛・セキュリティ、科学調査)、セグメント予測
    水中ロボットの世界市場は2025年には67億4,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、諜報、監視、検査、水中補修・保守、ナビゲーション、通信といった軍用および商業用探査用途における水中ロボット技術の採用の増加が考えられます。本調査レポートでは、水中ロボットの世界市場について調査・分析し、水中ロボットの世界市場動向、水中ロボットの世界市場規模、市場予測、セグメント別水中ロボット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 躁病(Mania):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における躁病(Mania)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、躁病(Mania)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・躁病(Mania)の概要 ・躁病(Mania)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の躁病(Mania)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・躁病(Mania)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・躁病(Mania)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マイクロロケーション技術の世界市場予測(~2024年)
    マイクロロケーション技術の世界市場は、2019年の141億米ドルから2024年には341億米ドルに達し、この期間中19.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、さまざまな業界において資産管理の重要性が増していること、位置情報に基づくモバイル広告の利用が増加していること、投資収益率が高いこと、モバイル機器の採用が増加していること、屋内施設においてGPSが非効率であること、そして、小売業・ホスピタリティ産業において独自の顧客体験を提供する必要性があることが考えられます。一方で、セキュリティとプライバシーに関する懸念、および小売業界での電子商取引の増加により、市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、マイクロロケーション技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(資産管理、近接マーケティング)分析、技術別(BLE、UWB、Wi-Fi、RFID)分析、提供別分析、産業別(小売・ホスピタリティ、ヘルスケア、工業、輸送、スポーツ)分析、マイクロロケーション技術の世界市場規模及び予測、市場動 …
  • X線フラットパネル検出器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、X線フラットパネル検出器の世界市場について調査・分析し、X線フラットパネル検出器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別X線フラットパネル検出器シェア、市場規模推移、市場規模予測、X線フラットパネル検出器種類別分析(間接変換、直接変換)、X線フラットパネル検出器用途別分析(工業、医療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・X線フラットパネル検出器の市場概観 ・X線フラットパネル検出器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・X線フラットパネル検出器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・X線フラットパネル検出器の世界市場規模 ・X線フラットパネル検出器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・X線フラットパネル検出器のアメリカ市場規模推移 ・X線フラットパネル検出器のカナダ市場規模推移 ・X線フラットパネル検出器のメキシコ市場規模推移 ・X線フラットパネル検出器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・X線フラットパネ …
  • 世界のノルマルブタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のノルマルブタノール市場2015について調査・分析し、ノルマルブタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 教育用ロボットの世界市場:製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他)、用途別(初等教育、中等教育、その他)、地域別予測
    本資料は、教育用ロボットの世界市場について調べ、教育用ロボットの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他)分析、用途別(初等教育、中等教育、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCochlear、MED-EL、Advanced Bionics、Oticon、Hangzhou Nurotron、Listent Medicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・教育用ロボットの世界市場概要 ・教育用ロボットの世界市場環境 ・教育用ロボットの世界市場動向 ・教育用ロボットの世界市場規模 ・教育用ロボットの世界市場規模:製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他) ・教育用ロボットの世界市場規模:用途別(初等教育、中等教育、その他) ・教育用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育用ロボットの北米市場規模・予測 ・教育用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・教育用ロボットのヨーロ …
  • 浄水器の世界市場
    当調査レポートでは、浄水器の世界市場について調査・分析し、浄水器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 鉱業向け機械的駆動装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱業向け機械的駆動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け機械的駆動装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け機械的駆動装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB • Nidec• Siemens • SKF等です。
  • 動力工具のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、動力工具のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力工具のアメリカ市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は動力工具のアメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均3.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Stanley Black & Decker, • Robert Bosch Tool, • Makita, • Techtronic Industries, • the Apex Tool Group.等です。
  • マイクログリッド向けエネルギー貯蔵の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マイクログリッド向けエネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクログリッド向けエネルギー貯蔵の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はマイクログリッド向けエネルギー貯蔵の世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• NEC Energy Solutions• NRG Energy • Saft• Samsung SDI• UniEnergy Technologies等です。
  • 変圧器油の世界市場動向・予測
  • 艶消し剤の世界市場分析:製品別(有機(ワックス、熱可塑性樹脂)、無機(シリカ))、用途別(工業用コーティング、木材コーティング、皮革コーティング、建築用コーティング)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、艶消し剤の世界市場について調査・分析し、艶消し剤の世界市場動向、艶消し剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別艶消し剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グラフェンの世界市場:グラフェンオキシド、グラフェンナノプレートレット
    当調査レポートでは、グラフェンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グラフェンの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC1)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヒストンデアセチラーゼ1(HDAC1)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC1)阻害剤の概要 ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC1)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のヒストンデアセチラーゼ1(HDAC1)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC1)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC1)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 動物健康、動物医療、殺寄生虫薬、抗菌薬、抗生物質、ワクチン、飼料添加物、成長促進物質
  • 生検装置の世界市場:企業動向
  • パーソナルファイナンスソフトウェアのアメリカ市場
  • MRI装置の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、MRI装置の世界市場について調査・分析し、MRI装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヘキサンの世界市場分析:グレード別(重合、抽出)、用途別(食用油抽出、工業用溶剤、接着剤配合、皮革処理)、動向分析
    本調査レポートでは、ヘキサンの世界市場について調査・分析し、ヘキサンの世界市場動向、ヘキサンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘキサン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ドキュメント解析の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、ドキュメント解析の世界市場規模が2019年438百万ドルから2024年3855百万ドルまで年平均54.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ドキュメント解析の世界市場について調査・分析し、市場概要、ソリューション別(製品、サービス)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、展開種類別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、政府、ヘルスケア&ライフサイエンス、小売&電子商取引、製造、輸送&物流、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・ドキュメント解析の世界市場:ソリューション別(製品、サービス) ・ドキュメント解析の世界市場:サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス) ・ドキュメント解析の世界市場:展開種類別(オンプレミス、クラウド) ・ドキュメント解析の世界市場 …
  • ジャックハンマーの世界市場:種類別(空気圧、電気、油圧)、用途別(採掘、建設、トンネル掘削、井戸掘削)
    本市場調査レポートではジャックハンマーの代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(空気圧、電気、油圧)分析、用途別(採掘、建設、トンネル掘削、井戸掘削)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ジャックハンマーの世界市場:種類別(空気圧、電気、油圧) ・ジャックハンマーの世界市場:用途別(採掘、建設、トンネル掘削、井戸掘削) ・ジャックハンマーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 冷媒の世界市場2017-2021:フロン系冷媒、無機系冷媒、炭化水素系冷媒
    当調査レポートでは、冷媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷媒の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、形態別(車載、外部クラウドサービス)分析、セキュリティ別(エンドポイント、アプリケーション、ワイヤレスネットワーク)分析、用途別(インフォテインメント、パワートレイン、ADAS・セーフティ)分析、車両タイプ別分析、自動車用サイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌試験の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、無菌試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無菌試験の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は無菌試験の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Charles River Laboratories、Merck、SGS、Thermo Fisher Scientific等です。
  • インドのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • MICEのタイ市場&予測
  • 世界の自動車エアータンク市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車エアータンク市場2015について調査・分析し、自動車エアータンクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トラベルアイロンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、 トラベルアイロンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、 トラベルアイロンの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビジョンポジショニングシステムの世界市場予測(~2022年):センサー、カメラ装置、マーカー
    当調査レポートでは、ビジョンポジショニングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、位置別分析、ソリューション別分析、地域別分析、ビジョンポジショニングシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • USBシリアル変換器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、USBシリアル変換器の世界市場について調査・分析し、USBシリアル変換器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別USBシリアル変換器シェア、市場規模推移、市場規模予測、USBシリアル変換器種類別分析(トリプル、コンボ、シングル)、USBシリアル変換器用途別分析(商業グレード、工業グレード)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・USBシリアル変換器の市場概観 ・USBシリアル変換器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・USBシリアル変換器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・USBシリアル変換器の世界市場規模 ・USBシリアル変換器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・USBシリアル変換器のアメリカ市場規模推移 ・USBシリアル変換器のカナダ市場規模推移 ・USBシリアル変換器のメキシコ市場規模推移 ・USBシリアル変換器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・USBシリアル変換器のドイツ市場規模推移 ・USBシリア …
  • 煙感知器の世界市場:光電式、二重センサ式、イオン化式煙感知器
    当調査レポートでは、煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、煙感知器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 受動光ネットワークの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、受動光ネットワークの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、受動光ネットワーク市場規模、製品別(GPN、EPON)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ADTRAN, FUJITSU, Huawei Technologies, NXP Semiconductors, ZTEなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・受動光ネットワークの世界市場概要 ・受動光ネットワークの世界市場環境 ・受動光ネットワークの世界市場動向 ・受動光ネットワークの世界市場規模 ・受動光ネットワークの世界市場:業界構造分析 ・受動光ネットワークの世界市場:製品別(GPN、EPON) ・受動光ネットワークの世界市場:地域別市場規模・分析 ・受動光ネットワークの北米市場規模・予測 ・受動光ネットワークのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・受動光ネットワークのアジア太平洋市場規模・予測 ・受動光ネットワークの主要国分析 ・受動光ネットワークの世界市場 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"