"防腐剤・消毒剤の世界市場:種類別(第4級アンモニウム、塩素)、製品種類別(医療機器消毒剤)、最終用途別、セグメント予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GVW903021)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"防腐剤・消毒剤の世界市場:種類別(第4級アンモニウム、塩素)、製品種類別(医療機器消毒剤)、最終用途別、セグメント予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global antiseptics and disinfectants market size is expected to reach USD 27.99 billion by 2026, according to a new report by Grand View Research, Inc. It is anticipated to expand at a CAGR of 6.7% during the forecast period. Increasing prevalence of Hospital-acquired Infections (HAIs), awareness about home cleanliness and the need for disinfection, and usage of endoscope reprocesses and surgical units across the globe are the key driving factors.
Rising use of Gastrointestinal (GI) endoscopes and surgical units due to the increasing rate of surgeries across the globe is expected to drive the antiseptics and disinfectants market growth over the forecast period. GI endoscopy is one of the important tools for the treatment and identification of disorders of the gastrointestinal tract. Proper understandings of application to GI endoscopy and infection control is very much essential as it helps to prevent transmission of infection through endoscopes and lapses in reprocessing.

Moreover, endoscopes need to be reprocessed appropriately as per the infection-control guidelines to lower the risk of acquiring environmental or patient-borne microorganisms. Thus, in such cases application of proper antiseptics and disinfectant solutions are very much essential to prevent transmission of infections. In addition, increasing rate of endoscopy is expected to surge the risk of getting such infections.

For instance, as per the BMJ Publishing Group Ltd & British Society of Gastroenterology, published in 2018, the demand for gastrointestinal endoscopy has grown immensely for both and bowel cancer screening and symptomatic patients owing to which overall demand has doubled in many centers in U.K. over the last five years. Such factors are anticipated to drive the growth of antiseptics & disinfectants market.

Further key findings from the report suggest:

• In terms of revenue, quaternary ammonium compounds segment is expected to hold the largest market share over the forecast period. High prevalence of HAIs is the major factor driving the growth

• Enzymatic cleaners are expected to witness the fastest growth over the forecast period. Increasing rate of surgeries is expected to drive the segment growth as the product is majorly used for disinfection of surgical kits

• Asia-Pacific antiseptics and disinfectants market is expected to witness the fastest growth over the forecast period owing to the increasing number of hospitals and clinics

• Prominent market players are BD, Johnson & Johnson, Novartis AG, and Cardinal Health.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Grand View Researchが"防腐剤・消毒剤の世界市場:種類別(第4級アンモニウム、塩素)、製品種類別(医療機器消毒剤)、最終用途別、セグメント予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

Chapter 1 Report Scope
1.1 Segment Market Scope
1.2 Regional Scope
1.3 Estimates and Forecast Timeline
Chapter 2 Methodology
2.1 Research Methodology
2.1.1 Information procurement
2.2 Information or Data Analysis
2.3 Market Formulation & Validation
2.4 Region Wise Market Calculation
2.4.1 Region Wise Market: Base Estimates
2.4.2 Global Market: CAGR Calculation
2.5 Region Based Segment Share Calculation
2.6 Model Details
2.6.1 Commodity flow analysis (Model 1)
2.6.2 Volume price analysis (model 2)
2.7 List of Secondary Sources
Chapter 3 Objectives
3.1 Objective – 1: Understanding the market dynamics
3.2 Objective – 2: Understanding the market estimates and forecasts
3.3 Objective – 3: Understanding the strategy framework and competitor categorization
3.4 Objective – 4: Understanding the scope of the market
Chapter 4 Executive Summary
Chapter 5 Market Definition
Chapter 6 Industry Outlook
6.1 Market Segmentation
6.2 Market Variable Analysis
6.2.1 Market driver analysis
6.2.1.1 Increasing prevalence of hospital acquired diseases
6.2.1.2 Increasing use of endoscope reprocesses and surgical units
6.2.2 Market restraint analysis
6.2.2.1 Stringent regulations related to usage of antiseptics & disinfectants
6.2.2.2 Lack of relevant knowledge in developing countries
6.3 Penetration & Growth Prospect Mapping
6.4 Business Environment Analysis tools
6.4.1 SWOT Analysis, by PEST
6.4.2 Porter’s five forces analysis
Chapter 7 Type Segment Analysis
7.1 Antiseptics & Disinfectants Market: Type Movement Analysis
7.2 Quaternary Ammonium Compounds
7.2.1 Quaternary ammonium compounds Market, 2014-2026 (USD Million)
7.3 Chlorine Compounds
7.3.1 Chlorine compounds market, 2014-2026 (USD Million)
7.4 Alcohols & Aldehyde Products
7.4.1 Alcohols & aldehyde products market, 2014-2026 (USD Million)
7.5 Enzymes
7.5.1 Enzymes market, 2014-2026 (USD Million)
7.6 Others
7.6.1 Others market, 2014-2026 (USD Million)
Chapter 8 Product Type Segment Analysis
8.1 Antiseptics & Disinfectants Market: Product Type Movement Analysis
8.2 Enzymatic Cleaners
8.2.1 Enzymatic cleaners market, 2014-2026 (USD Million)
8.3 Medical Device Disinfectants
8.3.1 Medical device disinfectants market, 2014-2026 (USD Million)
8.4 Surface Disinfectants
8.4.1 Surface disinfectants market, 2014-2026 (USD Million)
Chapter 9 End Use Segment Analysis
9.1 Antiseptics & Disinfectants Market: End Use Movement Analysis
9.2 Hospitals
9.2.1 Hospitals market, 2014-2026 (USD Million)
9.3 Clinics
9.3.1 Clinics market, 2014-2026 (USD Million)
9.4 Others
9.4.1 Others market, 2014-2026 (USD Million)
Chapter 10 Regional Outlook
10.1 Antiseptics & Disinfectants Market Share by Region, 2018 & 2026
10.2 North America
10.2.1 North America Antiseptics & Disinfectants market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.2.2 U.S.
10.2.2.1 U.S. antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.2.3 Canada
10.2.3.1 Canada antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.3 Europe
10.3.1 Europe antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.3.2 U.K.
10.3.2.1 U.K. antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.3.3 Germany
10.3.3.1 Germany antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Japan antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.4.3 China
10.4.3.1 China antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.5 Latin America
10.5.1 Latin America antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.5.2 Brazil
10.5.2.1 Brazil antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.6 MEA
10.6.1 MEA antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.6.2 South Africa
10.6.2.1 South Africa antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
10.6.3 Saudi Arabia
10.6.3.1 Saudi Arabia antiseptic & disinfectant market, 2014 – 2026 (USD Million)
Chapter 11 Company Profiles
11.1 3M
11.1.1 Company overview
11.1.2 Financial performance
11.1.3 Product benchmarking
11.2 Reckitt Benckiser Group plc
11.2.1 Company overview
11.2.2 Financial performance
11.2.3 Product benchmarking
11.3 STERIS Plc
11.3.1 Company overview
11.3.2 Financial performance
11.3.3 Service benchmarking
11.4 Kimberly-ClarK Corporation
11.4.1 Company overview
11.4.2 Financial performance
11.4.3 Product benchmarking
11.5 Bio-Cide International, Inc.
11.5.1 Company overview
11.5.2 Product benchmarking
11.6 Cardinal Health
11.6.1 Company overview
11.6.2 Financial performance
11.6.3 Product benchmarking
11.7 Novartis AG
11.7.1 Company overview
11.7.2 Financial performance
11.7.3 Product benchmarking
11.8 BD
11.8.1 Company overview
11.8.2 Financial performance
11.8.3 Product benchmarking
11.9 JOHNSON & JOHNSON
11.9.1 Company overview
11.9.2 Financial performance
11.9.3 Product benchmarking
11.9.4 Strategic initiatives

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】防腐剤・消毒剤の世界市場:種類別(第4級アンモニウム、塩素)、製品種類別(医療機器消毒剤)、最終用途別、セグメント予測
【発行日】2019年1月31日
【調査会社】Grand View Research
【コード】GVW903021
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
防腐剤・消毒剤の世界市場:種類別(第4級アンモニウム、塩素)、製品種類別(医療機器消毒剤)、最終用途別、セグメント予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のスマート鉄道システム市場:製品別、地域別
    本調査レポートはスマート鉄道システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(ソリューション、構成部品、サービス)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマート鉄道システムの世界市場:製品別(ソリューション、構成部品、サービス) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • アフェクティブコンピューティングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、アフェクティブコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、ソフトウェア別分析、装置別分析、産業別分析、アフェクティブコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)市場規模、製品別(ABS、CC、TCS、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BMW, Continental, Honda Motor, Robert Bosch, ZF Friedrichshafenなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場概要 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場環境 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場動向 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場規模 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場:業界構造分 …
  • 絶縁接着テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、絶縁接着テープの世界市場について調査・分析し、絶縁接着テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別絶縁接着テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、絶縁接着テープ種類別分析()、絶縁接着テープ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・絶縁接着テープの市場概観 ・絶縁接着テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・絶縁接着テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・絶縁接着テープの世界市場規模 ・絶縁接着テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・絶縁接着テープのアメリカ市場規模推移 ・絶縁接着テープのカナダ市場規模推移 ・絶縁接着テープのメキシコ市場規模推移 ・絶縁接着テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・絶縁接着テープのドイツ市場規模推移 ・絶縁接着テープのイギリス市場規模推移 ・絶縁接着テープのロシア市場規模推移 ・絶縁接着テープのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • イソソルビドの世界市場分析:用途別(PEIT、ポリカーボネート、ポリウレタン、ポリエステルポリイソソルビドスクシネート、イソソルビドジエステル)、エンドユーザー別(樹脂およびポリマー、添加剤)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、イソソルビドの世界市場について調査・分析し、イソソルビドの世界市場動向、イソソルビドの世界市場規模、市場予測、セグメント別イソソルビド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスノータイヤ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスノータイヤ市場2015について調査・分析し、スノータイヤの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルミニウム粉末・ペースト・フレーク市場規模、製品別(アルミニウムペースト、アルミニウムフレーク・アルミニウム顔料、アルミニウム粉末)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場概要 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場環境 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場動向 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場規模 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:業界構造分析 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:製品別(アルミニウムペースト、アルミニウムフレーク・アルミニウム顔料、アルミニウム粉末) ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークのアメリカ市場規模・予測 ・アルミニウム粉末 …
  • 世界の心室補助装置市場:製品別、地域別
    本調査レポートは心室補助装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(左右心室補助装置、両心室補助装置)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・心室補助装置の世界市場:製品別(左右心室補助装置、両心室補助装置) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 産業用WLANの世界市場2017-2021:802.11ac、802.11n、802.11a/b/g
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用WLANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用WLANの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用WLANの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alcatel-Lucent、Cisco Systems、Dell、Huawei Technologies、Siemens等です。
  • 感圧接着剤の世界市場の規模および予測:技術別(水ベース、溶剤ベース、ホットメルト、放射線硬化)、製品別(テープ、ラベル、グラフィックフィルム、特殊品)、エンドユーザー別(自動車および輸送、電気および電子、消費財、梱包、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、感圧接着剤の世界市場について調査・分析し、感圧接着剤の世界市場動向、感圧接着剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別感圧接着剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 子宮内避妊器具の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、子宮内避妊器具の世界市場について調査・分析し、子宮内避妊器具の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別子宮内避妊器具シェア、市場規模推移、市場規模予測、子宮内避妊器具種類別分析(ホルモン型、銅型)、子宮内避妊器具用途別分析(20歳-24歳用、25歳-34歳用、35歳-44歳用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・子宮内避妊器具の市場概観 ・子宮内避妊器具のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・子宮内避妊器具のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・子宮内避妊器具の世界市場規模 ・子宮内避妊器具の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・子宮内避妊器具のアメリカ市場規模推移 ・子宮内避妊器具のカナダ市場規模推移 ・子宮内避妊器具のメキシコ市場規模推移 ・子宮内避妊器具のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・子宮内避妊器具のドイツ市場規模推移 ・子宮内避妊器具のイギリス市場規模推移 ・子宮内避妊器具のロシア市場規模推移 ・ …
  • オキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オキシトシン受容体アンタゴニストの概要 ・オキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオキシトシン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オキシトシン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オキシトシン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フラッシュメモリの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フラッシュメモリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フラッシュメモリの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフラッシュメモリの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Samsung • Toshiba • Western Digital• SK Hynix等です。
  • 自動車用リファビッシュターボチャージャーの世界市場2017-2021:乗用車、LCV、MHCV
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用リファビッシュターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用リファビッシュターボチャージャーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用リファビッシュターボチャージャーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.82%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBorgWarner、Honeywell、IHI等です。
  • 日用消費財(FMCG)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、日用消費財(FMCG)の世界市場について調査・分析し、日用消費財(FMCG)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・日用消費財(FMCG)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・日用消費財(FMCG)の世界市場:セグメント別市場分析 ・日用消費財(FMCG)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 補正用コンタクトレンズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、補正用コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、補正用コンタクトレンズの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場
    当調査レポートでは、電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 養鶏用機械の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、養鶏用機械の世界市場について調査・分析し、養鶏用機械の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 養鶏用機械の世界市場:市場動向分析 - 養鶏用機械の世界市場:競争要因分析 - 養鶏用機械の世界市場:製品の種類別 ・ブロイラーの捕獲・食肉処理 ・温度制御 ・水やり ・餌やり ・孵化,繁殖,管理 ・残留物・ごみ管理 ・その他 - 養鶏用機械の世界市場:主要地域別分析 - 養鶏用機械の北米市場規模(アメリカ市場等) - 養鶏用機械のヨーロッパ市場規模 - 養鶏用機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・養鶏用機械の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 先進エネルギー貯蔵システムの世界市場予測(~2022年):電気化学技術、機械的技術、蓄熱技術
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、先進エネルギー貯蔵システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、地域別分析、先進エネルギー貯蔵システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 微小流体技術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、微小流体技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、微小流体技術市場規模、用途別(体外診断、医薬品・ライフサイエンス研究、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・微小流体技術の世界市場概要 ・微小流体技術の世界市場環境 ・微小流体技術の世界市場動向 ・微小流体技術の世界市場規模 ・微小流体技術の世界市場:業界構造分析 ・微小流体技術の世界市場:用途別(体外診断、医薬品・ライフサイエンス研究、その他) ・微小流体技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・微小流体技術のアメリカ市場規模・予測 ・微小流体技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・微小流体技術のアジア市場規模・予測 ・微小流体技術の主要国分析 ・微小流体技術の世界市場:意思決定フレームワーク ・微小流体技術の世界市場:成長要因、課題 ・微小流体技術の世界市場:競争環境 ・微小流体技術の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車スプリットビューカメラモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車スプリットビューカメラモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車スプリットビューカメラモジュールの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 幹細胞バンクの世界市場:臍帯血バンク、コード組織バンク
    当調査レポートでは、幹細胞バンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バンク種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のガス給湯器市場規模・予測2017-2025:保管方法別(タンク・タンクレス/瞬時)、エンドユーズ別(住宅用・商業用)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のガス給湯器市場について調査・分析し、世界のガス給湯器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のガス給湯器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • セラミックボールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セラミックボールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セラミックボール市場規模、最終用途別(石油・ガス、石油化学製品、加工産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セラミックボールの世界市場概要 ・セラミックボールの世界市場環境 ・セラミックボールの世界市場動向 ・セラミックボールの世界市場規模 ・セラミックボールの世界市場:業界構造分析 ・セラミックボールの世界市場:最終用途別(石油・ガス、石油化学製品、加工産業、その他) ・セラミックボールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミックボールのアメリカ市場規模・予測 ・セラミックボールのヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミックボールのアジア市場規模・予測 ・セラミックボールの主要国分析 ・セラミックボールの世界市場:意思決定フレームワーク ・セラミックボールの世界市場:成長要因、課題 ・セラミックボールの世界市場:競争環境 ・セラミックボールの世 …
  • 植物育成ライトの世界市場:蛍光灯、LED、HPS、白熱灯、ハロゲンライト
    当調査レポートでは、植物育成ライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、植物育成ライトの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のプロピレンテトラマー市場2015
    本調査レポートでは、中国のプロピレンテトラマー市場2015について調査・分析し、プロピレンテトラマーの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 四輪駆動(4WD)自動車の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、四輪駆動(4WD)自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、四輪駆動(4WD)自動車の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルユーティリティーの世界市場:技術別(ハードウェア、統合ソリューション)、ネットワーク別(送配電、小売、発電)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、デジタルユーティリティーの世界市場について調査・分析し、デジタルユーティリティーの世界市場動向、デジタルユーティリティーの世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタルユーティリティー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用サラウンドビューシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用サラウンドビューシステムの世界市場について調査・分析し、自動車用サラウンドビューシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用サラウンドビューシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用サラウンドビューシステム種類別分析(4カメラ型、6カメラ型、その他)、自動車用サラウンドビューシステム用途別分析(OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用サラウンドビューシステムの市場概観 ・自動車用サラウンドビューシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用サラウンドビューシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用サラウンドビューシステムの世界市場規模 ・自動車用サラウンドビューシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用サラウンドビューシステムのアメリカ市場規模推移 ・自動車用サラウンドビューシステムのカナダ市場規模推移 ・自動車用サラウンドビューシステムのメキシコ市場規 …
  • パレットの世界市場:木製パレット、プラスチック製パレット、金属製パレット、段ボール紙製パレット
    当調査レポートでは、パレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パレットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セクシャルウェルネスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、セクシャルウェルネスの世界市場について調査・分析し、セクシャルウェルネスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・セクシャルウェルネスの世界市場規模:製品別分析 ・セクシャルウェルネスの世界市場規模:流通チャンネル別分析 ・セクシャルウェルネスの世界市場規模:用途別分析 ・セクシャルウェルネスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の中空プレートバー市場2019
    本調査レポートでは、世界の中空プレートバー市場2019について調査・分析し、中空プレートバーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、中空プレートバーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、中空プレートバーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・中空プレートバーの市場概要 ・中空プレートバーの上流・下流市場分析 ・中空プレートバーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・中空プレートバーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・中空プレートバーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・中空プレートバーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・中空プレートバーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・中空プレートバーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・中空プレートバーの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • ファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤の概要 ・ファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 植物性飼料添加物の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarkets社は、植物性飼料添加物の世界市場規模が2019年701百万ドルから2025年1226百万ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、植物性飼料添加物の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(エッセンシャルオイル、フラボノイド、サポニン、オレオレジン、その他)分析、家畜別(家禽、豚、反芻動物、水生動物、その他)分析、由来別(ハーブ&スパイス、花、果物&野菜)分析、フォーム別(液体、気体)分析、機能別(パフォーマンスエンハンサー、抗菌性、嗜好性向上剤、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・植物性飼料添加物の世界市場:種類別(エッセンシャルオイル、フラボノイド、サポニン、オレオレジン、その他) ・植物性飼料添加物の世界市場:家畜別(家禽、豚、反芻動物、水生動物、その他) ・植物性飼料添加物の世界市場:由来別(ハーブ&スパイス、花、果物&野菜) …
  • 再発性悪性神経膠腫(Recurrent Malignant Glioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再発性悪性神経膠腫(Recurrent Malignant Glioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再発性悪性神経膠腫(Recurrent Malignant Glioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再発性悪性神経膠腫(Recurrent Malignant Glioma)の概要 ・再発性悪性神経膠腫(Recurrent Malignant Glioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再発性悪性神経膠腫(Recurrent Malignant Glioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再発性悪 …
  • 経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention)の概要 ・経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 …
  • アジアの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 小火器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、小火器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小火器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デジタル捺染の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、デジタル捺染の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル捺染の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はデジタル捺染の世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DuPont、Huntsman International、JK Group、Kornit Digital、Kiri Industries等です。
  • 商用航空機MRO(整備・補修・オーバーホール)の世界市場2016-2020:エンジンMRO、機体MRO・改良、商用航空機コンポーネントMRO、ライン整備
    当調査レポートでは、商用航空機MRO(整備・補修・オーバーホール)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用航空機MRO(整備・補修・オーバーホール)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヘキサン市場2016
    本調査レポートでは、世界のヘキサン市場2016について調査・分析し、ヘキサンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のイソマルトオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソマルトオリゴ糖市場2015について調査・分析し、イソマルトオリゴ糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコンクリート硬化剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のコンクリート硬化剤市場2016について調査・分析し、コンクリート硬化剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの能力開発市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの能力開発市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの能力開発市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲルコートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲルコートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲルコート市場規模、エンドユーザー別(海洋、輸送、風力エネルギー、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲルコートの世界市場概要 ・ゲルコートの世界市場環境 ・ゲルコートの世界市場動向 ・ゲルコートの世界市場規模 ・ゲルコートの世界市場:業界構造分析 ・ゲルコートの世界市場:エンドユーザー別(海洋、輸送、風力エネルギー、建設、その他) ・ゲルコートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲルコートの北米市場規模・予測 ・ゲルコートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ゲルコートのアジア太平洋市場規模・予測 ・ゲルコートの主要国分析 ・ゲルコートの世界市場:意思決定フレームワーク ・ゲルコートの世界市場:成長要因、課題 ・ゲルコートの世界市場:競争環境 ・ゲルコートの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Ashland、BAS …
  • テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨壊死治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、骨壊死治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、骨壊死治療市場規模、製品別(非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・骨壊死治療の世界市場概要 ・骨壊死治療の世界市場環境 ・骨壊死治療の世界市場動向 ・骨壊死治療の世界市場規模 ・骨壊死治療の世界市場:業界構造分析 ・骨壊死治療の世界市場:製品別(非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、その他) ・骨壊死治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・骨壊死治療の北米市場規模・予測 ・骨壊死治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・骨壊死治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・骨壊死治療の主要国分析 ・骨壊死治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・骨壊死治療の世界市場:成長要因、課題 ・骨壊死治療の世界市場:競争環境 ・骨壊死治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 日本の市場見通し(~2021年)
  • セイボリー成分の世界市場:リボヌクレオチド、グルタミン酸ソーダ、酵母エキス、動物性蛋白質加水分解物、植物タンパク質加水分解物
    当調査レポートでは、セイボリー成分の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・セイボリー成分の世界市場:用途別分析/市場規模 ・セイボリー成分の世界市場:形状別分析/市場規模 ・セイボリー成分の世界市場:成分別分析/市場規模 ・セイボリー成分の世界市場:地域別分析/市場規模 ・セイボリー成分のアメリカ市場規模予測 ・セイボリー成分のヨーロッパ市場規模予測 ・セイボリー成分のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • マイクロウェーブ式レベルセンサの世界市場
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"