"狂犬病診断薬の世界市場:分析方法別(蛍光抗体検査、組織学的、血清学)、技術別(ELISA、PCR)、セグメント予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GVW903152)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"狂犬病診断薬の世界市場:分析方法別(蛍光抗体検査、組織学的、血清学)、技術別(ELISA、PCR)、セグメント予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global rabies diagnostics market size is expected to reach USD 2.03 billion by 2025 and is projected to expand at a CAGR of 4.1% during the forecast period, according to a new report by Grand View Research, Inc. Development of various diagnostic assays ranging from detection of virus presence to final confirmation of infection helps launch effective disease control programs. This factor is anticipated to drive the market growth. These assays aid in defining epidemiologic patterns of the disease and thereby deliver appropriate information for designing the control and eradication programs. These programs have boosted the market growth by increasing the rate at which testing kits are adopted.
For example, in June 2018, the World Health Organization (WHO), the World Organization for Animal Health (OIE), the Global Alliance for Rabies Control (GARC), and the Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) entered into a partnership for a plan, The United Against Rabies Collaboration. This plan aims for rabies prevention and management and empowering the under-served populations in afflicted countries.

Furthermore, the state and public health officials of the Department of Public Health and Human Services (DPHHS) along with the Department of Livestock of Montana, U.S., deal with awareness pertaining to the risk of virus exposure. They are engaged in training the population about various aspects of disease management including prevention, detection, and available treatment modes. Such initiatives are projected to create growth opportunities for the rabies diagnostics market during the forecast period.

Further key findings from the report suggest:

• Fluorescent Antibody Test (FAT) held the largest market share in terms of revenue owing to the high usage and recommendation by the WHO. Great specificity, as compare to other conventional tests such as serology and histology tests bodes well for the adoption of these tests

• Amplification methods are expected to supplant a major portion of conventional methods, primarily due to several advantages associated with the usage

• Currently, major products deploy ELISA/immunohistochemistry techniques, resulting into a larger revenue share of this segment

• High prevalence of the disease in India and China coupled with growing government support has contributed to the dominance of Asia market over other regions

• Since, most of the countries in Europe are designated as rabies free jurisdictions, the Europe market is anticipated to grow at the slowest pace over the forecast period

• Bio-Rad Laboratories, Inc.; Merck KGaA; Aviva Systems Biology Corporation; and Creative Diagnostics are some of the key entities in the rabies testing market. The companies engage in developing products for rabies eradication programs.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Grand View Researchが"狂犬病診断薬の世界市場:分析方法別(蛍光抗体検査、組織学的、血清学)、技術別(ELISA、PCR)、セグメント予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of content

Chapter 1 Executive Summary
1.1 Market Snapshot
Chapter 2 Research Methodology
2.1 Information Procurement
2.1.1 Purchased Database
2.1.2 GVR’s Internal Database
2.2 Data Analysis
2.3 Market Formulation & Validation
2.4 Approaches for Market Estimation
2.4.1 Approach 1: Commodity Flow & Bottom Up Approach
2.4.2 Approach 2: Top Down and Parent Market Analysis
Chapter 3 Market Variables, Trends & Scope
3.1 Market Segmentation & Scope
3.1.1 Market driver analysis
3.1.1.1 High prevalence of rabies coupled with increase in number of dog bites
3.1.1.2 Supportive government initiatives & laws
3.1.1.3 Presence of research funding programs
3.1.2 Market restraint analysis
3.1.2.1 Lack of awareness about advanced technologies
3.1.2.2 High cost and result inconsistency associated with rabies diagnosis
3.2 Penetration & Growth Prospect Mapping For Method, 2017
3.3 Global Rabies Diagnostics Market-Swot Analysis, By Factor (Political & Legal, Economic And Technological)
3.4 Industry Analysis – Porter’s
Chapter 4 Global Rabies Diagnostics Market Categorization: Diagnostic Method Estimates & Trend Analysis
4.1 Global Rabies Diagnostics Market: Diagnostic Method Movement Analysis
4.2 Fluorescent antibody test (FAT)
4.2.1 Global Fluorescent Antibody Test (FAT) market, 2014 – 2025 (USD Million)
4.3 Immunohistochemical Test
4.3.1 Global immunohistochemical test market, 2014 – 2025 (USD Million)
4.4 Amplification Methods
4.4.1 Global amplification methods market, 2014 – 2025 (USD Million)
4.5 Histologic Examination
4.5.1 Global histologic examination market, 2014 – 2025 (USD Million)
4.6 Serology Tests
4.6.1 Global serology tests market, 2014 – 2025 (USD Million)
Chapter 5 Global Rabies Diagnostics Market Categorization: Technology Estimates & Trend Analysis
5.1 Global Rabies Diagnostics Market: Technology Movement Analysis
5.2 ELISA/Immunohistochemistry
5.2.1 Global ELISA/immunohistochemistry-based rabies diagnostic/testing market, 2014 – 2025 (USD Million)
5.3 Chromatography Techniques
5.3.1 Global chromatography techniques-based rabies diagnostic/testing market, 2014 – 2025 (USD Million)
5.4 PCR
5.4.1 Global PCR-based rabies diagnostic/testing market, 2014 – 2025 (USD Million)
5.5 Other Technologies
5.5.1 Global other technology -based rabies diagnostic/testing market, 2014 – 2025 (USD Million)
Chapter 6 Global Rabies Diagnostics Market Categorization: Regional Estimates & Trend Analysis, by Diagnostic Method and Technology
6.1 Global Rabies Diagnostics Market Share By Regional, 2017 & 2025
6.2 North America
6.2.1 North America Rabies Diagnostics market, 2014 – 2025 (USD Million)
6.2.2 U.S.
6.2.2.1 U.S. rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.2.2.2 U.S. rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
6.2.3 Canada
6.2.3.1 Canada rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.2.3.2 Canada rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
6.3 Europe
6.3.1 Europe rabies diagnostics market, 2014 – 2025 (USD Million)
6.3.2 U.K.
6.3.2.1 U.K. rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.3.2.2 U.K. rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
6.3.3 Spain
6.3.3.1 Spain rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.3.3.2 Spain rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
6.4 Asia Pacific
6.4.1 Asia Pacific rabies diagnostics market, 2014 – 2025 (USD Million)
6.4.2 India
6.4.2.1 India rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.4.2.2 India rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
6.4.3 China
6.4.3.1 China rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.4.3.2 China rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
6.4.4 Indonesia
6.4.4.1 Indonesia rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.4.4.2 Indonesia rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
6.5 Latin America
6.5.1 Latin America rabies diagnostics market, 2014 – 2025 (USD Million)
6.5.2 Brazil
6.5.2.1 Brazil rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.5.2.2 Brazil rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
6.6 MEA
6.6.1 MEA rabies diagnostics market, 2014 – 2025 (USD Million)
6.6.2 South Africa
6.6.2.1 South Africa rabies diagnostics market, by diagnostic method, 2014 – 2025 (USD Million)
6.6.2.2 South Africa rabies diagnostics market, by technology, 2014 – 2025 (USD Million)
Chapter 7 Global Rabies Diagnostics Market: Competitive Landscape
7.1 Strategy Framework
7.2 Company Profiles
7.2.1 Bio-Rad Laboratories, Inc.
7.2.1.1 Company overview
7.2.1.2 Financial performance
7.2.1.3 Product benchmarking
7.2.1.4 Strategic initiatives
7.2.2 Merck KGaA
7.2.2.1 Company overview
7.2.2.2 Financial performance
7.2.2.3 Product benchmarking
7.2.2.4 Strategic initiatives
7.2.3 Aviva Systems Biology Corporation
7.2.3.1 Company overview
7.2.3.2 Financial performance
7.2.3.3 Product benchmarking
7.2.3.4 Strategic initiatives
7.2.4 Creative Diagnostics
7.2.4.1 Company overview
7.2.4.2 Financial performance
7.2.4.3 Product benchmarking
7.2.4.4 Strategic initiatives
7.2.5 Demeditec Diagnostics GmbH
7.2.5.1 Company overview
7.2.5.2 Financial performance
7.2.5.3 Product benchmarking
7.2.5.4 Strategic initiatives
7.2.6 Abbexa Ltd.
7.2.6.1 Company overview
7.2.6.2 Financial performance
7.2.6.3 Product benchmarking
7.2.6.4 Strategic initiatives
7.2.7 Norgen Biotek Corp.
7.2.7.1 Company overview
7.2.7.2 Financial performance
7.2.7.3 Product benchmarking
7.2.7.4 Strategic initiatives
7.2.8 BioNote, Inc.
7.2.8.1 Company overview
7.2.8.2 Financial performance
7.2.8.3 Product benchmarking
7.2.8.4 Strategic initiatives
7.2.9 Express Biotech International Inc.
7.2.9.1 Company overview
7.2.9.2 Financial performance
7.2.9.3 Product benchmarking
7.2.8.4 Strategic initiatives
7.2.10 MyBioSource.com.
7.2.10.1 Company overview
7.2.10.2 Financial performance
7.2.10.3 Product benchmarking
7.2.10.4 Strategic initiatives

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】狂犬病診断薬の世界市場:分析方法別(蛍光抗体検査、組織学的、血清学)、技術別(ELISA、PCR)、セグメント予測
【発行日】2019年2月6日
【調査会社】Grand View Research
【コード】GVW903152
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
狂犬病診断薬の世界市場:分析方法別(蛍光抗体検査、組織学的、血清学)、技術別(ELISA、PCR)、セグメント予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 創薬スクリーニングの世界市場:製品・サービス別、サンプル別、需要先別、地域別予測
    本資料は、創薬スクリーニングの世界市場について調べ、創薬スクリーニングの世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別分析、サンプル別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・創薬スクリーニングの世界市場概要 ・創薬スクリーニングの世界市場環境 ・創薬スクリーニングの世界市場動向 ・創薬スクリーニングの世界市場規模 ・創薬スクリーニングの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・創薬スクリーニングの世界市場規模:製品・サービス別 ・創薬スクリーニングの世界市場規模:サンプル別 ・創薬スクリーニングの世界市場規模:需要先別 ・創薬スクリーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・創薬スクリーニングの北米市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのアメリカ市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのヨーロッパ市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのアジア市場規模・予測 ・創薬スクリーニン …
  • スペインの滅菌器市場見通し(~2021)
  • ブロックチェーン技術の世界市場:用途別、プロバイダー別、組織規模別(中小企業(SME)、大企業)、業種別、地域別予測
    本資料は、ブロックチェーン技術の世界市場について調べ、ブロックチェーン技術の世界規模、市場動向、市場環境、用途別分析、プロバイダー別分析、組織規模別(中小企業(SME)、大企業)分析、業種別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ブロックチェーン技術の世界市場概要 ・ブロックチェーン技術の世界市場環境 ・ブロックチェーン技術の世界市場動向 ・ブロックチェーン技術の世界市場規模 ・ブロックチェーン技術の世界市場規模:用途別 ・ブロックチェーン技術の世界市場規模:プロバイダー別 ・ブロックチェーン技術の世界市場規模:組織規模別(中小企業(SME)、大企業) ・ブロックチェーン技術の世界市場規模:業種別 ・ブロックチェーン技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ブロックチェーン技術の北米市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のアメリカ市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のアジア市場規模・予測 ・ブロ …
  • 世界の希ガス市場2015
    本調査レポートでは、世界の希ガス市場2015について調査・分析し、希ガスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キヌア種子の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キヌア種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キヌア種子の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 急性気管支炎治療の世界市場予測2019-2024
    「急性気管支炎治療の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、抗生物質、消炎剤、気管支拡張薬、粘液溶解薬など、用途別には、Hospital Pharmacies、Retail Pharmacies、Online Pharmaciesなどに区分してまとめた調査レポートです。急性気管支炎治療のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・急性気管支炎治療の世界市場概要(サマリー) ・急性気管支炎治療の企業別販売量・売上 ・急性気管支炎治療の企業別市場シェア ・急性気管支炎治療の世界市場規模:種類別(抗生物質、消炎剤、気管支拡張薬、粘液溶解薬) ・急性気管支炎治療の世界市場規模:用途別(Hospital Pharmacies、Retail Pharmacies、Online Pharmacies) ・急性気管支炎治療の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・急性気管支炎治療のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジ …
  • デジタルバッジの世界市場:種類別、用途別、地域別予測
    本資料は、デジタルバッジの世界市場について調べ、デジタルバッジの世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルバッジの世界市場概要 ・デジタルバッジの世界市場環境 ・デジタルバッジの世界市場動向 ・デジタルバッジの世界市場規模 ・デジタルバッジの世界市場規模:種類別 ・デジタルバッジの世界市場規模:用途別 ・デジタルバッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルバッジの北米市場規模・予測 ・デジタルバッジのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルバッジのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルバッジのアジア市場規模・予測 ・デジタルバッジの日本市場規模・予測 ・デジタルバッジの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ソーシャルコマースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソーシャルコマースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーシャルコマースの世界市場規模及び予測、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ソーシャルコマースとは、ソーシャルメディアを通じての売買活動のことです。この数年において、ソーシャルコマースは人気が出てきているため、世界のソーシャルコマース市場は競争が激しくなり、新規参入者に対しての参入障壁が高くなりつつあります。Technavio社はソーシャルコマースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均33.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Facebook• Pinterest• Tencent• Twitter• Weibo等です。
  • 皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))の概要 ・皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮脂欠乏症(乾皮症)(Xerosis (Dry Skin))治療薬の評価    …
  • ハンガリーの血栓管理装置市場見通し
  • 映像配信事業者:将来の企業ポジショニングおよびネットワーク構成
  • 航空機整備ソリューションの世界市場予測2019-2024
    「航空機整備ソリューションの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、クラウドベース、オンプレミスなど、用途別には、Small and Medium Enterprises (SMEs)、Large Enterprisesなどに区分してまとめた調査レポートです。航空機整備ソリューションのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空機整備ソリューションの世界市場概要(サマリー) ・航空機整備ソリューションの企業別販売量・売上 ・航空機整備ソリューションの企業別市場シェア ・航空機整備ソリューションの世界市場規模:種類別(クラウドベース、オンプレミス) ・航空機整備ソリューションの世界市場規模:用途別(Small and Medium Enterprises (SMEs)、Large Enterprises) ・航空機整備ソリューションの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空機整備ソリューションのアジア市場規模 …
  • 産業用ローブポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用ローブポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ローブポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:地域別市場予測、新検査、技術、機器、企業分析
  • 高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途(ポリエステル、ポリブチレン・テレフタル酸塩、可塑剤)別分析、地域別分析、高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 石灰の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、石灰の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石灰の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽自動車の北米市場予測(~2021)
  • 住宅用空気清浄機の世界市場2016-2020:集塵空気清浄機、煙回収空気清浄機
    当調査レポートでは、住宅用空気清浄機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用空気清浄機の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 空中給油の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、空中給油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、システム別(プローブ及びドローグ、ブーム給油、自律)分析、コンポーネント別(ポンプ、バルブ、ノズル、ホース、ブーム、プローブ、燃料タンク、ポッド)分析、航空機種類別(固定および回転)分析、種類別(有人、無人)分析、空中給油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、空中給油の世界市場規模が2019年537百万ドルから2025年692百万ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • 種子の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、種子の世界市場について調査・分析し、種子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・種子の世界市場:市場動向分析 ・種子の世界市場:競争要因分析 ・種子の世界市場:製品別分析/市場規模 ・種子の世界市場:バイオテクノロジー形質別分析/市場規模 ・種子の世界市場:地域別分析/市場規模 ・種子の北米市場規模 ・種子の欧州市場規模 ・種子のアジア市場規模 ・種子の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • プラント資産管理(PAM)の世界市場予測:生産資産、オートメーション資産
    当調査レポートでは、プラント資産管理(PAM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、商品別分析、導入形態別分析、資産種類別分析、需要先別分析、プラント資産管理(PAM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアロスタット(軽航空機)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイス市場規模、用途別(UPS・PSシステム、PVインバーター、IMD、電気自動車(EV)/ハイブリッド電気自動車(HEV)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場概要 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場環境 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場動向 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場規模 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場:業界構造分析 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場:用途別(UPS・PSシステム、PVインバーター、IMD、電気自動車(EV)/ハイブリッド電気自動車(HEV …
  • 農業用ドローンの世界市場:構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス)、種類別、用途別、地域別予測
    本資料は、農業用ドローンの世界市場について調べ、農業用ドローンの世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス)分析、種類別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・農業用ドローンの世界市場概要 ・農業用ドローンの世界市場環境 ・農業用ドローンの世界市場動向 ・農業用ドローンの世界市場規模 ・農業用ドローンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・農業用ドローンの世界市場規模:構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス) ・農業用ドローンの世界市場規模:種類別 ・農業用ドローンの世界市場規模:用途別 ・農業用ドローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用ドローンの北米市場規模・予測 ・農業用ドローンのアメリカ市場規模・予測 ・農業用ドローンのヨーロッパ市場規模・予測 ・農業用ドローンのアジア市場規模・予測 ・農業用ドローンの日本市場規模・予測 …
  • D3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD3アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車触媒コンバーターの世界市場2018-2022
    全世界で、約90%の乗用車に触媒コンバーターが装備されています。世界の自動車産業は、2017年に70億8,500万台の乗用車を販売し、2016年に比べて1.93%の成長率を記録しました。地域別には、アジア太平洋地域(APAC)が世界の乗用車販売を約40億7,400万台でシェアの過半数を占め、続いて欧州が約17億9,300万台、南北アメリカは約11億3,000万台です。中国、米国、日本が世界の乗用車販売台数を伸ばし、2017年には販売台数の約50%を占めています。従って、乗用車の販売台数の増加によって、自動車触媒コンバーターの世界市場の成長が促進される見通しです。 主な分析対象企業は、Continental、FAURECIA、Magneti Marelli、Tenneco、Eberspächer、Katconなどです。 当調査レポートでは、自動車触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車触媒コンバーター市場規模、車両別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致 …
  • 出血性ショック(Hemorrhagic Shock):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における出血性ショック(Hemorrhagic Shock)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、出血性ショック(Hemorrhagic Shock)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・出血性ショック(Hemorrhagic Shock)の概要 ・出血性ショック(Hemorrhagic Shock)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の出血性ショック(Hemorrhagic Shock)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・出血性ショック(Hemorrhagic Shock)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • テクニカルテキスタイルの世界市場
    当調査レポートでは、テクニカルテキスタイルの世界市場について調査・分析し、テクニカルテキスタイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - テクニカルテキスタイルの世界市場:市場動向分析 - テクニカルテキスタイルの世界市場:競争要因分析 - テクニカルテキスタイルの世界市場:技術別 ・熱処理合成 ・立体織り ・立体編み ・仕上げ処理 ・ナノ繊維 ・熱成形 ・手作りの要素 ・その他 - テクニカルテキスタイルの世界市場:用途別 ・スポーツ向け技術 ・衣服向け技術 ・農業向け技術 ・動きやすさのための技術 ・建築業向け技術 ・住宅向け技術 ・プロ向け技術 ・地理に合った技術 ・エコロジカルな技術 ・産業向け技術 ・医療向け技術 ・包装向け技術 - テクニカルテキスタイルの世界市場:繊維の種類別 ・特殊繊維 ・合成繊維 ・天然繊維 - テクニカルテキスタイルの世界市場:顔料別 ・無機顔料 ・有機顔料 - テクニカルテキスタイルの世界市場:製品の種類別 ・非紡糸繊維製品 ・ファブリック製品 ・ 紡績糸の製品 - …
  • ポータブル医療機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポータブル医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポータブル医療機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ポータブル医療機器は、診断用・治療用の小型の医療機器であり、別の場所に簡単に移動させることができます。ポータブル医療機器は、生体モニター機器、医用撮像装置、インスリンポンプ、補聴器などを指します。Technavio社はポータブル医療機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Medtronic• Philips Healthcare• GE Healthcare• Abbott Laboratories • Sonova等です。
  • 電気トラックの世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「電気トラックの世界市場2020-2024」は、電気トラックについて市場概要、市場規模、車種別(ハイブリッド電気トラック、バッテリー式電気トラック)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・電気トラックの世界市場:車種別(ハイブリッド電気トラック、バッテリー式電気トラック) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 熱管理の世界市場予測(~2022年):熱管理材料、熱管理装置、熱管理サービス、用途
    当調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、材料種類別分析、デバイス種類別分析、サービス別分析、需要先別分析、熱管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用自動防眩ミラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用自動防眩ミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用自動防眩ミラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場について調査・分析し、柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別柔軟包装用ラミネート接着剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、柔軟包装用ラミネート接着剤種類別分析()、柔軟包装用ラミネート接着剤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の市場概観 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場規模 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・柔軟包装用ラミネート接着剤のアメリカ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のカナダ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメキシコ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・柔軟包装用ラミネート接着 …
  • 継続的心拍モニタリング装置の世界市場                
    当調査レポートでは、継続的心拍モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、継続的心拍モニタリング装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:市場動向分析 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:競争要因分析 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:製品の種類別 ・埋込型ループレコーダー ・イベントモニター ・心拍出量モニタリング装置 ・ECG装置 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:様式別 ・携帯式 ・スタンドアロン式 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:エンドユーザー別 ・在宅医療 ・病院 ・循環器科のクリニック ・外来外科センター - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:主要地域別分析 - 継続的心拍モニタリング装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 継続的心拍モニタリング装置のヨーロッパ市場規模 - 継続的心拍モニタリング装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・継続的心拍モニタリング装置の世界市場:主な市場開拓 - …
  • 世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別
    MarketsandMarkets社は、安定同位体標識化合物の世界市場規模が2019年269百万ドルから2024年312百万ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の安定同位体標識化合物市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、種類別(水素-2、炭素-13、酸素-18、窒素-15、その他の安定同位体)分析、用途別(研究用途、臨床診断、産業用途、その他の用途)分析、エンドユーザー別(製薬およびバイオテクノロジー企業、学術研究機関、病院および診断センター、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(水素-2、炭素-13、酸素-18、窒素-15、その他の安定同位体) ・世界の安定同位体標識化合物市場:用途別(研究用途、臨床診断、産業用途、その他の用途) ・世界の安定同位体標識化合物市場:エンドユーザー別(製薬およびバイオテクノロジー企業、学術研究機関、病院お …
  • 東南アジアのプロピレン市場:ポリプロピレン、アクリロニトリル、クメン、酸化プロピレン
  • 煙警報器(煙探知器)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、煙警報器(煙探知器)の世界市場について調査・分析し、煙警報器(煙探知器)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別煙警報器(煙探知器)シェア、市場規模推移、市場規模予測、煙警報器(煙探知器)種類別分析()、煙警報器(煙探知器)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・煙警報器(煙探知器)の市場概観 ・煙警報器(煙探知器)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・煙警報器(煙探知器)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・煙警報器(煙探知器)の世界市場規模 ・煙警報器(煙探知器)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・煙警報器(煙探知器)のアメリカ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のカナダ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のメキシコ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・煙警報器(煙探知器)のドイツ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のイギリス市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器 …
  • ストリングインバータの世界市場
    当調査レポートでは、ストリングインバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストリングインバータの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • マイクロカプセル化の世界市場:コーティング材料別、用途別(医薬品、ホームケア・パーソナルケア、食品・飲料、テキスタイル、農薬)、セグメント予測
    マイクロカプセル化の世界市場は2025年には193億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、マイクロカプセル化されたフレーバー、フレグランス、プロバイオティクス細菌、および食品・飲料産業における固定化細胞または酵素の需要の高まりが考えられます。本調査レポートでは、マイクロカプセル化の世界市場について調査・分析し、マイクロカプセル化の世界市場動向、マイクロカプセル化の世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロカプセル化市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の概要 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・特 …
  • 呼吸器疾患検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • コーンミールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コーンミールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コーンミールの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の口腔洗浄器市場2017-2022
  • 自己免疫疾患の世界市場:疾患別(限局性、全身性)、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)、地域別予測
    本資料は、自己免疫疾患の世界市場について調べ、自己免疫疾患の世界規模、市場動向、市場環境、疾患別(限局性、全身性)分析、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)分析、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAbbott Laboratories、Active Biotech、Eli Lilly、Bristol-Myers Squibb、AstraZeneca plc、Pfizer、Biogen Idec、Lupin Limited、GlaxoSmithKline、Amgen、4SC、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、AutoImmune Inc.、Johnson & Johnson、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自己免疫疾患の世界市場概要 ・自己免疫疾患の世界市場環境 …
  • 構造健全性監視の世界市場予測(~2022):ソリューション別(ハードウェア:センサー、データ収集システム;ソフトウェア&サービス)、技術別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、構造健全性監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ソリューション別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、構造健全性監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 宝石及び宝飾品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、宝石及び宝飾品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宝石及び宝飾品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓POC試験装置の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、心臓POC試験装置の世界市場について調べ、心臓POC試験装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心臓POC試験装置の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(病院・検査室、診断センター、歩行センター・医師診療所)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は心臓POC試験装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・心臓POC試験装置の市場状況 ・心臓POC試験装置の市場規模 ・心臓POC試験装置の市場予測 ・心臓POC試験装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(病院・検査室、診断センター、歩行センター・医師診療所) ・心臓POC試験装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 防湿絶縁コーティングの世界市場:アクリル塗料、エポキシ塗料、ウレタン塗料、シリコーン塗料、パリレン塗料
    当調査レポートでは、防湿絶縁コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 季節性インフルエンザ:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における季節性インフルエンザの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、季節性インフルエンザ治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・季節性インフルエンザの概要 ・季節性インフルエンザの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の季節性インフルエンザ治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・季節性インフルエンザ治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・季節性インフルエンザ治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"